魚焼きグリルの庫内や網の焦げや臭いを簡単に落とせる掃除方法を紹介

■魚焼きグリルの網・受け皿・庫内の、油汚れと焦げ付きの掃除法を紹介
■網には「重曹」、受け皿には「セスキ炭酸スプレー」が大活躍
■庫内や操作パネルのお掃除は、手作りの「お掃除棒」が役に立つ♪

まっつん

更新日:2018年10月12日

魚焼きグリルで焼く魚って、本当に美味しいですよね。
鮭なんか焼くと、程よく油が落ちて身はジューシーにしっとりと焼けます。

でも魚焼きグリルは、油でギトギトしたり、焦げついたりと、厄介な汚れもつきやすいもの。
あまりに汚れが溜まると、キッチンに立つのもなんだかおっくうになってしまいますよね。

編集部では、20代~60代の女性100人に「掃除が大変そう・臭いがつきそうなので魚焼きグリルをあまり使いたくない?」と聞いてみました。

すると、72%の方が「使用したくない」という悲しい結果に………。
やっぱり、油汚れなどのしつこい汚れと、そのお掃除のことを考えるとグリルを使うのをためらってしまうんですね。

でも、クリーニングが大変だから……と美味しいご飯を諦めるのはもったいない。
簡単なお掃除の方法をマスターして、気持ちよく魚焼きグリルで料理できるようにしましょう!

今回は、魚焼きグリルのお掃除の方法を、くわしく解説していきます。
使うのは、「セスキ炭酸ソーダ」「重曹」など、お掃除に万能な洗剤です。
網や受け皿はもちろん、魚焼きグリルの庫内まで、お掃除のしかたをしっかり紹介してきますね♪

 

魚焼きグリルにつく汚れは「油汚れ」と「焦げつき」

お掃除を始める前に、まずは今回の対戦相手(汚れ)のことを知りましょう!

魚焼きグリルにつく汚れには、主に油汚れ焦げつきの2つがあります。
それぞれについて解説しますね。

油汚れ

魚や肉などを焼いたときに食材から出てくるのが、ですよね。

魚焼きグリルは余分な油を落としてくれるのがいいところです。
その代わりに、下に流れ落ちた油が、網や受け皿、そして魚焼きグリルの庫内についてしまいます。

油汚れがついた直後なら、まだ落としやすいです。
でも、時間が経つと、こびりついて落とせなくなってしまうのが、油汚れです。

 

焦げつき

そしてもう1つが、焦げつき

特に、魚焼きグリルの網で気になる汚れです。

魚などはしっかりこげがあるくらいの焼き加減が美味しいですよね。
でも、しっかり焼いていると、その分、焦げつきも多くなってしまいます。

ジレンマですね……。

 

網と受け皿は使うたびにお掃除しよう!

先に言っておくと、魚焼きグリルは「網、受け皿、本体」の3つのお掃除が必要です。
それぞれ、どれくらいの頻度でお掃除をしていけばいいと思いますか?

正解は、

網・受け皿毎回
本体2~3日に1回

です!

網や受け皿は、取り外すことができます。
そのため、使うたびに取り外して洗うことが理想です。

本体は、お掃除しにくい部分。
毎回お掃除するのは少し大変ですが、2~3日に1回は綺麗にするのが理想です。

 

なぜなら、油汚れや焦げつき汚れは、放っておくほど落とすのが難しくなってしまうから。
でも、このときのお掃除は、洗うだけや水拭きするだけで大丈夫です。

ただし、そんなに毎回お掃除してる暇なんてない…という方も多いですよね。
そんなあなたのために、しつこい汚れのお掃除の仕方をご紹介します!

 

お掃除の前に「セスキ炭酸ソーダスプレー」を準備!

お掃除をはじめる前に、セスキ炭酸ソーダのスプレーを準備しましょう。

セスキ炭酸ソーダとは?
重曹と同じアルカリ性の物質です。

魚焼きグリルのお掃除に大活躍なので、今回もたくさん使っていきます。

用意するもの

・セスキ炭酸ソーダ
・水
・スプレー容器

おすすめの商品

セスキ酸ソーダは、アルカリ性の成分でキッチン周りの油汚れをすっきり落とすことができます。グリルだけではなく、コンロ周りもキレイにできます。浴室の湯垢にも効果があります♪家中のお掃除に使うことができるので1つあると便利です。

