グローブは手入れで差がつく!使用後のオイルでふにゃふにゃ柔らかく

■グローブのお手入れは買ってすぐのオイルと揉む作業から
■1番大事なのは「使った後」の汚れ落としとオイル
■型を崩さない保管法と雨・汗・臭いへの対処法も紹介

RELIVERS編集部

更新日:2019年09月30日

もしかしたら間違っていたかもしれない、グローブのお手入れ方法です!

そう、雑な人だと汚れを落としてオシマイ、なんてこともあるみたいですが……革だからって大丈夫なわけが無いのです。

 

グローブを手入れするためのポイントは、手入れのタイミングです。

それは使ったあと
まあそりゃそうなんですけどね。

 

使ったあとの手入れも含めて、使い始める前の手入れ、汚れがひどい時 なんかの対処も知っていきしょう。

どうか、自分の手にあった 最高のパートナーを。

 

普段からできるグローブを柔らかくする方法

最初は硬いグローブ。早く扱いやすく、柔らかくしたいですよね!

でも、決してあせらないことです。普段からできる方法で、じっくりと型をつけていきましょう!

 

まずは買ってすぐ!?

そう、まずは「買ってすぐ」のお手入れです。

カチカチのグローブから柔らかくするのに、ただ使い込むだけでは効率が悪すぎます。
まずはオイルの力で柔らかくしやすい状態にして、効率的に柔らかくしていきましょう!

 

写真はローリングス社のグラブオイルです。価格も300円弱と、決して高くありません!
日本製で柔らかめの質感です。
大容量なので長く使うことができ、こまめなお手入れに最適です。まずは、このクリームでグローブを柔らかくするところから始めましょう。

用意するもの

・柔らかい布
・グローブ用オイル
・ボール

 

  手順  

1. オイルを塗る
オイルはだいたい500円玉大の量を布にとって、全体に薄〜く伸ばしながら塗っていきます。

 

2. 捕球を繰り返す
もちろん、これは型をつけるための作業です!
ただし、革にオイルを馴染ませるため、この作業はオイルを塗って一晩おいてから始めましょう!

オイルを吸収して少し柔らかくなった革が、何度もボールを受けることによって理想的な捕球時の形に近づいていきます!

 

3. オイルを再度塗る
1週間ほど経ってオイルが乾いたなぁ、と感じたときに、再度オイルを塗りましょう!

買った時からケアしてあげると早くグローブも馴染んでくれるので、頑張ってケアしてあげましょう!

 

毎日できる「揉む」作業

続いてはその「普段」、つまり、毎日やってほしい作業を紹介します!

地味といえば地味な作業ですが、こういう作業こそ大事です。革は手にかければ必ず応えてくれるので、自分の納得いく型ができるまで欠かさずにやってあげましょう!

 用意するもの 

・グローブ用オイル

 

  手順  

1. 手で揉む
まずは手で揉んだり曲げたりして、捕球する際の面(ポケット)や、柔らかくしたい小指の根元などを柔らかくしていきましょう!

雑に一気に折り曲げてしまうと、変な型がついたり、革が一気に傷んでしまったりすることにつながります。必ず細かく「揉む」ということを忘れずに作業しましょう!

この時、自分の求めている捕球のイメージをしっかりと持って柔らかくすることが大事です!

 

2. オイルを塗ってから揉む
1の手順をやってみても柔らかくなりにくい…なんて時はオイルを塗ってから揉んでみてください!ただし、塗りすぎには注意です。

500円玉くらいのグラブオイルを布にとって、全体に薄くのばすくらいです。

また、グローブを使っている時にグローブが手に馴染む、ということはよくあることです。一気に型をつけよう!なんて思わずに、硬さを確認しながら、ゆっくり型をつけていきましょう!

この作業はオイルを使っても使わずとも、「揉む」作業だけでもOK、という地味な作業です。でも、決して忘れないでしてあげましょう。革は絶対応えてくれます!

