窓ガラスの掃除にストッキングを使うのがコツ!軽めの汚れなら新聞紙

■窓掃除はストッキングでの乾拭きから!仕上げはスクイージーで水切り
■汚れが軽めの窓は、雑巾よりも新聞紙を使う方がピカピカになる
■窓のサッシを綺麗にするには、古くなった歯ブラシと爪楊枝が大活躍!

たってぃ

2017年03月14日

気持ちよく目覚めた朝。朝日を浴びてシャキッとしようと、カーテンを開けると…
そこには汚れの溜まった汚い窓が!

なんてことになったら、せっかくの新しい1日のはじまりも台無しですよね。
そうならないためにも、窓はきれいにしておきたいものです。

簡単な窓掃除の定番といえば、新聞紙を使った水拭きと乾拭き。小学校の大掃除でやったことがあるという方もいるはず。

しかし問題なのは、新聞紙じゃ到底太刀打ちできないぐらいに窓が汚れていたとき。お掃除が面倒くさそうですよね。
でも実は、お掃除に使うアイテムを工夫することで、かなり楽にお掃除できてしまうんです。

今回は、窓をお掃除する2つの方法と、窓のサッシやサンのお掃除方法を紹介します!
さっそく、お家の窓をまるごときれいにする方法をチェックしていきましょー!

新聞紙を使えば簡単に窓がきれいに

窓の汚れがそこまでひどくないとき。例えば、窓から外の景色を眺めても、ある程度きれいに見えるとか。

そんな時は、新聞紙を使って簡単にお掃除するがおすすめです。

新聞紙は、繊維や拭き跡が残らないので、窓ガラスのお掃除にとっても便利。
さらに、インクの油分が、窓ガラスをツヤツヤにしてくれます。

用意するもの

・新聞紙 (1日分あれば十分)

  手 順  

1. 新聞紙を丸める
まずは新聞紙をくしゃっと丸めます。水拭きの分と乾拭きの分をそれぞれ3個ずつぐらい作っておくのがおすすめです。

新聞紙はちぎってOK。自分がお掃除するのに使いやすい大きさになるように工夫しましょう。だいたい新聞紙の1面分ぐらいが目安です。

丸める時に力を込めすぎると、新聞紙が固くなってしまって、お掃除しづらくなるので注意してくださいね!

 

2. 濡らした新聞紙で、窓ガラスを拭く

新聞紙は、たっぷりめの水で濡らしましょう。
軽く絞ってから、窓を拭きます。

汚れがしっかり落ちるように、ゴシゴシと拭いていきましょう。

 

3. 乾いた新聞紙で仕上げに拭く

最後に乾いた新聞紙で、乾拭きをします。
円を描くようにして拭くと、綺麗に仕上がりますよ。

 

新聞紙を使った窓ガラス掃除はこれで完了です。
かなり簡単なので、新聞紙さえ用意できれば、いつでもできちゃいますね!

 

本格的に窓・サッシをお掃除する前に!プロにアドバイスを聞いてみよう

新聞紙で拭いたぐらいでは、綺麗にならないぐらい汚れた窓。やみくもに立ち向かう前に、お掃除のプロにアドバイスをもらいましょう!

あなたのマイスターでは、窓・サッシクリーニングのプロに「自分でできる窓・サッシクリーニングのお掃除で、プロが勧める掃除法はありますか?」と聞いてみました。たくさんの回答の中から、今すぐ活かせる3つのアドバイスを紹介します!

おそうじマスターズさん(神奈川県)

水で濡らして絞ったタオルにクリーナーをまんべんなくスプレー。汚れを浮かして回収するつもりで手を動かしましょう。窓に直接スプレーすると、液ダレがスジとして残り、ムラの原因になります。

 

グリーンテクノサービスさん(愛知県)

すぐに水で洗わないで、掃除機やサッシブラシで、大きな汚れを取ってからの方が良いですよ。

 

おそうじキュットワン八戸店さん(青森県)

サッシは割りばしなどの先の細いものがあると役に立ちます。

 

というわけで、お掃除のプロのアドバイスをまとめると

・洗剤は、窓に直接スプレーするのではなく、タオルやスポンジに染み込ませて使う!
水洗いの前に軽く汚れを落とす!
・サッシのお掃除には先の細いものを使う!