   手 順  

1. スプレー容器にセスキ炭酸ソーダを5g(小さじ1杯)入れる

セスキ炭酸ソーダをスプレー容器に先に入れましょう。

 

2. 水を500ml入れて混ぜる

水をスプレー容器に500ml足し、よく振って混ぜましょう。

これだけで完成です♪

 

分量を増やしたい場合には、今回作ったものと同じ割合で混ぜてくださいね。

セスキスプレー、わざわざ作るのが面倒…というあなたには、こちら。アルカリ電解水にセスキを配合したスプレー。油汚れに吹き付けることでキレイにできます。手間も省きたいという方は、こちらを1つ持っておくこともいいかもしれませんね。

 

「網」をお掃除するなら、つけおき!

網

さて、まず最初にご紹介するのは、のお掃除方法。

網は、じかに食品をのせるものなので、油汚れや焦げつきなどの汚れがつきやすいですよね。
と同時に、キレイに保っておきたい部分でもあります。

つけおきをした後に、しっかり汚れを落としていきましょう♪

用意するもの

・受け皿
・重曹
・スポンジ
・歯ブラシ
・メラミンスポンジ

   手 順  

1. 受け皿にお湯をはる

受け皿の中にお湯をはります。

受け皿が浅いタイプだったので、今回は洗面台でやりました。お湯は触ってアチっとなるくらいの温度です。

 

2. 網をつけて重曹をかけ、10分ほどおく

網をお湯の中に入れ、重曹を大さじ2杯ほど全体に振りかけます。

そのまま10分ほどつけおきしましょう。

 

3. スポンジや歯ブラシでこすって焦げを落とす

スポンジや歯ブラシを使って、焦げを落としながら洗っていきましょう。

 

4. 落ちない焦げは、メラミンスポンジを使う

つけおきしても落ちない焦げは、メラミンスポンジを使って、こすり落としていきます。

メラミンスポンジは、「激落ちくん」の名前でよく知られる、お掃除に大活躍のスポンジのことですよ♪

写真の網は、普通のスポンジでこすっただけだとまだ黒い汚れが残っていたみたいです!

 

5. すすぐ

すすいで、汚れを落とします。

POINT
すすぐときは、お湯の方が汚れがキレイになりやすいので、おすすめですよ♪

 

6. 乾かす

よく乾かして、もとに戻します。

 

「受け皿」のお掃除では「セスキ炭酸ソーダスプレー」が躍動する

いかがでしたか?
網はキレイになりましたか。

次にお掃除するのは、受け皿。
油にたくさんさらされている場所です。
準備したセスキ炭酸ソーダスプレーを使って、油汚れをしっかり落としていきましょう♪

用意するもの

・セスキ炭酸ソーダスプレー
・ゴム手袋
・スポンジ

   手 順  

1. 受け皿を取り外す

受け皿を本体から取り外します。

 魚を焼いた時についた油汚れがべっとり…。

 

2. セスキ炭酸ソーダスプレーをかける

セスキ炭酸ソーダを全体にスプレーしましょう。

スプレーすると、汚れがみるみるうちににじんでいきました。

 

3. スポンジでこする

ゴム手袋をはめましょう。
スポンジでこすって、ヌメヌメした油汚れをとことん落とします。

なでるようにこすっただけでも、汚れは落ちていきました!

 

4. すすぐ

水でていねいにすすぎ、セスキ炭酸ソーダを落とします。

 

5. 乾かす

よく乾かして、もとに戻します。

汚れが綺麗に落ちてピカピカになりました!

 

「庫内や操作パネル」のお掃除では、いらない布をたくさん使います

最後にご紹介するのは、魚焼きグリル本体のお掃除の方法。
庫内と魚焼きグリルの操作パネルの2つに分けて解説していきます。

特に庫内は、お掃除がしにくい場所です。
その分、汚れもたまりやすいので、徹底的にキレイにしましょうね♪
庫内のお掃除方法は、汚れが簡単に落とせるときとしつこいときの2通りご紹介します!

庫内(軽い汚れのとき)

まずは、魚焼きグリルの庫内から。
取り外せる網と受け皿は、外しておいてくださいね

用意するもの

・セスキ炭酸ソーダスプレー
・ゴム手袋
・布
・割りばし

   手 順  

1. セスキ炭酸ソーダスプレーをスプレーする

セスキ炭酸ソーダスプレーを、グリル内の汚れている場所に吹きかけましょう。

暗くてどこが汚れているかわからないので、とにかく全体に多めにスプレーしました!

