靴を乾かすなら洗濯機で十分、新聞紙とドライヤーとコンセントで充分

■『靴を乾かす前にまずはブラシとタオルで汚れを落とすのが大切なのです
■テッパン新聞紙と扇風機・ヒーター・こたつで置きっぱなし作戦が簡単
■洗濯機とドライヤーならお急ぎのあなたもすぐに乾いた靴が手に入る

雪の宿

2017年08月26日

いくら傘をさしていても、横薙ぎの雨にあたれば靴は濡れてしまうもの。
……あれほんと何とかなりません?

長く歩いてると靴下まで染み込んでくることだってあるでしょう。
次の日も履くつもりだったりすると、どう乾かせばいいのか困りますね。

そこで、です。ここでは靴を出来るだけ早く乾かすための手段を並べていきます。
自分に合ったもの、出来るものから選ぶと良いでしょう。

 

それなりに時間はかかりますが、何もしなければ数日は乾かない上に妙なにおいが付いたりします。

『転ばぬ先の杖』ってわけじゃありませんが、覚えておいて損はないでしょう。

まず始めに

どんな乾かし方をするにも、全てにおいて共通する作業があります。
それが『汚れを落としておく』こと。

用意するもの

・ブラシ
・汚れてもいいタオル

  手 順  

1. 汚れを落とす

汚れてもいいタオルで、靴の上側についた砂や泥などの汚れを拭き取りましょう。
ブラシで靴底の汚れも出来るだけ落とします。乾いた時に取れなくなったりしますからね。

汚れがひどいときは、水道でジャーっと洗い流してしまうのが手っ取り早いです。

2. 中敷きを外す

中敷きは外してしまいます。
このほうがグーンと乾きやすくなります。

中敷きも汚れがついてたらタオルで汚れを拭いたり、いっそ洗濯機に入れちゃうのもアリですな。

乾かすのにかかる時間

さて、これから乾かし方を書いていくわけですが。……当然、それぞれ必要な時間が違うわけです。

そんなに待てなかったり、割ける時間が限られてたりと時間が気になる事もあるでしょう。

コインランドリー>>>>>ドライヤー>扇風機>ヒーター≧こたつ>>新聞紙のみ

こんな感じですかね。濡れ具合によってかかる時間も変わるのでこんな書き方です。

では遅い順に詳しく書いていきます。
早いほど手間がかかったりリスクが高かったりするので、要チェックなのです。

新聞紙で乾かす

楽っちゃ楽な方法ですね。

乾かすときの基本で、他の方法でもけっこう同じ手順を踏みます。

用意するもの

・折り曲げてもいいハンガー
・新聞紙

  手 順  

1. 新聞紙をつっこむ

くしゃくしゃに丸めた新聞紙を靴に詰めて下さい。新品の靴に入ってるあの紙あるじゃないですか、あんな感じ。

あまり硬く丸めないのがコツです。

2. ハンガーにかける
まずは、ハンガーに靴をかけるときの定番。
ブーメランみたいな形にハンガーを変形させましょう。

そしたら、ハンガーの右手と左手に片足ずつ靴をひっかけます。

つま先を天井に向け干します

これすら面倒くさいなって方は、もう新聞紙の上に靴を並べるだけでもOKです!

あとは1時間ごとぐらいに新聞紙を取り替えてやりましょう。
放置しても乾き切らないので、注意してくださいね。

中敷はピンチハンガー(洗濯バサミがぶらさがってるやつ)に吊るして干しましょう。

濡れた靴を「置きっぱなし」で乾かす作戦

靴は乾かしたい。
でも、面倒なのはイヤ。
そんな人間味のあるあなたにおすすめの、置きっぱなし作戦を2つ紹介します。

夏は扇風機、冬はヒーターこたつ

扇風機の風で乾かす

扇風機を使う頻度が多くなる夏場。
夏に濡れてしまった靴は、扇風機の風で乾かすのが一番手っ取り早い方法です。

 用意するもの 

・折り曲げてもいいハンガー
・扇風機

   手 順  

1. タオルドライ
髪を洗った後、いきなりドライヤー、しませんよね?
一旦タオルで拭きますよね?

