安全性が高い業務用洗剤選びのポイントとは?【お掃除業者さん必見の洗剤技】

茂木和哉

更新日:2019年02月25日

 

こんにちは! 茂木和哉です。

高い洗浄力が求められる業務用洗剤とはいえ、安全性が高いものを選びたいものですよね。

特に、日々洗剤を使用している清掃業者さんにとっては
・洗剤による事故を減らすため
・もし事故が起きた時の程度を低くするため
将来の健康のため
にも、少しでも安全性が高い洗剤を選びたい、と思っている方は多いと思います。

そこで!
安全性を重視した業務用洗剤を選ぶ時に、優先するべき3つの要素を教えたいと思います!

まず最も優先されるべき要素は、劇物扱いでないものです。
劇物扱いの洗剤ということは、国で、危険な洗剤なので注意して取り扱ってください、と言っているのと同じことです。

次が、主成分に劇物成分が含まれていないものです。
劇物成分を配合している洗剤でも、配合割合によって、劇物にならないものがあります。
しかし、劇物成分が全く含まれていない洗剤と比べると、基本的には、すべて危険度は高くなります。

そして3番目は、pHの強さです。
配合成分がそれほど危険でなくても、アルカリ度や酸度が強ければ強いほど、人体に対して危険度が高まります。

 

ぜひ、参考にしてみてくださいね!

 

 


 


洗剤職人「茂木和哉」が書いた、年末の大掃除に必ず役に立つ1冊です!