 

2. 布で拭く

ゴム手袋をはめましょう。
セスキ炭酸ソーダスプレーをかけた場所を、布でこすって拭き、汚れを落とします。

長いフェイスタオルの両面が真っ黒になりました。

 

POINT
手が届かない奥の方には、割りばしを使うのがおすすめ!割り箸に、セスキ炭酸ソーダをかけた布をぐるぐる巻きつけ、輪ゴムで留めてお掃除しましょう♪

 

3. 水拭きする

最後に、セスキ炭酸ソーダが残らないように水拭きをして完成です。

前の段階での拭きが足りなかったようで、水拭きのタオルにも黒い焦げカスがついてしまいました…

 

 

庫内(しつこい汚れのとき)

しばらくお掃除していなかったから、軽く拭いただけでは汚れが落ちない……。
そんなときは、時間の力を借りちゃいましょう!

セスキ炭酸ソーダスプレーをかけてから、しばらくの間、放置しておく方法をご紹介します。

用意するもの

・セスキ炭酸ソーダスプレー
・キッチンペーパー
・ゴム手袋
・布

   手 順  

1. セスキ炭酸ソーダスプレーをスプレーする
セスキ炭酸ソーダスプレーを、グリル内の汚れている場所に吹きかけましょう。

 

2. キッチンペーパーを貼る
セスキ炭酸ソーダスプレーをかけた場所に、キッチンペーパーを貼り付けます。

 

3. 放置する
その状態のまま、30分~1時間くらい置いておきます。

 

4. キッチンペーパーをはがす
キッチンペーパーをはがします

 

5. 水拭きする
ここでゴム手袋をはめます。
布を水で濡らし、キレイに拭きましょう。

 

いかかですか?
グリルの内側はキレイになりましたか。

落ちない汚れもあるかもしれません。
ですが、あまり神経質にならないのがオススメ。

気にしすぎて分解して掃除しよう!とすると、故障につながる可能性が高いです。
やめておきましょうね。

 

操作パネル

これからご紹介するのは、魚焼きグリルの操作パネルのお掃除の方法。
魚焼きグリルの火力などを調節するつまみやボタンがある部分が、操作パネルです。

操作パネルは、調理中に油などがついた手で触れてしまう場所。
そのため、実はけっこう汚れているんです。

最後にすっきりお掃除しましょう♪

用意するもの

・セスキ炭酸ソーダスプレー
・布

   手 順  

1. セスキ炭酸ソーダをスプレーする

魚焼きグリルの外側に、ざっとセスキ炭酸ソーダを吹きかけましょう。

コンロにスイッチをロックするバーがあったので、押してから作業しました。

 

2. 拭く

布を使って、こすって汚れを落とします。

ベタベタしなくなるまで「スプレーして拭く」を3回繰り返しました。

 

3. 水拭きする

最後に、水拭きして完了です。

 

これで、魚焼きグリルのお掃除は完了。
セスキ炭酸ソーダが大活躍でしたね!
お疲れさまでした♪

 

魚焼きグリルをキレイに保ちたいなら、お料理中の工夫が大事

さて、ここまでのお掃除方法で、魚焼きグリルは、まるっとキレイになりましたか?

たまってしまった汚れも、せっかくキレイに落とせたところ。
なるべく、このキレイな状態を保ちたいですよね。

最後に、魚焼きグリルをキレイに保つための方法を解説していきたいと思います♪

こまめにお掃除する

まずは、初めにお話ししたように、こまめにお掃除をすること。
網・受け皿は軽く洗うだけ、そして庫内と操作パネルは水拭きするだけでもいいので、使うたびにお掃除をしていると断然お掃除が楽になりますよ♪

網をキレイに保つ3つの方法

次に、網をキレイに保つ方法です。
いやな焦げつきを防ぐ方法が、3つあります♪

予熱してから焼く

お魚などを焼く前に、網を先に予熱しておきましょう。
それだけで、食材がくっつきにくくなるんです。

 

サラダ油を塗る

サラダ油をキッチンペーパーに含ませて、網に塗っておくのもおすすめ。
食品のくっつき防止になり、焦げつくのを防いでくれますよ♪

 

