合成洗剤は手荒れする?原因は肌の乾燥とターンオーバーの乱れの2つ【茂木和哉】

茂木和哉

更新日:2018年10月23日

こんにちは!
茂木和哉です。

合成洗剤を使うとなぜ手が荒れるのか?
その理由は2つあります。

ひとつは、皮脂が流れ落ちることによる手肌の乾燥です。

私たちは、肌を皮脂で覆うことで、外部の刺激から保護したり、水分の蒸発を防いだりしています。
この皮脂が少なくなったり、なくなったりすると、肌の水分が蒸発しやすくなります。
そうして、肌が乾燥したり、肌にトラブルが起こったりするのです。

合成洗剤を使うと、こんなに肌にとって大事な皮脂 が、お皿に付いた油汚れと一緒に流れてしまいます。

 

もうひとつが、手肌のターンオーバー の乱れです。

実は、合成洗剤は、油だけでなくタンパク質までも溶かしてしまいます。
ですから、タンパク質で作られている手肌は、合成洗剤に触れると侵され、傷めつけられます。

手肌はターンオーバーにより新しい皮膚が生まれてくるので、多少侵されたぐらいでは修復できます。
ところが、何度も繰り返し、手肌が合成洗剤の攻撃を受け、侵され続けると、そのターンオーバーの周期に乱れが生じ、不完全な皮膚ができて、手荒れを起すのです。

 

洗剤を選ぶ際には、ぜひ、参考にしてみてくださいね!

 


洗剤職人「茂木和哉」が書いた、年末の大掃除に必ず役に立つ1冊です!