カーテンのカビは洗濯機で簡単きれい!早めの対処でレースも真っ白に

よっすん

更新日:2020年07月15日

カーテンにぽつぽつとついた黒いカビ。

お部屋の印象を大きく左右するカーテンだから、カビがついていると気分もどんよりしちゃいますよね。
また、カビはアレルギーの原因にもなります。
健康のためにもカビとは一緒に暮らしたくないものですよね。

でもカビの存在に気づいたら、すぐにきれいにしないと、どんどんお掃除が大変になってしまいます。
ということで、「そのカビ、もう手遅れです!」となる前に、すっきり取ってしまいましょう♪

お家のカーテンのカビ取り方法と、カビがカーテンにつくのを予防する方法も解説します。

カーテンのカビの原因は?

水滴が落ちた直後の水面

気づいたらカーテンについているカビ。
カーテンに黒いカビがはえてしまうのは、どうしてなのでしょうか?

それは、ずばり、結露です!

カビが発生する原因は、カーテンが濡れたままになってしまうこと。
主に、冬場に窓やサッシにできてしまった結露をそのままにしておくと、カーテンがその水分を吸収して、乾かないためにカビがはえてしまいます。

また、結露だけでなく、カーテンのすぐ近くで部屋干しをしたり、加湿器を使ったりすると、カーテンが湿った状態になりカビがはえやすくなります。

つまり、カーテンにとって湿気が大敵、というわけです!

カビ取り前に確認!

お家のカーテン、どれくらい洗っていないですか?
半年や1年以上洗っていないカーテンは、カビがたくさんついているかもしれません。

カーテンは、お部屋の雰囲気を大きく左右する大事なインテリアの1つ。
カビがついていたり、ほこりで色がくすんでいたりすると、居心地よく過ごせませんよね。

カビを落として、すっきりお洗濯もすることで、きれいな自慢のカーテンを取り戻しましょう!

まずは、カーテンをきれいにする前に確認しておくことをご紹介しますね♪

・洗濯表示のチェック
・色落ちしないかどうか

の2点です!

洗濯表示のチェック

このどっちかのマークがついているカーテンは、家で洗えます。
書いてある数字は洗濯するときの、上限の水温です。表示以上の温度で洗濯すると、縮んでしまう可能性があるので注意してくださいね。

一方、こちらのマークがついているカーテンは、水洗いはできないので、気をつけて!

また、2016年12月から、洗濯表示のマークが少し変更されました!
洗濯表示が新JIS表示に変更になり、国内外で洗濯表示が統一されるようになったのです。

でも基本的に、マークに×が付いていなければ、水洗いすることができます。これは古いマークと変わりません。

逆に×が付いている場合には、水洗いはできません。注意してくださいね!

新洗濯表示は、消費者庁が公表している新しい洗濯表示を参考にしてみてください!
遊びながら楽しく新洗濯表示を覚えられるすごろくかるたもありますよ♪

色落ちしないかどうか

色柄のあるカーテンの場合は、家で洗濯すると色落ちしてしまう可能性があります。
染み抜きの前に色落ちテストをしてください。

用意するもの

・白いタオル
・中性洗剤
・ゴム手袋

おすすめの商品はこちら↓↓
大切な衣類のダメージを防ぎながら、すっきり洗えるおしゃれ着用洗剤。毛羽立ちや型崩れ(ヨレ・縮み)、色あせを防止してくれるやさしい洗剤です。

おすすめ 商品

商品画像
エマール 洗濯洗剤 液体 おしゃれ着用 リフレッシュグリーンの香り 本体 500ml
手順
1
タオルに液体洗剤をつける

まずは、肌が荒れないようにゴム手袋をはめて、白いタオルの一部に少量の液体洗剤をつけます。

2
タオルでカーテンをたたく

カーテンのなるべく目立たない部分を、タオルの洗剤をつけた部分でポンポンと軽くたたきます。

3
色落ちチェック!

