五徳のお掃除は汚れに合わせて重曹三変化!サラダ油で焦げサビ予防

yusuke

更新日:2022年02月10日

ガスコンロについている五徳、きちんと洗ったことってありますか?

鍋からの吹きこぼれ、油の飛び散り、と、五徳に汚れはつきもの。

料理し終わった後の五徳は、とても熱くなっていて触るのは危険です。

食器のように、使った後すぐに洗うことができないため、ついつい洗うことを忘れがちですよね。

そうして長い間お掃除していない五徳は、油汚れでベタベタしていたり、黒い焦げがこびりついていたり……。
簡単には落とせないくらい汚れているかもしれません。

でも、そこで諦めないでください!
今回は、軽い汚れから頑固な汚れまで、五徳を綺麗にする方法を詳しく解説していきます。

さらには、日々のお手入れ方法まで紹介しちゃいますよ♪

五徳のお掃除は「週1回」で汚れ知らず

戦う前にまずは敵を知れ!ということで、お掃除のしかたのご紹介の前に、五徳の汚れのこと、五徳の種類、そして五徳のお掃除の頻度のことをおはなしていきます♪

五徳の汚れってどんな汚れ?

五徳の汚れは、もとは油汚れふきこぼれ食品かすなどです。

ですが、それらの汚れを放置したまま使ってしまうと、火が加わって油はベトベトに、そして固形の汚れはこげついてしまい、どんどんしつこくなってしまうんですね。

素材はホーローとステンレス

ガスコンロには、いろいろな種類があります。
でも実は、五徳の種類はシルバーのステンレス製と黒いホーロー製のたった2種類なのです!

ステンレス製

ステンレス製の五徳は、色味が明るいのでとってもおしゃれ
その一方、熱によって色が変わってしまうという欠点も…。

そして、お掃除にも専用のクリーナーが必要になります。

ホーロー製

ほとんどのガスコンロについているのは、こちらのホーロー製の五徳。

色が濃いので汚れが見えにくく、使うたびに味が出ていくのが魅力です。
ですが、サビがつきやすくもあります。

さて、このように2種類ある五徳ですが、今回は両方のお掃除方法を紹介します!

五徳のお掃除は1週間に1度はしたい!

さて、そんな五徳。
お掃除はどのくらいの頻度でするのがいいのでしょうか?

理想は毎回使うたびに水洗い!なのですが、なかなかそうもいきませんよね。
そこで、1週間に1度は重曹水でお掃除すると、汚れがたまらないのでおすすめです!

汚れがたまったままにしておくと、熱を加えるたびに汚れがしつこくなっていくので、避けたいところ。
重曹水でのお掃除のしかたは、この後におはなししていきます。
しっかりチェックしてくださいね。

1週間に1度も掃除できない…
汚れがこびりついてしまった…
というあなたのためのお掃除のしかたもご紹介しているので、ご安心くださいね♪

汚れのしつこさに合わせて重曹を3通りに使い分け!

いよいよ本編です。
重曹を使った、汚れレベル別に汚れの落とし方を3つ解説していきます♪

五徳のお掃除は、ご家庭の五徳の汚れ具合によって方法を変えるのが賢いやり方。

・軽い汚れ
・こげついた汚れ
・こびりついたしつこい汚れ

の3段階に分けて、重曹を活用したお掃除の方法をご紹介しますね♪

軽い汚れには「重曹水」

さて、まずはじめはレベル1。ちょっと普通に洗っても落ちそうな、軽い汚れからです。
このくらいの汚れなら、重曹水を使って油汚れをふき取る簡単なお掃除で十分。
このタイミングでお掃除しようとする心がけ、とっても素敵です!

