5Rで、地球を守り暮らしを豊かに!今すぐ使えるコツをたっぷり紹介

5Rは地球を守り、暮らしを豊かにする秘訣!?環境保全のために、とても大事なアクションだと注目されてる5R。実は5Rは、毎日の生活を心地よくするカギにもなります。今回は、この5Rをくわしく解説していきます。

YOURMYSTAR STYLE編集部

更新日:2019年10月21日

日本人はモノを大切にできているのでしょうか?

突然すみません。
ですが、お知らせしなければならない、ごみの焼却量についての驚くべきデータがあるのです。

(出典:OECD.Stat

日本のごみの焼却量は、なんと、世界1位
OECDによると、「日本は、年間におおよそ4,000万トンのごみを焼却している」という調査結果が出ました。
4,000万トンって言われても、ちょっとわかりづらいですよね。

サイで例えてみます。

サイ(クロサイ)は一般的に1トンです。
ということは、あのサイが4,000万頭分ということになります。
どれほどの大群になるのでしょうか…半端ないですね。

焼却量が多いということは、その分リサイクルなどが行われていないということにもなります。

そこで、日本を変えるための大事な解決策が「5R」です!!

もしかすると、「3R」であれば聞いたことがあるという方も多いかもしれませんね。
3Rも、モノを生かし、ゴミを減らすという行動です。

5Rは、その3Rの強化版というイメージです。

実は私は、現在スウェーデン在住。
スウェーデンのゴミ分別文化に影響され、ものすごく細かくゴミの分別をしています。
本当に細かいので、最初の方はちょっと苦労していました。

でも、そんな生活をしている中で、地球の環境を守ることにちょっとでも貢献していると思うと、幸せな気持ちが芽生えてきました。
そんな小さな幸せを感じながら、日々生活しています。

今回は、そんな5Rの凄さや大切さ、実践するよさについて紹介します。

5Rとは、「モノを大切にする気持ち」

そもそも5Rとは、何なのか。
まずはざっと説明してみます。

5Rとは、地球へのやさしさを行動で示せる5つのアクションです。
環境を守るためにも、とっても大切。
英語にすると、5つとも頭文字がRなので、5Rと呼ばれています。

大切なモノを大切にする5つのR

そろそろ気になる5つのRは、それぞれ

REFUSE(ことわる / 拒否する)
REDUCE(へらす / 削減する)
REUSE(まだつかう / 再使用する)
REPAIR(なおす / 修理する)
RECYCLE(またつかう / 再利用する)

です。

すべて、「モノを大切にする気持ち」さえあれば、何も難しいことはありません。

REFUSE(ことわる / 拒否する)
そもそもいらないモノ、大切と思えそうにないモノは、断りましょう。
ゴミになってしまうモノを、生み出さないようにするのです。

REDUCE(へらす / 削減する)
使い捨てのモノを使うのは、やめましょう。
モノを買うときには、出るゴミが少なくなるモノを選びましょう。
どうしても出てしまうゴミを、なるべく減らすのです。

REUSE(まだつかう / 再使用する)
一度使い終わってもまだ使えるモノは、くりかえし使いましょう。
カンタンにゴミにしないようにするのです。

REPAIR(なおす / 修理する)
壊れてしまったモノは、修理して使いましょう。
ゴミになってしまうまでの時間を、なるべく長くするのです。

RECYCLE(またつかう / 再利用する)
役目を終えたモノ、いらなくなったモノは資源として回収してもらいましょう。
姿かたちを変えて、再び使えるようにするのです。

 

この5Rを日々の生活の中で行うことで、いくつものすてきな効果があるのです!
それは、単にゴミを減らして、地球の環境を改善することだけではありません。
お気に入りのモノに囲まれて暮らす、自分の生活を心地よくする、カギになります。

 

そんなことを頭におきながら、5Rの1つ1つについて詳しくお伝えしていきたいと思います。
知ったらすぐに実践できる具体例も紹介します。
ぜひ、参考にしてみてください!

