マフラーをお洗濯♪【素材別】カシミア・ウール・アクリル徹底解説!

RELIVERS編集部

更新日:2018年10月12日

秋口から欠かせなくなってくるマフラー。

10月頃から3月頃まで、約半年くらい使いますよね。

そんな頻繁に登場するマフラー、きちんと洗っていますか?

汗をかいたりしないために、汚れるイメージの少ないマフラーですが、外気の汚れや、自分の汗や息、メイクなどで、知らず知らずのうちに汚れているものなのです。

しかし、マフラーはなんとなく繊細な素材で作られているイメージ。
そもそも洗えるの?なんていう疑問をお持ちの方も多いかもしれません。

今回はそんなマフラーを自宅で手入れする方法を、素材別に詳しくお伝えしていきます!

私のマフラー、どうやって洗えばいいの?

羊

まずは、マフラーの素材別に洗い方を知りましょう。

カシミヤ(カシミア)

肌触りも良く、とても軽く柔らかいカシミヤ。

カシミヤとは、カシミール地方に生息しているヤギの毛のことです。生産量がとても少なく、1頭から150~200gほどしか毛が取れないため、お値段も高価。また、毛の繊維が細く長いので、空気を含みやすく保湿性が高いです。
しかし、毛の繊維が細いので擦り切れたり破れたりしやすく、シミにもなりやすいデリケートな素材です。

カシミアの場合は30度以下の温度の水で、優しく手洗いをする必要があります。長時間水に沈めないように、すすぎも含め短時間で洗いましょう。

ウール

暖かく丈夫なウール。

ウールとは、羊の毛のことです。毛玉が出来にくく、カシミヤに比べると扱いが楽な素材であり、多少水に濡れるのも大丈夫。
しかし、何も知らずに洗うと、縮んだり締まって硬くなったり、ふんわりとした質感が失われてしまう事も少なくありません。

ウールの場合は、縮んだり硬くなったりしないよう、ぬるま湯を使用します。また、洗濯機の水圧もマフラーを縮めてしまう原因となるので、手洗いがお勧めです。

アクリル

アクリル素材は、天然繊維ではなく化学繊維。なので、カシミヤやウールに比べると丈夫な素材です。
アクリル素材の場合、そのほとんどは洗濯機で洗う事ができます。ただし、必ず洗濯ネットを使用し、中性のオシャレ着用洗剤を選びましょう。洗濯機のコースは、手洗いモードソフトモードなど、やさしく洗えるようにセットしましょう。
仕上げに柔軟剤を使用したい場合にも、アクリル素材ならば使用しても問題ありません。

では、ここで一度おさらいをしておきましょう。

洗濯機 水洗い
カシミヤ ×
ウール ×
アクリル

カシミヤ、ウールなどの繊細な素材はぬるま湯で手洗い。
アクリルなどの化学繊維は洗濯機でも洗えます。

注意
シルク(絹)、レーヨン、キュプラ、アセテートなどの素材は、とてもデリケートなので、自宅での洗濯は避け、クリーニング店にお願いするようにしましょう。

マフラーを洗う前の3つのチェック

マフラーを洗う前に、確認しておきたいことは

・取り扱い表示
・洗剤
・色落ち

の3つがあります。

取り扱い表示をチェック

取り扱い絵表示は必ず確認しましょう。

「洗濯機マーク」か「手洗いマーク」か

これらのマークがついていれば、水洗いできます。

「水洗い不可マーク」

このマークがついていれば、基本的には水洗いできません。
しかし、素材によっては丁寧に扱えば洗える場合もあります。

「ドライマーク」

ウールやシルク、レーヨンなどに表示されている場合が多い「ドライマーク」、実は中性のおしゃれ着用洗剤で洗濯出来るのです。
「ドライマーク」がついていると、『ドライクリーニングしかできない』と勘違いをされる方が多いですが、本当は『ドライクリーニングが可能』という意味なのです。

