弱酸性が手肌に1番は誤り!せっけんの安全性は主成分に着目すべし!【茂木和哉】

茂木和哉

更新日:2018年10月23日

こんにちは!
茂木和哉です。

洗剤が手肌に与える影響は、洗剤に含まれている主成分が手肌に安全なものかどうかで判断してください。

台所洗剤やシャンプーなら界面活性剤です。
主成分である界面活性剤が何かが、最も重要なのであって、ごくわずかにしか含まれていない香料や防腐剤などの成分ではないということです。

 

弱酸性か弱アルカリ性かといった液性はその次です。
この判断の順位が逆なら、弱酸性の合成洗剤より、弱アルカリの純石けん の方が手肌に悪いということになります。

そんなことは、絶対にありません。

 

ぜひ、参考にしてみてください!

 


洗剤職人「茂木和哉」が書いた、年末の大掃除に必ず役に立つ1冊です!