ケーブルをまとめる方法10選!簡単にスッキリさせる整頓術を大公開

sakura

更新日:2020年06月17日

突然ですが、パソコンやケータイ、テレビなどの電化製品が充実してくると、ケーブルが増えてきませんか?

床にあるケーブルは、部屋を掃除するときも邪魔になるし、ホコリがたまりやすいので嫌になりますよね。

ふと部屋の周りを見回してみると、ケーブルがごちゃごちゃして、部屋の雰囲気が台無しに…。

そんなとき、どうすればケーブルを上手くまとめられるか悩んだ人も多いはず。

悩んでいるあなたに、ケーブルをきれいにまとめる方法を紹介していきたいと思います!

ごちゃごちゃケーブルどうまとめる?

ケーブルのまとめ方としては、

・ケーブルを整理してまとめる
・ケーブルボックスに電源タップを入れる
・ケーブルを壁に固定して隠す

という3つの方法があります。

どれが自分の部屋に合うか、見ていきましょう!

事前に知っておきたい注意点!

「よし。ケーブルをまとめよう」と思っているあなた!

ちょっと待ってください!

ケーブルをまとめるのはいいんですが、その前に注意しなければならないことがあります。

消費電力が少ないものだけでまとめる

ケーブルをまとめるときは、消費電力が少ないものだけにしましょう。

テレビや電気ストーブなどの消費電力が大きいものをまとめるときは、熱がこもりやすく、発熱してしまうので注意しましょう。

そして、ケーブルを隠したいからといって、家具の下に隠したりしないようにしてください。

ケーブルの中の銅線が傷んでしまったり、ケーブルがつぶれると電気ショートを起こしてしまいます。

トラッキングに注意する

トラッキングというのは、電源プラグにたまったほこりに水分や湿気が付き、通電している電気によって発火してしまうことです。

電源をOFFにしていても、コンセントが挿さっているだけで、この現象は起きてしまいます。

そして、気づかないうちに発火してしまうこともあるので、とても恐ろしい現象なんです。

トラッキングが起こらないように、コンセントを1日に1回は抜いたり、ホコリがつかないようにカバーをしたりするなど定期的にチェックしましょう!

また、コンセントがちゃんと奥まで入っていなくても、この現象が起こるかもしれないので、しっかり奥まで挿しこんで使用してくださいね!

ケーブルを整理してまとめる

ごちゃごちゃしているケーブルは、整理してまとめちゃいましょう!

整理してまとめるときは、自宅にあるもの100均で買えるものも多いので、ぜひ試してみてくださいね♪

輪ゴムで束ねる

身の回りで手に入る輪ゴムですが、ついついたまりがちですよね。

そんな輪ゴムは、ケーブルをまとめる役として有効活用できるんです!

用意するもの

・ケーブル1本
・輪ゴム1本

  手順   

1. 3つの輪をつくる

大小さまざまな輪にするために、真ん中が大きい輪、片方は中ぐらいの輪で、もう片方は小さい輪になるように結びます。

2. 中ぐらいの輪をケーブルに通す

ケーブルを適度な大きさに束ねましょう。

ケーブルの頭に輪ゴムを付けておくと、使ったあとも楽にまとめることができますよ!

3. コードを巻く

真ん中の大きな輪を持って、3~4回ぐるぐると巻きましょう。

4. 束ねたケーブルの真ん中にはめる

手順3の状態のまま大きな輪をケーブルの真ん中の方にくるっとはめます。

このとき、小さい輪を残しておいてくださいね!

5. 完成!

輪ゴムをはめれば、完成です!

「さっき、残しておいた小さい輪はいつ使うの?」と思った方いますよね。

実は、小さい輪は外すときに必要なもので、グイっと小さい輪を引っ張ればすぐに解くことができるんですよ♪


共和 オーバンド たばねバンド 18X3 ミックス3個パック GHT-603TMX

普段使っている輪ゴムだけでなく、色がついているおしゃれなものもあるので、チェックしてみてください!

ダブルクリップを机に挟んでケーブルをまとめる


ダブルクリップ 金属製 中 大 使いやすい 特大 20個 32mm (大-32mm-20個)

書類をまとめるときに使うダブルクリップですが、ケーブルを整理するクリップにもなるんですよ!

