血液の洗濯は応急処置が効く!確実に染み抜きをする簡単な3つの方法

■血液の洗濯は時間の経過と高温に注意!まずは応急処置から
■血液の染み抜きは洗濯用洗剤と酸素系漂白剤を使うところから
■それでも落ちなかったときに頼れるのはセスキ炭酸ソーダと大根おろし

マリノス

更新日:2019年11月26日

衣服についてしまった血液って、なんだか落ちにくくて洗濯するのが難しいイメージがありますよね。

お子様が転んで怪我をしてしまったとき、鼻血がでたとき、靴擦れをして靴下に血がついてしまった…なんてことも。

血液の染みって予期せぬときにできてしまうものですよね。

そんな時のために、まずは応急処置の方法をしっかり覚えましょう!

さらに今回は、時間が経ってしまった血液の染みをしっかり落とす方法も伝授します。

血液の染みが落ちにくい理由

血液の染みって、どうして落ちにくくなってしまうのでしょうか。
答えは、血液の成分にあるのです!

血液は赤い色素タンパク質で構成されています。

タンパク質は時間が経つと、「凝固」といって固まってしまう現象が起こります。
凝固してしまうと、ただ洗うだけでは落とすことができません。酵素を使って血液を分解させる以外に落とす方法がなくなってしまいます。

また、凝固してしまうポイントがもう一つ。それは高温です。

タンパク質は、60℃程度の高温に触れると固まってしまいます。
お湯の方が洗浄力が高いため、洗う時にはお湯を使うという方も多いかもしれませんが、血液の染み抜きをする際にはお湯は絶対にNGです。

30度以下のぬるま湯以下のぬるま湯で洗うようにしましょう!

POINT
時間が経たないうちに30度以下のぬるま湯で洗う!

血液がついてしまったときの応急処置

思わぬところで血液がついてしまったら。
まずは、心を落ち着けましょう。

あ、ちなみにケガや鼻血で血がついてしまった場合は、染み抜きよりも先にケガの応急処置をしてくださいね。

それでは慌てずに、染み抜きの応急処置をしていきましょう。

用意するもの
・ティッシュ
・汚れてもいい布
手順
1
ついた血液をふきとる

まずはティッシュでついてしまった血液をふきとりましょう。

このとき、血液の染みが広がらないように、擦るのではなくトントン叩いてふきとるようにしてください。
(ちなみに今回の写真はずべて血液の代わりに赤い絵の具を使用しています。)

2
濡らした布でトントン叩く

布を濡らして、染みをトントン叩きましょう。

お近くに石鹸がある場合は、タオルに含ませてトントン叩いてみましょう。石鹸をしみこませた場合は、最後にやさしくすすいでください。

POINT
叩くときは、染みの端っこ部分から中心に向かって叩いていきましょう。
中心から叩いてしまうと、水分が広がって輪染みになってしまう可能性があります。

さて、きちんと応急処置をしてお家に帰ったら、染み抜きをしましょう。

染み抜き前に確認すること2つ

それではいよいよ染み抜き!をする前に、2つの確認しなければいけないことがあるのです。

それは、
・そもそも洗えるかどうか
・色落ちしないかどうか

です。

そもそも洗えるかどうか、は洗濯表示を見て確認します。
また、色落ちしないかどうか。これは目立たないところで、色落ちテストをして確認します。

洗濯表示を確認しましょう

洗濯表示とは、あれです。お洋服についている、小さい紙。
あの、たくさん小さいマークがついているやつです。

これを見て、水洗いできるものと、できないものを見極めましょう。水洗いができないものは、クリーニングに持っていくことをおすすめします。また、洗濯表示は2016年12月に改訂したため、それ以前に買ったお洋服とそれ以降のものでマークが異なるので、要注意です。

ここでは、両方ご紹介しますね♪

2016年12月以前のマーク

左から、洗濯機OKマーク、手洗いOKのマーク、そして手洗いNGのマーク。手洗いNGのマークは、プロに任せましょう。

2016年12月以降のマーク

 