用意するもの
・重曹
・スプレーボトル
・布
手順
1
重曹水を作る

ぬるま湯100mlと重曹小さじ1をスプレーボトルに入れ、よく振ります。

今回は2杯入れました!ボトルの口が小さい時は、ろうとを使うと良いかもしれません。

重曹は、水に溶けにくい性質を持っています。溶け残りがあると、スプレーが詰まってしまうこともあるので要注意。分量を守り、よく振って、しっかり溶かしましょう。

2
重曹水をスプレーする

五徳を取り外し、油汚れの気になる部分に作った重曹水を吹きかけます。

3
布で水拭きする

水で濡らした布巾で、よく拭いて油汚れを取ります。

ゴシゴシと力を入れて拭いていきます。布巾が真っ黒になるので、使い捨てできるものがおすすめです。

布巾を使っても、汚れが落ちない場合は、メラミンスポンジを使ってみましょう。

私も普段、ガスコンロのお掃除にメラミンスポンジを使っています!少ない力で楽々と汚れを落とすことができるので、とてもおすすめですよ♪

以上で、完了。
軽い油汚れやふきこぼれ程度だと、とっても簡単です。

こげついたら「つけおき」

さて、レベル2に挑戦しましょう。
五徳といえば、のこげつきです。

油汚れに加えてちょっとしたこげもついてしまったな、というときはこちらの方法でお掃除しましょう!

こげつきを簡単に落とすには、時間の力を借りちゃうのがおすすめ。
つけおきをして、お掃除を楽にしちゃいましょうね♪

用意するもの
・重曹
・五徳を入れる大きめの容器(ボウルやバケツ、洗面器など)
・歯ブラシ
手順
1
ボウルやバケツなどに、50~60℃のお湯をためる

ボウルに、五徳を入れたときにちょうどつかるくらいの分量の、50~60℃のお湯を入れます。

お湯を50度にするために、沸騰したお湯と常温のお湯を同量混ぜました。
2
五徳を入れる

五徳を取り外し、ボウルの中に入れます。

3
重曹を振りかける

重曹を、お湯1リットルあたり大さじ1、振りかけます。

4
1時間ほど放置する

そのままの状態で、1時間つけ置きします

しばらくすると表面が白っぽくなりました。よく見ると、黒くて小さい汚れが浮いているのが分かります。
5
歯ブラシで汚れを落とす

つけ置きをすると、こげついていた汚れが白く浮いてくるはず。
歯ブラシを使って、汚れをこすって落としていきます。

ゴシゴシと力を入れてこすっていくと、黒い汚れがさらに浮いてきます。
6
すすいで乾かす

最後に、キレイにすすぎましょう。しっかり乾いたら、もとに戻します。

\酸素系漂白剤でも「つけおき」OK/

今回は、重曹でつけおきする方法をメインで紹介しました。

実は、重曹の代わりに酸素系漂白剤を使うのもおすすめなんです。

酸素系漂白剤は、重曹よりも油汚れをよく落とすと言われています。ベタベタが気になる五徳のお掃除にはぴったり。

5Lのお湯に対して大さじ4の分量、お湯の温度は50度ぐらいでつけおきするのがポイントです。

酸素系漂白剤を使う上で知っておくべき特徴は2つ。水に溶けやすいこと6時間程度で分解してしまうことです。

重曹は水に溶けにくい性質があるため、研磨作用がありますが、酸素系漂白剤にはその作用はありません。

しかし、これはつけおきの場合には特に重要ではないので、問題ありません。

6時間程度で完全に分解してしまうということは、6時間以上つけおきしていても、効果がないということ。これは、覚えておきましょう!

酸素系漂白剤は、台所用品の除菌や漂白に最適。五徳のお掃除のほかにもたくさん活躍してくれるのです!お洗濯にも使えるので、1つ持っておいて損はありません。なかでもこちらの商品は、粒子が細かく、すぐに溶けるのが魅力!とっても使いやすいと評判です。

それでも落ちない汚れには「煮る」しかない!

さて、最後の強敵です。こびりついてびくともしない汚れ。
簡単な水洗いや、重曹でのつけおきでもはがれてこない、何層にもつみ重なったこげつき。もう落ちなさそうに見えるレベルです。

そんな汚れへの必殺技は、煮ちゃうこと。
沸騰させた重曹液で、五徳を煮ちゃいましょう!

用意するもの
・アルミ製ではない鍋(重曹が使える鍋)
・重曹
・歯ブラシ
手順
1
鍋に重曹を入れ、湯をわかす

鍋に水と水100mlあたり小さじ1の重曹を入れ、お湯をわかします。

今回は10杯入れました。
2
鍋に五徳を入れる

沸騰したら、鍋に五徳を入れます。

3
10分くらい煮る

10分くらい、ぐつぐつ煮ます。

4
10分経ったら、冷めるまで放置

10分経ったら火を消して、ある程度冷めるまでそのままにしておきます。

お湯に指を入れられるくらい冷めるまで、20分程度かかりました。
5
歯ブラシで汚れを落とす

ある程度冷めたら、歯ブラシを使ってこすって汚れを落としましょう!

