みかんの木の剪定は2~3月、切り口には保護剤を!育て方も徹底解説

■みかんの剪定で「日当たり」「風通し」がよくなれば美味しくなる!
■みかんの剪定は2~3月に7つのステップで!幼木の切り方もご紹介
■切った後の2つのケアと普段からの3つのお世話もポイント

RELIVERS編集部

更新日:2018年10月12日

みーかんーのはーながーさーいてーいる♪

っていう曲ありますよね。続きが出てきませんが…
みかんの花?え、みかんって花とかあるの?って小さい頃思った記憶があります。
当然ですが、みかんにも花はあって、すべてのはじまりはみかんの木なんですよね。

これは今だから分かるのですが、みんな大好きな美味しいみかんは、健康なみかんの木から生まれるのです。

ご家庭のみかんの木に美味しい実をつけるためには、正しい剪定がはじめの第一歩。
これから紹介していきます。

剪定する前に知っておくべき3つのこと

剪定の理由

剪定って何でするの?っていうそんなあなたのために言っておきたい剪定の理由。

みかんを育てる上で一番大事なのは、日当たり
剪定をしないと、どんどん日当たりが悪くなってしまうんです。

また、害虫や病気を防ぐために重要なのが風通し
みかんは結構病気になりやすいです。
これも剪定によって改善されます。

要するに剪定が、みかんの美味しさを左右すると言っても過言ではないのです!

剪定の時期

剪定をする時期に適しているのは、収穫期が終わって新しく枝が伸び始めるころ。
温室などではなく、一般的な気候で育てられているみかんなら2~3月

4月ごろには新しく花になって受粉すれば実になるところの芽(花芽)がついてきてしまうのでやめましょう。

美味しいみかんを作るため不要なみかんの実を摘む摘果は7~8月頃、みかんの収穫は10~12月ごろできます!
詳しくは後の「美味しいみかんを作るために覚えておくべきこと2つ」で!

花芽ってなに?

木の「」には

・成長すると葉っぱになり枝になる葉芽」(ようが、はめ)
・成長すると花になる花芽」(かが、はなめ)

の2種類があるのです。

みかんの場合、うまく受粉すればみかんの実がそこになるんです。
鉢植えのみかんなど、小さめの木の場合ばっさり剪定してしまうのはおすすめしません

みかんは、ながーい時間をかけて育てる木。
ながーい年数をかけて、少しづつ剪定して育てましょう♪

 

剪定する枝

剪定する際、どれでも切っていいってわけではありません。
ちゃんと切るべき枝は決まっているのでご紹介しますね。

成長に悪い枝

ここで紹介するのはみかんが病気になってしまったり、栄養を奪ってしまう枝です。
他の種類の木でも剪定の時に必ず切る枝です。
付け根からバッサリ切ってしまいましょう!

枯れ枝
既に枯れてしまった枝は、残しておく必要がありません。
それどころか放置しておくと、その部分に害虫がついてしまう可能性もあります。
必ず切りましょう。

 

病気・害虫の被害を受けた枝
これも放置しておくと大変。
剪定の時期にしっかり切って、病気用の薬を塗ることをおすすめします。

 

徒長枝
これは、「とちょうし」と呼びます。
普通の幹から生える枝とは違って、太い枝を剪定した後の切り口から生えてくる極端に長い枝のこと。これは、木の栄養をかなり多く奪ってしまうので切ってしまいましょう。

 

内側の細い枝
木の内側に伸びた細い枝は、中に日が当たるのを妨げてしまうため、切るのがおすすめです。

 

上向き・下向きに伸びた枝
上向き、また下向きの枝は実がなっても小さい可能性が高いです。
それらが他の枝の栄養分をとらないように切っておいたほうがおすすめです。

 

枝から複数の枝が出ている枝
・枝の一部分から複数の枝が出て車輪状になってしまっている「車輪枝
・複数の枝が平行に生えてしまっている「平行枝

など、同じような太さの枝がおかしな方向にたくさん出ている場合、害虫がついたり、日当り、風通しもよくないので、切ってしまいます。

 

実をつけるために切る枝

実をつけるために切る枝です。
ちょっと変わった切り方をします。

前年に実がついた枝
これはちょっと覚えておいて欲しい意外な事実。
前の年に実がついた枝には、次の年には実はつきません。

その前の収穫期に実がついた枝を覚えておいて、剪定してリフレッシュさせてあげましょう!
その後1年間自由に成長させると、栄養を蓄えて、再来年は立派な実を付けますよ。

