「茂木和哉」という洗剤を使わない方がいい3つの理由

掃除が大好きな私と、「茂木和哉」との出会いを描いた物語。他の洗剤とは異なる、シンプルなデザインに惹かれて手に取ったのですが……。その時には思ってもみませんでした。「茂木和哉」が、私の至福の時間のすべてを奪ってしまうことになるなんて。

OCCIN

2017年04月22日

私と「茂木和哉」の出会いは、ある穏やかな春の日、
突然に。

他の洗剤とは一線を画した茶一色のシブいパッケージ。
余計な説明は、何もない。

一目見た瞬間から今までのデザインとも一線を画す
そのシンプルさに私は心を惹かれてしまったのです。

パッケージに心を惹かれて、
CDで言うならば「ジャケ買い」。

その出会いが私の人生における至福の時間を奪ってしまうことになるなんて、その時は思ってもみなかったのでした。

「掃除の手間ひま」

初めに言っておきますが、私は掃除が好きです。

人に大きな声で自慢するほどのことではないですが、
「掃除」と名がつくもので人に負ける気はしません。

掃除って、洗剤を壁や床にこびりついた汚れに吹き付けて、
一生懸命ゴシゴシこすって落とす。

「あっ、汚れ発見」
「ゴシゴシ…」

「そろそろここのタイミング」
「ゴシゴシ…」

「今日はまとめて水回りを」
「ゴシゴシ…」

ゴシゴシを終えて手でこすると「キュッキュッ」て鳴るくらいピカピカに磨き上げたときの達成感…たまらない。
やばい。ああ、最高。

そして、さらに私を喜ばせてくれるのは
たまに現れるなかなか落ちない頑固な汚れ。

雑巾でこすっても、ダメ。
スポンジでも完全には落ちない。
最後の砦、たわしでゴシゴシ。
やっと落ちた…。なんという幸福感…。
自然と口元が緩んでしまいます。

それなのに、「茂木和哉」ときたら…

どんな汚れも「茂木和哉」を使うと、力をかけなくても一発でスルスルと簡単に落ちてしまうではありませんか。

ゴシゴシいらずでスルスル…

どういうことなんだこれは…

大切なお掃除の手間暇が、いらなくなってしまう。
自分で何度もゴシゴシこする必要が全く無い。
ショック…

これでは私の大好きな「掃除の手間ひま」が全く得られなくなってしまう。
これは大変。掃除の醍醐味、達成感が一切なくなってしまうのだから。

こんなものがあるなら、私もう掃除しなくなるかもしれない。

 

「洗剤を選ぶ楽しみ」

ドラッグストア

もう一度言います。私は掃除が好きです。

友達と行く少し奮発したランチでのおしゃべりよりも…。

お休みの日、家の掃除を徹底的にしようと思ったとき、
私が一番最初に行くことにしている、素敵な素敵な場所があります。

それはもちろん、ドラッグストア。
私のユートピア、ドラッグストア。

そこに行くだけで、ものすごく気分が高揚します。
色とりどりのパッケージの洗剤が陳列していて、
どれにしようか見ているだけでワクワクしてくる。

「超強力!」「どんな汚れもお任せあれ」
そんなキャッチフレーズが次から次へと目に入ってきて、
私の興奮のボルテージは最高潮に達するんです。

台所、洗面所、トイレ、バスタブ…
掃除したいところはいろいろ。

台所はこの白いやつ。シンクをピカピカに磨き上げてくれる気がする。
洗面所は青いキャップのやつ。パッケージの清潔感が好み。
トイレはこの緑のやつ。トイレのしつこい汚れもピカピカになりそう。
バスタブは黄色いパッケージのこれ。小さなカビもすっきり落としてくれるはず。

みんなちがって、みんないい。

そんなことを考えながら歩く時間。
それはつまりは「ウィンドーショッピング」

春だからちょっと明るめがいいかも。
トレンドは取り入れていきたいな。
そんなことを考えるお洋服のお買い物と同じ。

そんな私の至福の時間。

たくさん迷った末に「これが一番落ちそうだ。」
そう思った洗剤を手に取る。
これはもしかしたら、運命の出会いかもしれない。
一体その洗剤達がどんな風に汚れを落としてくれるのかドキドキしながら私は毎回満足な気持ちで家路につくんです。

でも、そんな楽しい楽しい時間を私から奪おうとする人がいるではないですか。

そう、それが「茂木和哉

なぜなら、台所、洗面所、トイレ、バスタブ
それらが全て「茂木和哉」一本で事が足りてしまうから。

「茂木和哉」が一本あるだけで、私の人生にとっての楽しい楽しい「洗剤を選ぶ時間」が奪われてしまうのです。

汚れもしっかり落ちて、どこにでも使えちゃうって何様なの。

これは大変由々しき事態。
どう責任とってくれるのって感じ。

 

「シンクの下の洗剤スペース」

三回も言ってごめんなさい。私は掃除が好きです。

みんなが寝静まった後に食べる「キルフェボンのフルーツタルト」よりも…。

洗面所の下。台所のシンク下。
扉が両開きの収納スペース、ありますよね?

