窓ガラスの掃除にストッキングを使うのがコツ!軽めの汚れなら新聞紙

■窓掃除はストッキングでの乾拭きから!仕上げはスクイージーで水切り
■汚れが軽めの窓は、雑巾よりも新聞紙を使う方がピカピカになる
■窓のサッシを綺麗にするには、古くなった歯ブラシと爪楊枝が大活躍!

たってぃ

更新日:2018年10月23日

気持ちよく目覚めた朝。朝日を浴びてシャキッとしようと、カーテンを開けると…
そこには汚れの溜まった汚い窓が!

なんてことになったら、せっかくの新しい1日のはじまりも台無しですよね。
そうならないためにも、窓はきれいにしておきたいものです。

簡単な窓掃除の定番といえば、新聞紙を使った水拭きと乾拭き。小学校の大掃除でやったことがあるという方もいるはず。

しかし問題なのは、新聞紙じゃ到底太刀打ちできないぐらいに窓が汚れていたとき。お掃除が面倒くさそうですよね。
でも実は、お掃除に使うアイテムを工夫することで、かなり楽にお掃除できてしまうんです。

今回は、窓をお掃除する2つの方法と、窓のサッシやサンのお掃除方法を紹介します!
さっそく、お家の窓をまるごときれいにする方法をチェックしていきましょー!

新聞紙を使えば簡単に窓がきれいに

窓の汚れがそこまでひどくないとき。例えば、窓から外の景色を眺めても、ある程度きれいに見えるとか。

そんな時は、新聞紙を使って簡単にお掃除するがおすすめです。

新聞紙は、繊維や拭き跡が残らないので、窓ガラスのお掃除にとっても便利。
さらに、インクの油分が、窓ガラスをツヤツヤにしてくれます。

用意するもの

・新聞紙 (1日分あれば十分)

  手 順  

1. 新聞紙を丸める
まずは新聞紙をくしゃっと丸めます。水拭きの分と乾拭きの分をそれぞれ3個ずつぐらい作っておくのがおすすめです。

新聞紙はちぎってOK。自分がお掃除するのに使いやすい大きさになるように工夫しましょう。だいたい新聞紙の1面分ぐらいが目安です。

丸める時に力を込めすぎると、新聞紙が固くなってしまって、お掃除しづらくなるので注意してくださいね!

 

2. 濡らした新聞紙で、窓ガラスを拭く

新聞紙は、たっぷりめの水で濡らしましょう。
軽く絞ってから、窓を拭きます。

汚れがしっかり落ちるように、ゴシゴシと拭いていきましょう。

 

3. 乾いた新聞紙で仕上げに拭く

最後に乾いた新聞紙で、乾拭きをします。
円を描くようにして拭くと、綺麗に仕上がりますよ。

 

新聞紙を使った窓ガラス掃除はこれで完了です。
かなり簡単なので、新聞紙さえ用意できれば、いつでもできちゃいますね!

 

本格的に窓・サッシをお掃除する前に!プロにアドバイスを聞いてみよう

新聞紙で拭いたぐらいでは、綺麗にならないぐらい汚れた窓。やみくもに立ち向かう前に、お掃除のプロにアドバイスをもらいましょう!

あなたのマイスターでは、窓・サッシクリーニングのプロに「自分でできる窓・サッシクリーニングのお掃除で、プロが勧める掃除法はありますか?」と聞いてみました。たくさんの回答の中から、今すぐ活かせる3つのアドバイスを紹介します!

おそうじマスターズさん(神奈川県)

水で濡らして絞ったタオルにクリーナーをまんべんなくスプレー。汚れを浮かして回収するつもりで手を動かしましょう。窓に直接スプレーすると、液ダレがスジとして残り、ムラの原因になります。

 

グリーンテクノサービスさん(愛知県)

すぐに水で洗わないで、掃除機やサッシブラシで、大きな汚れを取ってからの方が良いですよ。

 

おそうじキュットワン八戸店さん(青森県)

サッシは割りばしなどの先の細いものがあると役に立ちます。

 

というわけで、お掃除のプロのアドバイスをまとめると

・洗剤は、窓に直接スプレーするのではなく、タオルやスポンジに染み込ませて使う!
水洗いの前に軽く汚れを落とす!
・サッシのお掃除には先の細いものを使う!

