敷布団の洗濯をコインランドリーに行かなくても自宅でできる方法とは

■自宅で洗濯できる敷布団は水洗い可・キルティング加工されているもの
■敷布団の洗濯方法は手洗い・コインランドリー・クリーニングの3択
■敷布団を自宅で洗濯する時は浴槽にぬるま湯を張って踏み洗いする

らこ

更新日:2019年10月15日

敷布団の汚れが気になるから洗いたいけど、クリーニングは高そうだしなぁ…

そうなんです、敷布団をクリーニングに出すと結構かかりますね。

自分も洗うのもなんか大変そう…そう思っている方も多いのではないでしょうか。

実は敷布団はコインランドリー・家の浴槽でも洗うことができるのです!

今回は自宅でも洗濯できる敷布団見分け方から、詳しい洗濯方法までお伝えしていきます。

敷布団は洗濯するべきなのか

敷布団って、そもそもお洗濯するべきなのでしょうか?

実は、敷布団はいくら定期的に干したりと敷布団のケアをきちんと行っていても、何年も使っていれば、汚れが蓄積していきます。

人は寝ている間にコップ1杯分の汗をかくと言われていますし、毎日その汗が蓄積されていくと思うと…恐ろしいですよね。

また、子供がおねしょしたり、何かこぼしたり、と洗わなければならない状況に陥ることもあるはずです。
少なくとも年に1度は敷布団を自宅で洗うなり、クリーニングに出すなりすることをオススメします。

普通に洗濯してもダニは死なない?

寝ている間にコップ1杯分の汗の汗をかくということを先ほど言いましたが、実は布団に隠れているダニも厄介なのです。

ダニはとても生命力が高い生き物。軽く洗濯したり、天日干しをするだけではあまり効果がありません。

ダニの体への影響は?

ダニは私たちに、どんな害を与えるのでしょうか?

実は、ダニのフンや死骸は、アレルギーの原因になります。
これらが原因でアトピーや鼻炎、喘息になってしまう可能性があるんです。

特に赤ちゃんはまだ耐性が低いので、こうした症状が発症しやすいといえます。
小さいお子さんのいるご家庭は、特に注意したいところですね。

ダニが苦手なものって?

そんな無敵に感じるダニたちですが、もちろん弱点はあります!

それは。ダニは50℃以上の熱に弱いのです。

あとでご紹介しますが、コインランドリーなどの乾燥機でしっかりと乾燥させてダニを撃退しましょう。

 

洗える敷布団とは

洗濯できる敷布団とそうでないものの見分け方は、まず洗濯表示を見ることから始まります。

ということで、まずは敷布団をくるんでいるそのシーツをザーーーッ!とはがしましょう。

はがしたシーツもしっかり洗うようにしてくださいね。せっかく敷布団を洗濯しても、シーツが汚れていては全く意味がありません。
シーツを洗濯しない6割の人はダニまみれ!乾燥機でしっかりダニ退治」を読んでシーツの洗濯頻度なども覚えておくようにしましょう。

洗濯表示の見分け方

さて、敷布団の洗濯表示、出てきましたか?
洗濯表示をみて、コインランドリーで洗えるかどうかを確かめてみましょう。

自宅で手洗い、またはコインランドリーで洗える洗濯表示は、

・手洗い可
・洗濯機可

の2つです。手洗いのみ可となっている場合は、自宅の浴槽で手洗いし、洗濯機も可と書いてある場合はコインランドリーでも洗濯できます。

一方、

・水洗い不可
・ドライマークあり

の場合はクリーニングに出すほかありません。

そもそもどの表示が何を表しているのかわからない!という方は「新しい洗濯表示を覚えられないあなたのためにイラスト付きで徹底解説」を見ながら表示をチェックしてくださいね♪

 

敷布団の素材

羽毛、綿、ウール、ウレタンなど、敷布団には様々な素材があります。洗濯表示を見れば洗濯できるかできないかはわかりますが、それぞれの素材を知っておくとさらに安心ですね。