一緒についている絵表示をきちんと確認し、洗えるかどうか確かめましょう。

どの絵が何を示しているのかわからない…という方は、こちらの記事を参考にしてくださいね♪

使用する洗剤のチェック

中性のおしゃれ着用洗剤を使います。

このような洗剤は、繊維を保護する成分が含まれているのです。デリケート衣類用洗剤は、ウールやデリケート衣類を手洗いすることに特化しているのです。

また、仕上げに柔軟剤を入れると、ふんわりと軽く仕上がるだけではなく、静電気を防ぐ効果もあります。

マフラーのみでなく、型崩れさせたくないセーターやニット、色落ちさせたくない大事なお洋服などにはこちらを使いましょう。静電気防止にもなるので、冬の時期にはありがたいですよね。

色落ちしないかチェック

初めて洗うときは、マフラーの目立たないところに洗剤の原液をつけ、5分ほどおいてティッシュペーパーなどで押さえます。

色がついたら単独で手早く洗うか、プロのクリーニング店に任せましょう。

マフラーの手洗い方法(カシミヤ・ウールなど)

カシミヤやウールなどデリケートな素材のマフラーは、手洗いをしましょう。

用意するもの

・中性のおしゃれ着用洗剤
・洗い桶(栓をした洗面台)
※直径35cm以上の大きめサイズがお勧めです。
・ゴム手袋(肌の弱い方は使用しましょう)
・柔軟剤

   手 順  

1. 水に洗剤を溶かす

洗面器に浸るくらいの水と適量のおしゃれ着用洗剤を入れ、しっかりと溶かします。

POINT
水温はカシミヤなら30度以下、ウールならぬるま湯を使用しましょう。

2. たたんで浸け置きする

洗濯液を入れた洗い桶に、汚れた部分が外側になるようたたんだマフラーを入れます。そのまま15分~30分ほど放置します。

注意
マフラーを洗濯する際は、1度に3枚以上洗わないようにしましょう。あまり多く洗うと、絡まったり、洗剤液がマフラーに充分に浸透しなかったりして、上手く洗濯できません。色物は、必ず色分けをして洗濯しましょう。色移りや、くすみの原因となります。

3. 押し洗いをする

20~30回ほど衣類を手のひらで押したり、持ち上げたりして、やさしく洗いましょう。

4. 丁寧にすすぐ
たくさんの水で丁寧にすすぎます。
水の濁りが無くなるまで、水を入れ替えて行いましょう。

5. 柔軟剤に浸す

洗い桶に柔軟剤をかき混ぜながら入れ、3分ほどマフラーを浸します。
柔軟剤を入れることで静電気を防ぎ、ふんわり仕上上がります。

オーガニック素材から作られていて、赤ちゃんの肌にも優しい、安心できる柔軟剤です。ニオイや花粉吸着をおさえる効果もあるのは嬉しいですよね!クラシックフローラルの香りは男女問わす使える、ランドリン製品の中でも1番人気の香りです。

6. 脱水する

最後に洗濯機で30秒ほど脱水するか、タオルドライをしましょう。


〜タオルドライの脱水方法〜

まずバスタオルを広げ、その上にマフラーを広げます。
そして、バスタオルを端からくるくると優しく丸め、バスタオルの吸水力で自然に脱水させましょう。

POINT
シワができないように広げ、形も整えます。この一手間で、仕上がりがとても綺麗になります。

7. 陰干しする
詳しくはマフラーの干し方と仕上げ方法に載っています。

マフラーの洗濯方法(アクリルなど)

