パフの洗い方は簡単!定期的に洗わないといろんなトラブルの原因に…

ダリカ

更新日:2019年02月02日

 

お化粧をするときのマストアイテム、パフ。

ファンデーションを顔に塗るとき、ほとんどの人が使いますよね。

ところで、最近パフを洗ったのはいつですか?

いつだったか思い出せないあなた。
化粧のノリが悪くて、いつも満足いく仕上がりにならない!と悩んでいませんか?
肌が荒れやすい、こんなにスキンケア頑張ってるのに…と落ち込んでいませんか?

もしかしたら、それは使っているパフを清潔に保つことができていない証拠かも。

定期的に洗わないと、こういうトラブルが起きてしまいます。

ここでしっかり洗い方を覚えて、定期的に洗う習慣を身につけましょう!

 

パフを傷めない、正しい洗い方

どうせなら、使っているパフは長持ちさせたいところ。

そのためにはちょっとした注意ポイントがいくつかあります。

そこのところもチェックしながら、優しくパフを洗っていきましょう。

ちなみに、スポンジの場合も同じ洗い方で大丈夫なので、ここではスポンジを洗いながら、説明していきますね!

用意するもの

・パフ(スポンジ)
・水/ぬるま湯
・ボウルなどの容器(洗面台でも栓をすればOK)
・中性洗剤(クレンジングオイルや石鹸でも代用できます
・タオル

 

   手 順  

1. 容器の中に水かぬるま湯を入れる

まずは用意した容器もしくは栓をした洗面台に、水かぬるま湯を用意します。
高温のお湯は絶対にやめてくださいね、逆にパフを傷めてしまいます。

2. 中性洗剤をパフにのせる

中性洗剤を汚れたパフにのせます。
量はだいたいワンプッシュくらいで大丈夫です。

3. 水(ぬるま湯)の中で揉み洗い

手順1で用意した水(ぬるま湯)で揉み込みます。
揉み込むと、だんだん汚れが浮いてきて、こんな風に水が濁ってきます。

このときのポイントは優しく揉み込むこと。
ガシガシやってはいけません。
指の腹で押し込むようにして、優しくモミモミしましょう。

4. 流水ですすぎ続ける

流水でパフから色が出なくなるまで、しっかりすすぎます。

この手順はいちばん大事!
洗い残しがあって、洗剤がまだ残っていると、これもまた肌トラブルの原因になってしまいます。
完全に落ちるまで、ちょっと大変かもしれませんが、頑張りましょう。

5. タオルで挟んで水気をとる

しっかりすすいだあとは、タオルで水気をとります。

 

次は乾かし方を見ていきましょう!

 

生乾きはダメ、しっかり乾かすためのポイント

パフは生乾きのままだと、きれいになるどころか、余計に菌が繁殖してしまいます。

しっかり乾かさないと、洗った意味がありません…!

ここでちゃんと乾かすためのポイントを2つ紹介していきます。

1. 風通しの良い場所
2. 日陰

この2つを覚えておけば完璧。

1つ目は、風通しの良い場所で乾かすこと。

パフに限らず、洗濯物を乾かすときの常識とも言えるかもしれませんが、閉め切った部屋なんかはダメです。
生乾きの原因になってしまいます。
いやな匂いがつかないようにするためにも、ちゃんと風通しの良い場所で乾かしてあげてくださいね!

2つ目は、日陰で乾かすこと。

直射日光で乾かしてしまうと、パフの劣化を早める原因になってしまうかもしれません。
使いやすくて気に入っているパフだったら、長持ちさせたいですよね。
そのためにはちゃんと日陰で乾かしてあげましょう。

 

パフは定期的に洗って清潔を保って!

