水槽のお掃除は水換えが大変なので日頃の手入れで汚れを防ぐのが大切

■水槽の水の汚れは細菌、壁の汚れはコケ、細長い汚れは糸状藻!
■コケ・砂利・ろ過槽を2週間から1ヶ月空けて順番にお掃除しよう!
■水替えも大切!2〜3週間に一度、3分の1の水を変えるのがGOOD

マリノス

更新日:2020年07月15日

「水槽が汚れてしまって、中のお魚の様子が見にくい」
「熱帯魚を飼おうと思ってるけど、水槽のお掃除ってどうやってやるの?」

そんな風に思ったこと、ありませんか?

水槽は放置すればするほど、コケやカビが生えてしまいます。水槽をお持ちの方は、キレイな状態が保たれていると言えますか?

コケが生えていなくとも、日頃からのお手入れを怠ってはいませんか?

水槽の中が不衛生だと、金魚や熱帯魚が弱って死んでしまいます。

そこで、今回は水槽につく汚れの種類、お掃除の頻度や方法を紹介します!

水槽の汚れの種類は?

常に水を入れたままになる水槽。自分で入れ替える必要があるので、定期的にお掃除をする必要があります。

カビやらコケやらがあるままだと、育てている魚たちに悪影響をおよぼします。僕は昔、カニの水槽をほっといて……

水槽をしっかり掃除するため、汚れの種類を知っておきましょう!命は尊いのです……。

水が緑色になる汚れ

ヘドロ状や膜状になっているコケこそが藍藻(ランソウ)です。シアノバクテリア(藍色細菌)とも呼ばれ、実は植物ではなく細菌の一種です。濃い緑色をしていて、水槽や水草を覆いつくしてしまいます。

藍藻は、成長スピードが速く、臭い毒素を発生させる厄介なコケです。
気がつけば水槽の中が藍藻だらけ、ということも多々あります。放置すればするほど掃除が大変になっていきます。

また藍藻が繁殖したままでは、金魚・熱帯魚に悪影響が及びます。熱帯魚のような生き物は水に敏感なことがあるので、少しでも環境が悪くなれば死んでしまいます。

水の流れが悪いことや生態系のバランスが悪いことが原因でしょう。見つけたらそのままにせず、早めにお掃除をしましょう。

水槽の壁に張りつく汚れ

水槽のガラスに付着する汚れは、コケの一種で茶ゴケ・珪藻(ケイソウ)と呼ばれます。水槽を買ったばかりの水質が不安定な頃に、表面に付いた汚れをエサに発生しやすいコケです。ですが、他の植物が中にいれば時間がたつとほとんど発生しなくなります

原因は色々ありますが、主に生態系が不安定なことが原因になっています。

最初の時期を過ぎてからまた発生した場合は、生物のフンから出る物質に集まって茶ゴケが生まれています。植物プランクトンがいれば茶ゴケも生まれないので、日光に当てれば自然と消えるでしょう。

細長い汚れ

細長い糸になっているのが特徴的なのは糸状藻(しじょうそう)です。
糸状藻の形状は育てている生物や水槽によってさまざまです。

ところ構わず引っ付きまくるので、取り除くには時間がかかる上、完全に取り除くことができません。特に、水草に付着した時はなかなか取ることができません。

水の中ではまず無理。そういう時は、水草を丸ごと水槽から取り除くことになります。

こいつの問題点は、水槽の生態系が整っていても発生する、という所。ふざけるなと。

ということで言わせて頂きましょう。防止は諦めて、と。

お掃除する頻度は?

金魚や熱帯魚にとって環境の変化も大きなストレスになります。そのため、水槽が汚れていてもいけませんが、お掃除しすぎるのもかえってよくないのです。

水槽のお掃除には、主に、コケ・砂利・ろ過槽のお掃除と水替えの作業があります。
それぞれを一気に行うのではなく、短くても1週間ほど、通常だいたい2週間から1ヵ月ほど空けて別々にお掃除をするとよいです。期間を空けることで、環境の変化を最小限に抑えることができます。

とはいえ、なるべくコケが繁殖しないように、また水質が汚くならないように工夫をしていくことが重要です。
次の3つを日頃から気をつけておきましょう。

・照明時間を長くしすぎない。
・直射日光が当たらないところに水槽を置く。
・水槽に水や魚、水草、エサを入れすぎない。

栄養が増えすぎてもコケが増えるってのがなんとも面倒ですね。
しかし、常にキレイな水槽を維持することは、大切な金魚や熱帯魚のためになりますよ!

