油汚れは「温かいうちに、すぐ」の方が簡単に落とせます!【茂木和哉】

茂木和哉

更新日:2018年10月12日

こんにちは!
茂木和哉です。

みなさん、油汚れを落とすのに苦戦していませんか?

油汚れがべったり付いたフライパンは、使い終わってすぐ、まだ温かいうちに洗えば、少ない洗剤でも楽にキレイに油汚れを落とすことができます。
しかし、冷めてしまったフライパンはそうはいきません。

油汚れの程度にもよりますが、1回洗っただけでは落としきれません。
ヌルヌルが残るため2、3回洗わなければならない時があります。

冷えた油汚れが落としにくいのは、油汚れの性質に理由があります。

油汚れ(油脂)の性質
・温度が高くなると、やわらかくなり液状化するので、落としやすい
・温度が低いと、固形化するので、落としにくい

このような油汚れの性質の基本を理解し、清掃に活かすことができれば、作業効率が大幅にUPします。

 

例えば、お風呂場は使ったあと、すぐに洗ったほうが、楽に時間をかけずにキレイに洗い上げることができます。
翌日に洗うのとは、効率が大違いです。

また浴場施設の床などの皮脂汚れは、夏場より冬場の方が汚れが落ちにくくなります。
冬場、効果的に汚れを落としたいのなら、一度、温水で床などを温めてから清掃を行ったり、洗浄液を温めてから使ったりすると効果がUPします。

ぜひ、みなさんも油汚れの性質を掃除に活かしてみてください!


洗剤職人「茂木和哉」が書いた、年末の大掃除に必ず役に立つ1冊です!

キッチンクリーニングのプロのサービスを探す