サツキの剪定時期は花が落ちたらすぐ!手入れの方法や注意点も紹介!

YOURMYSTAR STYLE編集部

更新日:2021年06月25日

4~5月ごろ、可愛い花を色とりどりに咲かせ、私たちを楽しませてくれるサツキ

「さつきまつり」なんかやっているところも多いですよね。

そんなサツキ、お庭で育てて自分でお世話できたら素敵ですよね?

お世話の中でも大事なのが剪定です。

剪定しないと、サツキは花を咲かせられないのです。

今回はその剪定の方法と、そのあとのお世話のやりかたなどもわかりやすくお伝えします!

サツキの基本情報を解説!

まずはサツキの基本情報を表にまとめたのでご覧ください!

 植物名

サツキ

 科名/属名

ツツジ科/ツツジ属

 原産地

日本

 樹高

50cm ~1.5m

 特性

常緑性、耐寒性、乾燥に弱い、育てやすい

基本情報

サツキとよく似ている花にツツジがあります。

うちの花、ツツジだっけ、それともサツキ?なんて困っている方、安心してください。

どちらも剪定の仕方は一緒ですし、お世話の仕方もほぼ同じです!

どうしてかというと、表のとおり、サツキはツツジ科ツツジ属に属しています。

つまりツツジの一種

サツキツツジとも呼ばれています。

なんだ、同じ植物だったのですね。

サツキは他のツツジと違って

・5月ごろ早めに咲く
・山に自生している
・他のツツジよりも小ぶり
・水辺に生えていることが多く、根腐れしにくい

という特徴があります。

といっても、ぱっと見ではわかりませんけどね。

同じ種類の花ですからね。

サツキとツツジは両方とも乾燥に弱く、人の手で育てる種類は花をつけるために剪定を必要とします

ツツジの剪定の方法は「ツツジの剪定は梅雨明け前に!小さめの丸型を目指してチョキチョキ♪」を参考にしてみてください♪

サツキを剪定する時期は?

剪定時期は「花が落ちたらすぐ」!

サツキの剪定は、時期がとても重要です。

こちらの育成カレンダーを見てみましょう。

サツキは、4~5月に花を咲かせます。

そして、花芽(かが、はなめ)がつくのが6月中旬~7月。

花芽とは??

木の「」には

・成長すると葉っぱになり枝になる葉芽」(ようが、はめ)
・成長すると花になる花芽」(かが、はなめ)

の2種類があるのです。

サツキの花芽は、新しく成長した枝のいたるところにつきます。

サツキが元気なら、古い枝にもつきます。

花芽のつきかたは、花の種類によってさまざま。

違う種類のお花を切るときは、確認しましょう!

カレンダーからも分かる通り、サツキは花が落ちてから花芽がつくまでが非常に短いです。

花芽がついてから剪定すると、花芽を落としてしまうので花が咲かなくなっちゃうんです。

かといって剪定しないと、

・サツキの花がいっぱいつく新しい枝が出てこない
・いらない枝が成長を妨げたる
・虫がつくなど病気になりやすくなる

こういったことで花がつかないだけでなく、サツキの木の健康にとってもよくないのです。

剪定は木の健康に欠かせない作業なのですよ。

というわけで「花が落ちたらすぐに剪定」しましょう!

どんな枝を剪定する?

切る枝は3種類!

剪定をするときは「成長の妨げになる枝」を切っていきます。

大きく3種類に分けられます。

それが、

徒長枝(とちょうし)
・細すぎる枝
・生えている方向がおかしい枝

の3つです。

このような枝が生えていると、

・病害虫がついてしまう
・日光がうまく当たらなくなる
・木が老化してしまう

などで花がつかなくなってしまいます。

サツキ自体も枯れてしまいかねません。

では、それぞれの枝について詳しく見ていきましょう!

徒長枝(とちょうし)

徒長枝は、他より2、3倍長く真上に飛び出るように伸びている枝。

生えやすいので、どんどん増えると湿気がこもり、害虫の温床になってしまうことも!

