洗濯表示はお洋服のカルテ!イラストで新旧のマークをていねいに解説

海外の洗濯表示に合わせるため、洗濯表示が変わりました!新たに増えたのは、タンブル乾燥とウェットクリーニングのマーク。無くなったものは絞り方のマーク。その他のマークもガラリと変わりました。1つ1つイラスト付きで解説!

OCCIN

2017年08月15日

突然ですが、お洗濯をするとき、洗濯表示はちゃんと見ていますか?

洗濯表示というのは、服のタグについてある、あの小さな絵のこと。
あの小さな絵が、いわばお洋服のカルテ
その洋服のお洗濯に関する情報をすべて含んでいるのです。

この洗濯表示、実は平成28年の12月50年ぶりに変更されました
いったい、何がどう変わったのか?
この記事で、わかりやすく解説しますね。

洗濯表示を見るべき理由

洗濯表示?いやいや、そんなのいちいち見て洗濯してないし。
洗濯方法なんて、だいたい同じでしょう?
っていうあなた。
大きな間違いです、それ。

そもそも、洗濯表示とは何か。
どうして見たほうがいいのか、ちょっと解説させてください。

洗濯表示とは、「国が決めた実験をもとにつけられた洋服の取り扱いマーク」である。

洗濯表示とは何かをひとことで言うと、こういうこと。

売り手側が、経済産業省の定めた規格の実験にもとづいて、その洋服が傷まない洗濯方法を表示したマークなのです。

つまり、洗濯表示が示している方法で洗濯することが、もっとも衣類を長持ちさせる方法ってこと。
洗濯表示を無視して洗濯をしてしまうと、型崩れしたり、色落ちしたりというお洗濯のトラブルが発生してしまうことがあります。

洗濯表示を確認する=洋服をキレイに長持ちさせるポイント

という認識でいきましょう♪

 

洗濯表示も時代に合ったものに

では、どうして50年間変わらなかった洗濯表示が、突然変わったのでしょう?

洗濯表示を変える理由は主に2つ。

海外の洗濯表示にあわせるため

最近では、インターネットで海外のサイトから服を買う方も増えましたよね。
もちろん、日本のお洋服を買う海外の方も増えたと思います。

服は海を越える時代なのです。
そのときに、洗濯表示は同じである方がいいですよね。

 

洗濯方法の進化

お洗濯の方法は、50年のあいだにかなり多様化して、新しいお洗濯の方法が生まれました。

例えば、「ウェットクリーニング」
ウェットクリーニングとは、スーツの汗ジミなど水溶性の汚れをとるためのクリーニングの技術です。

というわけで、ウェットクリーニングの洗濯表示は、今回から新たに加わりました。

 

逆に「これはもう使わなくなってしまった……」という洗濯方法もあります。

例えば、洗濯物の「絞り方」の洗濯表示。
脱水は、洗濯機で簡単にできる時代になりました。

脱水を洗わす洗濯表示は、自然乾燥のマークに吸収合併。
そのためこの表示は、今回で姿を消します。

 

洗濯表示も時代に合わせてモデルチェンジ

さて、それではどんな風に変わったのか説明しますね。

 

洗濯表示、こんな風に変わりました

 

ざっと見るとこんな感じ。
形と意味を組み合わせて、全部で24種類あった洗濯表示が、41種類に増えました。
なんということでしょう……。

見た目は、イラストっぽいマークから、アルファベットと記号の、より簡素な洗濯表示になりました。
これも海外の洗濯表示に合わせるため。
ますます分かりにくくなってしまいましたね。

今回、シーンに合わせて、洗濯表示を4つのグループに分けました!

洗濯
脱水・乾燥
アイロン
クリーニング

それぞれのグループにどんな洗濯表示があるのか、ちょっと解説しますね。

洗濯

洗うときに見る洗濯表示です。

以前と変わらず2タイプ
洗い方」と「漂白」の洗濯表示です。

洗濯機にかけたら型崩れしたり、漂白剤で色落ちしちゃったりしたことがあるあなた。
ここを見なかったでしょう?