 

大切なのは「使った後」!

もちろん、揉むことは非常に重要な作業なのですが、それだけではいけません。

というのも、グローブは使うことによって強い衝撃を受け続けます。それを放置したままでは、ただただ傷んでしまい、寿命が一気に縮んでしまううえ、型も崩れやすくなってしまいます。

そのため、使った後にきちんとケアをしてあげることが重要になってくるのです!
具体的にはオイルを塗って革がちゃんと保湿された状態にしてあげたいです!

でも、毎日は使っていないにのに毎日塗るのは厳禁です、あくまで「使った後」。

毎日バリバリ使っている人は、毎日手入れしてあげて大丈夫です!
なぜなら、使っていないのに毎日塗ったりすると、

無駄に重くなる
柔らかくなりすぎる

など、グローブの寿命をかえって縮めてしまいます…。

あくまで「使った後」です!

ではその手順を詳しく見ていきましょう!

用意するもの

・布 or ブラシ(汚れを落とす用)
・グローブ用オイル
・柔らかい布(オイルを塗る用)

 

  手順  

1. 汚れを落とす

まずは泥などの汚れを落とす、これがいつでも基本です!
柔らかい布やブラシで優しく拭き取ってあげましょう!

 

2. オイルを塗る

汚れが落ちたら、グローブ用オイルを柔らかい布に大体500円玉くらいの量をとって塗っていきます。

 

全体に薄く伸ばすように、革の状態を見ながら塗っていきましょう!

 

3. 乾かす

型を崩さないように乾かしていきます!捕球面を下にし、グローブを立て風通しの良いところに置いて乾かしましょう!

詳しくは次に書いてある、型を崩さないための保管方法の説明を参考にしてください!

 

型を崩さないための正しい保管方法

グローブは、型が大切!
せっかくつけた型が崩れないように、正しい保管方法を知っておきましょう。

では、さっそくその正しい保管方法を紹介します!

普段の保管

まず、保管するときに、あまり考えずにポンって置いてしまっていませんか?

捕球面を下に向けて立てる」という方法が最も型を崩さない保管方法です。

この画像のように、

親指を入れる部分と小指を入れる部分を、地面に接着させる置き方
指先部分全体を、地面に接着させる置き方

のどちらかの置き方が正解です!

 

間違っても親指の甲の部分や、それ以外の甲の部分をべたっと地面につけてしまわないでください!グローブが重みで潰れてしまい、型が台無しです…。

 

移動時の保管

次に、移動でグローブを持ち歩く際の保管方法を紹介します!

ほとんどの方が袋などに入れて持ち運ぶと思うのですが、この際、捕球するポケットに理想の形でボールを入れておきましょう!こうすることで型が崩れません

型つけ用のボールなどはスポーツショップで販売しています。重さやサイズも忠実に再現してあるので、活用しましょう!

 

雨・汗・臭い…どうすればいい?

使い始めたばかりのグローブは汚れや臭いが落ちやすいので、あまり気にならないと思います。

ですが、使い込んだグローブ・夏場のグローブについた臭いなどは、なかなか取れません。それで、頭を抱えている人も多いかと思います。

そんな汚れや臭い対策を紹介します!

 

雨に濡れたグローブはまず乾かす!

雨に濡れるなど、グローブが水分を多く吸ってしまった場合、どのようにすれば良いか。それは、「乾かしてオイルを塗る」。これに尽きるのですが、より効率的な方法を紹介します!

 

 用意するもの 

・布 or ブラシ(汚れを落とす用)
・新聞紙
・タオル

 

  手順  

1. 汚れをとる
普段のお手入れにも書きましたが、まず汚れを拭き取ってからお手入れすることは基本です!
柔らかい布やブラシで優しく汚れを拭き取ってあげましょう!

 

2. 新聞紙を詰める
まずは、グローブの指を入れる部分に入れる新聞紙を作ります。
イメージは指!
新聞紙をクルクル丸めて、長さ10cmほどの棒を5本作り、グローブに詰めます。
手のひらの部分にはタオルが詰めやすいと思うので、タオルを詰めるのがおすすめです!