太い枝にいくつも小枝がついて、その小枝にみかんの実が実るという感じだと思います。
この中心の太い枝を一番根元に近いみかんの実った小枝と分かれるところの少し上で切ります。
その小枝は残しますが、通常の切り戻しのように太い枝を飛び出す形でなく、小枝と平行な切り口にします。
これで徒長枝を予防します。

この太い枝に他にも小枝がついているようなら、それらは付け根から切ってください。

日当りをよくするために切る部分

葉っぱ
葉っぱも、木の中の日当たりを確保するために、全体の1割くらい減らしましょう。

重なっている枝
美味しいみかんを作るためには、日当りがとっても大切なんです。
あんまり枝が混み合っているところは切ってしまいましょう。

できれば親指の太さの枝同士は30cm、親指と人差し指でできた輪くらい太い枝同士は60cmくらいの間隔を上下左右にとれるように剪定できるとベストです。

 

基本事項が分かったところで、それではレッツ剪定!

みかんの剪定は7つのステップ!

それでは剪定を始めましょう。まずは用意するものを確認。

用意するもの

・新聞紙
・軍手
・剪定ばさみ
・剪定ノコ
・ほうき、ちりとりなどの掃除道具

  手順 

1. 軍手をはめる
危険なので、必ず軍手をはめましょう。地面に新聞紙を敷くと掃除しやすいです。

 

2. 成長に悪い枝を切る
前に説明した「剪定するべき枝」の「成長に悪い枝」を切っていきます。
基本的には剪定ばさみを使って根本から切り落とします。

太い枝の場合は、剪定ノコで切る方の枝を持って付け根から切り落としましょう。
このとき、途中から切ってしまうと切り口から新しい枝が伸びてきてしまうので要注意です。

 

3. 前年に実がついた枝を切る
前に説明した「剪定するべき枝」の「前年に実がついた枝」を切ります。

太い枝にいくつも小枝がついて、その小枝にみかんの実が実るという感じだと思います。
この中心の太い枝を一番根元に近いみかんの実った小枝と分かれるところの少し上で切ります。
その小枝は残しますが、小枝と平行な切り口にします。

 

4. 重なる枝を切る
日当りをよくするために重なりあう枝を切ります。
一番根元に近い小枝との分かれ目の少し上で切りましょう。
できれば親指の太さの枝同士は30cm、親指と人差し指でできた輪くらい太い枝同士は60cmくらいの間隔を上下左右にとれるように剪定できるとベストです。

 

5. 全体のかたちをととのえる
枝の高さや広がりを抑えることで、全体のかたちをととのえます。
ここでポイントなのは、全体を1枚の葉のように、中心から外側へ開いた形にすること。
その形を目指して枝の外側を剪定ばさみで切り詰めましょう。

 

6. 葉っぱを切る
日当たりをよくするために、葉っぱも全体の1割程度減らします。
剪定ばさみで葉っぱも切り落としましょう。

 

7. 後片付けをする
新聞ごと剪定した葉と枝を片付けて、残った葉と枝はほうきとちりとりで掃除しましょう。

大変ですけど、剪定はこれでバッチリ!美味しいみかんができるはずです!

 

幼木はどうする?

さてさて、今まで紹介したのは種を植え付けて5年以上経って実をつけるようになった木の剪定の仕方。
ん?では、まだ成長中の小さなみかんたちはどうすれば…?
種から育てる場合は、その年数に応じて剪定の方法があるんです。

ちなみに、時期は、全て普通の剪定の時期と同じ2~4月上旬に行いましょう♪

1年目の剪定

植え付けして伸びてきた苗を地面から50cmほどの部分で切ります。

 

2年目の剪定

3~4本主幹から伸びた枝を残して、それ以外は全て根本から切ります。
残す方の枝も枝先から3分の1程度は切ります。

 

3年目の剪定

3年目の剪定は、2年目に残した枝はそのままに。
残した枝から新たに生えてきた枝を1/3に減らします。

 

4年目の剪定

2年目、3年目で残した枝の先にはもう花芽がついている可能性があるので、そのまま残しましょう。
それ以外の枝は、枝先から1/3を切ります。
混みあっている部分も、必要があれば少し減らしましょう。

 

その年ごとにそれぞれ決まっているんですね。
やっぱりみかんを育てる上で大事なのは、ながーいつきあいに耐えられる根気です♪

 