 

脱水・乾燥

洗ったあと、脱水して、乾かすときに見る洗濯表示。

洗濯表示の数が2タイプということは変わりません。
絞り方」と「自然乾燥」の2つが、「自然乾燥」と「タンブル乾燥」の2つになりました。

自然乾燥の洗濯表示は、かわいいイラストから四角い記号の洗濯表示になってしまいました。
絶対に古いもののほうがいいですよね~。

 

アイロン

このグループは、以前と変わらず、アイロンをかけるときに見る「アイロン」の洗濯表示のみ。

アイロンの洗濯表示は、特に変わらないですね。
分かりやすくて、いいです。

 

クリーニング

洋服をクリーニングに出したときに、クリーニング屋さんが見る洗濯表示。

もともとは、「ドライクリーニング」の洗濯表示のみでした。
そこに新たに「ウェットクリーニング」の洗濯表示が加わり2タイプになりました。

 

これが、洗濯表示の全て。

変わったもの、なくなったもの、増えたもの。
いろいろありますが、頑張って覚えてみましょう。

 

お家で洗う-1-「洗い方」のマーク


さて、まず洗うときに確かめるのは、「洗い方」の洗濯表示。

「洗い方」の洗濯表示とは?
お家でお洗濯するときの洗濯機の水温コース設定を教えてくれるマーク。

図の上半分に並んでいるマークが旧洗濯表示。
まずはこの旧洗濯表示から説明していきます。

洗濯の方法としては、水洗いNG、手洗い、洗濯機OKの3つがあります。

水洗いNG
洗濯桶に×のあるものが、そもそも水洗いNGであることを意味する洗濯表示です。

 

手洗い
洗濯桶に「手洗イ」という文字があるのが、手洗いで洗うものの洗濯表示。
手洗いをするときは、水温の上限は30℃と決まっていました。

ちなみに。
手洗いで洗濯するときの正しいやり方の徹底解説は、「手洗いで洗濯する7種類の方法を丁寧に解説!ぬるま湯で短時間がコツ」を参考にしてください♪

 

洗濯機OK
洗濯機OKを意味するのは、洗濯機の絵の洗濯表示。
洗濯機の絵の中に30、40、60、95という数字が書いてありますよね。
中の数字=水温の上限
また、「弱」という字のあるものは、弱水流や、手洗い、ドライコースなど弱い設定で洗うものを意味します。

 

さて、ではこの洗濯表示がどのように変わったのでしょうか?

新「洗い方」の洗濯表示

はじめの図の下半分に並んでいる洗濯表示を見てください。

洗濯表示の種類が、水洗いNG、手洗い、洗濯機OKという3種類であることは変わりません。

水洗いNG
水洗いNGのマークは、旧洗濯表示と同じで、変わりません。

 

手洗い
手洗いのマークは「手洗イ」という文字から、手のイラストの洗濯表示に変わりました。
桶の中に水温上限の数字はなくなりました。
ですが、洗濯表示の意味には水温も含まれていて、40℃が上限になりました。

 

洗濯機OK
洗濯機OKのマークは旧洗濯表示の洗濯機のイラストから、洗濯桶のようなイラストに変わりました。
水温の上限を表す、洗濯表示の中の数字は30、40、50、60、70、95と細かくなりました。

 

また、ちょっと難しくなったのが、洗濯表示の下にある線。

線の数=やさしさの数

ん?どういうことなんでしょう。
説明すると、線があるものは、洗うときに「やさしさ」が必要ということ。
洗うときの「やさしさ」っていうと、つまり洗濯機の弱い設定で洗うということなのです。

1本線は、通常のモードで洗っても問題ありません。
でも、洗濯機で洗うときには洗濯ネットに入れるほうが、お洋服にはやさしいです。

2本線は1本線よりも弱い設定で、必ず弱水流や手洗い、ドライコースなどの弱い設定で洗いましょう。

 

お家で洗う-2-「漂白剤」のマーク

つづいてもお家で洗うときに見たい、「漂白剤」の洗濯表示。

「漂白剤」の洗濯表示とは?
お家で、洗濯物を漂白したいときに、使ってもいい漂白剤の種類を教えてくれるマーク。

ちなみに、漂白剤には「塩素系漂白剤」と「酸素系漂白剤」2種類があります。

・塩素系漂白剤
塩素系は、漂白力がかなり強く、色や柄のある服はもともとの色まで落としてしまうため使えません。

 

・酸素系漂白剤
酸素系は、漂白力がそこまで強くないので、色や柄のあるお洋服にも使えるのです。

お洗濯するときは、しっかり使い分けたいですね。

ちなみに、それぞれの詳しい使い方は、「漂白剤の使い方を知らずに洗濯の選択に失敗した人が書いた基礎知識」を参考にしてください♪

 

