薪ストーブの設置方法を解説!気になる費用・お手入れ方法を大公開!

YOURMYSTAR STYLE編集部

作成日:2019年09月17日

 

おしゃれな生活に憧れ、北欧風の部屋に住みたいと考えている場合、薪ストーブに興味がある方もいるのではないでしょうか。

ですが、インテリアの中でもかなり手が出しにくいアイテムですよね。

そんな薪ストーブ、実際に部屋へ設置する際は、種類や特徴、日常的な手入れ方法、設置場所などを理解しておく必要があります。

薪ストーブを安全に長く使い続けるためにも、基本的な知識を勉強していきましょう!

薪ストーブには種類がある!

薪ストーブには主に、

・クラシックストーブ
・モダンストーブ
・クッキングストーブ

の3種類があります。それぞれ特徴があるので、見ていきましょう!

クラシックストーブ

クラシックストーブは、昔ながらの伝統的なデザインが特徴で、奥行きのある薪ストーブです。

重厚感もあり、まさにストーブの王様ともいえる存在です!

モダンストーブ

モダンストーブはスタイリッシュなデザインで、インテリアや家具などと合わせやすくなっています。

縦型が多いので、狭いスペースでも設置できますよ。

お部屋の雰囲気を害さない、シンプルなデザインで人気です!

クッキングストーブ

クッキングストーブはオーブン料理も作れちゃうタイプです!

火加減を調節することで、さまざまな料理を作ることができます。

家族や友達とのパーティーにも使えるので、普通のストーブ以上の価値があるアイテムなんです!

薪ストーブをどこに設置する?

薪ストーブは発生する熱を左右前後、4方向に放出できます。

そのため、効率的に部屋の中を暖めたい場合は部屋の中央に設置するのが効果的なんです!

限られたスペースを暖めたい場合は壁際やコーナーに設置しても問題ありません。

壁際に設置すると180度、コーナーであれば90度方向に熱を放出します。

また、熱をより広い空間へ放出したい場合は、吹き抜けやシーリングファンのあるところへ設置しましょう。

これらの場所は空気が流れているので、熱を広げやすくなっていますよ!

薪ストーブの設置費用は?

自宅へ薪ストーブを設置する場合、専門業者へ相談するケースもあります。

この場合、薪ストーブの本体価格と煙突工事、取り付け費などを含めると100~170万円程度の費用が必要です。

しかし、ホームセンターなどで売られているダルマ型の薪ストーブであれば、本体価格が1万円程なのでリーズナブルに設置できます。

煙突工事を業者に依頼するとさらに費用がかさみますが、DIYで設置する場合は工具や材料費だけで済むため、3万円程度が相場です!む

薪ストーブのお手入れの仕方も解説!

日常的に薪ストーブをお手入れするには、ガラス戸やガスケット、煙突などを掃除する必要があります。

ガラス戸には灰や薪の燃えカスがつきやすいので、雑巾などで掃除すると良いでしょう。

ガスケットはガラス戸の周りについており、内部を密閉するための部品です。

定期的に灰や汚れを取り除くことで、内部に余計な空気が入るのを防げるので、なるべくこまめに掃除するようにしましょう!

煙突は内部に溜まったススを専用ブラシでこすって落としてください。

薪ストーブを設置して安全に使い続けるためにお手入れは必須なので、定期的に行うことが重要です。

まとめ

薪ストーブは、薪の用意や日常的な手入れが大変ですが、部屋全体を効率的に暖めてくれます。

さらに、部屋のインテリアや雰囲気に合わせたデザインを工夫すれば、おしゃれな部屋に包まれること間違いなしです。

設置する際は薪ストーブの種類やそれぞれの特徴を確かめ、費用・場所なども考えたうえで自宅の部屋に合ったタイプを選んでくださいね!