ということでした。

「あなたのマイスター」では、もっとたくさんのプロに、他にもいろいろな疑問に答えてもらっています。
そんなプロの声を「プロが答えてお悩み解決!アスクマイスター」に集めました。
自分でお掃除するときも、ハウスクリーニングをお願いするときも、役に立つこと間違いなしです!

さて、ここからは、プロのアドバイスをアレンジしながら活かした、おすすめのお掃除方法を紹介していきますよ♪

 

本格的な窓ガラスのお掃除はストッキングから始まる

スクイージー

窓掃除というと、雑巾で水拭きして、汚れが落ちたら、今度は乾拭きするという流れが、常識でした。
でも、普通に雑巾掛けをすると、拭き跡が残ることもあって、なかなか綺麗にならず、大変でした。

実はもっと簡単に綺麗にできる方法があるのです。
今回はその方法を紹介します。

用意するもの

・ゴム手袋
・ストッキング
・スポンジ
・洗剤:水=1:5で薄めた洗剤液
・雑巾 2枚
・スクイージー(水切りワイパー)

このスクイージーは、幅が短めなので、小回りが利きます。窓だけでなく、お風呂や洗面台のお掃除にも使えますね。

・レジャーシート

  手 順  

1. ストッキングで窓の汚れを乾拭き

最初にストッキングで汚れを落としましょう。
ストッキングは丸めてスポンジのようにして使います。
濡らさずに使うことで、砂ぼこりなどをささっと綺麗にできます。

初めから水拭きをしてしまうと、汚れが水と混ざって、余計に落としにくくなってしまうのです。

 

2. 洗剤液を窓ガラス全体につける

薄めた洗剤をスポンジにたっぷりとつけ、窓ガラスを洗っていきます。
窓ガラスには油分を含んだ汚れがたまることが多いので、油汚れをよく落とすアルカリ性の洗剤を使うのがおすすめです。

 

みなさんは、窓のお掃除をするときに、洗剤をはじめにどの位置につけますか?
よく、お掃除は「上から下に」と言いますよね。

でも、窓に洗剤をつけるときには例外です!

POINT
洗剤は下から上へとつけていく

洗剤を上からつけると、液ダレした跡が残ってしまうのです。
そのため、洗剤をつける時は、下から始めるのがポイント!

窓を洗うといっても、ゴシゴシするのではなく、洗剤を全体につけるイメージです。
こうして汚れをしっかり浮かせます。
浮かせた汚れは、この後の水拭きでしっかり落とすのです。

ゴム手袋をすると、手荒れする心配もなく、安心♪

 

3. 水拭きをする

ゆるく絞った雑巾で水拭きをします。
このときは、上から下に向かって作業を進めます。
お掃除の原則どおりですね♪

こびりついた汚れがあるときには、雑巾でこすりましょう。
汚れ落ちが悪い場合には、洗剤をつけた後に時間をおくといいですよ。

 

4. スクイージーで水気を切る

水拭きをした後、窓は水でたっぷり濡れていると思います。
ここでスクイージーの出番です。
水気を切ります。
スクイージーをかけていく方向がミソ!
まずは横に動かして、左右のどちらか一方に水を集めます。

横に動かすとき、スクイージーの角度は、垂直よりも斜めにするとGOOD!
:垂直よりも……。
または :斜めに!

