包丁の捨て方は新聞紙とガムテープをグルグル!ゴミとして安全に処分

■研いでも切れ味が戻らないとき、持ち手が取れた時が包丁の捨てどき
■包丁の捨て方は自治体によって様々なのでレッツ検索
■包丁の捨て方の基本は、新聞で包んでガムテープで留めポリ袋にIN

よっすん

更新日:2020年01月09日

お料理には欠かせない包丁。
研ぐことで切れ味を維持することができますが、いつかは必ず寿命がきます。

包丁って滅多に捨てることはないですけど、いざ捨てる機会がやってきたとき、
あれ、どうやって捨てればいいんだろう?」ってなっちゃいますよね。
包丁だけでなく、刃物はなんでも取り扱い注意なのは当たり前ですが…その包丁、適切な方法で捨てられていますか?
まさか刃の部分をむき出しのまま、適当に他のゴミと一緒にゴミ袋に入れてポイしてませんよね?
包丁は刃物です
適切な処置をしないまま捨てるとゴミの回収業者さんが大怪我をしたり、近所の子供が誤って取り出して遊んでしまう可能性があります。

考えただけでもゾッとしますね…。
見知らぬうちに自分が加害者になるようなことがないよう、調べないまま適当にゴミ出しするのは絶対にやめてくださいね。

そこで今回は、そんな包丁の適切な捨て方や、捨てるかどうかの判断基準を解説していきます!
新聞紙とガムテープを使った包丁の処分方法も詳しく紹介するので、最後まで目を通しておきましょう!

包丁の捨て方には2種類あった!

一般的に、包丁の捨て方は二通りあります。

・自治体にゴミとして出す
・不用品回収業者に引き取ってもらう

こんな感じです。
二つ目の「不用品回収業者に引き取ってもらう」というのはあまり馴染みがないかもしれませんが、電話をすれば、自宅までやってきて査定・運搬をしてくれます。

こちらの方法の良い点は、手間がかからないところ。
業者さんによってかかる費用が異なるので、事前に電話やホームページで確認しましょう。

処分したい包丁が何本もあるときは、こちらの方法をとってみてもいいかもしれません。

多くの方は一つ目の方法を取られるかと思いますので、この記事では、自治体に回収してもらう方法を紹介していきます!

包丁を捨てるときの判断基準は?

まずはどんな時に包丁を捨てるべきなのかを見ていきます。
もしかしたらあなたの包丁、捨てなくても済むかもしれませんよ〜

きちんと研いでも切れ味が戻らなくなったとき

皆さんはきちんと包丁のメンテナンスをしていますか?
メンテナンスというのは、使い終わったあとはよく洗って乾かすこと、そして研ぐことです。

どんなに高価な包丁でも、百円の包丁でも、いつかは必ず切れ味が悪くなるもの。
ちょっと切りづらくなったかな…?と思ったら、包丁を研ぐようにしましょう。

ちなみに、切れ味チェックが簡単にできる食材はトマト。
トマトを切ったときに包丁がトマトの上を滑るばかりでうまく切れないときは、包丁を研いだ方が良さそうです。

…などなど、包丁を研ぐべきタイミングや正しい研ぎ方の手順について写真付きで詳しく解説している記事はこちら!


包丁にも「正しい研ぎ方」がありますので、これまで自己流で研いできた方はこちらの方法を参考に研ぎ直してみてください。

正しく研ぐと包丁の良さを最大限に引き出してあげることができるので、もしかしたらそれだけで切れ味が改善するかもしれません。

もしそれでも切れ味が戻らなかったら、包丁が寿命を迎えてしまったサイン。
切れ味が悪いままだと「切る」が「潰す」になってしまい、怪我をする可能性もあるので思い切って捨ててしまいましょう。

持ち手が取れたとき

持ち手が取れてしまったときも捨て時です。
刃と持ち手の結合部分が錆びて、柄がグラグラしてきたら要注意。

修理に出すこともできますが、さして思い入れのないものや数千円の包丁は新しいものに買い換えた方がかえって安上がりかもしれません。

刃が欠けてしまったとき

シンクの角にぶつけたり、カチカチの冷凍のお肉を解凍せずに切ろうとしたり。そんな時、うっかり包丁の刃が欠けてしまうことがあります。

こちらも修理に出すことができますが、食材を切っている時に違和感があるくらい大きく欠けてしまった場合は無理せず新しいものを買った方がいいことも。
目安として、深さ5mm程度の刃こぼれであれば研ぎなおしができるのですが、それ以上の大きなダメージを負ってしまった場合はあきらめて廃棄しましょう。

包丁を捨てる時のルールとは?

