アイロンのかけ方の基本!ピシッとしたワイシャツの決め手は襟と袖!

■ワイシャツのアイロンがけは部分ごとに順序良く
■干す時からシワを伸ばしておくとGOOD
■ワイシャツの素材によってはスチームより霧吹きの方が効果的

よっすん

更新日:2020年03月16日

 

ピシッとしたシャツを着ている人って、素敵ですよね。

でも、いちいちクリーニングに出してる余裕はない。
自己流で何となくかけているという人、多いんではないでしょうか。

意外と細かいところにしわが残ってしまっています。

そんなあなたへ、隅々まできれいになる正しいアイロンのかけ方を紹介します。

しっかりと順を追って説明するので、ぜひ取り入れてみてください!

始める前に準備しよう!

アイロンのかけ方を始める前に、衣類の素材に合った方法を知らなくてはなりません。

・温度
・アイロンがけが適さない生地

について見ていきましょう。

温度はどう設定する?

アイロンって温度が選択できるけど、どれを選べばいいかわからないという方。

服についている洗濯表示を見てみましょう!

のどれかが書いてあるので、それに対応してアイロンの温度設定を行いましょう。

基本的には、

高温(180~210℃)に適する
綿・麻

中温(160℃)に適する
ポリエステル・ナイロン・カシミヤ・綿

低温(80~20℃)に適する
アクリル・アセレート・ポリウレタン

このようになっています。

温度を間違えると繊維を傷めてしまう事もあるので、ここはかなり大事です!

アイロンがけをしてはいけない生地

アイロンをかけてはいけない生地は、洗濯表示を見ることでわかります。
簡単に説明していきますね。

1番右のマークを見てください。これがアイロン禁止のマークです。

そして左から2番目のように、
低・中・高のマークの下に波線が付いている場合、「アイロンをしても大丈夫だが当て布が必要」という意味です。

当て布とは何か、説明していきますね!

生地によってはアイロンの熱で傷んだり、テカリが出たりしてしまいます。それを防ぐために布を1枚挟んで、熱が直接当たらないようにするのです。

素材は「綿」で、薄いものが良いですよ!

洗濯表示についてもっと知りたい、という方はこの記事を参考にしてみてください。

アイロンをかけていこう!

それではさっそく、実際にアイロンをかける順序です。

1.襟
2.肩
3.袖
4.身頃

の順番でかけていきます。

アイロンがけは、細かいところから広いところに向かってかけていきます。

広いところはしわが付きやすく、また目立ちやすいです。

狭いところをかけている間に折れてしわになるのを防ぐため、広いところは一番最後にかけましょう。

綺麗に仕上げるために、この順番はとても大事なんです。

それではワイシャツにアイロンをかけていきます!

襟(えり)

ワイシャツをカッコよく見せるために、とても重要な部分ですよね。

ピシッと決めましょう。

手順
1
アイロンを端の方からかけていく

まずは、シャツの内側を上にして、襟の両端から中央に向かって、アイロンを滑らせましょう。

終わったら、表側を上にして、同じように滑らせます。

襟は、特に生地が厚い部分です。ここをピシッとさせるポイントとして、

・両面アイロンをかける
・もう片方の手で生地を引っ張りながらかける

この2つを意識しましょう!

2箇所目は肩。
肩は曲がる部分なので、あまりぺったんこにすると、不格好になってしまいます。

丸みを残しつつ、しわの無い肩を作っていきましょう。

手順
1
アイロン台の先端の丸くなっている部分にシャツをひっかける

アイロン台に、シャツを着せるみたいにしてくださいね。
襟は邪魔になってしまうので、立てておきましょう。

オーソドックスなアイロン台です。土台もしっかりしているので、安心ですね♪
先端が丸くなっているため、手順通りシャツをひっかけることができます。コスパも◎で、おすすめです!

2
肩にアイロンをあてていく

右肩、左肩に分けてアイロンをかけていきます。

3
襟の付け根にアイロンをかける

襟の付け根とは、肩と襟の境界ラインのことです。

細かい部分なのでかけずらいですが、先端を使うと楽にできますよ!

次は袖。
袖のシワも案外目立つので、きちんとアイロンがけしておきましょう。

袖口(カフス部分)

まずは袖の先である、カフス部分です。
細かく、少しやりにくいかもしれませんが、こうゆう所こそ丁寧に!

