食器用洗剤は手荒れする?合成界面活性剤に注意!表記に騙されるな!【茂木和哉】

茂木和哉

更新日:2018年10月12日

こんにちは!
茂木和哉です。

手荒れしやすい食器洗剤には、必ず合成界面活性剤が含まれています。

でも、合成界面活性剤は、種類よって荒れやすさは大きく違います。
正確に言えば「手荒れしやすい食器洗剤には、手荒れしやすい合成界面活性剤が含まれている。」ということになります。

しかし、残念ながら、一般的な食器洗剤は、すべてに手荒れしやすい合成界面活性剤が含まれているのが現状です。

 

ところで皆さん、手荒れしやすい合成界面活性剤は、石油から作られるものだけだと思っていませんか?
実は、植物油から作られる合成界面活性剤でも手荒れするものはあります

むしろ近年は、植物油が由来の手荒れしやすい合成界面活性剤が、石油由来のものに変わって多く使われています。
植物には良いイメージがあるのも、理由のひとつだと思われます。

 

ですから、たとえ、パッケージに「天然由来」や「植物系」の洗浄成分を使っているなどの表記をしているからといって、手荒れしないなどと安易に思わないでください。

悲しいことに、「天然由来」や「植物系」と表現している食器洗剤でも、ほぼすべてが手荒れしやすい合成界面活性剤といっても過言ではありません。

 

洗剤を選ぶ際には、ぜひ、参考にしてみてくださいね!

 


洗剤職人「茂木和哉」が書いた、年末の大掃除に必ず役に立つ1冊です!