ということでした。

「あなたのマイスター」では、もっとたくさんのプロに、他にもいろいろな疑問に答えてもらっています。
そんなプロの声を「プロが答えてお悩み解決!アスクマイスター」に集めました。
自分でお掃除するときも、ハウスクリーニングをお願いするときも、役に立つこと間違いなしです!

さて、ここからは、プロのアドバイスをアレンジしながら活かした、おすすめのお掃除方法を紹介していきますよ♪

 

本格的な窓ガラスのお掃除はストッキングから始まる

スクイージー

窓掃除というと、雑巾で水拭きして、汚れが落ちたら、今度は乾拭きするという流れが、常識でした。
でも、普通に雑巾掛けをすると、拭き跡が残ることもあって、なかなか綺麗にならず、大変でした。

実はもっと簡単に綺麗にできる方法があるのです。
今回はその方法を紹介します。

用意するもの

・ゴム手袋
・ストッキング
・スポンジ
・洗剤:水=1:5で薄めた洗剤液
・雑巾 2枚
・スクイージー(水切りワイパー)

このスクイージーは、幅が短めなので、小回りが利きます。窓だけでなく、お風呂や洗面台のお掃除にも使えますね。

・レジャーシート

  手 順  

1. ストッキングで窓の汚れを乾拭き

最初にストッキングで汚れを落としましょう。
ストッキングは丸めてスポンジのようにして使います。
濡らさずに使うことで、砂ぼこりなどをささっと綺麗にできます。

初めから水拭きをしてしまうと、汚れが水と混ざって、余計に落としにくくなってしまうのです。

 

2. 洗剤液を窓ガラス全体につける

薄めた洗剤をスポンジにたっぷりとつけ、窓ガラスを洗っていきます。
窓ガラスには油分を含んだ汚れがたまることが多いので、油汚れをよく落とすアルカリ性の洗剤を使うのがおすすめです。

 

みなさんは、窓のお掃除をするときに、洗剤をはじめにどの位置につけますか?
よく、お掃除は「上から下に」と言いますよね。

でも、窓に洗剤をつけるときには例外です!

POINT
洗剤は下から上へとつけていく

洗剤を上からつけると、液ダレした跡が残ってしまうのです。
そのため、洗剤をつける時は、下から始めるのがポイント!

窓を洗うといっても、ゴシゴシするのではなく、洗剤を全体につけるイメージです。
こうして汚れをしっかり浮かせます。
浮かせた汚れは、この後の水拭きでしっかり落とすのです。

ゴム手袋をすると、手荒れする心配もなく、安心♪

 

3. 水拭きをする

ゆるく絞った雑巾で水拭きをします。
このときは、上から下に向かって作業を進めます。
お掃除の原則どおりですね♪

こびりついた汚れがあるときには、雑巾でこすりましょう。
汚れ落ちが悪い場合には、洗剤をつけた後に時間をおくといいですよ。

 

4. スクイージーで水気を切る

水拭きをした後、窓は水でたっぷり濡れていると思います。
ここでスクイージーの出番です。
水気を切ります。
スクイージーをかけていく方向がミソ!
まずは横に動かして、左右のどちらか一方に水を集めます。

横に動かすとき、スクイージーの角度は、垂直よりも斜めにするとGOOD!
:垂直よりも……。
または :斜めに!

