ヘアブラシのお手入れは水洗いするより、ガーゼを使うと圧倒的に簡単

よっすん

更新日:2021年03月10日

髪をとかすのに毎日使う、ヘアブラシ。
そんなブラシをふと見てみたら、髪の毛やほこりがびっしり…なんて経験、ありませんか?

ヘアブラシは、どうしても髪の毛やほこりなどのゴミがたまってしまいがち。
ですがそのままの状態で使い続けていると、髪の毛や頭皮のトラブルにつながってしまうかも…
なにより、汚れたヘアブラシでのブラッシングはあまり気持ちのよいものではありませんよね。

今回は、ヘアブラシのお手入れ方法を丁寧に解説します。
ヘアブラシの素材ごとにおすすめのお手入れ法が違うので、要チェックですよ♪

ヘアブラシの素材別、おすすめのお手入れ方法をチェック

ヘアブラシと一口に言っても、その素材はさまざま。

大きく分けて、

プラスチック製のヘアブラシ
木製のヘアブラシ
動物の毛で作られたヘアブラシ

の3種類があるのです。
しかも、素材ごとにおすすめのお手入れの仕方が違います!

そこで、まずはお持ちのヘアブラシに合ったお手入れ方法をチェックしてみましょう♪

ラクする 手で取る クリーナー 水洗い つけおき
プラスチック製
木製 ×
動物の毛 ×

お手入れの方法は、主に、表の5通り。

それぞれのマークの意味は、

・◎ → おすすめのお手入れ方法
・〇 → してもOKなお手入れ方法
・△ → どうしてもするというならギリOKなお手入れ方法
・× → NGのお手入れ方法

です!

プラスチック製のヘアブラシは「つけおき」がおすすめ

プラスチックのヘアブラシは、お手頃な価格で手に入れやすいですよね。
持ち運びもしやすいので、お持ちの方も多いと思います。

そんなプラスチックブラシは、「つけおき」洗いでのお手入れがおすすめ!
お手入れの頻度は、1週間に1度はやっておきたいですね♪

木製のヘアブラシはどうしてもというときに優しく「水洗い」

木の自然なぬくもりや上質な手触りなど、木が持っている自然な質感を楽しむことができる、木製のヘアブラシ。
静電気も起こしにくく、とても使い心地のよいブラシですよね。

木製のヘアブラシは基本的に、布や綿棒で汚れを拭くのが基本のお手入れです。
どうしてもひどく汚れている時だけ、水洗いしましょう。

なぜかというと、木の部分が水で傷んだり、水気がカビの原因になったりするからです。
クッション部に耐水性があまりないものもあります。
買ったときにどういう特徴のものか、確認してみてくださいね。

また、ブラシではなくつげ櫛をお持ちの方、またはつげ櫛を使い始めようか迷っている方は「つげ櫛のお手入れに椿油は欠かせない!餃子にラー油が必要なようにね」を読んでみてください。
椿油を使った、つげ櫛の正しいお手入れ方法と、つげ櫛のいいところをご紹介しています♪

動物の毛で作られたヘアブラシは汚れを「手で取る」がイチバン

豚やいのししの毛を使っているヘアブラシ。
どちらも髪にツヤを出してくれることから、ヘアブラシにちょっとこだわりたい人は持っているかもしれません。

そんな動物の毛で作られたヘアブラシは、水洗いがおすすめできません
水洗いをすると、毛が抜けてしまったり、ハンドル部分がひび割れたりするかもしれないのです。

だから水を使わない、汚れを「手で取る」方法がイチバン!
お手入れの理想的な頻度は、2~3日に1回
日頃からきちんとお手入れをして、水洗いの必要がないキレイな状態に保っておきましょう♪