6
すすいで乾かす

最後に、キレイにすすぎましょう。しっかり乾いたら、もとに戻します。

いかがですか?キレイになりましたでしょうか?

部分汚れには重曹ペーストがおすすめ!

ここまでは、五徳の汚れレベルごとに、重曹を使った3つのお掃除方法を紹介しました。
もう一つ、五徳のお掃除に役立つ重曹の使い方を解説します!それが、「重曹ペースト」です。

ペースト状の重曹を使うので、五徳の部分汚れをお掃除するのにぴったり。全体的に汚れているわけではないけど、どうしても落としたい小さな汚れがあるという場合には、ここで紹介するお掃除方法を試してみてください!

用意するもの
・重曹
・水
・アルカリ洗剤
・ラップ
手順
1
重曹ペーストを作る

重曹と水を2:1の割合で混ぜ、重曹ペーストを作ります。
しつこい汚れを落とす場合には、アルカリ性洗剤をさらに少量加えておきましょう。お掃除の効果がUPしますよ。

2
部分汚れに重曹ペーストをつけ、ラップを巻く

作った重曹ペーストを汚れにつけます。ケチらずにたっぷり使いましょう。
上からラップを巻いて、放置している間に乾燥することを防ぎます。

3
1時間ほど放置する

そのまま1時間ほど放置しましょう。重曹ペーストが汚れを溶かして落とします。

4
剥がしたラップをたわし代わりにして五徳を磨く

時間がたったら、ラップを剥がしてください。使ったラップを丸めて、五徳を磨きましょう。汚れが落ちます。

5
水で流し、乾かす

ラップで擦り終わったら、水で流します。最後にしっかり乾かせば、お掃除は完了です。

五徳の軽い汚れを落とすなら「とりあえずビール!」

ビール

さておまけに、ちょっとびっくりなお掃除方法を紹介します。なんとビールを使って五徳をお掃除する方法。

こびりついてしまった汚れには効果がありませんが、軽い汚れだったらビールを使って落とせちゃうのでお試しあれ!

アルコールの中のエタノールが、油汚れを分解してくれるんです。
また、アルコールは除菌・殺菌をしてくれるのも嬉しいところ。

また、ビール以外でもアルコールが含まれているものなら何でも使えちゃいます♪
飲みきれなかったワイン、ウイスキーなどを使ってしまいましょう。

用意するもの
・ビール
・たわし

こちらのタワシ、棕櫚とステンレスの繊維でできています。

そのため、柔らかくて素材を傷つけない一方で耐久性もあります。

五徳に限らず、鍋やフライパンなど頑固な油汚れ、焦げ付きを落としたい場合に便利です。

手順
1
五徳を外し、ビールをかける

外した五徳に、ビールを直接かけます。

炭酸が抜けてぬるくなったビールを有効活用!
2
たわしでこする

ビールをかけた五徳をたわしでこすって、汚れを落としていきましょう。

ビールのにおいがすごいです(笑)においが気になる方は、換気することをおすすめします。
3
水洗いする

汚れが落ちたら、水洗いをします。

注意
アルコールには引火性があるので、きちんと水で洗い落としましょう。
4
よく乾かしてから、もとに戻す

五徳をよく乾かしてから、もとの状態に戻します。
アルコールが乾いていないと危ないので、しっかり乾かしてから元に戻しましょうね♪

さて、ビールを使った簡単なお掃除で、汚れは落ちましたか?
落ちなかった…というあなたは、重曹でのお掃除にチャレンジしてみてくださいね。

五徳掃除にはオキシクリーンもオススメ!

家にビールなどのお酒がないご家庭や、「お酒の匂いはちょっと…」という方。
もっと強力な洗浄剤を使ってお掃除したいけど、手間なのはちょっとな…という方。

そんな方にオススメなのが、最強洗剤オキシクリーン!

大量の泡で汚れが浮き上がるので、五徳の頑固な汚れを落とすのにピッタリですよ!

用意するもの
・オキシクリーン
・ゴム手袋
・お湯
・ボール
・こするもの(タワシや歯ブラシ、メラミンスポンジなど)
手順
1
オキシクリーンとお湯を混ぜる

まず作業を始める前に、ゴム手袋をつけましょう。
オキシクリーンは安全な洗剤ではありますが、やや成分が強めでもあるので、手が荒れてしまう可能性があるんです。

水と洗剤の割合については、容器に書かれていますのでそちらを守ってください!