タオルのカーテンをたたいた部分を確認しましょう。

タオルにカーテンの色が移らなければ、洗濯してもOKです!

重要
色落ちをするカーテンは、ご家庭では洗わない方が安心です。水を使用するため、輪ジミ等ができてしまう可能性が高いです。また、色があせてしてしまうこともあります。

洗濯表示でご家庭では洗えないことがわかったり、色落ちチェックで色落ちしてしまうとわかったカーテンは、信頼できるプロのクリーニングにお願いしましょう♪

また、大切にしているカーテンの場合も、質感をそのままにきれいにするためには、プロのクリーニング屋さんに頼んだ方が安心ですね。

カーテンのカビ取りをはじめましょう!

カーテンの洗濯表示と、色落ちチェックはばっちりですか?

それでは、きれいなカーテンを取り戻すために、カビを落としていきましょう!

ちょっと付いたカビを取る方法

付いているカビがそこまでひどくないなら、この方法だけできれいにできちゃうかもしれません。
まずは手作業で、カーテンのカビを落としてみましょう!

用意するもの

・乾いたタオル
・ゴム手袋
・ブラシ

おすすめの商品はこちら↓↓
ラバーグリップで握りやすく、力が入りやすいブラシです。汚れを落としやすく、ブラシが汚れたらヘッドだけ交換できる便利な商品です。

おすすめ 商品

商品画像
スコッチブライト おふろブラシ ハンディブラシ S バスシャイン B-552

・カビキラー
おすすめの商品はこちら↓↓
落ちにくいカビの根の奥にも浸透する洗剤。壁やタイル・目地、マット、シャワーカーテン、扉等のゴムパッキンにお使いいただけます。

おすすめ 商品

商品画像
カビキラー カビ取り剤 特大サイズ 本体 1,000g

・中性液体洗剤

注意
塩素系洗剤のカビキラーと、酸性の洗剤を一緒に使うと危険です。混ぜるな危険の表示があるもの同士を一緒に使うのは絶対に避け、中性洗剤を使いましょう。
手順
1
乾燥させる

まずはゴム手袋を忘れずに。
カビキラーは強力なので、触れるとお肌が荒れてしまいます!

手袋をはめたら、カーテンについたカビが取れやすくなるように、カーテンを十分に乾燥させます。
自然乾燥が理想ですが、ドライヤーで乾かしても大丈夫です。

2
カビをタオルにうつす

カビ部分にカビキラーを吹きかけて、上からタオルを当てます。そうしたら、ブラシに液体洗剤をつけ、カビ部分の裏側をブラシで丁寧にこすります。
この時、タオルにカビが移るように、こすっていきます。

どうですか?きれいになりましたか?

この手順だけじゃきれいにならなかった…というあなたは、これから紹介する手順も試してみましょう!

重いカビは洗濯できれいに!

さっきの方法じゃカビをきれいにしきれなかった!という場合には、洗濯機を使ってカーテンをまるごときれいにしていきましょう。

用意するもの

・洗濯ネット
・中性洗剤

手順
1
ほこりを落とす

まずはカーテンについたほこりをはたき落とします。
ほこりに触れたくない人は、ゴム手袋をするといいですね。

2
たたむ

カーテンをジグザグに折っていき、じゃばら状に折りたたみます。特に汚れている部分やカビが残っている部分が外側になるように折りたたみましょう。

3
洗濯

ネットに入れる

水流で生地が乱れてしまうのを防ぐために、折りたたんだカーテンは洗濯ネットに入れましょう。

4
洗濯機をまわす

洗濯ネットに入れたカーテンを、洗濯機に入れます。洗濯機の底側が最も洗浄力が強いので、カーテンの汚れた面を下側にして入れると、汚れが落ちやすくなりますよ。

また、洗濯表示に従って、洗濯をすることも忘れずに!