手洗い コインランドリー クリーニング
ポリエステル
羽毛
羊毛(ウール) ×
綿 ×
ウレタン × × ×
キャメル × ×

◎→良 ◯→可 △→推奨しない ×→不可

素材によって洗濯の可否をまとめるとこのような表になります。

基本的にポリエステル羽毛洗濯可能と思っておいてよいでしょう。
羊毛綿に関しては洗濯すると縮んでしまう可能性があるため、どうしても自分で洗いたい場合は手洗いにしましょう。
ウレタンなどの低反発素材や、キャメルなどの獣毛は基本的には洗濯不可となっています。

ここで紹介したものはあくまでも素材自体が洗濯できるかどうかという問題です。
外側の生地がシルクなどの洗えない素材の場合は、中の素材が洗えるものでも洗濯はできないので注意しましょう。
必ず洗濯表示を確認すること、わからない場合は布団を購入した店舗に問い合わせすることをオススメします。

洗える布団の形

いくら洗える素材でも、キルティング加工されていない敷布団は自分で洗濯できません。

キルティング加工とは、布団の裏、表の生地の間に、綿などをはさんでミシン縫いをする加工のことです。中の素材が動かないので、洗濯しても布団が型崩れしにくいという利点があります。

キルティング加工されていなくても、洗う時に布団をしばるなどして中の素材が動かないように固定することはできますが、型崩れしないという保証はありません。特にコインランドリーなどを使う場合は、中の素材が大きく偏ってしまう可能性があるので、自分で洗濯するのは控えましょう。

自宅で敷布団を洗う

自宅で洗濯する場合は、浴槽で洗っていきます。三つ折りにして洗いましょう。

自宅で洗う前に確認しておきたいこと

自宅で洗う場合、準備だけでなく、干す日数も気にする必要があります。

天気予報

自宅で手洗いする場合、脱水がきちんとできないため、敷布団を完璧に乾かすには2、3日はかかります。生乾きの状態のままだとカビが発生する原因となってしまいます。布団を洗濯する日から少なくとも3日間は晴れの日が続くように、事前に天気予報を確認してから洗濯する日を決めるようにしてください。

洗濯する時期としては、夏が一番オススメ。気温が高く、日差しも十分にあるため、冬などに干すよりよっぽど乾きやすいのです!

目立つ汚れ

洗濯する前に目立つような汚れがある場合は前処理しておきましょう。
布巾などに中性洗剤をしみ込ませ、汚れた部分を軽く叩くようにして拭き取ります。

カビが生えている場合は、「布団のカビでガビーンな時の「必殺技」と効果バツグーンな干し方講座」を読んでカビを撃退してから洗濯しましょう。

浴槽で洗う手順

敷布団を自宅で洗うには一日中かかることを覚悟しておいた方がいいです。そのため、洗濯する日は朝から取り掛かるようにしましょう。

用意するもの

・おしゃれ着用中性洗剤

・物干しざお

組み立て式ですが、ネジや釘を使わずに簡単に組み立てることができます。
こちらは、20kgまでの重さのものを干すことができます。つまり、布団が4枚分干せちゃうんです!

また、布団を干す枚数によって伸縮できるので幅を取りません。

布団だけでなく、毎日の洗濯干しとしても使うことができます!ちなみに大きいバスタオルが4枚・シャツが30枚干せます。大家族のご家庭でも安心して洗濯物を干すことができます♪

手順
1
ホコリを落とす

まずは敷布団の表面をシャワーで流してホコリを取ります。

2
洗剤液を作る

ぬるま湯を浴槽に半分くらい貯めましょう。目安としては折りたたんだ布団がスッポリお湯に浸かるくらいです。
そこに液体の中性洗剤をキャップ1杯分程度加えます。布団の大きさなどによって使う洗剤の量は変わってきます。洗剤の容器にある説明書をきちんと確認してから入れるようにしてくださいね。

3
布団を浸け置き

洗剤液の中に折りたたんだ布団を浸けましょう。浴槽のサイズに合わせて折りたたみますが、基本的には3つ折りくらいにすれば収まりきるはずです。
布団全体に洗剤液を行き渡らせるために、30分~1時間程浸け置きしておきましょう。

4
踏み洗い

浸け置きした後は、足で踏み洗いしていきます。

注意
頑丈なように思える敷布団ですが、乱暴に扱ってしまうと外側の布が破けてしまう可能性があるため、優しく踏むように心がけましょう。

 