洗い方だけマスターして、安心しきってはいけません。

洗う頻度もとっても重要なんです。

パフは洗わないと、雑菌がどんどん増えていってしまいます

顔に直接触れるものなのに、菌がついてしまっていたら、どうなると思いますか…?
お肌に良いわけがないですよね。

肌荒れの原因になってしまう可能性があります。

それに、お化粧のノリも悪くなってしまうんですよ。

こういうことを防ぐために、パフは定期的に洗うことが大切。

最低でも、週に1回は洗いましょう。

でも、できれば毎日洗ってほしいくらい。
頻度が高ければ高いほど、清潔に保つことができますよ♪

 

効果に違いはあるのか?3つの洗浄液を比べてみる

さっき洗い方のところで、中性洗剤はクレンジングオイルや石鹸でも代用できると書きました。

でも、もともとの用途がそれぞれ違うものだし、落ち具合にも差が出てくるんじゃないの?

こんな声が聞こえてきそう、ということで、この3つの洗浄液それぞれの落ち具合を比べてみました。

 

パフを洗ってみた

写真の左から中性洗剤、クレンジングオイル、ハンドソープと3種類の洗浄液と、3つの使用済みのパフを用意して、汚れの落ち具合を比べました。

今回洗う3つのパフのうち、左と中央の2つがピンクベースのフェイスパウダー用のもので、一番右が肌色のパウダー用です。
3つともパフがパウダーの色になっていて、とても汚れているのがよくわかります。

では、さっそく洗っていきましょう!
中性洗剤、クレンジングオイル、ハンドソープいずれも洗う手順はさっき紹介した方法です。

 

泡立てたパフ

洗浄液1プッシュをパフに優しく揉み込んでいきます。

洗浄液を付けると、すぐに汚れ(色)が浮き出てきました。
30秒ほど揉み込めば十分です。

 

パフから出た汚れは、ばっちいな

上の写真は、ハンドソープで洗ったパフを、ボウルのぬるま湯で軽くすすいだ後のものです。

透明だった水が完全に肌色になっています。こんなに汚れているんだ!とびっくりしました。

このあと流水で洗い続け、色が出なくなるまでに1分ほどかかりました。

パフを洗ったら真っ白になった

こちらが水気をとった直後の状態です!左のものは元々ピンク色のパフなので、色の変化はわかりにくいですが、中央と右の2つは綺麗になっていることがよくわかります。

 

並べてみるとわかりますね!
特に、クレンジングオイルで洗った中央のパフは、真っ白に戻り、感動ものです。

ここまでの作業は5分弱で終わります!こんなに簡単に終わるんですね!

このあとはしっかり乾かします。
半日くらいで乾いたので、夜に洗って乾かしておけば、朝には使えるかと思います。

また、パフをいくつか持ち、順番に洗いながら使うのも良さそうです。

 

実際に洗ってみて

実際に洗ってみて感じたことをまとめてみました!

少量の洗浄液で汚れは落ちる
すすぎには時間をかけるべき
・洗う前と後の色の変化と、乾いた後の触り心地に驚き!
・3つの洗浄液の落ち具合に変わりはない

そして、使うときも明らかに化粧ノリが良く、またまた感動してしまいました(笑)

洗ってみると、思っていた以上に、毎日使っているパフは汚れていることがわかります。
みなさんもお家にあるもので、ぜひ試してみてください!

 

ちなみに、お化粧に使うのは、パフだけじゃないですよね。
そう、そうです。メイクブラシも、毎日使う大切なメイク用品ですよね!

メイクブラシも、メイクパフと同じように、雑菌が繁殖しやすいです。月に1回は、洗っておくのがおすすめ。
中性洗剤無水エタノールを使った、2種類の洗い方を、こちらも画像付きでしっかり紹介しています♪

そして、メイクブラシを使ったときのお手入れが実はポイント。
「使った後はティッシュオフ」「毛先を上にして保管する」を忘れないでくださいね。

くわしくは、こちらの記事へ。メイクブラシもきれいにして、毎日楽しくメイクできるようにしましょう♪

 

清潔なパフを使うために!洗うときの便利グッズ

今回試してわかったように、中性洗剤やクレンジングオイル、ハンドソープでも綺麗に汚れは落ちます。ですが、繊維を傷めてゴワゴワになってしまったり、洗浄液の成分がパフに残ってしまったりする可能性もあります。

心配になってしまった方におすすめのアイテムを紹介します。

スポンジクリーナー

スポンジやパフを洗うための専用クリーナーがあることを知っていましたか?