剪定したあとはみかんのケア

剪定したあとにすることは、みかんの木のケア。
これがとっても大事。
主にすることは2つ。

切り口に保護剤を塗る
剪定したあとの切り口をそのままにしておくと、そこから病原菌が侵入してしまう可能性も。
ホームセンターなどで売られている保護剤を、必ず塗ることをおすすめします。

剪定した後の切り口に、軟膏を塗るように塗ります。殺菌して、病原菌が入るのを防ぎます。人間の消毒液と同じ発想ですね。使いやすくて、評判もいいです。木ならなんでも使えるので、お庭がある人にはオススメです。

 

肥料をやる
剪定した後、枝や葉などが多くなくなることは、木にとっての負担にもなります。
養分を与えるためにも剪定後に肥料を与えましょう。

さあ、これでみかんの剪定は完璧。あとは美味しい実がつくのを待つだけです。

美味しいみかんは3つの普段のお世話から

剪定をして日がよく当たるようになったみかんの木。
ここまで頑張ってお世話したんですから、絶対美味しいみかんを食べたい!ずっと元気なみかんの木でいてほしい!…ですよね?

これから紹介する3つのことに注意して、お世話していけば、美味しいみかんが実る元気な木が成長します。

その3つとは

・水やり
・肥料
・虫よけと病気予防

です。

剪定ほど難しい作業はないので、リラックスしてお世話しましょう。

水やり

美味しいみかんって、みずみずしいですよね。みかんの木はたくさんの水分を吸って育ちます。

みかんの木も実も成長する春から夏、4月~8月くらいにかけてはたっぷり水をあげます。

鉢植えは毎日鉢底から水があふれ出るくらい、たっぷりあげましょう。

地面に直接植えてあるみかんの木は水やりは普段は必要ありませんが、夏など乾燥している時は水やりしましょう。

ですが、じつは実が成熟する10月~12月は乾かし気味に育てたほうが、甘いみかんの実がなるんだそうです。
鉢植えだったら、表面の土が完全に乾いてからお水をあげましょう。

肥料

フルーツの木なので、結構栄養が必要なみかんの木。

3月〜4月上旬、6月、10月に即効性肥料か、油かすなどの有機肥料をあげましょう。
3月〜4月上旬は剪定後にあげるとあげすぎが防げますね。

成長前の3月〜4月上旬多め、6月少なめ、10月中間 といった感じの量調整がいいみたいです。

肥料でメジャーブランドの会社から出ていて、評判もいいかんきつ専用の肥料です。錠剤肥料なので汚れないのがいいですね。虫もつかないので、ベランダ栽培にもおすすめです。

虫よけと病気予防

みかんの木はもともと日本の植物なので気候にはかなり丈夫。
でも虫がついたり、病気になってしまうこともあります。

虫よけ病気予防、そして万が一の時は緊急対処で、みかんを守り抜いてあげましょう!

エカキムシ

筆で描いたような白い跡が葉っぱにあったら、エカキムシと呼ばれる小さな虫がいます。

白い跡の一番先端に幼虫がいるのでつぶし、浸透系薬剤をつかって殺虫です。

エカキムシにはこれが効きます。毛虫などにもよく効きます。果物の生る木でも使えるものの中では効果が高くていいのですが、場合によってはハダニが増えてしまうかも…。その場合はハダニ専用薬剤をまきましょう。

ゴマダラカミキリムシ

ゴマダラカミキリムシの幼虫は木の内部を食べてみかんをからしてしまいます!

幼虫が枝に空けた穴に針金を差し込み、薬剤で駆除…できればいいのですが、正直ここまでくると挽回が難しいです。

薬剤を前に撒いておいて、予防するのがいいです。

ベニカ水溶剤は果物や野菜が生る植物でも使えておすすめです!アブラムシやコナジラミなどにもよく効くので家庭菜園を持っている方は一個持っておくと安心ですね。

木が元気じゃない時にたまごを産み付けられるようなので、みかんの木の元気がなさそうだったら、日当りなど環境を点検し、即効性肥料をあげるなどしましょう。

カイガラムシ

カイガラムシもみかんの木をからしてしまったり、黒いカビが生えるすす病の原因になります。
すす病になると、木を捨てなきゃいけません…。

そんな悲しい事態を防ぐため、5~7月は月に2、3回オルトラン水和剤をまいて予防しましょう。幼虫はこれで退治できます。

成虫になって発見してしまった場合は歯ブラシや割りばしでこそぎ落とすしかないです。
みかんはあまり強い薬剤が使えませんからね…。

副作用の少ないオルトラン水和剤でしっかり予防しましょう!