ケーブルの先端をクリップの持ち手に通して、机の端に挟むだけなので、簡単にまとめることができます♪

マスキングテープなどで、クリップの部分に、どのケーブルなのかを書いておくと、見分けもつきやすくより使いやすくなりますよ。

そのため、「あのケーブル何だっけ?」という悩みが改善されると思います。


ORICO ケーブルホルダー シリコン製 ケーブルクリップ コード 収納用 ケーブルドロップ 7本固定 コードまとめる 落下防止 バック接着剤 グレー

こちらは、ダブルクリップと同じように机などに固定して使うものです。

クリップ感がなく、おしゃれなのでよかったら使ってみてくださいね!

スパイラルチューブでまとめる


エレコム スパイラルチューブ 内径20mm 2m AVD-TVBST20CR

まず、スパイラルチューブとはケーブルやホースなどを保護するものです。

しかし、ケーブルなどを保護するだけでなく、まとめることもできます!

しかも、1回限りではなく、取り外して何回も使用することができるので、とっても有能な子なんですよ!

わたしも何回か取り外してみたんですが、チューブが緩くなることもなかったです!

スパイラルチューブは、直径2.6mm(ケーブル1本分)のものや、長いものだと直径38mmのものもあるので、ケーブルの長さ関係なく使うことができるのがポイントです!

ソフトワイヤーでぐるぐる巻く


高儀 Sun Garden ソフトワイヤー 茶 15m

ソフトワイヤーは、主にガーデニング用として使われています。

ワイヤーが柔らかく、自由自在に曲げることができるので、ケーブルをまとめるのに最適な商品です!

ケーブルをまとめるときは、ソフトワイヤーをぐるぐると巻くだけ!

ガーデンニング用として使われているものは、5mで300円~600円ぐらいで買えるので、比較的価格が安いです。

そして、太さもたくさん種類があるので、おしゃれにまとめることができますね。

注意
針金に気を付けて!

針金が入っているワイヤーは端から針金が飛び出てくることがあるので、針金部分を少し切るなどして、怪我をしないようにしましょう。

ケーブルボックスに電源タップを入れる


イノマタ化学 テーブルタップボックス ブラック Lサイズ

ケーブルボックスは、電源タップを収納するのに使うアイテムです。


エレコム 電源タップ color style 雷ガード 省エネ 個別スイッチ 6個口 2m ブラウン T-BR04-2620BR

このような電源タップをケーブルボックスに入れれば、見た目がスッキリしますよ!

収納するのに便利なケーブルボックスですが、電源タップやルーターなどの大きさは必ず採寸し、大きさに合ったものを選びましょう。

そうでないと、ケーブルがねじれたり、無理に折り曲げてしまうことで、故障につながってしまいます。

100均には、箱タイプのものなど種類が豊富に取り揃えられているので、「一回使ってみようかな」と思う人は買ってみるのもいいかもしれませんね。

ケーブルを壁に固定して隠す

「床にケーブルを置くのも、見えるのもやだ!」

という人におすすめなのが、ケーブルを壁に固定するという方法です!

固定するためのアイテムは、4つあります。

・配線用カバー
・塩化ビニルパイプ
・ケーブルフック
・ワイヤ―ネット

それぞれの使い方を教えたいと思います!

配線用カバーを使う

配線用カバーは、配線をカバーできるというそのままの意味なんですが、カバーをかぶせるだけで、見た目をすっきりさせることができるんです!

しかも、直線だけでなく、カーブもできるのでどこにでもつけることができます。

壁に設置したり、床の隅に沿って設置できるので自分がつけたいところにつけられる便利品ですよ!

塩化ビニルパイプを使う


クボタケミックス 排水用塩ビパイプ VU 40X2M VU40X2M

塩化ビニルパイプは、排水や通気管などで使われるものなので、パイプを家で使うことに馴染みがないと思います。

最近では、パイプが丈夫で軽いので、DIYなどで使われているんですよ♪

パイプと言えば、色がグレーなイメージがありますが、実は色の種類が豊富なんです!

そのため、どんな壁でも色合わせをすることができるので、インテリアとしても使用できますね。

ケーブルフックを使う

ケーブルフックとは、フックを壁にくっつけ、ケーブルを引っ掛けて使用するもの。

ケーブルをフックに掛けることで、ケーブルをきれいに整理することができるんです!

