合皮の正しいお手入れで経年劣化を防ぐ!革靴も鞄もツヤが蘇るんです

yamachan

更新日:2020年08月18日

皆さんは、合皮(合成皮革)の製品はお持ちですか?本革(天然皮革)に比べて、安価でお手軽に手に入れることができます。ファッションにも、取り入れやすい素材ですよね♪

合皮(合成皮革)は、だけなく、ジャケットソファなど、様々な製品の素材として使用されています。

しかし、合皮(合成皮革)は、本革(天然皮革)ほど長持ちはしないんです…。お気に入りの製品を長く使うためにも、合皮(合成皮革)手入れをやっていきましょう。

何も知らずに自己流のお手入れをしてしまうと、素材を痛めたり変色や変質を起こしてしまう可能性があるんです。

正しいお手入れ方法を学んで、大切に使いましょう。
そこで今回は、合皮(合成皮革)のお手入れ方法を紹介します!

そもそも革とは?

皮革の中にも大きく分けると
本革(天然皮革)
合皮(合成皮革)
この2種類に分けられます。

また、合成皮革にも
・PUレザー
・PVCレザー
この2種類があるんです。

それぞれ違いを説明していきますね!

本革(天然皮革)と合皮(合成皮革)の違い

本革と合皮の違いを、表にまとめてみました。自分の持っている革製品が、どちらなのか、区別する時にも参考にしてくださいね♪

「PVCレザー」と「PUレザー」の違い

合皮(合成皮革)にはPUレザーとPVCレザーの2種類があります。同じ合成皮革でも違いがあるんですね!

最適なお手入れ方法を知るために、それぞれの違いを把握しておきましょう。

合皮(合成皮革)のトラブル

合成皮革を長く使っていると、様々なトラブルが起こってしまいます。

・カビ
・黄ばみ・変色
・ベタつき
・はがれやひび割れ
・傷がつく

これらのトラブルが起きてしまいます。

また、合成皮革を使用する上で、避けては通れないのが加水分解です。
湿度の高い場所で使用することで、水分との化学反応を起こします。すると、表面がベタベタ、ボロボロになるんです…。
この現象は、PUレザーで起こりやすいといわれています。経年劣化の、大きな原因のひとつなんですね。

合成皮革製品は大切に使っていても、経年劣化を避けることはできません。トラブル内容によっては、プロに修理を依頼する必要があります。

トラブルを少しでも減らすためにも、お手入れをして大切に扱いたいですね。次の項目から、合成皮革製品のお手入れ方法について紹介します♪

合成の革靴のお手入れ

合成皮革のお手入れは、本革のお手入れと比較してお手入れが簡単なんです。日常でやって欲しいお手入れと、特別なお手入れ方法に分けて説明しますね♪

日常的にやってほしいお手入れ

ここでは、日常的にやって欲しいお手入れを説明します

用意するもの

・靴用のブラシ(大き目と小さめ)
・水拭き用の布

  手 順  

1. 靴全体のホコリを大き目のブラシで取り除く

靴全体に付いたホコリを、ブラシで取り除きましょう。力を入れずに、一方向にブラシをかけるようにしましょう。こうすることで、ブラシによる傷を防ぐことができます。

2. ソール部分とアッパー部分を、小さめのブラシでブラッシングする

ホコリを取り出しやすいように小さいブラシがオススメです。革靴のソール部分(底の部分)とアッパー部分(底の部分以外)には、ホコリが溜まりやすいんです。溜まったホコリに水分が付くと、カビが繁殖する原因になります。

3. 濡らして固く絞った布で、汚れを取る

タオルや着ないTシャツなどで、汚れを拭き取ります。薄い茶色の革靴などは、水分がシミになる場合があります。そのため、力を入れずに、優しく拭きましょうね。

以上で、日常のお手入れは完了です。しかし、特別なお手入れ方法もあるんです。

・汚れが酷い場合
・傷を消したい、色落ちの補色をしたい、ツヤを出したい場合

このパターンがあるんです。

合成皮革は、靴用クリームを使用する必要がないといわれています。

しかし、合成皮革の革靴も、靴用クリームの使用することをおすすめします。

本革の場合、水分や油分を補給する目的で靴用クリームを使用します。しかし、合成皮革の場合は、見た目を良くする事が目的となります。靴用クリームを使用することで、色落ちの補色をしたり、ツヤを出す効果があるんです。