最後に、上から下に一度動かすと、水が綺麗に切れておすすめです。

落ちてくる水が心配な場合には、下にレジャーシートを用意しておきましょう。

 

5. 乾拭きをする

最後に、乾拭きをします。
スクイージで水気を切った後、すでにピカピカですが、最後の乾拭きも大切です。
さらに仕上がりがよくなります。

この時、下ろし立ての雑巾を使うと、糸くずが残ってしまう可能性があります!
乾拭きには、一度洗った雑巾、もしくはマイクロファイバーの布を使いましょう。

マイクロファイバーの布はこちらがおすすめ。洗剤を使わずに汚れを落とすことができ、簡単に細かな汚れや表面に付着した汚れを除去することができます。素材が柔らかいので、窓に傷をつける心配もありません。

 

これでお掃除は終わりです。
スクイージーを使うことで、より簡単に綺麗にできます。

また、窓の高いところのお掃除には、雑巾ではなくモップを使うと便利ですよ。

 

窓のサッシを掃除する方法

窓_掃除

窓のお掃除は、ガラスだけでは終わりません!
サボるとつらい、窓のサッシも綺麗にしましょう。

窓のサッシのレールは、普段は見えない部分ですし、たまったホコリも取りにくいです。
しかし、いくつかのポイントを抑えれば、しっかり綺麗にできます。

用意するもの

・小さめのブラシ
・爪楊枝

  手 順  

1. サッシにたまったホコリをブラシで掻きだす

まずは窓サッシのレールにたまったホコリを取り除きます。
ブラシは、小さめのものが使いやすいですね。

私は、古くなった歯ブラシを使うことが多いです。

 

2. 細かいところを爪楊枝で掃除する

レールの隅っこなどの細かいところは、爪楊枝でホコリを掻き出します。

ホコリは外にかき出しましょう。

 

窓サッシのお掃除の方法は他にも!

今回、紹介した以外にも、窓サッシをお掃除する方法はあります。

なかなか、綺麗にならない場合には、水で流すのも一つの手です。
ホコリの量が少ない場合には、掃除機でも綺麗になります。

スポンジに切り込みを入れて、窓のお掃除、便利グッズを自作する方法もあります♪
レールにピタッと、フィット。

ぜひ参考にしてみてください!

 

窓のサンのカビ退治には、漂白剤!

窓のサンのゴムパッキンにカビが生えていることもあると思います。
そんなときには、漂白剤を使ったお掃除おすすめです。

用意するもの

・塩素系漂白剤
・キッチンペーパー
・ゴム手袋
・雑巾

  手 順  

1. キッチンペーパーに漂白剤を染み込ませる

漂白剤を使うので、ゴム手袋を使って作業しましょう。

まずは、キッチンペーパーに漂白剤を染み込ませます。
漂白剤は、普段使うよりも少し薄めにして使いましょう。

 

2. ゴムパッキンにキッチンペーパーを貼り付ける

窓のサンのゴムパッキンに、漂白剤を染み込ませたキッチンペーパーを貼り付けます。

 

3. 5分後、水拭きをする

5分ほど時間をおいてから雑巾で水拭きをします。
漂白剤が残らないように、しっかり水拭きをしましょう。

 

おすすめ便利グッズを紹介

窓

窓掃除をもっと簡単にできる、さまざまな便利グッズが発売されています。
今回、3つのグッズを紹介します。

ガラスマジックリン

ガラスマジックリンという商品もあります。これは、弱アルカリ性の洗剤です。さらに、2度拭きが不要のため窓掃除に最適なのです。スプレータイプなので、薄めたりする必要もなく、すぐにお掃除を始められます。ぜひ活用しましょう。

 

伸縮ガラスワイパー

伸縮するので、高いところの掃除も楽になります。掃除する時や、水を切る時に、両面で別々の用途に使えるので有能です。窓掃除にこだわる方は、1本あるとよいかもしれません。

 

窓掃除ロボット

さらに、窓掃除にかかる手間が激減する驚きの道具があります。
それが、窓掃除ロボットです。

このロボットが窓に張り付いて、自動でお掃除してくれます。窓の外側もしっかり掃除できるうえ、汚れ落しから仕上げまで行ってくれる優れものです。

 

窓掃除のための便利グッズは、どんどん出てきています。
窓掃除をやりたいと思った時に、一度調べてみると面白いかもしれません!