アクリル素材などのマフラーは、洗濯機で洗うことができます。

用意するもの

・中性のおしゃれ着用洗剤
・柔軟剤
・洗濯ネット

   手 順  

1. たたんでネットへ入れる

マフラーは細長く、絡まりやすいので、洗濯ネットに入れて洗濯します。
フリンジがついているものは、フリンジ部分が内側になるようにたたんで、ネットに入れましょう。

2. 洗剤を入れる

おしゃれ着用洗剤を記載されている分量入れます。

また、柔軟剤をセットします。
洗濯機によって柔軟剤を入れる場所が異なるので、しっかりと確認しましょう。

3. 手洗いモードで洗う

手洗いモードやソフトモードなど、やさしく洗えるコースを選択しましょう。

4. 陰干しする
詳しくはマフラーの干し方と仕上げ方法に載っています。

マフラーの干し方と仕上げ方法

ブルドッグ

干し方を間違えると、せっかく綺麗に洗ったマフラーが台無しになってしまうこともあります。

日陰に平干しする

マフラーを洗濯機から取り出したらまず、軽くたたいてシワをのばします。縦方向に伸びた場合は、横方向に引っ張り、フリンジ部分の絡まりは手で整え、陰干ししましょう。マフラーを平らに干せる場所があれば、平干しがお勧めです。
場所が無い場合は、ハンガー2本を使ってM字型になるようにし、重さを分散させながら干しましょう。

注意
干し方が悪いと、マフラー自身の重みで伸びてしまい、型崩れの原因となる可能性があります。

スチームで仕上げる

最後にスチームを当て、マフラーの毛並みを整えていきます。マフラー・ストールをハンガーにかけたまま、スチームアイロンを浮かしてかけます。アイロン面を押し付けず、スチームだけをマフラーに当てるイメージです。フリンジ部分は、アイロン台に寝かせ、同じようにアイロンを押しつけずにスチームを当てます。最後に、手ぐしで毛並みを整えてあげましょう。ふっくら暖かに仕上がりますよ。

さて、ここまでマフラーの洗い方についてお話してきましたが、マフラーと同様、冬に欠かせないアイテムがもう1つありますよね。

そうです、スヌードです。
暖かくて肌触りのよいファースヌードの洗い方
さらには、ふとした瞬間にスヌードについてしまった口紅汚れの落とし方まで紹介している記事がこちら!

縮んでしまったマフラーやストールは元に戻せるの?

羊

カシミアやウールは、水に濡らしたまま強く力を加えると、縮んでしまう可能性があります。
縮んでしまったマフラー、元に戻す方法はないのでしょうか。

実は、ヘアトリートメント(「アモジメチコン」という成分入り)を使えば、元に戻る可能性があります!

この、ヘアトリートメントに含まれる「アモジメチコン」という成分が、縮んでしまった繊維をまっすぐにのばしてくれるのです。

和草のエキスで髪を保護するいち髪シリーズ。実はこのトリートメントにも「アモジメチコン」の成分が入っているのです。あんずと桜の香りのトリートメントなので、洗いあがりも楽しみですよね♪

用意するもの

・洗面器
・トリートメント

   手 順  

1. 水を張る

洗面器、または洗面台にマフラー(ストール)全体がつかる程度の水をはります

2. トリートメントを溶かす

水にヘアトリートメントを15gほどしっかりと溶かします。

3. マフラーをつけ置きする

マフラーを液体に浸してやさしく押し洗いし、30分程度そのままつけておきます。

4. 脱水する
30分たったら洗濯機で30秒ほど脱水、またはタオルドライをし、型崩れしないように注意して陰干しします。

干し方は、上記のマフラーの干し方と仕上げ方法を参考にしてください。

注意
一度縮んでしまったマフラーは、以前と全く同じサイズになるわけではありません。効果がない場合もあります。
正しい洗濯方法を知り、丁寧にお手入れすることがマフラーの縮みの予防になります。

まとめ

いかがでしたか?
寒い日には欠かせないマフラー。いつも清潔な状態で身に着けたいですよね。

大事なことは、

・取り扱い絵表示をしっかり確認
・マフラーの素材にあった方法で洗濯
・おしゃれ着用洗剤を使用してやさしく

この3点です!

せっかくのマフラーを傷めたり、色落ちさせないためにも、必ず確認しましょう。
万が一洗濯をして縮んでしまった!という場合。その場合はヘアトリートメントを使ってつけ置き。ためしてみてくださいね。

しかし、いくら自宅で洗っても、目に見えない汚れはたくさん付いているもの。シーズンが終わったら、プロのクリーニング店にお願いすることをおすすめします。
また、色落ちや型崩れをさせたくない大事なマフラーは初めからクリーニングに出すのがおすすめ。
来シーズンも気持ち良く身に着けることができますよ!