細すぎる枝

細すぎる枝には、

・株元から生える「ひこばえ
・幹から生える「幹吹き

などがあります。

他の枝に比べて不自然に細い枝は剪定しましょう!

栄養がうまくいきわたらなくなってしまいます。

生えている方向がおかしい枝

生えている方向がおかしい枝には、

・内向きに生えてしまう「内向枝
・枝が絡み合ってしまう「絡み枝
・枝の一部分から複数の枝が出て車輪状になってしまっている「車輪枝
・複数の枝が平行に生えてしまっている「平行枝

などがあります。

こういう枝は栄養がいきわたらない原因になります。

また風通しも悪くなってしまうため、病害虫を引き寄せてしまいます。

以上が切らなきゃいけない枝の3種類でした。

ちゃんと切らなきゃ、いけませんね…。

サツキは、再生能力が他の植物と比べてとても高いので、思い切って切っちゃって大丈夫です!

次は実際の剪定の方法をご紹介していきます!

サツキの剪定方法

ここからは剪定の方法を詳しく説明していきます!

服装に関しては動きやすく全体を覆うもの、長袖・長ズボンなんかがベストです。

用意するもの
・剪定ばさみ
・刈り込みばさみ
・軍手(滑り落ち防止)
手順
1
軍手をつける

軍手をつけて、ハサミが滑り落ちたり、手を怪我したりしてしまうのを防ぎましょう!

2
枝をほぐす

長年ほっといていると、枝が絡み合っていることが多いです。

絡み合っている枝はほどいてあげて、剪定しやすくしましょう。

3
枯れた枝を切る

枯れた枝は付け根から切ります。ハサミを使わなくても、手でぽきぽき折れます。

途中まで枯れてる枝は、枯れてる部分だけ切り取りましょう。

4
徒長枝、細すぎる枝、方向がおかしい枝を剪定バサミで切る

徒長枝、細すぎる枝、方向がおかしい枝を剪定バサミで切りましょう。

枝の付け根から、バッサリと切るのです!

おすすめ 商品

商品画像
Gonicc SK-5スチール刃 チタンコーティング バイパスタイプ 剪定鋏
5
刈り込みバサミで形を整える

全体の形を、刈り込みハサミと剪定ハサミで整えてください。

おすすめ 商品

商品画像

ほぐしても重なり合ってしまっているところは重ならないように切ります。

太い枝を切るときは小枝が生えている位置の数mm上で切ると、徒長枝の予防になります。

注意
この時はくれぐれも太い枝を根元から切らないでください!

健康な枝に不要なダメージを与えることになってしまいます。

小枝が生えている位置の数mm上で切る事で切り口からいきなり徒長枝が生えなくなって、水や栄養がスムーズに枝先に行くようになります!

「玉づくり」と呼ばれる丸い形にする場合は浅めに丸く刈り込んでいきましょう。

2~3年かけて丸い形に仕上げていくものなので、焦らずやっていきましょうね!

これで完了です!

剪定後のお世話は「栽培環境・水やり・肥料・虫よけ」

剪定も無事終わった!あとは何をすればいいの?と思いますよね。

ここからは簡単!

普段のお世話をしていけば花を咲かせます。

つまり、栽培環境水やり肥料虫よけです!

サツキは、丈夫な木でお世話も簡単♪

お世話の仕方、マスターしてくださいね。

栽培環境

庭植えであれば、少なくとも午前中は日の当たる場所で、夏は直射日光の当たらない場所が最適。

鉢植えであれば、基本は通年戸外で育て、夏は半日陰、そのほかの時期は日当たりのよい場所に置いておきましょう!

冬の乾燥した寒風は苦手なので直接当たらない場所へ移動させます。

水やり

サツキは乾燥に弱い花。

鉢植えで育てている場合は、たっぷりお水をあげてください。

サツキは根腐れしにくいので、けっこう多めで大丈夫ですよ♪

土が乾く前にあげるのが理想です!

暑い夏は、鉢の底から水が出るまであげてください。

地面に直接植えているときは、水やりは必要ありません。

でも、乾燥に弱いので、雨が降らなくて乾燥している時は水をあげましょう。

注意
暑い夏の日中に水をやるのは避けてください!