 

3. 日陰で乾かす
風通しの良い日陰で乾かしてあげましょう!
扇風機を使うのもいいですよ。

注意
間違っても熱を加えるようなことは避けましょう!
・ドライヤー
・こたつに入れる
・乾燥機
グラブは革製品ですから、熱にはとても弱いです。
上の3つのようなものを使うのは厳禁ですよ!

 

汗臭い…時の対処法はこの2つ!

「グローブが臭い…」と感じるのは、手の汗や皮脂がついてしまい、雑菌が繁殖しているからです!

そんな対処法を2つ紹介します!

守備用手袋をつける

そもそも「汗を(極力)つけない」って考え方です!

守備用手袋はもともと捕球時の衝撃を抑えるために作られた手袋です。
ところが、最近は「グローブの臭い対策」といったキャッチコピーの商品も見かけるようになっています!

手袋が汗を吸収してくれるので、グローブに汗がつきにくいという仕組みです。

手袋は要洗濯です!
合成皮革のものであれば洗濯機で大丈夫ですが、天然革のものだと、傷んでしまうので、手洗いで優しく洗っていきましょう!

 

石鹸で洗う

ここで「ゴシゴシ洗うの?」といった誤解が生じてしまうといけないので、しっかり手順を読んでほしいです!

 用意するもの 

・薄い綿の手袋
・石鹸
・新聞紙

 

  手順  

1. 手袋をつけた状態で石鹸を泡立てる
薄い綿の手袋を片手のみつけてそこで石鹸を泡立てます。

 

2. グローブの中を泡で洗う
泡のついた状態でグローブに手を入れてできる限り内部に泡を浸透させます。

 

3. 濡れた手袋で泡を拭き取る
泡で洗うために使っていない方の手袋を手にはめて、水で濡らします。
濡れた手袋をしたままグローブをはめ、泡を拭き取ります。
完全に泡が取れるまで、この作業を繰り返しましょう!

4. 干す
濡れた時と同じように新聞紙を詰め、陰干しします!

 

グローブの寿命

グローブの寿命について少しだけ。

阪神・メジャーリーグ・日本ハムと、スーパースターとして活躍した新庄剛志選手は、初任給で買った7,500円ほどのグラブを引退するまで17年間使い続けたそうです。

これは新庄選手の父親の「商売道具を大事にしろ」という教えを受けてのものだそうです。

丁寧なケアと大がかりな補修で使い続けた7,500円のグローブは、引退試合でついに破れてしまい、新庄選手とともにその役目を終えました。

7,500円のグローブでも、しっかりケアをすればプロの世界で長く使い続けられる、ということです。

せっかく素晴らしいチームプレーを感じることができる競技を始めたのなら、細かいところまで徹底的に追求してみませんか?

 

まとめ

みなさんはプロ野球選手のキャッチボールを見たことがあるでしょうか?

テレビ中継のマイクでも拾えるほどに「パシーーーン!」って音が響きます。

もちろんプロ野球選手ですから技術も高いのですが……何よりグローブの質が高いからこそ乾いた良い音が鳴るのです。

いい音を鳴らす」というのは、投げた相手にいい球を投げられていると感じさせます。
投手も「今日はいい球を投げられてるんだな」という自信を持つことができ、楽に投げることができるのです。

 

野球は集団戦、つまり『誰か』がいなければ成り立たない競技。

向き合う『誰か』のコンディションも、貴方のグローブで変わり得るのです。

関連記事

グローブは手入れで差がつく!使用後のオイルでふにゃふにゃ柔らかく

もしかしたら間違っていたかもしれない、グローブのお手入れ方法です! そう、雑な人だと汚れを落としてオシマイ、なんてこともあるみたいですが……革だからって大丈夫なわけが無いのです。   グローブを手入れするための […]

剣道防具のお手入れ総まとめ!面・胴・小手のイヤ〜な臭いを完全除去

剣道=臭い。 本来なら「格好いい!」という言葉が1番に出てきてもいいはずの剣道。 残念ながら「臭い」というイメージの方が勝っている、というのが現実です。 でも、ちょっと仕方ない、なんて思っている方いませんか? だって、面 […]

スパイクのお手入れ【野球・サッカー/人工・天然皮革】を完全網羅!

