水槽のお掃除は水換えが大変なので日頃の手入れで汚れを防ぐのが大切

■水槽の水の汚れは細菌、壁の汚れはコケ、細長い汚れは糸状藻!
■コケ・砂利・ろ過槽を2週間から1ヶ月空けて順番にお掃除しよう!
■水替えも大切!2〜3週間に一度、3分の1の水を変えるのがGOOD

マリノス

更新日:2019年10月18日

「水槽が汚れてしまって、中のお魚の様子が見にくい」
「熱帯魚を飼おうと思ってるけど、水槽のお掃除ってどうやってやるの?」

そんな風に思ったこと、ありませんか?

水槽は放置すればするほど、コケやカビが生えてしまいます。水槽をお持ちの方は、キレイな状態が保たれていると言えますか?

コケが生えていなくとも、日頃からのお手入れを怠ってはいませんか?

水槽の中が不衛生だと、金魚や熱帯魚が弱って死んでしまいます。

そこで、今回は水槽につく汚れの種類、お掃除の頻度や方法を紹介します!

水槽の汚れの種類は?

常に水を入れたままになる水槽。自分で入れ替える必要があるので、定期的にお掃除をする必要があります。

カビやらコケやらがあるままだと、育てている魚たちに悪影響をおよぼします。僕は昔、カニの水槽をほっといて……

水槽をしっかり掃除するため、汚れの種類を知っておきましょう!命は尊いのです……。

水が緑色になる汚れ

ヘドロ状や膜状になっているコケこそが藍藻(ランソウ)です。シアノバクテリア(藍色細菌)とも呼ばれ、実は植物ではなく細菌の一種です。濃い緑色をしていて、水槽や水草を覆いつくしてしまいます。

藍藻は、成長スピードが速く、臭い毒素を発生させる厄介なコケです。
気がつけば水槽の中が藍藻だらけ、ということも多々あります。放置すればするほど掃除が大変になっていきます。

また藍藻が繁殖したままでは、金魚・熱帯魚に悪影響が及びます。熱帯魚のような生き物は水に敏感なことがあるので、少しでも環境が悪くなれば死んでしまいます。

水の流れが悪いことや生態系のバランスが悪いことが原因でしょう。見つけたらそのままにせず、早めにお掃除をしましょう。

 

水槽の壁に張りつく汚れ

水槽のガラスに付着する汚れは、コケの一種で茶ゴケ・珪藻(ケイソウ)と呼ばれます。水槽を買ったばかりの水質が不安定な頃に、表面に付いた汚れをエサに発生しやすいコケです。ですが、他の植物が中にいれば時間がたつとほとんど発生しなくなります

原因は色々ありますが、主に生態系が不安定なことが原因になっています。

最初の時期を過ぎてからまた発生した場合は、生物のフンから出る物質に集まって茶ゴケが生まれています。植物プランクトンがいれば茶ゴケも生まれないので、日光に当てれば自然と消えるでしょう。

 

細長い汚れ

細長い糸になっているのが特徴的なのは糸状藻(しじょうそう)です。
糸状藻の形状は育てている生物や水槽によってさまざまです。

ところ構わず引っ付きまくるので、取り除くには時間がかかる上、完全に取り除くことができません。特に、水草に付着した時はなかなか取ることができません。

水の中ではまず無理。そういう時は、水草を丸ごと水槽から取り除くことになります。

こいつの問題点は、水槽の生態系が整っていても発生する、という所。ふざけるなと。

ということで言わせて頂きましょう。防止は諦めて、と。

 

お掃除する頻度は?

金魚や熱帯魚にとって環境の変化も大きなストレスになります。そのため、水槽が汚れていてもいけませんが、お掃除しすぎるのもかえってよくないのです。

水槽のお掃除には、主に、コケ・砂利・ろ過槽のお掃除と水替えの作業があります。
それぞれを一気に行うのではなく、短くても1週間ほど、通常だいたい2週間から1ヵ月ほど空けて別々にお掃除をするとよいです。期間を空けることで、環境の変化を最小限に抑えることができます。

とはいえ、なるべくコケが繁殖しないように、また水質が汚くならないように工夫をしていくことが重要です。
次の3つを日頃から気をつけておきましょう。

・照明時間を長くしすぎない。
・直射日光が当たらないところに水槽を置く。
・水槽に水や魚、水草、エサを入れすぎない。

栄養が増えすぎてもコケが増えるってのがなんとも面倒ですね。
しかし、常にキレイな水槽を維持することは、大切な金魚や熱帯魚のためになりますよ!

