フライパンの洗い方は「毎回のお手入れでは洗剤を使わない」が正解!

■フライパンの洗い方は、種類によって変えること!
■鉄製のフライパンは油を残すことも大切
■料理によってフライパンを変えるのが長持ちの秘訣

RELIVERS編集部

更新日:2018年10月12日

調理のあとに困るのが、フライパンにこびりついた油汚れと焦げ付き。

汚れを取りやすくしようと使用後すぐに水につけたり、大量のクレンザーを使って力任せにゴシゴシとこすり洗いしている人も多いのではないでしょうか?

そうした間違った洗い方がさらなる焦げ付きを招き、フライパンの寿命をどんどん縮めているのです。

 

新品と同じクオリティーをより長く保ち、洗い物のストレスを少しでも軽くするためは、正しい洗い方と注意すべきポイントの把握がより重要となります。

それでは、焦げ付きとは無縁な生活に踏み出しましょう!

フライパンの種類を5つ紹介

フライパンにはいろんな種類がある

洗い方の前にまずは、フライパンの種類について説明します。

鉄フライパン

その名の通り鉄製のフライパンです。
作りが丈夫で耐久率、熱伝導がともに高いため、炒め物調理に向いています。また、長く使い続けることでフライパン表面に油が馴染み、悩ましい焦げ付きが改善されるんです。
ただし、重くて扱いにくいため女性の場合は腕が疲れてしまうというデメリットも。
22〜24cm、26〜28cm、30〜33cmのサイズ感です。

日本製の鉄フライパン。表面が加工してあるため、こびりつきにくく錆びにくいです。また、使えば使うほど油がなじむので滑りがよくなり使いやすくなります。取っ手は樹脂でできていて、持ちやすさも◎です。

 

アルミニウムフライパン

もっとも一般的なタイプ、フッ素樹脂と呼ばれる合成樹脂でコーティングされたフッ素加工(テフロン加工)タイプ。
なんと言っても熱伝導がとても早く、軽めの調理に向いています。フライパン表面に食材がくっつきやすい上に焦げやすく、扱いが難しいというマイナスの側面もあるようです。
サイズは16cm、18cm、20cm、22cm、24cm。

富山県の老舗の鋳物職人さんが仕上げるアルミ製フライパン。熱伝導も抜群で、内面が4層構造なので耐久性も◎。底が厚くなっているのですが、側面は薄いためかなり軽量化されています。内側が焦げ付くのはもうイヤ…というあなたは是非お試しあれ!!

 

銅フライパン

銅フライパンは、親子丼やカツ丼を作る時に目にするケースが多い、プロの料理人御用達アイテム。
最大の特徴はその熱伝導の高さ。短時間でもすぐに熱が伝わるため、効率よく料理ができるほか、サビにくいというメリットがあります。
その一方で手入れに手間がかかり、使うシーンが限られてしまいがちです。

銅のフライパンって、あまり馴染みがないかもしれませんが、私は実家で使っています。耐久性が抜群。もう何年使っているのか分からないくらいですが、いまだに目玉焼きもおいしく焼けますよ♪さて、こちらは新潟県三条市産。油が表面によくなじむタイプなので炒め物や卵焼きを作るときにありがたいです。そして、こびりつきにくいところも◎。

 

ステンレスフライパン

ステンレスフライパンは、熱伝導が低い分、たまご焼きやハンバーグなど時間をかけるじっくり系の調理に最適。また、汚れを落としやすく、丈夫で長持ちしやすいという点も魅力のひとつです。
しかし、熱伝導の低さから熱ムラが起き、食材が焦げてこびりつきやすいため使い勝手がいいとは言えません。
サイズは16cm、18cm、20cm、22cm、24cm、30cm、32cm。

こちらはステンレスのフライパンですが、中にアルミが挟まった3層構造になっています。そのため、ステンレス特有の保温性とアルミ特有の熱伝導。この2つの点で優れている、フライパンです。

 

チタンフライパン

見かける機会は少ないかと思いますが、鉄フライパンのおよそ半分の軽さを誇ります。作りが丈夫で耐食性に優れているため、幅広い調理で活躍する使い勝手のいいタイプです。
ただし、熱が伝わりにくく焦げやすいという面もあるため、調理に合わせて使い分けた方が良さそう。

耐久性に優れていて錆びにくいチタンのフライパンです。ちなみに、真ん中についている赤いマークの、色が変わることで予熱が完了したことが分かります。これは便利ですよね♪

 

素材別の洗い方は?

