水筒の中に黒いカビが生えてきた…。お酢と酸素系の漂白剤で撃退だ!

yamachan

更新日:2018年12月03日

 

皆さんは「水筒」を使っていますか?
最新の水筒は、デザインもおしゃれで、毎日持ち歩くだけで楽しい気分になりますよね♪

保温保冷以外に機能性に優れています。持ち運びやすいスリムタイプや、アウトドアのお供としても使える耐久性に優れたタイプなどバリエーションも豊富です。

マイボトルを持ち歩くことで、ゴミも出さないので環境にもよく、節約にもなりますよね♪

水筒を洗い忘れて、中身が入りっぱなしで放置した事はありませんか?
そういった時にカビは水筒の中で発生するんです。カビを放置しておくと、水筒がカビ臭くなるなどの問題が起こります。

水筒に発生したカビは、すぐに取り除きましょう。
しかし、間違った方法で、カビを取り除くと水筒を痛めてしまいます。
そこで今回は、「水筒の正しい洗い方」と「水筒内のカビを取り除く方法」を紹介します。

水筒内にカビが繁殖する原因

ここでは、水筒にカビが繁殖する原因を説明します。

口の中にある雑菌が移るから

水筒から直接飲むことが出来る、「直飲みタイプ」の水筒が人気ですよね。直飲みタイプは、口の中の雑菌が飲料を通して水筒の中に移りやすいと言われています。口の中の雑菌が水筒に移る事で、カビが繁殖しやすくなります。

水筒内に甘い飲み物を入れるから

皆さんは、水筒に何を入れていますか?お茶が多いと思いますが、ジュースやカフェオレなどを持ち運ぶ方もいますよね。甘い飲み物を入れた水筒をきちんと洗えていないと、カビが残った糖分をエサにして、どんどん増えていきます。

中身を放置しているから

水筒の中身を、長時間そのままにしていませんか?カビは湿気を好みます。中身を放置している状態は、カビにとってまさにオアシスです。

洗って乾かさずに収納するから

水筒を洗った後に、きちんと乾かさずに収納するのはNG!先程も説明したとおり、水筒に湿気が残りカビが繁殖します。

カビが、水筒内に繁殖する原因って沢山あるんです…。次の項目では、水筒内に繁殖しやすいカビの種類を説明します。

水筒内に繁殖しやすいカビの種類

水筒内に繁殖しやすいカビは「黒カビ」と「赤カビ」です。

黒カビ

名前の通り、黒く根を張ったように繁殖するカビです。水筒の中パッキンに発生します。日常的にも発生しやすく、最もなじみがあるカビのひとつです。多湿で空気の流れが悪い所であれば、どこにでも繁殖します。熱やアルコールに弱く、除菌がしやすいカビです。

赤カビ

ぬるぬるとしたピンク色の汚れ、水筒のパッキンについていませんか。洗面台や、お風呂場のシャンプーの裏側などにも現れます。高温多湿を好みます。酵母菌の一種で、根も張らないので、除菌は簡単です。しかし、繁殖スピードが早いのが特徴です。

黒カビも赤カビも、あらゆる所に存在しています。カビが繁殖する為に、必要な条件が4つあります。

カビが繁殖するための4つの条件

カビが繁殖する為に、必要な条件は以下の通りです。

・温度0~45℃(特に20℃~40℃が繁殖に最適)
・空気(酸素)
・湿度70 %以上
・栄養分(ホコリ、食べカス、アカetc…。)

温度や空気はどうすることもできないですよね。しかし、1つでも条件が揃わなければ、カビは繁殖できないんです。条件を揃えないようにする事が、カビの繁殖を抑えるポイントなんですね!

水筒にカビが生えたまま、飲んだらどうなる?

水筒に入れた飲料の風味が悪くなる

カビが繁殖すると、嫌なにおいが発生します。その為、口に含んだ時の風味が悪くなってしまいます。

カビアレルギーになる

カビは体内に入っても、胃酸で殺されるため、健康であれば影響はありません。
しかし、抵抗力の弱い小さいお子さんとなると、話は別になります。
カビが原因で、体調を崩す可能性があります。長期間のカビ摂取が原因で、カビアレルギーを発症させるかもしれません。