旧洗濯表示は、上の三角フラスコのようなマーク。
塩素系漂白剤がOKなものと、NGなものの2種類でとても単純です。

塩素系OK
中に、「エンソサラシ」という文字が入っています。
これは、塩素系漂白剤を使ってもいいですよ、という意味。

 

塩素系NG
左側の、×マークの入ったものは、塩素系漂白剤NGのもの。

 

さて、この洗濯表示は一体どのように変わったのでしょうか。

新「漂白剤」の洗濯表示

形は、三角フラスコのマークから、三角のマークに。
そして、洗濯表示の種類は2種類から、3種類になりました。

新表示では、どちらも使えるもの酸素系漂白剤のみ使えるものそしてどちらもNGなものの3種類。
ちょっと複雑になってしまいましたね。

塩素系、酸素系OK
一番右のノーマルな三角が塩素系、酸素系漂白剤のどちらも使えるもの

 

塩素系、酸素系NG
一番左の三角にバツのはいったものが塩素系、酸素系漂白剤のどちらも使えないもの

この2つは、分かりやすいですが、厄介なのが真ん中。

三角形が3分割=酸(3)素系漂白剤

真ん中の洗濯表示が、新しく増えたもの。

・塩素系NG、酸素系OK
ノーマルな三角形の中に2本の斜めの線。
塩素系漂白剤は使えませんが、酸素系漂白剤のみ使えるというもの。

これは、三角形が3分割=酸(3)素系漂白剤と覚えましょう♪

 

乾かす-1-「絞り方」のマーク

洗濯ができたら脱水して、乾かしましょう。
これは、そのときに見る洗濯表示です。

「絞り方」の洗濯表示とは?
洗濯したあとの、絞り方脱水のしかたを教えてくれるマーク。

残念ながらこの「絞り方」の洗濯表示、今回の変更で無くなってしまったのです。
サヨナラ……。

ただ、改変前の平成28年11月までに購入された服にはまだついているので、ちょっと説明しますね。

 

「絞り方」の洗濯表示は、たったの2種類!

脱水NG
左の大きくバツマークのあるものは、絞ったり脱水したりしてはいけないもの。

 

脱水OK
右の「ヨワク」の文字があるものは、絞るときに弱く絞る
また、遠心力で脱水する脱水機を使うときは、短い時間で脱水するということも表しています。

 

これからは自然乾燥の洗濯表示に!

じゃあ、これからは脱水するかしないかの洗濯表示は一体どうやって表示されるの?

それは、続いて紹介する自然乾燥の洗濯表示。
自然乾燥の洗濯表示に、脱水してから干すのか、脱水は不要なのかが統合されるので、要チェック。

もしくは文章で記載される場合もあるので、タグに載ってある文章もよく読んで確かめましょう♪

 

乾かす-2-「自然乾燥」のマーク

つづいては、今回の変更でベスト・オブ・ガラッと変わった洗濯表示。
「自然乾燥」の洗濯表示。

「自然乾燥」の洗濯表示とは?
洗濯したあとの、干す場所干し方脱水のしかたを教えてくれるマーク。

そして、まず覚えておいてほしいのは、お洋服を干すときには2種類の干し方があるということ。
それは「つり干し」と「平干し」。

つり干しは、文字通りハンガーなどにかけて、つって干すもの
平干しは、洗濯物をタオルなどに置いて、そのままの状態で干すもの。
ニットやセーターなどは、つって干すと型崩れしてしまうため、平干しがおすすめです。

お洋服をキレイに保つには、干し方まで気を付けることが大切ですね。

 

図の上半分に載っているシャツのイラストのマークが、旧洗濯表示。
旧洗濯表示は、「斜めの線」と「中の文字」に注目です。

斜めの線
斜めの線は、陰を意味しています。
右下に斜めの線が入ったもの日陰干し

マークが入っていないものは、日なたで干しましょう。

 

中の文字
旧洗濯表示では、シャツがハンガーにつられているイラストのマークがつり干しです。

中に「平」という文字のあるものが平干しです。

 

これが、新しい洗濯表示ではほんとうにガラッと変わってしまいました…。

新「自然乾燥」の洗濯表示

イラストだったマークが、四角に。
新洗濯表示では「斜めの線」と「線の方向」と「線の本数」に注目です。

斜めの線
斜めの線があるものは日陰干し、入っていないものは日なた干しは変わりません。
でも、斜めの線の数は3本から1本に変わり、線の位置は左上になりました。
日陰感が薄まってしまいましたね……。