水槽を掃除するときの注意点

それでは水槽掃除をしていくのですが、先程お話したように「命は尊い」のです。

トイレや床の掃除とは違い、水槽はお魚達のお家ですよね。
いくつかのポイントを間違えると、大変なことになってしまうのです…!

水槽掃除を始める前に、注意すべきポイントを知っておきましょう!

換水のタイミングを意識する

水槽の水は、どれくらいの頻度で入れ替えていますか?

水が濁ってきたら、ゴミが浮いてきたらなど、人によって様々かもしれません。

しかし、水槽内は私たちの想像以上に汚れていくんです!

例えばエサですね。
食べ残しとなったエサは水を吸って沈み、砂利の中など水槽の底に沈んでいます。

また、魚の体液なんかも原因ですよ!
目には見えませんが、お魚はフン以外にも尿や体液を出しているのです。

交換の目安としては、2週間に1回程度になりますが、換水のタイミングは、まず意識したいポイントになりますね。

魚は水槽にいれたままが理想

キレイな水槽を保つための掃除だけれど、お魚がいてはやりずらい
バケツに移してから、掃除をしているなんて方は多いのでは?

しかし、考えてみてください。

お魚にとって、掃除の度に移し替えられるのはストレスになります!
さらには移動のとき、身体を傷つけてしまうかもしれませんよね。

そして何より…正直言ってめんどくさいです!!

そこで、ここは思い切って、お魚を水槽に入れたまま掃除をしてみましょう!

水槽掃除用のスポンジを使って、そのまま内側をゴシゴシするだけです。
ストレスを与えないように、やさしく掃除することが大切です。

日常的にやっていれば、お魚も慣れてくるそうですよ。
汚れた水も、換水をすればキレイになっていくので問題ありません。

水は全部は入れ替えない

水の入れ替えは、お魚を飼ううえで避けては通れない道ですね。

時間をかけて、水をまるまる交換したなんて経験ありませんか?

でも実は、水槽内の水は全部入れ替える必要はないのです!

お魚にとって重要なのは、水に適応していること。
酸性アルカリ性を示すpHの値が大切なのです。

すべて新しい水に換えられてしまうと、確かにキレイにはなりますがお魚は大変です。

ですので、負担を減らすためにも1/3程度の換水が理想になります!
人と同じように、住み慣れたモノの方がよいのです。

コケのお掃除の方法

まずは、コケのお掃除を楽にするアイテムお掃除の方法を紹介していきます。

コケの掃除とひとくちに言っても、ガラス面や石・装飾品などコケがつく場所は様々あります。それぞれ場所によって、コケの掃除方法が違います。
そこで、ガラス面と石・装飾品に分けて紹介します!

もしコケのたまり具合がひどい時には、汚れが魚にとってストレスになってしまうこともあるので、バケツなどに移してあげるのも手です!

コケのお掃除におすすめのアイテム

コケのお掃除を楽にするアイテムを2つ紹介します。

・かき取るタイプ

コーナー・ガラス・パイプと場所ごとに分けて、コケを取ることができます。気持ち良いくらいにコケを除去することができるので、ぜひ普段のお手入れに試してみてください。さっと潜らせれば取れますので。

 

・設置するタイプ
あまりにコケが多い場合には、こちらも使ってみてください。

魚類に影響がない薬品です。コケが栄養とするアンモニアを減らすので、コケが大量に発生するのを抑制してくれます。

 

ガラス面のコケの取り方

ガラス面のコケに最初に気づくのではないでしょうか?
中は見せないぞとばかりに自己主張する正面のガラスはもちろん、コケで汚れたガラスの全面をお掃除しましょう。

ただし、ガラス面についている汚れの中には水質を綺麗にしてくれるプランクトンが含まれていることもあります。鑑賞するときに見た目が気にならない程度に汚れが落とせていれば十分です。

先ほど紹介したようなスクレーパーでかき取っていきましょう。こびりついてしまったコケにはおすすめです。
その他にもシートタイプやメラミンスポンジタイプのお掃除アイテムもあり、コケを拭き取っていくという方法もあります。

