食中毒対策にはお湯を使うべし!まな板の使用法・お手入れ法も解説!【茂木和哉】

茂木和哉

更新日:2018年10月23日

こんにちは!
茂木和哉です。

食中毒対策をしっかり行いたいなら、まず基本を押さえないといけません。
そして、食中毒対策で最も効果的なのが「まな板」です!

今回は、その食中毒対策の基本と、まな板の食中毒対策についてお話します。

 

食中毒対策の基本
食中毒対策の基本は、雑菌の栄養分となる洗い残りが無いようにキレイに洗浄して、水気を残さないようしっかり拭き取ることです。
掃除する時にお湯を使うと乾きやすいです。

また、拭き取る時のフキンは、再汚染の可能性もあるので、漂白剤などで殺菌したものを使うようにしてください。
掃除が不完全な所に除菌剤を使っても、効果は期待できません。

 

食中毒対策に有効なまな板の使い方
野菜用と肉・魚用の2つを用意し、使い分けましょう。
新たに用意する時は、必ず、抗菌素材のまな板にしてください。

 

まな板を清潔に保つ洗い方
食器用洗剤を使い、タワシやブラシを包丁でついた傷の方向へ動かしながら洗いましょう。
洗った後は水でしっかりすすぎ、1日1回は塩素系漂白剤で除菌しましょう。

 

ぜひ、試してみてください!

 


洗剤職人「茂木和哉」が書いた、年末の大掃除に必ず役に立つ1冊です!