水槽を掃除するときの注意点

それでは水槽掃除をしていくのですが、先程お話したように「命は尊い」のです。

トイレや床の掃除とは違い、水槽はお魚達のお家ですよね。
いくつかのポイントを間違えると、大変なことになってしまうのです…!

水槽掃除を始める前に、注意すべきポイントを知っておきましょう!

換水のタイミングを意識する

水槽の水は、どれくらいの頻度で入れ替えていますか?

水が濁ってきたら、ゴミが浮いてきたらなど、人によって様々かもしれません。

しかし、水槽内は私たちの想像以上に汚れていくんです!

例えばエサですね。
食べ残しとなったエサは水を吸って沈み、砂利の中など水槽の底に沈んでいます。

また、魚の体液なんかも原因ですよ!
目には見えませんが、お魚はフン以外にも尿や体液を出しているのです。

交換の目安としては、2週間に1回程度になりますが、換水のタイミングは、まず意識したいポイントになりますね。

魚は水槽にいれたままが理想

キレイな水槽を保つための掃除だけれど、お魚がいてはやりずらい
バケツに移してから、掃除をしているなんて方は多いのでは?

しかし、考えてみてください。

お魚にとって、掃除の度に移し替えられるのはストレスになります!
さらには移動のとき、身体を傷つけてしまうかもしれませんよね。

そして何より…正直言ってめんどくさいです!!

そこで、ここは思い切って、お魚を水槽に入れたまま掃除をしてみましょう!

水槽掃除用のスポンジを使って、そのまま内側をゴシゴシするだけです。
ストレスを与えないように、やさしく掃除することが大切です。

日常的にやっていれば、お魚も慣れてくるそうですよ。
汚れた水も、換水をすればキレイになっていくので問題ありません。

水は全部は入れ替えない

水の入れ替えは、お魚を飼ううえで避けては通れない道ですね。

時間をかけて、水をまるまる交換したなんて経験ありませんか?

でも実は、水槽内の水は全部入れ替える必要はないのです!

お魚にとって重要なのは、水に適応していること。
酸性アルカリ性を示すpHの値が大切なのです。

すべて新しい水に換えられてしまうと、確かにキレイにはなりますがお魚は大変です。

ですので、負担を減らすためにも1/3程度の換水が理想になります!
人と同じように、住み慣れたモノの方がよいのです。

コケのお掃除の方法

まずは、コケのお掃除を楽にするアイテムお掃除の方法を紹介していきます。

コケの掃除とひとくちに言っても、ガラス面や石・装飾品などコケがつく場所は様々あります。それぞれ場所によって、コケの掃除方法が違います。
そこで、ガラス面と石・装飾品に分けて紹介します!

もしコケのたまり具合がひどい時には、汚れが魚にとってストレスになってしまうこともあるので、バケツなどに移してあげるのも手です!

コケのお掃除におすすめのアイテム

コケのお掃除を楽にするアイテムを2つ紹介します。

・かき取るタイプ

おすすめ 商品

商品画像
浮くコケ取りスクレーパーおにぎり

コーナー・ガラス・パイプと場所ごとに分けて、コケを取ることができます。気持ち良いくらいにコケを除去することができるので、ぜひ普段のお手入れに試してみてください。さっと潜らせれば取れますので。

・設置するタイプ
あまりにコケが多い場合には、こちらも使ってみてください。

おすすめ 商品

商品画像
寿工芸 P・カットマット

魚類に影響がない薬品です。コケが栄養とするアンモニアを減らすので、コケが大量に発生するのを抑制してくれます。

ガラス面のコケの取り方

ガラス面のコケに最初に気づくのではないでしょうか?
中は見せないぞとばかりに自己主張する正面のガラスはもちろん、コケで汚れたガラスの全面をお掃除しましょう。

ただし、ガラス面についている汚れの中には水質を綺麗にしてくれるプランクトンが含まれていることもあります。鑑賞するときに見た目が気にならない程度に汚れが落とせていれば十分です。

先ほど紹介したようなスクレーパーでかき取っていきましょう。こびりついてしまったコケにはおすすめです。
その他にもシートタイプやメラミンスポンジタイプのお掃除アイテムもあり、コケを拭き取っていくという方法もあります。