汚れが酷い場合のお手入れ

日常的にやってほしいお手入れをおこなった後に、以下の手順もやっていきましょう。

用意するもの

・使わない布
・靴クリーナー

おすすめ 商品

商品画像
[エム・モゥブレィ] 革靴用水性汚れ落とし ステインリムーバー

こちらの商品は、水をベースに作られたソフトな靴用汚れ落しです。汚れが落ちやすく、革靴に優しい靴用クリーナーです。汚れが浮き上がり、取れやすくなりますよ♪

1. 靴ひもを外す

靴紐を外しておくことで、お手入れがしやすくなります。クリームなどを使用する場合も、クリームが付着しないように靴紐を外しておきましょう。無理に広げると傷める可能性がありますので、できる範囲で構いません。

2. 靴クリーナーを乾いた布に取る

靴クリーナーを直接靴に付着させると、シミになる原因になるので注意しましょう。

3. 汚れを落としていく

靴の表面を円を描くように、くるくると布を動かしましょう。汚れが落ちやすくなります。

4. 布の綺麗な面を使って、クリーナーを拭きとる

ポイントは、ゆっくりではなく、スピーディーにふき取ることです。こうすることで、ツヤが出やすくなります。

汚れを落としたいだけなら、ここまでで十分です。この時点でも、すごく綺麗になるんです♪

「本革の革靴だったら、靴クリーム必要じゃないの…?」
本革の革靴のお手入れをご存知の方なら、少し不安になっちゃいますよね。

合成皮革は、化学素材でできています。本革と違って、水分や油分を補給しても浸透しないため意味がありません。
そのため、基本的に靴クリームを使用する必要はないんですよ!

傷を消したい、色落ちの補色をしたい、ツヤを出したい場合

革靴に傷がついている、色落ちが気になる場合は、続いて以下の手順もやっていきましょう。

用意するもの

・乳化性色クリーム
・乾いた布

おすすめ 商品

商品画像
[ブートブラック] COLOR SHOE CREAM BBクリーム55

こちらの商品は色付きの乳化性クリームです。柔らかくて、伸びが良いのが特徴です。そのため、クリームの使用量も少量で済むんです。仕上がりもよく、靴磨きが楽しくなりそうですね♪

  手 順  

1. 乾いた布に、乳化性色クリームを取る

黒の革靴には黒のクリーム、茶色の革靴には茶色のクリームを使用しましょう。茶色の革靴などは、靴の色よりも薄い色のクリーム使うことがポイントです。革靴の色より薄いクリームを使わないと、色ムラが起こったり、シミになる可能性があります。

2. クリームを靴の全体に塗る

薄くまんべんなく、均一に塗りましょう。円を描くように塗っていきましょう。ツヤを出したいところや、色が極端に落ちている場所には、小さい円を描くように塗っていきましょう。

3. 余計なクリームを拭き取る

余計なクリームを拭き取ったら完了です。布の面を平らにして、優しくスピーディーに拭くとツヤが出ますよ。

ここまでやると、ピカピカになります!時間があるときには、特別なお手入れもぜひ行いましょう。

鞄(バッグ)のお手入れ方法

毎日使っていくと、どうしても汚れが付いていきます。合成皮革のバッグのお手入れは、ホコリを落とした後に、衣類用中性洗剤でパッティングしましょう。また部分的な汚れには消しゴムもオススメです。

用意するもの

・柔らかい歯ブラシ
・柔らかい布2枚
・衣類用中性洗剤

  手 順  

1. 表面やカバン内部のホコリを取り除く

鞄の中にはホコリが溜まりやすいので、内部までしっかり取り除きましょう。

2. 泥汚れは柔らかい歯ブラシで取り除く

表面を傷つけないように、柔らかい歯ブラシで優しく取り除きましょう。

3. 衣類用洗剤を薄めたぬるま湯に布を浸す

水ではなく、ぬるま湯を使うことで、汚れが落ちやすくなります。

4. カバン表面をパッティングする

浸した布を、鞄の表面を軽く叩くようにパッティングしましょう。この時、こすらないように注意してくださいね。

5. 乾いた布をでパッティングする

乾いた布で軽くパッティングして、表面の水分を取り除きましょう。その後、形を整えて風通しの良い日陰に干しましょう。

以上で鞄のお手入れは、完了です。
もし、部分的な汚れの場合は、消しゴムでこすり取るという方法があります。しかし、劣化の激しい物には不向きです。目立たない場所で試してから使ってみてくださいね。