左から、新しい洗濯機OKマーク、新しい手洗いOKマークです。水洗いNGマークは、以前のものと同じですね。

大切なお洋服の場合は、きちんと見極めてから染み抜きをしましょう。洗濯表示についてもっと詳しく知りたい方は「新しい洗濯表示を覚えられないあなたのためにイラスト付きで徹底解説」も合わせてチェックしてみてくださいね。

色落ちテスト

白いお洋服の場合は、特に問題ありませんが、色や柄のついた大事なお洋服に血液の染みがついてしまった場合。
洗剤を使って染み抜きをしようとすると、お洋服の色や柄まで落ちてしまう可能性があります。

洗剤をつけて色落ちしてしまっては大変。事前に、色落ちしないかどうかのテストを行うことをおすすめします。

用意するもの
・白いタオル
・洗濯用の液体洗剤
手順
1
タオルに液体洗剤をつける

白いタオルに液体洗剤をつけます。

2
目立たない部分にトントンつける

洗剤がついたタオルで、服の目立たないところをトントンと叩きます。

3
色落ちを確認

たたいた部分の、色や柄が薄くなっていないかどうかを確認しましょう。

ここで、特に変化がなかった場合は、さっそく染み抜きしてみましょう♪
色が薄くなっていた、という場合は早めにクリーニング屋さんに持っていくことをおすすめします。

洗剤と漂白剤で染み抜き

まずご紹介するのは、洗剤と酸素系漂白剤を使って染み抜きをする方法です。

用意するもの
・洗濯用液体洗剤
・酸素系漂白剤(粉末状のものを、パッケージの記載に従って水で溶かしたもの)
・綿棒
注意
塩素系漂白剤は、漂白力が強いため生地を傷めてしまう可能性があります。必ず、酸素系漂白剤を使いましょう。

 

手順
1
水ですすぐ

はじめに、血液のついてしまった部分を水ですすぎます。

2
液体洗剤で洗う

液体洗剤を垂らして、揉みこむように洗います。

注意
染みを広げないようにしましょう。

 

3
ガーゼで漂白剤をつける

 

2までの手順で、染みが落ちなかった場合はガーゼに漂白剤をつけて、染みの部分にトントンと染み込ませましょう。血液が薄くなれば完了です。

なんと、5kgの酸素系漂白剤。もちろん血液の染みにも使えますが、カビ取りや洗濯槽のお掃除にも使用できます。また、ゴミ箱の除菌や消臭にも使用できます。これがあればお家の中のお掃除と洗濯がかなり助けられますよ♪

終わったら、漂白剤を染み込ませた部分を水ですすいでください。

それでも落ちないときはセスキと大根!

ここまでの手順で落ちなかった場合は、血液が凝固してしまっている可能性があります。
固まってしまったものは、洗剤で落とすことはもう難しいのですが、実は頼れるものが2つあるのです!

それは、セスキ酸ソーダ大根
大根って、ちょっとびっくりですよね。

セスキ炭酸ソーダはアルカリ性の成分。アルカリ性は、タンパク質の汚れを分解してくれます。
また大根に含まれる酵素も、たんぱく質を分解できます。

血液の染みが落ちなくて困ったら、ぜひこの2つをお試しあれ!

セスキ炭酸ソーダで染み抜きしてみる

みなさん、そもそもセスキ炭酸ソーダが何か知っていますか?
セスキ炭酸ソーダとは、アルカリ性の薬剤で重曹よりも水に溶けやすく使いやすいもの。スーパーやドラッグストアで、重曹と同じくらいの低価格で購入することができます!

それでは、このセスキを使った染み抜きをやってみましょう。

注意
ウールやシルクの素材、また水洗いNG素材はセスキ酸ソーダにつけると生地が傷んでしまうためNGです!クリーニングに持っていきましょう。

 

用意するもの
・セスキ炭酸ソーダ
・洗面器またはバケツ
・ゴム手袋
手順
1
水にセスキ炭酸ソーダを溶かす

洗面器またはバケツに水を1L入れ、セスキ酸ソーダを大さじ1杯いれて、溶かします。

注意
セスキ酸ソーダはアルカリ性のため、直接手に触れると肌の弱い方などは荒れてしまう可能性があります。必ずゴム手袋を着用しましょう。

 