お家の水槽の汚れ具合に合わせて、いくつかのアイテムを試してみてください。

 

石や装飾品のコケの取り方

石や装飾品を水槽内でのレイアウトを崩さないように掃除するには、動かさずにその場所でブラシで磨くしかありません。しかし、それでは頑固なコケを落とすことはできません。

細かなところまで磨けるマーナ 掃除の達人すみっこブラシ 「掃除の達人」をオススメします。

水槽用のグッズではありませんが、角度のついたVカットブラシが特徴的な商品です。汚れをしっかり落としたい時には、水槽から取り出して、ゴシゴシこすり洗いしましょう。歯ブラシなんかを使ってもいいと思います。

砂利・ろ過槽のお掃除方法

白い石の粒の上の巻貝

それでは続いて、砂利のお掃除を楽にするアイテムお掃除の方法ろ過槽のお掃除の方法を紹介していきます。

砂利、ろ過槽のお掃除の時にも、先にお魚をバケツに移して下さいね。

砂利のお掃除におすすめのアイテム

まずは、砂利のお掃除を楽にするアイテムを紹介します。

おすすめの商品

砂利はそのままで、水替えをすることや金魚や熱帯魚の排泄物を取り除くことができます。要するにデカいスポイトってことです。

 

砂利のお掃除の方法

砂利は、汚れているのが見えづらいため、ついついお掃除するのを先延ばしにしてしまうことがありますよね。表面に汚れが目立ってきてからお掃除を始める方も多いと思います。

砂利の表面は、水槽に生息する生き物がキレイにしてくれている事があります。もちろん、何を飼っているかによりますよ? じゃあ一体、砂利の中の方はどうなるのかというと、フンや残ったエサなどがだんだん入り込んでいくのです。…こわいこわい。砂利の奥に溜まった汚れは水に溶け出し、水自体を汚してしまいます。というわけで、砂利の中をお掃除することが大切なのです。

水を替えずに掃除をする時には、先ほど紹介した専用のアイテムを使って、砂利の中の汚れを吸い取っていきましょう

水替えと同時に掃除をする場合は、ボウルに砂利を移して水槽の水を使って洗いましょう。水道水ではなく水槽の水を使うことで、砂利を水槽に戻したときに環境の変化を少なくすることができます。

 

ろ過槽の掃除について

ろ過槽が詰まると、ろ過能力が落ちてコケの発生が早くなってしまいます。水質が安定しない場合などは、ろ過器を中心にもう一度、水槽の状況を見直してみてください。大きめのろ過器を買うことも検討してみてはいかがでしょう。

ろ過装置にも、水槽の環境を良くしてくれる生物がいます。そのため、ろ過装置を掃除するときにも水槽の水を使うといいです。フィルターの目に詰まった汚れを取り、容器に移した水槽の水ですすぐくらいで十分です。

ろ過槽をお掃除している間は、フィルターの電源を切らなければいけません。そのため、あまり時間をかけることなくサッと掃除を終わらせることが大切です!

 

水替えの方法

紅葉が沈んだ石の器に注ぎ込むししおどし

わたしたち人間にとって「空気」が大事なのと同じで、魚にとっては「水」がとっても大切なんです。

水槽のサイズや魚の量、ろ過器の大きさなど、水の汚れ方によって頻度が大きく変わりますが、一般的には「2~3週間」に一度、「約3分の1程度」の水を交換しましょう。

魚は環境変化が大きいと、ショックで病気になったり、死んでしまったりします。ですので、水の交換もこの頻度と量を守って行なってください。

用意するもの
・新しい水を溜める容器
・水をすくうカップ または 水を吸い取るホース(水作プロホースなど)
・カルキ抜き剤・ヒーター

水道水は、魚や水草にとって有害な塩素が含まれています。この中和剤などのカルキ抜き剤を使用して、熱帯魚にとって有害な物質を除去しましょう。

水を交換した際に、水温があまりに変わると魚にとって好ましくありません。ショックで寿命が縮まるのを防ぐために、こういったヒーターを使って水温を一定に保ってください。

手順
1
電流を断つ

全ての機材の電源をOFFにするか、コンセントを抜きます。

 

2
水を抜く

カップで水をくみ取るか、ホースを使って砂利を掃除しながら、水槽全体の1/3ほどの水を抜いていきます。

 

3
新しい水を作って、入れる

抜いた水は捨て、ヒーターを使って水槽の温度に合わせた水道水を用意します。カルキ剤をでカルキ抜きをして、塩素を中和してから水槽に入れていきます。

 

4
機材を戻す

水替えが終わったら、機材を一つ一つ確認しながら電源を入れ、終了です。

まとめ

水槽の掃除はいかがだったでしたか?