お家の水槽の汚れ具合に合わせて、いくつかのアイテムを試してみてください。

石や装飾品のコケの取り方

石や装飾品を水槽内でのレイアウトを崩さないように掃除するには、動かさずにその場所でブラシで磨くしかありません。しかし、それでは頑固なコケを落とすことはできません。

細かなところまで磨けるマーナ 掃除の達人すみっこブラシ 「掃除の達人」をオススメします。

おすすめ 商品

商品画像
マーナ(MARNA) 掃除の達人 すみっこブラシ ホワイト蛇口まわり シール剥がし 目地 W121

水槽用のグッズではありませんが、角度のついたVカットブラシが特徴的な商品です。汚れをしっかり落としたい時には、水槽から取り出して、ゴシゴシこすり洗いしましょう。歯ブラシなんかを使ってもいいと思います。

砂利・ろ過槽のお掃除方法

白い石の粒の上の巻貝

それでは続いて、砂利のお掃除を楽にするアイテムお掃除の方法ろ過槽のお掃除の方法を紹介していきます。

砂利、ろ過槽のお掃除の時にも、先にお魚をバケツに移して下さいね。

砂利のお掃除におすすめのアイテム

まずは、砂利のお掃除を楽にするアイテムを紹介します。

おすすめ 商品

商品画像
水作 プロホース エクストラ M サイズ

砂利はそのままで、水替えをすることや金魚や熱帯魚の排泄物を取り除くことができます。要するにデカいスポイトってことです。

砂利のお掃除の方法

砂利は、汚れているのが見えづらいため、ついついお掃除するのを先延ばしにしてしまうことがありますよね。表面に汚れが目立ってきてからお掃除を始める方も多いと思います。

砂利の表面は、水槽に生息する生き物がキレイにしてくれている事があります。もちろん、何を飼っているかによりますよ? じゃあ一体、砂利の中の方はどうなるのかというと、フンや残ったエサなどがだんだん入り込んでいくのです。…こわいこわい。砂利の奥に溜まった汚れは水に溶け出し、水自体を汚してしまいます。というわけで、砂利の中をお掃除することが大切なのです。

水を替えずに掃除をする時には、先ほど紹介した専用のアイテムを使って、砂利の中の汚れを吸い取っていきましょう

水替えと同時に掃除をする場合は、ボウルに砂利を移して水槽の水を使って洗いましょう。水道水ではなく水槽の水を使うことで、砂利を水槽に戻したときに環境の変化を少なくすることができます。

ろ過槽の掃除について

ろ過槽が詰まると、ろ過能力が落ちてコケの発生が早くなってしまいます。水質が安定しない場合などは、ろ過器を中心にもう一度、水槽の状況を見直してみてください。大きめのろ過器を買うことも検討してみてはいかがでしょう。

ろ過装置にも、水槽の環境を良くしてくれる生物がいます。そのため、ろ過装置を掃除するときにも水槽の水を使うといいです。フィルターの目に詰まった汚れを取り、容器に移した水槽の水ですすぐくらいで十分です。

ろ過槽をお掃除している間は、フィルターの電源を切らなければいけません。そのため、あまり時間をかけることなくサッと掃除を終わらせることが大切です!

水替えの方法

紅葉が沈んだ石の器に注ぎ込むししおどし

わたしたち人間にとって「空気」が大事なのと同じで、魚にとっては「水」がとっても大切なんです。

水槽のサイズや魚の量、ろ過器の大きさなど、水の汚れ方によって頻度が大きく変わりますが、一般的には「2~3週間」に一度、「約3分の1程度」の水を交換しましょう。

魚は環境変化が大きいと、ショックで病気になったり、死んでしまったりします。ですので、水の交換もこの頻度と量を守って行なってください。

用意するもの
・新しい水を溜める容器
・水をすくうカップ または 水を吸い取るホース(水作プロホースなど)
・カルキ抜き剤・ヒーター

おすすめ 商品

商品画像
テトラ (Tetra) パーフェクト ウォーター 500ml

水道水は、魚や水草にとって有害な塩素が含まれています。この中和剤などのカルキ抜き剤を使用して、熱帯魚にとって有害な物質を除去しましょう。

おすすめ 商品

商品画像
ジェックス セーフカバーナビパック SH220

水を交換した際に、水温があまりに変わると魚にとって好ましくありません。ショックで寿命が縮まるのを防ぐために、こういったヒーターを使って水温を一定に保ってください。