それでは、見ていきましょう。

 

REFUSE「ことわる」

REFUSEは、「いらないモノはもらわない」という考え方です。

日常生活で、私たちはさまざまなモノをもらいます。
それが、大切な人からのすてきな贈り物なら、とてもうれしいですよね。

でも、ときには、いらないモノを仕方なくもらってしまうなんてこともありませんか?
そんな、自分にとって不必要なものは勇気を出して断りましょう。

REFUSEの例
・レジ袋を断る
・チラシを断る
・無料のモノを断る

REFUSEを実践することで、そもそも、ゴミとなってしまう悲しい運命を背負うモノを生み出さずに済みます。
大切と思えるかを軸に、もらうモノを取捨するということで、REFUSEは5Rの中で1stアクションになります。

レジ袋を断る

お買い物をするたびにもらうレジ袋。
レジ袋を断ることによって資源を守り、ごみを減らすことに繋がります。

最近では、レジ袋の廃棄も増え、自然が汚染されることもしばしば。
そもそものもらう量を減らすことで、レジ袋を作る際に使われる原料の無駄遣いを減らすこともできます。

代わりに「お買い物袋を持ち歩く」のがおすすめ。
最近は、デザイン性の高いお買い物袋も見られるようになりました。
お気に入りが見つかると、持っているのが楽しくなりそうですね。

 

チラシを断る

街頭で配っているチラシも、断ることで、紙のごみが出ることを防ぐことができます。
紙の原料である木材や植物などを伐採する量を減らすことにも繋がります。

とはいえ、ついついもらってしまったら……。
そのままゴミ箱に直行させるのも、なんだかもったいないですよね。

折り紙に使うのがおすすめです。
紙のゴミ箱の作り方を覚えていると、臨時のゴミ箱としても、ちょっとした小物入れとしても、使えます。
お役に立つこと間違いなしです。

おっと、どちらかといえばこれは、このあとのあとに紹介するREUSEの考え方ですね。

 

無料のモノを断る

店頭に置いてあるのサンプルやフリーペーパー。
無料だからともらったモノも、結局は使わずに捨ててしまうことって多いですよね。
本当に興味のあるモノ以外は、断ってみるのもひとつの手段です。

 

地球の資源は有限です。
このように、REFUSE「ことわる」は、いらないモノをきっぱりと断ることで、そのモノを作るための資源を守ることができます。
さらに、そのモノが捨てられることによる環境の汚染を防ぐことができるのです。

 

REDUCE「へらす」

REDUCEは、「ゴミそのものを減らしていく」という考え方です。

いくら気を配っていても、どうしても出てしまうのがゴミというもの。
それでも、さまざまな工夫をすることで、ゴミの量をなるべく最小限に抑えることができます。

なんだか、先ほどのREFUSE(ことわる)と同じなのでは?と感じませんか?
たしかに似ていますが、少し違います。

REFUSEは、与えられるモノを断るという発想でした。
REDUCEは、自分から積極的にゴミを減らしにいく行動なのです。

REDUCEの例
・包装が少ない商品を買う
・同じような服は買わない
・買い物前に、冷蔵庫を確認
・長く使えるものを選ぶ

少しの意識でゴミを減らすことができるのです。
最後に出てしまうゴミの量を考え、手に入れるモノを選択するということで、REDUCEは5Rでは2ndアクションとなります。

 包装が少ない商品を買う

スーパーマーケットに行くと、多くの商品がビニール袋で過剰に包装されているのを目にします。
それらのビニール袋は、開けた後すぐに捨てることになりますよね。
自分から、包装が少ないものを選ぶことで、ゴミをできる限り少なくすることができるのです。

 

同じようなものは買わない

たとえば服を購入するときに、「いいな。ほしい!」と思っても、一瞬ふっと止まってみましょう。
その時、「あ。同じような服、何着もある。」ということを思い出したら、その服を買うのを考え直すことをおすすめします。

衝動買いをする前に、少しだけ考えてみると無駄な買い物を抑えることができます。

 

買い物前に冷蔵庫の確認を

「あ、玉ねぎあった……」

こんな風に、同じ食材が冷蔵庫にあるのに、再び買ってしまった経験はありませんか?
その日の買い物をする前に一度、確認してみてください。
食べ物を買いすぎてしまうことを防ぎます!

 

長く使えるモノを選ぶ

いつもの買い物で、ついつい安くて質の低いモノを買っていませんか?