スポンジやパフについたファンデーションなど、ベースメーキャップの汚れや雑菌をすっきり落とす、専用クリーナーです。
柔軟効果があり、肌あたりをソフトに保ちます。また、使用中・乾燥後のニオイが気になりません。どんなスポンジ、チップ、ブラシも買いたてのようになると評判です。

中性洗剤などに比べてやはり高価ではありますが、パフをより長持ちさせたい方にはおすすめだと思います。

 

シリコン洗濯板

「化粧道具を洗う洗濯板」というものも発売されているので、そちらもご紹介します。

こちら、個人的にすごくおすすめです!
化粧用のパフやブラシを少し濡らして、石鹸やクリーナーをつけたら、この洗濯板で擦れば◎!
シリコン素材のため、ブラシやパフにキズもつきません!
見た目も、ハート型でカワイイです。紫が個人的に好きなので、ここでは紫をチョイスしましたが3色あるのでチェックしてみてくださいね♪

 

パフにも替え時がある、一生は使えません!

週に1回ちゃんとパフを洗っていれば、ずっときれいに保つことができるわけだし、もう買わずに済む♪

なんて思っちゃった方。
残念ながら、そういうわけにはいかないんですよ。

どんなものにも寿命というものがあります。

確かに清潔に保つことで、長持ちはするかもしれません。
でも、それを一生使うことができるかと言われると、そうではないんです。

やっぱり使っていくうちに、劣化していってしまいます。
そうすると、化粧ノリも悪くなってしまうんですよ…。

ではどういうタイミングで買い換えたらいいのでしょうか?

買い換え時を見極めるタイミングはこちら。

・肌触りがゴワゴワしてきたら
・穴が空いてきたら
・ボロボロとカスのようなものが出てきたら
・買った頃と比べて弾力がなくなったと思ったら

この4つのどれかが当てはまったら、そのパフは買い換え時。

化粧ノリが悪くなってしまったら、その日の気分もダウンしてしまいませんか?
そうならないように、ちゃんと古くなったら買い換えて、いつもきれいにお化粧できるようにしておきましょう!

 

やっぱり忙しくて洗ってる暇なんてない、という人は?

パフを定期的に洗った方がいい、ということはよくわかりました。
そうはいってもやっぱり、毎日仕事もあって、帰ってくるのも遅くて、朝も早いし、パフまで気が回らない!という人もいると思うんです。

そういう場合にはこうするのがベスト。

使い捨てのパフを使う。

これなら毎日きれいなパフを使うことができます。
とっても清潔です。

洗う必要もないので、楽ですよね。

最近ではこういう大容量のパフが売っています。

こちらは24個も入っています。
確かにコストはちょっとかかってしまうかもしれませんが、衛生的な上、手間が省けるので、洗う暇がないなら、こちらを買って使うのがおすすめです。

 

また、あまり頻繁には洗えないけど、たまになら!という人もいると思います。

そんな方は、こうするのがベスト。

パフを複数持っておく。

複数持っておけば、洗わなくていい期間が増えますよね。
だから頻繁には洗えなくても大丈夫です。

それに、夜遅くに洗ったから翌日の朝になっても乾いていなかった…!なんてことになったとしても、もう一つのパフを使えばいいので、なんの問題もなくなります♪

 

とにかく、洗っていないパフを毎日使い続けるのだけは、絶対に避けてくださいね!

 

まとめ

いかがでしたか?

パフは最低でも週に1回は洗わないと、菌がうじゃうじゃ増えていってしまいます。

それを肌になすりつけている、と考えただけで鳥肌が立ってしまいますよね…。

きれいにメイクをするためにも、肌荒れを防止するためにも、定期的に洗って、清潔を保つことがとても重要。
中性洗剤やクレンジングオイル、石鹸など、どんな家庭にもあるアイテムで簡単に洗うことができちゃうので、手軽にチャレンジしてみてください!