水が沸騰して、根が傷ついてしまうのです。

朝と夕方に水をあげるようにしましょう!

肥料

花が咲いた後~7月ごろまでは月1回ゆっくりと効く緩効性(かんこうせい)化成肥料固形の油かすをあげましょう。

ちなみに肥料をまくは赤玉土小粒:鹿沼土小粒:酸度未調整のピートモスを5:3:2で混ぜた配合土など、水はけと水もちのよい酸性土壌が適しています

緩効性肥料(かんこうせいひりょう)

緩効性肥料とは、数か月かけてゆっくりと効く肥料のことです。

栄養をあげすぎて枯れることなく、必要な分だけをあげることができます。

おすすめ 商品

商品画像
ハイポネックス マグァンプK 中粒 600g

緩効性肥料の定番で、基本的に土に混ぜて使います。

効果が1年続くので、これをあげるのは1年に1回にしましょう。

注意
肥料が根に直接触れないようにしましょう!

根に直接肥料が触れると、肥料焼けといって、根が栄養を吸いすぎ、水が吸えなくなって枯れることがあるので、気を付けましょう!

油かす

油かすは、天然の有機性肥料。

そもそも肥料の成分が多すぎないので、安心してあげられます。

おすすめ 商品

商品画像
東商 超醗酵油かすおまかせ 中粒 700g

肥料焼けを起こしにくい発酵油かすがオススメです。

この油かすはあまり臭わない上に、粒がそれほど大きくないので、鉢植えにも庭植えにもぴったりです。

緩効性肥料も油かすも両方とも園芸用品店やホームセンターで売っています!

あとは9月の終わりごろに1回、2月ごろに1回緩効性肥料や油かすをあげましょう。

ただし商品に指示が書いてあれば、それに合わせてくださいね!

虫よけ

風通しが悪いと虫は発生しやすくなります。

徒長枝細すぎる枝生えている方向がおかしい枝があれば、ときどき切ってあげましょう。

枝を間引くことで、虫の発生を予防できます。

虫が花が咲かない原因になることも多いです。

ベニモンアオリンガの幼虫は花芽を食べてしまうので、花が咲かない原因に。

葉の栄養を吸う、ツツジグンバイムシは風通しが悪いと発生しやすくなるので、枝を間引いて風通しをよくすることで予防ができます。

虫が発生してしまった場合は、オルトラン水和剤を使いましょう。

園芸用品店やホームセンターなどで買うことができます!

オルトラン系の殺虫剤は、かなり幅広い植物に使える殺虫剤で、アオムシ系やアブラムシ系に強いです。

おすすめ 商品

商品画像
住友化学園芸 オルトラン水和剤 1g×10
こちらは分包タイプなので計量の手間が省けます。

たいていの園芸用品店なんかで売っていて手軽に買えるのに、結構強力。

花や野菜、観葉植物などいろんな植物に使えるので、買っておいて損はないです。

初めてサツキを買った方へ「サツキの植え方」

初めてサツキを買ったけど、最初は何からすればいいんだろう?という方のためのコーナーです。

答えは、植え替え!

まず、買ったサツキを見てみてください。

簡易的な鉢に入ってるものが多いと思います。

ほとんどの植物はホームセンターや園芸店で売られているとき、花をつけるため小さめの鉢に入れられています。

これだと育ちにくいうえに、根腐れの原因にもなってしまいます。

一回り大きな鉢お庭に植えてあげましょう。

また、サツキを鉢で育てている方は、2~3年に1度は植え替えてあげましょう!

植え替えに適した時期は開花前の3月か剪定直後、または9月~10月です。

サツキが休んでる時期と気候が過酷な時期、お花がついてる時期を避けてあげましょう。

というわけで、サツキの植え方を紹介していきます!