そういうものに限って、すぐに壊れてしまい、新しいモノを買わなくてはなりません。
いわゆる、「安物買いの銭失い」です。
これは、ゴミを増やすことにも繋がってしまいます。

そんな悲劇を防ぐために、なるべく高い品質のモノを見極めて買うようにしましょう。
買う時は高く感じても、長い目で見れば安くすむはずです。
あまりにも高価なモノを買う必要はないですけどね……。

 

このように、REDUCE「へらす」とは、できる限りごみの量が少なくなるようなモノを使っていくことが大切なポイントになってきます。
割りばしや紙の食器などの使い捨てのモノは使わず、繰り返し使えるモノを選ぶこともその1つ。
さらに、本当に自分がほしいモノだけを買い、いらないモノは買わないこと。
無駄な出費を抑え、家計を支える大きな力になります。

 

REUSE「まだつかう」

これは、「まだ使えるモノはまだ使う」という考え方です。
一度使い切ったからといって捨てることなく、何度もくりかえし使うという発想です。

REDUCEやREFUSEは、モノが増えるときに気を付けることでした。
でも、REUSEは、今あるものを形を変えずにくりかえし使い続けることで、全体のごみになる量を減らしていくというものです。

使えそうなものは、すぐに捨てるのではなく、再び使ってみてください。
そうすれば、さらに無駄なモノを買わずに済みます。
そして、環境を守ることにもつながります。

REUSEの例
・詰め替え式ボトルを使う
・フリーマーケットを活用する
・本を売る

今まで使っていたものを、もとの状態のままで再び役立たせるというものです。
このように、REUSEはモノをゴミにせずさらに使うので、3rdアクションとなります。

詰め替え式ボトルを使う

シャンプーや洗剤などをはじめに買うときに、詰め替え式のものを選ぶようにしましよう。
そうすれば、ボトルをいちいち買い替える必要がなくなります。

最近では、ほとんどのメーカーが、ボトル詰め替えタイプを販売しています。
これらのタイプは、ボトルよりも安く購入できるので、節約にもなりますよ。

 

フリーマーケットを活用する

いらなくなったものは必要な人に譲ることも、資源を節約し、ゴミを減らす手段のひとつ。
まだ使うことができても、いらないモノもあります。

フリーマーケットでもらい手を探すことは良い手です。
逆に、フリーマーケットを利用して、自分の欲しいモノを見つければ、安価に買うことができるだけでなく、環境を良くすることもできます。

最近では、インターネットやスマホのアプリでもフリーマーケットを利用でき、非常に便利です。
これを機に試してみてはいかかでしょうか……!

 

本を売る / 古本を買う

本を売ることで、古本として新たに他の人の手に渡ります。
また、古本を買うことで、本の価値をつなぐことができます。
本を購入する際のコストを削減することもできて、一石二鳥。

全体的に、いらないモノが必要な人の手に渡るという良い流れができます。

 

このように、REUSE「へらす」とは、いままで使っていたものを何度も、繰り返し使うことです。
包装紙や段ボールを整理整頓する道具として使うこともREUSEのひとつですね。
とにかく、意識して行えば、新たに生み出される資源の消費を防ぐことができるのです。

 

REPAIR「なおす」

REPAIRは、文字通り、「壊れてしまったモノは直して使う」という発想です。

ほんの少しの損傷で、モノを捨ててしまうことはありませんか?
それでは、正直もったいないです。
多くのモノが修理することによって新品のように生まれ変わります。

REPAIRの例
・靴を修理する
・カバンを修理する
・洋服を修繕する

つまり、REPAIRは、使っているものをすぐに捨てず、直して使っていくという考え方になります。
捨ててしまうことなくモノを修理するという点で、REPAIRは4thアクションとなります。

靴を修理する

靴底がはがれた!
かかとがすり減ってしまった!
表面に傷がついてしまった!

これはすべて修理することができます。

靴が壊れてしまったとき、新しい靴に買い替えようと思う方も少なくないはずです。
でも、何かの記念に贈ってもらった靴や、今はもう売っていない靴には、新品以上の価値がありますよね。

大切な靴なら、少し壊れてしまったからと言って、諦めてしまったり、すぐに捨ててしまったりするのはもったいないです。
修理をして、もっと長くもっと大切に使っていきましょう。

かかとゴム修理 ハーフソール修理
靴修理の職人さんが靴底のかかとのゴムを、自然に馴染ませて直した話 靴修理の職人がハーフソールを交換!コバが削れる前に補強で長く履く
クリーニング・色補修 靴磨き
靴クリーニング・色補修で蘇る!シミ・傷・色落ちをなかったことに! 靴磨きのコツを大公開!職人だけが知る革靴のお手入れ方法を徹底取材

 

カバンを修理する

カバンにカビが生えてしまった!
角が擦れて色が落ちてしまった!

そんな経験はありますか?

傷や汚れたついていて使う気にならないから、新しい鞄を買おう。
だなんて、正直、もったいない選択です。

かばんも修理やクリーニングすることによって、長く大切に使うことができます。
プロなら、修理したとわからないくらいに綺麗な仕上がりになります。
諦めてしまう前に、一度、検討してみてください!