ではよーし捨てるぞ!ということになって、どうすればいいかというと…

その答えはいたって単純明快。

『包丁 捨て方 ○○(住んでいる自治体の名前)』

で検索してください。

このように調べれば、自治体のホームページにゴミの出し方についてのページが上位にヒットしますので、ここで包丁の項目を探してください。

包丁の捨て方は自治体によって異なります。
不燃ゴミとして出すのか、金属ゴミになるのかなど、分別もそれぞれ指定されているので要注意

必ず確認して、書かれた通りにルールを守ってゴミ出ししましょう

とはいえ、これで終わるのもなんなので…

人口が多ければ多いほど包丁の捨て方に困っている人も多いだろう!ということで
全国市町村人口ランキングの1~3位の横浜市、大阪市、名古屋市の出し方を調べてみました。

その結果がこちら。ちなみにこの3市のゴミの出し方の検索は全部合わせて3分くらいでできました。
とても簡単でしたよ!

こうやって一覧にして、この3地域の捨て方をまとめると、

丈夫な紙で包丁を包み、袋に「キケン」と記して普通ごみに出す

ということになりますね。

細かい部分は差異があれど、多くの市町村では基本的にはこのような感じで指定しているみたいです。

繰り返しになりますが、あくまで自治体の指定する方法で処分してくださいね!

基本的な包丁の捨て方

それでは、実際にやっていきましょう!
新聞紙で包む時のポイントも写真でわかりやすく紹介していきます。

用意するもの

・新聞紙(見開き2~3枚)
・ガムテープ
・軍手
・ポリ袋
・油性ペン

手順
1
新聞紙の角を折る

まず、新聞紙を二つ折にした状態で、写真のように5cmほど角を折ります。

2
包丁を置く

写真のように、包丁を置きます。
このとき、下の辺に注目して、先ほど折った後の残りの辺の半分の長さの位置に、包丁の刃の終点、「あご」がくるようにします。
刃先は写真のように、延長線が少し角から外れるように置きましょう。

3
包丁の刃に沿うように新聞紙を2回折り込む

先ほど包丁を置いた位置に沿って、新聞紙を2回折り込みます。

このタイミングで、必ず軍手を付けるようにしましょう!
誤って手を切らないように細心の注意を払いましょう!

4
刃先を柄の方向に向かって折り返す

刃先は鋭く新聞紙が破れやすいので、必ず厚くガードするようにしたいところ。きちんと折り返せば安心です。

5
残りの新聞紙を全て巻きつける

ここまできたらあと少し!
残りの新聞紙も手順3と同様、グールグールしちゃいます。
巻き終わるとこんな感じです。

6
上部にガムテープを巻きつける

新聞紙をガムテープで留めていきます。
真ん中の部分はもちろんのこと、刃先も念のため巻いておきましょう。

7
刃の終点部分の新聞紙を折り込む

先ほども登場した刃の終点部分、「あご」。あごと柄の間の新聞紙にすき間ができていると思います。
このままにしておくと包丁がスポーンと抜けてしまうので、それを対策します。

8
手順7で折り込んだ部分をガムテープで留める

ここも取れないようにきっちりガムテープをグルグル。

9
ポリ袋に入れる

きちんとガムテープで固定できたら、そのまま透明なポリ袋に入れて封をします。

10
袋に必要事項を記入する

包丁を入れたポリ袋の表面に、目立つように大きく「刃物」「キケン」と油性ペンで記入してください。
書いておくと、ゴミ収集車の人が「あ、包丁が入ってるのね」とわかって慎重に扱ってくれます。

手順はこんな感じになります。
やってみると案外簡単です。

自治体によっては袋がいらなかったり、文字をかく必要はありませんので注意してくださいね!