手順
1
電流を断つ

全ての機材の電源をOFFにするか、コンセントを抜きます。

2
水を抜く

カップで水をくみ取るか、ホースを使って砂利を掃除しながら、水槽全体の1/3ほどの水を抜いていきます。

3
新しい水を作って、入れる

抜いた水は捨て、ヒーターを使って水槽の温度に合わせた水道水を用意します。カルキ剤をでカルキ抜きをして、塩素を中和してから水槽に入れていきます。

4
機材を戻す

水替えが終わったら、機材を一つ一つ確認しながら電源を入れ、終了です。

まとめ

水槽の掃除はいかがだったでしたか?

魚が健康に生きて行くためには、定期的なメンテナンスが必要ということがご理解いただけたかと思います。面倒くさがらずに、手順をきっちり守って、道具をしっかり揃えて掃除を行なってください。

また、水槽の中だけでなく、周辺の手入れも必要になってきます。熱帯魚の場合は、ろ過器・照明・ヒーターなども使うと思いますが、そのコンセントの掃除もしてください。掃除を怠っていると、ショートしてしまうかもしれませんよ!

関連記事

カビナイトやらないと!塩素不使用の魔法のカビ取り洗剤使わないと!

突然ですが、皆さん。 「カビナイト」って知っていますか? え…?知らないって…? え…?知らないの…? 「カビナイトをやらないと、人生の7割損しますよ!」 というのはさすがに冗談ですが、カビナイトは知ってて損がない塩素不 […]

コストコの掃除グッズお得でおすすめ!部屋中の使用方法を5つ紹介!

みなさんはいつもお掃除道具や洗剤をどこで買いますか? スーパーや薬局に、最近ではセリアなどでも色んな商品が売っていますよね♪ 今回は、お得にまとめ買いする場所と言ったらコストコ~♪ そう、コストコのお掃除商品を5種類紹介 […]

ウルトラハードクリーナーの衝撃はその名前ではなく効果にありました

「ウルトラハードクリーナー」かなりインパクトのある名前ですよね。 英語でウルトラハードは極端にたくましい、という意味です。 極端にたくましいクリーナーっていったい何なんだ…。 そんな正体不明のウルトラハードク […]

最強洗剤オキシクリーンのスプレーは洗濯界でもやはり大活躍だった話

みなさん、オキシクリーンって知ってますか? オキシクリーンは酸素系漂白剤で、SNSで最強洗剤と話題なんですよ! そんなオキシクリーンは粉末タイプのものが定番ですが、どんなシミでも落とすスプレータイプの洗剤があるらしいんで […]

ランキング

自分でお掃除vsプロの換気扇クリーニング!その差を検証してみた

換気扇クリーニングって知っていますか? プロがお家に来て、換気扇のお掃除をしてくれるサービスのことです。   とはいえ、換気扇の掃除って一応、自分でもできるのです。 じゃあ、自分で掃除して、それで済むならその方 […]

エアコン掃除をプロに頼んだら、それはラーメン屋と一緒だった話

  目次1 エアコンは本当に汚いのか?2 プロが来た!3 エアコンをプロに掃除してもらって感じたこと エアコンは本当に汚いのか? お家の中で毎日掃除する場所といえば、お風呂・トイレ・キッチン… 大掃除の時期なの […]

お風呂の頑固なカビには片栗粉×漂白剤!プロおすすめ予防法もご紹介

スポンジでゴシゴシしても落ちない…。 落としたつもりでも何日かたつと復活している…。 このように、お風呂のカビで悩んだことはありますか? ここで編集部が20代〜60代の女性100人に行なったアンケートを見てみましょう。 […]

ドラム式洗濯機のお掃除は月1回!塩素系クリーナーでカビを溶かそう

みんな大好き、ドラム式洗濯機。 普通の洗濯機よりも憧れますよね? きちんとした乾燥機能に加え、あの可愛らしいフォルム……。 少しお値段は高いですが、それでも欲しくなってしまう程の魅力が詰まっています。 そんなドラム式洗濯 […]

