HOME
更新日 :2023年10月20日

ラムレザーの手入れは面倒臭い!?自分で簡単にきれいにする方法とは

この記事をシェアする FaceBook X LINE Pinterest

レザージャケットによく使われているラムレザー。憧れてラムレザーのジャケットを買ったはいいものの、どうお手入れすればいいのかよくわからない…。そんな方も多いのではないでしょうか。もしくは「ラムレザーのお手入れは面倒くさい」と、初めからラムレザーを買うことを躊躇している方もいるかもしれません。実はラムレザーのお手入れは意外と簡単!今回はラムレザーをお手入れする簡単な方法をご紹介したいます!

本記事内ではアフィリエイト広告を利用しています

ラムレザーとは

まずはラムレザーというものがどういうものなのかをご紹介。ラムレザーとは日本語にすると「羊革」。生後1年以内の子羊の革をラムレザーと呼びます。

ジャケットやコートに使われていることが多く、革が柔らかいのが特徴。牛革のような固い革を伸ばして着る必要がありません。

ちなみに値段の話をすると、ラムレザーは1〜3万円程度、牛革になると5万円程から、中には10万円を超えるものもあります。人口合皮を卒業して、本革のジャケットが欲しいと思っている方には、ラムレザーはちょうどいい価格帯ですね。

ラムレザーの天敵

ラムレザーの天敵は、湿気シワ。もともとの革が柔らかいので、牛革のように革を柔らかくする作業が必要なく、その2つさえ気をつけていれば大丈夫です。

経年劣化のシワはたしかに味になるのですが、型崩れをしてできてしまったシワはかっこ悪いですよね。シワを伸ばすのもお手入れの1つです。

また湿気もラムレザーの天敵です。湿気があると、ジャケットにカビが生えてしまいます…。実際に冬になってレザージャケットを着ようとしたらカビが生えてしまっていたという経験をお持ちの方もいるのではないでしょうか。

今回は、この2つを予防するためのお手入れ方法をそれぞれご紹介していきます!

ラムレザーのお手入れ方法【シワ編】

まずは「シワ」のお手入れ方法からご紹介!「着る前」「シーズン中」「シーズン後」の3つの段階に分けてご紹介します!

着る前にやること

着る前にやることは特にないです。まあ、着る前ですしね。

シーズン中にやるお手入れ

ラムレザーのシワが気になったら、アイロンでシワを伸ばしましょう。やり方は単純。シワの上に布を当て、ドライヤーを低温のドライで押すようにアイロンをするだけ。

「低温」「押すように」がポイントです!低温にする理由は、革が伸びてしまわないように。押すようにアイロンするの理由も同じ。スチームアイロンも革が伸びてしまうおそれがあるので、NGですよ。

オフシーズン(保管)中にやるお手入れ

保管中もシワをつけないようにするためには、なるべく厚手のハンガーにかけることです。長期間保管しておく間に型崩れしてしまってはショックですよね。そうならないためにもハンガーにはこだわってください!

ラムレザーのお手入れ方法【湿気編】

次は湿気対策をご紹介。こちらも簡単に対策ができますよ。

着る前にやること

着る前には防水スプレーをするのがいいでしょう。

防水スプレーは、直接振りかけるのではなく、先に空気中にシュッとスプレーしてからそこにくぐらせるイメージで、スプレーしてあげるとちょうどいいです。あまり振りかけすぎると革の変色の原因になってしまいますからね。

ちなみにおすすめの防水スプレーがこちら。
[raw]

おすすめ [PR]

商品画像
[エムモゥブレイ] M.MOWBRAY M.モゥブレィ ナッパケア

こちらは革専用の防水スプレー。また、防水するだけではなく、栄養も補給できるので、これ1つで潤いも与えることができます。

シーズン中にやるお手入れ

毎日のお手入れは、特に必要はありません。

えっ、と思われるかもしれませんが、毎日お手入れする必要がないのは楽ですよね。ただ次の2つの場合はお手入れが必要です。その2つの場合とは、ラムレザーが、雨に濡れてしまったときと、乾燥してしまったとき。そのやり方について詳しく説明していきますね。

雨に濡れてしまったとき

雨の日に濡れてしまったら、タオル等で拭いておくなど普通なことをしていればOKです。そのとき注意するのは、ごしごしと拭くのではなく、タオルを押すようにしてい水気を取ることです。

またカビの栄養分となってしまう汚れや誇りをできるだけ取り除き、保管することも大切です。

次にミンクオイルで油分を補充する方法をご紹介します!

   手 順  

1. ミンクオイルを少量取る

本当に少しで大丈夫です。指にちょこんとつけましょう。

2. うすーく伸ばす

うすーく伸ばしていきます。ムラが無いように、かつ塗りすぎないように。

3. 1日おいたあとに、余ったミンクオイルを拭き取る

十分レザーに染み込んで、余った油分は拭き取りましょう。

いかかでしたか?ラムレザー の普段の手入れはこれだけでいいのですよ。簡単ですよね。

オフシーズン(保管)中にやるお手入れ

クローゼットに入れっぱなしにしておくと、湿気によってカビが生えてしまいます、それを防ぐために、定期的にクローゼット湿気を取り除いたり、普段から風通しの良い場所で保管するようにしましょう。

ちなみにおすすめの除湿剤がこちら。
<[raw]

おすすめ [PR]

商品画像
NOKOKADO 乾燥剤 衣類 湿気取り クローゼット 防かび部屋 除湿 本体繰り返し使える 2枚入り

見た目も可愛い、吊るして使うタイプの除湿剤です。傘型の本体の中に、除湿ビーズを入れて使用するタイプで、除湿ビーズが減ってきたら追加もできます。吊るして使うタイプなので床の場所を取らず、床面積の小さいクローゼットにもピッタリです。

もし革ジャンを丸ごと洗いたい!となったら…?

目立つ汚れがついてしまった…そんなときは、革ジャンごと洗ってしまいましょう。革ジャンって自分で洗えるの!?と驚く方もいるかもしれませんが、こちらも意外と簡単に洗えます。

詳しい洗い方は、こちらの記事をご覧ください!シャンプーリンスが大活躍をします!

あわせて読みたい

革ジャンを自宅で洗濯する方法とは?カビ落としにはシャンプーとリンスが活躍!

まとめ

ラムレザーのお手入れは意外と簡単だということがわかっていただけたのではないでしょうか。高級感があってカッコいいラムレザー 。これを機に、お手入れも簡単なラムレザーを購入してみてはいかかですか?

※本記事の内容は、本記事作成時の編集部の調査結果に基づくものです。
※本記事に掲載する一部の画像はイメージです。
※本記事の内容の真実性・確実性・実現可能性等については、ご自身で判断してださい。本記事に起因して生じた損失や損害について、編集部は一切責任を負いません。
※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がYOURMYSTAR STYLEに還元されることがあります。
※本記事のコンテンツの一部は、アマゾンジャパン合同会社またはその関連会社により提供されたものです。これらのコンテンツは「現状有姿」で提供されており、随時変更または削除される場合があります。


大切なモノをお持ちの方へ
職人さんに修理を依頼しませんか?
大切にしていたカバンが色あせた、毎日履いた靴の靴底が擦れてきた...でも自分で修理するのは難しい、そもそも直せるのかな?と考えていませんか?
ユアマイスター』 では、写真を撮って送るだけで、最大3人の職人さんから48時間以内に見積もりが届きます。もう買い換えるしかないと諦めた大切なモノもまた使えるようになります。見積もりは無料なので、ぜひお気軽にご依頼ください。
見積もり依頼実績
10,000件以上

お住まいの地域から選ぶ