関連記事

NEWワイシャツの干し方完全マニュアル!誰でも出来るシワを抑える技とは

  会社、学校などでいつも着ているワイシャツ。日常生活でもファッションアイテムとして使ってる方も多いのではないのでしょうか? そんなワイシャツですが、干し方などに気を配れば、自宅で洗濯した後の仕上がりにもずいぶ […]

超簡単なスカートのたたみ方!シワ・折り目がつかない収納技を伝授!

  おしゃれに、かつ女性らしさを演出してくれるスカート。 プリーツスカートやフレアスカートなど、たくさんの種類があり、幅広いコーディネートができますよね。 しかし、スカートは特にシワになりやすいファッションアイ […]

重曹は洗濯に大活躍!ぬるま湯を使えば効果抜群臭い汚れもスッキリ!

  毎日の洗濯で落ちない汚れが…と困った経験ありませんでしたか? 沢山の洗剤を買って試してまた買って、試行錯誤してる人もいると思います。 そんな人には、万能アイテム「重曹」。 今や重曹は、洗濯に大活躍でみんなの […]

洗濯機の使い方を知らないのにネット検索できるあなたへの丁寧な解説

新生活おめでとうございます!!! まずは洗濯機の使い方から覚えましょう!!! え、違う? その場合は、ちょっと下の方から読み始めたほうがいいかもしれませんね。 最初に書いてあるのは初歩も初歩、洗濯機なんてほとんど使ったこ […]

ランキング

エアコンの臭いはホコリ・カビ・雑菌!全てを除去するお掃除方法とは

久しぶりにエアコンをつけてみたら、もわっとした臭い風が部屋いっぱいに広がった。 という経験はありますか? 本当に気分が悪いですよね。そのニオイ、今すぐ取り除きましょう! 実はエアコンのニオイの原因とニオイを取り除くたった […]

エアコンの水漏れの原因は7つ!ドレンホースのお掃除で8割は解決!

エアコンをつけてみたら、え?エアコンが泣いている? いや、違う!ポタポタと水漏れが!そんな経験はありますか? 編集部では、20~50代の女性100人に「エアコンの水漏れを経験したことがありますか?」と聞いてみました。 4 […]

リーガル靴修理|ソール・かかと・つま先ビフォーアフターが完全集結

  日本を代表する靴ブランドであるリーガル。 100年以上にも渡りグッドイヤー・ウェルト製法を貫き、日本人の足にフィットするものをと、木型からこだわっています。 ビジネスシーンの足元の定番ではないかと思うくらい […]

ルイヴィトンバッグ・財布修理|レザー、内袋、取手リペア事例が集結

  ショルダーベルトが切れてしまった。 ファスナーが壊れた。 シミがついてしまった。 そんなブランド品はありませんか? 切れた部分やシミは、修理の職人さんの技術で、元の姿に戻すことができます。 その仕上がりは、 […]

布団は部屋干しでもふかふかに!週に1回干すだけで快眠が手に入る!

  干したばかりの布団って気持ちいいですよね。 じめっと重かった布団も、日光に当てて干すとカラッと軽くなります。 毎日あんな布団で寝られたらいいのにと思いますが、実際は天気に左右されたり、花粉が気になったりして […]

革靴のオールソール交換!靴底の張り替えの匠の技で厚み・美しさ倍増

  靴の、底。 履いているうちに、必ず削れてきてしまう部分ですね。 擦り切れて穴が開いてしまった…… 削れ過ぎて、見た目が悪くなってしまった…… など、靴底の状態が悪くなってしまった靴は、ありませんか? そんな […]

洗濯機はお掃除クリーナーでカビ取り!月イチ槽洗浄でキレイを保とう

洗濯機から出した洗濯物に、なんだか黒いぴろぴろしたものがついている……! なんてことありませんか? それ、ワカメではありません。洗濯機の洗濯槽についてしまった、カビです。 カビがついた洗濯槽でお洗濯をしていると思うと、ぞ […]