「スパイク」は、スポーツをやられている方なら誰しもが知っているでしょう! ですが、正しいお手入れ方法まで知っている方はどれくらいいますか? スポーツで役立つあの特徴的な靴底に戸惑っている方もいるようです…が、心配はいりま […]

自転車の空気の入れ方はバルブに合わせて!英式・仏式それぞれ解説!

自転車のタイヤの空気っていつの間にか減っていませんか? その度にわざわざ自転車屋さんに行っている、なんて人もたくさんいると思います。 通勤、通学で自転車を使っている人にとっては、それってちょっと面倒ですよね。 「自分で空 […]

ランキング

エアコンの臭いはホコリ・カビ・雑菌!全てを除去するお掃除方法とは

久しぶりにエアコンをつけてみたら、もわっとした臭い風が部屋いっぱいに広がった。 という経験はありますか? 本当に気分が悪いですよね。そのニオイ、今すぐ取り除きましょう! 実はエアコンのニオイの原因とニオイを取り除くたった […]

エアコンの水漏れの原因は7つ!ドレンホースのお掃除で8割は解決!

エアコンをつけてみたら、え?エアコンが泣いている? いや、違う!ポタポタと水漏れが!そんな経験はありますか? 編集部では、20~50代の女性100人に「エアコンの水漏れを経験したことがありますか?」と聞いてみました。 4 […]

リーガル靴修理|ソール・かかと・つま先ビフォーアフターが完全集結

  日本を代表する靴ブランドであるリーガル。 100年以上にも渡りグッドイヤー・ウェルト製法を貫き、日本人の足にフィットするものをと、木型からこだわっています。 ビジネスシーンの足元の定番ではないかと思うくらい […]

ルイヴィトンバッグ・財布修理|レザー、内袋、取手リペア事例が集結

  ショルダーベルトが切れてしまった。 ファスナーが壊れた。 シミがついてしまった。 そんなブランド品はありませんか? 切れた部分やシミは、修理の職人さんの技術で、元の姿に戻すことができます。 その仕上がりは、 […]

布団は部屋干しでもふかふかに!週に1回干すだけで快眠が手に入る!

  干したばかりの布団って気持ちいいですよね。 じめっと重かった布団も、日光に当てて干すとカラッと軽くなります。 毎日あんな布団で寝られたらいいのにと思いますが、実際は天気に左右されたり、花粉が気になったりして […]

革靴のオールソール交換!靴底の張り替えの匠の技で厚み・美しさ倍増

  靴の、底。 履いているうちに、必ず削れてきてしまう部分ですね。 擦り切れて穴が開いてしまった…… 削れ過ぎて、見た目が悪くなってしまった…… など、靴底の状態が悪くなってしまった靴は、ありませんか? そんな […]

洗濯機はお掃除クリーナーでカビ取り!月イチ槽洗浄でキレイを保とう

洗濯機から出した洗濯物に、なんだか黒いぴろぴろしたものがついている……! なんてことありませんか? それ、ワカメではありません。洗濯機の洗濯槽についてしまった、カビです。 カビがついた洗濯槽でお洗濯をしていると思うと、ぞ […]

グッチのバッグ・財布・靴修理|レザー、内袋、取手リペア事例が集結

  とっても大切な、グッチのバッグや財布、靴。 どれだけ丁寧に扱っていても、壊れてしまうことってありますよね。 長く使っていると素材が変質したり、穴があいてしまったり…。 自分で修理しようとすると、せっかくのデ […]

風呂釜掃除はつけおきで簡単!プロの洗浄は専用機械で汚れがゴッソリ

湯船に浸かって、1日の疲れを癒す。 お風呂の時間は、最高のリラックスタイムですよね。 そんな、つかの間の休息を演出してくれるのがそう、風呂釜。 意外と知られていないですが、お掃除していない風呂釜には汚れがたまっています。 […]

エアコン掃除を自分で行う方法を解説!内部のカビはプロが徹底除去!