でも、賃貸やマンションなどで壁に直接ケーブルフックを付けられないときってありますよね。

「直接付けられないなら、ケーブルフックは使えないの…?」

と、悩んでいるあなた。そんなことはないので、安心してください。

ケーブルフックを直接つけられない場合は、剥がせる両面テープや、マスキングテープを土台として貼ってから、ケーブルフックを付けましょう。

自宅の壁と相性が合わない場合があるので、部屋の隅など目立たないところで試してみるのもいいかもしれませんね!

ちなみに、こちらの商品は100均で買ったものです。

このように100均でも気軽に買うことができるので、ぜひ使ってみてくださいね!

ワイヤーネットで壁にかける

あまり床にケーブルを置きたくないという方は、壁にかけちゃいましょう!

100均などに売っているワイヤーネットと、S字フック結束バンドを使って簡単にできます。


SPICE OF LIFE かご アイアンショートワイヤーバスケット RUSTIC 31×12×10cm JDS901

電源タップなど重いものをかけるときは、ワイヤーバスケットを使いましょう。

見た目も整理されているように見えるので、インテリアの一部として溶け込みますよ♪

結束バンドでコードを束ねる方法も!

手軽なアイテムとして結束バンドを活用するのもアリですね♪

使い方もいたってシンプル。

①まとめたいケーブルを簡単に束ねる
②ある程度の間隔をあけて縛る(ばらけ防止)
③余分な部分をカットして終わり

注意点としては以下の2点ですね。

緩すぎない

結束バンドを絞める際、コードを傷めないよう緩く縛ってしまうと結束バンドがズレてしまいます。

せっかくまとまっていたコードも、気付かぬうちにばらけてしまうのである程度はしっかりと縛りましょう。

縛り過ぎない

逆にキツく縛り過ぎるのもNG。

注意点でもお話しましたが、ケーブルの中身を傷めてはいけません。

負担のかかるカーブは勿論のこと、コードが歪むほど縛り上げると危険なのでやめて下さいね。

応用など

応用として、結束バンドを組み合わせればコードを別々に束ねることもできます。

この他にも、くくり付けたい部分に結束バンドを使うこともできますね。

上でご紹介した壁に固定したい場合にも、結束バンドは使っていい訳です。

また結束バンドにも種類があり、幅や長さなど自由に選べるので、用途に合わせて探してみましょう。

結束バンドは安く買えるからおすすめ

今回結束バンドをおすすめした理由として、その安さがあげられます。

こちらをご覧ください。

・束ねバンド 566円
・ソフトワイヤー 299円
・ケーブルホルダー 699円
・ケーブルボックス 1,160円
・スパイラルチューブ 748円

今回の記事に出てきた商品をざっと並べてみました。

一番安いものはソフトワイヤーの299円。かなり安く感じますよね。

ですが結束バンドは脅威の81円です!!しかも100本入り。

どうですか?コスパ半端じゃないですよね??

しかも結束バンドは、コードをまとめる以外にも活用法がたくさん。

ワイヤーラック同士を固定して棚にしたり。壊れた取っ手の代わりにしたり。

100本あっても困らない優秀なアイテムなんですよ♪(小分けもあります)

おすすめ結束バンドを紹介

3M ナイロン結束バンド 長さ100mm

先ほどお話に出した81円のコスパ最強結束バンドです。

10mmと若干短いものの、2本使って連結させるなど使い方次第で解決できます。

なんと言っても1本1円しないその安さが素晴らしいですね!

他の買い物をする際にAmazonで買えば、送料も掛かりませんよ♪


3M ナイロン結束バンド 屋内用 長さ100mm 100本 NB-100MM

マジックテープ バンド 15cm

こちらはPCコード結束用に作られたマジックテープタイプの商品。

強く締めすぎて、コードを傷める心配がないので安心ですね♪

また、安い結束バンドにはできない繰り返し使えるという点も魅力的。

カラーバリエーションも豊富なマジックテープタイプ。

おしゃれに束ねたい方にもおすすめですね。


ケーブル結束バンド 黒 マジックテープ バンド 15cm 強力 再利用 マジックバンド pcケーブル用 充電ケーブル用 60本セット

ケーブルを見分けるポイント

ごちゃごちゃしてたケーブルをまとめたところで、「どれがどのケーブルかわからない!」と困ったことありませんか?

そんなときにできるひと工夫を紹介していきたいと思います!