他の剪定記事でも紹介している、いちばん一般的な殺虫剤・予防農薬です。果物・野菜も含める幅広い植物に使えるうえ、多くの虫を退治します。ガーデニングされる方には心強い味方。

そうか病

みかんなどのかんきつ類で多い病気で、農家の方も困っている病気です。
白いカビが実などに生えてしまう状態になります。

注意
この病気に感染した葉っぱが残っていると、次の年そこから木が病気になってしまうので、必ず見つけたら剪定してください。

新しい葉っぱがたくさん出た時に、この病気になりやすい傾向があります。
注意してあげてください。

ご家庭でも使える予防薬。かんきつ類をはじめとして、野菜・果物に使えて安心です。なんたって有機JAS規格、つまりオーガニック栽培でも使用可能なんですから。評判もかなりいいです。

美味しいみかん収穫のため覚えておくこと2つ

みかんの木、普段のお世話もしっかりしてるし、実もなってるし、もう大丈夫!と思われてる方。

甘い。その考えは温州みかんより甘いです。

みかんは収穫の時まで手間と忍耐を必要とします。果物の生る木は普段のお世話をしたうえで、果実のケアもしなきゃならないのです。

みかん農家さん…ありがとう!

そんな感謝の気持ちを忘れちゃいけませんが、覚えておくべきことはもう2つだけ!
この2つさえやれば美味しいみかんが収穫できちゃいます!

それは摘果収穫のタイミング。

詳しく解説していきますね♪

摘果

夏になるともうみかんの実が枝についてきます。やった!

でもそのままにしてしまうと、小さくて、美味しくないみかんになってしまいます。

そこで摘果といって、みかんの実のいくつかを摘み取ります。
こうすることで残ったみかんに栄養を集中させ、美味しいみかんを収穫しようってわけです。

具体的には7~8月に葉っぱ20~30枚に実1個、の割合になるように、実を取っていきます。
剪定バサミでとっていってください。
枝に直接なってるものより、葉っぱがくっついてるみかんの方が美味しいそうなので、ちょっと気を付けてみてください。

鉢植えのものは1枝に1個という感じです。

収穫のタイミング

摘果した後は秋になったら乾かし気味に育てて、10~12月、いよいよ収穫なのですが…。

収穫するベストタイミング、それは「全体がオレンジ色になったら」です。
特別な種類だと割と緑でもOKなんですが、そうじゃない場合は木につけたまま、追熟させたほうが、美味しい。

結構、ガマン、ガマンです。

いかがでしょうか。

美味しいみかんを育てるのはかなり大変だけれど、その分きっとあまーいはずです。

みかんの木を買ってきたら…植え付け!

こちらはみかんの木を初めて買ってきた!という方のためのコーナーです。

最初にやるべきことは…、そう、植え付けです!

みかんの木は鉢植えと、地面に直接植える方法の、2種類の方法があります。

どちらにしても、日当りの良い場所にしてくださいね。

まずは鉢植えの方法をご紹介します!

鉢植え

用意するもの

・7~10号くらいの鉢
・鉢底ネット
・鉢底石
・赤玉土(小粒)7:腐葉土3

みかんはあまり土は選びません。
アルカリ性はだめなのですが、日本の土は土壌改良しない限り、火山灰が多いような地域以外、ほとんど酸性です。
混ぜるのが面倒な方は普通の果物用の土でOKです。