魚が健康に生きて行くためには、定期的なメンテナンスが必要ということがご理解いただけたかと思います。面倒くさがらずに、手順をきっちり守って、道具をしっかり揃えて掃除を行なってください。

また、水槽の中だけでなく、周辺の手入れも必要になってきます。熱帯魚の場合は、ろ過器・照明・ヒーターなども使うと思いますが、そのコンセントの掃除もしてください。掃除を怠っていると、ショートしてしまうかもしれませんよ!

関連記事

NEWイヤホン掃除は定期的に!汚れをとる道具が歯磨きの時と同じなんて…

  通勤や通学中に「イヤホン」を装着して、音楽を聴いている方って多いですよね。 習慣的に利用しているイヤホンですが、掃除ってやっていますか? イヤホンの装着部分をよく見てみると、実は汚れがぎっしりと詰まっている […]

アルカリ性洗剤は酸性の汚れに効く!油汚れやカビを効率よくお掃除!

  あーまたお風呂にカビができた…。 そんな時は、とりあえずカビキラー! …。そんな使い方をしている方、結構多いと思います。 そんなあなたは裏面を見てください。「アルカリ性」と書いてあるはずです。 今まで何とな […]

加湿器の掃除はクエン酸か台所用洗剤につけおきで水垢・カビを落とす

乾燥する今の時期に欠かせないのが、加湿器。 乾燥肌で悩む人にとっては、一年中必要なアイテムですよね。 そんな私たちにとって非常に身近な加湿器ですが、普段から意識してお手入れをしている人は少ないのではないでしょうか? 実は […]

カラーボックスにカビが生える原因とは?お掃除方法と防止策もご紹介

  「カラーボックスに緑色の汚れが…。」 「カラーボックスがなんだか黒ずんでいる…。」 と、お悩みの皆さん。 もしかしたらその汚れ、カビかもしれません! カビは放置しておくと、どんどん繁殖していきます。 早いう […]

ランキング

エアコンの臭いはホコリ・カビ・雑菌!全てを除去するお掃除方法とは

久しぶりにエアコンをつけてみたら、もわっとした臭い風が部屋いっぱいに広がった。 という経験はありますか? 本当に気分が悪いですよね。そのニオイ、今すぐ取り除きましょう! 実はエアコンのニオイの原因とニオイを取り除くたった […]

エアコンの水漏れの原因は7つ!ドレンホースのお掃除で8割は解決!

エアコンをつけてみたら、え?エアコンが泣いている? いや、違う!ポタポタと水漏れが!そんな経験はありますか? 編集部では、20~50代の女性100人に「エアコンの水漏れを経験したことがありますか?」と聞いてみました。 4 […]

リーガル靴修理|ソール・かかと・つま先ビフォーアフターが完全集結

  日本を代表する靴ブランドであるリーガル。 100年以上にも渡りグッドイヤー・ウェルト製法を貫き、日本人の足にフィットするものをと、木型からこだわっています。 ビジネスシーンの足元の定番ではないかと思うくらい […]

ルイヴィトンバッグ・財布修理|レザー、内袋、取手リペア事例が集結

  ショルダーベルトが切れてしまった。 ファスナーが壊れた。 シミがついてしまった。 そんなブランド品はありませんか? 切れた部分やシミは、修理の職人さんの技術で、元の姿に戻すことができます。 その仕上がりは、 […]

布団は部屋干しでもふかふかに!週に1回干すだけで快眠が手に入る!