アルミホイルを敷く

魚焼きグリルの網の上に、アルミホイルを敷いてしまうのも一つの方法。
油の少ない種類の魚なら、この方法で焼いても美味しく焼けるんです。

アルミホイルを敷いたときには、途中で一度、魚をひっくり返すようにしてくださいね♪

 

受け皿をキレイに保つ3つの方法

そして、受け皿をキレイに保つ方法。
水を入れておく受け皿ですが、ちょっとした工夫ができるんですよ♪

片栗粉を入れる

水300mlに対して片栗粉大さじ4杯を溶かしたものを、受け皿に入れた状態で料理をしましょう。
熱で、油とくっついた状態で片栗粉が固まってくれます。

お掃除は料理の後に固まった片栗粉をべろんとはがすだけ。
主婦の間で話題の、とっても簡単な方法なんです♪

 

重曹を入れる

片栗粉の代わりに重曹も使えます。

水300mlに対して重曹大さじ4杯を溶かしたものを、受け皿に入れて料理しましょう。

料理の後は、水でさっと流すだけ。
油汚れがつきにくくなります。

 

グリルストーンを入れる

市販のグリルストーンを入れて、料理をするのもおすすめ。
グリルストーンとは、見た目は小さな砂利のようなものですが、実は鉱石でこれを入れて料理をすると料理がおいしくなる、という効果のある石なんです。

しかも料理を美味しくしてくれるだけでなく、油を吸って煙や臭いを抑えてくれる効果も。
そこで、受け皿をキレイに保つにも役立つんですよ♪

おすすめの商品はこちら↓↓
食材から出る脂を吸ってくれる、そして煙や臭いも抑えてくれる、便利なグリルストーンです。だいたい4~5回で交換してください。それだけでなく、炭火焼に近い焼き上がりでこんがりおいしく焼くことができちゃいます。しかも、使ったあとは土壌改良剤として土に戻すことができるんです。


ここまでで、魚焼きグリルをまるっとお掃除して、油汚れを落とす方法を紹介しました。
そして、油汚れといえば「換気扇」も気になるところ。
レンジフード、フィルター、ファンの3つのパーツに分解して、油汚れをスッキリ落としてみませんか?
換気扇の掃除はつけおき洗い!ギトギト汚れに最適な方法と頻度を紹介」で詳しく説明しています!

 

グリルをキレイにする方法について、プロに聞いてみた!

さて、ここまでグリルの掃除方法、そして、グリルをできるだけキレイに保つ方法をご紹介しました。
では、日々しつこい油汚れとたたかっているお掃除のプロの方は、グリルのお掃除についてどのような見解を持っているのでしょうか。

「あなたのマイスター」では、キッチンクリーニングのプロに「グリルの掃除は大変なので使用をためらってしまいます。グリルを汚れにくくする方法はありますか?」と聞いてみました!
たくさんのプロの意見の中から、一部を紹介します。

整理収納マイスターMOGIさん(東京都)

網の上にアルミホイルを敷いて使うか、薄く油をひいて焼くと、焦げが付きにくくなり多少お掃除が楽になります。あとは使った後、器具が温かいうちに速やかにお掃除すると良いと思います。

 

クリーンハウスサポートサービスさん(神奈川県)

グリル内に汚れが付着して時間がたつほど汚れを落としづらくなるので、可能な限り中性洗剤と柔らかいスポンジで日常の清掃を行ってください。

 

侍カンパニージャパン株式会社さん(埼玉県)

使った後、毎回、清掃することが汚れを落としやすいですが、面倒な場合は、一度、水だけを熱してから清掃すると楽になります。

 

魚焼きグリルの汚れは、時間が経てば経つほど落とすのが、大変になってしまうようです。
汚れてしまったら早めに、お掃除。魚焼きグリルを使うときは、アルミホイルなどを使うのがいいみたいですね!

「あなたのマイスター」では、もっとたくさんのプロに、他にもいろいろな疑問に答えてもらっています。
そんなプロの声を「プロが答えてお悩み解決!アスクマイスター」に集めました。
自分でお掃除するときも、ハウスクリーニングをお願いするときも、役に立つこと間違いなしです!

年末の大掃除でキッチンをお掃除するなら

キッチンは、全国の主婦が大掃除をする場所第3位!ちなみに、第1位と2位は、換気扇とお風呂です。
普段から綺麗にしているつもりでも、意外と汚れがたまっているのがキッチン。大掃除で一気に綺麗にできると嬉しいですよね。

大掃除の進め方や、効率の良いお掃除方法について知りたい方は、こちらの記事↓をチェックしてみてください♪大掃除する方が多い換気扇・お風呂・キッチンのお掃除方法だけでなく、窓・サッシ、洗面所など、家中をピカピカにするお掃除方法をたっぷり紹介しています!