評判のいい培養土を出している会社のものです。こちらはかんきつ用に配合されていて、木の成長もいいみたいです。

  手順 

1. 鉢底ネットを敷き、鉢底石を入れる
鉢底ネットを敷き、鉢底石を入れます。

2. 鉢の1/2ほど土を入れる
鉢の半分より少し少ないくらい土を入れます。

3. 苗を植える
苗を鉢の中心に置いて、鉢ふち3cm 下くらいまで土を入れます。途中鉢をトントン軽くたたいてすきまができないように土を入れます。

4. たっぷり水をやる

鉢底からあふれ出るくらいたっぷり水をあげて、苗を土になじませます。

地面に直接植える方法

地面に直接植える方法を紹介します。

用意するもの

・大型のシャベル
・小型のスコップ(園芸コテ)
・赤玉土(小粒)
・腐葉土
・緩効性肥料
緩効性肥料は長い期間少しずつ栄養が染み出す肥料です。


緩効性の化成肥料では定番のものです。よく効くと評判です。きれいで素手が汚れないところ、チャックがついて保管がしやすいのもポイント。

  手順 

1. 水はけのよい場所に穴を掘る
水はけのいいところに深さと幅が50cmくらいの穴を大型のシャベルで掘ります。

水はけのいい土は水を含ませてこねると、塊になるけれど、直径3mm以下のひもにならないくらいです。

2. 土を混ぜあわせる
掘りあげた土5:腐葉土3:赤玉土(小粒)2の割合で土を混ぜ合わせます。ちょっと水はけが悪い場合は掘り上げた土の割合を減らしましょう。

3. 肥料を土に加える
緩効性肥料を土に加えて混ぜ合わせます。

4. 穴の深さ1/2~2/3くらいまで土をいれる
穴の深さ1/2~2/3くらいまで混ぜ合わせた土を入れます。

5. 苗を植える
苗を中心に置いて、残りの土を入れます。表面まで行ったら、シャベルでペタペタたたいて、軽く固めましょう。

6. たっぷりと水をやる
たっぷり水をあげて、苗と土をなじませます。

 

みかんの植え付け、お疲れさまでした!

鉢植えも地面直接植えるのも、植え付けてから1週間くらいは毎日お水をあげましょう。

鉢植えは成長に合わせて1~2年に1回剪定の時期に一回り大きな鉢に植え替えしてあげましょう!

そうしたら、普段のお世話と剪定で、5年ほどするとみかんが生るようになります。
桃栗三年柿八年、みかんはその間くらいですね!気長に育てましょう。

 

まとめ

ここまでお疲れさまでした!
みかんの剪定とお世話、そして収穫までの様々な作業…いかがでしたか?

みかんの木の剪定は、成長に悪い枝、実をつけるために切る枝、日当りをよくするために切る部分の3つの部分を切ります。それぞれ切り方が違うので注意。

また1~4年目の幼木も剪定の仕方が違いましたね。剪定後は木のケアを忘れずにしてくださいね!

あとは水やり虫よけ病気予防肥料のお世話をして、摘果をすれば、美味しいみかんが収穫できます。

やることがたくさんあってホントに大変!ですが、手間をかければその分みかんは美味しいはずです!

みかんの木を買ったばかりの人もぜひ植え付けをして、みかんライフを楽しんでくださいね♪

関連記事

アンスリウムの育て方!根腐れ・根詰まりに気をつけることがコツ!

  みなさん、アンスリウムって植物知っていますか? アンスリウムは、鮮やかな色とツヤツヤとした光沢感が特徴的な、南国の植物です。 色鮮やかなハート型は、お家に飾れば、存在感間違いなしです! 「もともと暑い地域に […]

ヤマボウシの剪定方法!気を付けるべきは時期と花芽を見分けること!

白い花を咲かすヤマボウシ、とっても綺麗ですよね。 お家のシンボルとして育てている人も多いと思います。 そんなヤマボウシのお手入れに、困ったことはありませんか? すくすく成長してるからいいやー!と放置していると、衛生的によ […]

モッコウバラの剪定は夏前にやるべし!初めてでもわかる方法を大公開

  突然ですが、みなさんはモッコウバラを知っていますか? モッコウバラというのは、白色と黄色のお花を咲かす、とてもかわいらしい植物です。 庭のアーチやフェンスを華やかにするために使われることが多いですが…。 い […]

クワズイモの育て方ならこれを読め!剪定と植え替えは樹液にご注意を

  大きなハート型の葉っぱを付けることから、「復縁」というロマンチックな花言葉がつけられているクワズイモ。 みなさんは見たことありますか? 明るいグリーンで、パラソルみたいな葉っぱを1度は見たことがあるはず。 […]

ランキング

エアコンの臭いはホコリ・カビ・雑菌!全てを除去するお掃除方法とは

久しぶりにエアコンをつけてみたら、もわっとした臭い風が部屋いっぱいに広がった。 という経験はありますか? 本当に気分が悪いですよね。そのニオイ、今すぐ取り除きましょう! 実はエアコンのニオイの原因とニオイを取り除くたった […]

エアコンの水漏れの原因は7つ!ドレンホースのお掃除で8割は解決!

エアコンをつけてみたら、え?エアコンが泣いている? いや、違う!ポタポタと水漏れが!そんな経験はありますか? 編集部では、20~50代の女性100人に「エアコンの水漏れを経験したことがありますか?」と聞いてみました。 4 […]

リーガル靴修理|ソール・かかと・つま先ビフォーアフターが完全集結

  日本を代表する靴ブランドであるリーガル。 100年以上にも渡りグッドイヤー・ウェルト製法を貫き、日本人の足にフィットするものをと、木型からこだわっています。 ビジネスシーンの足元の定番ではないかと思うくらい […]

ルイヴィトンバッグ・財布修理|レザー、内袋、取手リペア事例が集結

  ショルダーベルトが切れてしまった。 ファスナーが壊れた。 シミがついてしまった。 そんなブランド品はありませんか? 切れた部分やシミは、修理の職人さんの技術で、元の姿に戻すことができます。 その仕上がりは、 […]

布団は部屋干しでもふかふかに!週に1回干すだけで快眠が手に入る!