内袋交換 クリーニング・色補修
カバン修理の職人が内袋を交換!ベタベタなグッチのバッグが完全復活 鞄のクリーニング・色補修を取材!カビ・シミ・角の傷が消え去った日

 

洋服を修繕する

洋服も破損したから諦めるのではなく、修理することで再び着られるようになります。
ちょっとしたほつれや、破け、虫食いなど、少しの損傷は自ら直せば、まだ使うことができます。
家で眠っている、裁縫道具を引っ張り出してみましょう。

 

 

このように、REPAIR「なおす」とは、大切なモノをいつまでも大切に使い続けることで、買い替える際に生まれるごみを減らします。
この考え方は、多くのモノに応用することができます。
身近なものを修理して、大切に使ってみてください!!

小さな傷や破損は、いわゆるDIYで何とかすることができるでしょう。
でも、中には自分で直すことは難しい、大きな傷やシミ、汚れが目立つ場合もあります。

そんな時は、プロに任せてみるのはどうですか?
お気に入りのグッズを、プロの技術で新品さながらのクオリティにしてみるのも、ひとつの手です!

そして、気が付けば、自分の相棒とも呼べるかけがえのないモノが増えていきますよ。

 

RECYCLE「またつかう」

RECYCLEは、使えなくなってしまったものをそのまま捨てるのではなく、「素材や資源としてもう一度利用する」というものです。

この考え方は、上の4つの考え方とは異なっています。
ゴミを分別して、使えるゴミを再び利用していくという考え方なのです。

RECYCLEは、REUSEと何が違うのか?と感じる人もいると思います。

REUSEは、そのままの形で繰り返し使うという考え方でした。
一方でRECYCLEは、形を変え、全く違うモノにして利用していきます。

そのままにして使うか、変形させるのか。
という点で、異なった行動であることがわかりますね。

RECYCLEの例
・古紙を使用したトイレットペーパーの使用
・ペットボトル
・携帯電話を回収

今までとは全く別の形に変えることで、素材の無駄遣いを減らすことができます。
いらなくなったモノがどのようにして、変化していくのか知っていると、分別やリサイクルが面白くなってきますよ!

モノを資源としてさらに利用するという点で、RECYCLEは、最後の5thアクションになります。

古紙を使用したトイレットペーパーの使用

実は、トイレットペーパーには古紙を再利用することで、作り出されているものも多いです。
古紙を利用したトイレットペーパーを使うことで、リサイクルが促進されていきます。

そのような、リサイクルをしっかりとしているトイレットペーパーを選ぶことは、環境の保全にも繋がります。

 

ペットボトル

ペットボトルは、リサイクルされるとさまざまなモノに姿を変えます。

例えば、
・洋服などの繊維やクリアファイルのようなプラスチック商品
・卵のパックなどのシート
に様変わりするのです!

そのため、ペットボトルはしっかりと分別することが大切です。
面倒だから、瓶や缶と一緒に捨ててしまうのは良くありません。

ペットボトル用の回収ボックスにしっかりと投入しましょう!

 

携帯電話

携帯電話の中には、鉱物など再利用することができる資源があります。
意外に思われるかもしれませんが、携帯やスマホには金も含まれています。

リサイクルをすることで、これらの鉱物資源をたくさん使うことを食い止めることができます。
各モバイル会社で回収サービスを行っているので、チェックしてみてください。

 

これらのほかに、缶やビン、車、電化製品、自転車、生ごみもリサイクルとして役立っています。

このように、RECYCLE「またつかう」をすることによって、使い道がないと思われるものも、新しく暮らしに必要なモノの原料になることができるのです!
そしてそういった商品を使うことや、捨てるモノをしっかりと分別することで、リサイクル活動は進んでいきます。

 

さて、ここまで、5Rとは何なのかについて説明してきました。
5Rという活動は、ゴミの発生を抑え、無駄なものへのお金の消費を抑えます。
そして、大切なモノを大切にする、暮らしをさらに豊かにする考え方なのです。

 

ゴミを無駄にしない国 ~Sweden~

さて、少し角度を変えて、世界に目を向けてみましょう。
世界の国には、リサイクルを通じて、ごみとなって使えなくなってしまうものを減らしている国があります。

それがスウェーデンという国。

冒頭でもちょろっと触れましたが、私は現在スウェーデンに在住してします。
そのため、間近に、この国のリサイクルの凄さを感じているのです。

特に

・ごみの分別
・ごみを無駄にしない技術

の2点が、とびきりすごい。

果たして、何がそこまですごいのでしょうか?
少しですが、紹介していきます。

ごみの分別

スウェーデンでは、ごみは9つに分別されています。

・ 金属
・ プラスチック包装
・ 着色ガラス
・ 無着色ガラス
・ 新聞紙・雑誌
・ 紙包装
・ 生ごみ
・ 一般ごみ
・ 有害物質を発するゴミ(電子機器や化学薬品など)