靴も同じです。
いきなり扇風機に当てても時間がかかるだけ。

タオルで落とせる水分は、タオルで吸い取っちゃいましょう。
水がしたたり落ちなくなるくらい、水分を吸い取れたらOKです!

中敷きの水分も拭き取りましょう!

2. ハンガーにかける

ハンガーを変形させるのです

そしたら、ハンガーの右手と左手に片足ずつ靴をひっかけます。

つま先を天井に向け干します

これすら面倒くさいなって方は、もう新聞紙の上に靴を並べるだけでもOKです!

扇風機の風が当たる高さに靴がくるように、台になるものが必要になるかもしれませんね。
扇風機の首がやわらかくて、低いところにも風が当たるならよいですが……。

中敷はピンチハンガー(洗濯バサミがぶらさがってるやつ)に吊るして干しましょう。

3. 扇風機をセット!
扇風機の風量を「」に設定したら、そのまま乾くまで置きっぱなしにするだけ。
風の通り道である部屋の真ん中、もしくは風通しのいい洗面台(存在するのかな)に置いておくと、割と速く乾きますよ。

……こんな感じ?

扇風機の他にも、サーキュレーターも使えますね。

ヒーターやこたつの熱で乾かす

靴の水没に季節などありません。
冬だって、雪が降ったのがうれしくて、ついつい靴が濡れるまで足跡つけまくっちゃいます。え、しない?そうですか……

冬場の水没には、赤外線ヒーターの前に置いて乾かすという方法もあります。

ただし、あまり近くに置きすぎるのはNG!
高温で靴の一部が溶けたり形が崩れてしまったりする可能性があります。
熱に弱い靴は、やめておきましょう。

タオルドライまでは扇風機を使う方法と同じです。
そのあと、ヒーターから30cmほど離れた場所に新聞紙を敷いて乾かしましょう

ヒーターを使う置きっぱなし作戦では、目は離さないほうがいいですね。
もし、お出かけしたり眠ったりするときは、スイッチを切りましょう。
安全が第一です。

そして、こたつ派のみなさん!

冬のこたつで食べるアイスほどおいしいものはありませんね!

濡れてしまった靴も一緒にこたつに入れてあげましょう。
タオルドライのあと、こたつの中に新聞紙を敷いて乾かします

問題は、こたつの中が密閉されてるので湿度が上がる一方ってとこです。
たまに布団をぱたぱたして、中の空気を入れ替えるようにしましょうね。

濡れた靴を「ひと手間」かけて乾かす作戦

ドライヤー

置きっぱなしもいいけれど、もうちょっと速く乾かせるならひと手間かけるのを惜しまない。
そんなガッツのある皆さんに。

洗濯機の力で脱水する

お洋服のお話ではありません。
靴のお話です。

え?靴を洗濯機で脱水…!?
洗濯機に靴を入れることに抵抗がない方は、ぜひ試してみてください。

ただし、革靴やエナメル素材の靴は、擦れて傷ができる可能性があります。
残念ながら、脱水はNG……。
スニーカーを乾かすなら、手作業が少なく乾かせて楽ですよ!

用意するもの

・汚れてもいいタオル
・洗濯機
・折り曲げてもいいハンガー

   手 順  

1. 洗濯機に靴を入れる

靴と一緒に中敷きも洗濯機にいれましょう。
脱水コースを選びます。
コース設定そのままなら、10分くらいになると思います。

操作の仕方は、使っている洗濯機によって少し違います。
取扱説明書も参考にしてコースを選びましょう!