他のゴミと一緒の袋に入れてもいいの?

他のゴミと一緒にしてしまうと、包丁が埋もれてどこにあるのかわからなくなってしまいそうで怖いですよね。

実はこちらも自治体によって異なるんです。

他のゴミと一緒に出して大丈夫ですよ〜」と書いてあるところもあれば、「包丁単体で出してくださいね!」というところもあります。

これに関してはお任せしますが、念には念を押して包丁単体で表記して出してあげた方が回収業者さんも確認できるのでていねいで良いと思います!

包丁の捨て方でよくある質問

基本の包丁の捨て方、よく分かりましたか?
より不安なく処分するために、包丁の捨て方でよくある質問をまとめてみました。
ゴミ出しの前に、こちらも合わせてチェックしておきましょう。

「新聞紙やガムテープが無い場合はどうしたらいいの?」
最近は新聞を取っていない家も多いため、新聞紙が無い場合もあります。
この場合は、厚紙や段ボールで代用しても構いません。

ガムテープの代わりはセロハンテープなどを使用しましょう。セロハンテープは段ボールに比べると強度が落ちるため、丁寧に巻いてあげると親切です。

「砥石も一緒に出して良い?」
包丁を処分するタイミングで砥石も不処分したいケースがあります。
一見不燃ごみに見える砥石ですが、住んでいる自治体によって、電動のものは粗大ごみ扱いだったり、砥石はすべて産業廃棄物扱いだったりするため、事前にたしかめておきましょう。

セラミックの包丁はどうすれば良い?

ここまでは一般的な金属製の包丁の捨て方をご紹介してきました。
それでは、セラミック包丁の場合は、どのように捨てたら良いのでしょうか?

セラミック包丁は、一見プラスチックのような見た目ですが、実は陶器でできています。
そのため、不燃ごみ扱いで捨てる自治体が多いようです。
(※捨てる前に必ず自治体のホームページをチェックしてくださいね)

セラミック包丁の捨て方は、金属製包丁と同じです。
新聞紙とガムテープで安全な状態にしてから、中身を分かりやすく記入して出しましょう。

その他の危険物(コンロやライター)の捨て方は?

危険物と言えば、カセットボンベやライターの捨て方も気になりますよね。
包丁の捨て方と合わせて、その他危険物の捨て方もチェックしておきましょう。

・カセットボンベの捨て方
カセットボンベやライターは、中身を必ず使い切ってから処分しましょう。
スプレー缶などは、ガス抜きのために穴をあけて捨てますが、ガスボンベの場合は穴をあける必要はありません。他の不燃物と分けて、ボンベと分かる状態で捨てるようにします。

中身が残ってしまっている場合は、そのまま捨ててしまうとゴミ収集車火災の原因につながります。自治体の担当者に相談の上、適切な方法で処分しましょう。

・ライターの捨て方
ライターの捨て方は、自治体によって変わります。金属部分とプラスチック部分を分けて、それぞれ不燃ごみ、可燃ごみに出す自治体もあれば、ライターごと不燃ごみにだす自治体、ライター回収箱が設置されている自治体など出し方が様々です
自分の住む自治体ではどの方法が正解なのか、事前に確認しておきましょう。

カセットボンベと同じく、ライターも中身が残っている場合は回収に出さず、自治体へ相談の上処分してください。

まとめ

いかがでしたか?

包丁を捨てるうえで、大事なことはただ一つ。

そう、「自治体の捨て方に従う」ということだけです。
あとはそのガイドラインに沿って新聞紙をグルグル、ガムテープをグルグル。
しっかりマナーを守って、他の人を傷つけることがないように安全に処分しましょう!

新聞紙とガムテープを使った方法ですが、ぜひこの記事で紹介した方法を試してみてください!
その際、軍手をするのを絶対に忘れないようにしましょう!