ケーブルを整理するコツ

パソコンの充電器やケータイの充電器など似ているケーブルが2つ3つあったら、間違えてそのまま挿してしまうかもしれません。

時間の無駄を省くために、ケーブルをわかりやすく整理しましょう!

そのためには、ケーブルにラベルを付けるといいですよ!

ケータイのケーブル、パソコンのケーブル、テレビのケーブルなど、種類ごとに分ければすぐに見分けられます。

でも「買うのは面倒だな~」と思う方いますよね。

そんなときは、マスキングテープや本などに使うインデックスシールを使って一つ一つのケーブルに貼り付けちゃいましょう♪

まとめ

いかがでしたか?

今回は、ケーブルをきれいにまとめる方法を紹介しました!

どれも簡単にでき、100均で買うことができるので、この記事を読んだらすぐに試すことができますよ♪

部屋の掃除ついでに、ケーブルを隠せば、より達成感を得られると思います!

電化製品を揃えるたびにケーブルが増えていくので、すぐに実践してみるのもいいかもしれませんね♪

関連記事

キーボード掃除は分解して水洗い!外さずにピカピカさせる術も大公開

みなさん、パソコンのキーボードをお掃除していますか? 「えっ、全然お掃除してない」なんて方、実はキーボードはトイレの5倍汚いといわれる汚れの巣窟。 掃除せずにずっと使っているということは、毎日トイレを触っているのと同じで […]

NEW掃除用具の収納は種類別に!掃除機やクイックルワイパーはどうする? 

みなさんは、掃除用具をどこに収納していますか? 掃除機や雑巾、掃除用洗剤、スポンジなど、家の中の掃除をするためには、掃除用具が数えきれないくらいありますよね。 そんな掃除用具をキレイに収納するのはちょっと大変に思えますね […]

カビ退治はアルコールで簡単!その理由からおすすめの商品紹介まで!

梅雨の季節や雨が続いたとき、気が付いたらお家の中にカビが発生していたなんて経験ありませんか? 面倒臭いから掃除せずにほっといておいたらカビが増殖していたなんてことも…。今回は簡単でお手頃な価格でできる、カビを […]

無水エタノールの使い方とは、汚れ落としと水NG部分の拭き掃除だ!

家でのお掃除をするときによく使われるものといえば、重曹やクエン酸がパッと思いつきますよね。でも、家のものをピカピカにできるのは、重曹やクエン酸だけじゃないんです。 もうひとつものすごく便利なのが、無水エタノール。 え?聞 […]

ランキング

エアコン掃除を自分で行う方法を解説!内部のカビはプロが徹底除去!

夏が始まり、エアコンをつけると…カビ臭い。 臭いだけでなく、カビを含んだ空気を吸って健康に悪影響が出てしまうのは嫌ですよね。 そこで必要なのは、エアコンのお掃除! エアコンを分解し、カビやホコリを取り除くことで、空気を綺 […]

アルカリ電解水は何がすごいの?掃除の効果・使い方・注意点を大公開

  毎日のようにしているお掃除。 お風呂のカビやトイレなどに洗剤をシュシュっとしますよね。 でも、冷蔵庫内や電子レンジ、食器棚などは食べ物を扱うのであまり洗剤を使いたくない…。 小さなお子さんやペットがいるご家 […]

洗濯マグちゃんを使ってみた!洗剤なしでシミ落ち・部屋干し臭もゼロ

  洗濯マグちゃん。 なんだかかわいらしいこの名前、みなさん知ってますか? 洗濯マグちゃん、洗濯マグちゃん…。 思わず口に出したくなってしまう語感の良さですが。 どこかの町のゆるキャラ?企業のPRマスコット? […]

【鏡面磨き】あなたの手で革靴が蘇る!職人のみ知るコツでピカピカに

上品に光る、革靴。 思わず目を奪われるくらい、魅力的ですよね。 革靴をまるで鏡のように光らせる鏡面磨きに、憧れのある方も多いはず。 今回は、革靴のお手入れの道なんと20年以上のプロに、鏡面磨きの方法を取材してきました! […]

オキシクリーンの使い方を大公開!オキシ漬けで家中の汚れを一網打尽

  コストコ発祥の超万能洗剤「オキシクリーン」。皆さんは使ったことがありますか? オキシクリーンとは海外でも大人気の万能クリーナー。なんと酸素の力で汚れを落としてくれる優れものです! 最近ではSNSで「オキシ漬 […]