最後に、上から下に一度動かすと、水が綺麗に切れておすすめです。

落ちてくる水が心配な場合には、下にレジャーシートを用意しておきましょう。

 

5. 乾拭きをする

最後に、乾拭きをします。
スクイージで水気を切った後、すでにピカピカですが、最後の乾拭きも大切です。
さらに仕上がりがよくなります。

この時、下ろし立ての雑巾を使うと、糸くずが残ってしまう可能性があります!
乾拭きには、一度洗った雑巾、もしくはマイクロファイバーの布を使いましょう。

マイクロファイバーの布はこちらがおすすめ。洗剤を使わずに汚れを落とすことができ、簡単に細かな汚れや表面に付着した汚れを除去することができます。素材が柔らかいので、窓に傷をつける心配もありません。

 

これでお掃除は終わりです。
スクイージーを使うことで、より簡単に綺麗にできます。

また、窓の高いところのお掃除には、雑巾ではなくモップを使うと便利ですよ。

 

窓のサッシを掃除する方法

窓_掃除

窓のお掃除は、ガラスだけでは終わりません!
サボるとつらい、窓のサッシも綺麗にしましょう。

窓のサッシのレールは、普段は見えない部分ですし、たまったホコリも取りにくいです。
しかし、いくつかのポイントを抑えれば、しっかり綺麗にできます。

用意するもの

・小さめのブラシ
・爪楊枝

  手 順  

1. サッシにたまったホコリをブラシで掻きだす

まずは窓サッシのレールにたまったホコリを取り除きます。
ブラシは、小さめのものが使いやすいですね。

私は、古くなった歯ブラシを使うことが多いです。

 

2. 細かいところを爪楊枝で掃除する

レールの隅っこなどの細かいところは、爪楊枝でホコリを掻き出します。

ホコリは外にかき出しましょう。

 

窓サッシのお掃除の方法は他にも!

今回、紹介した以外にも、窓サッシをお掃除する方法はあります。

なかなか、綺麗にならない場合には、水で流すのも一つの手です。
ホコリの量が少ない場合には、掃除機でも綺麗になります。

スポンジに切り込みを入れて、窓のお掃除、便利グッズを自作する方法もあります♪
レールにピタッと、フィット。

ぜひ参考にしてみてください!

 

窓のサンのカビ退治には、漂白剤!

窓のサンのゴムパッキンにカビが生えていることもあると思います。
そんなときには、漂白剤を使ったお掃除おすすめです。

用意するもの

・塩素系漂白剤
・キッチンペーパー
・ゴム手袋
・雑巾

  手 順  

1. キッチンペーパーに漂白剤を染み込ませる

漂白剤を使うので、ゴム手袋を使って作業しましょう。

まずは、キッチンペーパーに漂白剤を染み込ませます。
漂白剤は、普段使うよりも少し薄めにして使いましょう。

 

2. ゴムパッキンにキッチンペーパーを貼り付ける

窓のサンのゴムパッキンに、漂白剤を染み込ませたキッチンペーパーを貼り付けます。

 

3. 5分後、水拭きをする

5分ほど時間をおいてから雑巾で水拭きをします。
漂白剤が残らないように、しっかり水拭きをしましょう。

 

おすすめ便利グッズを紹介

窓

窓掃除をもっと簡単にできる、さまざまな便利グッズが発売されています。
今回、3つのグッズを紹介します。

ガラスマジックリン

ガラスマジックリンという商品もあります。これは、弱アルカリ性の洗剤です。さらに、2度拭きが不要のため窓掃除に最適なのです。スプレータイプなので、薄めたりする必要もなく、すぐにお掃除を始められます。ぜひ活用しましょう。

 

伸縮ガラスワイパー

伸縮するので、高いところの掃除も楽になります。掃除する時や、水を切る時に、両面で別々の用途に使えるので有能です。窓掃除にこだわる方は、1本あるとよいかもしれません。

 

窓掃除ロボット

さらに、窓掃除にかかる手間が激減する驚きの道具があります。
それが、窓掃除ロボットです。

このロボットが窓に張り付いて、自動でお掃除してくれます。窓の外側もしっかり掃除できるうえ、汚れ落しから仕上げまで行ってくれる優れものです。

 

窓掃除のための便利グッズは、どんどん出てきています。
窓掃除をやりたいと思った時に、一度調べてみると面白いかもしれません!