動物の毛で作られたヘアブラシは水洗いしない方がいい、とはいえ、どうしても汚れが気になってしまう……。

そんなあなたへ。

水洗いが、ヘアブラシを傷めやすいのは事実。
あまりおすすめはしません。

動物の毛で作られたヘアブラシの水洗いは、どうしても取れないくらい汚れた時だけにしましょう。
月に1回以上はしないようにしてくださいね。

それにしても、「ラクする」って何?ってちょっと気になりますよね。ふふふ。
このあとは、それぞれのお手入れ方法を、詳しく紹介していきますね♪

ヘアブラシを「ラクして」お手入れする方法

「ラクする」と豪語したものの、これを「お手入れ」と呼ぶにはちょっと異議あり!という方もいるかもしれません。
ごめんなさい……。

「ラクする」というのは、そもそも汚れをためない方法です。

ヘアブラシのこまめなお手入れって、正直、面倒くさい……ですよね。
気持ちは痛いほどわかります。

お手入れするのが面倒くさい。
だからやらない。
そのためヘアブラシは汚いまま。
汚いヘアブラシを使うのも嫌だから、髪をとかさなくてぼさぼさ……。
なんて、負のスパイラルに陥りますよね。

え、そんなことはさすがにしない?

いずれにせよ、お手入れを圧倒的に簡単にする方法があるのです!
それは、ヘアブラシにネットやガーゼをつけること。

ヘアブラシに髪の毛やホコリがたまったな、と思ったときに、ネットやガーゼを交換するだけでお手入れが完了
とってもお手軽ですね♪

これなら、どんなヘアブラシにも使えます。
水洗いしづらい木や動物の毛のヘアブラシも、確実にキレイにできます!

すごく便利な方法なので、ぜひチャレンジしてみてくださいね。

汚れを「手で取る」だけのお手入れの方法

ヘアブラシにネットやガーゼをつけるのは、ビジュアル的にちょっとなあ……。
という方もいるかもしれません。

次は、自分の手で地道にコツコツ綺麗にする、ガッツ系の方法。
ポイントは、狙いを定めて「ざっくり のち ていねいに」です。

用意するもの
・柔らかい布(リネンクロスなど)
・歯ブラシ
・つまようじ
・綿棒
手順
1
手で髪の毛などをざっくり取る

ヘアブラシのお手入れの第一コーナー。
ここは、ざっくりいきましょう。

ターゲットは、ヘアブラシについた髪の毛やホコリ。
手で取れる範囲でOK!
ざっくり取っていきましょう。

2
柔らかい布で全体の汚れを拭いてざっくり落とす

ヘアブラシのお手入れの第二コーナー。
まだ、ざっくり。

ターゲットは、手垢やホコリ。
ブラシや柄についた汚れをふき取ります。

3
歯ブラシで毛の先端のホコリをていねいに落とす

ヘアブラシのお手入れの第三コーナー。
ここから、少していねいモードに入ります。

歯ブラシの登場。
ターゲットは、手では取り切れなかった髪の毛やホコリ。
歯磨きをするように、ヘアブラシの毛の先端をゴシゴシします。
細かい髪の毛やホコリをからめ取っていきましょう。

4
つまようじで毛の根本のホコリをていねいに落とす

ヘアブラシのお手入れの最終コーナー。
最後は、とってもていねいに仕上げましょう。

ターゲットは、根本にたまった細かい髪の毛やホコリ。
髪の毛には、つまようじ。
ホコリには、綿棒。
隅々までていねいに、まるで科捜研の一員になったかのような気持ちで、汚れを落としていきましょう。

地道にコツコツ。
おつかれさまでした。

ヘアブラシのお手入れ方法はユアマイスタースタイルのInstagramでも解説付きの写真で紹介しています!

Instagramではその他、お掃除・お洗濯を始めとした暮らしが素敵になる情報を定期的に発信中! ぜひのぞいてみてください!

お助けグッズ「クリーナー」を使う方法

うーん。ちょっと、地道にコツコツは挫折しそう……。
そんなあなたのために。

実は、ヘアブラシのお手入れをより簡単にしてくれるお助けグッズがあるのです。

その名も、ヘアブラシクリーナー
クリーナーといっても、クリームみたいなものではありません。

まるで小さな熊手みたいなアイテム!
ブラシについたホコリを根こそぎ取ってくれちゃいます♪

おすすめ 商品

商品画像
レデッカー(REDECKER) ブラシクリーナー 7.5cm 687000

ドイツの伝統あるレデッカー社のヘアブラシクリーナーです。人間用のヘアーブラシはもちろん、くるくるドライヤー、各種お掃除ブラシ、ペットブラシ等のお手入れにも重宝する優れもの。とても小さい分よく小回りがきいて、指でも歯ブラシでも取れないような小さなゴミも取ることができますよ♪