水筒は、直接口につけるものなので、常に清潔にして使いたいですよね。

水筒の洗い方

それでは、水筒の洗い方を説明します。

用意するもの

・食器用洗剤
・柄付きのソフトスポンジ
・食器用スポンジ

  手 順  

1. 水筒をパーツごとに分解する

この時、必ず蓋についているパッキンも外しましょう。

2. 軽く水洗いする

水で水筒を軽くすすぎます。

3. 台所洗剤で洗う

内部に傷がつくと、さびの原因になります。柔らかいスポンジを使うようにしましょう。
本体の口・本体の外側・蓋・パッキンは、台所洗剤を含ませた食器用スポンジで洗います。

水筒の内部・底は柄のついたスポンジで洗いましょう。

4. パッキンや蓋のみぞにはつまようじや歯ブラシをつかって取り除く

パッキンや蓋の溝には、汚れが溜まりやすいんです。つまようじや歯ブラシを使って、こすり取りましょう。

5. すすぎ洗いの後、水気をふいて乾燥させる。

洗い残しがないように、丁寧にすすぎましょう。内部までしっかり水気を拭きとり乾燥させましょう。

水筒の使用後には、必ず洗うようにしましょう。においの付着を防ぎ、清潔に使用する事ができます。

水筒のお手入れ時にやってはいけない事

水筒のお手入れをする際にしてはいけない事がいくつかあります。

水筒を煮沸する

熱により、パッキンや樹脂の部分が変形してしまう可能性があります。

食器洗い乾燥機や食器乾燥器を使用する

水筒の外側の塗料が剥げてしまいます。また、パッキンや樹脂の部分の変形が起こる可能性があります。

塩素系漂白剤を使用する

サビや穴あきなど、故障の原因になります。また外側の塗料、印刷、シールがはがれる原因になります。

金属たわし、研磨材入りたわしは使う

傷がつき、サビの原因となります。

クレンザー、重曹などを洗剤として使う

こちらも、傷がついてしまいサビの原因となります。

水筒によって、お手入れ方法が異なる場合があります。説明書で事前に確認するようにしてくださいね!

水筒内のカビを取り除く方法

カビを徹底的に取り除きたいときに、おすすめのアイテムは酸素系漂白剤です。

酢を使う方法

酢には殺菌効果があり、カビだけでなく水アカなども落としてくれます。
食材としても使われているので、安心安全です。

用意するもの

・酢
・タライや桶

  手 順  

1. 水筒のパーツを分解する

全て分解するようにしましょう。

2. 酢をくわえたお湯をタライに作る

30℃~50℃のぬるま湯にお湯10:酢1の割合で作りましょう。ぬるま湯500 mlに対して、酢が大さじ3杯と小さじ1杯が目安です。

3. パーツを2の液に浸して2~3時間放置する

浸けておくことで、汚れが取れやすくなります。

4. しっかりと洗いながして乾かす

しっかりとすすぎ、酢を洗い流しましょう。

酢の洗い残しがあると、カビのエサになってしまうので気をつけてくださいね。カビが落ちていない場合は、ブラシで傷つけないようにこすってみましょう。

酵素系漂白剤を使う方法

それでもカビが落ちない、または、すぐにカビを落としたい場合は酸素系漂白剤を使ってみましょう。基本的には酢を使う方法と同じやり方になります。

用意するもの

・酸素系漂白剤
・タライや桶

おすすめの商品

水筒だけでなく、食器類の黄ばみ、衣類のにおい取りにもおすすめです。酸素系漂白剤として評価が高い商品です。

  手 順  

1. 水筒のパーツを分解する

パッキンを外す事も忘れないでくださいね!

2. 酵素系漂白剤をくわえたお湯をタライなどに作る

40℃のぬるま湯にお湯500 mlに小さじ1弱の酸素系漂白剤を入れましょう。

3. 蓋とパッキンを浸す。水筒本体は内部に注いで30分から1時間放置する

水筒の本体は浸さずに、内部に注ぐようにしましょう。外側を浸け置きしてしまうと、外側のラベルが剥がれ落ちてしまいます。

4. しっかりと洗いながし、乾燥させる

 

水かぬるま湯でよく洗い流しましょう。そのまま乾燥させたら終了です。

酸素の力で汚れを浮かせて、水筒を綺麗にしましょう。学校や職場がお休みの日にしてほしいお手入れです。1週間に1度を目安に行いましょう。

漂白剤を使用する上での注意点

酸素系漂白剤を使うときにも、注意点があります。

注意
・浸けおきする際に、蓋をしない
・本体のボトルは内側だけ浸け置きする
・塩素系漂白剤は絶対にNG

浸けおきの際には、必ずパーツをばらすようにしましょう。蓋をしたままにすると、内部の圧力で蓋が飛び出してしまう危険があります。

繰り返しになりますが、塩素系漂白剤を使用するのはNGです!

