落とせる水垢と落とせない水垢【お掃除業者さん必見の洗剤技】

茂木和哉

更新日:2019年02月25日

 

こんにちは! 茂木和哉です。

水あか汚れは、スケールともいいます。
そして、水あか汚れで一般的なのがカルシウムスケールです。
カルシウムスケールは、水あか汚れの中では落としやすいので、ほとんどの酸性洗浄剤で落とすことができます

 

しかし、水あか汚れには、とても頑固なスケールもあります。

それがシリカスケールです!
シリカスケールは、酸性洗浄剤だから落とせる汚れではありません。

一般的には、洗浄剤で落とすのではなく、研磨して落とします
例えば、ダイヤモンドパット研磨剤配合の洗浄剤を使うなどです。

ただし、研磨による洗浄は、時間と労力がかかるうえ、素材に傷を付けないように磨き上げる技術も必要です。
研磨であっても、シリカスケールを完全に落としきれない場合があります。
特に、鏡とガラスに付いたシリカスケールの洗浄は、非常に困難です!

なぜ、困難なのか?
それは、ガラスや鏡の素材に含まれる成分と、シリカスケールの成分が同じため、同質化してしまうからです。

ですから、長期間付着している状態の方が、しっかり同質化が進むので、洗浄が困難になるというわけです。
そうなってしまっては、洗浄剤はもちろん、こすり洗いでも全く落とせません。
汚れの状況によっては、コスト、作業負担を考え、ガラスや鏡を交換した方がいいでしょう。

 

実は、そんな頑固なシリカスケールを落とせる洗浄成分が1つあります!
それが、フッ化アンモニウム配合の洗浄剤です!

フッ化アンモニウムは、フッ酸(フッ化水素酸)の仲間です。
きわめて危険度の高いフッ酸より、かなり危険度が低く扱いやすいものになっています。

そんなフッ化アンモニウムで、危険度が低いものとなると
酸性フッ化アンモニウム
中性フッ化アンモニウム
の2つです。

簡単な特徴を説明します。

酸性フッ化アンモニウムは、安全性は中性フッ化アンモニウムより低いですが、洗浄力が高いです。
中性フッ化アンモニウムは、酸性フッ化アンモニウムと比べ安全性が高いですが、洗浄力が低いです。

酸性フッ化アンモニウムが多く含まれている洗浄剤は、洗浄力が高くても安全性が低く、目での配合濃度にっては毒劇扱いになるので、注意が必要です。

 

そこで私がおすすめするシリカスケール用洗浄剤は、安全性と洗浄力のバランスを考え、2種類配合されている洗浄剤です。
2種類使えば、酸性フッ化アンモニウムの配合割合を減らせるので、劇物でなくてもシリカスケールに高い洗浄力を持たせることができるのです。

とはいえ、そんな製品がこれまではありませんでした。
だがら私が開発しました!

それが瞬間水あかクリーナーです。
シリカスケールにお困りの清掃業のみなさん、浴場施設の管理者のみなさん。
ぜひ1度お試しになってください♪

購入はこちら


瞬間水あかクリーナー200mL


 


洗剤職人「茂木和哉」が書いた、年末の大掃除に必ず役に立つ1冊です!