使うお湯は、50~60℃くらいだと、一番オキシクリーンが効果を発揮します。

ボールなどで混ぜても良いですが、シンクに水を張って行えば、シンク掃除も一緒に済ませてしまうこともできますよ♪

2
五徳を外し、つけおきする

この方法が、伝家の宝刀「オキシ漬け」。
どのくらいの時間漬け置きするかはお任せですが、2時間程度でまず様子を見てみるのがオススメです!

油や焦げかすが上の方に浮いてきたら、だいぶ汚れは落ちているはずです。

3
取り出してこする

ある程度汚れが浮いてきたら、水の中から取り出してください!

水で流してピカピカならそれでOKですが、まだしつこい汚れが残っているときは、用意しておいたタワシやスポンジでこすってみましょう!

汚れが落ちず「まだつけおきが足りないな」と思ったら、またある程度時間をおいて試してみてください!

これで完了です!

つけ置き洗いで済む上、シンクのお掃除まで一緒にできちゃうなんて嬉しいですよね!

ちなみに、シンクはこんな綺麗になりました…!↓

強力洗剤「オキシクリーン」で、五徳のしつこい汚れついでに、シンクの汚れもをやっつけてしまいましょう♪

ちなみに、オキシクリーンは、家中のお掃除に使えちゃいます!

オキシクリーンの詳しい使い方はこちらの記事にまとまっているので、ぜひ参考にしてみてください!

ステンレス製五徳の変色を落とす方法

ステンレス製の五徳を使っているみなさん、お待たせしました。忘れてたわけじゃないんですよ!

変色が気になるステンレス製の五徳。変色ってどうやって落としたらよいのでしょうか?
ステンレスの変色を落とすには、専用のクリーナーを使うしかありません。お掃除方法は簡単なので、さっそくみていきましょう♪

用意するもの
・専用クリーナー
・ラップ
手順
1
クリーナーをステンレス製五徳の汚れ、変色部分につける

変色しているのは、五徳の先の方だと思います。ちょうど、炎が当たる部分ですね。
その辺りにクリーナーをつけます。

2
ラップを丸めたもので根気強く磨いていく

五徳を傷つけないように、柔らかいもので磨くのがポイント。ラップを丸めたものをたわし代わりに使うのがおすすめです。

1往復こすったぐらいでは全然落ちません。根気強く、何度も何度も磨くことでやっと汚れが落ちます。諦めずに繰り返しましょう!

ステンレスの五徳は、たった1回の使用で変色してしまうこともあるようです。そうなると、変色するたびにお掃除するのも大変ですよね。

見方を変えれば、変色はしっかりお料理している証拠です。あえて変色を落とさず、そのまま使い続けている人もいるようです。

綺麗に保つためには、こまめにお掃除する必要があるということですね!

五徳の受け皿も忘れずきれいに!

五徳だけが汚れていく訳ではありませんよね!
付属パーツやその周りにも油汚れが飛び散っているはずです。

特に受け皿はいろんな汚れを受け止めてくれている部分。

火に近いこともあり、カスが燃えて焦げ付いてしまう場合もあります。

普段は五徳で見えにくい部分ですが、これを機にお掃除しちゃいましょう!

せっかく綺麗にした五徳も、このままでは汚れちゃいますからね。”

受け皿も五徳と同様の手順

特別なことはせず、五徳を洗う時と同じようにお掃除していきます。
ポイントとしては焦げをどう落とすか、という部分ですね。

用意するもの
・重曹
・割りばし
・大きな鍋
手順
1
鍋に水を張り重曹を入れる

分量等については、五徳と同じ割合で大丈夫です。
(水100mlあたり小さじ1杯)

2
受け皿を入れる

こちらも五徳と同じですがポイントが1つ。
焦げや油汚れの多い受け皿は、一度下洗いをしておくと効果的。
表面的な汚れを落とすことで、重曹の効果がUPします。

3
煮る

汚れの程度に合わせて煮ていきます。
冷ましてから汚れを落としても良いですが、煮ながらでも大丈夫。

今回は受け皿を傷つけないよう割りばしを用意したので、やけどに注意しながら気になる部分を擦ってみましょう。

4
汚れを落とす

火から外し、手で触れるくらいになったら本格的に汚れを落としていきます。
頑固な焦げは鉄製の棒などを使って擦り落としましょう。

傷付けたくない!という方は、先程使っていた割りばしでOKです。
メラミンスポンジなんかも有効ですよ♪

5
洗い流してチェック

最後にカスを洗い流したら、もう一度受け皿をチェックしてみましょう。

他の汚れで気付かなかった部分が出てくるので、気になる方はここで落としてしまいます!