おすすめの商品

主に、たんぱく質汚れを分解してくれるセスキ酸ソーダ。水に溶かしてスプレーにすると、コンロや電子レンジの庫内などの油汚れを除去できます。もちろん、血液のみでなく落ちない襟や袖の皮脂汚れにも使えます。

2
染みのついた服をつけおき

染みのついた服を、セスキ炭酸ソーダ水につけおきします。目安としては、3時間から1日です。
様子を見て、時間を決めましょう。

3
すすいで洗濯

血液の染みが落ちたら、水で流しましょう。
服はそのまま、手洗いまたは洗濯機で通常の洗濯を行いましょう♪

 

セスキを使った染み抜き方法はこれで、完了です。

ちなみに、このセスキ炭酸ソーダは血液だけでなく皮脂汚れなどを落とすのにも向いています。
気になる方は、こちらも読んでみてください!

 

大根を使ってみる

続いては、大根を使ってみましょう!

冬の時期は特に、鍋におでん、ぶり大根…。
とっても活躍しますよね。殺菌作用もあるので、風邪のときにはおかゆに入れて食べるのもおすすめ!

少し逸れてしまいましたが、大根は固まった血液の染み抜きにも使えるのです。
びっくりですよね。
実は、大根に含まれる「ジアスターゼ」という酵素がタンパク質を分解してくれます。

それでは、大根を使った染み抜き、やってみましょう。

用意するもの
・ガーゼ
・大根
・大根おろし
手順
1
大根をすりおろす

酵素がしっかり含まれた状態で染み抜きに使うためには、すりおろした直後の大根が必要。
そのため、まずは大根をすりおろすところから始めましょう。
大根おろしを使います。くれぐれも、手に傷をつくらないように気を付けてください。

2
ガーゼで包む

大根おろしをガーゼで包みます。

3
トントンする

ガーゼで包んだ大根おろしを血液の染みにつけます。トントンと。染みがなくなったら、水ですすいで完了です。

洗って落ちなかった場合は、セスキでつけおきと大根、ぜひ試してみてください!

 時間が経ってしまった頑固な血液汚れの落とし方は?

今日はこれを着よう!と出した洋服に、なぜか血液の染みがついていることありませんか。

前に着たのはいつだったっけ…?
あとで洗おうと思ってそのまましまってしまったとか?

月日がたってしまって、頑固汚れになった血液染みってありますよね。

その染み、あきらめるのは早いです。

ちょっとお洗濯して、きれいにしてみませんか?

用意するもの

いろんな方法がありますが、昔からあるこの洗剤が一番洗濯には向いていると思われます。

黄変回復用漂白剤
俗にいう、ハイドロハイターです。


ハイドロハイター 150G

血液って、鉄分が入っていますよね?

ハイドロハイターには、それに対応する「鉄分の多い黄ばみの回復作用」があるんです。

また、汚れ落としにはお湯が最適なイメージがありますが、鉄分はお湯やぬるま湯を使うと、余計頑固になってしまうので、必ず水洗い。
これは、忘れないでいてくださいね。

注意
白物衣類以外には使用しない

ハイドロハイターは白物専用の漂白剤になります。

白物以外の衣類や、水洗いできない衣類には使用しないように注意してください!

手順

ハイドロハイターを使う場合の手順としては、難しいことはありません。

説明書きにも書いてありますが、念のため解説しておきますね!

1Lの水に5g。キャップ半分のハイターを入れてよく溶かします。

そこに、30分程度(長くても2時間以内)衣類を浸して、水ですすぐだけです!

ここで肝心なのは、よくすすぐこと

洗剤の成分が線維に残ってしまうと、シミと絡まって、今度こそとれないシミになってしまうんです…。

血液シミの取り方は、その家その家にやり方があると思います。

応急処置でダメな場合には、近くのクリーニング屋さんに聞いてみるのもいいかもしれませんね!

まとめ

さて、血液の汚れの洗濯方法はいかがでしたが?