関連記事

布団の捨て方完全マニュアル!絶対に失敗しない安くて手軽な処分方法

まだちょっと眠い朝。ふかふかの布団で寝ているといつの間にか時間を忘れてしまいます。 でも、長い間使用したせいで、布団のふかふか感がなくなっている…なんて方も多いはず。 そこで、よし買い替えよう!と思ったあなた。まずは今の […]

家電の正しい処分法を解説!代表4種の捨て方・費用からタブーまで!

長年使っていたエアコンが壊れてしまった。 薄くて大きい最新のテレビに買い換えたい。 節目節目に、家電の処分のタイミングって訪れますよね。 でも、家電の処分ってあまりやらないから、正しい方法がわからない。 そんな方のために […]

カビの生えた餅は食べて大丈夫?正しい保存方法や発生メカニズムなど

  お雑煮やおしるこなど、冬に食べることが多いお餅。 保存食のイメージが強いですが、気づいたらカビが生えていた、という経験をしたことがある方が多いのでは? 冬は寒く乾燥しているのでつい油断してしまいますが、きち […]

おもちゃの処分に最適な時期と方法は?子どもにも納得してもらおう!

子どもの成長とともにどんどん増えていくおもちゃ。 思い出が詰まっているので見返すとついウルウル。 全然見向きもしていなかったのに、いざ捨てようとすると「えー!捨てないで!」と手放してくれない子どもたち。 こっそり捨てよう […]

ランキング

エアコン掃除を自分で行う方法を解説!内部のカビはプロが徹底除去!

夏が始まり、エアコンをつけると…カビ臭い。 臭いだけでなく、カビを含んだ空気を吸って健康に悪影響が出てしまうのは嫌ですよね。 そこで必要なのは、エアコンのお掃除! エアコンを分解し、カビやホコリを取り除くことで、空気を綺 […]

アルカリ電解水は何がすごいの?掃除の効果・使い方・注意点を大公開

  毎日のようにしているお掃除。 お風呂のカビやトイレなどに洗剤をシュシュっとしますよね。 でも、冷蔵庫内や電子レンジ、食器棚などは食べ物を扱うのであまり洗剤を使いたくない…。 小さなお子さんやペットがいるご家 […]

洗濯マグちゃんを使ってみた!洗剤なしでシミ落ち・部屋干し臭もゼロ

  洗濯マグちゃん。 なんだかかわいらしいこの名前、みなさん知ってますか? 洗濯マグちゃん、洗濯マグちゃん…。 思わず口に出したくなってしまう語感の良さですが。 どこかの町のゆるキャラ?企業のPRマスコット? […]

【鏡面磨き】あなたの手で革靴が蘇る!職人のみ知るコツでピカピカに

上品に光る、革靴。 思わず目を奪われるくらい、魅力的ですよね。 革靴をまるで鏡のように光らせる鏡面磨きに、憧れのある方も多いはず。 今回は、革靴のお手入れの道なんと20年以上のプロに、鏡面磨きの方法を取材してきました! […]

オキシクリーンの使い方を大公開!オキシ漬けで家中の汚れを一網打尽

  コストコ発祥の超万能洗剤「オキシクリーン」。皆さんは使ったことがありますか? オキシクリーンとは海外でも大人気の万能クリーナー。なんと酸素の力で汚れを落としてくれる優れものです! 最近ではSNSで「オキシ漬 […]

カバン修理|革・グッチ|バッグの内袋も直す職人の神ワザを徹底取材

みなさんの家にも、1つくらいありませんか? 傷が入ったり、糸がほつれたりして傷んだカバン。 久しぶりに使おうと思って取り出してみたら、劣化してしまっていたカバン。 このまま使うのもみっともないし、捨てちゃおうかな……。 […]

洗濯機はお掃除クリーナーでカビ取り!月イチ槽洗浄でキレイを保とう

洗濯機から出した洗濯物に、なんだか黒いぴろぴろしたものがついている……! なんてことありませんか? それ、ワカメではありません。洗濯機の洗濯槽についてしまった、カビです。 カビがついた洗濯槽でお洗濯をしていると思うと、ぞ […]