フライパンの種類とその特徴を理解することができたと思います。なかでもみなさんがよく使う、フッ素加工(アルミニウム)フライパンと鉄フライパン、それぞれの正しい手入れ方法についてご紹介しましょう。もしこれまで間違った洗い方をしていたのであれば、今日からこの方法を実践してくださいね。

 

フッ素加工のフライパンの洗い方

まずは、スポンジに洗剤をつけて泡立てて……という洗い方をしていませんか?
実は、それ、間違いなのです!

 用意するもの 

・キッチンペーパー or 新聞紙
・スポンジ

   手 順  

1.油汚れを拭き取る

フライパンの熱が冷める前に、キッチンペーパーもしくは新聞紙で、油汚れをきちんと拭き取ります。

 

2.お湯につける

フライパンの熱が冷めたら、お湯につけましょう。

 

3.スポンジで洗う

洗剤はつけずにスポンジのやわらかい面を使い、クルクルと円を描くように優しく洗います。

 

4.すすいで乾燥

お湯でよく洗い流してから、自然乾燥させれば完了。

 

フッ素加工が施されているタイプは、温度の変化に弱いという性質があるため、使用したあとに急に冷やすのは避けましょう。

 

鉄フライパンの洗い方

手順2までは、フッ素加工のフライパンの洗い方と同じです。

 用意するもの 

・キッチンペーパー or 新聞紙
・スポンジ

   手 順  

1.油汚れを拭き取る
調理のあと熱が冷めないうちに、キッチンペーパーもしくは新聞紙で汚れを拭き取ります。

2.お湯につけ、スポンジで洗う
汚れを取ったらお湯または水につけ、洗剤はつけずにスポンジで優しく洗いましょう。

3.強火で加熱する
お湯で洗い流してから軽く水切りをし、強火で加熱して水分を飛ばします。

4.冷ます
水分が蒸発したら火を止め、熱が冷めてからしまいましょう。

 

鉄製加工のフライパンはフッ素加工に比べて温度変化に強いので、急に冷やしても問題ありません。また、洗剤を使わずお湯のみで流すことで、馴染んだ油が焦げ付きを防いでくれるんです。

 

フライパンを洗うときは洗剤は不要?

素材ごとの洗い方について既にお気づきの方もいるかと思いますが、フライパンを洗う時は基本的に洗剤は必要ありません。

なぜなら、お湯や水につける前にキッチンペーパーや新聞紙で油汚れをきちんと拭き取ることで、ほぼほぼきれいになるからです。

鉄製加工においてはむしろ、使い続けることで食べ物に含まれる油が馴染んで天然のオイル加工になるくらい。

このように、あらかじめ汚れをきれいに取り除くだけで、洗剤の使用が大幅に減ってエコにも節約にもつながるのです。

 

普段使うときの注意点とポイント!

虫眼鏡でフライパンを観察する

お気に入りのフライパンがあると、料理をするのも楽しくなりますよね。
そんなフライパンを長く大切に使っていくには、普段の使い方が重要です。
普段フライパンを使うときに注意したほうがいいことと、長持ちさせるポイントを紹介します。

注意点

フライパンを使う時に気をつけるべき注意点があります。まず1つ目は、から焚きをしないこと。
フライパンを火にかけたまま忘れて、焦げ臭さに気が付くと白い煙が出ていた、、、なんて経験ありませんか?
こうしたから焚きによって形が変形し、熱伝導がさらに弱まる熱ムラの原因となります。

また、フッ素加工のフライパンは特にですが、熱が冷めないうちに急に冷やするとコーティングが剥がれる要因に。フッ素加工のフライパンは熱が冷めてから、水につけるようにしましょう。

 

ポイント

フライパンを長持ちさせる最大のポイントは、用途によって使い分けること。

例えば、熱伝導が低いステンレスフライパンはじっくり系の調理に、反対に熱伝導が早い鉄フライパンはステーキや炒め物の調理に。
このように、食事スタイルでうまく分けてみるのが、新品のクオリティーを保つ秘訣です。
洗う時はたわしの使用は避け、極力キッチンペーパーもしくは新聞紙で済ませてくださいね。