鉢植えの方法

まずは鉢植えの場合から紹介します!。

一回り大きな鉢に植えるのがほとんどすべての植物に共通するコツなんです。

用意するもの
・一回り大きな鉢
・赤玉土:鹿沼土:酸度未調整ピートモスを5:3:2 の割合でよく混ぜた土
手順
1
土を鉢の1/2くらい入れる

赤玉土:鹿沼土:酸度未調整ピートモスを5:3:2の割合でよく混ぜた土を鉢の1/2より少し多いくらい入れます。

2
サツキの根をほぐす

サツキの根をほぐして土を1/3ほど落としましょう。

3
サツキを植える

サツキを鉢の中心に置いて、残りの土を入れていきます。

隙間ができないように、軽くトントンたたきながら入れていくといいです。

4
水をやる

水を鉢の底からあふれ出るほどあげて、サツキを土になじませます。

これで植え替え完了です!

お疲れさまでした。

あとは普段のお世話をしてあげてください。

庭に植える方法

できれば最低午前中は日の当たる水はけのよい土壌で育てましょう。

サツキは割と水を長いこと含んでる土でも大丈夫です。

もしあまりにもじっとりしていて水はけがよくない場合は、鹿沼土を入れて水はけのよい土にしましょう。

用意するもの
・酸度未調整ピートモス (園芸店で売ってます)
・バークたい肥 または 腐葉土(園芸店で売ってます)
・大きなシャベル
・鹿沼土(水はけのよくないお庭の場合)
手順
1
穴を掘る

買ってきたサツキの鉢、その直径の3倍の穴を掘ります!

深さは鉢と同じ程度かそれより浅い程度。

…がんばりましょう!

2
土を耕す

穴を掘り返した土を、シャベルで繰り返し掘り返し続けて、耕します。

お庭の土が水はけが悪いときは穴の土は捨てて、同じ量の鹿沼土を入れます。

3
ピートモスを混ぜる

耕した土、または鹿沼土と同量の酸度未調整ピートモスを混ぜます。

4
10~15㎝の小山を作る

混ぜた土を穴の底の土と混ぜて耕し、10~15cm の小山を作ります。

5
サツキの根の土を崩す

サツキの根の土を崩して半分ほど落とします。

6
小山の中心にサツキを植え付ける

小山の中心にサツキを植え付けます。

深くサツキをうめこまないようにしましょう。

サツキは地表近くに根をはる植物ですので浅く植え付けます。

7
穴を埋める

残りの土を入れて穴を埋めます。

表面はバークたい肥腐葉土で覆うと乾燥防止になります。

8
水をやる

水をあげて、サツキを土になじませます。

かなりの大工事でしたね…。お疲れ様でした!

植え替えの2つの方法、いかがでしたでしょうか?

ちょっと大変ですけど鉢から植え替えしてあげると、植物はとっても元気になりますよ!

増やし方

ちなみにサツキは6~7月頃に挿し木という方法で増やすこともできます!

手順
1
枝を切る

その年に新しく生えてきた枝を10~15cm程度に切ります(切り口は鋭利な方が発根しやすいためカッターナイフなどを利用)。

2
水上げ

さし穂は水を入れた容器に30分〜1時間程度つけてしっかりと水上げを行いましょう。

3
固定する

鹿沼土や挿し木用の土を入れたポッドに枝を挿し、グラグラしないようにしておきましょう。

4
管理する

直射日光や風が当たらない場所で管理し、土が乾燥しないように毎日水遣りを行いましょう。

5
植え替え

本葉が育ってきたら植え替えを行ないましょう。

プロに頼む

サツキは日本原産で昔から親しまれている庭木であり、和風洋風問わず人気があります。

また刈り込みに強く、仕立て方にも様々な方法があることに加えて、盆栽での人気も高い庭木。

お庭のスタイルに応じた仕立て方や植え方・管理方法などが分からない方。

あるいは自分で剪定したりするのはやっぱり難しいと感じる方はプロに頼んでみてはどうでしょうか?

ユアマイスターではプロの庭木、植込みの剪定をご紹介しています!

プロに任せて素晴らしいサツキにしてもらうのもいいですね!

プロの庭木、植込み剪定をもっと詳しく

まとめ

サツキの剪定花が落ちたらすぐ、生育に悪い枝を思い切りよく切って形を整えれば大丈夫。

あとは普段のお世話、肥料をあげ、を追い払っておけば、また花が咲きます。

場合によっては植え替えや植え付けもしてあげてくださいね。

意外に簡単ですよね!