「茂木和哉」という洗剤を使わない方がいい3つの理由

私と「茂木和哉」の出会いは、ある穏やかな春の日、 突然に。 他の洗剤とは一線を画した茶一色のシブいパッケージ。 余計な説明は、何もない。 一目見た瞬間から今までのデザインとも一線を画す そのシンプルさに私は心を惹かれてし […]

【お風呂掃除総まとめ】浴槽・鏡など、6箇所の水垢とカビを完全除去

  お風呂掃除で気になる汚れといえば、「カビ」と「水垢」ではないでしょうか? ユアマイスタイル編集部では、全国の主婦のみなさん100人にアンケートを取り、お風呂掃除の悩みについて聞いてみました! なんと87%の […]

ウタマロクリーナーの使い方まとめ!家中9ヶ所のお掃除方法大公開!

  今主婦の間で大絶賛の洗剤、それがウタマロクリーナーです! 一度見たら忘れられない独特なフォルムと緑のボトル。 どこにでも使える万能性。 最近ではSNSでも話題になっています! でも、実際に使ってみないと真実 […]

エアコンの臭いはホコリ・カビ・雑菌!全てを除去するお掃除方法とは

久しぶりにエアコンをつけてみたら、もわっとした臭い風が部屋いっぱいに広がった。 という経験はありますか? 本当に気分が悪いですよね。そのニオイ、今すぐ取り除きましょう! 実はエアコンのニオイの原因とニオイを取り除くたった […]

エアコンの水漏れの原因は7つ!ドレンホースのお掃除で8割は解決!

エアコンをつけてみたら、え?エアコンが泣いている? いや、違う!ポタポタと水漏れが!そんな経験はありますか? 編集部では、20~50代の女性100人に「エアコンの水漏れを経験したことがありますか?」と聞いてみました。 4 […]

洗濯機はお掃除クリーナーでカビ取り!月イチ槽洗浄でキレイを保とう

洗濯機から出した洗濯物に、なんだか黒いぴろぴろしたものがついている……! なんてことありませんか? それ、ワカメではありません。洗濯機の洗濯槽についてしまった、カビです。 カビがついた洗濯槽でお洗濯をしていると思うと、ぞ […]

風呂釜掃除はつけおきで簡単!プロの洗浄は専用機械で汚れがゴッソリ

湯船に浸かって、1日の疲れを癒す。 お風呂の時間は、最高のリラックスタイムですよね。 そんな、つかの間の休息を演出してくれるのがそう、風呂釜。 意外と知られていないですが、お掃除していない風呂釜には汚れがたまっています。 […]

エアコン掃除を自分で行う方法を解説!内部のカビはプロが徹底除去!

夏が始まり、エアコンをつけると…カビ臭い。 臭いだけでなく、カビを含んだ空気を吸って健康に悪影響が出てしまうのは嫌ですよね。 そこで必要なのは、エアコンのお掃除! エアコンを分解し、カビやホコリを取り除くことで、空気を綺 […]

お風呂の鏡のお掃除はどうしよう?なにしよう?「新聞使用」が正解!

毎日使うお風呂。 毎日見るお風呂の鏡。 あなたのお家のお風呂の鏡、自分の姿がはっきり写りますか? 湯気で覆われているように白くくもっていませんか? ここで編集部が20代〜60代の女性100人に行なったアンケートを見てみま […]

洗濯機の排水口掃除はパイプユニッシュor重曹!臭いや詰まりも改善

洗濯機の排水口から何か嫌な臭いが漂ってくる…。 洗濯機が脱水中に止まってしまったり、エラー表示が出たりする…。 あなたのお家の洗濯機のそんなトラブル、もしかしたら洗濯機の排水口のせいかもしれません。 長期間、洗濯機を使い […]

お風呂の排水口・排水パイプの掃除方法!臭いと詰まりをどちらも解消

  お風呂ので一番汚れが気になるところといっても過言ではない、排水口。 お風呂中のお湯が流れ着く場所です。お湯に流されて、汚れもたっぷりたまります。 排水口の汚れが原因で、お風呂中に嫌な臭いが漂ったり、排水パイ […]

キッチンの排水口のお掃除には重曹とお酢でつまりはもう詰まらない!