グッチのバッグ・財布・靴修理|レザー、内袋、取手リペア事例が集結

  とっても大切な、グッチのバッグや財布、靴。 どれだけ丁寧に扱っていても、壊れてしまうことってありますよね。 長く使っていると素材が変質したり、穴があいてしまったり…。 自分で修理しようとすると、せっかくのデ […]

風呂釜掃除はつけおきで簡単!プロの洗浄は専用機械で汚れがゴッソリ

湯船に浸かって、1日の疲れを癒す。 お風呂の時間は、最高のリラックスタイムですよね。 そんな、つかの間の休息を演出してくれるのがそう、風呂釜。 意外と知られていないですが、お掃除していない風呂釜には汚れがたまっています。 […]

エアコン掃除を自分で行う方法を解説!内部のカビはプロが徹底除去!

夏が始まり、エアコンをつけると…カビ臭い。 臭いだけでなく、カビを含んだ空気を吸って健康に悪影響が出てしまうのは嫌ですよね。 そこで必要なのは、エアコンのお掃除! エアコンを分解し、カビやホコリを取り除くことで、空気を綺 […]

エアコンの臭いはホコリ・カビ・雑菌!全てを除去するお掃除方法とは

久しぶりにエアコンをつけてみたら、もわっとした臭い風が部屋いっぱいに広がった。 という経験はありますか? 本当に気分が悪いですよね。そのニオイ、今すぐ取り除きましょう! 実はエアコンのニオイの原因とニオイを取り除くたった […]

エアコンの水漏れの原因は7つ!ドレンホースのお掃除で8割は解決!

エアコンをつけてみたら、え?エアコンが泣いている? いや、違う!ポタポタと水漏れが!そんな経験はありますか? 編集部では、20~50代の女性100人に「エアコンの水漏れを経験したことがありますか?」と聞いてみました。 4 […]

洗濯機はお掃除クリーナーでカビ取り!月イチ槽洗浄でキレイを保とう

洗濯機から出した洗濯物に、なんだか黒いぴろぴろしたものがついている……! なんてことありませんか? それ、ワカメではありません。洗濯機の洗濯槽についてしまった、カビです。 カビがついた洗濯槽でお洗濯をしていると思うと、ぞ […]

風呂釜掃除はつけおきで簡単!プロの洗浄は専用機械で汚れがゴッソリ

湯船に浸かって、1日の疲れを癒す。 お風呂の時間は、最高のリラックスタイムですよね。 そんな、つかの間の休息を演出してくれるのがそう、風呂釜。 意外と知られていないですが、お掃除していない風呂釜には汚れがたまっています。 […]

エアコン掃除を自分で行う方法を解説!内部のカビはプロが徹底除去!

夏が始まり、エアコンをつけると…カビ臭い。 臭いだけでなく、カビを含んだ空気を吸って健康に悪影響が出てしまうのは嫌ですよね。 そこで必要なのは、エアコンのお掃除! エアコンを分解し、カビやホコリを取り除くことで、空気を綺 […]

お風呂の鏡のお掃除はどうしよう?なにしよう?「新聞使用」が正解!

毎日使うお風呂。 毎日見るお風呂の鏡。 あなたのお家のお風呂の鏡、自分の姿がはっきり写りますか? 湯気で覆われているように白くくもっていませんか? ここで編集部が20代〜60代の女性100人に行なったアンケートを見てみま […]

洗濯機の排水口掃除はパイプユニッシュor重曹!臭いや詰まりも改善

洗濯機の排水口から何か嫌な臭いが漂ってくる…。 洗濯機が脱水中に止まってしまったり、エラー表示が出たりする…。 あなたのお家の洗濯機のそんなトラブル、もしかしたら洗濯機の排水口のせいかもしれません。 長期間、洗濯機を使い […]

お風呂の排水口・排水パイプの掃除方法!臭いと詰まりをどちらも解消

  お風呂ので一番汚れが気になるところといっても過言ではない、排水口。 お風呂中のお湯が流れ着く場所です。お湯に流されて、汚れもたっぷりたまります。 排水口の汚れが原因で、お風呂中に嫌な臭いが漂ったり、排水パイ […]

キッチンの排水口のお掃除には重曹とお酢でつまりはもう詰まらない!