関連記事

パフの洗い方は簡単!定期的に洗わないといろんなトラブルの原因に…

  お化粧をするときのマストアイテム、パフ。 ファンデーションを顔に塗るとき、ほとんどの人が使いますよね。 ところで、最近パフを洗ったのはいつですか? いつだったか思い出せないあなた。 化粧のノリが悪くて、いつ […]

メイクブラシが長持ちする洗い方を解説!コツはブラシを乾かす方向に

ファンデーションやチーク、アイシャドウなどを塗る時に必要なのが、メイクブラシ。 メイクブラシは、毎日のお化粧に使う大切なアイテムですね。 でも、毎日使っているとだんだん汚れてきていつの間にか使いにくくなってしまいますよね […]

つげ櫛のお手入れに椿油は欠かせない!餃子にラー油が必要なようにね

髪は女の命。 しなやかで美しい髪は、女性の永遠の憧れですよね。 あなたはそのために、どんなブラシを使っていますか? 日本では、古くからつげの櫛が女性たちに愛用されています。 だってつげ櫛って、とかすだけで美髪をつくりだし […]

ヘアブラシのお手入れは水洗いするより、ガーゼを使うと圧倒的に簡単

髪をとかすのに毎日使う、ヘアブラシ。 そんなブラシをふと見てみたら、髪の毛やほこりがびっしり…なんて経験、ありませんか? ヘアブラシは、どうしても髪の毛やほこりなどのゴミがたまってしまいがち。 ですがそのままの状態で使い […]

ランキング

エアコンの臭いはホコリ・カビ・雑菌!全てを除去するお掃除方法とは

久しぶりにエアコンをつけてみたら、もわっとした臭い風が部屋いっぱいに広がった。 という経験はありますか? 本当に気分が悪いですよね。そのニオイ、今すぐ取り除きましょう! 実はエアコンのニオイの原因とニオイを取り除くたった […]

エアコンの水漏れの原因は7つ!ドレンホースのお掃除で8割は解決!

エアコンをつけてみたら、え?エアコンが泣いている? いや、違う!ポタポタと水漏れが!そんな経験はありますか? 編集部では、20~50代の女性100人に「エアコンの水漏れを経験したことがありますか?」と聞いてみました。 4 […]

リーガル靴修理|ソール・かかと・つま先ビフォーアフターが完全集結

  日本を代表する靴ブランドであるリーガル。 100年以上にも渡りグッドイヤー・ウェルト製法を貫き、日本人の足にフィットするものをと、木型からこだわっています。 ビジネスシーンの足元の定番ではないかと思うくらい […]

ルイヴィトンバッグ・財布修理|レザー、内袋、取手リペア事例が集結

  ショルダーベルトが切れてしまった。 ファスナーが壊れた。 シミがついてしまった。 そんなブランド品はありませんか? 切れた部分やシミは、修理の職人さんの技術で、元の姿に戻すことができます。 その仕上がりは、 […]

布団は部屋干しでもふかふかに!週に1回干すだけで快眠が手に入る!

  干したばかりの布団って気持ちいいですよね。 じめっと重かった布団も、日光に当てて干すとカラッと軽くなります。 毎日あんな布団で寝られたらいいのにと思いますが、実際は天気に左右されたり、花粉が気になったりして […]

革靴のオールソール交換!靴底の張り替えの匠の技で厚み・美しさ倍増

  靴の、底。 履いているうちに、必ず削れてきてしまう部分ですね。 擦り切れて穴が開いてしまった…… 削れ過ぎて、見た目が悪くなってしまった…… など、靴底の状態が悪くなってしまった靴は、ありませんか? そんな […]

洗濯機はお掃除クリーナーでカビ取り!月イチ槽洗浄でキレイを保とう

洗濯機から出した洗濯物に、なんだか黒いぴろぴろしたものがついている……! なんてことありませんか? それ、ワカメではありません。洗濯機の洗濯槽についてしまった、カビです。 カビがついた洗濯槽でお洗濯をしていると思うと、ぞ […]