血液の染みがついてしまったときには、

1. まずはたたいて応急措置!
2. 洗濯表示色落ちのチェック
3. 水温に注意しながら染み抜き

の手順で、キレイにしていきましょう♪
つけおきできるものは、セスキ炭酸ソーダで落としてみましょう!つけおきするときは、必ずゴム手袋を着用してくださいね。

また、洗濯できない衣類や色落ちしてしまう衣類、そして大切にしている衣類は、無理に自分で染み抜きをせずに、プロのクリーニングにお願いするのも大切です!
プロに任せて、洋服を傷ませずに、キレイにしましょう。

関連記事

NEWアクリル素材は縮むより伸びやすい!?洗濯よりも干し方を工夫すべし

  冬の寒さをしのぐニットやセーター。 老若男女問わず幅広い世代から人気を集めており、冬の寒さを耐え抜くアイテムとして欠かせすことのできない存在です。 そんな冬の救世主的存在とも言えるニットの多くは、アクリル素 […]

NEWワイシャツの襟汚れを完璧に落とす!6つの方法で黄ばみを真っ白に!

  ワイシャツの襟汚れ、気になりませんか? 人に見られるところじゃないしまあいっか。なんて油断が命取り。ワイシャツの襟汚れは時間が経てば経つほど頑固になってしまうのです。 そのため、汚れが軽いうちにしっかりお洗 […]

NEW冬の洗濯物はなぜ乾かない?温度と湿度を味方にニオイ知らずの洗濯

  凍えるような、カラッカラに乾いた冬の空気。 こんな乾燥した空気で洗濯物を干せば、すぐに乾くはず…! でもあれ? 「1日しっかり干したのにまだ湿っている。」 「しかもなんだか生乾きの匂い…。」 そうなんです。 […]

NEWニット・セーターの洗濯頻度は年に1回だけ?長持ちさせるコツも紹介

  冬に大活躍のニット・セーター。 モコモコしていて、暖かいので何度も着ちゃいますよね。 でも、着る度に洗濯していたらすぐにくたびれてしまいます。 「じゃあ、いつ洗濯すればいいの?」と疑問に思った方のために、 […]

ランキング

エアコンの臭いはホコリ・カビ・雑菌!全てを除去するお掃除方法とは

久しぶりにエアコンをつけてみたら、もわっとした臭い風が部屋いっぱいに広がった。 という経験はありますか? 本当に気分が悪いですよね。そのニオイ、今すぐ取り除きましょう! 実はエアコンのニオイの原因とニオイを取り除くたった […]

エアコンの水漏れの原因は7つ!ドレンホースのお掃除で8割は解決!

エアコンをつけてみたら、え?エアコンが泣いている? いや、違う!ポタポタと水漏れが!そんな経験はありますか? 編集部では、20~50代の女性100人に「エアコンの水漏れを経験したことがありますか?」と聞いてみました。 4 […]

リーガル靴修理|ソール・かかと・つま先ビフォーアフターが完全集結

  日本を代表する靴ブランドであるリーガル。 100年以上にも渡りグッドイヤー・ウェルト製法を貫き、日本人の足にフィットするものをと、木型からこだわっています。 ビジネスシーンの足元の定番ではないかと思うくらい […]

ルイヴィトンバッグ・財布修理|レザー、内袋、取手リペア事例が集結

  ショルダーベルトが切れてしまった。 ファスナーが壊れた。 シミがついてしまった。 そんなブランド品はありませんか? 切れた部分やシミは、修理の職人さんの技術で、元の姿に戻すことができます。 その仕上がりは、 […]

布団は部屋干しでもふかふかに!週に1回干すだけで快眠が手に入る!

  干したばかりの布団って気持ちいいですよね。 じめっと重かった布団も、日光に当てて干すとカラッと軽くなります。 毎日あんな布団で寝られたらいいのにと思いますが、実際は天気に左右されたり、花粉が気になったりして […]

革靴のオールソール交換!靴底の張り替えの匠の技で厚み・美しさ倍増

  靴の、底。 履いているうちに、必ず削れてきてしまう部分ですね。 擦り切れて穴が開いてしまった…… 削れ過ぎて、見た目が悪くなってしまった…… など、靴底の状態が悪くなってしまった靴は、ありませんか? そんな […]