5
干す

洗濯したカーテンは、カーテンレールに干します。カーテンの重みでシワも伸びるので、カーテンレールにかけて乾かしてしまうのが一番です。

重要
カーテンを干しているときは、窓を開けたり、換気扇や除湿器を利用したりして、カーテンを早く乾かす工夫ができるとベストです。カーテンに、長時間水分を滞在させないのが、カビを防ぐポイントです!
注意
乾燥機を使うのはNG。カーテン生地の破れや傷みにつながる恐れがあります。

レースやデリケートな素材はちょっと注意して

カーテンはお部屋の雰囲気を左右するものだから、高級なものを選ぶ、という人もきっとたくさんいますよね。

レースのカーテンなんかは、特にデリケートな素材のものが多かったりします。
でもレースカーテンは普通のカーテンの後ろにあるので、結露の水滴もつきやすくてカビが生えやすいんですよね…。

ところが繊細な生地を使っていて、ちょっといいカーテンを使っている場合には、洗う時に注意が必要です。

カビはけっこう頑固な汚れなので、きれいにする時に使うアイテムは洗浄力がとても高いものだったりします。
でも、そういう洗剤って、布に対して与えるダメージが大きいのです。

また、洗濯機でデリケートな素材のものを洗ってしまうと、生地に負担がかかってしまいます。

そのため、デリケートな素材のカーテンを洗うと、傷んでしまうかもしれない、ということを忘れないでください。
もし本当に大切にしているカーテンなら、クリーニングに出した方が安全かもしれません…!

でも、洗濯表示をしっかり確認して、「洗える」という表示があれば、安心して洗えます。
ただ、それでもなんだか不安なら、やっぱりクリーニングに預けてしまった方がいいかもしれませんね!

カビを予防するには?

干されているシャツたち

さて、カビはすっきり落とせましたか?
せっかくお部屋のカーテンをきれいにしたから、どうせならきれいなままに、カビもつけないで保ちたいですよね!

というわけで、カーテンにカビがつくのを防ぐ方法もいくつかご紹介します♪

換気する

結露が起きてしまうのを防ぐために、まずは換気をするようにしましょう!
換気をすることで、お部屋の中に湿気がこもるのを防ぐことができます。

重要
換気時間は、1回10分くらいが目安。10分の換気で、カビ取りの手間を省けてしまうなら、積極的に換気したいですね♪

結露防止シートを使う

冬場などには、どうしても起きてしまうのが結露です。
結露が起きても、カーテンにカビをはやさないためには、結露防止シートを利用しましょう♪

窓に結露防止シートを貼るだけで、結露水を吸収してくれます!

おすすめの商品はこちら↓↓
結露水を強力に吸収してくれるこちらの商品。貼るだけで、結露による木部の腐食、カビを防止してくれます。

おすすめ 商品

商品画像
ニトムズ 強力結露吸水テープ 腐食防止 カビ防止 幅3cm×長さ10m×厚さ約4.5mm 1巻入 ブロンズ E1120

防カビスプレーを使う

結露の際に、カビができないようにしてくれる商品をもう1つご紹介しますね♪
それが、防カビスプレーです。

防カビスプレーは、カーテンに吹きかけておくだけで、カビをできにくくしてくれる優れもの。
ただし、もうついてしまったカビを取り除く効果はないので、注意してくださいね。あくまでもカビ!

おすすめの商品はこちら↓↓
週に1回スプレーするだけで、カーテンや壁紙等にカビがはえるのを防いでくれるこちらの商品。カビの気になるカーテンの裾などにシュッと吹きかけて、あとは乾燥させるだけでカビがつくのを防いでくれる、便利な商品です♪

おすすめ 商品

商品画像
カーテンにカビがはえなくなるスプレー 部屋用 防カビ 消臭 除菌 300ml

カーテンのカビ落としに活躍するアイテム

カビキラーだけが、カーテンのカビ落としアイテムではありませんよ!皆さんのよく知る漂白剤も、カビを落としてくれる便利アイテムなのです。

でもこの漂白剤、いくつか種類があるのをご存知ですか?

