自転車の空気の入れ方はバルブに合わせて!英式・仏式それぞれ解説!

■タイヤの空気圧は、硬さ・側面・接地面の3つをチェック!
■ママチャリは英式、スポーツバイクは仏式バルブ用の空気入れを使用
■月に1度は自転車用オイルでメンテナンスを!拭き掃除は乗るたびに

ダリカ

更新日:2018年10月12日

自転車のタイヤの空気っていつの間にか減っていませんか?

その度にわざわざ自転車屋さんに行っている、なんて人もたくさんいると思います。
通勤、通学で自転車を使っている人にとっては、それってちょっと面倒ですよね。

「自分で空気入れてるよ!」って人も、そのやり方、もしかしたら間違ってるかも……?

今回の内容を読めば、本当に正しい自転車の空気の入れ方がわかります!
さらにお気に入りの自転車を長く使うための、とても大切なメンテナンスの方法も伝授。
お気に入りの自転車をもっと使いたくなるはずです♪

タイヤの空気圧には、3つのチェックポイント

そもそも、空気圧ってどうやってチェックするのでしょう?
ここで、空気圧がしっかり入っているか確かめる時の、3つのチェックポイントを紹介しますね!

・硬さ
・側面
・接地面

 

硬さ
テニスボール程度の硬さがあるかどうか

側面
少し強めに押した時、少し凹むくらいになっているかどうか

接地面
乗った時に地面とタイヤが接している部分が10cm程度になっているかどうか

 

この3ポイントを週1でチェックしましょう。
そんなにしょっちゅう乗らないっていう人は、もっと少ない頻度でも大丈夫です。

冒頭にも書きましたが、自転車の空気って知らない間になくなっていて、気付いたら柔らかくなってた!ってこともありますよね。
となると、気づくまでタイヤの空気が抜けっぱなし、なんてことになってしまい、パンクなどにつながる恐れがあります。

危ないですね。
そのため、定期的なチェックが必要なんですよ!

 

自転車のタイヤについているバルブの種類を知ろう

自転車のタイヤについている突起、バルブ。
空気を入れるための、空気口ですね。

自転車には、ママチャリやスポーツバイクなど、さまざまなタイプがあります。
そのバルブによって、それぞれ使える空気入れの種類も違うのです。

バルブは主に

・英式
・仏式
・米式

の3種類。

ここで自分がどのバルブの自転車に乗っているのか、上の写真を見ながら確認してみましょう。

英式バルブ

英式バルブはママチャリに使われることが多いバルブです。
おそらく日本人にいちばん馴染みのある形のバルブでしょう。

空気圧の調整が大変、という特徴があるため、スポーツバイクには使われません。

 

仏式バルブ

仏式バルブは空気圧を測ることができます。
そのため、ロードバイクなどのスポーツバイクに多く使われます。

形は3種類の中で、最も細いものになります。

 

米式バルブ

米式バルブは本体が折れにくいという特徴を持っています。
車やオートバイにも使われているバルブで、ガソリンスタンドでも空気を入れてもらうことができます。

でも、3種類のバルブの中で一番マイナーなのが、米式バルブ。
あまり見かけないかもしれませんね。

 

主に私たちが使っているのは、英式バルブ仏式バルブの自転車です。

ママチャリは英式バルブで、スポーツバイク専用の空気入れは使えません
反対に、スポーツバイクは仏式バルブで、ママチャリ専用の空気入れは使えないので、注意しましょう。

同じように、米式バルブも専用のものでないと空気が入りません。

でも、すべてのバルブに対応している空気入れもあるようなので、いろいろなタイプの自転車を持っている方は、そのような空気入れを購入するのが良いかもしれませんね!

 

自転車の空気の入れ方

いよいよ空気の入れ方を紹介します。

米式バルブも自分で空気を入れることができます。
ただ、米式バルブの自転車を日本で見かけることは滅多にありません。
そこで、今回は他の2種類、英式・仏式バルブの自転車の空気の入れ方を伝授します。

ママチャリに多い英式バルブ、スポーツバイクに多い仏式バルブ。
バルブの種類によって、空気の入れ方が少し異なるので、分けて紹介しますね!

