ファスナー・チャックの不具合は修理できる!リップクリームが使えます!

■ファスナー・チャックは「エレメント」と「スライダー」から成る
■エレメントとスライダー自体の問題ならラジオペンチで自分で修理
■布を噛んでしまったときの直し方は水平に引っ張るのが大切

RELIVERS編集部

2017年04月20日

急いでファスナーを閉めたら動かなくなった……なんて経験、あるんじゃないですか?

『ガチっ』なんて音を出した後、うんともすんとも言わなくなることが結構あるんですよねぇ。

 

さて、こういうファスナーの故障ですが、大抵は曲がってしまった部品が原因なのです。
なので大抵の場合はペンチで直せるのですが——っと、詳しい話は本文でしましょうか。

……生地を挟んでしまっている場合は別ですからね?
それはどうにか外して下さい。がんばれ。

先ずはファスナーの仕組みを理解!

ファスナーを閉めたつもりなのに「外れてしまう」というのはすなわち「噛み合っていない」ということです。
これがどのようなことか理解するために、ファスナーの仕組みを知りましょう!

まずは上の図にある2つの用語の解説をします。

エレメント」は実際に噛み合う「」の部分のことです。
スライダー」はファスナーを開け閉めする際に僕たちが動かす「歯を嚙みあわせる部分」です。

エレメントを
・スムーズに
・同じタイミングで
・規則的に
スライダーが嚙みあわせるのがファスナーです。

噛み合ってない」から「外れる」のです。
原因はエレメントが不規則になってしまっているか、スライダーが嚙みあわせるところまで持っていけていない、のどちらかになりますね!仕組みがわかれば対処法も見えてきます。ここから「ファスナーが壊れた?」となった時の対処法を説明していきます!
 

ファスナーが閉めても開いてしまう…場合

こうなったら、2つの理由を疑いましょう。エレメントとスライダー、覚えましたか?
 

エレメントの不具合を疑う

まず原因を疑うのはエレメントです。

いくらスライダーが好調でもエレメントが不規則では噛み合うことはないからです。

エレメントは端から端まで全ての歯が「上下左右」しっかりと噛み合って初めて機能します。

そのため、1つでもエレメントが「欠けている」という状態にあれば、それは修復不可能です。ファスナーごと全て取り替えましょう。

次に「上下左右」が揃っていなければいけないので、エレメントの列を上から見て列を乱しているものがいればペンチなどを使って正しく直してあげましょう!

揃っていない状態で噛ませると、最初からズレた噛み方になるので、少しの力でその部分が外れ、ファスナー全体が総崩れ…となってしまいます。

この2点に問題がないようだったら、次の段階に向かいましょう!

スライダーの不具合を疑う

スライダーは使いやすいように軽い金属を使って作られています。
そのため、布地を噛んだり、何度も繰り返し使っていたりすると、金属が緩く広がり、エレメントを引き合わせる力がなくなってきます。

こうして、エレメントがしっかりと噛み合わさらず、スライダーを抜けて出てきた時にはもうファスナーは開いてしまっている、なんてことが起こるのです。

もちろん対処法は「スライダーを締め直す」です!

ではどこを何でどのように締めるといいのか。解説します!

まず使う器具はラジオペンチのみです。

次に、どこを締めるか。
スライダーには「入口」と「出口」があります。

「入口」が広く、「出口」が狭くなっています。それぞれの機能は「入口」が両サイドのエレメントを引き込む役割、「出口」がエレメント同士を実際に引き合わせる役割になっています。

そのため、そもそもスライダーにエレメントが入らない(ないと思いますが…)場合は、入口も閉めた方が良いのですが、そうでなければ「出口だけを閉めましょう

どこを締めるか確認したい方は下の写真を参考にしてみてください!

 

「どのように」ですが、先ほども言った通りファスナーは軽い金属で作られているため、変形しやすくなっています。

ラジオペンチで直せるぶん、力をかけすぎると締まり過ぎてスライダーが動かなくなることもあるので、確認しながら作業を行って適度な硬さにすることをオススメします!