・家にあるものを使っちゃえ!
・よくわからないけど漂白剤でしょ?

なんて使い方をしたら、大切なカーテンが大変なことに!!今回ご紹介するのは酸素系と塩素系の2種類

それぞれに得意なこと、不得意なことがあるのです。それさえ知っておけば、カビ落としで失敗することはないですよ。

使える便利アイテムは、上手に使っていきましょう!

漂白剤。酸素系と塩素系はどう使い分ける?

まずはそれぞれの特徴からお話しましょう。

・酸素系漂白剤
過炭酸ナトリウムを主成分とする漂白剤です。水に溶かした時にシュワシュワしますが、あの時出ているのがまさに酸素なんです。

塩素系のような臭いが気になる方は、こちらが良いでしょう。

得意な汚れは、酸性の油汚れカビ汚れ。まさに今回のテーマにはピッタリのアイテムですね!

粉末と液体タイプがありますが、おすすめは粉末タイプ。液体は扱いが難しいうえに、効果が少し弱いです。

酸素系漂白剤は使い道が多いので、粉末タイプは買っていて損はありませんよ!

・塩素系漂白剤
次亜塩素酸塩を主成分とする漂白剤です。名前のなかに塩素の文字がありますね!

ご存知の通り、プールを思い出すあのツンっとした臭いのあれです。しかしその洗浄力は確かなもの!学校で採用されているのが、何よりもの証拠です!

得意な汚れは強力な黄ばみ黒ずみ。塩素系特有の強い漂白力で、頑固な汚れも綺麗さっぱりです!殺菌ができるところも大きなメリットですね。

今回のテーマはカビですが、作用が強いのでカビにも効きます。ただしその強さゆえに、色柄物まで白くしてしまうので注意が必要です。

また2つを比べた時、効果が強いのは塩素系漂白剤です。短時間で汚れが落ちる反面、生地を傷めてしまうなどのデメリットがあります。落としたい汚れと、洗いたい生地をみて、使い分けるのがいいですね。

オススメのアイテムは?(酸素系・塩素系それぞれ)

カビにおすすめしたいのは酸素系漂白剤です。
でもせっかくですから、この2種類のおすすめもそれぞれ一緒にご紹介します!

・オキシクリーン(酸素系漂白剤)
コストコなどでも注目を集めているオキシクリーン。

値段、洗浄力、入手のしやすさ、どれをとってもおすすめできます!使い道はカビ落とし以外にもたくさんあるので、買っておいて損はないですよ。

・カビキラー(塩素系漂白剤)
塩素系は用途によっていろいろあるのですが、今回のテーマ的にはこれです!お風呂場での使い道がイメージされがちですかね。

とは言っても、今回のようにカビは意外なところにも発生します。強力な塩素系漂白剤もうまく使いこなして、カビ汚れを綺麗にしていきましょう♪

まとめ

いかがでしたか?

カーテンのカビを取る作業は、意外と簡単です。
また、カビがつかないようにする予防法も、換気や結露防止シート・防カビスプレーの利用など、手軽にできるものばかり。
ぜひこの記事を参考にして、カーテンのカビにはさよならしてくださいね!

カビのないきれいなカーテンを保って、きれいなお部屋で生活しましょう♪

関連記事

ビーズクッションの洗濯は9割が知らないけど優しく手洗いでふわふわ

ビーズクッションって洗濯してもいいの? ビーズクッションを丸洗いしたい! そんなことを思っている方も多いと思います。 昼寝をする時、読書をする時、ダラダラする時。いつもそばにあるビーズクッションは、リラックスタイムの必需 […]

クッションは洗濯機で洗えるの?ふんわりさせるコツは干し方にあり!