洗濯機はお掃除クリーナーでカビ取り!月イチ槽洗浄でキレイを保とう

洗濯機から出した洗濯物に、なんだか黒いぴろぴろしたものがついている……! なんてことありませんか? それ、ワカメではありません。洗濯機の洗濯槽についてしまった、カビです。 カビがついた洗濯槽でお洗濯をしていると思うと、ぞ […]

グッチのバッグ・財布・靴修理|レザー、内袋、取手リペア事例が集結

  とっても大切な、グッチのバッグや財布、靴。 どれだけ丁寧に扱っていても、壊れてしまうことってありますよね。 長く使っていると素材が変質したり、穴があいてしまったり…。 自分で修理しようとすると、せっかくのデ […]

風呂釜掃除はつけおきで簡単!プロの洗浄は専用機械で汚れがゴッソリ

湯船に浸かって、1日の疲れを癒す。 お風呂の時間は、最高のリラックスタイムですよね。 そんな、つかの間の休息を演出してくれるのがそう、風呂釜。 意外と知られていないですが、お掃除していない風呂釜には汚れがたまっています。 […]

エアコン掃除を自分で行う方法を解説!内部のカビはプロが徹底除去!

夏が始まり、エアコンをつけると…カビ臭い。 臭いだけでなく、カビを含んだ空気を吸って健康に悪影響が出てしまうのは嫌ですよね。 そこで必要なのは、エアコンのお掃除! エアコンを分解し、カビやホコリを取り除くことで、空気を綺 […]

エアコンの臭いはホコリ・カビ・雑菌!全てを除去するお掃除方法とは

久しぶりにエアコンをつけてみたら、もわっとした臭い風が部屋いっぱいに広がった。 という経験はありますか? 本当に気分が悪いですよね。そのニオイ、今すぐ取り除きましょう! 実はエアコンのニオイの原因とニオイを取り除くたった […]

エアコンの水漏れの原因は7つ!ドレンホースのお掃除で8割は解決!

エアコンをつけてみたら、え?エアコンが泣いている? いや、違う!ポタポタと水漏れが!そんな経験はありますか? 編集部では、20~50代の女性100人に「エアコンの水漏れを経験したことがありますか?」と聞いてみました。 4 […]

洗濯機はお掃除クリーナーでカビ取り!月イチ槽洗浄でキレイを保とう

洗濯機から出した洗濯物に、なんだか黒いぴろぴろしたものがついている……! なんてことありませんか? それ、ワカメではありません。洗濯機の洗濯槽についてしまった、カビです。 カビがついた洗濯槽でお洗濯をしていると思うと、ぞ […]

風呂釜掃除はつけおきで簡単!プロの洗浄は専用機械で汚れがゴッソリ

湯船に浸かって、1日の疲れを癒す。 お風呂の時間は、最高のリラックスタイムですよね。 そんな、つかの間の休息を演出してくれるのがそう、風呂釜。 意外と知られていないですが、お掃除していない風呂釜には汚れがたまっています。 […]

エアコン掃除を自分で行う方法を解説!内部のカビはプロが徹底除去!

夏が始まり、エアコンをつけると…カビ臭い。 臭いだけでなく、カビを含んだ空気を吸って健康に悪影響が出てしまうのは嫌ですよね。 そこで必要なのは、エアコンのお掃除! エアコンを分解し、カビやホコリを取り除くことで、空気を綺 […]

お風呂の鏡のお掃除はどうしよう?なにしよう?「新聞使用」が正解!

毎日使うお風呂。 毎日見るお風呂の鏡。 あなたのお家のお風呂の鏡、自分の姿がはっきり写りますか? 湯気で覆われているように白くくもっていませんか? ここで編集部が20代〜60代の女性100人に行なったアンケートを見てみま […]

洗濯機の排水口掃除はパイプユニッシュor重曹!臭いや詰まりも改善

洗濯機の排水口から何か嫌な臭いが漂ってくる…。 洗濯機が脱水中に止まってしまったり、エラー表示が出たりする…。 あなたのお家の洗濯機のそんなトラブル、もしかしたら洗濯機の排水口のせいかもしれません。 長期間、洗濯機を使い […]

お風呂の排水口・排水パイプの掃除方法!臭いと詰まりをどちらも解消

  お風呂ので一番汚れが気になるところといっても過言ではない、排水口。 お風呂中のお湯が流れ着く場所です。お湯に流されて、汚れもたっぷりたまります。 排水口の汚れが原因で、お風呂中に嫌な臭いが漂ったり、排水パイ […]

キッチンの排水口のお掃除には重曹とお酢でつまりはもう詰まらない!