お庭にあるサツキをきれいに形を整えてあげて、次の春、また花が咲き乱れるのを楽しみましょう!

関連記事

畳のカビの水拭きは絶対NG!正しい除去方法と予防の仕方を徹底解説

和の雰囲気の畳は落ち着きますよね。 でもジメジメする梅雨の時期、気づくと畳にカビが生えていたなんてこと、ありませんか? 意外に畳にはかんたんにカビが生えてしまいます。 畳を触るとペタペタして嫌な感じだなという時、ちょっと […]

フローリングワックスの簡単なやり方!重ね塗りや剝がす方法も紹介!

木の温もりがとても心地よいフローリング。 お家では裸足で過ごしたいという方も多いのではないでしょうか? ただその場合、人は足からも汗をかくので、フローリングが皮脂で汚れてしまうかも…! そのままにしておくと、せっかくの心 […]

紫陽花の剪定まとめ|根元から切るのも必要!3つの方法や時期も紹介 

夏の風物詩、梅雨の花といえば誰もが挙げるだろうアジサイ。 病気になりにくいですし、庭に植えたり大きな鉢に飾ったりする方も多いのではないでしょうか。 病気にはなりにくい反面、際限なく成長してしまうので困る事もあるでしょう。 […]

サツキの剪定時期は花が落ちたらすぐ!手入れの方法や注意点も紹介!

4~5月ごろ、可愛い花を色とりどりに咲かせ、私たちを楽しませてくれるサツキ。 「さつきまつり」なんかやっているところも多いですよね。 そんなサツキ、お庭で育てて自分でお世話できたら素敵ですよね? お世話の中でも大事なのが […]

ランキング

エアコン掃除を自分で行う方法を解説!内部のカビはプロが徹底除去!

夏が始まり、エアコンをつけると…カビ臭い。 臭いだけでなく、カビを含んだ空気を吸って健康に悪影響が出てしまうのは嫌ですよね。 そこで必要なのは、エアコンのお掃除! エアコンを分解し、カビやホコリを取り除くことで、空気を綺 […]

洗濯機はお掃除クリーナーでカビ取り!月イチ槽洗浄でキレイを保とう

洗濯機から出した洗濯物に、なんだか黒いぴろぴろしたものがついている……! なんてことありませんか? それ、ワカメではありません。洗濯機の洗濯槽についてしまった、カビです。 カビがついた洗濯槽でお洗濯をしていると思うと、ぞ […]

「茂木和哉」という洗剤を使わない方がいい3つの理由

私と「茂木和哉」の出会いは、ある穏やかな春の日、 突然に。 他の洗剤とは一線を画した茶一色のシブいパッケージ。 余計な説明は、何もない。 一目見た瞬間から今までのデザインとも一線を画す そのシンプルさに私は心を惹かれてし […]

カバン修理|革・グッチ|バッグの内袋も直す職人の神ワザを徹底取材

みなさんの家にも、1つくらいありませんか? 傷が入ったり、糸がほつれたりして傷んだカバン。 久しぶりに使おうと思って取り出してみたら、劣化してしまっていたカバン。 このまま使うのもみっともないし、捨てちゃおうかな……。 […]

換気扇を年末に大掃除!重曹であっという間にピカピカに

料理をするたびに汚れがたまる、換気扇。 普段は意識しませんが、いざ開けてみると、油やホコリにギョッとしてしまうことも…。 換気扇は、目に見えない内部に汚れが溜まっているので、分解してお掃除しなければなりません。 面倒だか […]

パストリーゼは食べられる除菌スプレー!?家中まるごと除菌してみた

みなさん、この名前、知っていますか? 「パストリーゼ77」。 今、SNSで話題のアルコール除菌スプレーです。 「除菌スプレーって話題になるものなの?」と思うかもしれませんが、ただの除菌スプレーとあなどるなかれ。 この名前 […]

【衝撃画像】職人の修理の実例6選!大切なものが蘇る神ワザを見よ!