 

常に汚れがたまる窓を掃除する頻度はずばり?

窓のお掃除のやり方は、もうバッチリですね!
ところで、そもそも窓にはどんな汚れが溜まっているのでしょうか…?

内側を外側に分けて、それぞれ紹介します。

内側

窓の内側、つまり室内側の方には、どんな汚れが考えられるでしょうか?

・手垢
・ほこり
・タバコのヤニ

部屋の壁紙につくのと同じような汚れですね。手垢やヤニなど、油分を含んだ汚れが多いです。

 

外側

窓ガラスの外に面している方は、どんな汚れがつくのでしょうか?

・花粉や黄砂
・砂や泥
・雨
・排気ガス

内側よりも汚れやすいのが外側。
これらの汚れは放っておくと固まってどんどんお掃除が大変になります!

 

窓のお掃除をする頻度は?

汚れの原因を見ればわかる通り、窓には常に汚れが溜まっていきます。
定期的にお掃除する必要があるのです!

本格的なお掃除は年に1回、簡単なお掃除は1〜2ヶ月に1回を目安に行いましょう!
こまめなお掃除が、窓のきれいを保つポイントですよ!

窓を掃除する前にやって欲しい網戸の掃除方法

窓を開けた時、虫の侵入から部屋を守ってくれる網戸。
窓をお掃除するなら、合わせて網戸もお掃除してみましょう!

ところで、窓と網戸、どっちを先にお掃除するのが正解でしょうか?
答えは、網戸!だって、網戸が汚れていたら、先に窓をきれいにしたところで、またすぐに汚れてしまいます。

網戸のお掃除、実は、網戸を外さなくてもできると知っていましたか?
フロアワイパーを使ったり、新聞紙(網戸掃除でも大活躍!)と掃除機を使ったり。

詳しいお掃除方法を知りたいあなたにおすすめの記事があります♪

 

また、窓掃除に必須のアイテムが「スクイージー」です!窓の水切りを効率的に行うためにも、便利なものを使いたいですよね!

窓掃除におすすめなスクイージーを紹介した記事がこちらです!本格的な窓掃除用に、プロも愛用する商品をチェックしてみてください!

家に1台あるだけで、重宝すること間違いなしです!

まとめ

窓をお掃除する方法を紹介しましたが、いかがでしたか?

家の外と接しているため、何もしなくても汚れていく悲しい運命を背負った窓。
きちんとお掃除をしてあげれば、外の景色もよく見えて、部屋も明るくなります。

ストッキングスクイージーを使うだけで、圧倒的に楽になる窓掃除。
それほど汚くない時は、新聞紙で拭くのがおすすめ。
拭き跡が残らず、ピカピカになりますよ。

窓のサッシを綺麗にするには歯ブラシ爪楊枝で、ホコリを掻き出します。
カビが生えていたら漂白剤で綺麗にしましょう。

今回、紹介した便利グッズを使えば、窓のお掃除はさらに楽になります。
窓の汚れに悩んでいる方は、ぜひ試してみてくださいね!

 

窓ガラスは綺麗になりましたか?
1箇所がピカピカになると、他の場所の汚れも綺麗にしたいという気持ちになりますよね。

日本には「大掃除」という素敵な習慣があります。年末の時間を利用して家じゅう綺麗にしちゃいましょう!
大掃除を手間や労力なく進めるためのコツを、たっぷり紹介した記事をご用意しています!ぜひ読んでみてくださいね♪

関連記事

窓のカビは台所洗剤でゴッソリ落ちる!消毒用エタノールで再発防止!