油が固まりやすいので重曹が有効

焦げと同様に、受け皿に溜まりやすいのが油汚れ。
まぁ元々油を受けるものなので当然なんですけどね(笑)

そんな油汚れに効果的なのも、同じく重曹なんです。
そういえば、ここまで重曹についてあまり詳しく説明していませんでしたね。
おさらいも含めて、どうしてそこまで効果が出るのか解説致しましょう。

なぜ重曹が有効なの?

汚れには酸性の汚れとアルカリ性の汚れがあります。

今回お話した油汚れは酸性の汚れ。
それを落としてくれるのが、反対の性質を持っているアルカリ性の重曹なんです。

そこでポイントとなるのが中和と炭酸。
頑固な油汚れも、中和されることで落としやすくなり、大量に発生する泡で五徳や受け皿表面から剥がれ落ちていくのです!

簡単に説明するとこんな感じ。

水垢などアルカリ性の汚れに酸性の洗剤を使うのは、これと逆のお話ですね。
『汚れを中和させる』というポイントさえ押さえてしまえば、お掃除がグッと楽になりますよ♪

プロにお任せする手も!?

この記事をご覧の皆さん全員が、
お掃除が得意だったり、時間に余裕があるわけではないですよね。

そんなときは、お掃除のプロに頼ってみませんか?

まとまった時間が取れないご家庭が増えている近年、
ハウスクリーニングはどんどんメジャーになっているんですよ♪

プロの手にかかれば、汚れたキッチンのコンロがこんなにピカピカになります。

プロに依頼してみたい!と思ったら、ぜひユアマイスター をご利用ください!

ユアマイスターは、お掃除の「プロ」と「あなた」をつなぐサービス
お住いの地域で人気のプロをご紹介します!

口コミ数は8000件を突破していて
たくさんのお客様から大変ご好評をいただているんですよ♪

キッチンクリーニングの詳細はこちらから見に行ってみてください!

「仕上げにサラダ油」で五徳をキレイなままに保とう!

さて、最後にご紹介したいのは五徳をなるべくキレイな状態で保つ方法。

五徳のこげ、そしてサビを防止するとっても簡単な方法を解説します!

用意するもの
・サラダ油
・キッチンペーパー
手順
1
サラダ油を五徳に塗る

サラダ油をキッチンペーパーに含ませ、五徳に塗ります。

2
余分な油をふき取る

キッチンペーパーを使い、五徳の余分な油をふき取ります。

手がベタベタしない程度に拭き取りました。

さかな焼きグリルもきれいにしよう!

五徳のお掃除をするなら、さかな焼きグリルも一緒に掃除しておきましょう。

普段あまり使用していなくても、知らないうちに汚れが溜まり、落とせなくなってしまう場合もあります。

「魚焼きグリルの掃除は面倒……」
と思いがちですが、実はそれほど難しくありません。

掃除方法を覚えて、毎日の料理に魚焼きグリルを活用してみましょう。

軽い汚れには中性洗剤

おすすめ 商品

商品画像
ジョイ コンパクト 食器用洗剤 オレンジピール成分入り 本体 190mL

魚焼きグリルを掃除する基本の方法は、食器用洗剤をはじめとする中性洗剤があればOKです。

使用後すぐの温かい状態なら、よりさっと落とせますので、試してみましょう。

用意するもの
食器用洗剤
スポンジ
手順
1
食器用洗剤とスポンジで洗う

グリルの受け皿と網を、使用後温かいうちに取り外し、食器用洗剤をつけたスポンジで洗いましょう。

水ではなく、お湯を使うとよりすっきり洗い流せます。

2
汚れが頑固な場合はお湯につける

焼いた後のお肉や魚など、汚れがこびりついている場合は、しばらくお湯につけておきましょう。

しばらく置いておくと、汚れた部分が柔らかくなりますので、手順1と同じく食器用洗剤で掃除します。

しつこい汚れには重曹のつけおき

おすすめ 商品

商品画像
シャボン玉 重曹 680g

中性洗剤だけでは汚れが落ちない場合は、万能アイテム重曹の出番!