ベッドの黒カビを取り除こう!マットレスを掃除して、ぐっすり快眠♪

  皆さんは、ベッドのお掃除ってこまめにやっていますか? 床や水回りはよく掃除するけど、ベッド掃除はおろそかにしてるって方、意外と多いのではないでしょうか? ベッドを掃除せずに放っておいたら、ベッドにカビが大量 […]

鞄クリーニングの職人の世界を追う!カビ・シミ・色落ちの実例を発見

みなさん、クローゼットの中に少し汚れていたり、色がはげていたりする鞄はありませんか? そういう鞄って、使う気にもならないし、でも捨てる勇気もなく、ずっと置いたままにしていることが多いと思います。 そのままクローゼットの肥 […]

トイレが臭い…においの原因と消臭に効果的なお掃除方法を徹底解説!

  皆さんは、トイレという空間は好きですか? 新聞や本を読んだり、ケータイをいじったり…。 と、思い思いのことをして過ごす人も多いですよね。 家の中で、トイレが1番落ち着く! なんて人もいるのではないでしょうか […]

換気扇のフィルター掃除!一番楽なやり方を数パターン用意しました!

みなさん、家の換気扇を見てみてください。 特にフィルター部分。 油でギトギト、ゴミやホコリで真っ黒……なんてことになっていませんか? びっしりついた汚れを見ると、お掃除するのもためらっちゃいますよね。 ですが、そのまま使 […]

レザーソファーのクリーニングならお任せ!革のプロによる修理を特集

  リビングにある家具といえば、テレビやテーブル…そして、ソファー。 ソファーは、家族がくつろぐ大事なスペースです。 一度買えば、何年も使い続ける、大切な家具ですよね。 でも、最初はキレイなソファーでも、何年も […]

エアコン掃除を自分で行う方法を解説!内部のカビはプロが徹底除去!

夏が始まり、エアコンをつけると…カビ臭い。 臭いだけでなく、カビを含んだ空気を吸って健康に悪影響が出てしまうのは嫌ですよね。 そこで必要なのは、エアコンのお掃除! エアコンを分解し、カビやホコリを取り除くことで、空気を綺 […]

換気扇を年末に大掃除!重曹であっという間にピカピカに

料理をするたびに汚れがたまる、換気扇。 普段は意識しませんが、いざ開けてみると、油やホコリにギョッとしてしまうことも…。 換気扇は、目に見えない内部に汚れが溜まっているので、分解してお掃除しなければなりません。 面倒だか […]

エアコンクリーニングは自分で行う?プロに頼む?実際に対決してみた

夏と冬に大活躍するエアコン。 使い始め、使い終わりにはきちんと掃除しないと、カビや臭いが発生してしまいます。 最近では、自分でエアコンを掃除するためのグッズなんかも売られているので、手軽に掃除できるのは、嬉しいですよね。 […]

ベッドクリーニングを頼んだらマットレスから10年の汚れが流れ出た

念願であったマットレスのクリーニングを頼んでみました! 今回、マットレスクリーニングをお願いしたのは、「あらうや」の平(ひら)さん。 上の写真の、セミダブルのマットレスをクリーニングしてもらいました。 毎日、家族で寝てい […]

【お風呂掃除総まとめ】浴槽・鏡など、6箇所の水垢とカビを完全除去

  お風呂掃除で気になる汚れといえば、「カビ」と「水垢」ではないでしょうか? ユアマイスタイル編集部では、全国の主婦のみなさん100人にアンケートを取り、お風呂掃除の悩みについて聞いてみました! なんと87%の […]

トイレのタンクを掃除して黒カビを退治!臭いの元からシャットダウン

お家のトイレのタンク、開けたことありますか? 冷蔵庫のように、頻繁に開ける場所ではありませんよね。1年開けてない、なんて方もいるのではないでしょうか。 ですが、トイレのタンクは非常に汚れが溜まりやすい場所です。もし何ヶ月 […]

洗濯機はお掃除クリーナーでカビ取り!月イチ槽洗浄でキレイを保とう

洗濯機から出した洗濯物に、なんだか黒いぴろぴろしたものがついている……! なんてことありませんか? それ、ワカメではありません。洗濯機の洗濯槽についてしまった、カビです。 カビがついた洗濯槽でお洗濯をしていると思うと、ぞ […]

エアコンの臭いはホコリ・カビ・雑菌!全てを除去するお掃除方法とは

久しぶりにエアコンをつけてみたら、もわっとした臭い風が部屋いっぱいに広がった。 という経験はありますか? 本当に気分が悪いですよね。そのニオイ、今すぐ取り除きましょう! 実はエアコンのニオイの原因とニオイを取り除くたった […]

車内清掃は家にある道具でかんたんキレイ!頑固な汚れはプロに依頼!