 

では、つり干しと平干しはどうやって表されることになったのでしょうか。

線の方向=干す方向

マークの中の線が、タテ線ならつり干しヨコ線なら平干し
つまり、線の方向が洗濯物を干す方向、ということです。

 

そしてよく見ると、線が1本のものと2本のものがありますね。

線の本数=脱水するorしない

さきほど述べたように、「絞り方」の洗濯表示がなくなったため、ここに脱水してもいいものか、してはいけないものかが統合されました。

線の本数が脱水するかしないかを表しています。

1本のものは脱水してから干すもの。

2本のものは脱水しないで干すもの。

 

ちなみに、脱水しないで干した方がいいものって、何でしょう?

それは、レインコートのように防水加工された化学繊維など。
防水加工されているものを無理に脱水しようとすると、洗濯機が壊れてしまう可能性があるのです。

きちんと洗濯表示を確かめてから脱水しましょう♪

 

乾かす-3-「タンブル乾燥」のマーク

タンブル乾燥とは、一般的にいう乾燥機のこと。
コインランドリーなどでかける機会が多い方もいらっしゃいますよね。

「タンブル乾燥」の洗濯表示とは?
乾燥機にかけるとき、乾燥機にかけてもいいものなのか、また設定温度を教えてくれるマーク。

これは今回、新たに増えた洗濯表示です。
よろしくね。

大きく×の入ったマークは、乾燥機にかけるのが、NGのもの。
それ以外の2つは、乾燥機にかけてもOKなものです。

ただし、上限温度が決まっているので注意。

●の数=乾燥機の温度の上限

●の数が多いほど、乾燥機の上限温度が高い、ということなんです。

●は、60℃まで。
●●は、80℃まで。

今まで乾燥機の洗濯表示がなかったなんて、意外ですね。

 

「アイロン」のマーク


乾いたら、次はアイロンをかけましょう。

「アイロン」の洗濯表示とは?
アイロンをかけるときに、設定温度を教えてくれるマーク。

図の上半分に載っているのが、旧洗濯表示。

×の入ってるマークが、アイロンNGなもの。

上限温度は、漢字で表されていました。
「低」が120℃、「中」が160℃、「高」が210℃。

ちなみに、アイロンの設定温度を、素材ごとにどう設定するのかに関してはこの記事がオススメ♪
アイロンの温度は表示通りが道理ゆえ覚える必要ないのに愚直に解説。

 

新「アイロン」の洗濯表示

形は少し変わりましたが、温度を示すものが変わっただけなので、ご安心を♪

アイロンをあててはいけないものの洗濯表示はそのまま、大きく×の入ったものです。

 

また、漢字ではなくマークの中の●の数で表されるようになりました。

●の数=アイロンの温度の上限

丸の数が少ないほど低温、多いほど高温です。

上限温度は●が110℃、●●が150℃、●●●が200℃です。
目安の温度は、新しい表示の方が古いものよりも10℃ずつ低くなっていますね。

 

お店で洗う-1-「ドライクリーニング」のマーク

最後に、クリーニングの表示について説明しますね。
家庭での水洗いができない場合は、クリーニング屋さんに任せましょう♪

「ドライクリーニング」の洗濯表示とは?
水洗いがNGなものの汚れを有機溶剤という液体を使って落とすドライクリーニングのときにクリーニング屋さんが溶剤の種類や弱さなどを参考にするマーク。

ドライクリーニングの有機溶剤には2種類あるのです。
それが「石油系」と「パークロロエチレン」。
あ、ちなみにこれはまったく覚えなくていい名前ですよ。

 

古い洗濯表示には、3種類あります。

ドライクリーニングNG
×の入ってるものが、ドライクリーニングができないもの。

 

石油系のみOK
「ドライ セキユ系」の文字が入っているものが、石油系の溶剤のみを使えるもの。

 

石油系、パークロロエチレンOK
「ドライ」という文字のみ入っているものが、両方の溶剤を使っていいもの。

 

新「ドライクリーニング」の洗濯表示

新しい洗濯表示でも、3つの種類は変わりません。

しかし、マークの中には文字ではなく、アルファベットが入っていますね。
新しい洗濯表示には石油系、パークロロエチレンのどちらを使うのかがはっきりアルファベットによって表されています。