  干したばかりの布団って気持ちいいですよね。 じめっと重かった布団も、日光に当てて干すとカラッと軽くなります。 毎日あんな布団で寝られたらいいのにと思いますが、実際は天気に左右されたり、花粉が気になったりして […]

革靴のオールソール交換!靴底の張り替えの匠の技で厚み・美しさ倍増

  靴の、底。 履いているうちに、必ず削れてきてしまう部分ですね。 擦り切れて穴が開いてしまった…… 削れ過ぎて、見た目が悪くなってしまった…… など、靴底の状態が悪くなってしまった靴は、ありませんか? そんな […]

洗濯機はお掃除クリーナーでカビ取り!月イチ槽洗浄でキレイを保とう

洗濯機から出した洗濯物に、なんだか黒いぴろぴろしたものがついている……! なんてことありませんか? それ、ワカメではありません。洗濯機の洗濯槽についてしまった、カビです。 カビがついた洗濯槽でお洗濯をしていると思うと、ぞ […]

グッチのバッグ・財布・靴修理|レザー、内袋、取手リペア事例が集結

  とっても大切な、グッチのバッグや財布、靴。 どれだけ丁寧に扱っていても、壊れてしまうことってありますよね。 長く使っていると素材が変質したり、穴があいてしまったり…。 自分で修理しようとすると、せっかくのデ […]

風呂釜掃除はつけおきで簡単!プロの洗浄は専用機械で汚れがゴッソリ

湯船に浸かって、1日の疲れを癒す。 お風呂の時間は、最高のリラックスタイムですよね。 そんな、つかの間の休息を演出してくれるのがそう、風呂釜。 意外と知られていないですが、お掃除していない風呂釜には汚れがたまっています。 […]

エアコン掃除を自分で行う方法を解説!内部のカビはプロが徹底除去!

夏が始まり、エアコンをつけると…カビ臭い。 臭いだけでなく、カビを含んだ空気を吸って健康に悪影響が出てしまうのは嫌ですよね。 そこで必要なのは、エアコンのお掃除! エアコンを分解し、カビやホコリを取り除くことで、空気を綺 […]

エアコンの臭いはホコリ・カビ・雑菌!全てを除去するお掃除方法とは

久しぶりにエアコンをつけてみたら、もわっとした臭い風が部屋いっぱいに広がった。 という経験はありますか? 本当に気分が悪いですよね。そのニオイ、今すぐ取り除きましょう! 実はエアコンのニオイの原因とニオイを取り除くたった […]

エアコンの水漏れの原因は7つ!ドレンホースのお掃除で8割は解決!

エアコンをつけてみたら、え?エアコンが泣いている? いや、違う!ポタポタと水漏れが!そんな経験はありますか? 編集部では、20~50代の女性100人に「エアコンの水漏れを経験したことがありますか?」と聞いてみました。 4 […]

洗濯機はお掃除クリーナーでカビ取り!月イチ槽洗浄でキレイを保とう

洗濯機から出した洗濯物に、なんだか黒いぴろぴろしたものがついている……! なんてことありませんか? それ、ワカメではありません。洗濯機の洗濯槽についてしまった、カビです。 カビがついた洗濯槽でお洗濯をしていると思うと、ぞ […]

風呂釜掃除はつけおきで簡単!プロの洗浄は専用機械で汚れがゴッソリ

湯船に浸かって、1日の疲れを癒す。 お風呂の時間は、最高のリラックスタイムですよね。 そんな、つかの間の休息を演出してくれるのがそう、風呂釜。 意外と知られていないですが、お掃除していない風呂釜には汚れがたまっています。 […]

エアコン掃除を自分で行う方法を解説!内部のカビはプロが徹底除去!

夏が始まり、エアコンをつけると…カビ臭い。 臭いだけでなく、カビを含んだ空気を吸って健康に悪影響が出てしまうのは嫌ですよね。 そこで必要なのは、エアコンのお掃除! エアコンを分解し、カビやホコリを取り除くことで、空気を綺 […]

お風呂の鏡のお掃除はどうしよう?なにしよう?「新聞使用」が正解!