排水口のぬめり…… 排水口からの臭い…… 排水口の詰まり…… 毎日キッチンを使っていると、こんな問題が生じることがよくあります。 キッチンは朝昼晩と使うものなので、排水口の掃除までなかなか手が回らないですよね。 では、い […]

お風呂の頑固なカビには片栗粉×漂白剤!プロおすすめ予防法もご紹介

スポンジでゴシゴシしても落ちない…。 落としたつもりでも何日かたつと復活している…。 このように、お風呂のカビで悩んだことはありますか? ここで編集部が20代〜60代の女性100人に行なったアンケートを見てみましょう。 […]

布団は部屋干しでもふかふかに!週に1回干すだけで快眠が手に入る!

  干したばかりの布団って気持ちいいですよね。 じめっと重かった布団も、日光に当てて干すとカラッと軽くなります。 毎日あんな布団で寝られたらいいのにと思いますが、実際は天気に左右されたり、花粉が気になったりして […]

ワイシャツの黄ばみを落とす最強の漂白剤の使い方!予防すれば完璧◎

いつの間にかワイシャツが黄ばんでいた経験、ありませんか?特に、襟や脇、袖は黄ばみやすい部分です。 実は、毎日ちゃんとお洗濯しているだけでは、黄ばみを予防することはできないのです。 黄ばんだワイシャツでは、第一印象も悪くな […]

油汚れの染み抜きには「クレンジングオイル」が一番効果的なんです!

「揚げ物を作っていたら、油が服に飛んでしまった…。」 「子供がオムライスを食べていて、服にケチャップをつけてしまった…。」 など、日常的に服に油のシミがついてしまうシーンってありますよね。 でも、みなさんは知っていますか […]

白いスニーカーの汚れを7つのアイテムで真っ白に!お酢が決め手です

白は汚れる! まあ常識ですよね。 ちょっと擦っただけでも灰色が付きますもん。 僕も一時期まっ白なスニーカーで生活してたんですがね、まあすぐ汚して怒られましたとも。   ということで今回は白スニーカー。 汚れが目 […]

【8割の人が知らない!】靴を自宅の洗濯機で洗う正しい方法を解説

会社が学校から帰る途中に、突然のゲリラ豪雨。 息を切らしながら走って帰ったけど、泥が跳ねて靴が汚れちゃった…。そんなこともありますよね。 そんなとき汚れてしまった靴をどうしていますか? え?そのまま? そんな […]

油性ペンの汚れに4通りの落とし方。油には油を!不安ならみかん!

新学期。新しい教科書に名前を書く時に、大活躍の油性ペン。 にじまず、書く材質を選ばないのが特徴。そのため、水で濡れやすいキッチン周りにも使えますし、学生から主婦の方にも愛用されているはず。 そんな油性ペンの1番の特徴は「 […]

羽毛布団を洗濯機で洗う方法|コインランドリーやクリーニングと比較

  寒くなってくると毎年押し入れから引っ張り出してくる羽毛布団。ふかふかのお布団にはついつい顔をうずめたくなりますよね…って、あれ。 なんか、臭い。前よりボリューム感がないかも。 なんてショックを受けてる方に質 […]

色移りの落とし方は50℃のお湯で洗剤2倍!本当に正しい情報大公開

あああ!しまった。 洗濯機の蓋を開けてみたら、中が大惨事になっていた。 こんな経験はありませんか? そう、色移り。 お気に入りの服に色が移っていた時なんか、とてもショックですよね。 普段は気をつけていても、ちょっと気を抜 […]

帽子・キャップの型崩れしない洗い方!他とはかぶらない方法で伝授!