 

常に汚れがたまる窓を掃除する頻度はずばり?

窓のお掃除のやり方は、もうバッチリですね!
ところで、そもそも窓にはどんな汚れが溜まっているのでしょうか…?

内側を外側に分けて、それぞれ紹介します。

内側

窓の内側、つまり室内側の方には、どんな汚れが考えられるでしょうか?

・手垢
・ほこり
・タバコのヤニ

部屋の壁紙につくのと同じような汚れですね。手垢やヤニなど、油分を含んだ汚れが多いです。

 

外側

窓ガラスの外に面している方は、どんな汚れがつくのでしょうか?

・花粉や黄砂
・砂や泥
・雨
・排気ガス

内側よりも汚れやすいのが外側。
これらの汚れは放っておくと固まってどんどんお掃除が大変になります!

 

窓のお掃除をする頻度は?

汚れの原因を見ればわかる通り、窓には常に汚れが溜まっていきます。
定期的にお掃除する必要があるのです!

本格的なお掃除は年に1回、簡単なお掃除は1〜2ヶ月に1回を目安に行いましょう!
こまめなお掃除が、窓のきれいを保つポイントですよ!

窓を掃除する前にやって欲しい網戸の掃除方法

窓を開けた時、虫の侵入から部屋を守ってくれる網戸。
窓をお掃除するなら、合わせて網戸もお掃除してみましょう!

ところで、窓と網戸、どっちを先にお掃除するのが正解でしょうか?
答えは、網戸!だって、網戸が汚れていたら、先に窓をきれいにしたところで、またすぐに汚れてしまいます。

網戸のお掃除、実は、網戸を外さなくてもできると知っていましたか?
フロアワイパーを使ったり、新聞紙(網戸掃除でも大活躍!)と掃除機を使ったり。

詳しいお掃除方法を知りたいあなたにおすすめの記事があります♪

 

また、窓掃除に必須のアイテムが「スクイージー」です!窓の水切りを効率的に行うためにも、便利なものを使いたいですよね!

窓掃除におすすめなスクイージーを紹介した記事がこちらです!本格的な窓掃除用に、プロも愛用する商品をチェックしてみてください!

家に1台あるだけで、重宝すること間違いなしです!

まとめ

窓をお掃除する方法を紹介しましたが、いかがでしたか?

家の外と接しているため、何もしなくても汚れていく悲しい運命を背負った窓。
きちんとお掃除をしてあげれば、外の景色もよく見えて、部屋も明るくなります。

ストッキングスクイージーを使うだけで、圧倒的に楽になる窓掃除。
それほど汚くない時は、新聞紙で拭くのがおすすめ。
拭き跡が残らず、ピカピカになりますよ。

窓のサッシを綺麗にするには歯ブラシ爪楊枝で、ホコリを掻き出します。
カビが生えていたら漂白剤で綺麗にしましょう。

今回、紹介した便利グッズを使えば、窓のお掃除はさらに楽になります。
窓の汚れに悩んでいる方は、ぜひ試してみてくださいね!