頑固な焦げつき汚れも、重曹の力を借りれば、しっかり落とせます。

「魚焼きグリルの汚れが落ちないから諦めている」
という人も、重曹つけおきにチャレンジしてみましょう。

用意するもの
重曹
掃除用ブラシ
ゴミ袋
ゴム手袋(あれば)
手順
1
つけおき液を作る

グリルの受け皿や網をつけおきするための、重曹水を作ります。

シンクにお湯を貯める、もしくは受け皿や網が入るサイズのゴミ袋を利用しましょう。

50~60℃のお湯に、重曹をコップ1/2~1杯程度入れてかき混ぜたら、つけおき液の完成です。

2
30〜60分放置

受け皿と網を重曹水につけたら、そのまま30~60分放置します。

この間に、重曹の成分が焦げ付きや油汚れに浸透し、落としやすくなります。

つけおきする前の重曹水を、ぞうきんに含ませて絞っておくと、魚焼きグリルの庫内掃除にも使えます。

重曹な白残りするので、掃除が終わった後は、しっかり水拭きしておきましょう。

3
ブラシで掃除する

つけおき時間が過ぎたら、汚れをブラシで擦り落としましょう。
ゴム手袋をつけて、つけおき液の中で擦るようにすると、より汚れを落としやすくなります。

最後にお湯または水でしっかりすすぎ、乾燥させたらお掃除完了です。

プロに五徳をお掃除してもらうという方法もある!

さて、ここまで汚れ別に五徳のお掃除方法をご紹介しました。

しかし!汚れがたまりすぎて、自分ではもう手に負えない…というあなたに朗報。
もう一つの選択肢があるのです。

それは「プロによるお掃除」という選択肢。

「あなたのマイスター」では、キッチンクリーニングのプロに「五徳がどのような状態になったらプロに任せるべきですか」とと聞いてみました!
たくさんのプロの意見の中から、一部を紹介します。

株式会社アクティブエースさん(東京都)

油が固まった黒い焦げ付きが付着し、何度拭いても取れない場合がプロにお任せする目安になります。しかしお湯に重曹を溶かし五徳を漬け置きし、へら等で擦り落とせるレベルの場合は、お客様ご自身でも焦げ付きは落とせます。油は熱に弱い性質になる為、ある程度の汚れの場合は、ご家庭のお掃除でも落とせますので、一度お試しをした上で難しい場合は、プロにご依頼が宜しいかと思います。

株式会社エムクリーンサービスさん(東京都)

お客様が汚いと感じた時にご注文ください。あえて申し上げるなら、五徳がミノムシのようになったらご注文頂いた方がよいかと思います。

コーティングによって油汚れは自体は落としやすくなるものの、やはりこまめなお手入れは欠かせないようですね。

「あなたのマイスター」では、もっとたくさんのプロに、他にもいろいろな疑問に答えてもらっています。
そんなプロの声を「プロが答えてお悩み解決!アスクマイスター」に集めました。
自分でお掃除するときも、ハウスクリーニングをお願いするときも、役に立つこと間違いなしです!

キッチンクリーニングを動画でチェック!

プロのキッチンクリーニングでは、どのようにお掃除してもらえるのか、気になりますよね。
まずは、こちらの動画をご覧ください♪

プロは五徳をお掃除する時は、アルカリ性洗剤を使い、60度のお湯でつけおきをするのですね!
五徳だけでなく、ガスコンロの天板、魚焼きグリルなども。徹底的にお掃除してくれるようです。

キッチンの汚れにお悩みの方には、プロのクリーニングもおすすめですよ♪

まとめ

いかがでしたか?

最初にご紹介したのは、なんとビールを使った汚れの落とし方
飲み切らずに放置して、ぬるくなってしまったビールを活用してみましょう。

そして重曹を使った五徳のお掃除は、

・軽い汚れには、スプレー
・こげついた汚れには、つけおき
・何層にもこびりついたしつこい汚れは、煮る

の3段階のレベル別に、お掃除の方法を変えましょう!

お掃除のあとに五徳にサラダ油を塗っておくだけで、お掃除が簡単になりますよ。

ぜひ試してみてくださいね♪

キッチンクリーニングのプロのサービスを探す