HOME
更新日 :2023年11月20日

車の傷はスプレーを使って自分で直す!その方法や注意点を徹底解説!

この記事をシェアする FaceBook X LINE Pinterest

「車に傷ができた!業者に相談しなきゃ!」ちょっと待ってください!実は、スプレーをうまく使えば、自分で修理をして目立たないようにできる場合があります。ただし、スプレー以外にも必要なものをそろえて、正しい手順で進めることが欠かせません。

そこで今回は

・スプレーで直せる傷
・用意するアイテム
・スプレーでの直し方について

を徹底解説していきます♪

本記事内ではアフィリエイト広告を利用しています

スプレーで車の傷は直せる?

ズバリ!塗装スプレーは、大きな傷の補修に向いています。軽く擦ってできたような傷であれば、車のボディと同じ色のものを使用することで、ほとんど分からない状態にできますよ♪

一方、スプレーを吹き付けると周囲に塗料が飛び散ることになるため、小さな傷や線のような引っかき傷を直すのには向いていません。

また、擦り傷でも塗装面の下の層にまで傷が及んでいると、そこから修理をする必要があるのでスプレーでは直せません。

つめが引っかかる深さかどうかが目安になるので、チェックしてみてください!

車の傷を直す前に!必要なアイテム

自分で修理をすると決めたら、いくつかのアイテムを揃えるのが最初のステップになります。

シリコンオフ

おすすめ [PR]

商品画像
SOFT99 (99工房) 脱脂剤 シリコンオフ300 300g 09170

シリコンオフは塗装面の油分や汚れを取り除くためのスプレーのこと。表面を脱脂して、汚れを落とす作業が、後で行う塗装の質がかなり変えてきます!この作業は丁寧に行ってくださいね♪

コンパウンド

おすすめ [PR]

商品画像
SOFT99 (99工房) 補修用品 液体コンパウンドトライアルセット 09193

コンパウンドは車体についた傷を滑らかにするために使用します。傷を滑らかにしてから、塗装のスプレーを吹きかけると綺麗な仕上がりになりますよ♪

耐水ペーパー

おすすめ [PR]

商品画像
UEETEK 紙やすり 耐水ペーパー 27枚入り (400 600 800 1000 1200 1500 2000 2500 3000 各3枚)

こちらも傷の部分をならす時に使います。#の後についた数字が示すのは目の粗さ。この値が大きいほど粒子が細かくなっています!

実際に傷を直していこう!

アイテムをそろえたら、それらを使って慎重に修理をしていきます!

用意するもの
・新聞紙
・マスキングテープ
・シリコンオフ
・コンパウンド
・耐水ペーパー
・塗装用スプレー(プラサフ・塗料・クリア・ボカシ剤)

おすすめ [PR]

商品画像
SOFT99 (99工房) ボデーペン トヨタ 202 T-112 ブラック 08112

塗装スプレーは、メーカーごとに様々な色があるので、きちんと自分の車の色に合ったものを探しましょう。

手順
 
1
シリコンオフスプレーを吹きかけ、汚れを取る

まずシリコンオフスプレーを使って、傷の汚れをしっかりと取り除いていきます。

2
マスキングテープで養生する

続いて隙間ができないように気を付けながらマスキングをしましょう。

POINT
広い範囲をマスキングする

風などの影響で傷の周囲のほこりがついたり、塗料が予想以上に飛び散ったりする恐れがありますよ!

3
耐水ペーパーで塗装面をツルツルにする

そして、コンパウンドと耐水ペーパーで傷をできるだけ滑らかにしていきます。耐水ペーパーは、目の荒いものから使用し、徐々に目を細かくしていきましょう。

4
プラサフ→塗料→クリアの順にスプレーをかける

いよいよ塗装用スプレーを吹き付けていきます。一度だけではムラができやすいので、数回にわたって行いましょう。

まずはプラサフを吹きかけて、塗料を塗る下地づくりをします。塗料をボディに直接塗ってしまうと、乾いた後にひび割れてしまう可能性があるので、下地づくりはしっかりと行いましょう。

おすすめ [PR]

商品画像
SOFT99 (99工房) ボデーペン プラサフ 300ml 08003

プラサフの次は塗料を吹きかけ、乾いたらクリアで蓋をします。塗装の際は、なるべく薄く数回に分けて吹きかけるのがポイントです。

おすすめ [PR]

商品画像
SOFT99 (99工房) ボデーペン クリアー 300ml 08002
5
ボカシ剤を吹きかける

塗装した部分と、元のボディ部分の境目にボカシ剤を吹きかけます。

ボカシ剤によって境界線がわかりにくくなり、新たに塗装したことがわからなくなるのです。

これで塗装完了です!

おすすめ [PR]

商品画像
SOFT99 (99工房) ボデーペン ボカシ剤 300ml 08004

小さい傷はどうするの?

先ほども言ったように、塗装スプレーは大きな傷を補修するのに向いています。では小さな傷はどうすれば良いのでしょうか?小さい傷の場合はタッチアップペンで直すのが有効的です!

おすすめ [PR]

商品画像
SOFT99 ( ソフト99 ) ペイント タッチアップペン トヨタ

タッチアップペンとは、車体についた傷や、塗装の剥がれ落ちを簡単に修正できる筆塗りの塗料のこと。筆塗りなので、小さい傷でも簡単に直すことができちゃいます♪

そんなタッチアップペンの使い方をこちらの記事でまとめました!写真付きなのでとてもわかりやすくなっていますよ♪

直せない傷はプロに相談

スプレーは便利ですが、決して万能なアイテムではありません。素人が使うとイメージ通りの仕上がりにならない場合もあります。

例えば、バンパー全体などあまりに範囲が広いと、塗装を均一にするのが難しく、派手なムラが残ってしまいがち。

自分にはハードルが高いと感じたら無理をせず、素直に車修理の専門業者に相談してみましょう!

お値段の目安は1〜2万円ほど。自分で直すよりも高くなりますが、大事な車の傷は確実に直すことが第一ですよ!

まとめ

スプレーで傷を直せるといっても、揃えるアイテムや作業のステップが多くて、面倒に感じてしまった人もいるのではないでしょうか。しかし、自分で愛車をきれいな状態に戻したいなら、どれも必要なものなので手を抜かないことが大事です♪業者の方に頼ることも視野に入れつつ、良い結果になるように進めていきましょう!

※本記事の内容は、本記事作成時の編集部の調査結果に基づくものです。
※本記事に掲載する一部の画像はイメージです。
※本記事の内容の真実性・確実性・実現可能性等については、ご自身で判断してださい。本記事に起因して生じた損失や損害について、編集部は一切責任を負いません。
※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がYOURMYSTAR STYLEに還元されることがあります。
※本記事のコンテンツの一部は、アマゾンジャパン合同会社またはその関連会社により提供されたものです。これらのコンテンツは「現状有姿」で提供されており、随時変更または削除される場合があります。