HOME
更新日 :2022年01月31日

家具にカビが生える原因はなに?除去方法やカビ対策もご紹介します!

この記事をシェアする FaceBook X LINE Pinterest

 

カビは水回りに発生するイメージですが、水気のない家具にもカビが発生することがあります。

カビを放置すると、カビの胞子が空気中に拡散されて健康被害を及ぼす恐れも…。

家具にカビを見つけたら、すぐに対処することが大切です!

今回は、家具に発生するカビについて解説をします。

家具にカビが生える2つの原因

まず最初に、家具にカビが生える原因を見ていきましょう。

原因1 湿気

カビの最大の原因は湿気です。

一般的にカビは、高温多湿を好み繁殖をしていきます。

湿度が60%以上のところでは発生しやすく、湿度が上がるにつれてどんどん繁殖力が上がっていきます。

結露しやすい窓際や、風が通らない部屋の隅の方は、湿度が高くなりやすいので、湿度が高い場所に置かれた家具は要注意!

特に木材の家具は、湿気を吸い込みやすく、カビが木材の内部に入り込むこともあるので、見つけたらすぐに対処をしましょう。

原因2 栄養分

カビは、繁殖に必要な養分があると、繁殖しやすくなります。

家具のカビ繁殖で栄養分となりがちなのは、ホコリ・髪の毛・皮脂・皮膚・食べ物などです。

日常生活で、部屋にたまるホコリの中には繊維等の汚れに交じり、髪の毛や皮脂といった汚れも含まれています。

食べ物などが付着した手で触ることで、食べ物、皮脂などの手垢汚れも付着している可能性もあります。

家具にカビが発生しやすい時期とは?

湿度の高い梅雨~夏にかけては、カビが発生しやすいシーズンです。

カビは湿度に加えて、温度が20~30度になると繁殖が進むのでこのシーズンは要注意。

ただし、最近の住宅は冬でも室内が暖かく、窓に結露ができる住宅も多いので、冬場でもカビが発生する可能性が十分あります。

家具に発生したカビはすぐに除去!

カビを発見したら、すぐに除去することが大切です。

一度生えてしまっても早期に除去できれば元通りになりますよ!

カビはアルコールに弱いという特性があるのでアルコール製剤で除去しましょう。

用意するもの
・アルコール除菌スプレー
・キッチンペーパー
・サーキュレーター(あると便利)
手順
 
1
カビの繁殖範囲を確認する

2
アルコールをスプレーしたキッチンペーパーで拭きとる

3
乾燥させる

カビの発生箇所を、アルコールを含んだキッチンペーパーで丁寧に拭き取りましょう。

広範囲に拭くとカビ菌を広げてしまう可能性があります。

カビの胞子を広げないように拭き取ることがポイントです。

拭き取った後はサーキュレーターなどを使い、しっかりと乾燥させてカビの原因である湿度を取り除きましょう。

※家具の材質によっては、アルコール除菌スプレーが使用できないことがあります。

見えないところで試すなど、アルコール除菌スプレーが使えるか確認してから使用してください。

また、カビの除去ができても、黒ずみが残ってしまう場合があります。

お風呂などでは塩素系漂白剤を使うことができますが、家具を痛めてしまう可能性があるので、カビ取り専用の洗剤を使うことがおすすめです。

カビを発生させないために

カビを除去したら、今後はカビを発生させないことが大切です。

換気をする

こまめに窓を開けて風を通し、湿度がたまらないようにしましょう。

空気中にはカビ菌が漂っています。

換気をすることで、空気中のカビ菌を外に逃がすこともできます。

家具の引き出しや扉も、定期的に開けて空気を入れ替えましょう!

風通しをよくする

家具の裏側は湿気がこもりやすい箇所のひとつです。

家具を壁から離して設置をすることで、カビ予防につながります

もし、壁にカビが生えてしまっても、家具に移ることを防ぐこともできますよ!

また、家具の中に物を収納するときにも、隙間を作っておくことで、風通しがよくなります。

除湿剤を使う

湿度がたまりやすい場所の家具には、除湿剤を使うのもおすすめです。

新聞紙も効果的!

新聞紙にも吸水効果があるので、引き出しなどにひいておくと効果的です。

除湿機能やサーキュレーターを活用する

お住まいの環境や間取り、季節によっては湿気が取り除けない場合もあります。

そんな場合は、エアコンの除湿機能や、除湿器、サーキュレーターなどを活用しましょう。

ホコリをためない

ホコリはカビの栄養です。

家具につくホコリや、家具の裏にたまるホコリの掃除をしましょう。

また、手垢や汚れもカビの原因となります。

良く手が触れる部分などは、アルコール除菌スプレーなどを使い、定期的に拭き掃除をしておくことでカビを防ぐことができます。

まとめ

家具にカビを見つけたらすぐに除去しましょう。

放置をすると、カビは繁殖し続け、人体にも影響を及ぼす可能性もあります。

カビの主な原因は、湿気とホコリ、汚れです。

カビが生えないように湿度がたまらない状態を作り、家具や家具の周りを、マメに掃除をしておくことも大切ですよ!