靴、鞄、時計やジュエリー、着物や楽器、大きなものなら車まで。 あなたにとって「大切なもの」は何ですか?   お世話になった人からもらった時計。 節目に奮発して買ったジュエリー。 母から譲り受けた着物。 ずっと大 […]

ベッドクリーニングを頼んだらマットレスから10年の汚れが流れ出た

念願であったマットレスのクリーニングを頼んでみました! 今回、マットレスクリーニングをお願いしたのは、「あらうや」の平(ひら)さん。 上の写真の、セミダブルのマットレスをクリーニングしてもらいました。 毎日、家族で寝てい […]

エアコンの水漏れの原因は7つ!ドレンホースのお掃除で8割は解決!

エアコンをつけてみたら、え?エアコンが泣いている? いや、違う!ポタポタと水漏れが!そんな経験はありますか? 編集部では、20~50代の女性100人に「エアコンの水漏れを経験したことがありますか?」と聞いてみました。 4 […]

【お風呂掃除総まとめ】浴槽・鏡など、6箇所の水垢とカビを完全除去

  お風呂掃除で気になる汚れといえば、「カビ」と「水垢」ではないでしょうか? ユアマイスタイル編集部では、全国の主婦のみなさん100人にアンケートを取り、お風呂掃除の悩みについて聞いてみました! なんと87%の […]

エアコン掃除を自分で行う方法を解説!内部のカビはプロが徹底除去!

夏が始まり、エアコンをつけると…カビ臭い。 臭いだけでなく、カビを含んだ空気を吸って健康に悪影響が出てしまうのは嫌ですよね。 そこで必要なのは、エアコンのお掃除! エアコンを分解し、カビやホコリを取り除くことで、空気を綺 […]

HPの白いパソコンは本当に汚れや傷がつかない?実際に検証してみた!

パソコンを選ぶ基準。機能や重量・サイズなどがありますが、最近はお家やカフェで勉強や仕事やをする機会が多いし、「色」を重視して選ぶ方も増えているのではないでしょうか? パソコンの色は、汚れや傷が目立たないように黒や赤など暗 […]

お風呂の排水口・排水パイプの掃除方法!臭いと詰まりをどちらも解消

  お風呂ので一番汚れが気になるところといっても過言ではない、排水口。 お風呂中のお湯が流れ着く場所です。お湯に流されて、汚れもたっぷりたまります。 排水口の汚れが原因で、お風呂中に嫌な臭いが漂ったり、排水パイ […]

エアコンの臭いはホコリ・カビ・雑菌!全てを除去するお掃除方法とは

久しぶりにエアコンをつけてみたら、もわっとした臭い風が部屋いっぱいに広がった。 という経験はありますか? 本当に気分が悪いですよね。そのニオイ、今すぐ取り除きましょう! 実はエアコンのニオイの原因とニオイを取り除くたった […]

レンジフード掃除のプロ技がすごい!油汚れがゴッソリ取れて感動した

料理で火を使うとき、必ずと言っていいほど使うのが、レンジフード。いわゆる換気扇ですね。 みなさん、お掃除してますか? レンジフードって、油汚れがたまりがちですが、自分でお掃除するのは気が進まないですよね。 正直、めんどく […]

お風呂の頑固なカビには片栗粉×漂白剤!プロおすすめ予防法もご紹介

スポンジでゴシゴシしても落ちない…。 落としたつもりでも何日かたつと復活している…。 このように、お風呂のカビで悩んだことはありますか? ここで編集部が20代〜60代の女性100人に行なったアンケートを見てみましょう。 […]

洗面台のお掃除には重曹とクエン酸!水垢・黒ずみ汚れもスッキリ除去

8毎日使う洗面台。 みなさんは綺麗にしていますか? よく見ると鏡が曇っていたり、白っぽいくすみや黒ずみがあちこちにあったり……。 水回りなだけあって、さまざまな汚れがてんこ盛りです。 曇りやくすみや黒ずみを撃退するには、 […]

電子レンジの掃除は重曹!頑固な汚れもチンするだけでスッキリきれい

家の電子レンジ、こまめにお掃除していますか? 私は、かれこれ4・5年お掃除していません。 おかげで、電子レンジがちょっと臭いです。 よく使うから、いちいち掃除するのは面倒。 そう思ってお掃除をサボり続けた結果、焦げはこび […]

車内清掃は家にある道具でかんたんキレイ!頑固な汚れはプロに依頼!

