フローリングのDIYにかかる費用は?自分で張り替えて理想の床へ!

YOURMYSTAR STYLE編集部

更新日:2020年04月16日

 

フローリングをリフォームしたいけど、お金はあまりかけたくないな。

なんてお考えの皆さん。

実はDIYで、お得に床をリフォームしてしまうことができるんですよ!

とはいえ、実際にいくらくらい掛かるのか、費用が気になりますよね?

今回は、フローリングを自分で張り替えるときの費用を中心に詳しくご案内します!

フローリングをDIYするメリット

自分でフローリングをリニューアルする場合の1番のメリット。

それは、費用があまり掛からないことです。

工務店など、業者に張り替えを頼むと、材料費だけでなく、人件費が掛かってしまいます。

しかし、DIYで仕上げれば、必要なのは材料費だけ
つまり、費用がグンと安くなることが多いんです!

他にも、自分が好きなデザインの床材を選べます。これも、DIYのメリットと言えますね。

ホームセンターに行けば、色々なサンプルが置いてありますから、価格とデザインを相談できます。

ちょっと変わった床材がほしければ、インターネットで珍しい種類を見つけることができるかもしれませんよ!

自分で選んで自分で手間をかけて貼り直したフローリングには、きっと愛着が湧きますよ♪

フローリングをDIYする費用

では具体的に、どの程度の予算を見ておけばいいのでしょうか?

DIYでフローリングを張り替えするときの費用のほとんどは、床材の価格です。

つまり、どんな床材を選ぶかで最終価格は変わってきます。

とはいえ、具体例が聞きたいですよね。

例えば、6畳のお部屋の場合はこんなアイテムが便利ですよ!


 フローリング  OKUDAKE プレミアムソフト 6畳用セット 

OKUDAKEの床材シリーズは、6畳用の価格が50,000円前後なことが多い商品です。

このお値段が、1つの目安になると思います。

ちなみに、今回ご紹介したシリーズは木目調の高級感があるデザインが特徴。

しかも、カラーリングも様々な商品が揃っています。

OKUDAKE……つまり「置くだけ」というネーミングの通り、接着材を使わずに空間のリニューアルができてしまいます。

「簡単なリフォームでお部屋がグレードアップできた♪」と評判の人気商品なんですね。

フローリングのDIYに用意するもの

DIYでフローリングを仕上げるなら、まずは好みの床材を準備しましょう。

そのためには、まずは張り替える場所の面積を調べて、ちょうどいいサイズの商品を選ぶことが大切です。

お店で手に入る床材は色々。

杉などの天然の木を使った商品や、ヘリンボーン模様に床面をデザインできる商品など、目移りしてしまうくらいです。

それから、床材を選ぶときは、サイズも重要ですが、どうやって張り替える素材なのかもチェックしてください。

接着剤を使わなくても張り替えができる床材なら、カッターなどを用意しておけば問題なく作業が進むはずですよ!

ビスで留める必要があるときは、電動ドライバーがあると助かりますね。

逆に、接着剤で張りつけるタイプの床材は、フロアタイル用の接着剤やへらなどの準備が必要になります。

とはいえ、床材以外の作業アイテムについては、そんなに費用は掛からないので心配しすぎなくても大丈夫ですよ。

フローリングをDIYしてみよう

「フローリングのDIYって難しそう…」

そう考える方は多いと思いますが、いまは便利な商品がたくさん出ています。

商品の選び方さえ間違えなければ、フローリングの張り替えは想像しているよりもずっと簡単かもしれません。

それに、DIYで床材を替える場合、自分のイメージしたデザインを実現できるんですよ!

畳をやめて和室を洋室にリニューアルしたり、洋室に畳風のフロアタイルを敷いて和の空間を作ったりと、色々なアイデアが浮かびますね。

たくさんの床材を見比べながら、部屋の雰囲気を自由に変えられるのは、DIYならではの楽しさです。

それに、自分で床材を選びますから、予算オーバーの心配が少ないのもDIYの魅力ですよね。

急ぐ必要はありませんから、毎日少しずつ調べたりイメージしたりしながら、理想のフローリングを自分で作ってみましょう。

フロアコーティングをプロに頼む手も

ここまで、自分でフローリングのDIYをするときの費用について説明してきました。

しかし、本当に自分でできるのか不安に感じた方もいるかもしれません。

そんな方はプロの方に頼むのも1つの手ですよ!

フロアコーティングをすれば、キレイを長持ちする・傷がつきにくくなる・掃除しやすくなるなどいいところがたくさんあるんです。

気になる方はこちらを参考にして見てくださいね♪

まとめ

思い切って、DIYでキレイにフローリングをリニューアルしたい。

という方に向けて、フローリングをDIYする費用について今回はお話しました。

今はネットにも色々な商品があるので、思いも寄らない理想の床材との出会いがあるかもしれません。

壁紙や家具と相性の良いステキな床材を選んでみてくださいね!

フローリング関連の費用を抑えるDIYなら、憧れのお部屋を実現しやすいので、挑戦してみる価値はあると思いますよ。