手順
1
袖をアイロン台に置き、裏面を開く

袖のボタンを外して、ぱかっと内側を開いて置きましょう。
襟と同じように、内側から始めます。

少し無理のある状態にはなりますが、ちょっとシワが付いてもすぐ伸ばせば大丈夫。

2
端から中央に向かってアイロンをかける

生地が厚くなっている部分の縫い目を引っ張りながら、アイロンをかけましょう。
端から中央に向かって、という感じでかけていきます。

3
袖をひっくり返し、同じように端から中央に向かってかける

生地が分厚いので、ひっくり返して再びアイロンをかけていきます。
シワにならないよう、ゆっくり丁寧に。

終わったら、反対側の袖口も、同じようにアイロンがけをしていきましょう。

袖全体(腕の部分)

腕の部分のシワもけっこう目立つんですよね。
アイロンをかけて、ピンと伸ばしておきましょう。

手順
1
袖をアイロン台に置く

袖のボタンが付いている方を上に向けて、アイロン台に置きます。
縫い目を引っ張りながら、両手でシワをなるべく伸ばしておきましょう。

2
袖口〜肩の方向に、アイロンを滑らせる

袖口をアイロンを持ってない方の手で引っ張りながら、袖口〜肩の方向にアイロンを滑らせます。

3
ボタンの付いている部分の細かなシワを伸ばす

袖口のすぐ手前のところのシワを伸ばしていきます。
アイロンの先端を使うと、このような部分の細かいシワは伸びやすいですよ!

4
脇の縫い目に沿って、アイロンを滑らせる

脇ののほうからに向かって、アイロンを滑らせていきます。

肩から先は違う生地。
ひとまずここで止めましょう。

身頃

身頃は、着ている時に、一番に目に入る部分。
シワがあると、とっても目立ちます…!

見頃は範囲が大きいので、細かく分けてアイロンがけしていきます。

右前身頃(ボタンが付いている面)

まずは、正面の右半分だけ。

手順
1
前身頃をアイロン台に置く

アイロン台の角を肩に添わせて、右前身頃をアイロン台に置きます。

2
脇の縫い目に添ってアイロンがけする

まずは脇下の部分からです。

脇の縫い目のから、脇の部分のに向かって、滑らせましょう。

3
全体にアイロンをかける

最後に右前身頃全体に、アイロンをかけていきます。

ボタンの隙間の部分は、アイロンの先端を入れて、左右に揺らしたりせずにアイロンをかけてくださいね。
細かいところなので、ゆっくり、丁寧に。

6.後ろ身頃(表面)

背中の部分をかけていきます。背中のシワは目立ちますよね…!

大きい面なので、アイロン台に半分づつ設置します。

細かな部分もなく、アイロンがかけやすいと思います!

7.左前身頃(ボタン穴の面)

正面の左側の部分をかけていきます。
ボタンの穴のある面ですね。

手順
1
前身頃をアイロン台に置く

アイロン台の角を、肩に添わせてアイロン台に置きます。

2
脇の縫い目に添って、アイロンがけする

右前身頃と同じです。

脇の下の縫い目の上を、からに向かって、滑らせましょう。

3
全体にアイロンをかける

ここまでは右前身頃と同じです。
生地を引っ張って、たるませないように、アイロンがけしていきます。

4
ポケットのアイロンがけをする

左の前身頃に特徴的なのが、ポケットです。

ポケット口は、からへ、からへと細かくアイロンを滑らせていきましょう。
細かいので、先端を使うといいですよ♪

8.後ろ身頃(裏面)

最後に、後ろ身頃の裏面を、表面と同様に軽くアイロンがけをして仕上げます。

これにて終了!

動画で見たい!という方はこちらから!

上手にかけるコツ

ここまで基本のかけ方を見てきましたが、もっときれいにしたい、という方にコツを教えていきます。

引っ張りながらかける

アイロンの熱の力に加えて、物理的に引っ張ることでもしわは伸びます。

まずは手アイロン、アイロン台にワイシャツを置いたら、両手で細かなシワを伸ばしましょう。

そして、アイロンをかける時には、反対の手で生地を引っ張りながらやるとシワがなく綺麗に仕上がります。


(実際にやるとこんな感じです)

まっすぐにかける

アイロンの動かし方は、直線で一方向が基本です。
たまにジグザグに動かす人がいますが、この動きはシワを作りやすいので、NGです!