長く水筒を使うために

ここでは、水筒を長く使うためのポイントを紹介します。

水筒の保護シートをはがさない

水筒に付いている、保護シールをはがさないようにしましょう。あのシールは水筒内に真空を作るためにあけた小さな穴を蓋するものです。シールをはがしてしまうと保温冷効果が薄れてしまいます。

味噌汁やスポーツ飲料を入れない

味噌汁やスポーツ飲料には塩分が含まれています。塩分はさびの原因になってしまいます。

ドライアイスや炭酸飲料を入れない

水筒に炭酸飲料を入れてしまうと、炭酸の圧力で水筒の部品が破損する可能性があります。

保冷専用には熱いものを入れない

水筒の変形の原因になってしまいます。

ここで紹介したポイントを守って、水筒を長く使いましょう♪

まとめ

今回は、水筒の洗い方と、水筒内のカビを取り除く方法を紹介しました。
大切なことは、使用後には必ず洗う事と、使用後に水分を残さない事です。

においや茶渋の汚れが気になるときにも酸素系漂白剤をつかってみましょう。

お気に入りの水筒、きちんと手入れをして長く使いましょうね。
水筒のカビが気になるときに、ぜひ参考にしてもらえたら嬉しいです♪

関連記事

酸性洗剤は水垢・黄ばみに!トイレとお風呂で大活躍する最強の商品も

  「またこんなところに水垢が…」 お風呂の水垢や、トイレの黄ばみ。 いつの間にかこびりついて取れなくなっている汚れに、みなさんもため息をついたことがあるのでは? それを解決してくれるのが、酸性の洗剤です。 「 […]

NEW玄関のたたき、3つの掃除方法とインテリアで運気UPさせてみない?

  今日も1日頑張った~。 お疲れのあなたが家の玄関ドアを開けると、脱ぎ散らかした靴や置きっぱなしの傘が…。 玄関のたたきが散らかっていると、気分が下がってしまいますよね。 さらにあらゆる気の通り道と言われてい […]

NEW防カビくん煙剤でカビ知らず!お風呂掃除の習慣が劇的に変わるはず!

  みなさん、「防カビくん煙剤」って知ってますか? 汚れていないように見えるお風呂も、実は目に見えないカビがうじゃうじゃ…。 そんなカビの発生を防いでくれる、とっても優秀な「防カビくん煙剤」! 防カ […]

NEW油汚れにはオレンジクリーン!肌に優しい成分で家中丸ごとこれ1本!

  コストコで売られている「オレンジクリーン」という洗剤、ご存じですか? 家中の油汚れに使える、優秀な洗剤なんです! インパクトの強いこのパッケージ、一度見ると忘れられなくなりますよね。 派手なパッケージとは反 […]

ランキング

エアコンの臭いはホコリ・カビ・雑菌!全てを除去するお掃除方法とは

久しぶりにエアコンをつけてみたら、もわっとした臭い風が部屋いっぱいに広がった。 という経験はありますか? 本当に気分が悪いですよね。そのニオイ、今すぐ取り除きましょう! 実はエアコンのニオイの原因とニオイを取り除くたった […]

エアコンの水漏れの原因は7つ!ドレンホースのお掃除で8割は解決!

エアコンをつけてみたら、え?エアコンが泣いている? いや、違う!ポタポタと水漏れが!そんな経験はありますか? 編集部では、20~50代の女性100人に「エアコンの水漏れを経験したことがありますか?」と聞いてみました。 4 […]

リーガル靴修理|ソール・かかと・つま先ビフォーアフターが完全集結

  日本を代表する靴ブランドであるリーガル。 100年以上にも渡りグッドイヤー・ウェルト製法を貫き、日本人の足にフィットするものをと、木型からこだわっています。 ビジネスシーンの足元の定番ではないかと思うくらい […]

ルイヴィトンバッグ・財布修理|レザー、内袋、取手リペア事例が集結

  ショルダーベルトが切れてしまった。 ファスナーが壊れた。 シミがついてしまった。 そんなブランド品はありませんか? 切れた部分やシミは、修理の職人さんの技術で、元の姿に戻すことができます。 その仕上がりは、 […]

布団は部屋干しでもふかふかに!週に1回干すだけで快眠が手に入る!