  干したばかりの布団って気持ちいいですよね。 じめっと重かった布団も、日光に当てて干すとカラッと軽くなります。 毎日あんな布団で寝られたらいいのにと思いますが、実際は天気に左右されたり、花粉が気になったりして […]

革靴のオールソール交換!靴底の張り替えの匠の技で厚み・美しさ倍増

  靴の、底。 履いているうちに、必ず削れてきてしまう部分ですね。 擦り切れて穴が開いてしまった…… 削れ過ぎて、見た目が悪くなってしまった…… など、靴底の状態が悪くなってしまった靴は、ありませんか? そんな […]

洗濯機はお掃除クリーナーでカビ取り!月イチ槽洗浄でキレイを保とう

洗濯機から出した洗濯物に、なんだか黒いぴろぴろしたものがついている……! なんてことありませんか? それ、ワカメではありません。洗濯機の洗濯槽についてしまった、カビです。 カビがついた洗濯槽でお洗濯をしていると思うと、ぞ […]

グッチのバッグ・財布・靴修理|レザー、内袋、取手リペア事例が集結

  とっても大切な、グッチのバッグや財布、靴。 どれだけ丁寧に扱っていても、壊れてしまうことってありますよね。 長く使っていると素材が変質したり、穴があいてしまったり…。 自分で修理しようとすると、せっかくのデ […]

風呂釜掃除はつけおきで簡単!プロの洗浄は専用機械で汚れがゴッソリ

湯船に浸かって、1日の疲れを癒す。 お風呂の時間は、最高のリラックスタイムですよね。 そんな、つかの間の休息を演出してくれるのがそう、風呂釜。 意外と知られていないですが、お掃除していない風呂釜には汚れがたまっています。 […]

エアコン掃除を自分で行う方法を解説!内部のカビはプロが徹底除去!

夏が始まり、エアコンをつけると…カビ臭い。 臭いだけでなく、カビを含んだ空気を吸って健康に悪影響が出てしまうのは嫌ですよね。 そこで必要なのは、エアコンのお掃除! エアコンを分解し、カビやホコリを取り除くことで、空気を綺 […]

エアコンの臭いはホコリ・カビ・雑菌!全てを除去するお掃除方法とは

久しぶりにエアコンをつけてみたら、もわっとした臭い風が部屋いっぱいに広がった。 という経験はありますか? 本当に気分が悪いですよね。そのニオイ、今すぐ取り除きましょう! 実はエアコンのニオイの原因とニオイを取り除くたった […]

エアコンの水漏れの原因は7つ!ドレンホースのお掃除で8割は解決!

エアコンをつけてみたら、え?エアコンが泣いている? いや、違う!ポタポタと水漏れが!そんな経験はありますか? 編集部では、20~50代の女性100人に「エアコンの水漏れを経験したことがありますか?」と聞いてみました。 4 […]

洗濯機はお掃除クリーナーでカビ取り!月イチ槽洗浄でキレイを保とう

洗濯機から出した洗濯物に、なんだか黒いぴろぴろしたものがついている……! なんてことありませんか? それ、ワカメではありません。洗濯機の洗濯槽についてしまった、カビです。 カビがついた洗濯槽でお洗濯をしていると思うと、ぞ […]

風呂釜掃除はつけおきで簡単!プロの洗浄は専用機械で汚れがゴッソリ

湯船に浸かって、1日の疲れを癒す。 お風呂の時間は、最高のリラックスタイムですよね。 そんな、つかの間の休息を演出してくれるのがそう、風呂釜。 意外と知られていないですが、お掃除していない風呂釜には汚れがたまっています。 […]

エアコン掃除を自分で行う方法を解説!内部のカビはプロが徹底除去!

夏が始まり、エアコンをつけると…カビ臭い。 臭いだけでなく、カビを含んだ空気を吸って健康に悪影響が出てしまうのは嫌ですよね。 そこで必要なのは、エアコンのお掃除! エアコンを分解し、カビやホコリを取り除くことで、空気を綺 […]

お風呂の鏡のお掃除はどうしよう?なにしよう?「新聞使用」が正解!