ママチャリの場合(英式バルブ)

さて、最初はママチャリに多い、英式バルブからです。

用意するもの

・英式バルブ対応の空気入れ(英式クリップの付いたもの)
英式バルブの自転車に空気を入れる場合は、大きな洗濯バサミのようなクリップがついた空気入れを使います。

おすすめの英式バルブ対応の空気入れ↓↓↓

とても軽いと評判のこちらの空気入れなら、女性でも簡単に扱えます。軽量な上、しっかりと圧力をかけることができ、ちゃんと空気を入れることができます。また、ボールの空気入れとしても使えます。それでこのお値段。コスパ良いですね!

   手 順  

1. クリップのニップル部分を口金に押し込み、ロックする
空気入れのクリップには、ニップル部分という飛び出しているところがあります。
それを口金に押し込み、レバーを倒し(ものによっては起こし)、ロックします。
これで空気入れの準備は完了です。

 

2. タイヤのバルブキャップを外し、クリップで挟み込む
タイヤのバルブについているキャップを外して、空気入れのクリップで挟み込みます。
このとき、クリップは90°になるようにしましょう。

注意
バルブキャップのすぐ下に「袋ナット」と呼ばれる部分があります。回せますが、緩めてはいけません!空気が漏れてしまいます。

 

3. 上下にレバーを動かし、空気を入れる
空気入れのレバーを上下に動かして、空気を入れていきます。
レバーは下までしっかり下ろして、空気を入れましょう。

 

スポーツバイクの場合(仏式バルブ)

次は、ちょっと細長い形状の仏式バルブ。スポーツバイクに多いタイプですね。

用意するもの

・仏式バルブ対応の空気入れ

おすすめの仏式バルブ対応の空気入れ↓↓↓


こちらの空気入れは米、英、仏のすべてのバルブのタイプに対応しているので、いろいろなタイプの自転車を持っている方にはとても便利ですね。しかも軽くて持ち運びも簡単。お値段もお求めやすく、自転車好きにはぴったりの空気入れです。

 

   手 順  

1. バルブの先端のキャップを取る

タイヤから飛び出ている突起がバルブです。
先端に黒い帽子みたいなのがありますね。これがキャップです。

 

まず最初に、このキャップを外しましょう。

 

2. バルブの先端を反時計に回し、ネジを緩める

キャップを外すとこんな感じになります。
外して見えるようになった、ちょっと出っ張ったところが「ボルブ」という部分です。

 

「ボルブ」を、写真のように反時計回りに回して、ネジを緩めます。
この手順を忘れてしまうと、いつまでたっても空気が入りません。

でもずっと緩めていると、外れます。
外れても空気を入れることはできますが、ネジは小さいので、無くさないように気をつけてくださいね!

 

3. バルブの先端をワンプッシュ

バルブの先端をぐいっと押し込むことで空気が抜け、空気が入りやすくなります。
この時、プシューッという音がします。最初はちょっとびっくりするかもしれません。

 

4. バルブにポンプの口金を押し込み、ロックする

ポンプの口金を、実際に押し込みます。
曲がりやすくなっているので、まっすぐ押し込むように気をつけましょう。

 

5. タイヤの側面の「適正空気圧」「最大空気圧」を目安に空気を入れていく

こちらのメモリが付いている丸いものが、空気圧を図ることができるメーターです。
仏式バルブの自転車の場合は、こういうメーターが付いています。

それを見ながら、タイヤ側面に表示してある「適正空気圧」「最大空気圧」を目安に空気を入れます。

今回、空気を入れた自転車のタイヤの場合は、上の写真の赤線が引いてある部分に書いてありました。
適正空気圧を確認したら、空気を入れていきます。

今回は、「80〜110PSI」が適正空気圧だったので、メモリがこの数値内になったら、空気入れ完了!