  干したばかりの布団って気持ちいいですよね。 じめっと重かった布団も、日光に当てて干すとカラッと軽くなります。 毎日あんな布団で寝られたらいいのにと思いますが、実際は天気に左右されたり、花粉が気になったりして […]

革靴のオールソール交換!靴底の張り替えの匠の技で厚み・美しさ倍増

  靴の、底。 履いているうちに、必ず削れてきてしまう部分ですね。 擦り切れて穴が開いてしまった…… 削れ過ぎて、見た目が悪くなってしまった…… など、靴底の状態が悪くなってしまった靴は、ありませんか? そんな […]

洗濯機はお掃除クリーナーでカビ取り!月イチ槽洗浄でキレイを保とう

洗濯機から出した洗濯物に、なんだか黒いぴろぴろしたものがついている……! なんてことありませんか? それ、ワカメではありません。洗濯機の洗濯槽についてしまった、カビです。 カビがついた洗濯槽でお洗濯をしていると思うと、ぞ […]

グッチのバッグ・財布・靴修理|レザー、内袋、取手リペア事例が集結

  とっても大切な、グッチのバッグや財布、靴。 どれだけ丁寧に扱っていても、壊れてしまうことってありますよね。 長く使っていると素材が変質したり、穴があいてしまったり…。 自分で修理しようとすると、せっかくのデ […]

風呂釜掃除はつけおきで簡単!プロの洗浄は専用機械で汚れがゴッソリ

湯船に浸かって、1日の疲れを癒す。 お風呂の時間は、最高のリラックスタイムですよね。 そんな、つかの間の休息を演出してくれるのがそう、風呂釜。 意外と知られていないですが、お掃除していない風呂釜には汚れがたまっています。 […]

エアコン掃除を自分で行う方法を解説!内部のカビはプロが徹底除去!

夏が始まり、エアコンをつけると…カビ臭い。 臭いだけでなく、カビを含んだ空気を吸って健康に悪影響が出てしまうのは嫌ですよね。 そこで必要なのは、エアコンのお掃除! エアコンを分解し、カビやホコリを取り除くことで、空気を綺 […]

エアコンの臭いはホコリ・カビ・雑菌!全てを除去するお掃除方法とは

久しぶりにエアコンをつけてみたら、もわっとした臭い風が部屋いっぱいに広がった。 という経験はありますか? 本当に気分が悪いですよね。そのニオイ、今すぐ取り除きましょう! 実はエアコンのニオイの原因とニオイを取り除くたった […]

エアコンの水漏れの原因は7つ!ドレンホースのお掃除で8割は解決!

エアコンをつけてみたら、え?エアコンが泣いている? いや、違う!ポタポタと水漏れが!そんな経験はありますか? 編集部では、20~50代の女性100人に「エアコンの水漏れを経験したことがありますか?」と聞いてみました。 4 […]

洗濯機はお掃除クリーナーでカビ取り!月イチ槽洗浄でキレイを保とう

洗濯機から出した洗濯物に、なんだか黒いぴろぴろしたものがついている……! なんてことありませんか? それ、ワカメではありません。洗濯機の洗濯槽についてしまった、カビです。 カビがついた洗濯槽でお洗濯をしていると思うと、ぞ […]

風呂釜掃除はつけおきで簡単!プロの洗浄は専用機械で汚れがゴッソリ

湯船に浸かって、1日の疲れを癒す。 お風呂の時間は、最高のリラックスタイムですよね。 そんな、つかの間の休息を演出してくれるのがそう、風呂釜。 意外と知られていないですが、お掃除していない風呂釜には汚れがたまっています。 […]

エアコン掃除を自分で行う方法を解説!内部のカビはプロが徹底除去!

夏が始まり、エアコンをつけると…カビ臭い。 臭いだけでなく、カビを含んだ空気を吸って健康に悪影響が出てしまうのは嫌ですよね。 そこで必要なのは、エアコンのお掃除! エアコンを分解し、カビやホコリを取り除くことで、空気を綺 […]

お風呂の鏡のお掃除はどうしよう?なにしよう?「新聞使用」が正解!