カバン修理|革・グッチ|バッグの内袋も直す職人の神ワザを徹底取材

みなさんの家にも、1つくらいありませんか? 傷が入ったり、糸がほつれたりして傷んだカバン。 久しぶりに使おうと思って取り出してみたら、劣化してしまっていたカバン。 このまま使うのもみっともないし、捨てちゃおうかな……。 […]

洗濯機はお掃除クリーナーでカビ取り!月イチ槽洗浄でキレイを保とう

洗濯機から出した洗濯物に、なんだか黒いぴろぴろしたものがついている……! なんてことありませんか? それ、ワカメではありません。洗濯機の洗濯槽についてしまった、カビです。 カビがついた洗濯槽でお洗濯をしていると思うと、ぞ […]

「茂木和哉」という洗剤を使わない方がいい3つの理由

私と「茂木和哉」の出会いは、ある穏やかな春の日、 突然に。 他の洗剤とは一線を画した茶一色のシブいパッケージ。 余計な説明は、何もない。 一目見た瞬間から今までのデザインとも一線を画す そのシンプルさに私は心を惹かれてし […]

【お風呂掃除総まとめ】浴槽・鏡など、6箇所の水垢とカビを完全除去

  お風呂掃除で気になる汚れといえば、「カビ」と「水垢」ではないでしょうか? ユアマイスタイル編集部では、全国の主婦のみなさん100人にアンケートを取り、お風呂掃除の悩みについて聞いてみました! なんと87%の […]

ウタマロクリーナーの使い方まとめ!家中9ヶ所のお掃除方法大公開!

  今主婦の間で大絶賛の洗剤、それがウタマロクリーナーです! 一度見たら忘れられない独特なフォルムと緑のボトル。 どこにでも使える万能性。 最近ではSNSでも話題になっています! でも、実際に使ってみないと真実 […]

エアコンの臭いはホコリ・カビ・雑菌!全てを除去するお掃除方法とは

久しぶりにエアコンをつけてみたら、もわっとした臭い風が部屋いっぱいに広がった。 という経験はありますか? 本当に気分が悪いですよね。そのニオイ、今すぐ取り除きましょう! 実はエアコンのニオイの原因とニオイを取り除くたった […]

エアコンの水漏れの原因は7つ!ドレンホースのお掃除で8割は解決!

エアコンをつけてみたら、え?エアコンが泣いている? いや、違う!ポタポタと水漏れが!そんな経験はありますか? 編集部では、20~50代の女性100人に「エアコンの水漏れを経験したことがありますか?」と聞いてみました。 4 […]

洗濯機はお掃除クリーナーでカビ取り!月イチ槽洗浄でキレイを保とう

洗濯機から出した洗濯物に、なんだか黒いぴろぴろしたものがついている……! なんてことありませんか? それ、ワカメではありません。洗濯機の洗濯槽についてしまった、カビです。 カビがついた洗濯槽でお洗濯をしていると思うと、ぞ […]

風呂釜掃除はつけおきで簡単!プロの洗浄は専用機械で汚れがゴッソリ

湯船に浸かって、1日の疲れを癒す。 お風呂の時間は、最高のリラックスタイムですよね。 そんな、つかの間の休息を演出してくれるのがそう、風呂釜。 意外と知られていないですが、お掃除していない風呂釜には汚れがたまっています。 […]

エアコン掃除を自分で行う方法を解説!内部のカビはプロが徹底除去!

夏が始まり、エアコンをつけると…カビ臭い。 臭いだけでなく、カビを含んだ空気を吸って健康に悪影響が出てしまうのは嫌ですよね。 そこで必要なのは、エアコンのお掃除! エアコンを分解し、カビやホコリを取り除くことで、空気を綺 […]

お風呂の鏡のお掃除はどうしよう?なにしよう?「新聞使用」が正解!