このような、細かい分別がスウェーデンでのリサイクル革命を起こす要因となっています。

 

ゴミを無駄にしない技術

スウェーデンでは、ゴミがゴミとして処理される割合は1%以下と言われています。
つまり、99%のゴミが何らかの形で有効活用されているのです。

この中のおおよそ50%は、熱を作り出したり、エネルギーを生み出したりするのに使われています。
生み出された熱やエネルギーは、発達したシステムにより家庭に届けられています。

そして、もう半分の割合は、リサイクルで占められています。
先ほど説明した細かい分別がリサイクルを促進しています。

例えば、ゴミから生産されるバイオガスを利用したバスが市内を走っています。
また、商品を生産する側は、リサイクルをするための責任を負っています。
使い終わったものを回収するのも義務となっているのです!

 

このような、発達したシステムや技術から、EUの他国はゴミをスウェーデンに輸出しています。

スウェーデンという国は、ゴミをゴミとして扱うのではなく、新たなエネルギーや製品を作り出しているのですね。

 

まとめ

このように、5Rという考え方や行動は、ゴミの発生を防ぎ、暮らしを豊かにしてくれます。
そして、1人1人が5Rを意識すれば、地球全体の環境を守ることに繋がるのです。

はじめに紹介した通り、日本のゴミ問題は深刻です。
この状況を変えるためには、しっかりと当事者としての意識や責任を持つことが大事です。

世界には、スウェーデンのようにゴミを限りなく0%に近い割合にしている国もあります!

皆さんも、5Rを手本に、ゴミに対する意識を変えてみませんか?

関連記事

NEWスマホの掃除で絶対やってはいけないこと5選&正しいやり方を解説!

毎日欠かさず使うスマートフォン。 一日に何度も触ることでしょう。 触る機会が多いということは、汚れが気になりやすいということ。 きれいなスマホを使い続けたいですよね。 そこで、今回はスマホの掃除の正しいやりかたをまとめま […]

NEWクローゼットの臭いの原因は湿気やホコリ!換気と掃除で中の服を守る

「なんだろう…クローゼットの中が臭い。」 クローゼットを開けた時に、嫌な臭いがした経験はありませんか? 普段は扉を閉め切っているので、どうしても臭いがこもりがちに。クローゼットが臭いと、収納している服にも臭いが染み付いて […]

NEW床に落ちた髪の毛の掃除ってどうするの?掃除機かけてコロコロするの

毎日お掃除をしているのに、気づくと色んな所に落ちている「髪の毛」。 皆さんは、髪の毛が1日に抜ける本数をご存知ですか? 個人差はありますが、日本人が1日に抜ける髪の毛の量は平均で100本前後だと言われています。 髪の毛は […]

オキシクリーンでお風呂の床も浴槽も丸洗い!結局オキシ漬けが最強説

最強洗剤オキシクリーン。 掃除好きな方なら知っている方も多いのではないのでしょうか? オキシクリーンは、様々なところに使える上にその洗浄力が話題になっている洗剤なのですよ! 今回は、そんなオキシクリーンを使ったお風呂掃除 […]

ランキング

エアコン掃除を自分で行う方法を解説!内部のカビはプロが徹底除去!

夏が始まり、エアコンをつけると…カビ臭い。 臭いだけでなく、カビを含んだ空気を吸って健康に悪影響が出てしまうのは嫌ですよね。 そこで必要なのは、エアコンのお掃除! エアコンを分解し、カビやホコリを取り除くことで、空気を綺 […]

アルカリ電解水は何がすごいの?掃除の効果・使い方・注意点を大公開

  毎日のようにしているお掃除。 お風呂のカビやトイレなどに洗剤をシュシュっとしますよね。 でも、冷蔵庫内や電子レンジ、食器棚などは食べ物を扱うのであまり洗剤を使いたくない…。 小さなお子さんやペットがいるご家 […]

洗濯マグちゃんを使ってみた!洗剤なしでシミ落ち・部屋干し臭もゼロ

  洗濯マグちゃん。 なんだかかわいらしいこの名前、みなさん知ってますか? 洗濯マグちゃん、洗濯マグちゃん…。 思わず口に出したくなってしまう語感の良さですが。 どこかの町のゆるキャラ?企業のPRマスコット? […]