 

まとめ

というわけで、キッチンペーパーや新聞紙で拭き取るだけで意外と簡単にケアできるようです。

しかも、あらかじめきちんと拭き取ることで工数や手間を大幅に減らせるほか、洗剤を使用せずともサッときれいに洗い流せるから、エコにも節約にもなって一石二鳥。

 

まあ『焦げ付きを予防しながら洗う方法』であって『焦げ付きを取る方法』ではないのは気を付けてくださいね?

使っているフライパンがどの種類なのかもう一度確認し、より長く、フライパンと付き合っていけたらいいですね。

関連記事

鍋の焦げ付きを落とす5つの方法!長年の汚れもこれで必ず落ちます!

ちょっと目を離した隙に、鍋の底を焦がしてしまった…なんてこと、ありませんか? 焦げって結構すぐについてしまうので、料理をする人にとっては逃れられない問題ですよね。 そんな焦げの落とし方、実は鍋の種類によって大きく変わって […]

ディスポーザーの交換は業者さんに頼むべし!頻度と修理相場も解説!

  生ごみがシンクに溜まるのを防いでくれるディスポーザー。 シンクを清潔に保つことができ、とても便利です。 しかし、もしもディスポーザーが壊れてしまったらどうすればいいのか悩んでしまいますよね。 実は、その場合 […]

茶渋の取り方は重曹・塩・漂白剤の3通り!渋々やらずにすぐやって!

突然ですが、あなたのマグカップはきれいですか? 朝起きてすぐに、ホッとひと息つきたい仕事の合間に、午後のおやつの時間に、夜眠る前の一杯にと、コーヒーや紅茶を飲む人は多いのではないでしょうか。 しかし、その至福の時間の終わ […]

フライパンの焦げは重曹とお湯で8割落とせる!残り2割はスポンジで

くらしの必需品、フライパン。料理をする人なら必ず持っていて、いざという時は銃弾も防げる。もはや現代社会に欠かせないアイテムだと言っても過言じゃないでしょう。 それはもう世紀末だって?細かいことは気にしない気にしない。 不 […]

ランキング

エアコンの臭いはホコリ・カビ・雑菌!全てを除去するお掃除方法とは

久しぶりにエアコンをつけてみたら、もわっとした臭い風が部屋いっぱいに広がった。 という経験はありますか? 本当に気分が悪いですよね。そのニオイ、今すぐ取り除きましょう! 実はエアコンのニオイの原因とニオイを取り除くたった […]

エアコンの水漏れの原因は7つ!ドレンホースのお掃除で8割は解決!

エアコンをつけてみたら、え?エアコンが泣いている? いや、違う!ポタポタと水漏れが!そんな経験はありますか? 編集部では、20~50代の女性100人に「エアコンの水漏れを経験したことがありますか?」と聞いてみました。 4 […]

リーガル靴修理|ソール・かかと・つま先ビフォーアフターが完全集結

  日本を代表する靴ブランドであるリーガル。 100年以上にも渡りグッドイヤー・ウェルト製法を貫き、日本人の足にフィットするものをと、木型からこだわっています。 ビジネスシーンの足元の定番ではないかと思うくらい […]

ルイヴィトンバッグ・財布修理|レザー、内袋、取手リペア事例が集結

  ショルダーベルトが切れてしまった。 ファスナーが壊れた。 シミがついてしまった。 そんなブランド品はありませんか? 切れた部分やシミは、修理の職人さんの技術で、元の姿に戻すことができます。 その仕上がりは、 […]

布団は部屋干しでもふかふかに!週に1回干すだけで快眠が手に入る!

