ボックスシーツのたたみ方?写真付きの手順と洗濯法や干し方を解説!

■ボックスシーツはゴムが入っていてベッドメイキングが楽チン
■ボックスシーツのたたみ方は裏返してから角を合わせてくるりんぱ
■洗濯ネットに入れて中性洗剤で洗い、ハンガー2個で干す

たってぃ

更新日:2018年10月12日

ボックスシーツは、普通のシーツと違ってたたみにくいと思いませんか?
実際に使う時には便利なゴムも、たたむ時には意外と邪魔です…。
角を合わせてたたもうとすると、グチャっとなって、仕舞うもの大変になります。

でも、ちょっとしたコツを知れば、ボックスシーツも綺麗にピシッとたたむことができるんです。
今回はその方法を紹介します。
同時に、洗濯方法や乾かし方も解説しますよ♪

ボックスシーツとは?

まずはじめに、ボックスシーツとは何かおさらいしましょう。

ボックスシーツは、普通のシーツと違って、マットレスの下になる部分にゴムが入っています。ベッドのマットレスの上から被せるようにして使うことができて、ベッドメイキングが簡単なのが嬉しいですね!

コットン、シルク、リネン(麻)、ポリエステルなど、その素材にも色々な種類があります。シルクのボックスシーツは、夏でも冬でも快適に使えて、肌に優しいので、特におすすめです。もちろん、他の素材もそれぞれ特徴があるので、自分に合ったボックスシーツを選ぶようにしてくださいね。

 

ボックスシーツのたたみ方

さっそく、気になるボックスシーツのたたみ方を確認しましょう!

ボックスシーツの正しいたたみ方を知らない状態で普通にたたむと、ぐちゃぐちゃになってしまいます。ゴムの部分が問題です!

ゴムの部分をうまくまとめることができれば、ボックスシーツも綺麗にたためそうです。

  手 順  

1. ボックスシーツを裏返す

まずは、ボックスシーツを裏返します。
裏返さないと、たたみ終わった時に綺麗に表面が現れません。

 

2. 四隅のうち、隣り合った2つの角に手を入れる

ボックスシーツの4つの角の中の2つの角に手を入れます。

シーツをマットレスの角に被せるように、両手にそれぞれシーツの角を被せる感じです!
この時、シーツの向きは縦長でも横長でも大丈夫。自分がたたみやすい方を選びましょう。

 

3. 両手を合わせて、片方の角をもう一方の角にくるっと被せる

この作業がなかなかイメージしにくいかもしれません。
両手にそれぞれ1つずつの角がかぶさっている状態で、両手を合わせます。片方の手を抜いて、2つの角を片手にまとめます。
この時、手を抜いた方の角は、くるっと裏返して、もう一方の角に重ねます。これで、ゴムの部分が綺麗にまとまりましたね!

 

4. 同様に反対側の残った2つの角も重ねる

2と3の作業を繰り返して、残りの2つの角を重ねます。
このとき、シーツが途中でねじれないよう、もう一方に被せる方の角は同じ側の角にしてください。

 

5. 2つになった角をまた同様に重ねる

4までの作業によって、角は2つに減っているはずです。その残った角も、これまでと同じように重ねてまとめます。これでなんと角は1つになります!

 

6. 好みの大きさになるように何回かたたむ

ゴムの部分がまとまれば、あとは普通のシーツをたたむのと同様にたたむことができます。
ご自宅の収納スペースに合わせてたたんでください!

 

くるっと裏返して角を重ねゴムの部分をまとめることがポイントでした!
これで、ボックスシーツも綺麗にたためますね♪

 

ボックスシーツを洗濯するときのポイント

せっかくなので、ボックスシーツを洗濯するときのポイントも紹介しておきます!
使ったものをそのまま仕舞ったら汚いですから、ちゃんと洗濯してから仕舞ってくださいね。

 

まずは、お洗濯の前に、洗濯絵表示を確認してください!
特にシルク、コットンなど天然素材100%のボックスシーツは、自宅での水洗いが出来ないことがあります。

 

ボックスシーツは、洗濯ネットを使って洗いましょう。
洗濯ネットにいれるときには、ぐちゃっと入れるよりは、じゃばら折りにしていれるのがおすすめです。シワもつかないですし、水も染み込みやすくなります。

じゃばら折りとは?
山折りと谷折りを繰り返し、ギザギザに見える折り方です。

ボックスシーツをじゃばら折りにするときには、縦長に半分に折って細長くしましょう。それから、折る向きを変えて山折り谷折りを繰り返します。小さくたためたら、ネットに入れてお洗濯しましょう。

 

洗剤は、中性洗剤を使いましょう。
柔軟剤を使うと、肌触りが良くなるので、あればぜひ使ってくださいね。洗濯機を回す時は、ドライコースなどの弱水流にするのがおすすめです。

もっと詳しいシーツの洗濯方法は、「シーツを洗濯しない6割の人はダニまみれ!乾燥機でしっかりダニ退治」で解説されています。

これからの暑い季節は、シーツもこまめに洗うのが大切。
シーツの”正しい”洗い方をしっかり確認しましょう。

 

ボックスシーツの乾かし方

最後に、ボックスシーツの乾かし方も紹介します。

ボックスシーツは、サイズが大きい上、ゴムの部分が乾きにくかったりします。
綺麗に干すには、ハンガー2本を使った方法がおすすめです。

   手 順  

1. 4つある角を2組に分ける
ボックスシーツの4つの角を2組に分けます。
かけやすいように、なるべく近くに隣り合った角を同じ組に選びましょう。

 

2. 1組ずつハンガーにかける
2組に分けたボックスシーツの角を、1組ずつハンガーにかけていきます。
ジャケットをハンガーにかけるときの要領で、シーツもハンガーにかけましょう。
ハンガーからシーツがずり落ちてしまうようなら、洗濯バサミで止めるなど工夫しましょう。

 

3. ハンガーを物干しにかける
ハンガーにかかったボックスシーツはちょうどU字になるイメージです。
この干し方なら、シワもつきにくいのでおすすめですよ!

 

また、お布団を干す時のように、ベランダに引っ掛けて干す方法もあります。
干しやすい方法でボックスシーツを乾かしてください!

 

まとめ

ボックスシーツのたたみ方から、洗い方、干し方までを紹介しました。
ゴムの扱いが難しいボックスシーツですが、コツを掴めばピシッとたためそうですね!

そろそろ衣替えの季節です。ボックスシーツを仕舞おうと考えている方もいると思います。綺麗にたたむ方法を理解して、簡単に収納できると嬉しいですね!
ぜひ今回紹介した方法を活かしてみてください!

しかし、洗濯して乾かすような時間がない、面倒くさいということもあると思います。
そんな時には、クリーニングに出すという方法もありますよ!

布団クリーニングのプロのサービスを探す