毎日使うお風呂。 毎日見るお風呂の鏡。 あなたのお家のお風呂の鏡、自分の姿がはっきり写りますか? 湯気で覆われているように白くくもっていませんか? ここで編集部が20代〜60代の女性100人に行なったアンケートを見てみま […]

洗濯機の排水口掃除はパイプユニッシュor重曹!臭いや詰まりも改善

洗濯機の排水口から何か嫌な臭いが漂ってくる…。 洗濯機が脱水中に止まってしまったり、エラー表示が出たりする…。 あなたのお家の洗濯機のそんなトラブル、もしかしたら洗濯機の排水口のせいかもしれません。 長期間、洗濯機を使い […]

お風呂の排水口・排水パイプの掃除方法!臭いと詰まりをどちらも解消

  お風呂ので一番汚れが気になるところといっても過言ではない、排水口。 お風呂中のお湯が流れ着く場所です。お湯に流されて、汚れもたっぷりたまります。 排水口の汚れが原因で、お風呂中に嫌な臭いが漂ったり、排水パイ […]

キッチンの排水口のお掃除には重曹とお酢でつまりはもう詰まらない!

排水口のぬめり…… 排水口からの臭い…… 排水口の詰まり…… 毎日キッチンを使っていると、こんな問題が生じることがよくあります。 キッチンは朝昼晩と使うものなので、排水口の掃除までなかなか手が回らないですよね。 では、い […]

お風呂の頑固なカビには片栗粉×漂白剤!プロおすすめ予防法もご紹介

スポンジでゴシゴシしても落ちない…。 落としたつもりでも何日かたつと復活している…。 このように、お風呂のカビで悩んだことはありますか? ここで編集部が20代〜60代の女性100人に行なったアンケートを見てみましょう。 […]

布団は部屋干しでもふかふかに!週に1回干すだけで快眠が手に入る!

  干したばかりの布団って気持ちいいですよね。 じめっと重かった布団も、日光に当てて干すとカラッと軽くなります。 毎日あんな布団で寝られたらいいのにと思いますが、実際は天気に左右されたり、花粉が気になったりして […]

ワイシャツの黄ばみを落とす最強の漂白剤の使い方!予防すれば完璧◎

いつの間にかワイシャツが黄ばんでいた経験、ありませんか?特に、襟や脇、袖は黄ばみやすい部分です。 実は、毎日ちゃんとお洗濯しているだけでは、黄ばみを予防することはできないのです。 黄ばんだワイシャツでは、第一印象も悪くな […]

油汚れの染み抜きには「クレンジングオイル」が一番効果的なんです!

「揚げ物を作っていたら、油が服に飛んでしまった…。」 「子供がオムライスを食べていて、服にケチャップをつけてしまった…。」 など、日常的に服に油のシミがついてしまうシーンってありますよね。 でも、みなさんは知っていますか […]

白いスニーカーの汚れを7つのアイテムで真っ白に!お酢が決め手です

白は汚れる! まあ常識ですよね。 ちょっと擦っただけでも灰色が付きますもん。 僕も一時期まっ白なスニーカーで生活してたんですがね、まあすぐ汚して怒られましたとも。   ということで今回は白スニーカー。 汚れが目 […]

【8割の人が知らない!】靴を自宅の洗濯機で洗う正しい方法を解説

会社が学校から帰る途中に、突然のゲリラ豪雨。 息を切らしながら走って帰ったけど、泥が跳ねて靴が汚れちゃった…。そんなこともありますよね。 そんなとき汚れてしまった靴をどうしていますか? え?そのまま? そんな […]

油性ペンの汚れに4通りの落とし方。油には油を!不安ならみかん!

新学期。新しい教科書に名前を書く時に、大活躍の油性ペン。 にじまず、書く材質を選ばないのが特徴。そのため、水で濡れやすいキッチン周りにも使えますし、学生から主婦の方にも愛用されているはず。 そんな油性ペンの1番の特徴は「 […]

羽毛布団を洗濯機で洗う方法|コインランドリーやクリーニングと比較

  寒くなってくると毎年押し入れから引っ張り出してくる羽毛布団。ふかふかのお布団にはついつい顔をうずめたくなりますよね…って、あれ。 なんか、臭い。前よりボリューム感がないかも。 なんてショックを受けてる方に質 […]

色移りの落とし方は50℃のお湯で洗剤2倍!本当に正しい情報大公開

あああ!しまった。 洗濯機の蓋を開けてみたら、中が大惨事になっていた。 こんな経験はありませんか? そう、色移り。 お気に入りの服に色が移っていた時なんか、とてもショックですよね。 普段は気をつけていても、ちょっと気を抜 […]

帽子・キャップの型崩れしない洗い方!他とはかぶらない方法で伝授!