ソファのお手入れ方法

汚れが付いた状態は劣化を速めてしまいます。使う頻度が少なくても、お手入れは行いましょう♪

用意するもの

・柔らかい布2枚
・衣類用中性洗剤

  手 順  

1. 柔らかい乾いた布で拭き取る
普段のお手入れは乾拭きのみで十分です。汚れが酷い場合は、次の項目に進みましょう。

2. 衣類用中性洗剤を薄めたぬるま湯に、柔らかい布を浸す
布はできるだけ柔らかい素材を選びましょう。布が固いと傷が付きます。

3. 表面をパッティングしながら、表面を拭く
軽く叩くようにして表面をふきとりましょう。

4. 乾燥した布で水分を拭き取る
拭き残しがないように注意しましょう。中性洗剤の水分の拭き残しは劣化の原因になります。

以上で、ソファのお手入れは完了です。
ソファの表面がボロボロとはがれてきた場合には、進行を抑えることができません。そのため、同じ場所に座ることを避けたり、日光の光やエアコンなどの暖房器具が直接当たらないようにしましょう。

財布のお手入れ方法

財布は毎日使うものなので手あかがついて黒ずんでしまいます。男性は特にポケットに財布を入れる方も多いので、汗が染みこんでしまいます。

基本的なお手入れは、カバンやソファと同じように中性洗剤を薄めた布でふき取り、乾いた布で拭き取ります。

そこで、こふとした拍子につけてしまった、ボールペンのインクの取り方を紹介します。

用意するもの

・クレンジングオイル
・カップ
・綿棒
・コットン

  手 順  

1. クレンジングオイルをカップに移す

こぼさないように気をつけてくださいね。

2. 綿棒にクレンジングオイルを浸す

綿棒の綿の部分に、たっぷりと浸しましょう。

3. インクが付いた箇所に、綿棒でクレンジングオイルを塗る

インクが付いた場所の全体に、クレンジングオイルを塗りましょう。

4. コットンで拭き取る

塗ったクレンジングオイルを、優しく拭き取りましょう。

5. 何度かクレンジングオイルを塗り、拭き取る手順を繰り返す

一回で落ちなかった場合は何回か繰り返し行いましょう。ボールペン跡はなくなりましたね♪

以上で、手順は完了です。ボールペンのインクは落ちないと諦める必要はないんですよ!しかし、試す前には必ず色落ちがないか、目立たない場所で確認しましょうね。

ジャケットのお手入れ方法

合皮のジャケットには、水洗いができるものと、できないものがあるんです。

お手入れの方法は異なります。それぞれお手入れ方法は異なりますので、洗濯表示を、必ず確認してくださいね。

水洗いが可能な合成皮革のジャケット

選択表示に手洗いマークがついていたら水洗いが可能になります。

汚れの範囲が小さい場合

汚れの範囲が小さい場合は、以下の手順をやってみましょう!

用意するもの

・柔らかい布

  手 順  

1. 固く絞った柔らかい布で汚れを拭き取る
汚れの部分だけを拭き取りましょう。

2. 陰干しをする
天日干しではなく必ず陰干ししましょう。改めて言いますが、合成皮革に日光はNGです。

汚れの範囲が大きい場合

汚れの範囲が大きい場合は、思い切って洗濯してみましょう!