毎日使うお風呂。 毎日見るお風呂の鏡。 あなたのお家のお風呂の鏡、自分の姿がはっきり写りますか? 湯気で覆われているように白くくもっていませんか? ここで編集部が20代〜60代の女性100人に行なったアンケートを見てみま […]

洗濯機の排水口掃除はパイプユニッシュor重曹!臭いや詰まりも改善

洗濯機の排水口から何か嫌な臭いが漂ってくる…。 洗濯機が脱水中に止まってしまったり、エラー表示が出たりする…。 あなたのお家の洗濯機のそんなトラブル、もしかしたら洗濯機の排水口のせいかもしれません。 長期間、洗濯機を使い […]

お風呂の排水口・排水パイプの掃除方法!臭いと詰まりをどちらも解消

  お風呂ので一番汚れが気になるところといっても過言ではない、排水口。 お風呂中のお湯が流れ着く場所です。お湯に流されて、汚れもたっぷりたまります。 排水口の汚れが原因で、お風呂中に嫌な臭いが漂ったり、排水パイ […]

キッチンの排水口のお掃除には重曹とお酢でつまりはもう詰まらない!

排水口のぬめり…… 排水口からの臭い…… 排水口の詰まり…… 毎日キッチンを使っていると、こんな問題が生じることがよくあります。 キッチンは朝昼晩と使うものなので、排水口の掃除までなかなか手が回らないですよね。 では、い […]

お風呂の頑固なカビには片栗粉×漂白剤!プロおすすめ予防法もご紹介

スポンジでゴシゴシしても落ちない…。 落としたつもりでも何日かたつと復活している…。 このように、お風呂のカビで悩んだことはありますか? ここで編集部が20代〜60代の女性100人に行なったアンケートを見てみましょう。 […]

布団は部屋干しでもふかふかに!週に1回干すだけで快眠が手に入る!

  干したばかりの布団って気持ちいいですよね。 じめっと重かった布団も、日光に当てて干すとカラッと軽くなります。 毎日あんな布団で寝られたらいいのにと思いますが、実際は天気に左右されたり、花粉が気になったりして […]

ワイシャツの黄ばみを落とす最強の漂白剤の使い方!予防すれば完璧◎

いつの間にかワイシャツが黄ばんでいた経験、ありませんか?特に、襟や脇、袖は黄ばみやすい部分です。 実は、毎日ちゃんとお洗濯しているだけでは、黄ばみを予防することはできないのです。 黄ばんだワイシャツでは、第一印象も悪くな […]

油汚れの染み抜きには「クレンジングオイル」が一番効果的なんです!

「揚げ物を作っていたら、油が服に飛んでしまった…。」 「子供がオムライスを食べていて、服にケチャップをつけてしまった…。」 など、日常的に服に油のシミがついてしまうシーンってありますよね。 でも、みなさんは知っていますか […]

白いスニーカーの汚れを7つのアイテムで真っ白に!お酢が決め手です

白は汚れる! まあ常識ですよね。 ちょっと擦っただけでも灰色が付きますもん。 僕も一時期まっ白なスニーカーで生活してたんですがね、まあすぐ汚して怒られましたとも。   ということで今回は白スニーカー。 汚れが目 […]

【8割の人が知らない!】靴を自宅の洗濯機で洗う正しい方法を解説

会社が学校から帰る途中に、突然のゲリラ豪雨。 息を切らしながら走って帰ったけど、泥が跳ねて靴が汚れちゃった…。そんなこともありますよね。 そんなとき汚れてしまった靴をどうしていますか? え?そのまま? そんな […]

油性ペンの汚れに4通りの落とし方。油には油を!不安ならみかん!

新学期。新しい教科書に名前を書く時に、大活躍の油性ペン。 にじまず、書く材質を選ばないのが特徴。そのため、水で濡れやすいキッチン周りにも使えますし、学生から主婦の方にも愛用されているはず。 そんな油性ペンの1番の特徴は「 […]

羽毛布団を洗濯機で洗う方法|コインランドリーやクリーニングと比較

  寒くなってくると毎年押し入れから引っ張り出してくる羽毛布団。ふかふかのお布団にはついつい顔をうずめたくなりますよね…って、あれ。 なんか、臭い。前よりボリューム感がないかも。 なんてショックを受けてる方に質 […]

色移りの落とし方は50℃のお湯で洗剤2倍!本当に正しい情報大公開

あああ!しまった。 洗濯機の蓋を開けてみたら、中が大惨事になっていた。 こんな経験はありませんか? そう、色移り。 お気に入りの服に色が移っていた時なんか、とてもショックですよね。 普段は気をつけていても、ちょっと気を抜 […]

帽子・キャップの型崩れしない洗い方!他とはかぶらない方法で伝授!