噛んでしまった…場合

もしかしたらこちらの方を経験した方のほうが多いかも、というくらいメジャーなアクシデントですね…。

布を噛んでしまった場合、無茶苦茶に引っ張ってみてもビクともしないことがほとんど。動いたとしてもそれはファスナーが破壊された時ですね。

無茶に動かすのはメリットが1つもないので、正しい方法をここで学んでおきましょう!

柔らかい生地の場合

通常の生地はほとんどこの方法で生地を取り出すことができます。

生地をゆっくりとファスナーと水平方向)に伸ばすように引っ張ります(下図)。

水平方向を意識しないで上下に…なんてしてしまうともっと生地が食い込んでいってしまうので、必ず「水平方向」を意識しましょう!
 

硬い生地の場合

硬い生地とは、ジーンズを思い浮かべてもらえると分かりやすいと思います!

あのような生地は水平にやっても隙間が小さすぎて手で引き出すのには限界があります。なので道具を使って「隙間」を作りましょう!

オススメは作業に入る前にドライヤーなどを当てて温めておくことです。ファスナーが少し柔らかくなって動かしやすくなりますよ。
定規マイナスドライバーなど、薄く平べったい、ある程度の硬さがあるものを生地とファスナーの間に挟むと隙間ができるので、そこから生地を取り出しましょう!
 

錆びてる場合があります

上の方法でやっても食い込みがうまく取れにくい、なんてことがあったらそれはファスナーが古くなり、錆びてしまっているのかもしれません。

ミシン油、サラダ油、どちらでも良いので油を2〜3滴落としてあげましょう。そしてもう一度生地を取り出してみましょう!

チャックが滑らなくなった…場合

最後に1つ、ファスナーに見られる別のアクシデントが、スライダーが突然動かなくなるという事象です。

これは2つ対処法があります。

まず最初は、「逆方向に動かしてみる」です。
えっ、と思った方もいると思いますが、これが意外と功を奏することが多いのです。
無理に動かそうとするのではなく、一度逆方向に戻してみてください!

2つ目は潤滑油を使って滑りを良くする方法です!

先ほどの章でも書いた通り、長く使ったファスナーは錆びてしまっていることがあります。

なので潤滑油…なんですが、家庭にない方が多いと思うので、リップクリームが代替品になることを紹介します!

綿棒にリップクリームを塗りつけ、両側のエレメントたちにつけるだけ!

リップクリーム以外にワセリン固形石鹸も代替品として使えます!
色が気にならなければ、鉛筆を塗ってみるのも手軽ですが効果的です。鉛筆の芯には油分が含まれていますので、サビの浅いもの、少し引っかかるくらいのものに対しては鉛筆で十分だったりします。

まずは逆方向に動かしてみて、動かなかったら2つ目の方法を実践してみることをおすすめします!

ファスナーが外れてしまった・・・

スライダーが両方にエレメントにかかっているのが基本状態ですが、スライダーが緩くなってしまい、片方のエレメントから外れてしまった、ということもありますよね。そういった時の対処法をお伝えします!
 

スライダーを広げて噛ませ直す

高価でないファスナーであれば、ドライヤーなどで温めてからマイナスドライバーでスライダーを広げ、エレメントを噛ませてペンチでしめる、という少し力技ですが効果的な方法があります。
ただし、やはり広げすぎて金属が弱ってしまったり、広げすぎて緩くなってしまったり、という可能性もないわけではありません。

止め金具を外す

最終手段は「止め金具を外す」です。
止め金具というのは、スライダーが抜け落ちないように止めているエレメントの一番下の部分です。
この部分をペンチで外しましょう。ものによっては縫い込まれているので縫製を解いてから外さなければならないものもあります。

止め金具を外せば普段ファスナーを使っているのと同様に下から噛ませることができるので、普通に下から通しましょう。
スライダーを噛ませて止め金具をペンチなどで付け直せば完了です!
 