 

窓ガラスは綺麗になりましたか?
1箇所がピカピカになると、他の場所の汚れも綺麗にしたいという気持ちになりますよね。

日本には「大掃除」という素敵な習慣があります。年末の時間を利用して家じゅう綺麗にしちゃいましょう!
大掃除を手間や労力なく進めるためのコツを、たっぷり紹介した記事をご用意しています!ぜひ読んでみてくださいね♪

関連記事

窓ガラスを楽に掃除する方法を教えます!【茂木和哉】

こんにちは! 茂木和哉です。 「窓ガラスしっかり掃除したはずなのに、よく見たら汚れが残っていた……」 「いくら洗剤をつけて拭いても、落ちない汚れがある……」 「サッシのレール部分の土や砂が、うまく取れなくてイライラする… […]

窓サッシの掃除はスポンジをマンゴーカット!理由がわかれば察しがいい

お部屋のカーテンを開けて太陽の光を入れたり、窓を開けて空気を入れ替えたり。 気分爽快ですよね? しかし、下を見てみてください。 黒く汚れていませんか? 掃除を忘れがちな窓のサッシ。汚れていると爽快感も半減してしまいます。 […]

ランキング

鍋の焦げ付きを落とすのは、重曹だけじゃない!5通りの方法を発表!

ちょっと目を離した隙に、鍋の底を焦がしてしまった…なんてこと、ありませんか? 焦げって結構すぐについてしまうので、料理をする人にとっては逃れられない問題ですよね。 そんな焦げの落とし方、実は鍋の種類によって大きく変わって […]

お風呂の掃除に重曹が救世主だったお話。皮脂や汗の汚れに効果抜群!

1日の疲れを癒してくれるお風呂。 湯船にお湯をためて体を温めると、一気にリラックスできますよね。 でも、そんなお風呂が汚れていたら? カビの黒ずみ、白く固まった水あか、床に溜まったヌメリ。 せっかくのリラックスタイムも、 […]

スエードの靴の汚れの正しい洗い方とは?普段のお手入れ方法も解説

スエードの靴、あの独特の質感が素敵ですよね。なんだか温かみを感じる、良い生地だと思います。 でも一つ問題が…… 汚れが付きやすいんですよね。水に濡れればシミになり、使っているとテカテカしてきます。 しかも、スエードってお […]

カーペット・絨毯の自宅でできる洗濯方法とは?染み抜きの方法も解説

みなさん、お家の絨毯・カーペットのお洗濯、していますか? たまにしかしない…掃除機をかけて終わり、という方も多いかもしれません。 でも、それは要注意。掃除機では吸い取れない皮脂汚れや細かいゴミが潜んでいる可能性も。 今回 […]

シールをスルッと剥がしたい時の方法7選!ベタベタ跡にもう悩まない

シールが綺麗に剥がれないことって、ありますよね。 特によくあるのが、紙は取れても、ベタベタが残ってしまった……っていう悲しい事態。 やっぱり、シールなんて貼っていなかったかのような、綺麗な状態にしたいですよね。 そこで今 […]

トイレのお掃除は「クエン酸」で!誰にでもわかる手順写真付き解説!

毎日使うトイレ。 どうしても、汚れはたまっていきます。 トイレを使うたびに、たまった汚れが見えたら、気分も下がってしまいます……。 なんとかして、トイレの汚れを落としたいですよね! でも、どんな洗剤を使えばいいかわからな […]

白さが蘇る!ワイシャツの黄ばみの絶対に落とす方法!それは鍋を使う

徐々に徐々にたまって、いつのまにか目立つ汚れになってしまうワイシャツの黄ばみ。 普通にお洗濯するだけでは、ワイシャツの黄ばみはなかなか落ちません。しかも放っておくと、黄ばみはさらに頑固になっていきます。 実は、ワイシャツ […]

羽毛布団の洗濯はコインランドリーがおすすめ!乾燥時の注意点も解説

  軽くて、柔らかくて、暖かい。 と、良いこと尽くしの羽毛布団は、寒い季節には手放せない寝具の1つ。 でも、なんだか最近、ふんわり感がなくなったような…。 それに、前よりも暖かくないかもしれない…。 なんて感じ […]

敷布団の洗濯はお風呂で踏み洗い!コインランドリーでの洗い方も解説

敷布団なんて洗濯できるはずがない。 そう思いながら生きてきた方が多いのではないでしょうか。 洗剤液に突っ込むことはできたとしても、そこで洗って、さらに干すなんて…確実に生乾きで臭くなる!!と考えるほうが普通ですよね。 し […]

