台所用フキンの洗い方!酸素系漂白剤を使って45℃で2時間つけおき【茂木和哉】

茂木和哉

更新日:2018年10月12日

こんにちは!
茂木和哉です。

台所用のフキンは、汚れを落とすことと同時に、除菌と消臭も大切です。
夏場の季節は、むしろ除菌が最も重要ですね。

そこで今回は、フキンの洗い方をご紹介します!

フキンの洗い方

白物フキンの場合は、洗濯機洗いをしなくても、台所洗剤で手洗いしてから塩素系漂白剤でつけおき洗いすれば、汚れもキレイに落ちて、しっかり除菌・消臭ができます。

しかし、色柄物のフキンの場合は、塩素系漂白剤は色落ちしてしまうので、使えません。

また、
「塩素系漂白剤は、ニオイが嫌っ」
「危険だから使いたくないっ」
という方もいると思います。

そんな場合におすすめなのが、酸素系漂白剤です!
でも、酸素系漂白剤は、塩素系漂白剤ほど漂白力が高くありません。
少しでも効果をあげるために、熱めのお湯(約45℃)を使い、長めに(2時間以上)つけおくようにしてください。

汚れもしっかり落とし、より衛生的に洗いたいのならサムライがおすすめです!
また、シンクでフキンを手洗いする場合に、薬用ハンドソープを使うのも除菌ができるのでおすすめです。

さらに、洗剤や漂白剤を使わない方法として、フキンを洗った後、濡れた状態で電子レンジにかけて除菌する方法があります。
熱湯消毒と同様の効果が得られますよ。

購入はこちら

ぜひ、みなさんもお試しください!


茂木和哉 サムライ 1kg


洗剤職人「茂木和哉」が書いた、年末の大掃除に必ず役に立つ1冊です!