2. 靴用ハンガーにかける

今回靴用ハンガーを使ってみました!靴の形になっているので安定して干すことができます。

脱水が終わったら、ハンガーにかけて干します。
ハンガーの右手と左手に片足ずつ靴をひっかけましょう。

こちらのシューズハンガー、便利ですよ!ワンタッチで角度を調整できて、内側の「水切り」と、甲の「乾燥」を両方こなせるので、とにかく乾きが早い!靴が落ちないつくりになっています。

靴って、しっかり乾かさないと水分がこもって臭いも気になります。
このハンガーにかけて、外に干しておくと風でしっかり中まで乾燥することができます。長さがあるので、長靴やブーツもしっかり干すことができますよ♪

洗濯機の力で乾燥する

またもや洗濯機の力を使います。
乾燥機能はついていますか?

手順は、洗濯機に靴を入れるところまでは脱水と同じです。
乾燥モードを選びましょう!

完全に乾燥できるタイプの乾燥機能の洗濯機なら、低温がちょうどいいです。
ちょっとだけ乾燥できる風乾燥モードの洗濯機なら、そのままスタート!

乾燥機能を使うと、熱によって変形してしまう可能性もあります。
そのため、高価なスニーカーやお気に入りの靴なんかは、汚れてもいいタオルに包んでから脱水だけする方法が一番安全です。

あ、乾燥機でも一応できるみたいですよ。
低温設定ができればですが。

ドライヤーの力で乾燥する

これが一番ポピュラーなやり方なのでは?
実践している人も多いと思います。
それなのに、ひと手間レベル2なの?って思いましたか?

だって、この方法は、わたしと靴のマンツーマン。
つきっきりでお世話しないといけないので、レベル2です!

用意するもの

・新聞紙 / キッチンペーパー
・ドライヤー

   手 順  

1. 靴に新聞紙を詰める

くしゃくしゃと丸めます。
握りこぶしよりもひと回り小さいくらいがちょうどいいでしょう。

作ったおにぎりをつま先の方から詰めていきましょう。
なるべくすき間ができないようにするのがポイント。

うちはもう新聞紙とってないんだよなあ、という方はキッチンペーパーが使えます。

ちょっともったいないような気もしますが、吸水性は抜群ですからね。
大切な靴を一刻も速く乾かしたいときは、おすすめです。

2. ドライヤーの風で乾かす

靴の上から当てていきましょう。
間違っても熱風を使わないようにしてくださいね。
変形しちゃいますから。

乾くまでトコトンお付き合いしましょう。
ガッツの見せ所です!

ペットボトルの力で風通しをよくする

ブーツに限った話ですが、靴が倒れてしまうと乾くに乾きません。

こまったこまった。

そんなときに活躍するのがペットボトル。
なかに入れて支えにすれば、通気性が確保できるので乾きやすくなるのです。

用意するもの

・ペットボトル2本(500ml)
・汚れてもいいタオル
・新聞紙

   手 順  

1. 汚れを落としてタオルドライ

汚れと水分を取ります

長靴やブーツは、洗濯機での脱水や乾燥はできません。このタイミングで、タオルドライもしておきましょう。

2. 新聞紙を詰める

新聞紙を入れます

長靴やブーツは、靴の中がゆったりしていることが多いと思います。
そこで、今度のおにぎりは、握りこぶしくらいがGOODです。

靴で最も乾きにくい部分といえば?
つま先からすき間がないように、心を込めておにぎりを詰めましょう。

3. 右足と左足に1本ずつペットボトルを入れる

ペットボトルを入れます

右足に1本、左足に1本ペットボトルを入れましょう。

大きい長靴やブーツを乾かすときは、900mlや1Lのペットボトルを使ってもいいですね。

ペットボトルを入れたら、あとはもう置きっぱなし。
風通しの良い場所に置いておきましょう。
こうすると長靴やブーツが自分で立って乾いてくれます。

あ、たまに新聞紙を替えるのを忘れずに、ですよ?