手順
1
ブラシクリーナーを毛の根本に入れる

ヘアブラシの根本に、ブラシクリーナーをザクっと入れます。
なんだか潮干狩りみたいですね。

ヘアブラシを傷めないように、ていねいに。

2
毛先に向かってとかす

毛の根本から毛先へがポイント!
絡まったホコリや髪の毛をすくい上げるように、ていねいに、とかします。

注意
一気に取り除こうとすると、ブラシを傷めてしまうことがあります。無理にブラシクリーナーを引き上げずに、少しずつとかしてくださいね♪
3
1と2を繰り返す

ブラシクリーナーを「入れては、とかす」の作業をくり返しましょう。

とっても簡単に、キレイなヘアブラシを手に入れられますよ♪

ヘアブラシを「水洗い」する方法

細かいホコリや皮脂の汚れなどは、いっそのこと水洗いして落とす方が楽ですよね。
はじめに登場したチェック表を思い出してみてください。

プラスチック製は〇、木製と動物の毛は△となっていたはずです。
実は、△をもっと細かくわけると、

・木製 → 〇よりの△
・動物の毛 → ×よりの△

なのです。

動物の毛で作られたヘアブラシを水洗いするときは、シャンプーを使う手順は飛ばしてくださいね。

用意するもの
・歯ブラシ
・シャンプー
・洗面器
・タオル
手順
1
手で髪の毛などをざっくり取る

また出ました、ざっくり!
ヘアブラシには、髪の毛やホコリなどの汚れがついていることでしょう。
その汚れのうち、手で取れるものはざっくり取ってしまいましょう!

2
歯ブラシで根本の汚れをていねいに取る

手で取れなかった汚れは、歯ブラシで取っていきましょう。
根本にたまっている細かい汚れもていねいに。

3
シャンプーをつけてこする

シャンプーを半プッシュか半々プッシュ使いましょう。
手にシャンプーを出して水で泡立てます。

もこもこ泡立ったら、泡をヘアブラシのブラシ部分に盛り付けます。
そして歯ブラシでこすっていきます。

汚れを全体的に落とすように、優しくていねいに。

注意
動物の毛で作られたヘアブラシを水洗いするときは、シャンプーや洗剤などは使わないでください。毛を傷めてしまうことがあります。
4
すすぐ

洗面器にぬるま湯をはります。
冷水よりもぬるま湯がヘアブラシにはやさしいです。

柄の部分を持って、ヘアブラシをしゃぶしゃぶしていきます。
ぬるま湯に浸けるのは、ブラシ部分だけ。
ヘアブラシを振ってすすぎます。

何度かぬるま湯をはりかえて、よくすすぎましょう♪

5
乾かす

乾いたタオルでしっかり水気をふき取ります。
ヘアブラシの毛先が下になるように乾いたタオルの上にのせて、そのまま乾燥させましょう。

毛先を下に向けるのがポイント!
水分がブラシの根本に残らないので、グッと乾きやすくなりますよ♪

ヘアブラシを一晩「つけおき」して洗う方法

最後は、プラスチック製のヘアブラシにはおすすめの「つけおき」して綺麗にする方法です。

用意するもの
・つまようじ
・洗面器
・シャンプー / 洗濯用洗剤 / 重曹
・タオル
手順
1
手で髪の毛などをざっくり取る

最初はやっぱりざっくり!
ヘアブラシについている髪の毛やホコリなど、手で取れるものはざっくり取ってしまいましょう!
手では取り切れないときには、つまようじなど、細くて尖ったものを使って取りましょう。

2
洗浄液を作る

洗面器にヘアブラシが浸かるくらいの水をためます。
つけおきなので、常温の水でOKです。

洗浄液を作ります。
入れる量は、使うものによって変わります。

・シャンプー → 1~2プッシュ
・洗濯用洗剤 → キャップの1/4より少ないくらい
・重曹 → 大さじ3杯

を入れましょう。

汚れがひどい場合は、シャンプーの代わりに洗濯用洗剤がおすすめです。
洗剤の量は、パッケージに書いてある分量も参考に調整してみてくださいね。
水が泡立つくらいの量を入れるとちょうどいいです。

重曹は、シャンプーや洗濯用洗剤と組み合わせて使うと、洗浄力もアップしますよ!