また、曲線に動かしたり、先端に力を入れて使うのも、シワの原因になります。

ひたすらまっすぐ伸ばしましょう。

アイロンは 後ろ側に力を入れるように押す と、滑りもよく、綺麗にアイロンがけができますよ。

ワイシャツの素材によって「スチーム」と「霧吹き」を使い分ける!

アイロンがけは、霧吹きなどを使って湿らせるとよりしわが伸びやすくなります。
とは言え、最近はスチーム機能があるアイロンも多いですよね。

何で使い分ければいいのでしょうか。

それは、生地の水の吸い込みやすさです。

例えば、綿の時は、霧吹き方がが早く仕上がります。

これらは目が粗い繊維なのでスチームでは水滴が細かすぎて、生地を素通りしてしまうのです。霧吹きなら水滴が大きいので、効果が高くなります。

スチームは、ウールなど繊維が細かいものに使うと良いですね。

ちなみに化学繊維は、水の効果がないので無視して大丈夫です。

シワを伸ばすのに大事なのは、『水分』と『温度』と『加圧』です。

この3つをコントロールして効率的・きれいにアイロンがけしていきましょう。

アイロンがけを楽にする『干し方』

実は、アイロンがけがきちんとできるかどうかは、洗濯物を干すところから始まっています。

『干す』ときにひと手間くわえることで、一気に楽になるんです。

さっそく見ていきましょう。

シワをしっかり伸ばしてから干す

まず肝心なことは、洗濯が終わったら放置せずにすぐ干すことです。

そして干す前に縦・横・斜めに引っ張ってください
洗濯で出来たシワが乾いて固まる前に、伸ばしてしまうのです。

引っ張るのが面倒な人は、ワイシャツの肩を持って、大きくバタンバタンとワイシャツを振ります。3〜5回やるだけでもかなり変わりますよ。

干し方

次に干し方です。

衣類に合ったハンガーを選ぶことが重要です。

ワイシャツは、ズレにくく、少し厚みのあるハンガーに干すことで型崩れを防ぐことができます。

ハンガーと肩の縫い目がずれることがないように丁寧に干しましょう。

着物や浴衣はアイロンをかけられる?

浴衣

アイロンの基本のかけ方が分かったところで、気になるのが着物浴衣へのアイロンがけです。

クリーニングへ出す、という方法もありますが、今すぐ着たいけれどシワができてしまっている……というケースもありますよね。

こんなピンチを救ってくれる、着物や浴衣のアイロン法を覚えておきましょう。

もちろん、浴衣や着物をアイロンする前にも、洗濯表示を必ずチェックして、アイロンできるかどうか、アイロンをかける温度は何度かを確認してから、はじめてくださいね。

着物にアイロンをかける方法

それでは最初に、着物へアイロンをかける方法をみてみましょう。

用意するもの

・アイロン
・アイロン台
・霧吹き
・あて布

手順
1
シワが気になる部分を裏側にして置く

着物のアイロンは、生地を傷める心配があるため、シワ部分にのみかけます。シワがある部分を裏返しにして、アイロン台におきましょう。

2
あて布をあて浮かせてアイロンする

シワ部分にあて布をあて、アイロンを浮かせた状態で近づけます。

直接アイロンを着物にあててしまうのはNGです。シワが取れない場合は、あて布の上から霧吹きで水をかけてから、再度アイロンがけします。

3

着物へアイロンをかける場合は、“とにかく素早く”が基本です。

押し付ける行為は絶対に禁止ですので、シワが深い場合も遠くから熱を伝えるようにします。アイロン後は、再度シワになってしまうのを避けるため、着物用ハンガーにかけて冷ましましょう。

浴衣にアイロンをかける方法

次に、ゆかたにアイロンをかける方法をみてみましょう。

用意するもの

・アイロン
・毛布やタオルケット
・あて布

手順
1
毛布またはタオルケットに浴衣を置く

大きめサイズの浴衣は、アイロン台ではなく、毛布やタオルケットの上でアイロンがけすると上手くいきます。最初に、広げた毛布やタオルケットに浴衣を置き、アイロンの準備をしましょう。