  干したばかりの布団って気持ちいいですよね。 じめっと重かった布団も、日光に当てて干すとカラッと軽くなります。 毎日あんな布団で寝られたらいいのにと思いますが、実際は天気に左右されたり、花粉が気になったりして […]

革靴のオールソール交換!靴底の張り替えの匠の技で厚み・美しさ倍増

  靴の、底。 履いているうちに、必ず削れてきてしまう部分ですね。 擦り切れて穴が開いてしまった…… 削れ過ぎて、見た目が悪くなってしまった…… など、靴底の状態が悪くなってしまった靴は、ありませんか? そんな […]

洗濯機はお掃除クリーナーでカビ取り!月イチ槽洗浄でキレイを保とう

洗濯機から出した洗濯物に、なんだか黒いぴろぴろしたものがついている……! なんてことありませんか? それ、ワカメではありません。洗濯機の洗濯槽についてしまった、カビです。 カビがついた洗濯槽でお洗濯をしていると思うと、ぞ […]

グッチのバッグ・財布・靴修理|レザー、内袋、取手リペア事例が集結

  とっても大切な、グッチのバッグや財布、靴。 どれだけ丁寧に扱っていても、壊れてしまうことってありますよね。 長く使っていると素材が変質したり、穴があいてしまったり…。 自分で修理しようとすると、せっかくのデ […]

風呂釜掃除はつけおきで簡単!プロの洗浄は専用機械で汚れがゴッソリ

湯船に浸かって、1日の疲れを癒す。 お風呂の時間は、最高のリラックスタイムですよね。 そんな、つかの間の休息を演出してくれるのがそう、風呂釜。 意外と知られていないですが、お掃除していない風呂釜には汚れがたまっています。 […]

エアコン掃除を自分で行う方法を解説!内部のカビはプロが徹底除去!

夏が始まり、エアコンをつけると…カビ臭い。 臭いだけでなく、カビを含んだ空気を吸って健康に悪影響が出てしまうのは嫌ですよね。 そこで必要なのは、エアコンのお掃除! エアコンを分解し、カビやホコリを取り除くことで、空気を綺 […]

エアコンの臭いはホコリ・カビ・雑菌!全てを除去するお掃除方法とは

久しぶりにエアコンをつけてみたら、もわっとした臭い風が部屋いっぱいに広がった。 という経験はありますか? 本当に気分が悪いですよね。そのニオイ、今すぐ取り除きましょう! 実はエアコンのニオイの原因とニオイを取り除くたった […]

エアコンの水漏れの原因は7つ!ドレンホースのお掃除で8割は解決!

エアコンをつけてみたら、え?エアコンが泣いている? いや、違う!ポタポタと水漏れが!そんな経験はありますか? 編集部では、20~50代の女性100人に「エアコンの水漏れを経験したことがありますか?」と聞いてみました。 4 […]

洗濯機はお掃除クリーナーでカビ取り!月イチ槽洗浄でキレイを保とう

洗濯機から出した洗濯物に、なんだか黒いぴろぴろしたものがついている……! なんてことありませんか? それ、ワカメではありません。洗濯機の洗濯槽についてしまった、カビです。 カビがついた洗濯槽でお洗濯をしていると思うと、ぞ […]

風呂釜掃除はつけおきで簡単!プロの洗浄は専用機械で汚れがゴッソリ

湯船に浸かって、1日の疲れを癒す。 お風呂の時間は、最高のリラックスタイムですよね。 そんな、つかの間の休息を演出してくれるのがそう、風呂釜。 意外と知られていないですが、お掃除していない風呂釜には汚れがたまっています。 […]

エアコン掃除を自分で行う方法を解説!内部のカビはプロが徹底除去!

夏が始まり、エアコンをつけると…カビ臭い。 臭いだけでなく、カビを含んだ空気を吸って健康に悪影響が出てしまうのは嫌ですよね。 そこで必要なのは、エアコンのお掃除! エアコンを分解し、カビやホコリを取り除くことで、空気を綺 […]

お風呂の鏡のお掃除はどうしよう?なにしよう?「新聞使用」が正解!