  お部屋掃除やお風呂にトイレ掃除はするけど、ついついやらずに終わってしまう窓のカビ掃除。 寒い季節や湿った時期に、発生しやすいカビをお掃除するのって面倒くさいですよね。 ふと、気がつくと窓のゴムパッキンが、真 […]

窓の結露にもう悩まない!5つの工夫と手軽でお得な対策グッズ大公開

  冬になると、窓やサッシの周りに気づいたら大量にできている水滴の正体、それが結露です。 毎日のようにびっしりとつく結露に、頭を抱えている方も多いのではないでしょうか! 見て見ぬ振りしたいけど、放置してたら窓枠 […]

スクイージーの正しい使い方!月に一度の掃除でピカピカな窓ガラスに

  朝起きてカーテンを開けた時、窓がくすんでいたりホコリっぽいにおいがすることありませんか。 窓掃除は後回しにしてしまいがちですが、窓ガラスがきれいかそうでないかで外の見え方は格段に変わります! とはいえバケツ […]

サッシのカビはカビキラーで根こそぎ撃退!重曹とクエン酸で安全除去

  寒い季節になると、お掃除自体おっくうになることありませんか? リビングやキッチンは掃除しても、窓までは手がいかないなんてことも… でも、ふと窓を見るといつの間にか汚れてカビが…なんてことありませんか? 窓の […]

ランキング

エアコンの臭いはホコリ・カビ・雑菌!全てを除去するお掃除方法とは

久しぶりにエアコンをつけてみたら、もわっとした臭い風が部屋いっぱいに広がった。 という経験はありますか? 本当に気分が悪いですよね。そのニオイ、今すぐ取り除きましょう! 実はエアコンのニオイの原因とニオイを取り除くたった […]

エアコンの水漏れの原因は7つ!ドレンホースのお掃除で8割は解決!

エアコンをつけてみたら、え?エアコンが泣いている? いや、違う!ポタポタと水漏れが!そんな経験はありますか? 編集部では、20~50代の女性100人に「エアコンの水漏れを経験したことがありますか?」と聞いてみました。 4 […]

リーガル靴修理|ソール・かかと・つま先ビフォーアフターが完全集結

  日本を代表する靴ブランドであるリーガル。 100年以上にも渡りグッドイヤー・ウェルト製法を貫き、日本人の足にフィットするものをと、木型からこだわっています。 ビジネスシーンの足元の定番ではないかと思うくらい […]

ルイヴィトンバッグ・財布修理|レザー、内袋、取手リペア事例が集結

  ショルダーベルトが切れてしまった。 ファスナーが壊れた。 シミがついてしまった。 そんなブランド品はありませんか? 切れた部分やシミは、修理の職人さんの技術で、元の姿に戻すことができます。 その仕上がりは、 […]

布団は部屋干しでもふかふかに!週に1回干すだけで快眠が手に入る!

  干したばかりの布団って気持ちいいですよね。 じめっと重かった布団も、日光に当てて干すとカラッと軽くなります。 毎日あんな布団で寝られたらいいのにと思いますが、実際は天気に左右されたり、花粉が気になったりして […]

革靴のオールソール交換!靴底の張り替えの匠の技で厚み・美しさ倍増

  靴の、底。 履いているうちに、必ず削れてきてしまう部分ですね。 擦り切れて穴が開いてしまった…… 削れ過ぎて、見た目が悪くなってしまった…… など、靴底の状態が悪くなってしまった靴は、ありませんか? そんな […]

洗濯機はお掃除クリーナーでカビ取り!月イチ槽洗浄でキレイを保とう

洗濯機から出した洗濯物に、なんだか黒いぴろぴろしたものがついている……! なんてことありませんか? それ、ワカメではありません。洗濯機の洗濯槽についてしまった、カビです。 カビがついた洗濯槽でお洗濯をしていると思うと、ぞ […]

グッチのバッグ・財布・靴修理|レザー、内袋、取手リペア事例が集結

  とっても大切な、グッチのバッグや財布、靴。 どれだけ丁寧に扱っていても、壊れてしまうことってありますよね。 長く使っていると素材が変質したり、穴があいてしまったり…。 自分で修理しようとすると、せっかくのデ […]

風呂釜掃除はつけおきで簡単!プロの洗浄は専用機械で汚れがゴッソリ

湯船に浸かって、1日の疲れを癒す。 お風呂の時間は、最高のリラックスタイムですよね。 そんな、つかの間の休息を演出してくれるのがそう、風呂釜。 意外と知られていないですが、お掃除していない風呂釜には汚れがたまっています。 […]

エアコン掃除を自分で行う方法を解説!内部のカビはプロが徹底除去!