夏が始まり、エアコンをつけると…カビ臭い。 臭いだけでなく、カビを含んだ空気を吸って健康に悪影響が出てしまうのは嫌ですよね。 そこで必要なのは、エアコンのお掃除! エアコンを分解し、カビやホコリを取り除くことで、空気を綺 […]

エアコンの臭いはホコリ・カビ・雑菌!全てを除去するお掃除方法とは

久しぶりにエアコンをつけてみたら、もわっとした臭い風が部屋いっぱいに広がった。 という経験はありますか? 本当に気分が悪いですよね。そのニオイ、今すぐ取り除きましょう! 実はエアコンのニオイの原因とニオイを取り除くたった […]

エアコンの水漏れの原因は7つ!ドレンホースのお掃除で8割は解決!

エアコンをつけてみたら、え?エアコンが泣いている? いや、違う!ポタポタと水漏れが!そんな経験はありますか? 編集部では、20~50代の女性100人に「エアコンの水漏れを経験したことがありますか?」と聞いてみました。 4 […]

洗濯機はお掃除クリーナーでカビ取り!月イチ槽洗浄でキレイを保とう

洗濯機から出した洗濯物に、なんだか黒いぴろぴろしたものがついている……! なんてことありませんか? それ、ワカメではありません。洗濯機の洗濯槽についてしまった、カビです。 カビがついた洗濯槽でお洗濯をしていると思うと、ぞ […]

風呂釜掃除はつけおきで簡単!プロの洗浄は専用機械で汚れがゴッソリ

湯船に浸かって、1日の疲れを癒す。 お風呂の時間は、最高のリラックスタイムですよね。 そんな、つかの間の休息を演出してくれるのがそう、風呂釜。 意外と知られていないですが、お掃除していない風呂釜には汚れがたまっています。 […]

エアコン掃除を自分で行う方法を解説!内部のカビはプロが徹底除去!

夏が始まり、エアコンをつけると…カビ臭い。 臭いだけでなく、カビを含んだ空気を吸って健康に悪影響が出てしまうのは嫌ですよね。 そこで必要なのは、エアコンのお掃除! エアコンを分解し、カビやホコリを取り除くことで、空気を綺 […]

お風呂の鏡のお掃除はどうしよう?なにしよう?「新聞使用」が正解!

毎日使うお風呂。 毎日見るお風呂の鏡。 あなたのお家のお風呂の鏡、自分の姿がはっきり写りますか? 湯気で覆われているように白くくもっていませんか? ここで編集部が20代〜60代の女性100人に行なったアンケートを見てみま […]

洗濯機の排水口掃除はパイプユニッシュor重曹!臭いや詰まりも改善

洗濯機の排水口から何か嫌な臭いが漂ってくる…。 洗濯機が脱水中に止まってしまったり、エラー表示が出たりする…。 あなたのお家の洗濯機のそんなトラブル、もしかしたら洗濯機の排水口のせいかもしれません。 長期間、洗濯機を使い […]

お風呂の排水口・排水パイプの掃除方法!臭いと詰まりをどちらも解消

  お風呂ので一番汚れが気になるところといっても過言ではない、排水口。 お風呂中のお湯が流れ着く場所です。お湯に流されて、汚れもたっぷりたまります。 排水口の汚れが原因で、お風呂中に嫌な臭いが漂ったり、排水パイ […]

キッチンの排水口のお掃除には重曹とお酢でつまりはもう詰まらない!