帽子って、知らず知らずのうちに汚れや臭いがひどくなってしまいますよね。 特に夏の汗をかく時期。 でも、帽子を自宅で洗うって、あんまりピンとこないかもしれません。 しかし、ここでは帽子・キャップを自宅で型崩れの心配なく洗う […]

羽毛布団の洗濯はコインランドリーがおすすめ!乾燥時の注意点も解説

  軽くて、柔らかくて、暖かい。 と、良いこと尽くしの羽毛布団は、寒い季節には手放せない寝具の1つ。 でも、なんだか最近、ふんわり感がなくなったような…。 それに、前よりも暖かくないかもしれない…。 なんて感じ […]

リーガル靴修理|ソール・かかと・つま先ビフォーアフターが完全集結

  日本を代表する靴ブランドであるリーガル。 100年以上にも渡りグッドイヤー・ウェルト製法を貫き、日本人の足にフィットするものをと、木型からこだわっています。 ビジネスシーンの足元の定番ではないかと思うくらい […]

ルイヴィトンバッグ・財布修理|レザー、内袋、取手リペア事例が集結

  ショルダーベルトが切れてしまった。 ファスナーが壊れた。 シミがついてしまった。 そんなブランド品はありませんか? 切れた部分やシミは、修理の職人さんの技術で、元の姿に戻すことができます。 その仕上がりは、 […]

革靴のオールソール交換!靴底の張り替えの匠の技で厚み・美しさ倍増

  靴の、底。 履いているうちに、必ず削れてきてしまう部分ですね。 擦り切れて穴が開いてしまった…… 削れ過ぎて、見た目が悪くなってしまった…… など、靴底の状態が悪くなってしまった靴は、ありませんか? そんな […]

グッチのバッグ・財布・靴修理|レザー、内袋、取手リペア事例が集結

  とっても大切な、グッチのバッグや財布、靴。 どれだけ丁寧に扱っていても、壊れてしまうことってありますよね。 長く使っていると素材が変質したり、穴があいてしまったり…。 自分で修理しようとすると、せっかくのデ […]

ファスナー・チャックの直し方を解説!5つの不具合もこれで全て解決

急いでファスナーを閉めたら動かなくなった……なんて経験、あるんじゃないですか? 『ガチっ』なんて音を出した後、うんともすんとも言わなくなることが結構あるんですよねぇ。 さて、こういうファスナーの故障ですが、大抵は曲がって […]

裾上げのやり方をズボンの種類別に解説!丈を決めるポイントも伝授!

もうちょっと裾が短かったら、このズボンは完璧なのになあ。 そんなお悩みはありませんか? そんなときに便利なのが「裾上げ」。 でも洋服屋さんで頼むと時間がかかってしまいます。取りに行くのも面倒臭いですよね。 だから、自分で […]

靴の臭いがたったの100円で消せるのならば試さずにはいられない話

どうも、隙あらば靴を脱ぐのであんまり足の臭いに困らない僕です。 たまに遠出すると脱げなくて大変なことになるんですけどねー。 さて、足の臭いってかなり気になりますよね。 しかも、どれだけ足を洗ったところで臭いが出るのは止め […]

スエードの靴の汚れの正しい洗い方とは?普段のお手入れ方法も解説

スエードの靴、あの独特の質感が素敵ですよね。なんだか温かみを感じる、良い生地だと思います。 でも一つ問題が…… 汚れが付きやすいんですよね。水に濡れればシミになり、使っているとテカテカしてきます。 しかも、スエードってお […]

靴磨きのコツを大公開!職人だけが知る革靴のお手入れ方法を徹底取材

お洒落は足元から、なんてよく言いますよね。 一生、大切にしたいと思っている革靴を、お持ちの方も多いはず。 ですが、せっかくの素敵な革靴も、お手入れができていなかったら台無しです。 よい革靴は、きちんと靴磨きをして、いつで […]

サビ落としはブラシ&サビ取り剤が最強!こすらず磨いて楽々完全除去

身の周りを見渡してみたら、色んなところでサビを発見してしまった…なんて経験、ありませんか? 例えば家の中に置いてあるスタンドラックにも発生するし、外に置いておいた自転車にもサビはつきやすいもの。 見た目はあまりきれいとは […]

おすすめ特集