私、あの部分が大好きな家の中でもお気に入りの場所なんです。
開けてみると、ユートピアで購入したありとあらゆるパッケージの洗剤。
黄色、青色、緑色。
それぞれに個性が違って、全部私の宝物。
収納スペースを縦断する排水管をよけてひとつひとつ洗剤たちにぴったりなスペースを探して配置。
狭いからこそしっかり収納できたときの喜びはひとしお。

なんだかジグソーパズルみたいで、すっごくすっごく楽しいのです。
うん。楽しい。

ところが、何ということでしょう。
その手間も全く必要なくなってしまうんです。

何故って、なんども言いたくないけど
それは「茂木和哉」のせい。

「茂木和哉」って500mlのペットボトルよりも小さい。
それどころかもはやオロ◯ミンCの瓶のサイズに近い。
え、ちっちゃ…

巨人軍の選手も嵐もびっくり。

あの素敵なスペースにお掃除グッズがたくさん入ってないとものすごく寂しい。
ジグソーパズルをする楽しみがなくなるなんて、つらい。

私の心の中も空っぽです。
収納開けてあれだけって、なんだかすごく間抜けな感じ。
あのスペース、一体どうしたらいいんでしょう。
そして、私の至福の時間を返して欲しい。
絶望感しかありません。

 

3つじゃ本当は足りないけど…

茂木和哉」を使わないほうがいい3つの理由。
本当はもっとあるけど、ちゃんと早く伝えないといけないから
3つで我慢。

うん、本当によくない。
大変よくない。

それでも「茂木和哉」を使用したい変わり者のあなたはこちら。

「茂木和哉 水アカ洗剤 200ml」

4つ目の使わない方がいい理由を言ってもいいなら、
洗剤の使い方を詳しく解説してるサイトなんてものを作ってること。

自分で洗剤の使い方を考えて攻略するのも掃除の楽しみ。
そんなことお構い無しに丁寧に誰でもわかりやすく教えてしまうなんて
もうこれはなんというお節介。

私は見ませんが、見たいならどうぞ。

関連記事

カビが生える3つの条件とは?【茂木和哉】

こんにちは! 茂木和哉です。 みなさん、カビに悩んではいませんか? キッチンやお風呂、トイレなどの水回りだけでなく、押し入れやウッドデッキまで、家中のあらゆる場所にカビは生えてきます。 カビが生える条件は、 「温度」「水 […]

「茂木和哉」が書いた本を読んで後悔した3つの理由

忘れたいことほど忘れられない。 そんな忘れたいことをやっと忘れられそうな時に、思い出さざるを得ない出来事が起きる。 そう、それが「茂木和哉」。 「落ちない汚れをラクに落とす掃除術」2017年10月13日発売 私から掃除の […]

常に汚れを流す側のシャワーヘッドさんを丁寧に掃除すべきなので解説

  シャワーを使うときに、なんか変な方向に飛ぶなあ、最近なんだか水圧が弱いなあ。 そんな風に感じたことはありませんか? その原因は、汚れたシャワーヘッドにあるかもしれません。 シャワーヘッドのお掃除ってなかなか […]

お風呂の換気扇の掃除は重曹に一晩つけおき!換気効果UPでカビ対策

お風呂の換気扇ってお掃除していますか? 換気扇を回しても、ちっとも湿度が下がらないし、換気されていない。 換気扇から変な音が聞こえる。 もしかしたら、その原因は換気扇の汚れにあるのかも…! お風呂の換気扇って普段お掃除す […]

お風呂の排水口の掃除は簡単2ステップ!便利グッズ3選は見逃せない

「あれ、なんか臭い……。」 お風呂に入っている時、ふとした瞬間にいや~な臭いを感じることってありませんか? それは、排水口に汚れが溜まっているサインです。 お風呂場というリラックス空間を綺麗に保つためにも、「お掃除しなき […]

ガラスや鏡につくシリカスケールは、なぜガンコなのか?【茂木和哉】

こんにちは! 茂木和哉です。 皆さん、シリカスケールを知っていますか? シリカスケールとは 水に含まれている硬度成分のひとつ「ケイ素」が、空気と触れたり蒸発したりを繰り返すことで姿を現す「水あか」 水あかの中でも、落とす […]

カルシウムスケールを落とすには「酸性洗浄剤」がおすすめです!【茂木和哉】

こんにちは! 茂木和哉です。 カルシウムスケールは、水あかの中で、もっもポピュラーな汚れです。 お風呂場の水あかも、ほとんどがカルシウムスケールです。 カルシウムスケールは、多くの酸性成分で分解できるので、酸性洗浄剤があ […]

もらいサビを落とすには、「酸の力」か「研磨の力」!【茂木和哉】

こんにちは! 茂木和哉です。 サビ汚れには、金属そのものがサビて汚れる場合以外にも、他の金属のサビがついて汚れる場合があります。 それを「もらいサビ」といいます。 もらいサビでよくある汚れが、お風呂の洗い場にヒゲそりを置 […]

お風呂の掃除に重曹が救世主だったお話。皮脂や汗の汚れに効果抜群!

「湯船に浸って1日の疲れをとろう……ってあれ?なんかザラザラしてる……。」 そう思った経験はありませんか? お湯が溜まっていたラインが跡になってしまっていることもありますよね。 そのザラザラや跡の正体は、せっけんカスや皮 […]

つまりは、ユニットバスの排水口の詰まりを取れない人生はつまらない

ユニットバスを使った後、ちゃんとお掃除していますか? 使ったら使いっぱなしだというそこのあなた! その使い方は危険ですよ。 「ユニットバスの排水口が詰まった!」 「お湯を流すと、排水口から水が逆流してくる!」 こんな事態 […]

あなたにおすすめの記事

その他の人気記事