毎日使うお風呂。 毎日見るお風呂の鏡。 あなたのお家のお風呂の鏡、自分の姿がはっきり写りますか? 湯気で覆われているように白くくもっていませんか? ここで編集部が20代〜60代の女性100人に行なったアンケートを見てみま […]

洗濯機の排水口掃除はパイプユニッシュor重曹!臭いや詰まりも改善

洗濯機の排水口から何か嫌な臭いが漂ってくる…。 洗濯機が脱水中に止まってしまったり、エラー表示が出たりする…。 あなたのお家の洗濯機のそんなトラブル、もしかしたら洗濯機の排水口のせいかもしれません。 長期間、洗濯機を使い […]

お風呂の排水口・排水パイプの掃除方法!臭いと詰まりをどちらも解消

  お風呂ので一番汚れが気になるところといっても過言ではない、排水口。 お風呂中のお湯が流れ着く場所です。お湯に流されて、汚れもたっぷりたまります。 排水口の汚れが原因で、お風呂中に嫌な臭いが漂ったり、排水パイ […]

キッチンの排水口のお掃除には重曹とお酢でつまりはもう詰まらない!

排水口のぬめり…… 排水口からの臭い…… 排水口の詰まり…… 毎日キッチンを使っていると、こんな問題が生じることがよくあります。 キッチンは朝昼晩と使うものなので、排水口の掃除までなかなか手が回らないですよね。 では、い […]

お風呂の頑固なカビには片栗粉×漂白剤!プロおすすめ予防法もご紹介

スポンジでゴシゴシしても落ちない…。 落としたつもりでも何日かたつと復活している…。 このように、お風呂のカビで悩んだことはありますか? ここで編集部が20代〜60代の女性100人に行なったアンケートを見てみましょう。 […]

布団は部屋干しでもふかふかに!週に1回干すだけで快眠が手に入る!

  干したばかりの布団って気持ちいいですよね。 じめっと重かった布団も、日光に当てて干すとカラッと軽くなります。 毎日あんな布団で寝られたらいいのにと思いますが、実際は天気に左右されたり、花粉が気になったりして […]

ワイシャツの黄ばみを落とす最強の漂白剤の使い方!予防すれば完璧◎

いつの間にかワイシャツが黄ばんでいた経験、ありませんか?特に、襟や脇、袖は黄ばみやすい部分です。 実は、毎日ちゃんとお洗濯しているだけでは、黄ばみを予防することはできないのです。 黄ばんだワイシャツでは、第一印象も悪くな […]

油汚れの染み抜きには「クレンジングオイル」が一番効果的なんです!

「揚げ物を作っていたら、油が服に飛んでしまった…。」 「子供がオムライスを食べていて、服にケチャップをつけてしまった…。」 など、日常的に服に油のシミがついてしまうシーンってありますよね。 でも、みなさんは知っていますか […]

白いスニーカーの汚れを7つのアイテムで真っ白に!お酢が決め手です

白は汚れる! まあ常識ですよね。 ちょっと擦っただけでも灰色が付きますもん。 僕も一時期まっ白なスニーカーで生活してたんですがね、まあすぐ汚して怒られましたとも。   ということで今回は白スニーカー。 汚れが目 […]

【8割の人が知らない!】靴を自宅の洗濯機で洗う正しい方法を解説

会社が学校から帰る途中に、突然のゲリラ豪雨。 息を切らしながら走って帰ったけど、泥が跳ねて靴が汚れちゃった…。そんなこともありますよね。 そんなとき汚れてしまった靴をどうしていますか? え?そのまま? そんな […]

油性ペンの汚れに4通りの落とし方。油には油を!不安ならみかん!

新学期。新しい教科書に名前を書く時に、大活躍の油性ペン。 にじまず、書く材質を選ばないのが特徴。そのため、水で濡れやすいキッチン周りにも使えますし、学生から主婦の方にも愛用されているはず。 そんな油性ペンの1番の特徴は「 […]

羽毛布団を洗濯機で洗う方法|コインランドリーやクリーニングと比較

  寒くなってくると毎年押し入れから引っ張り出してくる羽毛布団。ふかふかのお布団にはついつい顔をうずめたくなりますよね…って、あれ。 なんか、臭い。前よりボリューム感がないかも。 なんてショックを受けてる方に質 […]

色移りの落とし方は50℃のお湯で洗剤2倍!本当に正しい情報大公開

あああ!しまった。 洗濯機の蓋を開けてみたら、中が大惨事になっていた。 こんな経験はありませんか? そう、色移り。 お気に入りの服に色が移っていた時なんか、とてもショックですよね。 普段は気をつけていても、ちょっと気を抜 […]

帽子・キャップの型崩れしない洗い方!他とはかぶらない方法で伝授!