ドライクリーニングNG
×の入っているものは変わらず、ドライクリーニングできないもの。

 

石油系のみOK
中に「F」の文字が入っているものが、石油系の溶剤のみを使えるもの。

 

石油系、パークロロエチレンOK
中に「P」の文字が入っているものが、両方の溶剤を使っていいもの。

 

そして、洗濯表示の下に線があるものもありますね。

線の数=やさしさの数

下線はやさしさ。
つまり、下に線のあるものは、洗うときに弱い設定で洗うものということ。

 

いろいろと説明しましたが、ここはクリーニング屋さんにおまかせすれば大丈夫です♪

 

お店で洗う-2-ウェットクリーニングのマーク

ウェットクリーニングってちょっと聞きなれない名前ですよね。
こちらも、今回新しく増えた洗濯表示。

「ウェットクリーニング」のマークとは?
ドライクリーニングでは落とせない、汗など水溶性の汚れを落とすためのウェットクリーニングのときに、クリーニング屋さんがクリーニングの弱さなどを参考にするマーク。

〇の形を使うのはドライクリーニングと同じですね。
中の文字がWで「ウェットクリーニング」を表しています。

大きく×の入ったマークがウェットクリーニングNGの洗濯表示。

 

そしてまたもや、洗濯表示の下に線の入ったものがありますね。

線の数=やさしさの数

ここでも登場しました。
線の数は洋服に対するやさしさの数。
洋服に対するやさしさ。
つまり、線の本数が多いものほど、弱い設定で洗濯してくださいということなのです。

いろいろと説明はしましたが、これもクリーニング屋さんにおまかせしちゃいましょう♪

 

まとめ

覚えるのも大事ですが一番大事なのは、表示どおりに正確なお洗濯をすること。
もしも分からなければ、そのつど確認しましょう。
古い表示のお洋服も、確認してくださいね♪

くれぐれも色落ちや型崩れのないように、お洋服のカルテをよく見て正しく洗濯しましょう。

関連記事

ジャケットの洗濯方法を解説!素材別の洗い方でシワや型くずれを防ぐ

ご家庭に1着はあるであろうジャケット。 最近では、フォーマルなものからカジュアルなものまで様々なタイプが出ており、オシャレには欠かせなアイテムになっています。 でも、どうやってメンテナンスしていいのか、どう洗えばいいのか […]

シャツに付いた口紅・ファンデーションの落とし方を画像付きで説明!

  白シャツを着ることが多く、出かけた先で頻繁にファンデーションやコーヒー染みを付けてしまい困っている方へ。 汚れや染みを取り除いて真っ白なシャツに戻す方法を習得することで、万が一汚れてしまった場合にも慌てるこ […]

ランキング

「エアコンがくさい!?」と感じたら今すぐやるべきたった1つのこと

久しぶりにエアコンをつけてみたら、もわっとした臭い風が部屋いっぱいに広がった。 という経験はありますか? そのエアコンのニオイの原因、何だか知っていますか? たまりにたまったホコリ。 至るところにはびこったカビ。 目に見 […]

洗濯機のお掃除は洗濯槽クリーナーor重曹でカビを根こそぎ退治せよ

洗濯機から出した洗濯物に、なんだか黒いぴろぴろしたものがついている……! なんてことありませんか? それ、洗濯機の洗濯槽についてしまった、カビです。 カビがついた洗濯槽でお洗濯をしていると思うと、ぞっとしますよね。 毎日 […]

白さが蘇る!ワイシャツの黄ばみの絶対に落とす方法!それは鍋を使う

徐々に徐々にたまって、いつのまにか目立つ汚れになってしまうワイシャツの黄ばみ。 普通にお洗濯するだけでは、ワイシャツの黄ばみはなかなか落ちません。しかも放っておくと、黄ばみはさらに頑固になっていきます。 実は、ワイシャツ […]

エアコンのフィルター掃除は〇〇が最強!簡単3ステップを写真付きで

日本の暑い夏には欠かせない、エアコン。 エアコンを快適に使うために必要なことといえば、フィルターのお掃除ですよね! エアコンのフィルターには、汚れが溜まりやすく、放っておくと大変なことに…。綺麗に保つためには、定期的にお […]

鍋の焦げ付きを落とすのは、重曹だけじゃない!5通りの方法を発表!