リラックスタイムには欠かせないクッション。使っているうちにどんどん汚れがたまり、いつのまにかダニの温床になっていることも! しかし、自宅でお洗濯する方法があるんです。 今回は、洗濯機を使った洗濯方法と手洗いでクッションを […]

カーテンのカビは洗濯機で簡単きれい!早めの対処でレースも真っ白に

カーテンにぽつぽつとついた黒いカビ。 お部屋の印象を大きく左右するカーテンだから、カビがついていると気分もどんよりしちゃいますよね。 また、カビはアレルギーの原因にもなります。 健康のためにもカビとは一緒に暮らしたくない […]

ヨガマットの正しいお手入れ方法!清潔に長く使うために注意すべき点

ヨガの必需品であるヨガマット。 みなさんは、ヨガマットのお手入れを、どのように行っていますか? 練習後のヨガマットには、目に見えない汗や皮脂などが付着しているため、そのまま放置せずにしっかりとお手入れをすることが大切です […]

ランキング

エアコン掃除を自分で行う方法を解説!内部のカビはプロが徹底除去!

夏が始まり、エアコンをつけると…カビ臭い。 臭いだけでなく、カビを含んだ空気を吸って健康に悪影響が出てしまうのは嫌ですよね。 そこで必要なのは、エアコンのお掃除! エアコンを分解し、カビやホコリを取り除くことで、空気を綺 […]

アルカリ電解水は何がすごいの?掃除の効果・使い方・注意点を大公開

  毎日のようにしているお掃除。 お風呂のカビやトイレなどに洗剤をシュシュっとしますよね。 でも、冷蔵庫内や電子レンジ、食器棚などは食べ物を扱うのであまり洗剤を使いたくない…。 小さなお子さんやペットがいるご家 […]

洗濯マグちゃんを使ってみた!洗剤なしでシミ落ち・部屋干し臭もゼロ

  洗濯マグちゃん。 なんだかかわいらしいこの名前、みなさん知ってますか? 洗濯マグちゃん、洗濯マグちゃん…。 思わず口に出したくなってしまう語感の良さですが。 どこかの町のゆるキャラ?企業のPRマスコット? […]

【鏡面磨き】あなたの手で革靴が蘇る!職人のみ知るコツでピカピカに

上品に光る、革靴。 思わず目を奪われるくらい、魅力的ですよね。 革靴をまるで鏡のように光らせる鏡面磨きに、憧れのある方も多いはず。 今回は、革靴のお手入れの道なんと20年以上のプロに、鏡面磨きの方法を取材してきました! […]

オキシクリーンの使い方を大公開!オキシ漬けで家中の汚れを一網打尽

  コストコ発祥の超万能洗剤「オキシクリーン」。皆さんは使ったことがありますか? オキシクリーンとは海外でも大人気の万能クリーナー。なんと酸素の力で汚れを落としてくれる優れものです! 最近ではSNSで「オキシ漬 […]

カバン修理|革・グッチ|バッグの内袋も直す職人の神ワザを徹底取材

みなさんの家にも、1つくらいありませんか? 傷が入ったり、糸がほつれたりして傷んだカバン。 久しぶりに使おうと思って取り出してみたら、劣化してしまっていたカバン。 このまま使うのもみっともないし、捨てちゃおうかな……。 […]

洗濯機はお掃除クリーナーでカビ取り!月イチ槽洗浄でキレイを保とう

洗濯機から出した洗濯物に、なんだか黒いぴろぴろしたものがついている……! なんてことありませんか? それ、ワカメではありません。洗濯機の洗濯槽についてしまった、カビです。 カビがついた洗濯槽でお洗濯をしていると思うと、ぞ […]

「茂木和哉」という洗剤を使わない方がいい3つの理由

私と「茂木和哉」の出会いは、ある穏やかな春の日、 突然に。 他の洗剤とは一線を画した茶一色のシブいパッケージ。 余計な説明は、何もない。 一目見た瞬間から今までのデザインとも一線を画す そのシンプルさに私は心を惹かれてし […]

【お風呂掃除総まとめ】浴槽・鏡など、6箇所の水垢とカビを完全除去

  お風呂掃除で気になる汚れといえば、「カビ」と「水垢」ではないでしょうか? ユアマイスタイル編集部では、全国の主婦のみなさん100人にアンケートを取り、お風呂掃除の悩みについて聞いてみました! なんと87%の […]

ウタマロクリーナーの使い方まとめ!家中9ヶ所のお掃除方法大公開!