帽子って、知らず知らずのうちに汚れや臭いがひどくなってしまいますよね。 特に夏の汗をかく時期。 でも、帽子を自宅で洗うって、あんまりピンとこないかもしれません。 しかし、ここでは帽子・キャップを自宅で型崩れの心配なく洗う […]

羽毛布団の洗濯はコインランドリーがおすすめ!乾燥時の注意点も解説

  軽くて、柔らかくて、暖かい。 と、良いこと尽くしの羽毛布団は、寒い季節には手放せない寝具の1つ。 でも、なんだか最近、ふんわり感がなくなったような…。 それに、前よりも暖かくないかもしれない…。 なんて感じ […]

リーガル靴修理|ソール・かかと・つま先ビフォーアフターが完全集結

  日本を代表する靴ブランドであるリーガル。 100年以上にも渡りグッドイヤー・ウェルト製法を貫き、日本人の足にフィットするものをと、木型からこだわっています。 ビジネスシーンの足元の定番ではないかと思うくらい […]

ルイヴィトンバッグ・財布修理|レザー、内袋、取手リペア事例が集結

  ショルダーベルトが切れてしまった。 ファスナーが壊れた。 シミがついてしまった。 そんなブランド品はありませんか? 切れた部分やシミは、修理の職人さんの技術で、元の姿に戻すことができます。 その仕上がりは、 […]

革靴のオールソール交換!靴底の張り替えの匠の技で厚み・美しさ倍増

  靴の、底。 履いているうちに、必ず削れてきてしまう部分ですね。 擦り切れて穴が開いてしまった…… 削れ過ぎて、見た目が悪くなってしまった…… など、靴底の状態が悪くなってしまった靴は、ありませんか? そんな […]

グッチのバッグ・財布・靴修理|レザー、内袋、取手リペア事例が集結

  とっても大切な、グッチのバッグや財布、靴。 どれだけ丁寧に扱っていても、壊れてしまうことってありますよね。 長く使っていると素材が変質したり、穴があいてしまったり…。 自分で修理しようとすると、せっかくのデ […]

ファスナー・チャックの直し方を解説!5つの不具合もこれで全て解決

急いでファスナーを閉めたら動かなくなった……なんて経験、あるんじゃないですか? 『ガチっ』なんて音を出した後、うんともすんとも言わなくなることが結構あるんですよねぇ。 さて、こういうファスナーの故障ですが、大抵は曲がって […]

裾上げのやり方をズボンの種類別に解説!丈を決めるポイントも伝授!

もうちょっと裾が短かったら、このズボンは完璧なのになあ。 そんなお悩みはありませんか? そんなときに便利なのが「裾上げ」。 でも洋服屋さんで頼むと時間がかかってしまいます。取りに行くのも面倒臭いですよね。 だから、自分で […]

靴の臭いがたったの100円で消せるのならば試さずにはいられない話

どうも、隙あらば靴を脱ぐのであんまり足の臭いに困らない僕です。 たまに遠出すると脱げなくて大変なことになるんですけどねー。 さて、足の臭いってかなり気になりますよね。 しかも、どれだけ足を洗ったところで臭いが出るのは止め […]

スエードの靴の汚れの正しい洗い方とは?普段のお手入れ方法も解説

スエードの靴、あの独特の質感が素敵ですよね。なんだか温かみを感じる、良い生地だと思います。 でも一つ問題が…… 汚れが付きやすいんですよね。水に濡れればシミになり、使っているとテカテカしてきます。 しかも、スエードってお […]

靴磨きのコツを大公開!職人だけが知る革靴のお手入れ方法を徹底取材

お洒落は足元から、なんてよく言いますよね。 一生、大切にしたいと思っている革靴を、お持ちの方も多いはず。 ですが、せっかくの素敵な革靴も、お手入れができていなかったら台無しです。 よい革靴は、きちんと靴磨きをして、いつで […]

サビ落としはブラシ&サビ取り剤が最強!こすらず磨いて楽々完全除去

身の周りを見渡してみたら、色んなところでサビを発見してしまった…なんて経験、ありませんか? 例えば家の中に置いてあるスタンドラックにも発生するし、外に置いておいた自転車にもサビはつきやすいもの。 見た目はあまりきれいとは […]

おすすめ特集