毎日使うお風呂。 毎日見るお風呂の鏡。 あなたのお家のお風呂の鏡、自分の姿がはっきり写りますか? 湯気で覆われているように白くくもっていませんか? ここで編集部が20代〜60代の女性100人に行なったアンケートを見てみま […]

洗濯機の排水口掃除はパイプユニッシュor重曹!臭いや詰まりも改善

洗濯機の排水口から何か嫌な臭いが漂ってくる…。 洗濯機が脱水中に止まってしまったり、エラー表示が出たりする…。 あなたのお家の洗濯機のそんなトラブル、もしかしたら洗濯機の排水口のせいかもしれません。 長期間、洗濯機を使い […]

お風呂の排水口・排水パイプの掃除方法!臭いと詰まりをどちらも解消

  お風呂ので一番汚れが気になるところといっても過言ではない、排水口。 お風呂中のお湯が流れ着く場所です。お湯に流されて、汚れもたっぷりたまります。 排水口の汚れが原因で、お風呂中に嫌な臭いが漂ったり、排水パイ […]

キッチンの排水口のお掃除には重曹とお酢でつまりはもう詰まらない!

排水口のぬめり…… 排水口からの臭い…… 排水口の詰まり…… 毎日キッチンを使っていると、こんな問題が生じることがよくあります。 キッチンは朝昼晩と使うものなので、排水口の掃除までなかなか手が回らないですよね。 では、い […]

お風呂の頑固なカビには片栗粉×漂白剤!プロおすすめ予防法もご紹介

スポンジでゴシゴシしても落ちない…。 落としたつもりでも何日かたつと復活している…。 このように、お風呂のカビで悩んだことはありますか? ここで編集部が20代〜60代の女性100人に行なったアンケートを見てみましょう。 […]

布団は部屋干しでもふかふかに!週に1回干すだけで快眠が手に入る!

  干したばかりの布団って気持ちいいですよね。 じめっと重かった布団も、日光に当てて干すとカラッと軽くなります。 毎日あんな布団で寝られたらいいのにと思いますが、実際は天気に左右されたり、花粉が気になったりして […]

ワイシャツの黄ばみを落とす最強の漂白剤の使い方!予防すれば完璧◎

いつの間にかワイシャツが黄ばんでいた経験、ありませんか?特に、襟や脇、袖は黄ばみやすい部分です。 実は、毎日ちゃんとお洗濯しているだけでは、黄ばみを予防することはできないのです。 黄ばんだワイシャツでは、第一印象も悪くな […]

油汚れの染み抜きには「クレンジングオイル」が一番効果的なんです!

「揚げ物を作っていたら、油が服に飛んでしまった…。」 「子供がオムライスを食べていて、服にケチャップをつけてしまった…。」 など、日常的に服に油のシミがついてしまうシーンってありますよね。 でも、みなさんは知っていますか […]

白いスニーカーの汚れを7つのアイテムで真っ白に!お酢が決め手です

白は汚れる! まあ常識ですよね。 ちょっと擦っただけでも灰色が付きますもん。 僕も一時期まっ白なスニーカーで生活してたんですがね、まあすぐ汚して怒られましたとも。   ということで今回は白スニーカー。 汚れが目 […]

【8割の人が知らない!】靴を自宅の洗濯機で洗う正しい方法を解説

会社が学校から帰る途中に、突然のゲリラ豪雨。 息を切らしながら走って帰ったけど、泥が跳ねて靴が汚れちゃった…。そんなこともありますよね。 そんなとき汚れてしまった靴をどうしていますか? え?そのまま? そんな […]

油性ペンの汚れに4通りの落とし方。油には油を!不安ならみかん!

新学期。新しい教科書に名前を書く時に、大活躍の油性ペン。 にじまず、書く材質を選ばないのが特徴。そのため、水で濡れやすいキッチン周りにも使えますし、学生から主婦の方にも愛用されているはず。 そんな油性ペンの1番の特徴は「 […]

羽毛布団を洗濯機で洗う方法|コインランドリーやクリーニングと比較

  寒くなってくると毎年押し入れから引っ張り出してくる羽毛布団。ふかふかのお布団にはついつい顔をうずめたくなりますよね…って、あれ。 なんか、臭い。前よりボリューム感がないかも。 なんてショックを受けてる方に質 […]

色移りの落とし方は50℃のお湯で洗剤2倍!本当に正しい情報大公開

あああ!しまった。 洗濯機の蓋を開けてみたら、中が大惨事になっていた。 こんな経験はありませんか? そう、色移り。 お気に入りの服に色が移っていた時なんか、とてもショックですよね。 普段は気をつけていても、ちょっと気を抜 […]

帽子・キャップの型崩れしない洗い方!他とはかぶらない方法で伝授!