白いスニーカーの汚れを7つのアイテムで真っ白に!お酢が決め手です

白は汚れる! まあ常識ですよね。 ちょっと擦っただけでも灰色が付きますもん。 僕も一時期まっ白なスニーカーで生活してたんですがね、まあすぐ汚して怒られましたとも。   ということで今回は白スニーカー。 汚れが目 […]

鍋の焦げ付きを落とすのは、重曹だけじゃない!5通りの方法を発表!

ちょっと目を離した隙に、鍋の底を焦がしてしまった…なんてこと、ありませんか? 焦げって結構すぐについてしまうので、料理をする人にとっては逃れられない問題ですよね。 そんな焦げの落とし方、実は鍋の種類によって大きく変わって […]

お風呂の掃除に重曹が救世主だったお話。皮脂や汗の汚れに効果抜群!

1日の疲れを癒してくれるお風呂。 湯船にお湯をためて体を温めると、一気にリラックスできますよね。 でも、そんなお風呂が汚れていたら? カビの黒ずみ、白く固まった水あか、床に溜まったヌメリ。 せっかくのリラックスタイムも、 […]

シールをスルッと剥がしたい時の方法7選!ベタベタ跡にもう悩まない

シールが綺麗に剥がれないことって、ありますよね。 特によくあるのが、紙は取れても、ベタベタが残ってしまった……っていう悲しい事態。 やっぱり、シールなんて貼っていなかったかのような、綺麗な状態にしたいですよね。 そこで今 […]

トイレのお掃除は「クエン酸」で!誰にでもわかる手順写真付き解説!

毎日使うトイレ。 どうしても、汚れはたまっていきます。 トイレを使うたびに、たまった汚れが見えたら、気分も下がってしまいます……。 なんとかして、トイレの汚れを落としたいですよね! でも、どんな洗剤を使えばいいかわからな […]

エアコン自分でお掃除vsプロのクリーニング!その違いを実際に検証

  夏と冬に大活躍するエアコン。 使い始め、使い終わりにはきちんと掃除しないと、カビや臭いが発生してしまいます。 最近では、自分でエアコンを掃除するためのグッズなんかも売られているので、手軽に掃除できるのは、嬉 […]

換気扇の掃除用洗剤5選!油汚れに効く家庭用と業務用をそれぞれ紹介

換気扇の掃除を始める時、最初にぶち当たる壁は何でしょうか。 一番多いのは、「どの洗剤を使えば良いのかわからない」ということだと思います。 だってドラッグストアに行けば、洗剤の種類は無限大……。 ましてや、洗剤には家庭用の […]

「エアコンがくさい!?」と感じたら今すぐやるべきたった1つのこと

久しぶりにエアコンをつけてみたら、もわっとした臭い風が部屋いっぱいに広がった。 という経験はありますか? そのエアコンのニオイの原因、何だか知っていますか? たまりにたまったホコリ。 至るところにはびこったカビ。 目に見 […]

電子レンジの掃除は重曹をチン!拭くだけでカビ・油汚れが楽に落ちた

家の電子レンジ、こまめにお掃除していますか? 私は、かれこれ4・5年お掃除していません。 おかげで、電子レンジがちょっと臭いです。 よく使うから、いちいち掃除するのは面倒だ。 そう思ってお掃除をサボり続けた結果、焦げはこ […]

お風呂の鏡のお掃除はどうしよう?なにしよう?「新聞使用」が正解!

毎日使うお風呂。 毎日見るお風呂の鏡。 あなたのお家のお風呂の鏡、自分の姿がはっきり写りますか? 湯気で覆われているように白くくもっていませんか? ここで編集部が20代〜60代の女性100人に行なったアンケートを見てみま […]

お風呂の天井・壁・床のお掃除に、毎日たった3分のカビ予防が効く!