3
ヘアブラシをしゃぶしゃぶする

お洋服のお洗濯をするときの用語では、「振り洗い」のような感じですね。
ヘアブラシの柄を持って、泡立つように水の中で振りましょう。
水面が泡で埋まってしまうくらいまで、泡立ててみてくださいね。

4
一晩つけおき

泡だった洗浄液に、ヘアブラシを浸けましょう。
そのまま一晩おいておきます。

5
ヘアブラシをしゃぶしゃぶする(再)

一晩おいたら、再しゃぶしゃぶ。
ヘアブラシの汚れを落とします。

振っただけでは取れない汚れは、手で取り除きましょう。

6
すすぐ

今洗っているのはプラスチック製のヘアブラシ。

何も気にすることなく、ガンガンにすすぎましょう。
水道でもシャワーでも何でもありです。

ぬめりが残らないように、しっかりすすいでくださいね♪

7
乾かす

まずは、乾いたタオルでしっかり水気をふき取りますよね。
間違いないです。

からの、乾かすときのポイントは?
YES!毛先を下に!

毛先が下になるように乾いたタオルの上にのせて、乾くまで楽しみに待つのみです。

ブラシの「綺麗」をキープするためにはストッキング!

既に少し紹介しましたが、キレイを保つ方がお手入れは簡単です。
汚れたブラシはやはり、手間がかかってしまいますからね。

そんな簡単キープを助けてくれるアイテムがストッキングです!
先程はガーゼなどを例にあげましたが、おすすめしたいのはこのストッキング。
使い方の手順なども合わせて、ご紹介していきますよ!

なぜストッキングが使える?

では何故そもそもストッキングなのか、その説明から入りましょう。
おすすめしたい理由はいくつかあります。

手に入りやすい

ストッキングはどこでも購入できて、値段も高くはありません。
おまけに、今回使うストッキングは使い古したもので大丈夫ですのでとってもお得♪
加工も切るだけなので、不便に感じることは多分ありませんね。

交換が簡単

交換するのが簡単なのも大きなポイント。
お手入れの手間を減らすとは言っても、交換はしなければなりません。

毛や汚れを感じたタイミングで交換すれば、ストッキングが全部持って行ってくれるのです。
手順は後ほどご紹介しますが、驚くほどスムーズですよ!

邪魔にならない

使う時に邪魔になってしまうと、キレイをキープどころじゃありませんよね。
その点ストッキングは心配ありません。
生地も薄く、切ってサイズを調節できるので髪もキレイに梳けるでしょう♪

また、注意点としては合成樹脂素材のブラシが対象です。
動物性の毛を使ったブラシとは違うので、気を付けてくださいね。

正しい手順は?

それでは、取付けの手順に行きましょう!

用意するもの
・合成樹脂素材のブラシ
・ストッキング
手順
1
ストッキングをカット

ブラシに合わせて、少し大きめにストッキングをカットしましょう。
ピッタリサイズに切ってしまうと、セットしづらくなってしまいます。

2
片側をセット

左右どちらからでもいいので、一番隅の毛先列にストッキングを刺します。
この時ストッキングを縦に引っ張ると破れやすいので注意です。

3
全体も通す

あとは反対側を引っ張りながら、全体の毛先に通してしまいましょう。
一列一列溝をなぞるように指で押さえて行けば、キレイに仕上がると思います。

4
邪魔な部分を切る

ここは捕捉ですね。
もしストッキングがひらひらして邪魔に感じたら、その部分はカットしましょう。
3まででもきちんと使えるので、面倒な方はそのままでも大丈夫です♪

文章で読むと長く感じますが、やってみるとかなり簡単。
あらかじめストッキングを切ってストックしておけば、もっと交換がスムーズですよ!

まとめ

いかがでしたか?