排水口のぬめり…… 排水口からの臭い…… 排水口の詰まり…… 毎日キッチンを使っていると、こんな問題が生じることがよくあります。 キッチンは朝昼晩と使うものなので、排水口の掃除までなかなか手が回らないですよね。 では、い […]

お風呂の頑固なカビには片栗粉×漂白剤!プロおすすめ予防法もご紹介

スポンジでゴシゴシしても落ちない…。 落としたつもりでも何日かたつと復活している…。 このように、お風呂のカビで悩んだことはありますか? ここで編集部が20代〜60代の女性100人に行なったアンケートを見てみましょう。 […]

布団は部屋干しでもふかふかに!週に1回干すだけで快眠が手に入る!

  干したばかりの布団って気持ちいいですよね。 じめっと重かった布団も、日光に当てて干すとカラッと軽くなります。 毎日あんな布団で寝られたらいいのにと思いますが、実際は天気に左右されたり、花粉が気になったりして […]

ワイシャツの黄ばみを落とす最強の漂白剤の使い方!予防すれば完璧◎

いつの間にかワイシャツが黄ばんでいた経験、ありませんか?特に、襟や脇、袖は黄ばみやすい部分です。 実は、毎日ちゃんとお洗濯しているだけでは、黄ばみを予防することはできないのです。 黄ばんだワイシャツでは、第一印象も悪くな […]

油汚れの染み抜きには「クレンジングオイル」が一番効果的なんです!

「揚げ物を作っていたら、油が服に飛んでしまった…。」 「子供がオムライスを食べていて、服にケチャップをつけてしまった…。」 など、日常的に服に油のシミがついてしまうシーンってありますよね。 でも、みなさんは知っていますか […]

白いスニーカーの汚れを7つのアイテムで真っ白に!お酢が決め手です

白は汚れる! まあ常識ですよね。 ちょっと擦っただけでも灰色が付きますもん。 僕も一時期まっ白なスニーカーで生活してたんですがね、まあすぐ汚して怒られましたとも。   ということで今回は白スニーカー。 汚れが目 […]

【8割の人が知らない!】靴を自宅の洗濯機で洗う正しい方法を解説

会社が学校から帰る途中に、突然のゲリラ豪雨。 息を切らしながら走って帰ったけど、泥が跳ねて靴が汚れちゃった…。そんなこともありますよね。 そんなとき汚れてしまった靴をどうしていますか? え?そのまま? そんな […]

油性ペンの汚れに4通りの落とし方。油には油を!不安ならみかん!

新学期。新しい教科書に名前を書く時に、大活躍の油性ペン。 にじまず、書く材質を選ばないのが特徴。そのため、水で濡れやすいキッチン周りにも使えますし、学生から主婦の方にも愛用されているはず。 そんな油性ペンの1番の特徴は「 […]

羽毛布団を洗濯機で洗う方法|コインランドリーやクリーニングと比較

  寒くなってくると毎年押し入れから引っ張り出してくる羽毛布団。ふかふかのお布団にはついつい顔をうずめたくなりますよね…って、あれ。 なんか、臭い。前よりボリューム感がないかも。 なんてショックを受けてる方に質 […]

色移りの落とし方は50℃のお湯で洗剤2倍!本当に正しい情報大公開

あああ!しまった。 洗濯機の蓋を開けてみたら、中が大惨事になっていた。 こんな経験はありませんか? そう、色移り。 お気に入りの服に色が移っていた時なんか、とてもショックですよね。 普段は気をつけていても、ちょっと気を抜 […]

帽子・キャップの型崩れしない洗い方!他とはかぶらない方法で伝授!