2
スチーム機能を利用してアイロンをかける

浴衣のシワには、スチーム機能が効果的です。

あて布をあてたら、最初は襟から、次に前身ごろ背中の順に行いましょう。シワが伸びにくい場合は、霧吹きで湿らせてからアイロンすると、上手くいきます。

注意
浴衣の種類によっては、アイロンをかけることでテカってしまうケースがあります。
色が濃い浴衣やラメ、刺繍が入っている浴衣の場合は、裏側からアイロンかけするのがおすすめです。

まとめ

シャツがピシッと伸びていると、余裕のあるイメージを持ちますよね。

仕事場などでは、その人への信頼が衣服の綺麗さで判断されることも。

そして人からの目だけでなく、自分自身も背筋が伸びませんか?

きちんとしたアイロンのかけ方をマスターしてしまえば、いつでも家で最高の状態のシャツを作れるんです。

手順は多く見えますが、1度習得してしまえば、そんなに難しいものではありません。

ぜひ1度やってみてください、クセになるはずです!

 

関連記事

NEWシルクの洗濯は自宅で簡単にできる!おしゃれ着用洗剤で手洗いしよう

シルクの洋服。スカーフや寝具など。 意外と身近にあって、普段から使うものにシルクが使われていることってありますよね。 ちょっとお高いイメージのあるシルクはとても繊細な素材。 洗濯の仕方には十分に気を使わなければなりません […]

NEW【雨の日も攻略】洗濯物の干し方の基本2つと裏ワザ7つをマスター!

一人暮らしを始めたばかりのあなた、 家事をしているみなさん、 洗濯物を速く綺麗に乾かす方法を知っていますか? 洗濯物を干すって意外と重労働で大変ですよね。 もっと楽にできたらなと思うこともあります。 梅雨の時期ともなると […]

スーツを自宅の洗濯機で洗う方法!クリーニングに出した方が良いけど

あー、スーツを洗濯機で洗いたい!って心の底から思うことってありませんか? え?あ、ないですか、そうですか。 でも、スーツを洗濯機で洗うと何より節約になるというメリットがあるのです。 手間がかかる、プロ並みの仕上がりにする […]

パーカーのたたみ方は簡単!これでコンパクトに収納できてすっきり♪

  肌寒いときにサッと羽織れるパーカー。 きっと誰もが1着は持っている洋服だと思います。 でも、パーカーをたたんでみたら、意外と収納する時にかさばるんですよね。 これがパーカーのいやなところ。 フードが付いてい […]

ランキング

エアコンの臭いはホコリ・カビ・雑菌!全てを除去するお掃除方法とは

久しぶりにエアコンをつけてみたら、もわっとした臭い風が部屋いっぱいに広がった。 という経験はありますか? 本当に気分が悪いですよね。そのニオイ、今すぐ取り除きましょう! 実はエアコンのニオイの原因とニオイを取り除くたった […]

エアコンの水漏れの原因は7つ!ドレンホースのお掃除で8割は解決!

エアコンをつけてみたら、え?エアコンが泣いている? いや、違う!ポタポタと水漏れが!そんな経験はありますか? 編集部では、20~50代の女性100人に「エアコンの水漏れを経験したことがありますか?」と聞いてみました。 4 […]

リーガル靴修理|ソール・かかと・つま先ビフォーアフターが完全集結

  日本を代表する靴ブランドであるリーガル。 100年以上にも渡りグッドイヤー・ウェルト製法を貫き、日本人の足にフィットするものをと、木型からこだわっています。 ビジネスシーンの足元の定番ではないかと思うくらい […]

ルイヴィトンバッグ・財布修理|レザー、内袋、取手リペア事例が集結

  ショルダーベルトが切れてしまった。 ファスナーが壊れた。 シミがついてしまった。 そんなブランド品はありませんか? 切れた部分やシミは、修理の職人さんの技術で、元の姿に戻すことができます。 その仕上がりは、 […]

布団は部屋干しでもふかふかに!週に1回干すだけで快眠が手に入る!