お風呂の天井・壁・床を見渡してみてください。 天井の四隅、壁の下の方、床のパッキンなどに、「カビ」生えていませんか?   今回、編集部では、20代~60代の女性100人に「お風呂の天井、壁、床を見たとき、もっと […]

スエードの靴の汚れの正しい洗い方とは?普段のお手入れ方法も解説

スエードの靴、あの独特の質感が素敵ですよね。なんだか温かみを感じる、良い生地だと思います。 でも一つ問題が…… 汚れが付きやすいんですよね。水に濡れればシミになり、使っているとテカテカしてきます。 しかも、スエードってお […]

カーペット・絨毯の自宅でできる洗濯方法とは?染み抜きの方法も解説

みなさん、お家の絨毯・カーペットのお洗濯、していますか? たまにしかしない…掃除機をかけて終わり、という方も多いかもしれません。 でも、それは要注意。掃除機では吸い取れない皮脂汚れや細かいゴミが潜んでいる可能性も。 今回 […]

白さが蘇る!ワイシャツの黄ばみの絶対に落とす方法!それは鍋を使う

徐々に徐々にたまって、いつのまにか目立つ汚れになってしまうワイシャツの黄ばみ。 普通にお洗濯するだけでは、ワイシャツの黄ばみはなかなか落ちません。しかも放っておくと、黄ばみはさらに頑固になっていきます。 実は、ワイシャツ […]

羽毛布団の洗濯はコインランドリーがおすすめ!乾燥時の注意点も解説

  軽くて、柔らかくて、暖かい。 と、良いこと尽くしの羽毛布団は、寒い季節には手放せない寝具の1つ。 でも、なんだか最近、ふんわり感がなくなったような…。 それに、前よりも暖かくないかもしれない…。 なんて感じ […]

敷布団の洗濯はお風呂で踏み洗い!コインランドリーでの洗い方も解説

敷布団なんて洗濯できるはずがない。 そう思いながら生きてきた方が多いのではないでしょうか。 洗剤液に突っ込むことはできたとしても、そこで洗って、さらに干すなんて…確実に生乾きで臭くなる!!と考えるほうが普通ですよね。 し […]

白いスニーカーの汚れを7つのアイテムで真っ白に!お酢が決め手です

白は汚れる! まあ常識ですよね。 ちょっと擦っただけでも灰色が付きますもん。 僕も一時期まっ白なスニーカーで生活してたんですがね、まあすぐ汚して怒られましたとも。   ということで今回は白スニーカー。 汚れが目 […]

帽子・キャップの型崩れしない洗い方!他とはかぶらない方法で伝授!

帽子って、知らず知らずのうちに汚れや臭いがひどくなってしまいますよね。 特に夏の汗をかく時期。 でも、帽子を自宅で洗うって、あんまりピンとこないかもしれません。 しかし、ここでは帽子・キャップを自宅で型崩れの心配なく洗う […]

毛布は洗濯機で丸ごと洗い!素材にあった4つの洗い方と洗剤も紹介!

冬場は気温が低く、洗濯物も乾きにくいこともあり、なかなか大きな洗濯物はしたくないですよね…。 しかし、毛布に限った話ではありませんが、冬場の寝具もきちんと洗わないと、カビや臭いの原因になってしまいます。 特に寝るときに毛 […]

ニット・セーターの洗濯方法を解説!縮むのを防ぐ洗い方のコツも伝授

ニットやセーターってふわふわしていて、あったかくて、寒い冬には手放せませんよね。 でも、着終わった後は? なんとなく、自分で洗濯すると縮んだり型崩れしたりしてしまうイメージ…。 でも、だからといって毎回着終わった後にクリ […]

ダウンジャケットは洗濯機で手洗い!ふんわり感を決める干し方も紹介

寒いときには手放せませんよね。ダウンジャケット。 でも、走ったり、満員電車に乗ったりと、冬って意外と汗ばむことも多いと思います。 ダウンジャケットって、かさばるし、乾くのにも時間がかかって、あまり洗濯しない。そもそもどう […]

サビの落とし方は削るだけじゃない!ライムや重曹でこするのも有効!

