HOME
更新日 :2021年11月02日

窓ガラスの修理の方法や費用は?割れた時の応急処置方法もチェック!

この記事をシェアする FaceBook X LINE Pinterest

「子どもが投げたものが、窓ガラスに当たって、窓ガラスが割れてしまった!」

「強風でものが飛んできて、窓ガラスが破損してしまった。」

そんな万が一の場合に、気になるのが、窓ガラスの修理の方法や修理にかかる費用ではないでしょうか。

今回は、窓ガラスが破損した場合の修理にかかる費用をはじめ、割れた際の応急処置の方法などについてもご説明します。

窓ガラスが割れた時の応急処置の方法は?

窓ガラスが割れてしまった場合には、割れた窓ガラスの破片で、怪我をしてしまわないように、片付けや応急処置を行うことが必要です。

窓ガラスが割れてしまったら、まず最初にペットや小さいお子さんがいるご家庭では、割れた窓ガラスや、飛び散った破片に触れてしまわないように、他の部屋に移動させるなどの対策をとると安心です。

ペットやお子さんの安全を確保したら、まず、飛び散った窓ガラスの破片を片付けましょう。

窓ガラスの破片を片付ける際には、細かい破片で怪我をしてしまう恐れもあるので、スリッパや室内用の靴など、なるべく底の厚い履物を履いて、軍手を着用して行いましょう。

チリトリとホウキで大きい破片を取り、残りは粘着テープなどで取るようにすると、細かい破片までしっかりと取ることができますよ。

また、取り除いた破片は、新聞紙で何重にも重ねて巻き、ビニール袋に入れておくと、不意に触ってしまうことがないので安心です。

散らばった破片が片付け終わったら、窓ガラスの割れた箇所を養生します。

養生する場合には、窓ガラスの割れた範囲よりも大きなダンボールやクリアファイルなどを用意し、それらを窓ガラスの割れた部分に軽く当て、養生テープもしくはガムテープを周りに貼って固定すれば、応急処置は完了です。

これらの作業を行う場合にも、必ずスリッパや室内用の靴を履いて行うようにしてくださいね!

窓ガラスの修理にかかる費用をチェック!

では続いて、窓ガラスの修理を業者に依頼した場合には、どのような費用がかかるのかを見ていきましょう。

窓ガラスの修理には、以下のような費用がかかってきます。

窓ガラスの修理にかかる費用

窓ガラス本体の費用

窓ガラス本体の費用は、窓の大きさだけでなく、厚さや種類(網入りガラスやペアガラスなど)によっても大きく変わってきます。

例えば、一般的な透明ガラス(90cm×90cm)の場合、窓ガラス本体の費用は18,000円~25,000円程度が相場ですが、ペアガラスの場合は、同じサイズで30,000円~40,000円程度が費用の相場となります。

また、同じ透明ガラスであっても90cm×180cmなど、サイズが大きくなれば、20,000円~27,000円程度と、窓ガラス一枚当たりの費用も高くなります。

施工費用・出張費用

施工費用とは、窓ガラス1枚を交換するのにかかる費用のことで、窓ガラスの大きさによって変動することもあります。

出張費用は、枚数に関わらず、一つの現場に対してかかる費用です。

オプション費用

上記の費用に加えて、作業が夜間や早朝になる場合や高所の作業になる場合などに、割増料金がかかることがあります。

見積もりを取る際に注意したいこととは?

上記でも説明した通り、窓ガラスの修理の費用は、窓ガラスの大きさや種類、また条件などによっても大きく異なります。

窓ガラスの修理は、急を要することではありますが、後から思わぬ費用がかかってしまったということにならないためにも、修理を依頼する際には事前にしっかりと見積もりを取るようにしておきましょう。

また、見積もりが出てきた際には、内訳などの細かい内容が、明確になっているかを確認することが大切です。

たとえば、内訳がしっかりと明記されておらず、『一式』と表記されていたり、諸経費があまりにも高く表記されていたりするなど、表記された金額の妥当性が判断できない場合には、注意が必要です。

しっかりと内容を確認して、内容を理解した上で、修理を依頼するように気をつけてくださいね。

窓ガラスが割れないようにするには、事前の対策が大切!

窓ガラスが割れてしまうと、思わぬ費用がかかるのはもちろん、飛散した窓ガラスの破片を片付けたり、応急処置をしたり、修理業者を探したりと、大変な労力がかかります。

そんな無駄な労力を使わなくて済むようにするためには、窓ガラスが割れないように、事前に対策をしておくことも大事です。

窓ガラスが割れないようにする対策

強化シートを貼る

窓ガラス用の強化シートは、窓自体の強度を上げてくれるので、窓ガラスが割れにくくなり、また万が一、強い衝撃で割れてしまった場合にも、破片が飛散するのを防いでくれる役割があります。

シャッターを閉める

シャッターが備え付けられている家の方は、台風や突風など、窓ガラスが割れる恐れがある場合には、事前にシャッターを閉め、窓ガラスが割れるのを防ぎましょう。

まとめ

窓ガラスが破損した場合にかかる修理費用や見積もりを取る際に気をつけたいこと、割れた際の応急処置の方法などについてご紹介しました。

突然の窓ガラスの破損に焦ってしまわないように、万が一に備えて、事前に覚えておくと便利ですよ♪

ぜひ、参考にして見てくださいね!