帽子って、知らず知らずのうちに汚れや臭いがひどくなってしまいますよね。 特に夏の汗をかく時期。 でも、帽子を自宅で洗うって、あんまりピンとこないかもしれません。 しかし、ここでは帽子・キャップを自宅で型崩れの心配なく洗う […]

羽毛布団の洗濯はコインランドリーがおすすめ!乾燥時の注意点も解説

  軽くて、柔らかくて、暖かい。 と、良いこと尽くしの羽毛布団は、寒い季節には手放せない寝具の1つ。 でも、なんだか最近、ふんわり感がなくなったような…。 それに、前よりも暖かくないかもしれない…。 なんて感じ […]

リーガル靴修理|ソール・かかと・つま先ビフォーアフターが完全集結

  日本を代表する靴ブランドであるリーガル。 100年以上にも渡りグッドイヤー・ウェルト製法を貫き、日本人の足にフィットするものをと、木型からこだわっています。 ビジネスシーンの足元の定番ではないかと思うくらい […]

ルイヴィトンバッグ・財布修理|レザー、内袋、取手リペア事例が集結

  ショルダーベルトが切れてしまった。 ファスナーが壊れた。 シミがついてしまった。 そんなブランド品はありませんか? 切れた部分やシミは、修理の職人さんの技術で、元の姿に戻すことができます。 その仕上がりは、 […]

革靴のオールソール交換!靴底の張り替えの匠の技で厚み・美しさ倍増

  靴の、底。 履いているうちに、必ず削れてきてしまう部分ですね。 擦り切れて穴が開いてしまった…… 削れ過ぎて、見た目が悪くなってしまった…… など、靴底の状態が悪くなってしまった靴は、ありませんか? そんな […]

グッチのバッグ・財布・靴修理|レザー、内袋、取手リペア事例が集結

  とっても大切な、グッチのバッグや財布、靴。 どれだけ丁寧に扱っていても、壊れてしまうことってありますよね。 長く使っていると素材が変質したり、穴があいてしまったり…。 自分で修理しようとすると、せっかくのデ […]

ファスナー・チャックの直し方を解説!5つの不具合もこれで全て解決

急いでファスナーを閉めたら動かなくなった……なんて経験、あるんじゃないですか? 『ガチっ』なんて音を出した後、うんともすんとも言わなくなることが結構あるんですよねぇ。 さて、こういうファスナーの故障ですが、大抵は曲がって […]

裾上げのやり方をズボンの種類別に解説!丈を決めるポイントも伝授!

もうちょっと裾が短かったら、このズボンは完璧なのになあ。 そんなお悩みはありませんか? そんなときに便利なのが「裾上げ」。 でも洋服屋さんで頼むと時間がかかってしまいます。取りに行くのも面倒臭いですよね。 だから、自分で […]

靴の臭いがたったの100円で消せるのならば試さずにはいられない話

どうも、隙あらば靴を脱ぐのであんまり足の臭いに困らない僕です。 たまに遠出すると脱げなくて大変なことになるんですけどねー。 さて、足の臭いってかなり気になりますよね。 しかも、どれだけ足を洗ったところで臭いが出るのは止め […]

スエードの靴の汚れの正しい洗い方とは?普段のお手入れ方法も解説

スエードの靴、あの独特の質感が素敵ですよね。なんだか温かみを感じる、良い生地だと思います。 でも一つ問題が…… 汚れが付きやすいんですよね。水に濡れればシミになり、使っているとテカテカしてきます。 しかも、スエードってお […]

靴磨きのコツを大公開!職人だけが知る革靴のお手入れ方法を徹底取材

お洒落は足元から、なんてよく言いますよね。 一生、大切にしたいと思っている革靴を、お持ちの方も多いはず。 ですが、せっかくの素敵な革靴も、お手入れができていなかったら台無しです。 よい革靴は、きちんと靴磨きをして、いつで […]

サビ落としはブラシ&サビ取り剤が最強!こすらず磨いて楽々完全除去

身の周りを見渡してみたら、色んなところでサビを発見してしまった…なんて経験、ありませんか? 例えば家の中に置いてあるスタンドラックにも発生するし、外に置いておいた自転車にもサビはつきやすいもの。 見た目はあまりきれいとは […]

おすすめ特集