 

まとめ

いかがでしたか?

魚焼きグリルでお掃除する場所は、


受け皿
魚焼きグリルの本体(庫内、操作パネル)

の3つです。

お掃除には「重曹」と「セスキ炭酸ソーダ」が大活躍!

ちなみに重曹は、キッチンの五徳をお掃除する時にも活躍します!
重曹水をスプレーする方法と、重曹につけおきする方法がありますよ。

庫内は、グリルの受け皿を取り外した後に見える内部のこと。
滅多に掃除することのないところなので、汚れもたまりやすいです。
そんなところまでお掃除すれば、それはもう徹底的に綺麗できたということです!

重要なのは、魚焼きグリルは使った後にすぐにお掃除するということ。
汚れが定着する前なら、簡単なお掃除で済みますよ♪

また、普段のちょっとした工夫が簡単なお掃除に繋がります。
受け皿に片栗粉を入れておく、ぜひやってみてください!

ただし、庫内が取り外せない魚焼きグリルなど、自分ではお掃除が難しい場合もあります。
そんなときはプロにおまかせするのがおすすめ!
こびりついてもう落とせないかも……という汚れも、すっきり解決してくれるはずです!

清潔で使いやすい魚焼きグリルで、料理を楽しみましょう♪

関連記事

包丁の切れ味を良くする!研ぐだけじゃないお手入れ法と食材との相性

  せっかく料理しようと思ったのに、包丁が上手く切れなくて切り口がボロボロになってしまった…。 なんて経験ありませんか? 切れ味の良し悪しは、料理する人のストレスになるだけでなく、料理の見た目や味まで左右します […]

キッチンの窓の効果は2つ!目隠しをおしゃれにして自分好みの空間に

  突然ですが、みなさんのお家のキッチンには窓が付いていますか? そもそも、窓なんかあってもなくても変わらないんじゃない?と思っているあなた。 いいえ、変わるんですよ! 実は、キッチンに窓があるだけで電気代を節 […]

電子レンジの掃除は重曹!頑固な汚れもチンするだけでスッキリきれい

家の電子レンジ、こまめにお掃除していますか? 私は、かれこれ4・5年お掃除していません。 おかげで、電子レンジがちょっと臭いです。 よく使うから、いちいち掃除するのは面倒。 そう思ってお掃除をサボり続けた結果、焦げはこび […]

電子レンジの掃除は簡単3分、水垢・油汚れもチンするだけでキレイ!

  いつの間にかこびりついている、電子レンジの汚れ。 気がついたときにはすっかり乾いてしまい、軽く拭くだけでは取れない頑固な汚れになってしまいがち。 狭い電子レンジの中を一生懸命こすって掃除するのは、なかなか大 […]

ランキング

エアコンの臭いはホコリ・カビ・雑菌!全てを除去するお掃除方法とは

久しぶりにエアコンをつけてみたら、もわっとした臭い風が部屋いっぱいに広がった。 という経験はありますか? 本当に気分が悪いですよね。そのニオイ、今すぐ取り除きましょう! 実はエアコンのニオイの原因とニオイを取り除くたった […]

エアコンの水漏れの原因は7つ!ドレンホースのお掃除で8割は解決!

エアコンをつけてみたら、え?エアコンが泣いている? いや、違う!ポタポタと水漏れが!そんな経験はありますか? 編集部では、20~50代の女性100人に「エアコンの水漏れを経験したことがありますか?」と聞いてみました。 4 […]

リーガル靴修理|ソール・かかと・つま先ビフォーアフターが完全集結

  日本を代表する靴ブランドであるリーガル。 100年以上にも渡りグッドイヤー・ウェルト製法を貫き、日本人の足にフィットするものをと、木型からこだわっています。 ビジネスシーンの足元の定番ではないかと思うくらい […]

ルイヴィトンバッグ・財布修理|レザー、内袋、取手リペア事例が集結

  ショルダーベルトが切れてしまった。 ファスナーが壊れた。 シミがついてしまった。 そんなブランド品はありませんか? 切れた部分やシミは、修理の職人さんの技術で、元の姿に戻すことができます。 その仕上がりは、 […]

布団は部屋干しでもふかふかに!週に1回干すだけで快眠が手に入る!