グッチのバッグ・財布・靴修理|レザー、内袋、取手リペア事例が集結

  とっても大切な、グッチのバッグや財布、靴。 どれだけ丁寧に扱っていても、壊れてしまうことってありますよね。 長く使っていると素材が変質したり、穴があいてしまったり…。 自分で修理しようとすると、せっかくのデ […]

風呂釜掃除はつけおきで簡単!プロの洗浄は専用機械で汚れがゴッソリ

湯船に浸かって、1日の疲れを癒す。 お風呂の時間は、最高のリラックスタイムですよね。 そんな、つかの間の休息を演出してくれるのがそう、風呂釜。 意外と知られていないですが、お掃除していない風呂釜には汚れがたまっています。 […]

エアコン掃除を自分で行う方法を解説!内部のカビはプロが徹底除去!

夏が始まり、エアコンをつけると…カビ臭い。 臭いだけでなく、カビを含んだ空気を吸って健康に悪影響が出てしまうのは嫌ですよね。 そこで必要なのは、エアコンのお掃除! エアコンを分解し、カビやホコリを取り除くことで、空気を綺 […]

エアコンの臭いはホコリ・カビ・雑菌!全てを除去するお掃除方法とは

久しぶりにエアコンをつけてみたら、もわっとした臭い風が部屋いっぱいに広がった。 という経験はありますか? 本当に気分が悪いですよね。そのニオイ、今すぐ取り除きましょう! 実はエアコンのニオイの原因とニオイを取り除くたった […]

エアコンの水漏れの原因は7つ!ドレンホースのお掃除で8割は解決!

エアコンをつけてみたら、え?エアコンが泣いている? いや、違う!ポタポタと水漏れが!そんな経験はありますか? 編集部では、20~50代の女性100人に「エアコンの水漏れを経験したことがありますか?」と聞いてみました。 4 […]

洗濯機はお掃除クリーナーでカビ取り!月イチ槽洗浄でキレイを保とう

洗濯機から出した洗濯物に、なんだか黒いぴろぴろしたものがついている……! なんてことありませんか? それ、ワカメではありません。洗濯機の洗濯槽についてしまった、カビです。 カビがついた洗濯槽でお洗濯をしていると思うと、ぞ […]

風呂釜掃除はつけおきで簡単!プロの洗浄は専用機械で汚れがゴッソリ

湯船に浸かって、1日の疲れを癒す。 お風呂の時間は、最高のリラックスタイムですよね。 そんな、つかの間の休息を演出してくれるのがそう、風呂釜。 意外と知られていないですが、お掃除していない風呂釜には汚れがたまっています。 […]

エアコン掃除を自分で行う方法を解説!内部のカビはプロが徹底除去!

夏が始まり、エアコンをつけると…カビ臭い。 臭いだけでなく、カビを含んだ空気を吸って健康に悪影響が出てしまうのは嫌ですよね。 そこで必要なのは、エアコンのお掃除! エアコンを分解し、カビやホコリを取り除くことで、空気を綺 […]

お風呂の鏡のお掃除はどうしよう?なにしよう?「新聞使用」が正解!

毎日使うお風呂。 毎日見るお風呂の鏡。 あなたのお家のお風呂の鏡、自分の姿がはっきり写りますか? 湯気で覆われているように白くくもっていませんか? ここで編集部が20代〜60代の女性100人に行なったアンケートを見てみま […]

洗濯機の排水口掃除はパイプユニッシュor重曹!臭いや詰まりも改善

洗濯機の排水口から何か嫌な臭いが漂ってくる…。 洗濯機が脱水中に止まってしまったり、エラー表示が出たりする…。 あなたのお家の洗濯機のそんなトラブル、もしかしたら洗濯機の排水口のせいかもしれません。 長期間、洗濯機を使い […]

お風呂の排水口・排水パイプの掃除方法!臭いと詰まりをどちらも解消

  お風呂ので一番汚れが気になるところといっても過言ではない、排水口。 お風呂中のお湯が流れ着く場所です。お湯に流されて、汚れもたっぷりたまります。 排水口の汚れが原因で、お風呂中に嫌な臭いが漂ったり、排水パイ […]

キッチンの排水口のお掃除には重曹とお酢でつまりはもう詰まらない!