  車ってすごい発明品です。 ドライブしたり、音楽を聴いたり、コーヒーを飲んだり、ホットドッグを食べたり。まるで動くリビングのようです。 とっても居心地のいい車ですが、ちゃんと車内の清掃をしている人ってなかなか […]

風呂釜掃除はつけおきで簡単!プロの洗浄は専用機械で汚れがゴッソリ

湯船に浸かって、1日の疲れを癒す。 お風呂の時間は、最高のリラックスタイムですよね。 そんな、つかの間の休息を演出してくれるのがそう、風呂釜。 意外と知られていないですが、お掃除していない風呂釜には汚れがたまっています。 […]

布製ソファーの染み抜きは重曹と中性洗剤!油汚れはベンジンが効果的

突然ですが、自分で洗えるものってなんでしょうね。 服! まぁ、王道ですよね。 靴! 最近の洗濯機はものによっては靴も洗えるみたいで…優秀ですよね。 では、逆に自分で洗えないものは? 布団? サイズは大きいですが、実は自分 […]

ジャケットの洗濯方法を解説!素材別の洗い方でシワや型くずれを防ぐ

  ご家庭に1着はあるであろうジャケット。 最近では、フォーマルなものからカジュアルなものまで様々なタイプが出ており、オシャレには欠かせなアイテムになっています。 でも、どうやってメンテナンスしていいのか、どう […]

コインランドリーで布団を洗濯する前に見ないと損するコツと注意点!

毎晩、コップ1杯分の汗をかいている私たちを包み込んでくれる布団。 きちんとお手入れしないと菌の温床になりかねません。 でも布団のお手入れ方法って? 干すだけしかないよね…なんて言っている皆さんは要注意。 実は、布団は洗濯 […]

服の虫食いは100均グッズで補修できる!素材別のやり方で楽ちんに

  季節の変わり目、衣替えで久しぶりにお気に入りの服を出すと。 あれ、虫に食われてる! …なんてこと、経験したことはありませんか? せっかく着ようと思ったのに…、と泣く泣く手放す前に、ちょっと待って! 捨ててし […]

コートのクリーニングの相場は?ラクにお得に頼むなら宅配がおすすめ

  焼肉にいったらコートに臭いがついてしまった…。 もう暖かくなってきたから、気なくなったコートをクリーニングに出したい。 でも、コートのクリーニング代って高そう。ちゃんと汚れが落ちるの?家で洗った […]

ダウンジャケットは家で洗濯してクリーニングに出すコストもダウン!

寒いときには手放せませんよね。ダウンジャケット。 でも、走ったり、満員電車に乗ったりと、冬って意外と汗ばむことも多いと思います。 ダウンジャケットって、かさばるし、乾くのにも時間がかかって、あまり洗濯しない。そもそもどう […]

ぬいぐるみの洗い方完全版!初心者でも絶対ふんわり仕上げる方法とは

ぬいぐるみを集めるの大好きなひとー!はーい! わたしは大好きです。にこにこしていて、ふわふわのぬいぐるみ。お部屋にあるだけで、なごみますよね。 では、1つ質問です。 そんな、かわいいぬいぐるみたち、お洗濯していますか?し […]

長襦袢と帯の洗濯は縮みに注意。ちなみに言うと桐箱GOODで霧NG

長襦袢(ながじゅばん)は、素肌に直接着るものですから、汗汚れやニオイが気になりますよね。 頻繁に着物を着るようなら、長襦袢まで毎回クリーニングに出していたら出費がかさんで大変です。自分で洗えたらいのにな、なんて思いません […]

毛布は洗濯機で洗う!手洗い・コインランドリーの手順も合わせて紹介

冬場は気温が低く、洗濯物が乾きにくいこともあり、なかなか大きな洗濯物はしたくないですよね…。 しかし、毛布に限った話ではありませんが、冬場の寝具もきちんと洗わないと、カビや臭いの原因になってしまいます。 それに加え、人は […]

スーツのカビを自宅でキレイに!クリーニングに出す前にすべきこと!