自分で修理するのは心配・・・

ご紹介させていただいた方法で直りはするのですが、ペンチやマイナスドライバーなどを使って、金属を広げたり、、となると壊さないかな?安全にできるかな?ちょっと怖いな・・・?と思われる方もいらっしゃることだと思います。

そういった場合は修理屋さんにお願いするのもオススメ。
スライダーだけの交換はおおよそ2000円くらい、ファスナー全体の交換となると1箇所1000円〜2000円くらいと言われています。
ファスナー代と人件費がかかってしまうため少し高額ですね。

大切なもの、効果なものはお手入れも兼ねて修理屋さんにお任せするのもオススメですが、ご自分での修理に挑戦してみるのもオススメです。

 

まとめ

どうでしょう、直りそうですか?

どうしようもなさそうなら、修理するような場所に出して付けなおして貰いましょうね。

 

ペンチで曲げるーと聞くと、経験がない方は不安に思うでしょう。
でも、かなり簡単だったりします。こう、ぐいっと……言葉で説明するの無理ですねこれ。

実際に試してみる方が早いでしょうね。

なに、もともと壊れているのです。安心してやっちゃいましょう。
 

関連記事

お掃除道具48個選抜発表!王道の洗剤&便利グッズ完全ラインナップ

みなさん、「お掃除」好きですか? RELIVERS編集部は、お掃除が大好きすぎるので、お掃除グッズをまるでアイドルのように愛でています。 四六時中寝る間も惜しんでお掃除のことを考えていたら、愛でるだけでは飽き足らず推しグ […]

リバースプロジェクト×RELIVERS「あなたの”大切なもの”を教えてください」龜石太夏匡氏

  突然ですが、「あなたの大切なものはなんですか?」 初めて自分で買ったCD。母親からプレゼントされた時計。父親から受け継いだ服。何か思い当たるものがあると思います。 あなたの大切なものには、あなたやあなたにと […]

ランキング

鍋の焦げ付きを落とすのは、重曹だけじゃない!5通りの方法を発表!

ちょっと目を離した隙に、鍋の底を焦がしてしまった…なんてこと、ありませんか? 焦げって結構すぐについてしまうので、料理をする人にとっては逃れられない問題ですよね。 そんな焦げの落とし方、実は鍋の種類によって大きく変わって […]

お風呂の掃除に重曹が救世主だったお話。皮脂や汗の汚れに効果抜群!

1日の疲れを癒してくれるお風呂。 湯船にお湯をためて体を温めると、一気にリラックスできますよね。 でも、そんなお風呂が汚れていたら? カビの黒ずみ、白く固まった水あか、床に溜まったヌメリ。 せっかくのリラックスタイムも、 […]

スエードの靴の汚れの正しい洗い方とは?普段のお手入れ方法も解説

スエードの靴、あの独特の質感が素敵ですよね。なんだか温かみを感じる、良い生地だと思います。 でも一つ問題が…… 汚れが付きやすいんですよね。水に濡れればシミになり、使っているとテカテカしてきます。 しかも、スエードってお […]

カーペット・絨毯の自宅でできる洗濯方法とは?染み抜きの方法も解説

みなさん、お家の絨毯・カーペットのお洗濯、していますか? たまにしかしない…掃除機をかけて終わり、という方も多いかもしれません。 でも、それは要注意。掃除機では吸い取れない皮脂汚れや細かいゴミが潜んでいる可能性も。 今回 […]

シールをスルッと剥がしたい時の方法7選!ベタベタ跡にもう悩まない

シールが綺麗に剥がれないことって、ありますよね。 特によくあるのが、紙は取れても、ベタベタが残ってしまった……っていう悲しい事態。 やっぱり、シールなんて貼っていなかったかのような、綺麗な状態にしたいですよね。 そこで今 […]

トイレのお掃除は「クエン酸」で!誰にでもわかる手順写真付き解説!