用意するもの

・衣類用洗剤(おしゃれ着用洗剤)
・洗濯ネット
・柔軟剤

  手 順  

1. ジャケットを裏返しにして、洗濯ネットに入れる
洗濯による余計なダメージを避けるために、必ず裏返しにして洗濯ネットに入れましょう。

2. おしゃれ着用洗剤を投入して、手洗いコースで洗濯する
手洗いコースで洗濯することで、ジャケットを優しく洗い上げます。

3. 脱水したら、柔軟剤を使う
20秒程度の脱水をしたら、柔軟剤を投入しましょう。色合いを損なうことなく、綺麗に仕上がります。

4. 陰干しをする
ジャケットを干すときには、裏返しにしたままハンガーにかけましょう。

面倒だからといって、乾燥機は使わないでくださいね。型崩れをおこし、ジャケットを傷つけてしまいます。

水洗いができない合成皮革のジャケット

水洗いができない合成皮革のジャケットは、鞄のお手入れと同じやり方で、汚れを落としましょう。
ポイントは、中性洗剤が残らないように、繰り返し拭くことです。

特別なお手入れ

上の項目でも説明しましたが、合成皮革のトラブルは基本的には自分ではどうすることもできません。高度な技術を持つ職人さんに、修理を依頼するしか方法がないんです…。

しかし、合成皮革に付いたカビなら、自分で取り除くことができるかもしれません!
そこで今回は、重曹クエン酸を使ったカビの取り方を紹介します。

用意するもの

・重曹
・クエン酸
・オリーブオイル
・乾いた布

  手 順  

1. 重曹水を作る
水100 mlに対して、小さじ1の重曹を加えて重曹水を作りましょう。

2. 重曹水を浸した布を使って、カビを拭き取る
乾いた布に重曹水を浸して、合成皮革製品のカビを優しく拭き取りましょう。

3. クエン酸とオリーブオイルを1:1の割合で混ぜ合わせる
重曹水で拭いただけだと、油分が取れてしまい、表面が白っぽくなります。それを防ぐためにクエン酸とオリーブオイルを使用しましょう。

4. 合成皮革製品にまんべんなく塗り込む
混ぜ合わせたものを、布に浸して塗り込みましょう。

5. 表面に残った油分を拭き取る
油分が残らないように、乾いた布でふき取りましょう。油分が残ってしまうと、カビが繁殖する原因になってしまいます。

カビが取れない場合は、カビ取りクリーナーを使用するのもおすすめです。革製品に使用することができますが、確認をしてから使用してくださいね。

おすすめ 商品

商品画像
カビ取り&クリーナー

こちらの商品は、革製品全般に使用できます。少量を布に含ませて、軽く叩くようにカビを取りましょう。ひどいカビも、少量を取って拭くだけで簡単に取れる優れものです♪

合成皮革製品にやってはいけない事

お手入れをしたつもりなのに、逆効果だった…ということがないようにしたいですよね。

ここでは、合成皮革製品にやってはいけない事を説明します。

揮発性有機溶剤で拭く

汚れを取るために、ベンジンシンナーなどを使用しないでください。表面の変質や劣化が起こります。

汚れた状態で放置する

汚れを放置しておくと、カビや雑菌が発生します。すると表面にカビが繁殖したり、においが付きやすくなります。

水を使って丸洗いする

先ほども説明したように、水洗いが出来る製品もあります。しかし、ほとんどの合成皮革の製品は、丸洗いができません。水分が浸透した状態を、長時間作る事は基本的にNGです。裏地などにカビが繁殖し、変形などの可能性もあるんです。

直射日光にあてる

直射日光に当てると、日焼けが発生し、変色が起きます。

高温の場所に保管する・乾燥機を使用する

高温による表面劣化や、変形の可能性があります。

ほかの素材と密着させる

ほかの素材と一緒に合皮をおいておくと、素材によっては色移りする可能性があります。

結構多いですよね…。何となくやってませんでしたか?少しでも長く使うために、NG行為は避けましょう。

長く使用するために

本革と比較して合成皮革は経年劣化が早いんです。ここでは合成皮革を長持ちさせるために、気を付けたいことを紹介します。

汗や水分、油分を極力付着させないようにする

使う上で、まったく汗や油分を付着させないことはできません。
付着したらすぐに、乾いた布で拭き取りましょう。

レザークリームやレザーオイル・クリームを使用する

レザークリームを使用することで、合皮の表面を傷める事なく、汚れのみを取り除くことができます。また、レザーオイルやクリームを使うことで、ツヤ出しや防水機能がアップします。

おすすめ 商品

商品画像
[ラナパー] Renapur(ラナパー) レザートリートメント 100ml 03

こちらの商品は、ビーズワックス(みつろう)、ホホバオイルといった天然の素材のみを使用しています。ほかのトリートメント剤のようなツーンとする嫌な臭いがしません。撥水性・カビが生えにくくなるなど、少量使うだけで、驚くほどきれいに革をよみがえらせます。