  干したばかりの布団って気持ちいいですよね。 じめっと重かった布団も、日光に当てて干すとカラッと軽くなります。 毎日あんな布団で寝られたらいいのにと思いますが、実際は天気に左右されたり、花粉が気になったりして […]

革靴のオールソール交換!靴底の張り替えの匠の技で厚み・美しさ倍増

  靴の、底。 履いているうちに、必ず削れてきてしまう部分ですね。 擦り切れて穴が開いてしまった…… 削れ過ぎて、見た目が悪くなってしまった…… など、靴底の状態が悪くなってしまった靴は、ありませんか? そんな […]

洗濯機はお掃除クリーナーでカビ取り!月イチ槽洗浄でキレイを保とう

洗濯機から出した洗濯物に、なんだか黒いぴろぴろしたものがついている……! なんてことありませんか? それ、ワカメではありません。洗濯機の洗濯槽についてしまった、カビです。 カビがついた洗濯槽でお洗濯をしていると思うと、ぞ […]

グッチのバッグ・財布・靴修理|レザー、内袋、取手リペア事例が集結

  とっても大切な、グッチのバッグや財布、靴。 どれだけ丁寧に扱っていても、壊れてしまうことってありますよね。 長く使っていると素材が変質したり、穴があいてしまったり…。 自分で修理しようとすると、せっかくのデ […]

風呂釜掃除はつけおきで簡単!プロの洗浄は専用機械で汚れがゴッソリ

湯船に浸かって、1日の疲れを癒す。 お風呂の時間は、最高のリラックスタイムですよね。 そんな、つかの間の休息を演出してくれるのがそう、風呂釜。 意外と知られていないですが、お掃除していない風呂釜には汚れがたまっています。 […]

エアコン掃除を自分で行う方法を解説!内部のカビはプロが徹底除去!

夏が始まり、エアコンをつけると…カビ臭い。 臭いだけでなく、カビを含んだ空気を吸って健康に悪影響が出てしまうのは嫌ですよね。 そこで必要なのは、エアコンのお掃除! エアコンを分解し、カビやホコリを取り除くことで、空気を綺 […]

エアコンの臭いはホコリ・カビ・雑菌!全てを除去するお掃除方法とは

久しぶりにエアコンをつけてみたら、もわっとした臭い風が部屋いっぱいに広がった。 という経験はありますか? 本当に気分が悪いですよね。そのニオイ、今すぐ取り除きましょう! 実はエアコンのニオイの原因とニオイを取り除くたった […]

エアコンの水漏れの原因は7つ!ドレンホースのお掃除で8割は解決!

エアコンをつけてみたら、え?エアコンが泣いている? いや、違う!ポタポタと水漏れが!そんな経験はありますか? 編集部では、20~50代の女性100人に「エアコンの水漏れを経験したことがありますか?」と聞いてみました。 4 […]

洗濯機はお掃除クリーナーでカビ取り!月イチ槽洗浄でキレイを保とう

洗濯機から出した洗濯物に、なんだか黒いぴろぴろしたものがついている……! なんてことありませんか? それ、ワカメではありません。洗濯機の洗濯槽についてしまった、カビです。 カビがついた洗濯槽でお洗濯をしていると思うと、ぞ […]

風呂釜掃除はつけおきで簡単!プロの洗浄は専用機械で汚れがゴッソリ

湯船に浸かって、1日の疲れを癒す。 お風呂の時間は、最高のリラックスタイムですよね。 そんな、つかの間の休息を演出してくれるのがそう、風呂釜。 意外と知られていないですが、お掃除していない風呂釜には汚れがたまっています。 […]

エアコン掃除を自分で行う方法を解説!内部のカビはプロが徹底除去!

夏が始まり、エアコンをつけると…カビ臭い。 臭いだけでなく、カビを含んだ空気を吸って健康に悪影響が出てしまうのは嫌ですよね。 そこで必要なのは、エアコンのお掃除! エアコンを分解し、カビやホコリを取り除くことで、空気を綺 […]

お風呂の鏡のお掃除はどうしよう?なにしよう?「新聞使用」が正解!