夏が始まり、エアコンをつけると…カビ臭い。 臭いだけでなく、カビを含んだ空気を吸って健康に悪影響が出てしまうのは嫌ですよね。 そこで必要なのは、エアコンのお掃除! エアコンを分解し、カビやホコリを取り除くことで、空気を綺 […]

エアコンの臭いはホコリ・カビ・雑菌!全てを除去するお掃除方法とは

久しぶりにエアコンをつけてみたら、もわっとした臭い風が部屋いっぱいに広がった。 という経験はありますか? 本当に気分が悪いですよね。そのニオイ、今すぐ取り除きましょう! 実はエアコンのニオイの原因とニオイを取り除くたった […]

エアコンの水漏れの原因は7つ!ドレンホースのお掃除で8割は解決!

エアコンをつけてみたら、え?エアコンが泣いている? いや、違う!ポタポタと水漏れが!そんな経験はありますか? 編集部では、20~50代の女性100人に「エアコンの水漏れを経験したことがありますか?」と聞いてみました。 4 […]

洗濯機はお掃除クリーナーでカビ取り!月イチ槽洗浄でキレイを保とう

洗濯機から出した洗濯物に、なんだか黒いぴろぴろしたものがついている……! なんてことありませんか? それ、ワカメではありません。洗濯機の洗濯槽についてしまった、カビです。 カビがついた洗濯槽でお洗濯をしていると思うと、ぞ […]

風呂釜掃除はつけおきで簡単!プロの洗浄は専用機械で汚れがゴッソリ

湯船に浸かって、1日の疲れを癒す。 お風呂の時間は、最高のリラックスタイムですよね。 そんな、つかの間の休息を演出してくれるのがそう、風呂釜。 意外と知られていないですが、お掃除していない風呂釜には汚れがたまっています。 […]

エアコン掃除を自分で行う方法を解説!内部のカビはプロが徹底除去!

夏が始まり、エアコンをつけると…カビ臭い。 臭いだけでなく、カビを含んだ空気を吸って健康に悪影響が出てしまうのは嫌ですよね。 そこで必要なのは、エアコンのお掃除! エアコンを分解し、カビやホコリを取り除くことで、空気を綺 […]

お風呂の鏡のお掃除はどうしよう?なにしよう?「新聞使用」が正解!

毎日使うお風呂。 毎日見るお風呂の鏡。 あなたのお家のお風呂の鏡、自分の姿がはっきり写りますか? 湯気で覆われているように白くくもっていませんか? ここで編集部が20代〜60代の女性100人に行なったアンケートを見てみま […]

洗濯機の排水口掃除はパイプユニッシュor重曹!臭いや詰まりも改善

洗濯機の排水口から何か嫌な臭いが漂ってくる…。 洗濯機が脱水中に止まってしまったり、エラー表示が出たりする…。 あなたのお家の洗濯機のそんなトラブル、もしかしたら洗濯機の排水口のせいかもしれません。 長期間、洗濯機を使い […]

お風呂の排水口・排水パイプの掃除方法!臭いと詰まりをどちらも解消

  お風呂ので一番汚れが気になるところといっても過言ではない、排水口。 お風呂中のお湯が流れ着く場所です。お湯に流されて、汚れもたっぷりたまります。 排水口の汚れが原因で、お風呂中に嫌な臭いが漂ったり、排水パイ […]

キッチンの排水口のお掃除には重曹とお酢でつまりはもう詰まらない!