ちょっと目を離した隙に、鍋の底を焦がしてしまった…なんてこと、ありませんか? 焦げって結構すぐについてしまうので、料理をする人にとっては逃れられない問題ですよね。 そんな焦げの落とし方、実は鍋の種類によって大きく変わって […]

油汚れの染み抜きには「クレンジングオイル」が一番効果的なんです!

「揚げ物を作っていたら、油が服に飛んでしまった…。」 「子供がオムライスを食べていて、服にケチャップをつけてしまった…。」 など、日常的に服に油のシミがついてしまうシーンってありますよね。 でも、みなさんは知っていますか […]

お風呂の掃除に重曹が救世主だったお話。皮脂や汗の汚れに効果抜群!

1日の疲れを癒してくれるお風呂。 湯船にお湯をためて体を温めると、一気にリラックスできますよね。 でも、そんなお風呂が汚れていたら? カビの黒ずみ、白く固まった水あか、床に溜まったヌメリ。 せっかくのリラックスタイムも、 […]

8割の人が知らない!靴を自宅の洗濯機で洗う正しい方法を解説します

わたしたちは、いつも靴を履いた足で地面を踏みしめています…。 靴は、わたしたちの足をこうして地面から守ってくれているけれど、その代わり、じかに土などの汚れが付いてしまいます。 こういう汚れって、けっこう目立つんですよね。 […]

白いスニーカーの汚れを7つのアイテムで真っ白に!お酢が決め手です

白は汚れる! まあ常識ですよね。 ちょっと擦っただけでも灰色が付きますもん。 僕も一時期まっ白なスニーカーで生活してたんですがね、まあすぐ汚して怒られましたとも。   ということで今回は白スニーカー。 汚れが目 […]

エアコンクリーナー使用!お掃除方法を写真とアドバイス付きで解説!

季節の変わり目、久しぶりにエアコンを使ってみたら、なんかくさい! なんて経験はありませんか? ちょっと吹き出し口を覗いてみてください。 何が見えましたか? 黒いポツポツが見えたら、それ、カビです。 吹き出し口はセーフだっ […]

「エアコンがくさい!?」と感じたら今すぐやるべきたった1つのこと

久しぶりにエアコンをつけてみたら、もわっとした臭い風が部屋いっぱいに広がった。 という経験はありますか? そのエアコンのニオイの原因、何だか知っていますか? たまりにたまったホコリ。 至るところにはびこったカビ。 目に見 […]

洗濯機のお掃除は洗濯槽クリーナーor重曹でカビを根こそぎ退治せよ

洗濯機から出した洗濯物に、なんだか黒いぴろぴろしたものがついている……! なんてことありませんか? それ、洗濯機の洗濯槽についてしまった、カビです。 カビがついた洗濯槽でお洗濯をしていると思うと、ぞっとしますよね。 毎日 […]

エアコンのフィルター掃除は〇〇が最強!簡単3ステップを写真付きで

日本の暑い夏には欠かせない、エアコン。 エアコンを快適に使うために必要なことといえば、フィルターのお掃除ですよね! エアコンのフィルターには、汚れが溜まりやすく、放っておくと大変なことに…。綺麗に保つためには、定期的にお […]

鍋の焦げ付きを落とすのは、重曹だけじゃない!5通りの方法を発表!

ちょっと目を離した隙に、鍋の底を焦がしてしまった…なんてこと、ありませんか? 焦げって結構すぐについてしまうので、料理をする人にとっては逃れられない問題ですよね。 そんな焦げの落とし方、実は鍋の種類によって大きく変わって […]

お風呂の掃除に重曹が救世主だったお話。皮脂や汗の汚れに効果抜群!

1日の疲れを癒してくれるお風呂。 湯船にお湯をためて体を温めると、一気にリラックスできますよね。 でも、そんなお風呂が汚れていたら? カビの黒ずみ、白く固まった水あか、床に溜まったヌメリ。 せっかくのリラックスタイムも、 […]

エアコンクリーナー使用!お掃除方法を写真とアドバイス付きで解説!