「スーツにカビが生えている」 「スーツがカビ臭い」 そんな時、皆さんはどのように処置していますか? 慌ててクリーニングに出す前に、自分でできることもあるんです。 今回は、スーツのカビ取り方法とその防止策も合わせて紹介して […]

コートを洗濯する方法を全種類ごとに解説!自宅の洗濯機でも洗える?

冬の時期に手放せないもの第1位ではないでしょうか?コート。 頻繁に洗濯するものではないものの、やはり毎日着ていると汚れや匂いも気になってきますよね。 また、忘年会、新年会シーズンでお酒やタバコの匂いがついてしまうことも多 […]

カバン修理|革・グッチ|バッグの内袋も直す職人の神ワザを徹底取材

みなさんの家にも、1つくらいありませんか? 傷が入ったり、糸がほつれたりして傷んだカバン。 久しぶりに使おうと思って取り出してみたら、劣化してしまっていたカバン。 このまま使うのもみっともないし、捨てちゃおうかな……。 […]

ヒール巻き交換でめくれも剥がれも修理!職人技で後ろ姿に圧倒的自信

普段から履いているパンプス。勝負服用の高めのヒール靴。 足を綺麗に見せてくれたり、ちょっと自信を持たせてくれたりする、女性のファッションには欠かせないヒールですが…ふと見たら、ヒール部分の革がめくれていたり、剥がれていた […]

ネックレスの修理はチェーン切れがネックです?部品の種類ごとに解説

ネックレスって、ささいなことで簡単に切れてしまうもの。 洋服を脱ぐときにうっかり引っ掛けてしまったり、ネックレスをつけたまま寝て、起きたら切れていた、なんてことも。 特に小さなお子さんがいると、お子さんがネックレスを引っ […]

革の鞄のお手入れは簡単3ステップ!油分の補給!水拭き、消しゴム!

さて、今回は革製品の中でも鞄についてのお話。 鞄って、体の一番外側にあることが多いせいか、傷が付きやすいものです。 気付かないうちに擦ってたりしますよね。 革は丈夫ですが、表面の傷に対しては案外弱いのですよ。 そこで、な […]

シャネルのバッグ・財布修理|レザー、内袋、取手リペア事例が大集合

  女性の永遠の憧れ、シャネル。 「古い価値観にとらわれない女性像」をブランドのポリシーに、バッグや靴、化粧品、香水などを、幅広く展開しています。 個性的でおしゃれなデザインで、女性から愛され続けてきたシャネル […]

グッチのバッグ・財布・靴修理|レザー、内袋、取手リペア事例が集結

  とっても大切な、グッチのバッグや財布、靴。 どれだけ丁寧に扱っていても、壊れてしまうことってありますよね。 長く使っていると素材が変質したり、穴があいてしまったり…。 自分で修理しようとすると、せっかくのデ […]

リーガル靴修理|ソール・かかと・つま先ビフォーアフターが完全集結

  日本を代表する靴ブランドであるリーガル。 100年以上にも渡りグッドイヤー・ウェルト製法を貫き、日本人の足にフィットするものをと、木型からこだわっています。 ビジネスシーンの足元の定番ではないかと思うくらい […]

革靴のオールソール交換!靴底の張り替えの匠の技で厚み・美しさ倍増

  靴の、底。 履いているうちに、必ず削れてきてしまう部分ですね。 擦り切れて穴が開いてしまった…… 削れ過ぎて、見た目が悪くなってしまった…… など、靴底の状態が悪くなってしまった靴は、ありませんか? そんな […]

ルイヴィトンバッグ・財布修理|レザー、内袋、取手リペア事例が集結

  ショルダーベルトが切れてしまった。 ファスナーが壊れた。 シミがついてしまった。 そんなブランド品はありませんか? 切れた部分やシミは、修理の職人さんの技術で、元の姿に戻すことができます。 その仕上がりは、 […]

鞄クリーニングの職人の世界を追う!カビ・シミ・色落ちの実例を発見

みなさん、クローゼットの中に少し汚れていたり、色がはげていたりする鞄はありませんか? そういう鞄って、使う気にもならないし、でも捨てる勇気もなく、ずっと置いたままにしていることが多いと思います。 そのままクローゼットの肥 […]