洗剤に溶剤を使用する目的は?油を溶かす成分で、高い洗浄力を実現!【茂木和哉】

茂木和哉

更新日:2018年10月12日

こんにちは!
茂木和哉です。

油汚れに働く洗浄成分は、

・界面活性剤
・アルカリ剤
・酵素
溶剤

の4つがあります。

今回は、その中の溶剤についてお話します!

 

そもそも溶剤とは、油などを溶かす揮発性のある成分のことです。
アルコールシンナーなどが、有名ですね。

洗剤では、界面活性剤をたくさん配合できない用途のものに、よく使われます。

例えば油汚れ用洗浄剤お風呂用洗剤です。

油脂汚れ、皮脂汚れに対し高い洗浄力が求められるこれらの洗剤は、スプレーして使うタイプがほとんどです。
界面活性剤だけで洗浄力を高めようとすると、ドロドロしすぎてスプレーでは使えません。
しかし、洗浄力は高くしなければなりません。

そんな時、とても便利な洗浄成分が溶剤なのです。

 

洗剤によく使われる溶剤としては、

・グリコール系溶剤
・グリコールエーテル系溶剤

などがあります。

高い洗浄力をお求めでしたら、界面活性剤以外にも、これらの溶剤が含まれている洗剤を選ぶのがおすすめです。

さらにアルカリ剤が含まれているものは、ガンコな油汚れ落としに、非常に適しております。
例えば、なまはげがそれにあたります。

 

購入はこちら!

ぜひ、試してみてください!


茂木和哉 瞬間油汚れ洗剤 なまはげ 400ml


洗剤職人「茂木和哉」が書いた、年末の大掃除に必ず役に立つ1冊です!