4. いま再びのタオルドライ

タオルで拭きます

半日や一晩ほど置きっぱなし作戦を決行すると、ある程度、湿り気が取れていると思います。
仕上げにもう1回タオルドライをしましょう。
長靴やブーツの内側と外側を、心を込めて拭いたら完了です!

「コインランドリー」で靴を乾かす

お家でできる乾かし方をつらつらと書いてきました。
せっかくなので、コインランドリーで靴を乾かす方法も紹介したいと思います。
「家で乾かす方法調べてるのにコインランドリー紹介するな」とかそういうことは言わないで下さいね?

コインランドリーに行くと、靴専用の乾燥機が装備されているところもあります。

全てのコインランドリーについているというわけではありません。
帰り道、近所のコインランドリーをチェックしてみてくださいね。

中にはえてる棒に靴をセットするだけで準備OK。
あとは、コインを入れて表示された手順で操作しましょう。

これで、びしょ濡れになった靴も速攻でカラッカラに乾きます。

・お家の洗濯機で脱水や乾燥をするのは、やっぱりちょっと抵抗がある。
・家族会議の結果、否決された。
なんてときには、おすすめです!

雨で濡れた後の靴の臭い対策

アロマ

それにしても、雨で濡れた後の靴というのは、どうしてあんなに臭くなるのでしょう。
生乾き……だけの臭いじゃありませんよね、あれ。

蒸れた状態のまま放置していると、靴に臭いが染み付いて足の臭いの原因となります。
そこで、雨で濡れた後の靴の臭いをどうにかする方法を紹介します。

ずばり、

洗う
消す

の2つです。

うん。予想通りですかね。

靴を洗う

どうせ雨に濡れたなら、そのまま洗っちゃいましょう。
洗濯機で靴が洗えちゃうのです。

ちょうど「8割の人が知らない!靴を自宅の洗濯機で洗う正しい方法を解説します」こんなふうに。

靴を洗濯機に入れることに抵抗がない方は、ぜひ試してみてください!

そして、手洗い派のみなさん!
靴を手洗いする方法もちゃんとあります!

ちょうど「靴の汚れの落とし方!布・革の素材別解説!お酢使用で黄ばみもとれる」こんなふうに。

スニーカーも革靴も長靴もみーんな洗えますよ♪

靴の臭いを消す

洗うのはちょっと手間だなあというときは、消してしまえばいいのです。
自分で靴の臭いを消す方法を試してみましょう。

ちょうど「靴の臭いがたったの100円で消せるのならば試さずにはいられない話」こんなふうに。

100円から始められて、とってもお手軽です!

自分では、どうにもこうにもできなかった……。
そんなときも、まだ諦めないで!

プロに靴のクリーニングを頼むという方法があります。
汚れも臭いもまとめてキレイにしてもらっちゃいましょう!

あなたのマイスター」では、プロの職人さんに靴の修理やメンテナンスを頼むことができます。

靴のクリーニングの相場は、下の表のような感じ。

スニーカー 2,000円~5,000円
革靴 2,000円~9,000円
ブーツ(ショート・ハーフ) 2,500円~12,000円
ロングブーツ 3,000円~14,000円
パンプス 2,000円~9,000円
ハイヒール 2,000円~9,000円

1年に1回、お誕生日のお祝いをするように、大切な一足をクリーニングに出して、プロの職人さんの手でキレイにしてもらうというのも素敵ですね。

はい宣伝おわりー。

まとめ

雨でびしょ濡れになってしまった靴は、洗濯機で脱水する、新聞紙やキッチンペーパーを入れてドライヤーの風を当てる、コインランドリーで靴専用の乾燥機に入れるなど、少しでも速く乾かす方法はたくさんあります。

臭いが気になるときは、洗うか消すか。

ある程度の手間はいるものの、ちょっとの労力でどうにか なりそうでしょう?