通気性の良い場所に保管する

通気性の良い場所に保管することで、カビや雑菌の繁殖を防ぐことができます。
ジャケットなどは定期的に陰干しをするとようにしましょう。

一般的に合成皮革の寿命は3~5年だといわれています。合成皮革の表面がはがれてきたりした場合は、プロによる修理も前向きに検討してくださいね。

まとめ

今回は、合成皮革のお手入れ方法を紹介しました。
きちんとお手入れする事で、長く使う事ができるんですね♪

合成皮革のお手入れのポイントは、汚れが付いたらすぐに拭き取ることです。

日頃からメンテナンスを行って、お気に入りの合成皮革の製品を大切にしましょう。
合成皮革のお手入れを行うときに、参考にしてもらえたら嬉しいです♪

大切なモノをお持ちの方へ
職人さんに
修理を依頼しませんか?
大切にしていたカバンが色あせた、毎日履いた靴の靴底が擦れてきた...でも自分で修理するのは難しい、そもそも直せるのかな?と考えていませんか?
ユアマイスター』 では、写真を撮って送るだけで、最大3人の職人さんから48時間以内に見積もりが届きます。もう買い換えるしかないと諦めた大切なモノもまた使えるようになります。見積もりは無料なので、ぜひお気軽にご依頼ください。

関連記事

NEWスコッチグレイン靴修理|ソール・かかと・履き口リペア事例が大集合

「Made in Japanという品質」 伝統にこだわり進化を続ける靴ブランド、スコッチグレイン。 東京オリンピックの年に下町で生まれたスコッチグレインは、ヨーロッパ各国から取り寄せた良質な革と日本の技術にこだわりを持っ […]

靴の修理がすべてわかる!ソールもヒールも中敷きも美しく直す職人技

大切な一足を持っていますか? 靴は、外へ出かけるときに欠かせない相棒。 革、スエード、エナメル、布、ゴム……。 素材やデザインが豊富で、おしゃれを楽しくしてくれます。 革靴やスニーカーが好きで集めている、という方も多いと […]

革靴の洗い方を解説!臭いの落とし方と普段の手入れ方法とは?

革靴ってすーぐ臭い付きません?足の臭いに加えて革独特の(なめし剤みたいな)アレも相まって、夏場とかもう……。 ブーツを履く機会が増える冬なんかも、臭いが気になる人も多いんじゃないですか?   いっそ丸洗いしたい、なんて思 […]

黒くなった上履きが真っ白に!3分でわかる簡単にできる洗い方とは?

お子さんが毎日履く、上履き。 学校や幼稚園・保育園で元気に過ごしていると、とっても汚れてしまうものですよね。 でも、よし、ピカピカに白くするぞ!と思って洗っても、なかなか取れないのが上履きの汚れ。 ごしごし根気よくこすっ […]

ランキング

エアコン掃除を自分で行う方法を解説!内部のカビはプロが徹底除去!

夏が始まり、エアコンをつけると…カビ臭い。 臭いだけでなく、カビを含んだ空気を吸って健康に悪影響が出てしまうのは嫌ですよね。 そこで必要なのは、エアコンのお掃除! エアコンを分解し、カビやホコリを取り除くことで、空気を綺 […]

アルカリ電解水は何がすごいの?掃除の効果・使い方・注意点を大公開

  毎日のようにしているお掃除。 お風呂のカビやトイレなどに洗剤をシュシュっとしますよね。 でも、冷蔵庫内や電子レンジ、食器棚などは食べ物を扱うのであまり洗剤を使いたくない…。 小さなお子さんやペットがいるご家 […]

洗濯マグちゃんを使ってみた!洗剤なしでシミ落ち・部屋干し臭もゼロ

  洗濯マグちゃん。 なんだかかわいらしいこの名前、みなさん知ってますか? 洗濯マグちゃん、洗濯マグちゃん…。 思わず口に出したくなってしまう語感の良さですが。 どこかの町のゆるキャラ?企業のPRマスコット? […]

【鏡面磨き】あなたの手で革靴が蘇る!職人のみ知るコツでピカピカに

上品に光る、革靴。 思わず目を奪われるくらい、魅力的ですよね。 革靴をまるで鏡のように光らせる鏡面磨きに、憧れのある方も多いはず。 今回は、革靴のお手入れの道なんと20年以上のプロに、鏡面磨きの方法を取材してきました! […]

オキシクリーンの使い方を大公開!オキシ漬けで家中の汚れを一網打尽

  コストコ発祥の超万能洗剤「オキシクリーン」。皆さんは使ったことがありますか? オキシクリーンとは海外でも大人気の万能クリーナー。なんと酸素の力で汚れを落としてくれる優れものです! 最近ではSNSで「オキシ漬 […]