排水口のぬめり…… 排水口からの臭い…… 排水口の詰まり…… 毎日キッチンを使っていると、こんな問題が生じることがよくあります。 キッチンは朝昼晩と使うものなので、排水口の掃除までなかなか手が回らないですよね。 では、い […]

お風呂の頑固なカビには片栗粉×漂白剤!プロおすすめ予防法もご紹介

スポンジでゴシゴシしても落ちない…。 落としたつもりでも何日かたつと復活している…。 このように、お風呂のカビで悩んだことはありますか? ここで編集部が20代〜60代の女性100人に行なったアンケートを見てみましょう。 […]

布団は部屋干しでもふかふかに!週に1回干すだけで快眠が手に入る!

  干したばかりの布団って気持ちいいですよね。 じめっと重かった布団も、日光に当てて干すとカラッと軽くなります。 毎日あんな布団で寝られたらいいのにと思いますが、実際は天気に左右されたり、花粉が気になったりして […]

ワイシャツの黄ばみを落とす最強の漂白剤の使い方!予防すれば完璧◎

いつの間にかワイシャツが黄ばんでいた経験、ありませんか?特に、襟や脇、袖は黄ばみやすい部分です。 実は、毎日ちゃんとお洗濯しているだけでは、黄ばみを予防することはできないのです。 黄ばんだワイシャツでは、第一印象も悪くな […]

油汚れの染み抜きには「クレンジングオイル」が一番効果的なんです!

「揚げ物を作っていたら、油が服に飛んでしまった…。」 「子供がオムライスを食べていて、服にケチャップをつけてしまった…。」 など、日常的に服に油のシミがついてしまうシーンってありますよね。 でも、みなさんは知っていますか […]

白いスニーカーの汚れを7つのアイテムで真っ白に!お酢が決め手です

白は汚れる! まあ常識ですよね。 ちょっと擦っただけでも灰色が付きますもん。 僕も一時期まっ白なスニーカーで生活してたんですがね、まあすぐ汚して怒られましたとも。   ということで今回は白スニーカー。 汚れが目 […]

【8割の人が知らない!】靴を自宅の洗濯機で洗う正しい方法を解説

会社が学校から帰る途中に、突然のゲリラ豪雨。 息を切らしながら走って帰ったけど、泥が跳ねて靴が汚れちゃった…。そんなこともありますよね。 そんなとき汚れてしまった靴をどうしていますか? え?そのまま? そんな […]

油性ペンの汚れに4通りの落とし方。油には油を!不安ならみかん!

新学期。新しい教科書に名前を書く時に、大活躍の油性ペン。 にじまず、書く材質を選ばないのが特徴。そのため、水で濡れやすいキッチン周りにも使えますし、学生から主婦の方にも愛用されているはず。 そんな油性ペンの1番の特徴は「 […]

羽毛布団を洗濯機で洗う方法|コインランドリーやクリーニングと比較

  寒くなってくると毎年押し入れから引っ張り出してくる羽毛布団。ふかふかのお布団にはついつい顔をうずめたくなりますよね…って、あれ。 なんか、臭い。前よりボリューム感がないかも。 なんてショックを受けてる方に質 […]

色移りの落とし方は50℃のお湯で洗剤2倍!本当に正しい情報大公開

あああ!しまった。 洗濯機の蓋を開けてみたら、中が大惨事になっていた。 こんな経験はありませんか? そう、色移り。 お気に入りの服に色が移っていた時なんか、とてもショックですよね。 普段は気をつけていても、ちょっと気を抜 […]

帽子・キャップの型崩れしない洗い方!他とはかぶらない方法で伝授!