毎日使うトイレ。 どうしても、汚れはたまっていきます。 トイレを使うたびに、たまった汚れが見えたら、気分も下がってしまいます……。 なんとかして、トイレの汚れを落としたいですよね! でも、どんな洗剤を使えばいいかわからな […]

白さが蘇る!ワイシャツの黄ばみの絶対に落とす方法!それは鍋を使う

徐々に徐々にたまって、いつのまにか目立つ汚れになってしまうワイシャツの黄ばみ。 普通にお洗濯するだけでは、ワイシャツの黄ばみはなかなか落ちません。しかも放っておくと、黄ばみはさらに頑固になっていきます。 実は、ワイシャツ […]

羽毛布団の洗濯はコインランドリーがおすすめ!乾燥時の注意点も解説

  軽くて、柔らかくて、暖かい。 と、良いこと尽くしの羽毛布団は、寒い季節には手放せない寝具の1つ。 でも、なんだか最近、ふんわり感がなくなったような…。 それに、前よりも暖かくないかもしれない…。 なんて感じ […]

敷布団の洗濯はお風呂で踏み洗い!コインランドリーでの洗い方も解説

敷布団なんて洗濯できるはずがない。 そう思いながら生きてきた方が多いのではないでしょうか。 洗剤液に突っ込むことはできたとしても、そこで洗って、さらに干すなんて…確実に生乾きで臭くなる!!と考えるほうが普通ですよね。 し […]

白いスニーカーの汚れを7つのアイテムで真っ白に!お酢が決め手です

白は汚れる! まあ常識ですよね。 ちょっと擦っただけでも灰色が付きますもん。 僕も一時期まっ白なスニーカーで生活してたんですがね、まあすぐ汚して怒られましたとも。   ということで今回は白スニーカー。 汚れが目 […]

鍋の焦げ付きを落とすのは、重曹だけじゃない!5通りの方法を発表!

ちょっと目を離した隙に、鍋の底を焦がしてしまった…なんてこと、ありませんか? 焦げって結構すぐについてしまうので、料理をする人にとっては逃れられない問題ですよね。 そんな焦げの落とし方、実は鍋の種類によって大きく変わって […]

お風呂の掃除に重曹が救世主だったお話。皮脂や汗の汚れに効果抜群!

1日の疲れを癒してくれるお風呂。 湯船にお湯をためて体を温めると、一気にリラックスできますよね。 でも、そんなお風呂が汚れていたら? カビの黒ずみ、白く固まった水あか、床に溜まったヌメリ。 せっかくのリラックスタイムも、 […]

シールをスルッと剥がしたい時の方法7選!ベタベタ跡にもう悩まない

シールが綺麗に剥がれないことって、ありますよね。 特によくあるのが、紙は取れても、ベタベタが残ってしまった……っていう悲しい事態。 やっぱり、シールなんて貼っていなかったかのような、綺麗な状態にしたいですよね。 そこで今 […]

トイレのお掃除は「クエン酸」で!誰にでもわかる手順写真付き解説!

毎日使うトイレ。 どうしても、汚れはたまっていきます。 トイレを使うたびに、たまった汚れが見えたら、気分も下がってしまいます……。 なんとかして、トイレの汚れを落としたいですよね! でも、どんな洗剤を使えばいいかわからな […]

エアコン自分でお掃除vsプロのクリーニング!その違いを実際に検証

  夏と冬に大活躍するエアコン。 使い始め、使い終わりにはきちんと掃除しないと、カビや臭いが発生してしまいます。 最近では、自分でエアコンを掃除するためのグッズなんかも売られているので、手軽に掃除できるのは、嬉 […]

換気扇の掃除用洗剤5選!油汚れに効く家庭用と業務用をそれぞれ紹介

換気扇の掃除を始める時、最初にぶち当たる壁は何でしょうか。 一番多いのは、「どの洗剤を使えば良いのかわからない」ということだと思います。 だってドラッグストアに行けば、洗剤の種類は無限大……。 ましてや、洗剤には家庭用の […]

「エアコンがくさい!?」と感じたら今すぐやるべきたった1つのこと

久しぶりにエアコンをつけてみたら、もわっとした臭い風が部屋いっぱいに広がった。 という経験はありますか? そのエアコンのニオイの原因、何だか知っていますか? たまりにたまったホコリ。 至るところにはびこったカビ。 目に見 […]

電子レンジの掃除は重曹をチン!拭くだけでカビ・油汚れが楽に落ちた

家の電子レンジ、こまめにお掃除していますか? 私は、かれこれ4・5年お掃除していません。 おかげで、電子レンジがちょっと臭いです。 よく使うから、いちいち掃除するのは面倒だ。 そう思ってお掃除をサボり続けた結果、焦げはこ […]

お風呂の鏡のお掃除はどうしよう?なにしよう?「新聞使用」が正解!