  今主婦の間で大絶賛の洗剤、それがウタマロクリーナーです! 一度見たら忘れられない独特なフォルムと緑のボトル。 どこにでも使える万能性。 最近ではSNSでも話題になっています! でも、実際に使ってみないと真実 […]

エアコンの臭いはホコリ・カビ・雑菌!全てを除去するお掃除方法とは

久しぶりにエアコンをつけてみたら、もわっとした臭い風が部屋いっぱいに広がった。 という経験はありますか? 本当に気分が悪いですよね。そのニオイ、今すぐ取り除きましょう! 実はエアコンのニオイの原因とニオイを取り除くたった […]

エアコンの水漏れの原因は7つ!ドレンホースのお掃除で8割は解決!

エアコンをつけてみたら、え?エアコンが泣いている? いや、違う!ポタポタと水漏れが!そんな経験はありますか? 編集部では、20~50代の女性100人に「エアコンの水漏れを経験したことがありますか?」と聞いてみました。 4 […]

洗濯機はお掃除クリーナーでカビ取り!月イチ槽洗浄でキレイを保とう

洗濯機から出した洗濯物に、なんだか黒いぴろぴろしたものがついている……! なんてことありませんか? それ、ワカメではありません。洗濯機の洗濯槽についてしまった、カビです。 カビがついた洗濯槽でお洗濯をしていると思うと、ぞ […]

風呂釜掃除はつけおきで簡単!プロの洗浄は専用機械で汚れがゴッソリ

湯船に浸かって、1日の疲れを癒す。 お風呂の時間は、最高のリラックスタイムですよね。 そんな、つかの間の休息を演出してくれるのがそう、風呂釜。 意外と知られていないですが、お掃除していない風呂釜には汚れがたまっています。 […]

エアコン掃除を自分で行う方法を解説!内部のカビはプロが徹底除去!

夏が始まり、エアコンをつけると…カビ臭い。 臭いだけでなく、カビを含んだ空気を吸って健康に悪影響が出てしまうのは嫌ですよね。 そこで必要なのは、エアコンのお掃除! エアコンを分解し、カビやホコリを取り除くことで、空気を綺 […]

お風呂の鏡のお掃除はどうしよう?なにしよう?「新聞使用」が正解!

毎日使うお風呂。 毎日見るお風呂の鏡。 あなたのお家のお風呂の鏡、自分の姿がはっきり写りますか? 湯気で覆われているように白くくもっていませんか? ここで編集部が20代〜60代の女性100人に行なったアンケートを見てみま […]

洗濯機の排水口掃除はパイプユニッシュor重曹!臭いや詰まりも改善

洗濯機の排水口から何か嫌な臭いが漂ってくる…。 洗濯機が脱水中に止まってしまったり、エラー表示が出たりする…。 あなたのお家の洗濯機のそんなトラブル、もしかしたら洗濯機の排水口のせいかもしれません。 長期間、洗濯機を使い […]

お風呂の排水口・排水パイプの掃除方法!臭いと詰まりをどちらも解消

  お風呂ので一番汚れが気になるところといっても過言ではない、排水口。 お風呂中のお湯が流れ着く場所です。お湯に流されて、汚れもたっぷりたまります。 排水口の汚れが原因で、お風呂中に嫌な臭いが漂ったり、排水パイ […]

キッチンの排水口のお掃除には重曹とお酢でつまりはもう詰まらない!

