PS4は掃除必須!故障の原因だけでなくGの住処になることも…!?

YOURMYSTAR STYLE編集部

作成日:2022年09月08日

人気ゲーム機のPS4(プレイステーション4)。使っていると異音・発熱などのトラブルが起きることがあります。トラブルの原因の1つはホコリやゴミなどがたまることが挙げられます。PS4は精密機械のため、どこまで自分でお手入れをしていいか難しいですね。今回はPS4の掃除や日常のメンテナンスについて解説します。

PS4を掃除する必要性は?

PS4を使っていると表面にホコリがたまっていきます。熱を発する機器のために、静電気などが原因で目に見えない内側にもホコリがたまっているのです。

ホコリは、布製品から発生する繊維や糸くず・花粉・砂ぼこり・ダニなど、いろいろなものが混ざり合ってできているため、そのまま放置をすると、PS4の故障の原因となります

内部のホコリが気になって分解してしまうと、保証の対象から外れてしまうので、分解して掃除をするのはおすすめできません。

日常的にきれいな環境で使用し、お手入れをして、ホコリがたまらないようにすることが大切です。

PS4本体の掃除方法

表面のほこりを取る

まずは表面のホコリをとりましょう。静電気でホコリを吸着させて掃除ができるハンディモップがおすすめです。OA機器用の毛足の細いハンディモップなどもありますよ。やさしくなでるように本体のホコリを取り除いていきます。

表面のホコリが取り除けたらエタノールを含ませた雑巾で拭いていきます。揮発性の高いエタノールなら、機器に水分が残ってしまう心配もありません。少量のエタノールを雑巾に含ませ、ホコリを拭き取ってください。拭き取り掃除にはOA機器用除菌シートも便利ですよ。

おすすめ
商品

商品画像
エレコム ウェットティッシュ クリーナー

配線回り

PS4の配線周りにもホコリがたまっています。必ずコンセントを抜いてから掃除をしましょう。配線周りは掃除機でホコリを吸い取ってから、エタノールを含ませた雑巾で拭き掃除をします。

接続部分

USB端子などの接続部分のように細かくデリケートな部分は綿棒を使ってホコリを取り除きます。力をいれず、やさしくホコリをふき取りましょう。

通気口周り

通気口は埃が溜まりやすい場所です。ハンディモップの前に掃除機で吸い取ります。弱い吸引力でも十分にホコリは取れるので、強い設定で本体内部を傷めないように気をつけましょう。

ベイカバー

ベイカバーは指紋の付きやすい部分です。エタノールを含ませた雑巾で拭きましょう。

PS4のコントローラーの掃除

コントローラーの部分は手垢などがたくさんつきます。エタノールを含ませた雑巾で拭き取りましょう。横溝部分の汚れは爪楊枝の先にエタノールを含ませたキッチンペーパーを巻きつけて、丁寧にかき出すときれいになりますよ。

PS4のホコリを未然に防ぐ

埃を掃除するのも大事ですが、埃が入らないようにしておくということも大事です。ホコリを未然に防いでおくと日常のお手入れもしやすくなりますよ。PS4本体とコントローラ内部やUSB端子やLANケーブルへのホコリの侵入を防ぐフィルターやキャップなども販売されています

おすすめ
商品

商品画像
薄型PS4用フィルター&キャップセット

おすすめ
商品

商品画像
PS4Slim用ホコリガードフィルターセット

費用はかかりますが、本体が故障した時の費用より安くすみますね。

栓を付けるデメリット

栓をつけることで本体内部にホコリや虫が入ることを防ぐことができますが、通風孔を塞いでしまうというデメリットもあります。フィルター自体にホコリがたまり目詰まりをすると、放熱ができず機械が過剰な熱を持ってしまうことがあります。

フィルターやキャップを付けた場合でも、定期的な掃除は欠かせません。プレイ時に本体周りに十分通気ができる環境を作ることも必要です。

PS4はゴキブリの住処になることも…

PS4本体はたくさんの穴があり、熱がこもって暖かい場所のため、ゴキブリにとって快適な場所です。あまり衛生的でない部屋では、PS4がゴキブリの住処になってしまうというケースもあり得ます。

PS4掃除の頻度

本体にホコリがたまってきたら掃除が必要です。自宅の掃除環境にもより異なりますが、月に1度程度、徹底的に掃除をするとホコリがたまるのを防ぐことができます

本体の掃除も大切ですが、まずはきれいな環境でPS4を保管することが大切です。日頃からハンディーワイパーやOA機器用クリーナーですぐに掃除ができる環境にしておくと、きれいな状態を保てますよ。

まとめ

PS4は精密機械のため、ホコリによって不具合を起こすことがあります。トラブルにならないために、日頃から掃除をしてきれいな状態を保っておきましょう!