 

メンテナンスも忘れずに

自転車は常に外に置いてあるもの。
だからこそ、汚れがつきやすいですよね!
汚れは劣化にもつながってしまいます。

空気を入れてメンテナンスもきちんとしてあげれば、最高に気持ちのよいサイクリングができるはず!!
空気入れついでにお手入れも頑張りましょう。

ここでは、

・自転車用オイルを塗る
・拭き掃除する

の2つの方法を紹介します!

お手入れその1:自転車用オイル

1つ目は自転車用オイルを塗ることです。

自転車を外に置いておくと、どうしても外気や雨にさらされることになり、
油が少なくなってしまいます。

そうなると、動きが悪くなったり、キーンという音がなってしまったり、という問題が発生してしまいます。

それを防ぐために、自分でオイルを塗ってあげます。
頻度は月に一度を心がけましょう!

用意するもの

・自転車用オイル

おすすめの自転車用オイル↓↓↓


こちらのオイル、とっても安く、お財布に優しいのに加え、全く油分がなくならない!と評判の商品です。
雨ざらしにしても油分が落ちないのは安心ですね。これなら自転車が錆びることもなく、毎日楽しいサイクリングができそうです。

・いらない布

   手 順  

自転車オイルを布に適量つけ、塗る
チェーンやワイヤー、鍵、スタンドなどに塗りましょう。

注意
この時、リム(タイヤの内側の輪の部分)やブレーキにオイルを塗ってはいけません!
制動力が悪くなり、ブレーキが効きづらくなってしまいます。

 

お手入れその2:拭き掃除

2つ目は、拭き掃除です。

汚れが自転車についたままになっていると、
ゴムや樹脂のパーツの劣化につながってしまいます。

できるだけ乗るたびに拭いて、お気に入りの自転車を長持ちさせましょう!

用意するもの

・自転車用洗浄液
こちらは台所用洗剤でも代用可能です。わざわざ買わなくても大丈夫。

・いらない布

・ワックス
ワックスも車用のワックスで、代用できますよ。

おすすめの自転車用ワックス↓↓↓


こちらのワックスには布が付いているので、その布にワックスをスプレーして、拭くだけです。とても簡単で気軽に自転車の車体をツルツルピカピカにすることができますよ!こちらを使って、自転車の格好いい光沢を保ちましょう。

   手 順  

1. 洗浄液を使って拭く
自転車用洗浄液を適量いらない布につけ、自転車の車体を綺麗に拭いていきます。

 

2. 洗浄液を拭き取る
1で車体についた洗浄液を拭き取ります。

 

3. ワックスで磨く
洗浄液の次はワックスです。
全体を綺麗に磨いていきましょう。

 

4. 最終チェック
最後に、チェーンが伸びていないか、サビていないか、ブレーキがしっかり効くか、チェックしましょう。
もし何か異常があった場合には、自転車屋さんに持って行って、みてもらうようにしてください。

チェーンの伸び
チェーンを引っ張ってみて、2cm以上浮いたらアウトです。
取り替えましょう。

チェーンのサビ 
走っていて、異音が鳴っているようならサビている証拠です。
サビによって動きが悪くなってしまっています。

ブレーキ
ブレーキを握ってみて、ブレーキとハンドルの隙間の半分~3分の2を握った時点で、しっかりブレーキが効くか、チェックしましょう。

 

まとめ

いかがでしたか?

自転車は通勤・通学で使っている場合、毎日使うものですよね。
その分、みなさん愛着が湧いているのではないでしょうか。

そんな大切な自転車も適切な頻度で空気を入れたり、お手入れもしてあげないと、
すぐボロボロになってしまうかもしれません。

週に1度は空気がしっかり入っているかどうかチェックし、自転車を大切に使っていきましょう!