カバン修理|革・グッチ|バッグの内袋も直す職人の神ワザを徹底取材

みなさんの家にも、1つくらいありませんか? 傷が入ったり、糸がほつれたりして傷んだカバン。 久しぶりに使おうと思って取り出してみたら、劣化してしまっていたカバン。 このまま使うのもみっともないし、捨てちゃおうかな……。 […]

洗濯機はお掃除クリーナーでカビ取り!月イチ槽洗浄でキレイを保とう

洗濯機から出した洗濯物に、なんだか黒いぴろぴろしたものがついている……! なんてことありませんか? それ、ワカメではありません。洗濯機の洗濯槽についてしまった、カビです。 カビがついた洗濯槽でお洗濯をしていると思うと、ぞ […]

「茂木和哉」という洗剤を使わない方がいい3つの理由

私と「茂木和哉」の出会いは、ある穏やかな春の日、 突然に。 他の洗剤とは一線を画した茶一色のシブいパッケージ。 余計な説明は、何もない。 一目見た瞬間から今までのデザインとも一線を画す そのシンプルさに私は心を惹かれてし […]

【お風呂掃除総まとめ】浴槽・鏡など、6箇所の水垢とカビを完全除去

  お風呂掃除で気になる汚れといえば、「カビ」と「水垢」ではないでしょうか? ユアマイスタイル編集部では、全国の主婦のみなさん100人にアンケートを取り、お風呂掃除の悩みについて聞いてみました! なんと87%の […]

ウタマロクリーナーの使い方まとめ!家中9ヶ所のお掃除方法大公開!

  今主婦の間で大絶賛の洗剤、それがウタマロクリーナーです! 一度見たら忘れられない独特なフォルムと緑のボトル。 どこにでも使える万能性。 最近ではSNSでも話題になっています! でも、実際に使ってみないと真実 […]

換気扇を年末に大掃除!重曹であっという間にピカピカに

料理をするたびに汚れがたまる、換気扇。 普段は意識しませんが、いざ開けてみると、油やホコリにギョッとしてしまうことも…。 換気扇は、目に見えない内部に汚れが溜まっているので、分解してお掃除しなければなりません。 面倒だか […]

エアコンクリーニングは自分で行う?プロに頼む?実際に対決してみた

夏と冬に大活躍するエアコン。 使い始め、使い終わりにはきちんと掃除しないと、カビや臭いが発生してしまいます。 最近では、自分でエアコンを掃除するためのグッズなんかも売られているので、手軽に掃除できるのは、嬉しいですよね。 […]

ベッドクリーニングを頼んだらマットレスから10年の汚れが流れ出た

念願であったマットレスのクリーニングを頼んでみました! 今回、マットレスクリーニングをお願いしたのは、「あらうや」の平(ひら)さん。 上の写真の、セミダブルのマットレスをクリーニングしてもらいました。 毎日、家族で寝てい […]

風呂釜掃除はつけおきで簡単!プロの洗浄は専用機械で汚れがゴッソリ

湯船に浸かって、1日の疲れを癒す。 お風呂の時間は、最高のリラックスタイムですよね。 そんな、つかの間の休息を演出してくれるのがそう、風呂釜。 意外と知られていないですが、お掃除していない風呂釜には汚れがたまっています。 […]

洗濯機はお掃除クリーナーでカビ取り!月イチ槽洗浄でキレイを保とう

洗濯機から出した洗濯物に、なんだか黒いぴろぴろしたものがついている……! なんてことありませんか? それ、ワカメではありません。洗濯機の洗濯槽についてしまった、カビです。 カビがついた洗濯槽でお洗濯をしていると思うと、ぞ […]

布製ソファーの染み抜きは重曹と中性洗剤!油汚れはベンジンが効果的

突然ですが、自分で洗えるものってなんでしょうね。 服! まぁ、王道ですよね。 靴! 最近の洗濯機はものによっては靴も洗えるみたいで…優秀ですよね。 では、逆に自分で洗えないものは? 布団? サイズは大きいですが、実は自分 […]

エアコンの臭いはホコリ・カビ・雑菌!全てを除去するお掃除方法とは

久しぶりにエアコンをつけてみたら、もわっとした臭い風が部屋いっぱいに広がった。 という経験はありますか? 本当に気分が悪いですよね。そのニオイ、今すぐ取り除きましょう! 実はエアコンのニオイの原因とニオイを取り除くたった […]

車内清掃は家にある道具でかんたんキレイ!頑固な汚れはプロに依頼!