季節の変わり目、久しぶりにエアコンを使ってみたら、なんかくさい! なんて経験はありませんか? ちょっと吹き出し口を覗いてみてください。 何が見えましたか? 黒いポツポツが見えたら、それ、カビです。 吹き出し口はセーフだっ […]

お風呂の排水口の掃除は簡単2ステップ!便利グッズ3選は見逃せない

「あれ、なんか臭い……。」 お風呂に入っている時、ふとした瞬間にいや~な臭いを感じることってありませんか? それは、排水口に汚れが溜まっているサインです。 お風呂場というリラックス空間を綺麗に保つためにも、「お掃除しなき […]

シールをスルッと剥がしたい時の方法7選!ベタベタ跡にもう悩まない

シールが綺麗に剥がれないことって、ありますよね。 特によくあるのが、紙は取れても、ベタベタが残ってしまった……っていう悲しい事態。 やっぱり、シールなんて貼っていなかったかのような、綺麗な状態にしたいですよね。 そこで今 […]

キッチンの排水口のお掃除には重曹とお酢でつまりはもう詰まらない!

排水口のぬめり…… 排水口からの臭い…… 排水口の詰まり…… 毎日キッチンを使っていると、こんな問題が生じることがよくあります。 キッチンは朝昼晩と使うものなので、排水口の掃除までなかなか手が回らないですよね。 では、い […]

エアコン室外機の掃除は電気代に効く?自分でできるお掃除方法を伝授

エアコンって、実は二卵性の双子なのです。 お部屋の中にある室内機、お家の外にある室外機。 見た目は全く違いますが、2つあってはじめて動くことができます。 そんなエアコンの室外機、実は、お掃除をしなくても衛生的には問題あり […]

白さが蘇る!ワイシャツの黄ばみの絶対に落とす方法!それは鍋を使う

徐々に徐々にたまって、いつのまにか目立つ汚れになってしまうワイシャツの黄ばみ。 普通にお洗濯するだけでは、ワイシャツの黄ばみはなかなか落ちません。しかも放っておくと、黄ばみはさらに頑固になっていきます。 実は、ワイシャツ […]

油汚れの染み抜きには「クレンジングオイル」が一番効果的なんです!

「揚げ物を作っていたら、油が服に飛んでしまった…。」 「子供がオムライスを食べていて、服にケチャップをつけてしまった…。」 など、日常的に服に油のシミがついてしまうシーンってありますよね。 でも、みなさんは知っていますか […]

8割の人が知らない!靴を自宅の洗濯機で洗う正しい方法を解説します

わたしたちは、いつも靴を履いた足で地面を踏みしめています…。 靴は、わたしたちの足をこうして地面から守ってくれているけれど、その代わり、じかに土などの汚れが付いてしまいます。 こういう汚れって、けっこう目立つんですよね。 […]

白いスニーカーの汚れを7つのアイテムで真っ白に!お酢が決め手です

白は汚れる! まあ常識ですよね。 ちょっと擦っただけでも灰色が付きますもん。 僕も一時期まっ白なスニーカーで生活してたんですがね、まあすぐ汚して怒られましたとも。   ということで今回は白スニーカー。 汚れが目 […]

油性ペンの汚れに4通りの落とし方。油には油を!不安ならみかん!

新学期。新しい教科書に名前を書く時に、大活躍の油性ペン。 にじまず、書く材質を選ばないのが特徴。そのため、水で濡れやすいキッチン周りにも使えますし、学生から主婦の方にも愛用されているはず。 そんな油性ペンの1番の特徴は「 […]

羽毛布団を自宅の洗濯機で洗う方法|コインランドリーとメリット比較

  寒くなってくると毎年押し入れから引っ張り出してくる羽毛布団。ふかふかのお布団にはついつい顔をうずめたくなりますよね…って、あれ。 なんか、臭い。前よりボリューム感がないかも。 なんてショックを受けてる方に質 […]

色移りの落とし方は「50℃のお湯と2倍の洗剤ですぐに洗う」が正解

あああ!しまった。 洗濯機の蓋を開けてみたら、中が大惨事になっていた。 こんな経験はありませんか? そう、色移り。 お気に入りの服に色が移っていた時なんか、とてもショックですよね。 普段は気をつけていても、ちょっと気を抜 […]

帽子・キャップの型崩れしない洗い方!他とはかぶらない方法で伝授!

帽子って、知らず知らずのうちに汚れや臭いがひどくなってしまいますよね。 特に夏の汗をかく時期。 でも、帽子を自宅で洗うって、あんまりピンとこないかもしれません。 しかし、ここでは帽子・キャップを自宅で型崩れの心配なく洗う […]

羽毛布団の洗濯はコインランドリーがおすすめ!注意点と洗い方とは?