関連記事

グローブは手入れで差がつく!使用後のオイルでふにゃふにゃ柔らかく

もしかしたら間違っていたかもしれない、グローブのお手入れ方法です! そう、雑な人だと汚れを落としてオシマイ、なんてこともあるみたいですが……革だからって大丈夫なわけが無いのです。   グローブを手入れするための […]

剣道防具のお手入れ総まとめ!面・胴・小手のイヤ〜な臭いを完全除去

剣道=臭い。 本来なら「格好いい!」という言葉が1番に出てきてもいいはずの剣道。 残念ながら「臭い」というイメージの方が勝っている、というのが現実です。 でも、ちょっと仕方ない、なんて思っている方いませんか? だって、面 […]

スパイクのお手入れ【野球・サッカー/人工・天然皮革】を完全網羅!

「スパイク」は、スポーツをやられている方なら誰しもが知っているでしょう! ですが、正しいお手入れ方法まで知っている方はどれくらいいますか? スポーツで役立つあの特徴的な靴底に戸惑っている方もいるようです…が、心配はいりま […]

自転車の空気の入れ方はバルブに合わせて!英式・仏式それぞれ解説!

自転車のタイヤの空気っていつの間にか減っていませんか? その度にわざわざ自転車屋さんに行っている、なんて人もたくさんいると思います。 通勤、通学で自転車を使っている人にとっては、それってちょっと面倒ですよね。 「自分で空 […]

ランキング

エアコンの臭いはホコリ・カビ・雑菌!全てを除去するお掃除方法とは

久しぶりにエアコンをつけてみたら、もわっとした臭い風が部屋いっぱいに広がった。 という経験はありますか? 本当に気分が悪いですよね。そのニオイ、今すぐ取り除きましょう! 実はエアコンのニオイの原因とニオイを取り除くたった […]

エアコンの水漏れの原因は7つ!ドレンホースのお掃除で8割は解決!

エアコンをつけてみたら、え?エアコンが泣いている? いや、違う!ポタポタと水漏れが!そんな経験はありますか? 編集部では、20~50代の女性100人に「エアコンの水漏れを経験したことがありますか?」と聞いてみました。 4 […]

リーガル靴修理|ソール・かかと・つま先ビフォーアフターが完全集結

  日本を代表する靴ブランドであるリーガル。 100年以上にも渡りグッドイヤー・ウェルト製法を貫き、日本人の足にフィットするものをと、木型からこだわっています。 ビジネスシーンの足元の定番ではないかと思うくらい […]

ルイヴィトンバッグ・財布修理|レザー、内袋、取手リペア事例が集結

  ショルダーベルトが切れてしまった。 ファスナーが壊れた。 シミがついてしまった。 そんなブランド品はありませんか? 切れた部分やシミは、修理の職人さんの技術で、元の姿に戻すことができます。 その仕上がりは、 […]

布団は部屋干しでもふかふかに!週に1回干すだけで快眠が手に入る!

  干したばかりの布団って気持ちいいですよね。 じめっと重かった布団も、日光に当てて干すとカラッと軽くなります。 毎日あんな布団で寝られたらいいのにと思いますが、実際は天気に左右されたり、花粉が気になったりして […]

革靴のオールソール交換!靴底の張り替えの匠の技で厚み・美しさ倍増

  靴の、底。 履いているうちに、必ず削れてきてしまう部分ですね。 擦り切れて穴が開いてしまった…… 削れ過ぎて、見た目が悪くなってしまった…… など、靴底の状態が悪くなってしまった靴は、ありませんか? そんな […]

洗濯機はお掃除クリーナーでカビ取り!月イチ槽洗浄でキレイを保とう

洗濯機から出した洗濯物に、なんだか黒いぴろぴろしたものがついている……! なんてことありませんか? それ、ワカメではありません。洗濯機の洗濯槽についてしまった、カビです。 カビがついた洗濯槽でお洗濯をしていると思うと、ぞ […]

グッチのバッグ・財布・靴修理|レザー、内袋、取手リペア事例が集結

  とっても大切な、グッチのバッグや財布、靴。 どれだけ丁寧に扱っていても、壊れてしまうことってありますよね。 長く使っていると素材が変質したり、穴があいてしまったり…。 自分で修理しようとすると、せっかくのデ […]

風呂釜掃除はつけおきで簡単!プロの洗浄は専用機械で汚れがゴッソリ

湯船に浸かって、1日の疲れを癒す。 お風呂の時間は、最高のリラックスタイムですよね。 そんな、つかの間の休息を演出してくれるのがそう、風呂釜。 意外と知られていないですが、お掃除していない風呂釜には汚れがたまっています。 […]

エアコン掃除を自分で行う方法を解説!内部のカビはプロが徹底除去!