  車ってすごい発明品です。 ドライブしたり、音楽を聴いたり、コーヒーを飲んだり、ホットドッグを食べたり。まるで動くリビングのようです。 とっても居心地のいい車ですが、ちゃんと車内の清掃をしている人ってなかなか […]

エアコンのカビを掃除で根こそぎ退治!予防には送風と換気が効果的!

エアコンから出てくる風がなんだか臭いな、と感じることはありませんか? そんなあなたはエアコンの吹き出し口に光を当てつつ、中をのぞいてみましょう! さて、何が見えましたか? 「無数の、黒い、てんてん」が見えた方、アウトです […]

手洗いの洗濯方法7つを解説!干し方やニオイ対策法もマスターしよう

皆さん、洗濯はいつもどのようにしていますか? 洗濯機に放り込んで、洗剤を入れて、ボタンをピッと押したらあとは待つだけ… 楽ちんですよね♪ では、例えば大切な洋服は? 洋服の取り扱い表示を見て洗濯方法を変えたことがあります […]

せんたく便で宅配クリーニングを依頼!定額でコートもダウンもお任せ

  だんだんと気候も暖かくなり、冬に着ていたコートやジャケットを洗濯する時期に差し掛かっていますね。 自分で洗うのもめんどくさいし、かといってクリーニングに出すもの高そう…なんて思っている方も多いと思います。 […]

ぬいぐるみの洗い方完全版!初心者でも絶対ふんわり仕上げる方法とは

ぬいぐるみを集めるの大好きなひとー!はーい! わたしは大好きです。にこにこしていて、ふわふわのぬいぐるみ。お部屋にあるだけで、なごみますよね。 では、1つ質問です。 そんな、かわいいぬいぐるみたち、お洗濯していますか?し […]

布団は部屋干しでもふかふかに!週に1回干すだけで快眠が手に入る!

  干したばかりの布団って気持ちいいですよね。 じめっと重かった布団も、日光に当てて干すとカラッと軽くなります。 毎日あんな布団で寝られたらいいのにと思いますが、実際は天気に左右されたり、花粉が気になったりして […]

羽毛布団の洗濯はコインランドリーがおすすめ!乾燥時の注意点も解説

  軽くて、柔らかくて、暖かい。 と、良いこと尽くしの羽毛布団は、寒い季節には手放せない寝具の1つ。 でも、なんだか最近、ふんわり感がなくなったような…。 それに、前よりも暖かくないかもしれない…。 なんて感じ […]

洗濯機で回してしまったティッシュと貴方をすくう4つの教えを公開!

ポケットにティッシュを入れたまま洗濯してしまった…! 誰もが一度はやってしまったことがあるのではないでしょうか。 綺麗に粉々になって洗濯物と一体化しているティッシュを見るだけでもゲンナリしますよね…。 そこで、そんな時に […]

タオルの洗濯は柔軟剤はNG!ごわごわをふわふわにする写真付き解説

タオルは毎日使うものだから、なるべく快適に使いたい!そうお考えの方も多いと思います。もちろん私もそう思っている一人です。しかし、タオルは使って、洗濯していくうちに硬くゴワゴワになったり、嫌な臭いがするようになったりします […]

【8割の人が知らない!】靴を自宅の洗濯機で洗う正しい方法を解説

会社が学校から帰る途中に、突然のゲリラ豪雨。 息を切らしながら走って帰ったけど、泥が跳ねて靴が汚れちゃった…。そんなこともありますよね。 そんなとき汚れてしまった靴をどうしていますか? え?そのまま? そんな […]

色移りの落とし方は50℃のお湯で洗剤2倍!本当に正しい情報大公開

あああ!しまった。 洗濯機の蓋を開けてみたら、中が大惨事になっていた。 こんな経験はありませんか? そう、色移り。 お気に入りの服に色が移っていた時なんか、とてもショックですよね。 普段は気をつけていても、ちょっと気を抜 […]

ワイシャツの襟汚れを完璧に落とす!6つの方法で黄ばみを真っ白に!