毎日使うお風呂。 毎日見るお風呂の鏡。 あなたのお家のお風呂の鏡、自分の姿がはっきり写りますか? 湯気で覆われているように白くくもっていませんか? ここで編集部が20代〜60代の女性100人に行なったアンケートを見てみま […]

洗濯機の排水口掃除はパイプユニッシュor重曹!臭いや詰まりも改善

洗濯機の排水口から何か嫌な臭いが漂ってくる…。 洗濯機が脱水中に止まってしまったり、エラー表示が出たりする…。 あなたのお家の洗濯機のそんなトラブル、もしかしたら洗濯機の排水口のせいかもしれません。 長期間、洗濯機を使い […]

お風呂の排水口・排水パイプの掃除方法!臭いと詰まりをどちらも解消

  お風呂ので一番汚れが気になるところといっても過言ではない、排水口。 お風呂中のお湯が流れ着く場所です。お湯に流されて、汚れもたっぷりたまります。 排水口の汚れが原因で、お風呂中に嫌な臭いが漂ったり、排水パイ […]

キッチンの排水口のお掃除には重曹とお酢でつまりはもう詰まらない!

排水口のぬめり…… 排水口からの臭い…… 排水口の詰まり…… 毎日キッチンを使っていると、こんな問題が生じることがよくあります。 キッチンは朝昼晩と使うものなので、排水口の掃除までなかなか手が回らないですよね。 では、い […]

お風呂の頑固なカビには片栗粉×漂白剤!プロおすすめ予防法もご紹介

スポンジでゴシゴシしても落ちない…。 落としたつもりでも何日かたつと復活している…。 このように、お風呂のカビで悩んだことはありますか? ここで編集部が20代〜60代の女性100人に行なったアンケートを見てみましょう。 […]

布団は部屋干しでもふかふかに!週に1回干すだけで快眠が手に入る!

  干したばかりの布団って気持ちいいですよね。 じめっと重かった布団も、日光に当てて干すとカラッと軽くなります。 毎日あんな布団で寝られたらいいのにと思いますが、実際は天気に左右されたり、花粉が気になったりして […]

ワイシャツの黄ばみを落とす最強の漂白剤の使い方!予防すれば完璧◎

いつの間にかワイシャツが黄ばんでいた経験、ありませんか?特に、襟や脇、袖は黄ばみやすい部分です。 実は、毎日ちゃんとお洗濯しているだけでは、黄ばみを予防することはできないのです。 黄ばんだワイシャツでは、第一印象も悪くな […]

油汚れの染み抜きには「クレンジングオイル」が一番効果的なんです!

「揚げ物を作っていたら、油が服に飛んでしまった…。」 「子供がオムライスを食べていて、服にケチャップをつけてしまった…。」 など、日常的に服に油のシミがついてしまうシーンってありますよね。 でも、みなさんは知っていますか […]

白いスニーカーの汚れを7つのアイテムで真っ白に!お酢が決め手です

白は汚れる! まあ常識ですよね。 ちょっと擦っただけでも灰色が付きますもん。 僕も一時期まっ白なスニーカーで生活してたんですがね、まあすぐ汚して怒られましたとも。   ということで今回は白スニーカー。 汚れが目 […]

【8割の人が知らない!】靴を自宅の洗濯機で洗う正しい方法を解説

会社が学校から帰る途中に、突然のゲリラ豪雨。 息を切らしながら走って帰ったけど、泥が跳ねて靴が汚れちゃった…。そんなこともありますよね。 そんなとき汚れてしまった靴をどうしていますか? え?そのまま? そんな […]

油性ペンの汚れに4通りの落とし方。油には油を!不安ならみかん!

新学期。新しい教科書に名前を書く時に、大活躍の油性ペン。 にじまず、書く材質を選ばないのが特徴。そのため、水で濡れやすいキッチン周りにも使えますし、学生から主婦の方にも愛用されているはず。 そんな油性ペンの1番の特徴は「 […]

羽毛布団を洗濯機で洗う方法|コインランドリーやクリーニングと比較

  寒くなってくると毎年押し入れから引っ張り出してくる羽毛布団。ふかふかのお布団にはついつい顔をうずめたくなりますよね…って、あれ。 なんか、臭い。前よりボリューム感がないかも。 なんてショックを受けてる方に質 […]

色移りの落とし方は50℃のお湯で洗剤2倍!本当に正しい情報大公開

あああ!しまった。 洗濯機の蓋を開けてみたら、中が大惨事になっていた。 こんな経験はありませんか? そう、色移り。 お気に入りの服に色が移っていた時なんか、とてもショックですよね。 普段は気をつけていても、ちょっと気を抜 […]

帽子・キャップの型崩れしない洗い方!他とはかぶらない方法で伝授!