ヘアブラシは、小まめなお手入れが大切。
お手入れのときは、お持ちのブラシの素材に合わせてお手入れしてくださいね♪

プラスチックブラシはつけおき洗い
木製ブラシは基本は水を使わないお手入れ、ひどく汚れた時だけ水洗い
動物の毛で作られたブラシは水を使わないお手入れ

また、お手入れを簡単にするためには、ネットやガーゼをつけるのもおすすめです。

清潔なヘアブラシで髪をとかして、さらさらヘアを目指しましょう

関連記事

ヘアブラシのお手入れは水洗いするより、ガーゼを使うと圧倒的に簡単

髪をとかすのに毎日使う、ヘアブラシ。 そんなブラシをふと見てみたら、髪の毛やほこりがびっしり…なんて経験、ありませんか? ヘアブラシは、どうしても髪の毛やほこりなどのゴミがたまってしまいがち。 ですがそのままの状態で使い […]

パフの洗い方は簡単!定期的に洗わないといろんなトラブルの原因に…

お化粧をするときのマストアイテム、パフ。 ファンデーションを顔に塗るとき、ほとんどの人が使いますよね。 ところで、最近パフを洗ったのはいつですか? いつだったか思い出せないあなた。 化粧のノリが悪くて、いつも満足いく仕上 […]

香水のつけ方をわかりやすく解説!香りを最大限引き出すためには?

  女性の憧れのパリジェンヌは、出掛けるときにお化粧をしないことはあっても、香水は必ず付けるんだとか。 香水は、自分の個性やスタイルを表現する大切なエレメントなんですね。 今回は、香水の付け方や楽しみ方をご紹介 […]

ネクタイの結び方の種類をシーン別で紹介!身長によっても変わります

  ネクタイの結び方の種類って、調べてみるとたくさんありすぎて違いも分かりづらいですよね。 名前も似ているので全然覚えられません。 「ちょっといつもと違う結び方やってみたかっただけなんだけど…。」というあなたに […]

ランキング

エアコン掃除を自分で行う方法を解説!内部のカビはプロが徹底除去!

夏が始まり、エアコンをつけると…カビ臭い。 臭いだけでなく、カビを含んだ空気を吸って健康に悪影響が出てしまうのは嫌ですよね。 そこで必要なのは、エアコンのお掃除! エアコンを分解し、カビやホコリを取り除くことで、空気を綺 […]

洗濯機はお掃除クリーナーでカビ取り!月イチ槽洗浄でキレイを保とう

洗濯機から出した洗濯物に、なんだか黒いぴろぴろしたものがついている……! なんてことありませんか? それ、ワカメではありません。洗濯機の洗濯槽についてしまった、カビです。 カビがついた洗濯槽でお洗濯をしていると思うと、ぞ […]

「茂木和哉」という洗剤を使わない方がいい3つの理由

私と「茂木和哉」の出会いは、ある穏やかな春の日、 突然に。 他の洗剤とは一線を画した茶一色のシブいパッケージ。 余計な説明は、何もない。 一目見た瞬間から今までのデザインとも一線を画す そのシンプルさに私は心を惹かれてし […]

カバン修理|革・グッチ|バッグの内袋も直す職人の神ワザを徹底取材

みなさんの家にも、1つくらいありませんか? 傷が入ったり、糸がほつれたりして傷んだカバン。 久しぶりに使おうと思って取り出してみたら、劣化してしまっていたカバン。 このまま使うのもみっともないし、捨てちゃおうかな……。 […]

換気扇を年末に大掃除!重曹であっという間にピカピカに

料理をするたびに汚れがたまる、換気扇。 普段は意識しませんが、いざ開けてみると、油やホコリにギョッとしてしまうことも…。 換気扇は、目に見えない内部に汚れが溜まっているので、分解してお掃除しなければなりません。 面倒だか […]

パストリーゼは食べられる除菌スプレー!?家中まるごと除菌してみた

みなさん、この名前、知っていますか? 「パストリーゼ77」。 今、SNSで話題のアルコール除菌スプレーです。 「除菌スプレーって話題になるものなの?」と思うかもしれませんが、ただの除菌スプレーとあなどるなかれ。 この名前 […]

【衝撃画像】職人の修理の実例6選!大切なものが蘇る神ワザを見よ!