毎日使うお風呂。 毎日見るお風呂の鏡。 あなたのお家のお風呂の鏡、自分の姿がはっきり写りますか? 湯気で覆われているように白くくもっていませんか? ここで編集部が20代〜60代の女性100人に行なったアンケートを見てみま […]

お風呂の天井・壁・床のお掃除に、毎日たった3分のカビ予防が効く!

お風呂の天井・壁・床を見渡してみてください。 天井の四隅、壁の下の方、床のパッキンなどに、「カビ」生えていませんか?   今回、編集部では、20代~60代の女性100人に「お風呂の天井、壁、床を見たとき、もっと […]

スエードの靴の汚れの正しい洗い方とは?普段のお手入れ方法も解説

スエードの靴、あの独特の質感が素敵ですよね。なんだか温かみを感じる、良い生地だと思います。 でも一つ問題が…… 汚れが付きやすいんですよね。水に濡れればシミになり、使っているとテカテカしてきます。 しかも、スエードってお […]

カーペット・絨毯の自宅でできる洗濯方法とは?染み抜きの方法も解説

みなさん、お家の絨毯・カーペットのお洗濯、していますか? たまにしかしない…掃除機をかけて終わり、という方も多いかもしれません。 でも、それは要注意。掃除機では吸い取れない皮脂汚れや細かいゴミが潜んでいる可能性も。 今回 […]

白さが蘇る!ワイシャツの黄ばみの絶対に落とす方法!それは鍋を使う

徐々に徐々にたまって、いつのまにか目立つ汚れになってしまうワイシャツの黄ばみ。 普通にお洗濯するだけでは、ワイシャツの黄ばみはなかなか落ちません。しかも放っておくと、黄ばみはさらに頑固になっていきます。 実は、ワイシャツ […]

羽毛布団の洗濯はコインランドリーがおすすめ!乾燥時の注意点も解説

  軽くて、柔らかくて、暖かい。 と、良いこと尽くしの羽毛布団は、寒い季節には手放せない寝具の1つ。 でも、なんだか最近、ふんわり感がなくなったような…。 それに、前よりも暖かくないかもしれない…。 なんて感じ […]

敷布団の洗濯はお風呂で踏み洗い!コインランドリーでの洗い方も解説

敷布団なんて洗濯できるはずがない。 そう思いながら生きてきた方が多いのではないでしょうか。 洗剤液に突っ込むことはできたとしても、そこで洗って、さらに干すなんて…確実に生乾きで臭くなる!!と考えるほうが普通ですよね。 し […]

白いスニーカーの汚れを7つのアイテムで真っ白に!お酢が決め手です

白は汚れる! まあ常識ですよね。 ちょっと擦っただけでも灰色が付きますもん。 僕も一時期まっ白なスニーカーで生活してたんですがね、まあすぐ汚して怒られましたとも。   ということで今回は白スニーカー。 汚れが目 […]

帽子・キャップの型崩れしない洗い方!他とはかぶらない方法で伝授!

帽子って、知らず知らずのうちに汚れや臭いがひどくなってしまいますよね。 特に夏の汗をかく時期。 でも、帽子を自宅で洗うって、あんまりピンとこないかもしれません。 しかし、ここでは帽子・キャップを自宅で型崩れの心配なく洗う […]

毛布は洗濯機で丸ごと洗い!素材にあった4つの洗い方と洗剤も紹介!