関連記事

革靴の臭いの原因は雑菌!除菌方法やにおいの予防策、お手入れ方法を伝授

  突然ですが、足の臭いって、本当にきついですよね。 暑い日なんかに、飲み会でお座敷の居酒屋さんに連れてこられて、靴を脱ぐはめになったらもう…!たまったもんじゃありません。 こういう状況に陥って、焦 […]

サンダルの洗い方を素材別に解説!履く前のお手入れで、更に長持ち!

  夏の必須アイテムといえば、サンダル。 今や、夏のオシャレには欠かせない存在になっています。 去年、毎日のように履いていたし、今年も毎日履くぞー! なんて考えている人も多いと思います。 でも、裸足で履くサンダ […]

ランキング

鍋の焦げ付きを落とすのは、重曹だけじゃない!5通りの方法を発表!

ちょっと目を離した隙に、鍋の底を焦がしてしまった…なんてこと、ありませんか? 焦げって結構すぐについてしまうので、料理をする人にとっては逃れられない問題ですよね。 そんな焦げの落とし方、実は鍋の種類によって大きく変わって […]

お風呂の掃除に重曹が救世主だったお話。皮脂や汗の汚れに効果抜群!

1日の疲れを癒してくれるお風呂。 湯船にお湯をためて体を温めると、一気にリラックスできますよね。 でも、そんなお風呂が汚れていたら? カビの黒ずみ、白く固まった水あか、床に溜まったヌメリ。 せっかくのリラックスタイムも、 […]

スエードの靴の汚れの正しい洗い方とは?普段のお手入れ方法も解説

スエードの靴、あの独特の質感が素敵ですよね。なんだか温かみを感じる、良い生地だと思います。 でも一つ問題が…… 汚れが付きやすいんですよね。水に濡れればシミになり、使っているとテカテカしてきます。 しかも、スエードってお […]

カーペット・絨毯の自宅でできる洗濯方法とは?染み抜きの方法も解説

みなさん、お家の絨毯・カーペットのお洗濯、していますか? たまにしかしない…掃除機をかけて終わり、という方も多いかもしれません。 でも、それは要注意。掃除機では吸い取れない皮脂汚れや細かいゴミが潜んでいる可能性も。 今回 […]

シールをスルッと剥がしたい時の方法7選!ベタベタ跡にもう悩まない

シールが綺麗に剥がれないことって、ありますよね。 特によくあるのが、紙は取れても、ベタベタが残ってしまった……っていう悲しい事態。 やっぱり、シールなんて貼っていなかったかのような、綺麗な状態にしたいですよね。 そこで今 […]

トイレのお掃除は「クエン酸」で!誰にでもわかる手順写真付き解説!

毎日使うトイレ。 どうしても、汚れはたまっていきます。 トイレを使うたびに、たまった汚れが見えたら、気分も下がってしまいます……。 なんとかして、トイレの汚れを落としたいですよね! でも、どんな洗剤を使えばいいかわからな […]

白さが蘇る!ワイシャツの黄ばみの絶対に落とす方法!それは鍋を使う

徐々に徐々にたまって、いつのまにか目立つ汚れになってしまうワイシャツの黄ばみ。 普通にお洗濯するだけでは、ワイシャツの黄ばみはなかなか落ちません。しかも放っておくと、黄ばみはさらに頑固になっていきます。 実は、ワイシャツ […]

羽毛布団の洗濯はコインランドリーがおすすめ!乾燥時の注意点も解説

  軽くて、柔らかくて、暖かい。 と、良いこと尽くしの羽毛布団は、寒い季節には手放せない寝具の1つ。 でも、なんだか最近、ふんわり感がなくなったような…。 それに、前よりも暖かくないかもしれない…。 なんて感じ […]