帽子って、知らず知らずのうちに汚れや臭いがひどくなってしまいますよね。 特に夏の汗をかく時期。 でも、帽子を自宅で洗うって、あんまりピンとこないかもしれません。 しかし、ここでは帽子・キャップを自宅で型崩れの心配なく洗う […]

羽毛布団の洗濯はコインランドリーがおすすめ!乾燥時の注意点も解説

  軽くて、柔らかくて、暖かい。 と、良いこと尽くしの羽毛布団は、寒い季節には手放せない寝具の1つ。 でも、なんだか最近、ふんわり感がなくなったような…。 それに、前よりも暖かくないかもしれない…。 なんて感じ […]

リーガル靴修理|ソール・かかと・つま先ビフォーアフターが完全集結

  日本を代表する靴ブランドであるリーガル。 100年以上にも渡りグッドイヤー・ウェルト製法を貫き、日本人の足にフィットするものをと、木型からこだわっています。 ビジネスシーンの足元の定番ではないかと思うくらい […]

ルイヴィトンバッグ・財布修理|レザー、内袋、取手リペア事例が集結

  ショルダーベルトが切れてしまった。 ファスナーが壊れた。 シミがついてしまった。 そんなブランド品はありませんか? 切れた部分やシミは、修理の職人さんの技術で、元の姿に戻すことができます。 その仕上がりは、 […]

革靴のオールソール交換!靴底の張り替えの匠の技で厚み・美しさ倍増

  靴の、底。 履いているうちに、必ず削れてきてしまう部分ですね。 擦り切れて穴が開いてしまった…… 削れ過ぎて、見た目が悪くなってしまった…… など、靴底の状態が悪くなってしまった靴は、ありませんか? そんな […]

グッチのバッグ・財布・靴修理|レザー、内袋、取手リペア事例が集結

  とっても大切な、グッチのバッグや財布、靴。 どれだけ丁寧に扱っていても、壊れてしまうことってありますよね。 長く使っていると素材が変質したり、穴があいてしまったり…。 自分で修理しようとすると、せっかくのデ […]

ファスナー・チャックの直し方を解説!5つの不具合もこれで全て解決

急いでファスナーを閉めたら動かなくなった……なんて経験、あるんじゃないですか? 『ガチっ』なんて音を出した後、うんともすんとも言わなくなることが結構あるんですよねぇ。 さて、こういうファスナーの故障ですが、大抵は曲がって […]

裾上げのやり方をズボンの種類別に解説!丈を決めるポイントも伝授!

もうちょっと裾が短かったら、このズボンは完璧なのになあ。 そんなお悩みはありませんか? そんなときに便利なのが「裾上げ」。 でも洋服屋さんで頼むと時間がかかってしまいます。取りに行くのも面倒臭いですよね。 だから、自分で […]

靴の臭いがたったの100円で消せるのならば試さずにはいられない話

どうも、隙あらば靴を脱ぐのであんまり足の臭いに困らない僕です。 たまに遠出すると脱げなくて大変なことになるんですけどねー。 さて、足の臭いってかなり気になりますよね。 しかも、どれだけ足を洗ったところで臭いが出るのは止め […]

スエードの靴の汚れの正しい洗い方とは?普段のお手入れ方法も解説

スエードの靴、あの独特の質感が素敵ですよね。なんだか温かみを感じる、良い生地だと思います。 でも一つ問題が…… 汚れが付きやすいんですよね。水に濡れればシミになり、使っているとテカテカしてきます。 しかも、スエードってお […]

靴磨きのコツを大公開!職人だけが知る革靴のお手入れ方法を徹底取材

お洒落は足元から、なんてよく言いますよね。 一生、大切にしたいと思っている革靴を、お持ちの方も多いはず。 ですが、せっかくの素敵な革靴も、お手入れができていなかったら台無しです。 よい革靴は、きちんと靴磨きをして、いつで […]

サビ落としはブラシ&サビ取り剤が最強!こすらず磨いて楽々完全除去

身の周りを見渡してみたら、色んなところでサビを発見してしまった…なんて経験、ありませんか? 例えば家の中に置いてあるスタンドラックにも発生するし、外に置いておいた自転車にもサビはつきやすいもの。 見た目はあまりきれいとは […]

おすすめ特集