  干したばかりの布団って気持ちいいですよね。 じめっと重かった布団も、日光に当てて干すとカラッと軽くなります。 毎日あんな布団で寝られたらいいのにと思いますが、実際は天気に左右されたり、花粉が気になったりして […]

革靴のオールソール交換!靴底の張り替えの匠の技で厚み・美しさ倍増

  靴の、底。 履いているうちに、必ず削れてきてしまう部分ですね。 擦り切れて穴が開いてしまった…… 削れ過ぎて、見た目が悪くなってしまった…… など、靴底の状態が悪くなってしまった靴は、ありませんか? そんな […]

洗濯機はお掃除クリーナーでカビ取り!月イチ槽洗浄でキレイを保とう

洗濯機から出した洗濯物に、なんだか黒いぴろぴろしたものがついている……! なんてことありませんか? それ、ワカメではありません。洗濯機の洗濯槽についてしまった、カビです。 カビがついた洗濯槽でお洗濯をしていると思うと、ぞ […]

グッチのバッグ・財布・靴修理|レザー、内袋、取手リペア事例が集結

  とっても大切な、グッチのバッグや財布、靴。 どれだけ丁寧に扱っていても、壊れてしまうことってありますよね。 長く使っていると素材が変質したり、穴があいてしまったり…。 自分で修理しようとすると、せっかくのデ […]

風呂釜掃除はつけおきで簡単!プロの洗浄は専用機械で汚れがゴッソリ

湯船に浸かって、1日の疲れを癒す。 お風呂の時間は、最高のリラックスタイムですよね。 そんな、つかの間の休息を演出してくれるのがそう、風呂釜。 意外と知られていないですが、お掃除していない風呂釜には汚れがたまっています。 […]

エアコン掃除を自分で行う方法を解説!内部のカビはプロが徹底除去!

夏が始まり、エアコンをつけると…カビ臭い。 臭いだけでなく、カビを含んだ空気を吸って健康に悪影響が出てしまうのは嫌ですよね。 そこで必要なのは、エアコンのお掃除! エアコンを分解し、カビやホコリを取り除くことで、空気を綺 […]

エアコンの臭いはホコリ・カビ・雑菌!全てを除去するお掃除方法とは

久しぶりにエアコンをつけてみたら、もわっとした臭い風が部屋いっぱいに広がった。 という経験はありますか? 本当に気分が悪いですよね。そのニオイ、今すぐ取り除きましょう! 実はエアコンのニオイの原因とニオイを取り除くたった […]

エアコンの水漏れの原因は7つ!ドレンホースのお掃除で8割は解決!

エアコンをつけてみたら、え?エアコンが泣いている? いや、違う!ポタポタと水漏れが!そんな経験はありますか? 編集部では、20~50代の女性100人に「エアコンの水漏れを経験したことがありますか?」と聞いてみました。 4 […]

洗濯機はお掃除クリーナーでカビ取り!月イチ槽洗浄でキレイを保とう

洗濯機から出した洗濯物に、なんだか黒いぴろぴろしたものがついている……! なんてことありませんか? それ、ワカメではありません。洗濯機の洗濯槽についてしまった、カビです。 カビがついた洗濯槽でお洗濯をしていると思うと、ぞ […]

風呂釜掃除はつけおきで簡単!プロの洗浄は専用機械で汚れがゴッソリ

湯船に浸かって、1日の疲れを癒す。 お風呂の時間は、最高のリラックスタイムですよね。 そんな、つかの間の休息を演出してくれるのがそう、風呂釜。 意外と知られていないですが、お掃除していない風呂釜には汚れがたまっています。 […]

エアコン掃除を自分で行う方法を解説!内部のカビはプロが徹底除去!

夏が始まり、エアコンをつけると…カビ臭い。 臭いだけでなく、カビを含んだ空気を吸って健康に悪影響が出てしまうのは嫌ですよね。 そこで必要なのは、エアコンのお掃除! エアコンを分解し、カビやホコリを取り除くことで、空気を綺 […]

お風呂の鏡のお掃除はどうしよう?なにしよう?「新聞使用」が正解!