帽子って、知らず知らずのうちに汚れや臭いがひどくなってしまいますよね。 特に夏の汗をかく時期。 でも、帽子を自宅で洗うって、あんまりピンとこないかもしれません。 しかし、ここでは帽子・キャップを自宅で型崩れの心配なく洗う […]

羽毛布団の洗濯はコインランドリーがおすすめ!乾燥時の注意点も解説

  軽くて、柔らかくて、暖かい。 と、良いこと尽くしの羽毛布団は、寒い季節には手放せない寝具の1つ。 でも、なんだか最近、ふんわり感がなくなったような…。 それに、前よりも暖かくないかもしれない…。 なんて感じ […]

リーガル靴修理|ソール・かかと・つま先ビフォーアフターが完全集結

  日本を代表する靴ブランドであるリーガル。 100年以上にも渡りグッドイヤー・ウェルト製法を貫き、日本人の足にフィットするものをと、木型からこだわっています。 ビジネスシーンの足元の定番ではないかと思うくらい […]

ルイヴィトンバッグ・財布修理|レザー、内袋、取手リペア事例が集結

  ショルダーベルトが切れてしまった。 ファスナーが壊れた。 シミがついてしまった。 そんなブランド品はありませんか? 切れた部分やシミは、修理の職人さんの技術で、元の姿に戻すことができます。 その仕上がりは、 […]

革靴のオールソール交換!靴底の張り替えの匠の技で厚み・美しさ倍増

  靴の、底。 履いているうちに、必ず削れてきてしまう部分ですね。 擦り切れて穴が開いてしまった…… 削れ過ぎて、見た目が悪くなってしまった…… など、靴底の状態が悪くなってしまった靴は、ありませんか? そんな […]

グッチのバッグ・財布・靴修理|レザー、内袋、取手リペア事例が集結

  とっても大切な、グッチのバッグや財布、靴。 どれだけ丁寧に扱っていても、壊れてしまうことってありますよね。 長く使っていると素材が変質したり、穴があいてしまったり…。 自分で修理しようとすると、せっかくのデ […]

ファスナー・チャックの直し方を解説!5つの不具合もこれで全て解決

急いでファスナーを閉めたら動かなくなった……なんて経験、あるんじゃないですか? 『ガチっ』なんて音を出した後、うんともすんとも言わなくなることが結構あるんですよねぇ。 さて、こういうファスナーの故障ですが、大抵は曲がって […]

裾上げのやり方をズボンの種類別に解説!丈を決めるポイントも伝授!

もうちょっと裾が短かったら、このズボンは完璧なのになあ。 そんなお悩みはありませんか? そんなときに便利なのが「裾上げ」。 でも洋服屋さんで頼むと時間がかかってしまいます。取りに行くのも面倒臭いですよね。 だから、自分で […]

靴の臭いがたったの100円で消せるのならば試さずにはいられない話

どうも、隙あらば靴を脱ぐのであんまり足の臭いに困らない僕です。 たまに遠出すると脱げなくて大変なことになるんですけどねー。 さて、足の臭いってかなり気になりますよね。 しかも、どれだけ足を洗ったところで臭いが出るのは止め […]

スエードの靴の汚れの正しい洗い方とは?普段のお手入れ方法も解説

スエードの靴、あの独特の質感が素敵ですよね。なんだか温かみを感じる、良い生地だと思います。 でも一つ問題が…… 汚れが付きやすいんですよね。水に濡れればシミになり、使っているとテカテカしてきます。 しかも、スエードってお […]

靴磨きのコツを大公開!職人だけが知る革靴のお手入れ方法を徹底取材

お洒落は足元から、なんてよく言いますよね。 一生、大切にしたいと思っている革靴を、お持ちの方も多いはず。 ですが、せっかくの素敵な革靴も、お手入れができていなかったら台無しです。 よい革靴は、きちんと靴磨きをして、いつで […]

サビ落としはブラシ&サビ取り剤が最強!こすらず磨いて楽々完全除去

身の周りを見渡してみたら、色んなところでサビを発見してしまった…なんて経験、ありませんか? 例えば家の中に置いてあるスタンドラックにも発生するし、外に置いておいた自転車にもサビはつきやすいもの。 見た目はあまりきれいとは […]

おすすめ特集