夏が始まり、エアコンをつけると…カビ臭い。 臭いだけでなく、カビを含んだ空気を吸って健康に悪影響が出てしまうのは嫌ですよね。 そこで必要なのは、エアコンのお掃除! エアコンを分解し、カビやホコリを取り除くことで、空気を綺 […]

エアコンの臭いはホコリ・カビ・雑菌!全てを除去するお掃除方法とは

久しぶりにエアコンをつけてみたら、もわっとした臭い風が部屋いっぱいに広がった。 という経験はありますか? 本当に気分が悪いですよね。そのニオイ、今すぐ取り除きましょう! 実はエアコンのニオイの原因とニオイを取り除くたった […]

エアコンの水漏れの原因は7つ!ドレンホースのお掃除で8割は解決!

エアコンをつけてみたら、え?エアコンが泣いている? いや、違う!ポタポタと水漏れが!そんな経験はありますか? 編集部では、20~50代の女性100人に「エアコンの水漏れを経験したことがありますか?」と聞いてみました。 4 […]

洗濯機はお掃除クリーナーでカビ取り!月イチ槽洗浄でキレイを保とう

洗濯機から出した洗濯物に、なんだか黒いぴろぴろしたものがついている……! なんてことありませんか? それ、ワカメではありません。洗濯機の洗濯槽についてしまった、カビです。 カビがついた洗濯槽でお洗濯をしていると思うと、ぞ […]

風呂釜掃除はつけおきで簡単!プロの洗浄は専用機械で汚れがゴッソリ

湯船に浸かって、1日の疲れを癒す。 お風呂の時間は、最高のリラックスタイムですよね。 そんな、つかの間の休息を演出してくれるのがそう、風呂釜。 意外と知られていないですが、お掃除していない風呂釜には汚れがたまっています。 […]

エアコン掃除を自分で行う方法を解説!内部のカビはプロが徹底除去!

夏が始まり、エアコンをつけると…カビ臭い。 臭いだけでなく、カビを含んだ空気を吸って健康に悪影響が出てしまうのは嫌ですよね。 そこで必要なのは、エアコンのお掃除! エアコンを分解し、カビやホコリを取り除くことで、空気を綺 […]

お風呂の鏡のお掃除はどうしよう?なにしよう?「新聞使用」が正解!

毎日使うお風呂。 毎日見るお風呂の鏡。 あなたのお家のお風呂の鏡、自分の姿がはっきり写りますか? 湯気で覆われているように白くくもっていませんか? ここで編集部が20代〜60代の女性100人に行なったアンケートを見てみま […]

洗濯機の排水口掃除はパイプユニッシュor重曹!臭いや詰まりも改善

洗濯機の排水口から何か嫌な臭いが漂ってくる…。 洗濯機が脱水中に止まってしまったり、エラー表示が出たりする…。 あなたのお家の洗濯機のそんなトラブル、もしかしたら洗濯機の排水口のせいかもしれません。 長期間、洗濯機を使い […]

お風呂の排水口・排水パイプの掃除方法!臭いと詰まりをどちらも解消

  お風呂ので一番汚れが気になるところといっても過言ではない、排水口。 お風呂中のお湯が流れ着く場所です。お湯に流されて、汚れもたっぷりたまります。 排水口の汚れが原因で、お風呂中に嫌な臭いが漂ったり、排水パイ […]

キッチンの排水口のお掃除には重曹とお酢でつまりはもう詰まらない!