排水口のぬめり…… 排水口からの臭い…… 排水口の詰まり…… 毎日キッチンを使っていると、こんな問題が生じることがよくあります。 キッチンは朝昼晩と使うものなので、排水口の掃除までなかなか手が回らないですよね。 では、い […]

お風呂の頑固なカビには片栗粉×漂白剤!プロおすすめ予防法もご紹介

スポンジでゴシゴシしても落ちない…。 落としたつもりでも何日かたつと復活している…。 このように、お風呂のカビで悩んだことはありますか? ここで編集部が20代〜60代の女性100人に行なったアンケートを見てみましょう。 […]

布団は部屋干しでもふかふかに!週に1回干すだけで快眠が手に入る!

  干したばかりの布団って気持ちいいですよね。 じめっと重かった布団も、日光に当てて干すとカラッと軽くなります。 毎日あんな布団で寝られたらいいのにと思いますが、実際は天気に左右されたり、花粉が気になったりして […]

ワイシャツの黄ばみを落とす最強の漂白剤の使い方!予防すれば完璧◎

いつの間にかワイシャツが黄ばんでいた経験、ありませんか?特に、襟や脇、袖は黄ばみやすい部分です。 実は、毎日ちゃんとお洗濯しているだけでは、黄ばみを予防することはできないのです。 黄ばんだワイシャツでは、第一印象も悪くな […]

油汚れの染み抜きには「クレンジングオイル」が一番効果的なんです!

「揚げ物を作っていたら、油が服に飛んでしまった…。」 「子供がオムライスを食べていて、服にケチャップをつけてしまった…。」 など、日常的に服に油のシミがついてしまうシーンってありますよね。 でも、みなさんは知っていますか […]

白いスニーカーの汚れを7つのアイテムで真っ白に!お酢が決め手です

白は汚れる! まあ常識ですよね。 ちょっと擦っただけでも灰色が付きますもん。 僕も一時期まっ白なスニーカーで生活してたんですがね、まあすぐ汚して怒られましたとも。   ということで今回は白スニーカー。 汚れが目 […]

【8割の人が知らない!】靴を自宅の洗濯機で洗う正しい方法を解説

会社が学校から帰る途中に、突然のゲリラ豪雨。 息を切らしながら走って帰ったけど、泥が跳ねて靴が汚れちゃった…。そんなこともありますよね。 そんなとき汚れてしまった靴をどうしていますか? え?そのまま? そんな […]

油性ペンの汚れに4通りの落とし方。油には油を!不安ならみかん!

新学期。新しい教科書に名前を書く時に、大活躍の油性ペン。 にじまず、書く材質を選ばないのが特徴。そのため、水で濡れやすいキッチン周りにも使えますし、学生から主婦の方にも愛用されているはず。 そんな油性ペンの1番の特徴は「 […]

羽毛布団を洗濯機で洗う方法|コインランドリーやクリーニングと比較

  寒くなってくると毎年押し入れから引っ張り出してくる羽毛布団。ふかふかのお布団にはついつい顔をうずめたくなりますよね…って、あれ。 なんか、臭い。前よりボリューム感がないかも。 なんてショックを受けてる方に質 […]

色移りの落とし方は50℃のお湯で洗剤2倍!本当に正しい情報大公開

あああ!しまった。 洗濯機の蓋を開けてみたら、中が大惨事になっていた。 こんな経験はありませんか? そう、色移り。 お気に入りの服に色が移っていた時なんか、とてもショックですよね。 普段は気をつけていても、ちょっと気を抜 […]

帽子・キャップの型崩れしない洗い方!他とはかぶらない方法で伝授!

