亀の子スポンジで食器洗いを楽に!本当は教えたくない優秀なアイテム

修也山城

更新日:2020年05月26日

亀の子スポンジって知っていますか?

亀の子を洗うスポンジ?私亀好きだよ!

そんな声が聞こえてきましたが、全く違いますよ。(笑)

実は亀の子スポンジは、食器用のスポンジなんです!

これ、おすすめですよ。

そこで今回はそんな亀の子スポンジについて徹底的に解説していきます!

亀の子スポンジの秘密

実は亀の子スポンジは、亀の子束子(たわし)のシリーズ商品として発売されたものなんです。

亀の子束子は亀の子束子西尾商店という老舗の会社が作っている商品。

明治40年に創業されて以来100年以上もの間たわしを作ってきたそうです。

そんな歴史のある会社が2015年に発売したのが亀の子スポンジ!

今では定番商品として定着しつつあります。

これが知られざる亀の子スポンジの秘密です。

亀の子スポンジの特徴

そんな亀の子スポンジには一体どんな特徴があるのでしょうか。

大きく分けて下の二つがあります。

・使いやすい
・約二か月間の抗菌

まず、なんといっても使いやすいんです。

見てもらえるとわかると思いますが、一般的なスポンジに比べて小さいです。

手が小さい方もかんたんに使えるので嬉しいですね!

また、スポンジ自体の目が粗いので水切れ泡立ちも良くなるそうです。

さらに、スポンジ自体に銀イオンが含まれているので磨くことによって抗菌もしてくれます。

それがなんと約二か月間も続くというので驚きですね!

亀の子スポンジの抗菌作用

しかし抗菌と言われても、パッとしないですよね。

そこで、何がいいのかを具体的にご説明しましょう!

そもそも抗菌とは、読んで字のごとく「菌」の増殖に「抗う」作用のこと。

イヤ~なヌメヌメや、カビなどの繁殖を抑えてくれます。

亀の子スポンジにはそんな抗菌剤が全体に練り込まれています。

以前は片面にしか塗られていなかったそうですよ?

そんな改良の成果もあって、抗菌効果は前製品の約6倍

ただのスポンジとは訳が違いますね。

どうして抗菌作用が優れているの?

そんな抗菌作用の秘密は銀イオン

パッケージにも書かれていた「Ag」とは元素記号の「銀」を表してます。

まな板や抗菌スプレーなどでも目にする表示ですね。

銀イオンは以下の3点に優れた抗菌成分。
・安全性
・抗菌性
・持続性

ではどんな働きをしているのかも見てみましょう。

・銀イオンの働き

諸説ありますが、ここでは一般的な説でその働きをご紹介。

銀イオンには菌の細胞に働きかけ、うまく機能させないようにする作用があります。

これにより、菌は正しく増えることができなくなり、繁殖が抑えられるのです。

人間にも有害そうに見えますが、ご安心を。

実は食品添加物として認められるほど安全な物質なんです。(さすがに大量に摂取すれば危険ですけどね!)

世界保健機構(WHO)が人体への影響はないと定義していることからも、安全性が伺えますね。

また先程もお話した通り、亀の子スポンジにはこの銀イオン系抗菌剤が全体に練り込まれています。

これが亀の子スポンジの抗菌作用が優れている理由ですね。

他のスポンジ商品と比べてみよう!

それでは、他のスポンジと比べてどう優れているのかも見ていきましょう。

・交換期間
スポンジの交換期間を気にしたことはありますか?

ボロボロになるまで使い倒してから捨てている方が多そうですね。

実は、スポンジの理想的な交換サイクルは2~3週間程度

意外と短いんです。

内部で菌が繁殖しやすいスポンジは、形はキレイでも中身は不衛生なもの。

その点、亀の子スポンジは全体的に抗菌剤が練り込まれているので安心です♪

先ほど書いた通り、効果の持続する二ヶ月先まで安心して使い倒すことができますよ。

・コストパフォーマンス
いわゆる「コスパ」というやつですね。

先程の衛生面を考えると、100円のスポンジを使っていたとしても月に200円。

亀の子スポンジと同じ2ヶ月に揃えると、およそ400円かかります。

では亀の子スポンジはと言うと、お値段330円!70円もお得なんです。

1年で計算すると、その差なんと420円!!

どんどんお得になるのが分かりますね♪

他にも安いスポンジはたくさんありますが、ここまで衛生的に使えるスポンジはそうありませんよ。

亀の子スポンジのデザイン

亀の子スポンジを語る上で欠かせないのが、そのデザイン。

シンプルであることが特徴です。

色もいろいろあるので好みの亀の子スポンジを選ぶことができます。

・イエロー
・ホワイト
・グレー

の三色が基本なんですが、なんと直営店にはオレンジ色もあるそう。

しかも、春夏秋冬それぞれの限定色もあるらしい…。

気になりますね。

亀の子スポンジの詳細

百聞は一見に如かずということで、続いては亀の子スポンジを実際に使います。

・持った時
・洗剤を付けた時

の2つの動作から見ていきますね。

触り心地は、いつも使っているスポンジに比べてザラザラした感じがします。

目が粗いからでしょうか。大きさに関しては小さく持ちやすいです!

次に実際に洗剤を付けて泡立ててみます。

目が粗いから泡立ちにくいのかなと思いきや、しっかり泡立ちました!

泡立ちの良さって、スポンジを使う上で重要な要素の一つですよね。

何事も見た目で判断してはいけないということです。(笑)

亀の子スポンジの販売場所

亀の子スポンジのすごさを見て実際に欲しくなりましたよね?

でも、どこにでも売っているわけではないので販売場所について説明していきます!

亀の子スポンジは、

・亀の子束子直営店
・ロフトなどの取扱店
・公式オンラインショップ

でしか販売していません。

詳しくは公式サイトに載っているのでぜひご覧下さい。

公式サイト:https://www.kamenoko-tawashi.co.jp/kamenoko-sponge

そのほかの場所は正規のルートではないので、注意してくださいね!

亀の子スポンジのまとめ

いかがでしたか?

亀の子スポンジは長い歴史のある亀の子束子のシリーズとして発売された商品でした。

かんたんに使えて、きれいに落としてくれます。

さらに、抗菌までしてくれるなんてもうたまりませんね。

亀の子スポンジで食器洗いが楽しくなりそうです♪