敷布団の洗濯はお風呂で踏み洗い!コインランドリーでの洗い方も解説

敷布団なんて洗濯できるはずがない。 そう思いながら生きてきた方が多いのではないでしょうか。 洗剤液に突っ込むことはできたとしても、そこで洗って、さらに干すなんて…確実に生乾きで臭くなる!!と考えるほうが普通ですよね。 し […]

白いスニーカーの汚れを7つのアイテムで真っ白に!お酢が決め手です

白は汚れる! まあ常識ですよね。 ちょっと擦っただけでも灰色が付きますもん。 僕も一時期まっ白なスニーカーで生活してたんですがね、まあすぐ汚して怒られましたとも。   ということで今回は白スニーカー。 汚れが目 […]

鍋の焦げ付きを落とすのは、重曹だけじゃない!5通りの方法を発表!

ちょっと目を離した隙に、鍋の底を焦がしてしまった…なんてこと、ありませんか? 焦げって結構すぐについてしまうので、料理をする人にとっては逃れられない問題ですよね。 そんな焦げの落とし方、実は鍋の種類によって大きく変わって […]

お風呂の掃除に重曹が救世主だったお話。皮脂や汗の汚れに効果抜群!

1日の疲れを癒してくれるお風呂。 湯船にお湯をためて体を温めると、一気にリラックスできますよね。 でも、そんなお風呂が汚れていたら? カビの黒ずみ、白く固まった水あか、床に溜まったヌメリ。 せっかくのリラックスタイムも、 […]

シールをスルッと剥がしたい時の方法7選!ベタベタ跡にもう悩まない

シールが綺麗に剥がれないことって、ありますよね。 特によくあるのが、紙は取れても、ベタベタが残ってしまった……っていう悲しい事態。 やっぱり、シールなんて貼っていなかったかのような、綺麗な状態にしたいですよね。 そこで今 […]

トイレのお掃除は「クエン酸」で!誰にでもわかる手順写真付き解説!

毎日使うトイレ。 どうしても、汚れはたまっていきます。 トイレを使うたびに、たまった汚れが見えたら、気分も下がってしまいます……。 なんとかして、トイレの汚れを落としたいですよね! でも、どんな洗剤を使えばいいかわからな […]

エアコン自分でお掃除vsプロのクリーニング!その違いを実際に検証

  夏と冬に大活躍するエアコン。 使い始め、使い終わりにはきちんと掃除しないと、カビや臭いが発生してしまいます。 最近では、自分でエアコンを掃除するためのグッズなんかも売られているので、手軽に掃除できるのは、嬉 […]

換気扇の掃除用洗剤5選!油汚れに効く家庭用と業務用をそれぞれ紹介

換気扇の掃除を始める時、最初にぶち当たる壁は何でしょうか。 一番多いのは、「どの洗剤を使えば良いのかわからない」ということだと思います。 だってドラッグストアに行けば、洗剤の種類は無限大……。 ましてや、洗剤には家庭用の […]

「エアコンがくさい!?」と感じたら今すぐやるべきたった1つのこと

久しぶりにエアコンをつけてみたら、もわっとした臭い風が部屋いっぱいに広がった。 という経験はありますか? そのエアコンのニオイの原因、何だか知っていますか? たまりにたまったホコリ。 至るところにはびこったカビ。 目に見 […]

電子レンジの掃除は重曹をチン!拭くだけでカビ・油汚れが楽に落ちた

家の電子レンジ、こまめにお掃除していますか? 私は、かれこれ4・5年お掃除していません。 おかげで、電子レンジがちょっと臭いです。 よく使うから、いちいち掃除するのは面倒だ。 そう思ってお掃除をサボり続けた結果、焦げはこ […]

お風呂の鏡のお掃除はどうしよう?なにしよう?「新聞使用」が正解!

毎日使うお風呂。 毎日見るお風呂の鏡。 あなたのお家のお風呂の鏡、自分の姿がはっきり写りますか? 湯気で覆われているように白くくもっていませんか? ここで編集部が20代〜60代の女性100人に行なったアンケートを見てみま […]

お風呂の天井・壁・床のお掃除に、毎日たった3分のカビ予防が効く!