毎日使うお風呂。 毎日見るお風呂の鏡。 あなたのお家のお風呂の鏡、自分の姿がはっきり写りますか? 湯気で覆われているように白くくもっていませんか? ここで編集部が20代〜60代の女性100人に行なったアンケートを見てみま […]

洗濯機の排水口掃除はパイプユニッシュor重曹!臭いや詰まりも改善

洗濯機の排水口から何か嫌な臭いが漂ってくる…。 洗濯機が脱水中に止まってしまったり、エラー表示が出たりする…。 あなたのお家の洗濯機のそんなトラブル、もしかしたら洗濯機の排水口のせいかもしれません。 長期間、洗濯機を使い […]

お風呂の排水口・排水パイプの掃除方法!臭いと詰まりをどちらも解消

  お風呂ので一番汚れが気になるところといっても過言ではない、排水口。 お風呂中のお湯が流れ着く場所です。お湯に流されて、汚れもたっぷりたまります。 排水口の汚れが原因で、お風呂中に嫌な臭いが漂ったり、排水パイ […]

キッチンの排水口のお掃除には重曹とお酢でつまりはもう詰まらない!

排水口のぬめり…… 排水口からの臭い…… 排水口の詰まり…… 毎日キッチンを使っていると、こんな問題が生じることがよくあります。 キッチンは朝昼晩と使うものなので、排水口の掃除までなかなか手が回らないですよね。 では、い […]

お風呂の頑固なカビには片栗粉×漂白剤!プロおすすめ予防法もご紹介

スポンジでゴシゴシしても落ちない…。 落としたつもりでも何日かたつと復活している…。 このように、お風呂のカビで悩んだことはありますか? ここで編集部が20代〜60代の女性100人に行なったアンケートを見てみましょう。 […]

布団は部屋干しでもふかふかに!週に1回干すだけで快眠が手に入る!

  干したばかりの布団って気持ちいいですよね。 じめっと重かった布団も、日光に当てて干すとカラッと軽くなります。 毎日あんな布団で寝られたらいいのにと思いますが、実際は天気に左右されたり、花粉が気になったりして […]

ワイシャツの黄ばみを落とす最強の漂白剤の使い方!予防すれば完璧◎

いつの間にかワイシャツが黄ばんでいた経験、ありませんか?特に、襟や脇、袖は黄ばみやすい部分です。 実は、毎日ちゃんとお洗濯しているだけでは、黄ばみを予防することはできないのです。 黄ばんだワイシャツでは、第一印象も悪くな […]

油汚れの染み抜きには「クレンジングオイル」が一番効果的なんです!

「揚げ物を作っていたら、油が服に飛んでしまった…。」 「子供がオムライスを食べていて、服にケチャップをつけてしまった…。」 など、日常的に服に油のシミがついてしまうシーンってありますよね。 でも、みなさんは知っていますか […]

白いスニーカーの汚れを7つのアイテムで真っ白に!お酢が決め手です

白は汚れる! まあ常識ですよね。 ちょっと擦っただけでも灰色が付きますもん。 僕も一時期まっ白なスニーカーで生活してたんですがね、まあすぐ汚して怒られましたとも。   ということで今回は白スニーカー。 汚れが目 […]

【8割の人が知らない!】靴を自宅の洗濯機で洗う正しい方法を解説

会社が学校から帰る途中に、突然のゲリラ豪雨。 息を切らしながら走って帰ったけど、泥が跳ねて靴が汚れちゃった…。そんなこともありますよね。 そんなとき汚れてしまった靴をどうしていますか? え?そのまま? そんな […]

油性ペンの汚れに4通りの落とし方。油には油を!不安ならみかん!

新学期。新しい教科書に名前を書く時に、大活躍の油性ペン。 にじまず、書く材質を選ばないのが特徴。そのため、水で濡れやすいキッチン周りにも使えますし、学生から主婦の方にも愛用されているはず。 そんな油性ペンの1番の特徴は「 […]

羽毛布団を洗濯機で洗う方法|コインランドリーやクリーニングと比較

  寒くなってくると毎年押し入れから引っ張り出してくる羽毛布団。ふかふかのお布団にはついつい顔をうずめたくなりますよね…って、あれ。 なんか、臭い。前よりボリューム感がないかも。 なんてショックを受けてる方に質 […]

色移りの落とし方は50℃のお湯で洗剤2倍!本当に正しい情報大公開

あああ!しまった。 洗濯機の蓋を開けてみたら、中が大惨事になっていた。 こんな経験はありませんか? そう、色移り。 お気に入りの服に色が移っていた時なんか、とてもショックですよね。 普段は気をつけていても、ちょっと気を抜 […]

帽子・キャップの型崩れしない洗い方!他とはかぶらない方法で伝授!