排水口のぬめり…… 排水口からの臭い…… 排水口の詰まり…… 毎日キッチンを使っていると、こんな問題が生じることがよくあります。 キッチンは朝昼晩と使うものなので、排水口の掃除までなかなか手が回らないですよね。 では、い […]

お風呂の頑固なカビには片栗粉×漂白剤!プロおすすめ予防法もご紹介

スポンジでゴシゴシしても落ちない…。 落としたつもりでも何日かたつと復活している…。 このように、お風呂のカビで悩んだことはありますか? ここで編集部が20代〜60代の女性100人に行なったアンケートを見てみましょう。 […]

布団は部屋干しでもふかふかに!週に1回干すだけで快眠が手に入る!

  干したばかりの布団って気持ちいいですよね。 じめっと重かった布団も、日光に当てて干すとカラッと軽くなります。 毎日あんな布団で寝られたらいいのにと思いますが、実際は天気に左右されたり、花粉が気になったりして […]

ワイシャツの黄ばみを落とす最強の漂白剤の使い方!予防すれば完璧◎

いつの間にかワイシャツが黄ばんでいた経験、ありませんか?特に、襟や脇、袖は黄ばみやすい部分です。 実は、毎日ちゃんとお洗濯しているだけでは、黄ばみを予防することはできないのです。 黄ばんだワイシャツでは、第一印象も悪くな […]

油汚れの染み抜きには「クレンジングオイル」が一番効果的なんです!

「揚げ物を作っていたら、油が服に飛んでしまった…。」 「子供がオムライスを食べていて、服にケチャップをつけてしまった…。」 など、日常的に服に油のシミがついてしまうシーンってありますよね。 でも、みなさんは知っていますか […]

白いスニーカーの汚れを7つのアイテムで真っ白に!お酢が決め手です

白は汚れる! まあ常識ですよね。 ちょっと擦っただけでも灰色が付きますもん。 僕も一時期まっ白なスニーカーで生活してたんですがね、まあすぐ汚して怒られましたとも。   ということで今回は白スニーカー。 汚れが目 […]

【8割の人が知らない!】靴を自宅の洗濯機で洗う正しい方法を解説

会社が学校から帰る途中に、突然のゲリラ豪雨。 息を切らしながら走って帰ったけど、泥が跳ねて靴が汚れちゃった…。そんなこともありますよね。 そんなとき汚れてしまった靴をどうしていますか? え?そのまま? そんな […]

油性ペンの汚れに4通りの落とし方。油には油を!不安ならみかん!

新学期。新しい教科書に名前を書く時に、大活躍の油性ペン。 にじまず、書く材質を選ばないのが特徴。そのため、水で濡れやすいキッチン周りにも使えますし、学生から主婦の方にも愛用されているはず。 そんな油性ペンの1番の特徴は「 […]

羽毛布団を洗濯機で洗う方法|コインランドリーやクリーニングと比較

  寒くなってくると毎年押し入れから引っ張り出してくる羽毛布団。ふかふかのお布団にはついつい顔をうずめたくなりますよね…って、あれ。 なんか、臭い。前よりボリューム感がないかも。 なんてショックを受けてる方に質 […]

色移りの落とし方は50℃のお湯で洗剤2倍!本当に正しい情報大公開

あああ!しまった。 洗濯機の蓋を開けてみたら、中が大惨事になっていた。 こんな経験はありませんか? そう、色移り。 お気に入りの服に色が移っていた時なんか、とてもショックですよね。 普段は気をつけていても、ちょっと気を抜 […]

帽子・キャップの型崩れしない洗い方!他とはかぶらない方法で伝授!