【鏡面磨き】あなたの手で革靴が蘇る!職人のみ知るコツでピカピカに

上品に光る、革靴。 思わず目を奪われるくらい、魅力的ですよね。 革靴をまるで鏡のように光らせる鏡面磨きに、憧れのある方も多いはず。 今回は、革靴のお手入れの道なんと20年以上のプロに、鏡面磨きの方法を取材してきました! […]

オキシクリーンの使い方を大公開!オキシ漬けで家中の汚れを一網打尽

  コストコ発祥の超万能洗剤「オキシクリーン」。皆さんは使ったことがありますか? オキシクリーンとは海外でも大人気の万能クリーナー。なんと酸素の力で汚れを落としてくれる優れものです! 最近ではSNSで「オキシ漬 […]

カバン修理|革・グッチ|バッグの内袋も直す職人の神ワザを徹底取材

みなさんの家にも、1つくらいありませんか? 傷が入ったり、糸がほつれたりして傷んだカバン。 久しぶりに使おうと思って取り出してみたら、劣化してしまっていたカバン。 このまま使うのもみっともないし、捨てちゃおうかな……。 […]

洗濯機はお掃除クリーナーでカビ取り!月イチ槽洗浄でキレイを保とう

洗濯機から出した洗濯物に、なんだか黒いぴろぴろしたものがついている……! なんてことありませんか? それ、ワカメではありません。洗濯機の洗濯槽についてしまった、カビです。 カビがついた洗濯槽でお洗濯をしていると思うと、ぞ […]

「茂木和哉」という洗剤を使わない方がいい3つの理由

私と「茂木和哉」の出会いは、ある穏やかな春の日、 突然に。 他の洗剤とは一線を画した茶一色のシブいパッケージ。 余計な説明は、何もない。 一目見た瞬間から今までのデザインとも一線を画す そのシンプルさに私は心を惹かれてし […]

【お風呂掃除総まとめ】浴槽・鏡など、6箇所の水垢とカビを完全除去

  お風呂掃除で気になる汚れといえば、「カビ」と「水垢」ではないでしょうか? ユアマイスタイル編集部では、全国の主婦のみなさん100人にアンケートを取り、お風呂掃除の悩みについて聞いてみました! なんと87%の […]

ウタマロクリーナーの使い方まとめ!家中9ヶ所のお掃除方法大公開!

  今主婦の間で大絶賛の洗剤、それがウタマロクリーナーです! 一度見たら忘れられない独特なフォルムと緑のボトル。 どこにでも使える万能性。 最近ではSNSでも話題になっています! でも、実際に使ってみないと真実 […]

換気扇を年末に大掃除!重曹であっという間にピカピカに

料理をするたびに汚れがたまる、換気扇。 普段は意識しませんが、いざ開けてみると、油やホコリにギョッとしてしまうことも…。 換気扇は、目に見えない内部に汚れが溜まっているので、分解してお掃除しなければなりません。 面倒だか […]

エアコンクリーニングは自分で行う?プロに頼む?実際に対決してみた

夏と冬に大活躍するエアコン。 使い始め、使い終わりにはきちんと掃除しないと、カビや臭いが発生してしまいます。 最近では、自分でエアコンを掃除するためのグッズなんかも売られているので、手軽に掃除できるのは、嬉しいですよね。 […]

ベッドクリーニングを頼んだらマットレスから10年の汚れが流れ出た

念願であったマットレスのクリーニングを頼んでみました! 今回、マットレスクリーニングをお願いしたのは、「あらうや」の平(ひら)さん。 上の写真の、セミダブルのマットレスをクリーニングしてもらいました。 毎日、家族で寝てい […]

風呂釜掃除はつけおきで簡単!プロの洗浄は専用機械で汚れがゴッソリ

湯船に浸かって、1日の疲れを癒す。 お風呂の時間は、最高のリラックスタイムですよね。 そんな、つかの間の休息を演出してくれるのがそう、風呂釜。 意外と知られていないですが、お掃除していない風呂釜には汚れがたまっています。 […]

洗濯機はお掃除クリーナーでカビ取り!月イチ槽洗浄でキレイを保とう

洗濯機から出した洗濯物に、なんだか黒いぴろぴろしたものがついている……! なんてことありませんか? それ、ワカメではありません。洗濯機の洗濯槽についてしまった、カビです。 カビがついた洗濯槽でお洗濯をしていると思うと、ぞ […]