排水口のぬめり…… 排水口からの臭い…… 排水口の詰まり…… 毎日キッチンを使っていると、こんな問題が生じることがよくあります。 キッチンは朝昼晩と使うものなので、排水口の掃除までなかなか手が回らないですよね。 では、い […]

お風呂の頑固なカビには片栗粉×漂白剤!プロおすすめ予防法もご紹介

スポンジでゴシゴシしても落ちない…。 落としたつもりでも何日かたつと復活している…。 このように、お風呂のカビで悩んだことはありますか? ここで編集部が20代〜60代の女性100人に行なったアンケートを見てみましょう。 […]

布団は部屋干しでもふかふかに!週に1回干すだけで快眠が手に入る!

  干したばかりの布団って気持ちいいですよね。 じめっと重かった布団も、日光に当てて干すとカラッと軽くなります。 毎日あんな布団で寝られたらいいのにと思いますが、実際は天気に左右されたり、花粉が気になったりして […]

ワイシャツの黄ばみを落とす最強の漂白剤の使い方!予防すれば完璧◎

いつの間にかワイシャツが黄ばんでいた経験、ありませんか?特に、襟や脇、袖は黄ばみやすい部分です。 実は、毎日ちゃんとお洗濯しているだけでは、黄ばみを予防することはできないのです。 黄ばんだワイシャツでは、第一印象も悪くな […]

油汚れの染み抜きには「クレンジングオイル」が一番効果的なんです!

「揚げ物を作っていたら、油が服に飛んでしまった…。」 「子供がオムライスを食べていて、服にケチャップをつけてしまった…。」 など、日常的に服に油のシミがついてしまうシーンってありますよね。 でも、みなさんは知っていますか […]

白いスニーカーの汚れを7つのアイテムで真っ白に!お酢が決め手です

白は汚れる! まあ常識ですよね。 ちょっと擦っただけでも灰色が付きますもん。 僕も一時期まっ白なスニーカーで生活してたんですがね、まあすぐ汚して怒られましたとも。   ということで今回は白スニーカー。 汚れが目 […]

【8割の人が知らない!】靴を自宅の洗濯機で洗う正しい方法を解説

会社が学校から帰る途中に、突然のゲリラ豪雨。 息を切らしながら走って帰ったけど、泥が跳ねて靴が汚れちゃった…。そんなこともありますよね。 そんなとき汚れてしまった靴をどうしていますか? え?そのまま? そんな […]

油性ペンの汚れに4通りの落とし方。油には油を!不安ならみかん!

新学期。新しい教科書に名前を書く時に、大活躍の油性ペン。 にじまず、書く材質を選ばないのが特徴。そのため、水で濡れやすいキッチン周りにも使えますし、学生から主婦の方にも愛用されているはず。 そんな油性ペンの1番の特徴は「 […]

羽毛布団を洗濯機で洗う方法|コインランドリーやクリーニングと比較

  寒くなってくると毎年押し入れから引っ張り出してくる羽毛布団。ふかふかのお布団にはついつい顔をうずめたくなりますよね…って、あれ。 なんか、臭い。前よりボリューム感がないかも。 なんてショックを受けてる方に質 […]

色移りの落とし方は50℃のお湯で洗剤2倍!本当に正しい情報大公開

あああ!しまった。 洗濯機の蓋を開けてみたら、中が大惨事になっていた。 こんな経験はありませんか? そう、色移り。 お気に入りの服に色が移っていた時なんか、とてもショックですよね。 普段は気をつけていても、ちょっと気を抜 […]

帽子・キャップの型崩れしない洗い方!他とはかぶらない方法で伝授!