お風呂の天井・壁・床を見渡してみてください。 天井の四隅、壁の下の方、床のパッキンなどに、「カビ」生えていませんか?   今回、編集部では、20代~60代の女性100人に「お風呂の天井、壁、床を見たとき、もっと […]

スエードの靴の汚れの正しい洗い方とは?普段のお手入れ方法も解説

スエードの靴、あの独特の質感が素敵ですよね。なんだか温かみを感じる、良い生地だと思います。 でも一つ問題が…… 汚れが付きやすいんですよね。水に濡れればシミになり、使っているとテカテカしてきます。 しかも、スエードってお […]

カーペット・絨毯の自宅でできる洗濯方法とは?染み抜きの方法も解説

みなさん、お家の絨毯・カーペットのお洗濯、していますか? たまにしかしない…掃除機をかけて終わり、という方も多いかもしれません。 でも、それは要注意。掃除機では吸い取れない皮脂汚れや細かいゴミが潜んでいる可能性も。 今回 […]

白さが蘇る!ワイシャツの黄ばみの絶対に落とす方法!それは鍋を使う

徐々に徐々にたまって、いつのまにか目立つ汚れになってしまうワイシャツの黄ばみ。 普通にお洗濯するだけでは、ワイシャツの黄ばみはなかなか落ちません。しかも放っておくと、黄ばみはさらに頑固になっていきます。 実は、ワイシャツ […]

羽毛布団の洗濯はコインランドリーがおすすめ!乾燥時の注意点も解説

  軽くて、柔らかくて、暖かい。 と、良いこと尽くしの羽毛布団は、寒い季節には手放せない寝具の1つ。 でも、なんだか最近、ふんわり感がなくなったような…。 それに、前よりも暖かくないかもしれない…。 なんて感じ […]

敷布団の洗濯はお風呂で踏み洗い!コインランドリーでの洗い方も解説

敷布団なんて洗濯できるはずがない。 そう思いながら生きてきた方が多いのではないでしょうか。 洗剤液に突っ込むことはできたとしても、そこで洗って、さらに干すなんて…確実に生乾きで臭くなる!!と考えるほうが普通ですよね。 し […]

白いスニーカーの汚れを7つのアイテムで真っ白に!お酢が決め手です

白は汚れる! まあ常識ですよね。 ちょっと擦っただけでも灰色が付きますもん。 僕も一時期まっ白なスニーカーで生活してたんですがね、まあすぐ汚して怒られましたとも。   ということで今回は白スニーカー。 汚れが目 […]

帽子・キャップの型崩れしない洗い方!他とはかぶらない方法で伝授!

帽子って、知らず知らずのうちに汚れや臭いがひどくなってしまいますよね。 特に夏の汗をかく時期。 でも、帽子を自宅で洗うって、あんまりピンとこないかもしれません。 しかし、ここでは帽子・キャップを自宅で型崩れの心配なく洗う […]

毛布は洗濯機で丸ごと洗い!素材にあった4つの洗い方と洗剤も紹介!

冬場は気温が低く、洗濯物も乾きにくいこともあり、なかなか大きな洗濯物はしたくないですよね…。 しかし、毛布に限った話ではありませんが、冬場の寝具もきちんと洗わないと、カビや臭いの原因になってしまいます。 特に寝るときに毛 […]

ニット・セーターの洗濯方法を解説!縮むのを防ぐ洗い方のコツも伝授

ニットやセーターってふわふわしていて、あったかくて、寒い冬には手放せませんよね。 でも、着終わった後は? なんとなく、自分で洗濯すると縮んだり型崩れしたりしてしまうイメージ…。 でも、だからといって毎回着終わった後にクリ […]

ダウンジャケットは洗濯機で手洗い!ふんわり感を決める干し方も紹介

寒いときには手放せませんよね。ダウンジャケット。 でも、走ったり、満員電車に乗ったりと、冬って意外と汗ばむことも多いと思います。 ダウンジャケットって、かさばるし、乾くのにも時間がかかって、あまり洗濯しない。そもそもどう […]

サビの落とし方は削るだけじゃない!ライムや重曹でこするのも有効!

