「茂木和哉」が安全性の高い洗剤である2つの理由【茂木和哉】

茂木和哉

2016年10月01日

こんにちは!
茂木和哉です。

「茂木和哉のような洗浄力が強い洗剤は、安全面が心配……」
「茂木和哉は、酸だから怖い……」
「茂木和哉は、スルファミン酸が入っているから刺激が強そう……」
と思っている方は、いませんか?

ご安心下さい!
茂木和哉は、刺激が少ない安心安全の洗剤です!

では、その理由についてご説明します。
理由は2つあります。

「茂木和哉」は、刺激が低い弱酸性

まず1つ目の理由が茂木和哉は、刺激が低い弱酸性という点です。

強アルカリの苛性ソーダ、強酸の塩酸など、直接触れると肌が火傷するほど刺激が強い化学物質は、とても危険です。
しかし、それは濃度が高いものであって、刺激がなくなるところまで水で薄めれば、決して危険なものではありません

例えば、みなさんが毎日利用している水道水は、浄水場で国の基準内の安全な水質なのかをチェックし、基準値外であれば、水質を調整して、ご家庭へと供給しています。
そのチェックする項目の1つがpH(ペーパー)であり、調整するための薬品として、苛性ソーダや塩酸が使われているのです。

もしpHが基準値を上回っている場合は、塩酸を入れて基準値まで下げます。
pHが基準値を下回っている場合は、苛性ソーダを入れて基準値まで上げます。

pHが国の基準値内ということは、安全が約束された中性域という事です。
このように、苛性ソーダや塩酸などの強アルカリや強酸でもpHが中性域まで、水で希釈されていたり、pH調整されていれば怖いものではないのです。

これは洗剤も同じなのです。

茂木和哉に含まれているスルファミン酸は、それ自体は強い酸性です。
しかし、スルファミン酸よる刺激を抑えるためにpHを肌と同じ弱酸性に調整しています。

だから、刺激が少なく安心して使えるというわけです。

 

「茂木和哉」は、合成界面活性剤を使っていない

もう1つの理由は、合成界面活性剤を使っていないという点です。

通常、洗剤やクレンザーには、合成界面活性剤が含まれています。
洗剤=合成界面活性剤で汚れを落とす」ということです。

そのため、合成界面活性剤が含まれていない洗剤は、この世に存在しません。

また、クレンザーにも

・汚れ落ちをよくするため
・使いやすくするため
・品質を保つため

などの目的で、合成界面活性剤が使われます。

しかし、茂木和哉には合成界面活性剤がまったく含まれていないのです!
だから、安全性が高いのです。

合成界面活性剤を含まないと安全性が高い理由

なぜ、合成界面活性剤が含まれていないと安全性が高いのか?
それは、皮膚が合成界面活性剤による、タンパク質変性作用の影響を受けないからです。

タンパク質変性作用とは、タンパク質の性質を変化させる働きです。

私たちの人間の体は、タンパク質でつくられています。
台所洗剤で手荒れするのも、合成界面活性剤の影響です。

 

このように、洗剤の安全性を判断する基準は、酸やアルカリの強さだけではありません。

・合成界面活性剤が含まれているのか?
どんな種類の合成界面活性剤が含まれているのか?
どのぐらい合成界面活性剤が含まれているのか?

という点も、安全性を判断する大きな材料なのです。

弱酸性で合成界面活性剤を使っていないの茂木和哉が、いかに安全性が高いものなのか、お伝えできたのではないでしょうか。

 

購入はこちら

ぜひ、みなさんもお試しください!


茂木和哉 200ml


洗剤職人「茂木和哉」が書いた、年末の大掃除に必ず役に立つ1冊です!

関連記事

NEW水垢をラクに落とす!大掃除ですぐにマネできる茂木流掃除その3

目から鱗が落ちる。 あるきっかけで、物事が理解できるようになること。 頑固な鱗が落ちる。 ある洗剤で、水回りにできがちな魚のウロコ状の白っぽい水垢がなくなること。   「水垢」と聞いて、真っ先に浮かぶには、お風 […]

NEW油汚れをラクに落とす!大掃除ですぐにマネできる茂木流掃除その2

油汚れを落とすのは、お好きですか? ギトギト、ベトベト。 油汚れなんて見るのも触るのも嫌!という方が多いと思います。 そんなみなさんに朗報です。 油汚れが落ちなかったのは、使う洗剤を間違えていたせいかもしれません。 &n […]

NEW道具・洗剤を使いこなす!大掃除ですぐにマネできる茂木流掃除その1

みなさんは、お掃除にどんな道具や洗剤を使っていますか? スポンジやブラシ、洗剤など、お掃除する場所ごとに専用のものを揃えているという方も多いと思います。 新発売のなんだか便利そうなグッズって、ついつい試してみたくなります […]

過炭酸ナトリウムの洗浄力を劇的に上げる方法を教えます!【茂木和哉】

こんにちは! 茂木和哉です。 漂白、除菌、消臭はもちろんのこと、カビ取りや油取りの洗浄にまで使える、とても便利な酸素系漂白剤「過炭酸ナトリウム」。 さらに、安心安全ということもあり、一般の方だけでなく、清掃業者さんにも人 […]

界面活性剤とは?茂木和哉が分かりやすく解説します!【茂木和哉】

こんにちは! 茂木和哉です。 界面活性剤とはどんなものなのか? 言葉はわかっていても、どんなものなのかをわかっている方は、おそらくほとんどいないと思います。 そこで! 今回は界面活性剤について、できる限り分かりやすく説明 […]

水あか洗剤「茂木和哉」の正しい使い方とは?【茂木和哉】

こんにちは! 茂木和哉です。 水あか洗剤茂木和哉は、正しく使うことで、よりキレイに、そして楽に水あかを落とすことができます。 そこで今回は茂木和哉の正しい使い方をご説明します! 目次1 茂木和哉の正しい使い方2 購入はこ […]

使い方に問題があると茂木和哉でも落とせない水垢があります!【茂木和哉】

こんにちは! 茂木和哉です。 茂木和哉をお使いになったことのあるみなさん、汚れ落ちはいかがでしたか? もし、 「思ったほどキレイにならない……」 「友だちはキレイに落ちたみたいだけど、なぜか落ちない……」 など、汚れ落ち […]

硬水と軟水、掃除にはどっちが有利なの?【茂木和哉】

こんにちは! 茂木和哉です。 硬水と軟水を語る上で外せないのが「硬度」です。 硬度とは、水に含まれているカルシウムやマグネシウムの量を表す数値です。 硬度が少ない水を軟水、多い水を硬水と言います。 掃除や洗濯には、どっち […]

アルカリ性電解水の真実

こんにちは! 茂木和哉です。 お掃除用の万能洗剤として、最近よく知られるようになった「アルカリ性電解水」。 もう定番化しつつありますよね。 アルカリ電解水の売りは何と言っても ・安全性の高さ ・環境負荷の低さ ではないで […]

その汚れ、酸性洗浄剤とアルカリ洗浄剤どちらで落としますか?

こんにちは! 茂木和哉です。 洗浄剤には、 ・アルカリ性洗浄剤 ・酸性洗浄剤 の2種類があります。 汚れ落としの基本ですが、「どんな汚れを落とせるのか?」が、ちゃんとわかっていると、洗剤選びで失敗しませんし掃除の幅が広が […]

あなたにおすすめの記事

その他の人気記事