布製ソファーの染み抜きは重曹と中性洗剤!油汚れはベンジンが効果的

突然ですが、自分で洗えるものってなんでしょうね。 服! まぁ、王道ですよね。 靴! 最近の洗濯機はものによっては靴も洗えるみたいで…優秀ですよね。 では、逆に自分で洗えないものは? 布団? サイズは大きいですが、実は自分 […]

エアコンの臭いはホコリ・カビ・雑菌!全てを除去するお掃除方法とは

久しぶりにエアコンをつけてみたら、もわっとした臭い風が部屋いっぱいに広がった。 という経験はありますか? 本当に気分が悪いですよね。そのニオイ、今すぐ取り除きましょう! 実はエアコンのニオイの原因とニオイを取り除くたった […]

車内清掃は家にある道具でかんたんキレイ!頑固な汚れはプロに依頼!

  車ってすごい発明品です。 ドライブしたり、音楽を聴いたり、コーヒーを飲んだり、ホットドッグを食べたり。まるで動くリビングのようです。 とっても居心地のいい車ですが、ちゃんと車内の清掃をしている人ってなかなか […]

トイレのタンクを掃除して黒カビを退治!臭いの元からシャットダウン

お家のトイレのタンク、開けたことありますか? 冷蔵庫のように、頻繁に開ける場所ではありませんよね。1年開けてない、なんて方もいるのではないでしょうか。 ですが、トイレのタンクは非常に汚れが溜まりやすい場所です。もし何ヶ月 […]

お風呂の頑固なカビには片栗粉×漂白剤!プロおすすめ予防法もご紹介

スポンジでゴシゴシしても落ちない…。 落としたつもりでも何日かたつと復活している…。 このように、お風呂のカビで悩んだことはありますか? ここで編集部が20代〜60代の女性100人に行なったアンケートを見てみましょう。 […]

ジャケットの洗濯方法を解説!素材別の洗い方でシワや型くずれを防ぐ

  ご家庭に1着はあるであろうジャケット。 最近では、フォーマルなものからカジュアルなものまで様々なタイプが出ており、オシャレには欠かせなアイテムになっています。 でも、どうやってメンテナンスしていいのか、どう […]

コインランドリーで布団を洗濯する前に見ないと損するコツと注意点!

毎晩、コップ1杯分の汗をかいている私たちを包み込んでくれる布団。 きちんとお手入れしないと菌の温床になりかねません。 でも布団のお手入れ方法って? 干すだけしかないよね…なんて言っている皆さんは要注意。 実は、布団は洗濯 […]

振袖のたたみ方を手順写真つきで解説!帯や草履のお手入れも忘れずに

憧れの晴れ着、振袖。 成人式のときに振袖を着る女性はとても多いですよね。 また、成人式だけでなく、結婚式の花嫁さんが着たり、結婚式に参列する人が着たりもする、特別な礼装です。 大切な振袖だから、シワにならないようにきちん […]

コートのクリーニングの相場は?ラクにお得に頼むなら宅配がおすすめ

  焼肉にいったらコートに臭いがついてしまった…。 もう暖かくなってきたから、気なくなったコートをクリーニングに出したい。 でも、コートのクリーニング代って高そう。ちゃんと汚れが落ちるの?家で洗った […]

ダウンジャケットは家で洗濯してクリーニングに出すコストもダウン!

寒いときには手放せませんよね。ダウンジャケット。 でも、走ったり、満員電車に乗ったりと、冬って意外と汗ばむことも多いと思います。 ダウンジャケットって、かさばるし、乾くのにも時間がかかって、あまり洗濯しない。そもそもどう […]

ぬいぐるみの洗い方完全版!初心者でも絶対ふんわり仕上げる方法とは

ぬいぐるみを集めるの大好きなひとー!はーい! わたしは大好きです。にこにこしていて、ふわふわのぬいぐるみ。お部屋にあるだけで、なごみますよね。 では、1つ質問です。 そんな、かわいいぬいぐるみたち、お洗濯していますか?し […]

長襦袢と帯の洗濯は縮みに注意。ちなみに言うと桐箱GOODで霧NG

長襦袢(ながじゅばん)は、素肌に直接着るものですから、汗汚れやニオイが気になりますよね。 頻繁に着物を着るようなら、長襦袢まで毎回クリーニングに出していたら出費がかさんで大変です。自分で洗えたらいのにな、なんて思いません […]

毛布は洗濯機で洗う!手洗い・コインランドリーの手順も合わせて紹介

冬場は気温が低く、洗濯物が乾きにくいこともあり、なかなか大きな洗濯物はしたくないですよね…。 しかし、毛布に限った話ではありませんが、冬場の寝具もきちんと洗わないと、カビや臭いの原因になってしまいます。 それに加え、人は […]

スーツのカビを自宅でキレイに!クリーニングに出す前にすべきこと!