身の周りを見渡してみたら、色んなところでサビを発見してしまった…なんて経験、ありませんか? 例えば家の中に置いてあるスタンドラックにも発生するし、外に置いておいた自転車にもサビはつきやすいもの。 見た目はあまりきれいとは […]

鏡面磨きを職人に頼んだら15年物の革靴が潤いと輝きを取り戻した話

上品に光る、革靴。 思わず目を奪われるくらい、魅力的ですよね。 革靴をまるで鏡のように光らせる鏡面磨きに、憧れのある方も多いはず。 今回は、革靴のお手入れの道なんと20年以上のプロに、鏡面磨きの方法を取材してきました! […]

ファスナー・チャックの不具合は修理できる!リップクリームが使えます!

急いでファスナーを閉めたら動かなくなった……なんて経験、あるんじゃないですか? 『ガチっ』なんて音を出した後、うんともすんとも言わなくなることが結構あるんですよねぇ。   さて、こういうファスナーの故障ですが、 […]

腕時計のお手入れは、ベルトの汚れをほっとけいないから浸けとけい!

学校、仕事、プライベートな時間でもかかせない腕時計。 時間を確認するためのものだけでなく、最近ではファッションアイテムとしても注目を集めていますよね。 しかし、そんなおしゃれアイテムである腕時計、よく見てみると汚れていた […]

鞄のクリーニング・色補修を取材!カビ・シミ・角の傷が消え去った日

みなさん、クローゼットの中に少し汚れていたり、色がはげていたりする鞄はありませんか? そういう鞄って、使う気にもならないし、でも捨てる勇気もなく、ずっと置いたままにしていることが多いと思います。 そのままクローゼットの肥 […]

包丁の研ぎ方は刃の角度がポイント!正しいお手入れで切れ味が復活!

  毎日の料理に欠かせない包丁。 頻繁に使っているのにも関わらず、自分でメンテナンスしている方、どれくらいいるのでしょう。 包丁のメンテナンスとは、「研ぐ」こと。 毎日使っているとわかりにくいかもしれませんが、 […]

ネックレスの修理はチェーン切れがネックです?部品の種類ごとに解説

ネックレスって、ささいなことで簡単に切れてしまうもの。 洋服を脱ぐときにうっかり引っ掛けてしまったり、ネックレスをつけたまま寝て、起きたら切れていた、なんてことも。 特に小さなお子さんがいると、お子さんがネックレスを引っ […]

スニーカーの手入れには中性洗剤!レザー製はブラシとクリームでケア

動きやすさを追求した靴、スニーカー。 それだけでカジュアルな雰囲気に寄せられますし、愛用する方も多いんじゃないですかね?   白なんかは人気の筆頭ですが……そりゃまあ汚れます。 色鮮やかであるほど汚れます。 な […]

靴底のかかとのゴムを、靴修理の職人さんが自然に馴染ませて直した話

気づいたら靴底のかかと部分がすり減っていた……。 ヒールから金属が見えて、歩くとカツカツ音が鳴るようになってしまった……。 そんな経験は、ありませんか? 大切な靴は、かかとが削れてしまっても修理して履き続けたいもの。 で […]

スパイクのお手入れ【野球・サッカー/人工・天然皮革】を完全網羅!

「スパイク」は、スポーツをやられている方なら誰しもが知っているでしょう! ですが、正しいお手入れ方法まで知っている方はどれくらいいますか? スポーツで役立つあの特徴的な靴底に戸惑っている方もいるようです…が、心配はいりま […]

おすすめ特集