プロのカークリーニングを体験!3時間で真っ黒の汚水が流れ出てきた

YOURMYSTAR STYLE編集部

更新日:2020年04月16日

 

車の汚れが、ちょっと気になるなあ。
ボディーはたまに洗車もするけど、車内は拭き掃除かゴミ拾いしかしてないし……。

でも、飲み物をこぼしたり、お菓子を食べてカスが落ちたり、子供が車酔いしたり。
汚れる原因は、たくさん。

実は、カークリーニングという、プロが車内をキレイにしてくれるサービスがあります!

でも、プロに車をお掃除してもらうと、どんないいことがあるのだろう…。

確かに、その通りだと思います。

そこで、プロのカークリーニングを取材して、その様子をまとめました。
カークリーニングの流れから、1つ1つのお掃除の様子まで、写真付きで徹底解説。

写真を見比べると、気持ち良いぐらいに汚れがどんどん落ちていくのが分かります!
カークリーニングの流れから、さっそく確認していきましょう。

読了目安は3分です。

カークリーニングの流れ

まずは、カークリーニングの流れをチェック。

準備
カークリーニングでは、まず車の中やシート周辺にある荷物をどかして、掃除がしやすい状態にします。

ゴミを取り除く
足元のマットを取り外し、大きいゴミを掃き掃除と粘着テープでとります。

汚れを落とす
プロ仕様のスチーム機でシートの奥に溜まった汚れを浮かしていきます。
その後、吸引機で浮かせた汚れを吸い出します。

乾燥させる
乾燥機でシートを乾燥させます。

 

だいたい3時間前後でカークリーニング終了です。

 

プロのカークリーニングの様子

それでは、実際の作業の様子を見ていきましょう。

1. 作業準備(10分間)

まずは、作業の準備をしていきます。

寒い状況の中でも、黙々と準備を進めていらっしゃいました。

 

カークリーニングでは、スチーム機を使うので電源が必要です。
駐車場などにコンセントがあれば、それを利用できます。

電源がない場合は、お断りされるプロの方が多いです。
ですが、今回のプロは、ご自身で発電機をご用意していました。

発電機は持ち込み料が発生する場合があるので、あらかじめプロに確認しておきましょう。

 

2. ゴミを取り除く(5分間)

まずは目に見えるゴミから取り除いていきます。

 

車の足元に敷いてあるマットを取り外し、粘着テープでコロコロ。

 

ブラシでサササ。

 

掃除機も使って、シートの下まで確実にゴミを吸い取っていきます。

このあとスチーム洗浄をしていくときに、ゴミが残っていると、臭いの元になる場合があるので入念に取っていきます。

 

3. スチームで汚れを浮かせる(10分間)

高圧スチーマーで汚れを浮かせていきます。
スチーマーの中に洗剤を少しだけ混ぜ、汚れが落ちやすい状態を作ります。

 

プロ’s voice
運転席は汗の汚れが多いので、特に重点的にスチームをします。夏場の背中などの汗がシート全体に染み付いてます。

 

他にも、飲み物のこぼれ、たばこのヤニ、嘔吐などの汚れが多いとのことでした。

洗剤を原液で直接吹きかけ、汚れを更に浮かせていきます。
その後、ブラシも使い、汚れを浮かせます。

 

4. 汚れを吸引(35分間)

「カーペットリースクリーナー」という専用の吸引機で汚れを吸引していきます。

 

シートに、洗剤を吹きかける、汚れを吸引する。
という流れを繰り返し行っていきます。
吸引力が強いので、シートを強く押すような力は、いりません。

 

5. 乾燥と拭き掃除(80分間)

当日使えるようにするためには、シートを乾燥させないといけません。

そこで、ここでもプロのひと手間。
専用の乾燥機を使い、車内を乾かしていきます。

直射日光が強い時は、日光だけでも乾燥できるそうです。

 

今回、プロの方が使っていた洗剤です。
どの汚れも同じアルカリ性の洗剤で行っていきます。

強いオイル汚れなどの洗剤は、ハウスクリーニング用の強い洗剤で対応したりすることもあるとのことです。
頑固な汚れも一度相談してみてはいかがでしょうか。

 

乾燥を待っている間に、シート以外の部分の拭き掃除を行っていきます。
ベタつきや汚れをきっちり落としていきます。

 

お掃除を振り返って

カークリーニングの結果、車がどれだけ綺麗になったのか気になりますよね?

 

なんと、この写真の黒いのは全て、汚れなのです!

シートや床下のマットはもちろん、ハンドブレーキやハンドルまでピカピカになりました♪

掃除の範囲としては、基本的には車内の布もの全て。
シート、足元マット、車内拭き上げです。

既に利用されているお客さんは、小さいお子さんがいる家庭、ダニ・ハウスダスト・カビなどのアレルギーを持っている方などがいます。
1年に1回前後、長くて2年のスパンで行うのがおすすめです。
車検のタイミングにやるとよさそうですね。

プロ’s voice
もし汚してしまった時の応急措置は、とにかくすぐ拭くこと。
乾くと、内部に浸透してしまいます。
ぬるま湯で拭くと、さらに効果的ですよ。

 

シンプルですが、これらの作業をしっかり行うだけでも、汚れの落ち具合が変わるそうです。

 

まとめ

プロのカークリーニングはいかがでしたか。

家と同じくらい大切な車を綺麗にするカークリーニングは、まだまだ世の中に知れ渡っていません。

異臭がすれば、車酔いを引き起こしてしまうかもしれません。
家族でどこに出かける時には、綺麗な車で行きたいですよね!

外見も大切ですが、中身はもっと大切だと思います。
長く使う車だからこそ、ぜひ一度お試しいただきたいです。

 

今回お掃除を担当してくださったのは、オキシアップ神奈川中央さんです!
我が家の車が、あっという間に綺麗になっていました。
ありがとうございました!

ぜひ「ユアマイスター」でプロのお仕事を体感してください!

ユアマイスター」は、ハウスクリーニングやカークリーニングのプロをご紹介できるサイトです。
あなたのご希望に合った業者さんにきっと出会えるはずです。

車クリーニングのプロのサービスを探す