電気毛布の洗濯できる!?手洗い、洗濯機で正しく洗う方法を徹底解説

■電気毛布は「洗濯機のマーク」や「手洗いマーク」があれば洗濯できる
■手洗いで電気毛布を洗濯するなら、中性洗剤!20回押し洗いする
■洗濯機で電気毛布を洗うなら、洗濯ネットに入れて水流の弱いコースで!

らこ

更新日:2020年07月15日

冬に欠かせないものと言ったら、みなさん何を思い浮かべるでしょう?ここでは、真冬に大活躍する電気毛布の洗濯の仕方をご紹介します。
果たして、電気毛布は洗濯機で洗えるのでしょうか?手洗いしかできないのでしょうか?そんな皆さんの疑問をズバリ解決していきます。

これさえ読めば、あなたも電気毛布の洗濯に詳しくなれますよ。

電気毛布がお洗濯できるか確認しよう

結論からいえば、なんと洗うことのできる電気毛布が多いです!
びっくりですね。

「電気」毛布という名前から、水につけると危ないのでは・・・!?
と思ってしまいがちですよね。

かなり古い型のものなどは、コネクタが水に弱く洗うのは難しいです。
でも、最近の電気毛布は、洗えるようになっているものがほとんど!

手洗いでも洗濯機でも洗えるので、どちらもこれからご紹介します♪

まずは説明書を確認してみましょう。
説明書なんて失くしてしまったよ、という場合でも大丈夫。
タグを確認していただければ、洗える毛布であれば洗濯絵表示が付いているはずです!

今までの洗濯表示

こちらのいずれかのマークがついている衣類は、お家で洗えます
マークの中に書いてる数字は、洗濯するときの上限の水温です。
表示以上の温度で洗濯すると、縮んでしまう可能性があります。
気を付けましょう。

こちらのマークがついている衣類は、水洗いはできません

新洗濯表示(2016年12月~)

2016年12月から、洗濯表示が新JIS表示に変更になり、国内外で洗濯表示が統一されました。

新洗濯表示でも、旧洗濯表示と同様に×のついたマークが表示されている衣類は、水洗いはできません。

新しい洗濯表示になって、よくわからなくなって悲しい……
そんなあなたに「新しい洗濯表示を覚えられないあなたのためにイラスト付きで徹底解説」をお届け!
これを読んだら、洗濯タグを見るのがちょっと楽しくなっちゃうこと間違いなしです!
お洗濯するときの参考にしてみてくださいね♪

電気毛布を「手洗い」で洗う方法!

毛布といえど家電製品。
洗濯機で洗うと、洗濯機が壊れてしまうのではないかと怖い、という方もいると思います。

そんな方は、手洗いで洗うのがおすすめです。

 用意するもの 

・たらい
・中性洗剤

おすすめの商品はこちら↓↓
プラチナフローラル&サボンの香りが特徴の、柔軟剤入り液体洗剤。汚れをしっかり落として、驚きの白さを提供します。

おすすめ 商品

商品画像
ボールド 液体 柔軟剤入り 洗濯洗剤 アロマティックフローラル&サボン 本体 850g

   手 順  

1. たたむ

毛布の長い方の辺と辺を合わせるように半分に折ります。
細長い長方形になったら正解!

さらに、もう一度、今度は短い辺と辺を合わせるように半分に折りましょう。
四つ折りになっていればOKです。

まだ大きいなと思ったら、細長い長方形にした後、三つ折りにしてみましょう。
用意したたらいの大きさに合わせて、たたみ方を調整してください!

2. たらいに洗剤と毛布を入れる

たらいの中に、折りたたんだ毛布を入れて、そこに中性洗剤を加えます。

3. 押し洗い

押し洗いは、「押す→浮かせる→押す」を繰り返す洗い方です。
毛布を沈めるようにやさしく押しましょう。

20回くらい繰り返します。
汚れがひどい場合は、押し洗いをする前にしばらく浸け込んで汚れを浮かせるのも有効ですね。

洗いが終わったらすすぎです。
2~3回ほど水を替えながら、「押す→浮かせる→押す」を繰り返しましょう。

注意
洗剤が残らないようによくすすいでください。特にコネクタ接合部は、洗剤が残っていると故障につながります。

4. 乾燥させる
干す前に水を切りましょう。

竿にかけたり、お風呂の浴槽にかけたりするといいですよ。

注意
毛布をねじって絞るのはNG!電気毛布が故障してしまうことがあります。

電気毛布の干し方はM字干しがおすすめ!

2本の竿に電気毛布を渡して、真ん中を重力のままにだらりとさせます。
横から見たときにMの文字になるような干し方です。
中に風が通って乾きやすくなりますよ。

簡単に「洗濯機」で洗おう!

洗濯機のボタン表示

手洗いなんて、とてもじゃないけど面倒くさくてやってられないよ!という方は、洗濯機での洗濯にチャレンジしてみましょう。
最近の電気毛布は、意外と洗濯機で洗濯できるものが多くありますよ。

重要
必ず、毛布を洗うことができる洗濯機を使いましょう!

 用意するもの 

・洗濯ネット
・中性洗剤

   手 順  

1. たたむ

洗うことのできる電気毛布のコネクタは防水になっています。
とはいえ万が一もあります。
洗濯槽の中でぶつかって傷がついたりするというのも嫌ですよね。
コネクタを差す部分は、中の方に折り込んでしまいましょう。

たたんだら、洗濯ネットに入れます。

2. 洗濯機に入れる

洗濯ネットに入れた電気毛布と中性洗剤を洗濯機の中に入れ、洗濯します。
30℃くらいのぬるま湯で洗えば、生地の傷みを少なく保つことができます。

洗濯機のコースは「大物洗いコース」や「毛布コース」や「手洗いコース」を選びましょう!
やさしさが大切です。

注意
他のものと一緒に洗うのは厳禁です!毛布だけで洗いましょう。

3. 脱水する

いつものお洗濯と同じように脱水してはいけません!
30秒~1分くらいの短い時間だけ使うのがポイント。

脱水するときもネットに入れたままですよ。

4. 乾かす
乾かし方は手洗いと同じです。

M字干しをしましょう!

まとめ

洗えないと思っていた方もいるかもしれない電気毛布。
今回、紹介したことを踏まえれば、なんと洗濯機でも洗えてしまいます!

家電製品だから、と電気毛布の洗濯を敬遠していた方も、今日から家でザブザブ洗えちゃいますね。
さっそく洗ってみてくださいね♪

布団クリーニングのプロのサービスを探す