帽子って、知らず知らずのうちに汚れや臭いがひどくなってしまいますよね。 特に夏の汗をかく時期。 でも、帽子を自宅で洗うって、あんまりピンとこないかもしれません。 しかし、ここでは帽子・キャップを自宅で型崩れの心配なく洗う […]

羽毛布団の洗濯はコインランドリーがおすすめ!乾燥時の注意点も解説

  軽くて、柔らかくて、暖かい。 と、良いこと尽くしの羽毛布団は、寒い季節には手放せない寝具の1つ。 でも、なんだか最近、ふんわり感がなくなったような…。 それに、前よりも暖かくないかもしれない…。 なんて感じ […]

リーガル靴修理|ソール・かかと・つま先ビフォーアフターが完全集結

  日本を代表する靴ブランドであるリーガル。 100年以上にも渡りグッドイヤー・ウェルト製法を貫き、日本人の足にフィットするものをと、木型からこだわっています。 ビジネスシーンの足元の定番ではないかと思うくらい […]

ルイヴィトンバッグ・財布修理|レザー、内袋、取手リペア事例が集結

  ショルダーベルトが切れてしまった。 ファスナーが壊れた。 シミがついてしまった。 そんなブランド品はありませんか? 切れた部分やシミは、修理の職人さんの技術で、元の姿に戻すことができます。 その仕上がりは、 […]

革靴のオールソール交換!靴底の張り替えの匠の技で厚み・美しさ倍増

  靴の、底。 履いているうちに、必ず削れてきてしまう部分ですね。 擦り切れて穴が開いてしまった…… 削れ過ぎて、見た目が悪くなってしまった…… など、靴底の状態が悪くなってしまった靴は、ありませんか? そんな […]

グッチのバッグ・財布・靴修理|レザー、内袋、取手リペア事例が集結

  とっても大切な、グッチのバッグや財布、靴。 どれだけ丁寧に扱っていても、壊れてしまうことってありますよね。 長く使っていると素材が変質したり、穴があいてしまったり…。 自分で修理しようとすると、せっかくのデ […]

ファスナー・チャックの直し方を解説!5つの不具合もこれで全て解決

急いでファスナーを閉めたら動かなくなった……なんて経験、あるんじゃないですか? 『ガチっ』なんて音を出した後、うんともすんとも言わなくなることが結構あるんですよねぇ。 さて、こういうファスナーの故障ですが、大抵は曲がって […]

裾上げのやり方をズボンの種類別に解説!丈を決めるポイントも伝授!

もうちょっと裾が短かったら、このズボンは完璧なのになあ。 そんなお悩みはありませんか? そんなときに便利なのが「裾上げ」。 でも洋服屋さんで頼むと時間がかかってしまいます。取りに行くのも面倒臭いですよね。 だから、自分で […]

靴の臭いがたったの100円で消せるのならば試さずにはいられない話

どうも、隙あらば靴を脱ぐのであんまり足の臭いに困らない僕です。 たまに遠出すると脱げなくて大変なことになるんですけどねー。 さて、足の臭いってかなり気になりますよね。 しかも、どれだけ足を洗ったところで臭いが出るのは止め […]

スエードの靴の汚れの正しい洗い方とは?普段のお手入れ方法も解説

スエードの靴、あの独特の質感が素敵ですよね。なんだか温かみを感じる、良い生地だと思います。 でも一つ問題が…… 汚れが付きやすいんですよね。水に濡れればシミになり、使っているとテカテカしてきます。 しかも、スエードってお […]

靴磨きのコツを大公開!職人だけが知る革靴のお手入れ方法を徹底取材

お洒落は足元から、なんてよく言いますよね。 一生、大切にしたいと思っている革靴を、お持ちの方も多いはず。 ですが、せっかくの素敵な革靴も、お手入れができていなかったら台無しです。 よい革靴は、きちんと靴磨きをして、いつで […]

サビ落としはブラシ&サビ取り剤が最強!こすらず磨いて楽々完全除去

身の周りを見渡してみたら、色んなところでサビを発見してしまった…なんて経験、ありませんか? 例えば家の中に置いてあるスタンドラックにも発生するし、外に置いておいた自転車にもサビはつきやすいもの。 見た目はあまりきれいとは […]