  車ってすごい発明品です。 ドライブしたり、音楽を聴いたり、コーヒーを飲んだり、ホットドッグを食べたり。まるで動くリビングのようです。 とっても居心地のいい車ですが、ちゃんと車内の清掃をしている人ってなかなか […]

トイレのタンクを掃除して黒カビを退治!臭いの元からシャットダウン

お家のトイレのタンク、開けたことありますか? 冷蔵庫のように、頻繁に開ける場所ではありませんよね。1年開けてない、なんて方もいるのではないでしょうか。 ですが、トイレのタンクは非常に汚れが溜まりやすい場所です。もし何ヶ月 […]

お風呂の頑固なカビには片栗粉×漂白剤!プロおすすめ予防法もご紹介

スポンジでゴシゴシしても落ちない…。 落としたつもりでも何日かたつと復活している…。 このように、お風呂のカビで悩んだことはありますか? ここで編集部が20代〜60代の女性100人に行なったアンケートを見てみましょう。 […]

ジャケットの洗濯方法を解説!素材別の洗い方でシワや型くずれを防ぐ

  ご家庭に1着はあるであろうジャケット。 最近では、フォーマルなものからカジュアルなものまで様々なタイプが出ており、オシャレには欠かせなアイテムになっています。 でも、どうやってメンテナンスしていいのか、どう […]

コインランドリーで布団を洗濯する前に見ないと損するコツと注意点!

毎晩、コップ1杯分の汗をかいている私たちを包み込んでくれる布団。 きちんとお手入れしないと菌の温床になりかねません。 でも布団のお手入れ方法って? 干すだけしかないよね…なんて言っている皆さんは要注意。 実は、布団は洗濯 […]

振袖のたたみ方を手順写真つきで解説!帯や草履のお手入れも忘れずに

憧れの晴れ着、振袖。 成人式のときに振袖を着る女性はとても多いですよね。 また、成人式だけでなく、結婚式の花嫁さんが着たり、結婚式に参列する人が着たりもする、特別な礼装です。 大切な振袖だから、シワにならないようにきちん […]

コートのクリーニングの相場は?ラクにお得に頼むなら宅配がおすすめ

  焼肉にいったらコートに臭いがついてしまった…。 もう暖かくなってきたから、気なくなったコートをクリーニングに出したい。 でも、コートのクリーニング代って高そう。ちゃんと汚れが落ちるの?家で洗った […]

ダウンジャケットは家で洗濯してクリーニングに出すコストもダウン!

寒いときには手放せませんよね。ダウンジャケット。 でも、走ったり、満員電車に乗ったりと、冬って意外と汗ばむことも多いと思います。 ダウンジャケットって、かさばるし、乾くのにも時間がかかって、あまり洗濯しない。そもそもどう […]

ぬいぐるみの洗い方完全版!初心者でも絶対ふんわり仕上げる方法とは

ぬいぐるみを集めるの大好きなひとー!はーい! わたしは大好きです。にこにこしていて、ふわふわのぬいぐるみ。お部屋にあるだけで、なごみますよね。 では、1つ質問です。 そんな、かわいいぬいぐるみたち、お洗濯していますか?し […]

長襦袢と帯の洗濯は縮みに注意。ちなみに言うと桐箱GOODで霧NG

長襦袢(ながじゅばん)は、素肌に直接着るものですから、汗汚れやニオイが気になりますよね。 頻繁に着物を着るようなら、長襦袢まで毎回クリーニングに出していたら出費がかさんで大変です。自分で洗えたらいのにな、なんて思いません […]

毛布は洗濯機で洗う!手洗い・コインランドリーの手順も合わせて紹介

冬場は気温が低く、洗濯物が乾きにくいこともあり、なかなか大きな洗濯物はしたくないですよね…。 しかし、毛布に限った話ではありませんが、冬場の寝具もきちんと洗わないと、カビや臭いの原因になってしまいます。 それに加え、人は […]

スーツのカビを自宅でキレイに!クリーニングに出す前にすべきこと!

「スーツにカビが生えている」 「スーツがカビ臭い」 そんな時、皆さんはどのように処置していますか? 慌ててクリーニングに出す前に、自分でできることもあるんです。 今回は、スーツのカビ取り方法とその防止策も合わせて紹介して […]

コートを洗濯する方法を全種類ごとに解説!自宅の洗濯機でも洗える?