帽子って、知らず知らずのうちに汚れや臭いがひどくなってしまいますよね。 特に夏の汗をかく時期。 でも、帽子を自宅で洗うって、あんまりピンとこないかもしれません。 しかし、ここでは帽子・キャップを自宅で型崩れの心配なく洗う […]

羽毛布団の洗濯はコインランドリーがおすすめ!乾燥時の注意点も解説

  軽くて、柔らかくて、暖かい。 と、良いこと尽くしの羽毛布団は、寒い季節には手放せない寝具の1つ。 でも、なんだか最近、ふんわり感がなくなったような…。 それに、前よりも暖かくないかもしれない…。 なんて感じ […]

リーガル靴修理|ソール・かかと・つま先ビフォーアフターが完全集結

  日本を代表する靴ブランドであるリーガル。 100年以上にも渡りグッドイヤー・ウェルト製法を貫き、日本人の足にフィットするものをと、木型からこだわっています。 ビジネスシーンの足元の定番ではないかと思うくらい […]

ルイヴィトンバッグ・財布修理|レザー、内袋、取手リペア事例が集結

  ショルダーベルトが切れてしまった。 ファスナーが壊れた。 シミがついてしまった。 そんなブランド品はありませんか? 切れた部分やシミは、修理の職人さんの技術で、元の姿に戻すことができます。 その仕上がりは、 […]

革靴のオールソール交換!靴底の張り替えの匠の技で厚み・美しさ倍増

  靴の、底。 履いているうちに、必ず削れてきてしまう部分ですね。 擦り切れて穴が開いてしまった…… 削れ過ぎて、見た目が悪くなってしまった…… など、靴底の状態が悪くなってしまった靴は、ありませんか? そんな […]

グッチのバッグ・財布・靴修理|レザー、内袋、取手リペア事例が集結

  とっても大切な、グッチのバッグや財布、靴。 どれだけ丁寧に扱っていても、壊れてしまうことってありますよね。 長く使っていると素材が変質したり、穴があいてしまったり…。 自分で修理しようとすると、せっかくのデ […]

ファスナー・チャックの直し方を解説!5つの不具合もこれで全て解決

急いでファスナーを閉めたら動かなくなった……なんて経験、あるんじゃないですか? 『ガチっ』なんて音を出した後、うんともすんとも言わなくなることが結構あるんですよねぇ。 さて、こういうファスナーの故障ですが、大抵は曲がって […]

裾上げのやり方をズボンの種類別に解説!丈を決めるポイントも伝授!

もうちょっと裾が短かったら、このズボンは完璧なのになあ。 そんなお悩みはありませんか? そんなときに便利なのが「裾上げ」。 でも洋服屋さんで頼むと時間がかかってしまいます。取りに行くのも面倒臭いですよね。 だから、自分で […]

靴の臭いがたったの100円で消せるのならば試さずにはいられない話

どうも、隙あらば靴を脱ぐのであんまり足の臭いに困らない僕です。 たまに遠出すると脱げなくて大変なことになるんですけどねー。 さて、足の臭いってかなり気になりますよね。 しかも、どれだけ足を洗ったところで臭いが出るのは止め […]

スエードの靴の汚れの正しい洗い方とは?普段のお手入れ方法も解説

スエードの靴、あの独特の質感が素敵ですよね。なんだか温かみを感じる、良い生地だと思います。 でも一つ問題が…… 汚れが付きやすいんですよね。水に濡れればシミになり、使っているとテカテカしてきます。 しかも、スエードってお […]

靴磨きのコツを大公開!職人だけが知る革靴のお手入れ方法を徹底取材

お洒落は足元から、なんてよく言いますよね。 一生、大切にしたいと思っている革靴を、お持ちの方も多いはず。 ですが、せっかくの素敵な革靴も、お手入れができていなかったら台無しです。 よい革靴は、きちんと靴磨きをして、いつで […]

サビ落としはブラシ&サビ取り剤が最強!こすらず磨いて楽々完全除去

身の周りを見渡してみたら、色んなところでサビを発見してしまった…なんて経験、ありませんか? 例えば家の中に置いてあるスタンドラックにも発生するし、外に置いておいた自転車にもサビはつきやすいもの。 見た目はあまりきれいとは […]

おすすめ特集