帽子って、知らず知らずのうちに汚れや臭いがひどくなってしまいますよね。 特に夏の汗をかく時期。 でも、帽子を自宅で洗うって、あんまりピンとこないかもしれません。 しかし、ここでは帽子・キャップを自宅で型崩れの心配なく洗う […]

羽毛布団の洗濯はコインランドリーがおすすめ!乾燥時の注意点も解説

  軽くて、柔らかくて、暖かい。 と、良いこと尽くしの羽毛布団は、寒い季節には手放せない寝具の1つ。 でも、なんだか最近、ふんわり感がなくなったような…。 それに、前よりも暖かくないかもしれない…。 なんて感じ […]

リーガル靴修理|ソール・かかと・つま先ビフォーアフターが完全集結

  日本を代表する靴ブランドであるリーガル。 100年以上にも渡りグッドイヤー・ウェルト製法を貫き、日本人の足にフィットするものをと、木型からこだわっています。 ビジネスシーンの足元の定番ではないかと思うくらい […]

ルイヴィトンバッグ・財布修理|レザー、内袋、取手リペア事例が集結

  ショルダーベルトが切れてしまった。 ファスナーが壊れた。 シミがついてしまった。 そんなブランド品はありませんか? 切れた部分やシミは、修理の職人さんの技術で、元の姿に戻すことができます。 その仕上がりは、 […]

革靴のオールソール交換!靴底の張り替えの匠の技で厚み・美しさ倍増

  靴の、底。 履いているうちに、必ず削れてきてしまう部分ですね。 擦り切れて穴が開いてしまった…… 削れ過ぎて、見た目が悪くなってしまった…… など、靴底の状態が悪くなってしまった靴は、ありませんか? そんな […]

グッチのバッグ・財布・靴修理|レザー、内袋、取手リペア事例が集結

  とっても大切な、グッチのバッグや財布、靴。 どれだけ丁寧に扱っていても、壊れてしまうことってありますよね。 長く使っていると素材が変質したり、穴があいてしまったり…。 自分で修理しようとすると、せっかくのデ […]

ファスナー・チャックの直し方を解説!5つの不具合もこれで全て解決

急いでファスナーを閉めたら動かなくなった……なんて経験、あるんじゃないですか? 『ガチっ』なんて音を出した後、うんともすんとも言わなくなることが結構あるんですよねぇ。 さて、こういうファスナーの故障ですが、大抵は曲がって […]

裾上げのやり方をズボンの種類別に解説!丈を決めるポイントも伝授!

もうちょっと裾が短かったら、このズボンは完璧なのになあ。 そんなお悩みはありませんか? そんなときに便利なのが「裾上げ」。 でも洋服屋さんで頼むと時間がかかってしまいます。取りに行くのも面倒臭いですよね。 だから、自分で […]

靴の臭いがたったの100円で消せるのならば試さずにはいられない話

どうも、隙あらば靴を脱ぐのであんまり足の臭いに困らない僕です。 たまに遠出すると脱げなくて大変なことになるんですけどねー。 さて、足の臭いってかなり気になりますよね。 しかも、どれだけ足を洗ったところで臭いが出るのは止め […]

スエードの靴の汚れの正しい洗い方とは?普段のお手入れ方法も解説

スエードの靴、あの独特の質感が素敵ですよね。なんだか温かみを感じる、良い生地だと思います。 でも一つ問題が…… 汚れが付きやすいんですよね。水に濡れればシミになり、使っているとテカテカしてきます。 しかも、スエードってお […]

靴磨きのコツを大公開!職人だけが知る革靴のお手入れ方法を徹底取材

お洒落は足元から、なんてよく言いますよね。 一生、大切にしたいと思っている革靴を、お持ちの方も多いはず。 ですが、せっかくの素敵な革靴も、お手入れができていなかったら台無しです。 よい革靴は、きちんと靴磨きをして、いつで […]

サビ落としはブラシ&サビ取り剤が最強!こすらず磨いて楽々完全除去

身の周りを見渡してみたら、色んなところでサビを発見してしまった…なんて経験、ありませんか? 例えば家の中に置いてあるスタンドラックにも発生するし、外に置いておいた自転車にもサビはつきやすいもの。 見た目はあまりきれいとは […]

おすすめ特集