排水口のぬめり…… 排水口からの臭い…… 排水口の詰まり…… 毎日キッチンを使っていると、こんな問題が生じることがよくあります。 キッチンは朝昼晩と使うものなので、排水口の掃除までなかなか手が回らないですよね。 では、い […]

お風呂の頑固なカビには片栗粉×漂白剤!プロおすすめ予防法もご紹介

スポンジでゴシゴシしても落ちない…。 落としたつもりでも何日かたつと復活している…。 このように、お風呂のカビで悩んだことはありますか? ここで編集部が20代〜60代の女性100人に行なったアンケートを見てみましょう。 […]

布団は部屋干しでもふかふかに!週に1回干すだけで快眠が手に入る!

  干したばかりの布団って気持ちいいですよね。 じめっと重かった布団も、日光に当てて干すとカラッと軽くなります。 毎日あんな布団で寝られたらいいのにと思いますが、実際は天気に左右されたり、花粉が気になったりして […]

ワイシャツの黄ばみを落とす最強の漂白剤の使い方!予防すれば完璧◎

いつの間にかワイシャツが黄ばんでいた経験、ありませんか?特に、襟や脇、袖は黄ばみやすい部分です。 実は、毎日ちゃんとお洗濯しているだけでは、黄ばみを予防することはできないのです。 黄ばんだワイシャツでは、第一印象も悪くな […]

油汚れの染み抜きには「クレンジングオイル」が一番効果的なんです!

「揚げ物を作っていたら、油が服に飛んでしまった…。」 「子供がオムライスを食べていて、服にケチャップをつけてしまった…。」 など、日常的に服に油のシミがついてしまうシーンってありますよね。 でも、みなさんは知っていますか […]

白いスニーカーの汚れを7つのアイテムで真っ白に!お酢が決め手です

白は汚れる! まあ常識ですよね。 ちょっと擦っただけでも灰色が付きますもん。 僕も一時期まっ白なスニーカーで生活してたんですがね、まあすぐ汚して怒られましたとも。   ということで今回は白スニーカー。 汚れが目 […]

【8割の人が知らない!】靴を自宅の洗濯機で洗う正しい方法を解説

会社が学校から帰る途中に、突然のゲリラ豪雨。 息を切らしながら走って帰ったけど、泥が跳ねて靴が汚れちゃった…。そんなこともありますよね。 そんなとき汚れてしまった靴をどうしていますか? え?そのまま? そんな […]

油性ペンの汚れに4通りの落とし方。油には油を!不安ならみかん!

新学期。新しい教科書に名前を書く時に、大活躍の油性ペン。 にじまず、書く材質を選ばないのが特徴。そのため、水で濡れやすいキッチン周りにも使えますし、学生から主婦の方にも愛用されているはず。 そんな油性ペンの1番の特徴は「 […]

羽毛布団を洗濯機で洗う方法|コインランドリーやクリーニングと比較

  寒くなってくると毎年押し入れから引っ張り出してくる羽毛布団。ふかふかのお布団にはついつい顔をうずめたくなりますよね…って、あれ。 なんか、臭い。前よりボリューム感がないかも。 なんてショックを受けてる方に質 […]

色移りの落とし方は50℃のお湯で洗剤2倍!本当に正しい情報大公開

あああ!しまった。 洗濯機の蓋を開けてみたら、中が大惨事になっていた。 こんな経験はありませんか? そう、色移り。 お気に入りの服に色が移っていた時なんか、とてもショックですよね。 普段は気をつけていても、ちょっと気を抜 […]

帽子・キャップの型崩れしない洗い方!他とはかぶらない方法で伝授!