帽子って、知らず知らずのうちに汚れや臭いがひどくなってしまいますよね。 特に夏の汗をかく時期。 でも、帽子を自宅で洗うって、あんまりピンとこないかもしれません。 しかし、ここでは帽子・キャップを自宅で型崩れの心配なく洗う […]

羽毛布団の洗濯はコインランドリーがおすすめ!乾燥時の注意点も解説

  軽くて、柔らかくて、暖かい。 と、良いこと尽くしの羽毛布団は、寒い季節には手放せない寝具の1つ。 でも、なんだか最近、ふんわり感がなくなったような…。 それに、前よりも暖かくないかもしれない…。 なんて感じ […]

リーガル靴修理|ソール・かかと・つま先ビフォーアフターが完全集結

  日本を代表する靴ブランドであるリーガル。 100年以上にも渡りグッドイヤー・ウェルト製法を貫き、日本人の足にフィットするものをと、木型からこだわっています。 ビジネスシーンの足元の定番ではないかと思うくらい […]

ルイヴィトンバッグ・財布修理|レザー、内袋、取手リペア事例が集結

  ショルダーベルトが切れてしまった。 ファスナーが壊れた。 シミがついてしまった。 そんなブランド品はありませんか? 切れた部分やシミは、修理の職人さんの技術で、元の姿に戻すことができます。 その仕上がりは、 […]

革靴のオールソール交換!靴底の張り替えの匠の技で厚み・美しさ倍増

  靴の、底。 履いているうちに、必ず削れてきてしまう部分ですね。 擦り切れて穴が開いてしまった…… 削れ過ぎて、見た目が悪くなってしまった…… など、靴底の状態が悪くなってしまった靴は、ありませんか? そんな […]

グッチのバッグ・財布・靴修理|レザー、内袋、取手リペア事例が集結

  とっても大切な、グッチのバッグや財布、靴。 どれだけ丁寧に扱っていても、壊れてしまうことってありますよね。 長く使っていると素材が変質したり、穴があいてしまったり…。 自分で修理しようとすると、せっかくのデ […]

ファスナー・チャックの直し方を解説!5つの不具合もこれで全て解決

急いでファスナーを閉めたら動かなくなった……なんて経験、あるんじゃないですか? 『ガチっ』なんて音を出した後、うんともすんとも言わなくなることが結構あるんですよねぇ。 さて、こういうファスナーの故障ですが、大抵は曲がって […]

裾上げのやり方をズボンの種類別に解説!丈を決めるポイントも伝授!

もうちょっと裾が短かったら、このズボンは完璧なのになあ。 そんなお悩みはありませんか? そんなときに便利なのが「裾上げ」。 でも洋服屋さんで頼むと時間がかかってしまいます。取りに行くのも面倒臭いですよね。 だから、自分で […]

靴の臭いがたったの100円で消せるのならば試さずにはいられない話

どうも、隙あらば靴を脱ぐのであんまり足の臭いに困らない僕です。 たまに遠出すると脱げなくて大変なことになるんですけどねー。 さて、足の臭いってかなり気になりますよね。 しかも、どれだけ足を洗ったところで臭いが出るのは止め […]

スエードの靴の汚れの正しい洗い方とは?普段のお手入れ方法も解説

スエードの靴、あの独特の質感が素敵ですよね。なんだか温かみを感じる、良い生地だと思います。 でも一つ問題が…… 汚れが付きやすいんですよね。水に濡れればシミになり、使っているとテカテカしてきます。 しかも、スエードってお […]

靴磨きのコツを大公開!職人だけが知る革靴のお手入れ方法を徹底取材

お洒落は足元から、なんてよく言いますよね。 一生、大切にしたいと思っている革靴を、お持ちの方も多いはず。 ですが、せっかくの素敵な革靴も、お手入れができていなかったら台無しです。 よい革靴は、きちんと靴磨きをして、いつで […]

サビ落としはブラシ&サビ取り剤が最強!こすらず磨いて楽々完全除去

身の周りを見渡してみたら、色んなところでサビを発見してしまった…なんて経験、ありませんか? 例えば家の中に置いてあるスタンドラックにも発生するし、外に置いておいた自転車にもサビはつきやすいもの。 見た目はあまりきれいとは […]

おすすめ特集