冬の時期に手放せないもの第1位ではないでしょうか?コート。 頻繁に洗濯するものではないものの、やはり毎日着ていると汚れや匂いも気になってきますよね。 また、忘年会、新年会シーズンでお酒やタバコの匂いがついてしまうことも多 […]

カバン修理|革・グッチ|バッグの内袋も直す職人の神ワザを徹底取材

みなさんの家にも、1つくらいありませんか? 傷が入ったり、糸がほつれたりして傷んだカバン。 久しぶりに使おうと思って取り出してみたら、劣化してしまっていたカバン。 このまま使うのもみっともないし、捨てちゃおうかな……。 […]

ヒール巻き交換でめくれも剥がれも修理!職人技で後ろ姿に圧倒的自信

普段から履いているパンプス。勝負服用の高めのヒール靴。 足を綺麗に見せてくれたり、ちょっと自信を持たせてくれたりする、女性のファッションには欠かせないヒールですが…ふと見たら、ヒール部分の革がめくれていたり、剥がれていた […]

ネックレスの修理はチェーン切れがネックです?部品の種類ごとに解説

ネックレスって、ささいなことで簡単に切れてしまうもの。 洋服を脱ぐときにうっかり引っ掛けてしまったり、ネックレスをつけたまま寝て、起きたら切れていた、なんてことも。 特に小さなお子さんがいると、お子さんがネックレスを引っ […]

エルメス・グッチ・Diorのブランドバッグ修理は二子玉川美靴工房

HERMES(エルメス)のバーキン・ケリーをはじめ、GUCCI(グッチ)、CHANEL(シャネル)、LOUIS VUITTON(ルイ・ヴィトン)……大切にしている鞄や財布はずっと綺麗に使いたい。 誰もが思うそんな想いに応 […]

シャネルのバッグ・財布修理|レザー、内袋、取手リペア事例が大集合

  女性の永遠の憧れ、シャネル。 「古い価値観にとらわれない女性像」をブランドのポリシーに、バッグや靴、化粧品、香水などを、幅広く展開しています。 個性的でおしゃれなデザインで、女性から愛され続けてきたシャネル […]

グッチのバッグ・財布・靴修理|レザー、内袋、取手リペア事例が集結

  とっても大切な、グッチのバッグや財布、靴。 どれだけ丁寧に扱っていても、壊れてしまうことってありますよね。 長く使っていると素材が変質したり、穴があいてしまったり…。 自分で修理しようとすると、せっかくのデ […]

リーガル靴修理|ソール・かかと・つま先ビフォーアフターが完全集結

  日本を代表する靴ブランドであるリーガル。 100年以上にも渡りグッドイヤー・ウェルト製法を貫き、日本人の足にフィットするものをと、木型からこだわっています。 ビジネスシーンの足元の定番ではないかと思うくらい […]

革靴のオールソール交換!靴底の張り替えの匠の技で厚み・美しさ倍増

  靴の、底。 履いているうちに、必ず削れてきてしまう部分ですね。 擦り切れて穴が開いてしまった…… 削れ過ぎて、見た目が悪くなってしまった…… など、靴底の状態が悪くなってしまった靴は、ありませんか? そんな […]

ルイヴィトンバッグ・財布修理|レザー、内袋、取手リペア事例が集結

  ショルダーベルトが切れてしまった。 ファスナーが壊れた。 シミがついてしまった。 そんなブランド品はありませんか? 切れた部分やシミは、修理の職人さんの技術で、元の姿に戻すことができます。 その仕上がりは、 […]

鞄クリーニングの職人の世界を追う!カビ・シミ・色落ちの実例を発見

みなさん、クローゼットの中に少し汚れていたり、色がはげていたりする鞄はありませんか? そういう鞄って、使う気にもならないし、でも捨てる勇気もなく、ずっと置いたままにしていることが多いと思います。 そのままクローゼットの肥 […]

おすすめ特集

大切なモノをお持ちの方へ
職人さんに
修理を依頼しませんか?
大切にしていたカバンが色あせた、毎日履いた靴の靴底が擦れてきた...でも自分で修理するのは難しい、そもそも直せるのかな?と考えていませんか?
ユアマイスター』 では、写真を撮って送るだけで、最大3人の職人さんから48時間以内に見積もりが届きます。もう買い換えるしかないと諦めた大切なモノもまた使えるようになります。見積もりは無料なので、ぜひお気軽にご依頼ください。

お住まいの地域から選ぶ