排水口のぬめり…… 排水口からの臭い…… 排水口の詰まり…… 毎日キッチンを使っていると、こんな問題が生じることがよくあります。 キッチンは朝昼晩と使うものなので、排水口の掃除までなかなか手が回らないですよね。 では、い […]

お風呂の頑固なカビには片栗粉×漂白剤!プロおすすめ予防法もご紹介

スポンジでゴシゴシしても落ちない…。 落としたつもりでも何日かたつと復活している…。 このように、お風呂のカビで悩んだことはありますか? ここで編集部が20代〜60代の女性100人に行なったアンケートを見てみましょう。 […]

布団は部屋干しでもふかふかに!週に1回干すだけで快眠が手に入る!

  干したばかりの布団って気持ちいいですよね。 じめっと重かった布団も、日光に当てて干すとカラッと軽くなります。 毎日あんな布団で寝られたらいいのにと思いますが、実際は天気に左右されたり、花粉が気になったりして […]

ワイシャツの黄ばみを落とす最強の漂白剤の使い方!予防すれば完璧◎

いつの間にかワイシャツが黄ばんでいた経験、ありませんか?特に、襟や脇、袖は黄ばみやすい部分です。 実は、毎日ちゃんとお洗濯しているだけでは、黄ばみを予防することはできないのです。 黄ばんだワイシャツでは、第一印象も悪くな […]

油汚れの染み抜きには「クレンジングオイル」が一番効果的なんです!

「揚げ物を作っていたら、油が服に飛んでしまった…。」 「子供がオムライスを食べていて、服にケチャップをつけてしまった…。」 など、日常的に服に油のシミがついてしまうシーンってありますよね。 でも、みなさんは知っていますか […]

白いスニーカーの汚れを7つのアイテムで真っ白に!お酢が決め手です

白は汚れる! まあ常識ですよね。 ちょっと擦っただけでも灰色が付きますもん。 僕も一時期まっ白なスニーカーで生活してたんですがね、まあすぐ汚して怒られましたとも。   ということで今回は白スニーカー。 汚れが目 […]

【8割の人が知らない!】靴を自宅の洗濯機で洗う正しい方法を解説

会社が学校から帰る途中に、突然のゲリラ豪雨。 息を切らしながら走って帰ったけど、泥が跳ねて靴が汚れちゃった…。そんなこともありますよね。 そんなとき汚れてしまった靴をどうしていますか? え?そのまま? そんな […]

油性ペンの汚れに4通りの落とし方。油には油を!不安ならみかん!

新学期。新しい教科書に名前を書く時に、大活躍の油性ペン。 にじまず、書く材質を選ばないのが特徴。そのため、水で濡れやすいキッチン周りにも使えますし、学生から主婦の方にも愛用されているはず。 そんな油性ペンの1番の特徴は「 […]

羽毛布団を洗濯機で洗う方法|コインランドリーやクリーニングと比較

  寒くなってくると毎年押し入れから引っ張り出してくる羽毛布団。ふかふかのお布団にはついつい顔をうずめたくなりますよね…って、あれ。 なんか、臭い。前よりボリューム感がないかも。 なんてショックを受けてる方に質 […]

色移りの落とし方は50℃のお湯で洗剤2倍!本当に正しい情報大公開

あああ!しまった。 洗濯機の蓋を開けてみたら、中が大惨事になっていた。 こんな経験はありませんか? そう、色移り。 お気に入りの服に色が移っていた時なんか、とてもショックですよね。 普段は気をつけていても、ちょっと気を抜 […]

帽子・キャップの型崩れしない洗い方!他とはかぶらない方法で伝授!