軽くて、柔らかくて、暖かい。 と、良いこと尽くしの羽毛布団は、寒い季節には手放せない寝具の1つ。 でも、なんだか最近、ふんわり感がなくなったような…。 それに、前よりも暖かくないかもしれない…。 なんて感じること、ありま […]

タオルの嫌な臭いの原因と7通りの落とし方!においを防ぐ対策も紹介

タオルが臭い。 顔を拭こうとしたとき。お風呂上がりの体を包もうとしたとき。 ふとした瞬間に、タオルからなんとも言えない臭いがすることってありますよね。 使い古したタオルは臭っても仕方ない。と、半ば諦めている方も多いかもし […]

サツキの剪定は花が落ちたらすぐ!成長の妨げになる枝をバッサリと!

4~5月ごろ、可愛い花を色とりどりに咲かせ、私たちを楽しませてくれるサツキ。 「さつきまつり」なんかやっているところも多いですよね。 そんなサツキ、お庭で育てて自分でお世話できたら素敵ですよね? お世話の中でも大事なのが […]

ファスナー・チャックの不具合は修理できる!リップクリームが使えます!

急いでファスナーを閉めたら動かなくなった……なんて経験、あるんじゃないですか? 『ガチっ』なんて音を出した後、うんともすんとも言わなくなることが結構あるんですよねぇ。   さて、こういうファスナーの故障ですが、 […]

裾上げのやり方をズボンの種類別に解説!丈を決めるポイントも伝授!

もうちょっと裾が短かったら、このズボンは完璧なのになあ。 そんなお悩みはありませんか? そんなときに便利なのが「裾上げ」。 でも洋服屋さんで頼むと時間がかかってしまいます。取りに行くのも面倒臭いですよね。 だから、自分で […]

靴の臭いがたったの100円で消せるのならば試さずにはいられない話

どうも、隙あらば靴を脱ぐのであんまり足の臭いに困らない僕です。 たまに遠出すると脱げなくて大変なことになるんですけどねー。 さて、足の臭いってかなり気になりますよね。 しかも、どれだけ足を洗ったところで臭いが出るのは止め […]

シルバーの磨き方徹底解説!銀の変色はサビではないのでコツが必要!

みなさん、シルバーでできた何か、お持ちですか?お持ちですよね? アクセサリーだって、食器だって、楽器だって、銀が使われていることがあります。 そんな世界中のいろんなところで使われる銀ですが、実は変色してしまうことも多いん […]

サビの落とし方は削るだけじゃない!ライムや重曹でこするのも有効!

身の周りを見渡してみたら、色んなところでサビを発見してしまった…なんて経験、ありませんか? 例えば家の中に置いてあるスタンドラックにも発生するし、外に置いておいた自転車にもサビはつきやすいもの。 見た目はあまりきれいとは […]

スエードの靴の汚れの正しい洗い方とは?普段のお手入れ方法も解説

スエードの靴、あの独特の質感が素敵ですよね。なんだか温かみを感じる、良い生地だと思います。 でも一つ問題が…… 汚れが付きやすいんですよね。水に濡れればシミになり、使っているとテカテカしてきます。 しかも、スエードってお […]

ツツジの剪定は梅雨明け前に!小さめの丸型を目指してチョキチョキ♪

公園や住宅街でよく目にするツツジ。 実際に家でツツジを育てているという方や、引っ越した家にツツジが植えてあった…なんて方も多いのではないでしょうか。 そんな方に聞きたい! ツツジの剪定、きちんとしていますか? 植木の剪定 […]

水筒の洗い方でやってはダメな5つのこと。綺麗にする方法は1つだけ

最近、「水筒」を持っている人、よく見かけませんか? 飲み物を温かいまま、冷たいまま持ち歩くことができる水筒や、ペットボトルのように軽いタンブラー。 外でペットボトルを買いたくない!というときに、とても便利ですよね。 とこ […]

瞬間接着剤の落とし方を完全網羅!読んだら必ず意味なくつけたくなる

壊れたものを瞬時に接着できる、瞬間接着剤。 今や私たちの生活の必需品と言っても過言ではないでしょう。 ただ、すぐに接着できるのが便利な反面、間違った場所につけてしまった時は困りますよね。 たとえば、指や大切な衣類について […]