身の周りを見渡してみたら、色んなところでサビを発見してしまった…なんて経験、ありませんか? 例えば家の中に置いてあるスタンドラックにも発生するし、外に置いておいた自転車にもサビはつきやすいもの。 見た目はあまりきれいとは […]

鏡面磨きを職人に頼んだら15年物の革靴が潤いと輝きを取り戻した話

上品に光る、革靴。 思わず目を奪われるくらい、魅力的ですよね。 革靴をまるで鏡のように光らせる鏡面磨きに、憧れのある方も多いはず。 今回は、革靴のお手入れの道なんと20年以上のプロに、鏡面磨きの方法を取材してきました! […]

ファスナー・チャックの不具合は修理できる!リップクリームが使えます!

急いでファスナーを閉めたら動かなくなった……なんて経験、あるんじゃないですか? 『ガチっ』なんて音を出した後、うんともすんとも言わなくなることが結構あるんですよねぇ。   さて、こういうファスナーの故障ですが、 […]

腕時計のお手入れは、ベルトの汚れをほっとけいないから浸けとけい!

学校、仕事、プライベートな時間でもかかせない腕時計。 時間を確認するためのものだけでなく、最近ではファッションアイテムとしても注目を集めていますよね。 しかし、そんなおしゃれアイテムである腕時計、よく見てみると汚れていた […]

鞄のクリーニング・色補修を取材!カビ・シミ・角の傷が消え去った日

みなさん、クローゼットの中に少し汚れていたり、色がはげていたりする鞄はありませんか? そういう鞄って、使う気にもならないし、でも捨てる勇気もなく、ずっと置いたままにしていることが多いと思います。 そのままクローゼットの肥 […]

包丁の研ぎ方は刃の角度がポイント!正しいお手入れで切れ味が復活!

  毎日の料理に欠かせない包丁。 頻繁に使っているのにも関わらず、自分でメンテナンスしている方、どれくらいいるのでしょう。 包丁のメンテナンスとは、「研ぐ」こと。 毎日使っているとわかりにくいかもしれませんが、 […]

ネックレスの修理はチェーン切れがネックです?部品の種類ごとに解説

ネックレスって、ささいなことで簡単に切れてしまうもの。 洋服を脱ぐときにうっかり引っ掛けてしまったり、ネックレスをつけたまま寝て、起きたら切れていた、なんてことも。 特に小さなお子さんがいると、お子さんがネックレスを引っ […]

スニーカーの手入れには中性洗剤!レザー製はブラシとクリームでケア

動きやすさを追求した靴、スニーカー。 それだけでカジュアルな雰囲気に寄せられますし、愛用する方も多いんじゃないですかね?   白なんかは人気の筆頭ですが……そりゃまあ汚れます。 色鮮やかであるほど汚れます。 な […]

靴底のかかとのゴムを、靴修理の職人さんが自然に馴染ませて直した話

気づいたら靴底のかかと部分がすり減っていた……。 ヒールから金属が見えて、歩くとカツカツ音が鳴るようになってしまった……。 そんな経験は、ありませんか? 大切な靴は、かかとが削れてしまっても修理して履き続けたいもの。 で […]

スパイクのお手入れ【野球・サッカー/人工・天然皮革】を完全網羅!

「スパイク」は、スポーツをやられている方なら誰しもが知っているでしょう! ですが、正しいお手入れ方法まで知っている方はどれくらいいますか? スポーツで役立つあの特徴的な靴底に戸惑っている方もいるようです…が、心配はいりま […]

おすすめ特集