帽子って、知らず知らずのうちに汚れや臭いがひどくなってしまいますよね。 特に夏の汗をかく時期。 でも、帽子を自宅で洗うって、あんまりピンとこないかもしれません。 しかし、ここでは帽子・キャップを自宅で型崩れの心配なく洗う […]

羽毛布団の洗濯はコインランドリーがおすすめ!乾燥時の注意点も解説

  軽くて、柔らかくて、暖かい。 と、良いこと尽くしの羽毛布団は、寒い季節には手放せない寝具の1つ。 でも、なんだか最近、ふんわり感がなくなったような…。 それに、前よりも暖かくないかもしれない…。 なんて感じ […]

リーガル靴修理|ソール・かかと・つま先ビフォーアフターが完全集結

  日本を代表する靴ブランドであるリーガル。 100年以上にも渡りグッドイヤー・ウェルト製法を貫き、日本人の足にフィットするものをと、木型からこだわっています。 ビジネスシーンの足元の定番ではないかと思うくらい […]

ルイヴィトンバッグ・財布修理|レザー、内袋、取手リペア事例が集結

  ショルダーベルトが切れてしまった。 ファスナーが壊れた。 シミがついてしまった。 そんなブランド品はありませんか? 切れた部分やシミは、修理の職人さんの技術で、元の姿に戻すことができます。 その仕上がりは、 […]

革靴のオールソール交換!靴底の張り替えの匠の技で厚み・美しさ倍増

  靴の、底。 履いているうちに、必ず削れてきてしまう部分ですね。 擦り切れて穴が開いてしまった…… 削れ過ぎて、見た目が悪くなってしまった…… など、靴底の状態が悪くなってしまった靴は、ありませんか? そんな […]

グッチのバッグ・財布・靴修理|レザー、内袋、取手リペア事例が集結

  とっても大切な、グッチのバッグや財布、靴。 どれだけ丁寧に扱っていても、壊れてしまうことってありますよね。 長く使っていると素材が変質したり、穴があいてしまったり…。 自分で修理しようとすると、せっかくのデ […]

ファスナー・チャックの直し方を解説!5つの不具合もこれで全て解決

急いでファスナーを閉めたら動かなくなった……なんて経験、あるんじゃないですか? 『ガチっ』なんて音を出した後、うんともすんとも言わなくなることが結構あるんですよねぇ。 さて、こういうファスナーの故障ですが、大抵は曲がって […]

裾上げのやり方をズボンの種類別に解説!丈を決めるポイントも伝授!

もうちょっと裾が短かったら、このズボンは完璧なのになあ。 そんなお悩みはありませんか? そんなときに便利なのが「裾上げ」。 でも洋服屋さんで頼むと時間がかかってしまいます。取りに行くのも面倒臭いですよね。 だから、自分で […]

靴の臭いがたったの100円で消せるのならば試さずにはいられない話

どうも、隙あらば靴を脱ぐのであんまり足の臭いに困らない僕です。 たまに遠出すると脱げなくて大変なことになるんですけどねー。 さて、足の臭いってかなり気になりますよね。 しかも、どれだけ足を洗ったところで臭いが出るのは止め […]

スエードの靴の汚れの正しい洗い方とは?普段のお手入れ方法も解説

スエードの靴、あの独特の質感が素敵ですよね。なんだか温かみを感じる、良い生地だと思います。 でも一つ問題が…… 汚れが付きやすいんですよね。水に濡れればシミになり、使っているとテカテカしてきます。 しかも、スエードってお […]

靴磨きのコツを大公開!職人だけが知る革靴のお手入れ方法を徹底取材

お洒落は足元から、なんてよく言いますよね。 一生、大切にしたいと思っている革靴を、お持ちの方も多いはず。 ですが、せっかくの素敵な革靴も、お手入れができていなかったら台無しです。 よい革靴は、きちんと靴磨きをして、いつで […]

サビ落としはブラシ&サビ取り剤が最強!こすらず磨いて楽々完全除去

身の周りを見渡してみたら、色んなところでサビを発見してしまった…なんて経験、ありませんか? 例えば家の中に置いてあるスタンドラックにも発生するし、外に置いておいた自転車にもサビはつきやすいもの。 見た目はあまりきれいとは […]

おすすめ特集