帽子って、知らず知らずのうちに汚れや臭いがひどくなってしまいますよね。 特に夏の汗をかく時期。 でも、帽子を自宅で洗うって、あんまりピンとこないかもしれません。 しかし、ここでは帽子・キャップを自宅で型崩れの心配なく洗う […]

羽毛布団の洗濯はコインランドリーがおすすめ!乾燥時の注意点も解説

  軽くて、柔らかくて、暖かい。 と、良いこと尽くしの羽毛布団は、寒い季節には手放せない寝具の1つ。 でも、なんだか最近、ふんわり感がなくなったような…。 それに、前よりも暖かくないかもしれない…。 なんて感じ […]

リーガル靴修理|ソール・かかと・つま先ビフォーアフターが完全集結

  日本を代表する靴ブランドであるリーガル。 100年以上にも渡りグッドイヤー・ウェルト製法を貫き、日本人の足にフィットするものをと、木型からこだわっています。 ビジネスシーンの足元の定番ではないかと思うくらい […]

ルイヴィトンバッグ・財布修理|レザー、内袋、取手リペア事例が集結

  ショルダーベルトが切れてしまった。 ファスナーが壊れた。 シミがついてしまった。 そんなブランド品はありませんか? 切れた部分やシミは、修理の職人さんの技術で、元の姿に戻すことができます。 その仕上がりは、 […]

革靴のオールソール交換!靴底の張り替えの匠の技で厚み・美しさ倍増

  靴の、底。 履いているうちに、必ず削れてきてしまう部分ですね。 擦り切れて穴が開いてしまった…… 削れ過ぎて、見た目が悪くなってしまった…… など、靴底の状態が悪くなってしまった靴は、ありませんか? そんな […]

グッチのバッグ・財布・靴修理|レザー、内袋、取手リペア事例が集結

  とっても大切な、グッチのバッグや財布、靴。 どれだけ丁寧に扱っていても、壊れてしまうことってありますよね。 長く使っていると素材が変質したり、穴があいてしまったり…。 自分で修理しようとすると、せっかくのデ […]

ファスナー・チャックの直し方を解説!5つの不具合もこれで全て解決

急いでファスナーを閉めたら動かなくなった……なんて経験、あるんじゃないですか? 『ガチっ』なんて音を出した後、うんともすんとも言わなくなることが結構あるんですよねぇ。 さて、こういうファスナーの故障ですが、大抵は曲がって […]

裾上げのやり方をズボンの種類別に解説!丈を決めるポイントも伝授!

もうちょっと裾が短かったら、このズボンは完璧なのになあ。 そんなお悩みはありませんか? そんなときに便利なのが「裾上げ」。 でも洋服屋さんで頼むと時間がかかってしまいます。取りに行くのも面倒臭いですよね。 だから、自分で […]

靴の臭いがたったの100円で消せるのならば試さずにはいられない話

どうも、隙あらば靴を脱ぐのであんまり足の臭いに困らない僕です。 たまに遠出すると脱げなくて大変なことになるんですけどねー。 さて、足の臭いってかなり気になりますよね。 しかも、どれだけ足を洗ったところで臭いが出るのは止め […]

スエードの靴の汚れの正しい洗い方とは?普段のお手入れ方法も解説

スエードの靴、あの独特の質感が素敵ですよね。なんだか温かみを感じる、良い生地だと思います。 でも一つ問題が…… 汚れが付きやすいんですよね。水に濡れればシミになり、使っているとテカテカしてきます。 しかも、スエードってお […]

靴磨きのコツを大公開!職人だけが知る革靴のお手入れ方法を徹底取材

お洒落は足元から、なんてよく言いますよね。 一生、大切にしたいと思っている革靴を、お持ちの方も多いはず。 ですが、せっかくの素敵な革靴も、お手入れができていなかったら台無しです。 よい革靴は、きちんと靴磨きをして、いつで […]

サビ落としはブラシ&サビ取り剤が最強!こすらず磨いて楽々完全除去

身の周りを見渡してみたら、色んなところでサビを発見してしまった…なんて経験、ありませんか? 例えば家の中に置いてあるスタンドラックにも発生するし、外に置いておいた自転車にもサビはつきやすいもの。 見た目はあまりきれいとは […]

おすすめ特集