靴、鞄、時計やジュエリー、着物や楽器、大きなものなら車まで。 あなたにとって「大切なもの」は何ですか?   お世話になった人からもらった時計。 節目に奮発して買ったジュエリー。 母から譲り受けた着物。 ずっと大 […]

ベッドクリーニングを頼んだらマットレスから10年の汚れが流れ出た

念願であったマットレスのクリーニングを頼んでみました! 今回、マットレスクリーニングをお願いしたのは、「あらうや」の平(ひら)さん。 上の写真の、セミダブルのマットレスをクリーニングしてもらいました。 毎日、家族で寝てい […]

洗濯マグちゃんを使ってみた!洗剤なしでシミ落ち・部屋干し臭もゼロ

  洗濯マグちゃん。 なんだかかわいらしいこの名前、みなさん知ってますか? 洗濯マグちゃん、洗濯マグちゃん…。 思わず口に出したくなってしまう語感の良さですが。 どこかの町のゆるキャラ?企業のPRマスコット? […]

【お風呂掃除総まとめ】浴槽・鏡など、6箇所の水垢とカビを完全除去

  お風呂掃除で気になる汚れといえば、「カビ」と「水垢」ではないでしょうか? ユアマイスタイル編集部では、全国の主婦のみなさん100人にアンケートを取り、お風呂掃除の悩みについて聞いてみました! なんと87%の […]

エアコン掃除を自分で行う方法を解説!内部のカビはプロが徹底除去!

夏が始まり、エアコンをつけると…カビ臭い。 臭いだけでなく、カビを含んだ空気を吸って健康に悪影響が出てしまうのは嫌ですよね。 そこで必要なのは、エアコンのお掃除! エアコンを分解し、カビやホコリを取り除くことで、空気を綺 […]

自分でお掃除vsプロの換気扇クリーニング!その差を検証してみた

換気扇クリーニングって知っていますか? プロがお家に来て、換気扇のお掃除をしてくれるサービスのことです。   とはいえ、換気扇の掃除って一応、自分でもできるのです。 じゃあ、自分で掃除して、それで済むならその方 […]

お風呂の排水口・排水パイプの掃除方法!臭いと詰まりをどちらも解消

  お風呂ので一番汚れが気になるところといっても過言ではない、排水口。 お風呂中のお湯が流れ着く場所です。お湯に流されて、汚れもたっぷりたまります。 排水口の汚れが原因で、お風呂中に嫌な臭いが漂ったり、排水パイ […]

エアコンの臭いはホコリ・カビ・雑菌!全てを除去するお掃除方法とは

久しぶりにエアコンをつけてみたら、もわっとした臭い風が部屋いっぱいに広がった。 という経験はありますか? 本当に気分が悪いですよね。そのニオイ、今すぐ取り除きましょう! 実はエアコンのニオイの原因とニオイを取り除くたった […]

レンジフード掃除のプロ技がすごい!油汚れがゴッソリ取れて感動した

料理で火を使うとき、必ずと言っていいほど使うのが、レンジフード。いわゆる換気扇ですね。 みなさん、お掃除してますか? レンジフードって、油汚れがたまりがちですが、自分でお掃除するのは気が進まないですよね。 正直、めんどく […]

お風呂の頑固なカビには片栗粉×漂白剤!プロおすすめ予防法もご紹介

スポンジでゴシゴシしても落ちない…。 落としたつもりでも何日かたつと復活している…。 このように、お風呂のカビで悩んだことはありますか? ここで編集部が20代〜60代の女性100人に行なったアンケートを見てみましょう。 […]

洗面台のお掃除には重曹とクエン酸!水垢・黒ずみ汚れもスッキリ除去

8毎日使う洗面台。 みなさんは綺麗にしていますか? よく見ると鏡が曇っていたり、白っぽいくすみや黒ずみがあちこちにあったり……。 水回りなだけあって、さまざまな汚れがてんこ盛りです。 曇りやくすみや黒ずみを撃退するには、 […]

電子レンジの掃除は重曹!頑固な汚れもチンするだけでスッキリきれい

家の電子レンジ、こまめにお掃除していますか? 私は、かれこれ4・5年お掃除していません。 おかげで、電子レンジがちょっと臭いです。 よく使うから、いちいち掃除するのは面倒。 そう思ってお掃除をサボり続けた結果、焦げはこび […]

車内清掃は家にある道具でかんたんキレイ!頑固な汚れはプロに依頼!