帽子って、知らず知らずのうちに汚れや臭いがひどくなってしまいますよね。 特に夏の汗をかく時期。 でも、帽子を自宅で洗うって、あんまりピンとこないかもしれません。 しかし、ここでは帽子・キャップを自宅で型崩れの心配なく洗う […]

羽毛布団の洗濯はコインランドリーがおすすめ!乾燥時の注意点も解説

  軽くて、柔らかくて、暖かい。 と、良いこと尽くしの羽毛布団は、寒い季節には手放せない寝具の1つ。 でも、なんだか最近、ふんわり感がなくなったような…。 それに、前よりも暖かくないかもしれない…。 なんて感じ […]

リーガル靴修理|ソール・かかと・つま先ビフォーアフターが完全集結

  日本を代表する靴ブランドであるリーガル。 100年以上にも渡りグッドイヤー・ウェルト製法を貫き、日本人の足にフィットするものをと、木型からこだわっています。 ビジネスシーンの足元の定番ではないかと思うくらい […]

ルイヴィトンバッグ・財布修理|レザー、内袋、取手リペア事例が集結

  ショルダーベルトが切れてしまった。 ファスナーが壊れた。 シミがついてしまった。 そんなブランド品はありませんか? 切れた部分やシミは、修理の職人さんの技術で、元の姿に戻すことができます。 その仕上がりは、 […]

革靴のオールソール交換!靴底の張り替えの匠の技で厚み・美しさ倍増

  靴の、底。 履いているうちに、必ず削れてきてしまう部分ですね。 擦り切れて穴が開いてしまった…… 削れ過ぎて、見た目が悪くなってしまった…… など、靴底の状態が悪くなってしまった靴は、ありませんか? そんな […]

グッチのバッグ・財布・靴修理|レザー、内袋、取手リペア事例が集結

  とっても大切な、グッチのバッグや財布、靴。 どれだけ丁寧に扱っていても、壊れてしまうことってありますよね。 長く使っていると素材が変質したり、穴があいてしまったり…。 自分で修理しようとすると、せっかくのデ […]

ファスナー・チャックの直し方を解説!5つの不具合もこれで全て解決

急いでファスナーを閉めたら動かなくなった……なんて経験、あるんじゃないですか? 『ガチっ』なんて音を出した後、うんともすんとも言わなくなることが結構あるんですよねぇ。 さて、こういうファスナーの故障ですが、大抵は曲がって […]

裾上げのやり方をズボンの種類別に解説!丈を決めるポイントも伝授!

もうちょっと裾が短かったら、このズボンは完璧なのになあ。 そんなお悩みはありませんか? そんなときに便利なのが「裾上げ」。 でも洋服屋さんで頼むと時間がかかってしまいます。取りに行くのも面倒臭いですよね。 だから、自分で […]

靴の臭いがたったの100円で消せるのならば試さずにはいられない話

どうも、隙あらば靴を脱ぐのであんまり足の臭いに困らない僕です。 たまに遠出すると脱げなくて大変なことになるんですけどねー。 さて、足の臭いってかなり気になりますよね。 しかも、どれだけ足を洗ったところで臭いが出るのは止め […]

スエードの靴の汚れの正しい洗い方とは?普段のお手入れ方法も解説

スエードの靴、あの独特の質感が素敵ですよね。なんだか温かみを感じる、良い生地だと思います。 でも一つ問題が…… 汚れが付きやすいんですよね。水に濡れればシミになり、使っているとテカテカしてきます。 しかも、スエードってお […]

靴磨きのコツを大公開!職人だけが知る革靴のお手入れ方法を徹底取材

お洒落は足元から、なんてよく言いますよね。 一生、大切にしたいと思っている革靴を、お持ちの方も多いはず。 ですが、せっかくの素敵な革靴も、お手入れができていなかったら台無しです。 よい革靴は、きちんと靴磨きをして、いつで […]

サビ落としはブラシ&サビ取り剤が最強!こすらず磨いて楽々完全除去

身の周りを見渡してみたら、色んなところでサビを発見してしまった…なんて経験、ありませんか? 例えば家の中に置いてあるスタンドラックにも発生するし、外に置いておいた自転車にもサビはつきやすいもの。 見た目はあまりきれいとは […]

おすすめ特集