冬場は気温が低く、洗濯物も乾きにくいこともあり、なかなか大きな洗濯物はしたくないですよね…。 しかし、毛布に限った話ではありませんが、冬場の寝具もきちんと洗わないと、カビや臭いの原因になってしまいます。 特に寝るときに毛 […]

ニット・セーターの洗濯方法を解説!縮むのを防ぐ洗い方のコツも伝授

ニットやセーターってふわふわしていて、あったかくて、寒い冬には手放せませんよね。 でも、着終わった後は? なんとなく、自分で洗濯すると縮んだり型崩れしたりしてしまうイメージ…。 でも、だからといって毎回着終わった後にクリ […]

ダウンジャケットは洗濯機で手洗い!ふんわり感を決める干し方も紹介

寒いときには手放せませんよね。ダウンジャケット。 でも、走ったり、満員電車に乗ったりと、冬って意外と汗ばむことも多いと思います。 ダウンジャケットって、かさばるし、乾くのにも時間がかかって、あまり洗濯しない。そもそもどう […]

サビの落とし方は削るだけじゃない!ライムや重曹でこするのも有効!

身の周りを見渡してみたら、色んなところでサビを発見してしまった…なんて経験、ありませんか? 例えば家の中に置いてあるスタンドラックにも発生するし、外に置いておいた自転車にもサビはつきやすいもの。 見た目はあまりきれいとは […]

鏡面磨きを職人に頼んだら15年物の革靴が潤いと輝きを取り戻した話

上品に光る、革靴。 思わず目を奪われるくらい、魅力的ですよね。 革靴をまるで鏡のように光らせる鏡面磨きに、憧れのある方も多いはず。 今回は、革靴のお手入れの道なんと20年以上のプロに、鏡面磨きの方法を取材してきました! […]

ファスナー・チャックの不具合は修理できる!リップクリームが使えます!

急いでファスナーを閉めたら動かなくなった……なんて経験、あるんじゃないですか? 『ガチっ』なんて音を出した後、うんともすんとも言わなくなることが結構あるんですよねぇ。   さて、こういうファスナーの故障ですが、 […]

腕時計のお手入れは、ベルトの汚れをほっとけいないから浸けとけい!

学校、仕事、プライベートな時間でもかかせない腕時計。 時間を確認するためのものだけでなく、最近ではファッションアイテムとしても注目を集めていますよね。 しかし、そんなおしゃれアイテムである腕時計、よく見てみると汚れていた […]

鞄のクリーニング・色補修を取材!カビ・シミ・角の傷が消え去った日

みなさん、クローゼットの中に少し汚れていたり、色がはげていたりする鞄はありませんか? そういう鞄って、使う気にもならないし、でも捨てる勇気もなく、ずっと置いたままにしていることが多いと思います。 そのままクローゼットの肥 […]

包丁の研ぎ方は刃の角度がポイント!正しいお手入れで切れ味が復活!

  毎日の料理に欠かせない包丁。 頻繁に使っているのにも関わらず、自分でメンテナンスしている方、どれくらいいるのでしょう。 包丁のメンテナンスとは、「研ぐ」こと。 毎日使っているとわかりにくいかもしれませんが、 […]

ネックレスの修理はチェーン切れがネックです?部品の種類ごとに解説

ネックレスって、ささいなことで簡単に切れてしまうもの。 洋服を脱ぐときにうっかり引っ掛けてしまったり、ネックレスをつけたまま寝て、起きたら切れていた、なんてことも。 特に小さなお子さんがいると、お子さんがネックレスを引っ […]

スニーカーの手入れには中性洗剤!レザー製はブラシとクリームでケア

動きやすさを追求した靴、スニーカー。 それだけでカジュアルな雰囲気に寄せられますし、愛用する方も多いんじゃないですかね?   白なんかは人気の筆頭ですが……そりゃまあ汚れます。 色鮮やかであるほど汚れます。 な […]

靴底のかかとのゴムを、靴修理の職人さんが自然に馴染ませて直した話

気づいたら靴底のかかと部分がすり減っていた……。 ヒールから金属が見えて、歩くとカツカツ音が鳴るようになってしまった……。 そんな経験は、ありませんか? 大切な靴は、かかとが削れてしまっても修理して履き続けたいもの。 で […]

スパイクのお手入れ【野球・サッカー/人工・天然皮革】を完全網羅!

「スパイク」は、スポーツをやられている方なら誰しもが知っているでしょう! ですが、正しいお手入れ方法まで知っている方はどれくらいいますか? スポーツで役立つあの特徴的な靴底に戸惑っている方もいるようです…が、心配はいりま […]

おすすめ特集