ワイシャツの襟汚れ、気になりませんか? 人に見られるところじゃないしまあいっか。なんて油断が命取り。ワイシャツの襟汚れは時間が経てば経つほど頑固になってしまうのです。 そのため、汚れが軽いうちにしっかりお洗濯しましょう。 […]

カバン修理|革・グッチ|バッグの内袋も直す職人の神ワザを徹底取材

みなさんの家にも、1つくらいありませんか? 傷が入ったり、糸がほつれたりして傷んだカバン。 久しぶりに使おうと思って取り出してみたら、劣化してしまっていたカバン。 このまま使うのもみっともないし、捨てちゃおうかな……。 […]

ヒール巻き交換でめくれも剥がれも修理!職人技で後ろ姿に圧倒的自信

普段から履いているパンプス。勝負服用の高めのヒール靴。 足を綺麗に見せてくれたり、ちょっと自信を持たせてくれたりする、女性のファッションには欠かせないヒールですが…ふと見たら、ヒール部分の革がめくれていたり、剥がれていた […]

ネックレスの修理はチェーン切れがネックです?部品の種類ごとに解説

ネックレスって、ささいなことで簡単に切れてしまうもの。 洋服を脱ぐときにうっかり引っ掛けてしまったり、ネックレスをつけたまま寝て、起きたら切れていた、なんてことも。 特に小さなお子さんがいると、お子さんがネックレスを引っ […]

革の鞄のお手入れは簡単3ステップ!油分の補給!水拭き、消しゴム!

さて、今回は革製品の中でも鞄についてのお話。 鞄って、体の一番外側にあることが多いせいか、傷が付きやすいものです。 気付かないうちに擦ってたりしますよね。 革は丈夫ですが、表面の傷に対しては案外弱いのですよ。 そこで、な […]

シャネルのバッグ・財布修理|レザー、内袋、取手リペア事例が大集合

  女性の永遠の憧れ、シャネル。 「古い価値観にとらわれない女性像」をブランドのポリシーに、バッグや靴、化粧品、香水などを、幅広く展開しています。 個性的でおしゃれなデザインで、女性から愛され続けてきたシャネル […]

グッチのバッグ・財布・靴修理|レザー、内袋、取手リペア事例が集結

  とっても大切な、グッチのバッグや財布、靴。 どれだけ丁寧に扱っていても、壊れてしまうことってありますよね。 長く使っていると素材が変質したり、穴があいてしまったり…。 自分で修理しようとすると、せっかくのデ […]

リーガル靴修理|ソール・かかと・つま先ビフォーアフターが完全集結

  日本を代表する靴ブランドであるリーガル。 100年以上にも渡りグッドイヤー・ウェルト製法を貫き、日本人の足にフィットするものをと、木型からこだわっています。 ビジネスシーンの足元の定番ではないかと思うくらい […]

革靴のオールソール交換!靴底の張り替えの匠の技で厚み・美しさ倍増

  靴の、底。 履いているうちに、必ず削れてきてしまう部分ですね。 擦り切れて穴が開いてしまった…… 削れ過ぎて、見た目が悪くなってしまった…… など、靴底の状態が悪くなってしまった靴は、ありませんか? そんな […]

ルイヴィトンバッグ・財布修理|レザー、内袋、取手リペア事例が集結

  ショルダーベルトが切れてしまった。 ファスナーが壊れた。 シミがついてしまった。 そんなブランド品はありませんか? 切れた部分やシミは、修理の職人さんの技術で、元の姿に戻すことができます。 その仕上がりは、 […]

鞄クリーニングの職人の世界を追う!カビ・シミ・色落ちの実例を発見

みなさん、クローゼットの中に少し汚れていたり、色がはげていたりする鞄はありませんか? そういう鞄って、使う気にもならないし、でも捨てる勇気もなく、ずっと置いたままにしていることが多いと思います。 そのままクローゼットの肥 […]