毎日使うお風呂。 毎日見るお風呂の鏡。 あなたのお家のお風呂の鏡、自分の姿がはっきり写りますか? 湯気で覆われているように白くくもっていませんか? ここで編集部が20代〜60代の女性100人に行なったアンケートを見てみま […]

洗濯機の排水口掃除はパイプユニッシュor重曹!臭いや詰まりも改善

洗濯機の排水口から何か嫌な臭いが漂ってくる…。 洗濯機が脱水中に止まってしまったり、エラー表示が出たりする…。 あなたのお家の洗濯機のそんなトラブル、もしかしたら洗濯機の排水口のせいかもしれません。 長期間、洗濯機を使い […]

お風呂の排水口・排水パイプの掃除方法!臭いと詰まりをどちらも解消

  お風呂ので一番汚れが気になるところといっても過言ではない、排水口。 お風呂中のお湯が流れ着く場所です。お湯に流されて、汚れもたっぷりたまります。 排水口の汚れが原因で、お風呂中に嫌な臭いが漂ったり、排水パイ […]

キッチンの排水口のお掃除には重曹とお酢でつまりはもう詰まらない!

排水口のぬめり…… 排水口からの臭い…… 排水口の詰まり…… 毎日キッチンを使っていると、こんな問題が生じることがよくあります。 キッチンは朝昼晩と使うものなので、排水口の掃除までなかなか手が回らないですよね。 では、い […]

お風呂の頑固なカビには片栗粉×漂白剤!プロおすすめ予防法もご紹介

スポンジでゴシゴシしても落ちない…。 落としたつもりでも何日かたつと復活している…。 このように、お風呂のカビで悩んだことはありますか? ここで編集部が20代〜60代の女性100人に行なったアンケートを見てみましょう。 […]

布団は部屋干しでもふかふかに!週に1回干すだけで快眠が手に入る!

  干したばかりの布団って気持ちいいですよね。 じめっと重かった布団も、日光に当てて干すとカラッと軽くなります。 毎日あんな布団で寝られたらいいのにと思いますが、実際は天気に左右されたり、花粉が気になったりして […]

ワイシャツの黄ばみを落とす最強の漂白剤の使い方!予防すれば完璧◎

いつの間にかワイシャツが黄ばんでいた経験、ありませんか?特に、襟や脇、袖は黄ばみやすい部分です。 実は、毎日ちゃんとお洗濯しているだけでは、黄ばみを予防することはできないのです。 黄ばんだワイシャツでは、第一印象も悪くな […]

油汚れの染み抜きには「クレンジングオイル」が一番効果的なんです!

「揚げ物を作っていたら、油が服に飛んでしまった…。」 「子供がオムライスを食べていて、服にケチャップをつけてしまった…。」 など、日常的に服に油のシミがついてしまうシーンってありますよね。 でも、みなさんは知っていますか […]

白いスニーカーの汚れを7つのアイテムで真っ白に!お酢が決め手です

白は汚れる! まあ常識ですよね。 ちょっと擦っただけでも灰色が付きますもん。 僕も一時期まっ白なスニーカーで生活してたんですがね、まあすぐ汚して怒られましたとも。   ということで今回は白スニーカー。 汚れが目 […]

【8割の人が知らない!】靴を自宅の洗濯機で洗う正しい方法を解説

会社が学校から帰る途中に、突然のゲリラ豪雨。 息を切らしながら走って帰ったけど、泥が跳ねて靴が汚れちゃった…。そんなこともありますよね。 そんなとき汚れてしまった靴をどうしていますか? え?そのまま? そんな […]

油性ペンの汚れに4通りの落とし方。油には油を!不安ならみかん!

新学期。新しい教科書に名前を書く時に、大活躍の油性ペン。 にじまず、書く材質を選ばないのが特徴。そのため、水で濡れやすいキッチン周りにも使えますし、学生から主婦の方にも愛用されているはず。 そんな油性ペンの1番の特徴は「 […]

羽毛布団を洗濯機で洗う方法|コインランドリーやクリーニングと比較

  寒くなってくると毎年押し入れから引っ張り出してくる羽毛布団。ふかふかのお布団にはついつい顔をうずめたくなりますよね…って、あれ。 なんか、臭い。前よりボリューム感がないかも。 なんてショックを受けてる方に質 […]

色移りの落とし方は50℃のお湯で洗剤2倍!本当に正しい情報大公開

あああ!しまった。 洗濯機の蓋を開けてみたら、中が大惨事になっていた。 こんな経験はありませんか? そう、色移り。 お気に入りの服に色が移っていた時なんか、とてもショックですよね。 普段は気をつけていても、ちょっと気を抜 […]

帽子・キャップの型崩れしない洗い方!他とはかぶらない方法で伝授!