帽子って、知らず知らずのうちに汚れや臭いがひどくなってしまいますよね。 特に夏の汗をかく時期。 でも、帽子を自宅で洗うって、あんまりピンとこないかもしれません。 しかし、ここでは帽子・キャップを自宅で型崩れの心配なく洗う […]

羽毛布団の洗濯はコインランドリーがおすすめ!乾燥時の注意点も解説

  軽くて、柔らかくて、暖かい。 と、良いこと尽くしの羽毛布団は、寒い季節には手放せない寝具の1つ。 でも、なんだか最近、ふんわり感がなくなったような…。 それに、前よりも暖かくないかもしれない…。 なんて感じ […]

リーガル靴修理|ソール・かかと・つま先ビフォーアフターが完全集結

  日本を代表する靴ブランドであるリーガル。 100年以上にも渡りグッドイヤー・ウェルト製法を貫き、日本人の足にフィットするものをと、木型からこだわっています。 ビジネスシーンの足元の定番ではないかと思うくらい […]

ルイヴィトンバッグ・財布修理|レザー、内袋、取手リペア事例が集結

  ショルダーベルトが切れてしまった。 ファスナーが壊れた。 シミがついてしまった。 そんなブランド品はありませんか? 切れた部分やシミは、修理の職人さんの技術で、元の姿に戻すことができます。 その仕上がりは、 […]

革靴のオールソール交換!靴底の張り替えの匠の技で厚み・美しさ倍増

  靴の、底。 履いているうちに、必ず削れてきてしまう部分ですね。 擦り切れて穴が開いてしまった…… 削れ過ぎて、見た目が悪くなってしまった…… など、靴底の状態が悪くなってしまった靴は、ありませんか? そんな […]

グッチのバッグ・財布・靴修理|レザー、内袋、取手リペア事例が集結

  とっても大切な、グッチのバッグや財布、靴。 どれだけ丁寧に扱っていても、壊れてしまうことってありますよね。 長く使っていると素材が変質したり、穴があいてしまったり…。 自分で修理しようとすると、せっかくのデ […]

ファスナー・チャックの直し方を解説!5つの不具合もこれで全て解決

急いでファスナーを閉めたら動かなくなった……なんて経験、あるんじゃないですか? 『ガチっ』なんて音を出した後、うんともすんとも言わなくなることが結構あるんですよねぇ。 さて、こういうファスナーの故障ですが、大抵は曲がって […]

裾上げのやり方をズボンの種類別に解説!丈を決めるポイントも伝授!

もうちょっと裾が短かったら、このズボンは完璧なのになあ。 そんなお悩みはありませんか? そんなときに便利なのが「裾上げ」。 でも洋服屋さんで頼むと時間がかかってしまいます。取りに行くのも面倒臭いですよね。 だから、自分で […]

靴の臭いがたったの100円で消せるのならば試さずにはいられない話

どうも、隙あらば靴を脱ぐのであんまり足の臭いに困らない僕です。 たまに遠出すると脱げなくて大変なことになるんですけどねー。 さて、足の臭いってかなり気になりますよね。 しかも、どれだけ足を洗ったところで臭いが出るのは止め […]

スエードの靴の汚れの正しい洗い方とは?普段のお手入れ方法も解説

スエードの靴、あの独特の質感が素敵ですよね。なんだか温かみを感じる、良い生地だと思います。 でも一つ問題が…… 汚れが付きやすいんですよね。水に濡れればシミになり、使っているとテカテカしてきます。 しかも、スエードってお […]

靴磨きのコツを大公開!職人だけが知る革靴のお手入れ方法を徹底取材

お洒落は足元から、なんてよく言いますよね。 一生、大切にしたいと思っている革靴を、お持ちの方も多いはず。 ですが、せっかくの素敵な革靴も、お手入れができていなかったら台無しです。 よい革靴は、きちんと靴磨きをして、いつで […]

サビ落としはブラシ&サビ取り剤が最強!こすらず磨いて楽々完全除去

身の周りを見渡してみたら、色んなところでサビを発見してしまった…なんて経験、ありませんか? 例えば家の中に置いてあるスタンドラックにも発生するし、外に置いておいた自転車にもサビはつきやすいもの。 見た目はあまりきれいとは […]

おすすめ特集