帽子って、知らず知らずのうちに汚れや臭いがひどくなってしまいますよね。 特に夏の汗をかく時期。 でも、帽子を自宅で洗うって、あんまりピンとこないかもしれません。 しかし、ここでは帽子・キャップを自宅で型崩れの心配なく洗う […]

羽毛布団の洗濯はコインランドリーがおすすめ!乾燥時の注意点も解説

  軽くて、柔らかくて、暖かい。 と、良いこと尽くしの羽毛布団は、寒い季節には手放せない寝具の1つ。 でも、なんだか最近、ふんわり感がなくなったような…。 それに、前よりも暖かくないかもしれない…。 なんて感じ […]

リーガル靴修理|ソール・かかと・つま先ビフォーアフターが完全集結

  日本を代表する靴ブランドであるリーガル。 100年以上にも渡りグッドイヤー・ウェルト製法を貫き、日本人の足にフィットするものをと、木型からこだわっています。 ビジネスシーンの足元の定番ではないかと思うくらい […]

ルイヴィトンバッグ・財布修理|レザー、内袋、取手リペア事例が集結

  ショルダーベルトが切れてしまった。 ファスナーが壊れた。 シミがついてしまった。 そんなブランド品はありませんか? 切れた部分やシミは、修理の職人さんの技術で、元の姿に戻すことができます。 その仕上がりは、 […]

革靴のオールソール交換!靴底の張り替えの匠の技で厚み・美しさ倍増

  靴の、底。 履いているうちに、必ず削れてきてしまう部分ですね。 擦り切れて穴が開いてしまった…… 削れ過ぎて、見た目が悪くなってしまった…… など、靴底の状態が悪くなってしまった靴は、ありませんか? そんな […]

グッチのバッグ・財布・靴修理|レザー、内袋、取手リペア事例が集結

  とっても大切な、グッチのバッグや財布、靴。 どれだけ丁寧に扱っていても、壊れてしまうことってありますよね。 長く使っていると素材が変質したり、穴があいてしまったり…。 自分で修理しようとすると、せっかくのデ […]

ファスナー・チャックの直し方を解説!5つの不具合もこれで全て解決

急いでファスナーを閉めたら動かなくなった……なんて経験、あるんじゃないですか? 『ガチっ』なんて音を出した後、うんともすんとも言わなくなることが結構あるんですよねぇ。 さて、こういうファスナーの故障ですが、大抵は曲がって […]

裾上げのやり方をズボンの種類別に解説!丈を決めるポイントも伝授!

もうちょっと裾が短かったら、このズボンは完璧なのになあ。 そんなお悩みはありませんか? そんなときに便利なのが「裾上げ」。 でも洋服屋さんで頼むと時間がかかってしまいます。取りに行くのも面倒臭いですよね。 だから、自分で […]

靴の臭いがたったの100円で消せるのならば試さずにはいられない話

どうも、隙あらば靴を脱ぐのであんまり足の臭いに困らない僕です。 たまに遠出すると脱げなくて大変なことになるんですけどねー。 さて、足の臭いってかなり気になりますよね。 しかも、どれだけ足を洗ったところで臭いが出るのは止め […]

スエードの靴の汚れの正しい洗い方とは?普段のお手入れ方法も解説

スエードの靴、あの独特の質感が素敵ですよね。なんだか温かみを感じる、良い生地だと思います。 でも一つ問題が…… 汚れが付きやすいんですよね。水に濡れればシミになり、使っているとテカテカしてきます。 しかも、スエードってお […]

靴磨きのコツを大公開!職人だけが知る革靴のお手入れ方法を徹底取材

お洒落は足元から、なんてよく言いますよね。 一生、大切にしたいと思っている革靴を、お持ちの方も多いはず。 ですが、せっかくの素敵な革靴も、お手入れができていなかったら台無しです。 よい革靴は、きちんと靴磨きをして、いつで […]

サビ落としはブラシ&サビ取り剤が最強!こすらず磨いて楽々完全除去

身の周りを見渡してみたら、色んなところでサビを発見してしまった…なんて経験、ありませんか? 例えば家の中に置いてあるスタンドラックにも発生するし、外に置いておいた自転車にもサビはつきやすいもの。 見た目はあまりきれいとは […]

おすすめ特集