帽子って、知らず知らずのうちに汚れや臭いがひどくなってしまいますよね。 特に夏の汗をかく時期。 でも、帽子を自宅で洗うって、あんまりピンとこないかもしれません。 しかし、ここでは帽子・キャップを自宅で型崩れの心配なく洗う […]

羽毛布団の洗濯はコインランドリーがおすすめ!乾燥時の注意点も解説

  軽くて、柔らかくて、暖かい。 と、良いこと尽くしの羽毛布団は、寒い季節には手放せない寝具の1つ。 でも、なんだか最近、ふんわり感がなくなったような…。 それに、前よりも暖かくないかもしれない…。 なんて感じ […]

リーガル靴修理|ソール・かかと・つま先ビフォーアフターが完全集結

  日本を代表する靴ブランドであるリーガル。 100年以上にも渡りグッドイヤー・ウェルト製法を貫き、日本人の足にフィットするものをと、木型からこだわっています。 ビジネスシーンの足元の定番ではないかと思うくらい […]

ルイヴィトンバッグ・財布修理|レザー、内袋、取手リペア事例が集結

  ショルダーベルトが切れてしまった。 ファスナーが壊れた。 シミがついてしまった。 そんなブランド品はありませんか? 切れた部分やシミは、修理の職人さんの技術で、元の姿に戻すことができます。 その仕上がりは、 […]

革靴のオールソール交換!靴底の張り替えの匠の技で厚み・美しさ倍増

  靴の、底。 履いているうちに、必ず削れてきてしまう部分ですね。 擦り切れて穴が開いてしまった…… 削れ過ぎて、見た目が悪くなってしまった…… など、靴底の状態が悪くなってしまった靴は、ありませんか? そんな […]

グッチのバッグ・財布・靴修理|レザー、内袋、取手リペア事例が集結

  とっても大切な、グッチのバッグや財布、靴。 どれだけ丁寧に扱っていても、壊れてしまうことってありますよね。 長く使っていると素材が変質したり、穴があいてしまったり…。 自分で修理しようとすると、せっかくのデ […]

ファスナー・チャックの直し方を解説!5つの不具合もこれで全て解決

急いでファスナーを閉めたら動かなくなった……なんて経験、あるんじゃないですか? 『ガチっ』なんて音を出した後、うんともすんとも言わなくなることが結構あるんですよねぇ。 さて、こういうファスナーの故障ですが、大抵は曲がって […]

裾上げのやり方をズボンの種類別に解説!丈を決めるポイントも伝授!

もうちょっと裾が短かったら、このズボンは完璧なのになあ。 そんなお悩みはありませんか? そんなときに便利なのが「裾上げ」。 でも洋服屋さんで頼むと時間がかかってしまいます。取りに行くのも面倒臭いですよね。 だから、自分で […]

靴の臭いがたったの100円で消せるのならば試さずにはいられない話

どうも、隙あらば靴を脱ぐのであんまり足の臭いに困らない僕です。 たまに遠出すると脱げなくて大変なことになるんですけどねー。 さて、足の臭いってかなり気になりますよね。 しかも、どれだけ足を洗ったところで臭いが出るのは止め […]

スエードの靴の汚れの正しい洗い方とは?普段のお手入れ方法も解説

スエードの靴、あの独特の質感が素敵ですよね。なんだか温かみを感じる、良い生地だと思います。 でも一つ問題が…… 汚れが付きやすいんですよね。水に濡れればシミになり、使っているとテカテカしてきます。 しかも、スエードってお […]

靴磨きのコツを大公開!職人だけが知る革靴のお手入れ方法を徹底取材

お洒落は足元から、なんてよく言いますよね。 一生、大切にしたいと思っている革靴を、お持ちの方も多いはず。 ですが、せっかくの素敵な革靴も、お手入れができていなかったら台無しです。 よい革靴は、きちんと靴磨きをして、いつで […]

サビ落としはブラシ&サビ取り剤が最強!こすらず磨いて楽々完全除去

身の周りを見渡してみたら、色んなところでサビを発見してしまった…なんて経験、ありませんか? 例えば家の中に置いてあるスタンドラックにも発生するし、外に置いておいた自転車にもサビはつきやすいもの。 見た目はあまりきれいとは […]

おすすめ特集