屋上の雨漏り修理はプロに依頼が基本!まずは4つの原因を確認しよう

YOURMYSTAR STYLE編集部

更新日:2021年04月06日

 

最近では、お洒落なデザインの家が増えていますが、その中でも平らな屋上、通称「陸屋根(りくやね)」を採用する家が一般的な住宅にも増えています。

陸屋根にし、屋上を作ると、洗濯物や布団干し場、物置の置き場とすることや、家庭菜園等も楽しむことができるので、人気なデザインなんです。

ただ、陸屋根は囲むように壁があり、水を受けるプールのような構造となってしまいます。

つまり、陸屋根の屋上は一般的な住宅よりも雨漏りが起こりやすい可能性があります。

今回は、屋上から雨漏りが起きる原因や、DIYでの修理方法を解説します。

まずは雨漏りの原因を把握!

雨漏りを見つけた場合、どこから漏れているのか、何が劣化しているのか、原因をしっかりと突き止めることが重要です。

基本的に雨漏りの修理は専門業者に依頼することがオススメです。

ただ、原因によってはDIYで直すことができます。

状況に応じて適切な修理方法を選択しなければいけないので、まずは主な雨漏りの原因を知りましょう。

屋上の雨漏りの原因は主に4つあります。

1 床面のひび割れ

床の材質がコンクリートの場合、ひび割れができてしまうことがあります。

ひび割れができると、隙間から水が入り込み、雨漏りを引き起こす原因となります。

ひび割れが発生する主な原因は、コンクリート内部の水分が蒸発し、乾燥収縮することにによって起こるひび割れが一番多く、そのほかにも気温変化、経年劣化、地震の影響など、様々な原因によりひび割れが起こってしまいます。

ひび割れが起こると、そこから雨水が内部に染み込み、雨漏りが発生してしまいます。

2 防水シートの劣化

屋上のような平面の床は三角屋根のように雨水を流し落とすという構造にはなっていないため、雨や雪が降った際に水が滞留しやすく、どうしても湿っている時間が長くなるという欠点があります。

そのため、事前に防水処置を施し、防水力を高めることで雨漏りを防止しています。

防水素材は湿っている時間が長ければ長いほど劣化しやすくなります。

もしも陸屋根や屋上の床にひび割れ・ふくれ・めくれがあった場合は要注意です。

防水塗装の施工が中途半端だったり、経年劣化だったりと理由は様々ですが、防水シートが劣化している可能性があります。

放置したままでいると被害が広がってしまうため、早めの処置が必要です。

3 排水口(ドレン)の詰まり

雨漏りが発生した際、最初に確認すべき場所が排水口と言ってもよいでしょう。

排水口には雨や風の影響により、落ち葉やゴミ、砂、泥など様々なものが流れつきます。

流れ着いたものが詰まってしまうと屋上に水が溜まってしまい、雨漏りしやすくなってしまいます。

この場合は詰まっている異物を取り除くだけで雨漏りが解消することもあります。

また、排水口周りの清掃を怠ると、雨水が溜まりやすくなり、錆びの原因になります。

錆びが発生すると、排水溝の劣化や詰まりにつながります。

他にもドレンとパイプの接合部から雨漏りしているケースもあります。

この場合はドレンを改修する必要があるため、自力で解決することはできません。

4 パラペットの劣化

パラペットとは、屋上や陸屋根の端部から立ち上げられている壁のことを言います。

パラペットは、強風や豪雨などに晒されやすいために劣化しやすい場所です。

特に横殴りの雨などによって、雨が吹き込むことでも雨漏りしやすいという弱点があります。

一度損傷するとあっという間に雨漏りが進んでしまうこともあるため、特に注意が必要です。

雨漏り修理は基本的にはプロに依頼

雨漏りしている箇所を発見した際、ブルーシートをかぶせる等、ご自身で何とか解決しようとする方も少なくないでしょう。

しかし、自分でできる雨漏り修理はあくまでも応急処置に過ぎません。

雨漏りは、そもそもの根源を探してしっかり直さないと、再発します。

また、適当な修理をしてしまうことで、悪化する可能性もあります。

雨漏りをしっかり修理せずに放置した状態でいると、徐々に下地まで劣化していき、カビや腐食の原因になってしまいます。

状態が悪化して下地から直すことになった場合、大掛かりな解体工事が必要になり、修理費用も高額になります。

雨漏りは、なるべく早めに雨漏り修理の専門業者に依頼することがオススメです。

しかし軽微な雨漏りや応急処置的な補修であれば、DIYでも可能な場合があります。

DIYで屋上の雨漏り修理の方法

1 充填剤による修理

屋上の床のひび割れは、充填剤を注入すれば修理が可能です。

ただし、この修理方法はあくまで応急的な処置にしかならず、長期間雨漏りを防ぐのは困難です。

また、ひび割れが複数箇所見つかった際には、全体的な修理を検討する時期が来たのだと覚えておきましょう。

おすすめ
商品

商品画像
ワンタッチ・カベ用コンクリートひび割れ補修材

2 ウレタン防水による修理

ウレタンでできた塗料を塗ることで、防水層を作る工法です。

塗料は液状なので、施工場所の形状にとらわれず、下地も選びません

また、防水工事のなかでも比較的安価におこなうことができます。

ただ、比較的簡単にできる防水工事ですが、手作業で塗っていくため塗りムラが起こりやすい欠点があります。

また塗料を塗り重ねて防水層を作るので、何度も乾燥させる時間を取らなければなりません。

塗料を上手に塗れなかったり、作業手順を誤ったりしてしまうと雨漏りが再発してしまう可能性もあります。

おすすめ
商品

商品画像
アトムハウスペイント 水性防水塗料 8㎡セット

まとめ

雨漏り修理は、火災保険が利用できる場合もあります。

DIYは、雨漏り修理を安く済ませるコツでもありますが、火災保険が適用されれば費用をかけずにプロに依頼できますので、難しい修理は無理せず、まずプロに依頼することを考えるのもオススメです♫

雨漏り修理のプロのサービスを探す