「スーツにカビが生えている」 「スーツがカビ臭い」 そんな時、皆さんはどのように処置していますか? 慌ててクリーニングに出す前に、自分でできることもあるんです。 今回は、スーツのカビ取り方法とその防止策も合わせて紹介して […]

コートを洗濯する方法を全種類ごとに解説!自宅の洗濯機でも洗える?

冬の時期に手放せないもの第1位ではないでしょうか?コート。 頻繁に洗濯するものではないものの、やはり毎日着ていると汚れや匂いも気になってきますよね。 また、忘年会、新年会シーズンでお酒やタバコの匂いがついてしまうことも多 […]

カバン修理|革・グッチ|バッグの内袋も直す職人の神ワザを徹底取材

みなさんの家にも、1つくらいありませんか? 傷が入ったり、糸がほつれたりして傷んだカバン。 久しぶりに使おうと思って取り出してみたら、劣化してしまっていたカバン。 このまま使うのもみっともないし、捨てちゃおうかな……。 […]

ヒール巻き交換でめくれも剥がれも修理!職人技で後ろ姿に圧倒的自信

普段から履いているパンプス。勝負服用の高めのヒール靴。 足を綺麗に見せてくれたり、ちょっと自信を持たせてくれたりする、女性のファッションには欠かせないヒールですが…ふと見たら、ヒール部分の革がめくれていたり、剥がれていた […]

ネックレスの修理はチェーン切れがネックです?部品の種類ごとに解説

ネックレスって、ささいなことで簡単に切れてしまうもの。 洋服を脱ぐときにうっかり引っ掛けてしまったり、ネックレスをつけたまま寝て、起きたら切れていた、なんてことも。 特に小さなお子さんがいると、お子さんがネックレスを引っ […]

エルメス・グッチ・Diorのブランドバッグ修理は二子玉川美靴工房

HERMES(エルメス)のバーキン・ケリーをはじめ、GUCCI(グッチ)、CHANEL(シャネル)、LOUIS VUITTON(ルイ・ヴィトン)……大切にしている鞄や財布はずっと綺麗に使いたい。 誰もが思うそんな想いに応 […]

シャネルのバッグ・財布修理|レザー、内袋、取手リペア事例が大集合

  女性の永遠の憧れ、シャネル。 「古い価値観にとらわれない女性像」をブランドのポリシーに、バッグや靴、化粧品、香水などを、幅広く展開しています。 個性的でおしゃれなデザインで、女性から愛され続けてきたシャネル […]

グッチのバッグ・財布・靴修理|レザー、内袋、取手リペア事例が集結

  とっても大切な、グッチのバッグや財布、靴。 どれだけ丁寧に扱っていても、壊れてしまうことってありますよね。 長く使っていると素材が変質したり、穴があいてしまったり…。 自分で修理しようとすると、せっかくのデ […]

リーガル靴修理|ソール・かかと・つま先ビフォーアフターが完全集結

  日本を代表する靴ブランドであるリーガル。 100年以上にも渡りグッドイヤー・ウェルト製法を貫き、日本人の足にフィットするものをと、木型からこだわっています。 ビジネスシーンの足元の定番ではないかと思うくらい […]

革靴のオールソール交換!靴底の張り替えの匠の技で厚み・美しさ倍増

  靴の、底。 履いているうちに、必ず削れてきてしまう部分ですね。 擦り切れて穴が開いてしまった…… 削れ過ぎて、見た目が悪くなってしまった…… など、靴底の状態が悪くなってしまった靴は、ありませんか? そんな […]

ルイヴィトンバッグ・財布修理|レザー、内袋、取手リペア事例が集結

  ショルダーベルトが切れてしまった。 ファスナーが壊れた。 シミがついてしまった。 そんなブランド品はありませんか? 切れた部分やシミは、修理の職人さんの技術で、元の姿に戻すことができます。 その仕上がりは、 […]

鞄クリーニングの職人の世界を追う!カビ・シミ・色落ちの実例を発見

みなさん、クローゼットの中に少し汚れていたり、色がはげていたりする鞄はありませんか? そういう鞄って、使う気にもならないし、でも捨てる勇気もなく、ずっと置いたままにしていることが多いと思います。 そのままクローゼットの肥 […]