  車ってすごい発明品です。 ドライブしたり、音楽を聴いたり、コーヒーを飲んだり、ホットドッグを食べたり。まるで動くリビングのようです。 とっても居心地のいい車ですが、ちゃんと車内の清掃をしている人ってなかなか […]

エアコンのカビを掃除で根こそぎ退治!予防には送風と換気が効果的!

エアコンから出てくる風がなんだか臭いな、と感じることはありませんか? そんなあなたはエアコンの吹き出し口に光を当てつつ、中をのぞいてみましょう! さて、何が見えましたか? 「無数の、黒い、てんてん」が見えた方、アウトです […]

洗濯マグちゃんを使ってみた!洗剤なしでシミ落ち・部屋干し臭もゼロ

  洗濯マグちゃん。 なんだかかわいらしいこの名前、みなさん知ってますか? 洗濯マグちゃん、洗濯マグちゃん…。 思わず口に出したくなってしまう語感の良さですが。 どこかの町のゆるキャラ?企業のPRマスコット? […]

せんたく便で宅配クリーニングを依頼!定額でコートもダウンもお任せ

  だんだんと気候も暖かくなり、冬に着ていたコートやジャケットを洗濯する時期に差し掛かっていますね。 自分で洗うのもめんどくさいし、かといってクリーニングに出すもの高そう…なんて思っている方も多いと思います。 […]

ぬいぐるみの洗い方完全版!初心者でも絶対ふんわり仕上げる方法とは

ぬいぐるみを集めるの大好きなひとー!はーい! わたしは大好きです。にこにこしていて、ふわふわのぬいぐるみ。お部屋にあるだけで、なごみますよね。 では、1つ質問です。 そんな、かわいいぬいぐるみたち、お洗濯していますか?し […]

布団は部屋干しでもふかふかに!週に1回干すだけで快眠が手に入る!

  干したばかりの布団って気持ちいいですよね。 じめっと重かった布団も、日光に当てて干すとカラッと軽くなります。 毎日あんな布団で寝られたらいいのにと思いますが、実際は天気に左右されたり、花粉が気になったりして […]

羽毛布団の洗濯はコインランドリーがおすすめ!乾燥時の注意点も解説

  軽くて、柔らかくて、暖かい。 と、良いこと尽くしの羽毛布団は、寒い季節には手放せない寝具の1つ。 でも、なんだか最近、ふんわり感がなくなったような…。 それに、前よりも暖かくないかもしれない…。 なんて感じ […]

洗濯機で回してしまったティッシュと貴方をすくう4つの教えを公開!

ポケットにティッシュを入れたまま洗濯してしまった…! 誰もが一度はやってしまったことがあるのではないでしょうか。 綺麗に粉々になって洗濯物と一体化しているティッシュを見るだけでもゲンナリしますよね…。 そこで、そんな時に […]

タオルの洗濯は柔軟剤はNG!ごわごわをふわふわにする写真付き解説

タオルは毎日使うものだから、なるべく快適に使いたい!そうお考えの方も多いと思います。もちろん私もそう思っている一人です。しかし、タオルは使って、洗濯していくうちに硬くゴワゴワになったり、嫌な臭いがするようになったりします […]

【8割の人が知らない!】靴を自宅の洗濯機で洗う正しい方法を解説

会社が学校から帰る途中に、突然のゲリラ豪雨。 息を切らしながら走って帰ったけど、泥が跳ねて靴が汚れちゃった…。そんなこともありますよね。 そんなとき汚れてしまった靴をどうしていますか? え?そのまま? そんな […]

色移りの落とし方は50℃のお湯で洗剤2倍!本当に正しい情報大公開

あああ!しまった。 洗濯機の蓋を開けてみたら、中が大惨事になっていた。 こんな経験はありませんか? そう、色移り。 お気に入りの服に色が移っていた時なんか、とてもショックですよね。 普段は気をつけていても、ちょっと気を抜 […]

ワイシャツの襟汚れを完璧に落とす!6つの方法で黄ばみを真っ白に!

ワイシャツの襟汚れ、気になりませんか? 人に見られるところじゃないしまあいっか。なんて油断が命取り。ワイシャツの襟汚れは時間が経てば経つほど頑固になってしまうのです。 そのため、汚れが軽いうちにしっかりお洗濯しましょう。 […]

カバン修理|革・グッチ|バッグの内袋も直す職人の神ワザを徹底取材

みなさんの家にも、1つくらいありませんか? 傷が入ったり、糸がほつれたりして傷んだカバン。 久しぶりに使おうと思って取り出してみたら、劣化してしまっていたカバン。 このまま使うのもみっともないし、捨てちゃおうかな……。 […]

ヒール巻き交換でめくれも剥がれも修理!職人技で後ろ姿に圧倒的自信

普段から履いているパンプス。勝負服用の高めのヒール靴。 足を綺麗に見せてくれたり、ちょっと自信を持たせてくれたりする、女性のファッションには欠かせないヒールですが…ふと見たら、ヒール部分の革がめくれていたり、剥がれていた […]

ネックレスの修理はチェーン切れがネックです?部品の種類ごとに解説

ネックレスって、ささいなことで簡単に切れてしまうもの。 洋服を脱ぐときにうっかり引っ掛けてしまったり、ネックレスをつけたまま寝て、起きたら切れていた、なんてことも。 特に小さなお子さんがいると、お子さんがネックレスを引っ […]

革の鞄のお手入れは簡単3ステップ!油分の補給!水拭き、消しゴム!

さて、今回は革製品の中でも鞄についてのお話。 鞄って、体の一番外側にあることが多いせいか、傷が付きやすいものです。 気付かないうちに擦ってたりしますよね。 革は丈夫ですが、表面の傷に対しては案外弱いのですよ。 そこで、な […]

シャネルのバッグ・財布修理|レザー、内袋、取手リペア事例が大集合

  女性の永遠の憧れ、シャネル。 「古い価値観にとらわれない女性像」をブランドのポリシーに、バッグや靴、化粧品、香水などを、幅広く展開しています。 個性的でおしゃれなデザインで、女性から愛され続けてきたシャネル […]

グッチのバッグ・財布・靴修理|レザー、内袋、取手リペア事例が集結

  とっても大切な、グッチのバッグや財布、靴。 どれだけ丁寧に扱っていても、壊れてしまうことってありますよね。 長く使っていると素材が変質したり、穴があいてしまったり…。 自分で修理しようとすると、せっかくのデ […]

リーガル靴修理|ソール・かかと・つま先ビフォーアフターが完全集結

  日本を代表する靴ブランドであるリーガル。 100年以上にも渡りグッドイヤー・ウェルト製法を貫き、日本人の足にフィットするものをと、木型からこだわっています。 ビジネスシーンの足元の定番ではないかと思うくらい […]

革靴のオールソール交換!靴底の張り替えの匠の技で厚み・美しさ倍増

  靴の、底。 履いているうちに、必ず削れてきてしまう部分ですね。 擦り切れて穴が開いてしまった…… 削れ過ぎて、見た目が悪くなってしまった…… など、靴底の状態が悪くなってしまった靴は、ありませんか? そんな […]

ルイヴィトンバッグ・財布修理|レザー、内袋、取手リペア事例が集結

  ショルダーベルトが切れてしまった。 ファスナーが壊れた。 シミがついてしまった。 そんなブランド品はありませんか? 切れた部分やシミは、修理の職人さんの技術で、元の姿に戻すことができます。 その仕上がりは、 […]

鞄クリーニングの職人の世界を追う!カビ・シミ・色落ちの実例を発見

みなさん、クローゼットの中に少し汚れていたり、色がはげていたりする鞄はありませんか? そういう鞄って、使う気にもならないし、でも捨てる勇気もなく、ずっと置いたままにしていることが多いと思います。 そのままクローゼットの肥 […]

お住まいの地域から選ぶ