5
ひっくり返して踏み洗い

最初に折りたたんだ面だけを踏んでいると一部分しか綺麗にならないため、全ての面をまんべんなく踏み洗いしていく必要があります。

普段干すときですら持ち運ぶのも一苦労の敷布団、水を吸い込むとさらに重たくなってしまいます。踏ん張りすぎてひっくり返って頭を打つ…なんてことにならないように気を付けながら動かしてくださいね。

手伝ってくれる人がいる場合は布団を動かす時だけはなるべく協力してもらうことをオススメします。

6
水を捨てる

全ての面を踏んだら、洗剤液が布団に溜まっていた汚れで黒っぽくにごっているはずです。すすぎに移る前に汚れた水を全て捨てましょう。
この時も栓を防いでいる布団を持ち上げるのに力がいるので、助っ人を呼ぶようにしましょうね!

7
すすぎ

シャワーで表面を流しながら、再び浴槽に水を貯めていきます。
敷布団が浸かるくらい水がたまったら、洗った時と同じように足で踏んですすいでいきましょう。洗剤の泡が目立たなくなるまですすがないとカビの原因となってしまうためすすぎは少なくとも2回程繰り返すようにしましょう。

8
脱水

すすぎが終わったら水を捨て、敷布団を浴槽のフチにかけて脱水します。
無理に押したり踏んだりすると布団が傷ついてしまうので、できるだけ自然に水を切るのがオススメです。

脱水を速めるために、浴室の乾燥モードがあれば設定してください。ない場合は、しっかりと換気をしておきましょう。1時間程そのまま放置してから外に干します。

9
干す

お風呂場からベランダなどに持っていく途中、どうしても布団から水が垂れてしまいます。そのため、廊下などにバスタオルを敷いて、運ぶ前に道を作っておくと楽かもしれません。

物干し竿が2本ある場合は、敷布団を両方にかけ、M字干しにしましょう。
1本しかない場合は竿に何本か丈夫なハンガーをかけ、その上に布団をかぶせるようにしてかけるA字干しで対応できます。

風の通りを良くし、数時間ごとに裏表を返したり向きを変えたりして早く乾くように工夫しましょう。

日が暮れる前には取り込んで、椅子などにかけて室内で干しておきましょう。翌朝、また同じように外で天日干ししてしっかりと乾かします。

敷布団をコインランドリーで洗う

敷布団はとても大きいため、持ち運びに不便ですが、車などをお持ちの場合、家の浴槽で洗う手間を考えると、コインランドリーで洗濯する方が圧倒的に楽です。

コインランドリーに行く前にしておきたいこと

何点か確認するだけで、敷布団のお手入れの手間を減らすことができます。

設備の確認

敷布団の素材を確認することも大事ですが、コインランドリーに敷布団を洗える機械が置いてあるのかという点を確かめておきましょう。事前に確認しておくと、二度手間にならずに済みます。

店舗によっては洗濯のサポートをしてくれる係の人がいるところもあるので、どのコインランドリーに行くかを調べておくと良いかもしれません。

敷布団の洗濯の仕方は機種によって変わってきます。
洗濯~乾燥までが一台でできる一体型のものがあれば、布団専用の機械など様々です。
ここでは、洗濯と乾燥を別の機械で行う一般的な方法をお伝えします。

なお、お値段は布団のサイズや店舗によって異なりますが、洗濯~乾燥までやって2,000円前後には収まるはずですよ!

目立つ汚れ

浴槽で洗う時と同様に洗濯する前に目立つような汚れがある場合は前処理しておきましょう。

コインランドリーでの敷布団の洗い方

コインランドリーで洗う場合、コインランドリーに着いてから忘れ物に気づくと相当な痛手です。
忘れ物には十分注意しましょう。

用意するもの

・紐
・おしゃれ着用中性洗剤

布団は私たちが思っている以上に形を崩しやすいものです!

お手入れする際は、おしゃれ着用 中性洗剤を使いましょう。

カタチコントロール洗浄で着用の伸び・ヨレが整うため、洗うたび袖・首回りまでキレイになり、 毛玉・縮み・色あせを防ぎます。
長持ちしてほしいやお気に入りの衣類や、型崩れが気になるシャツなど、衣類のみならず、布団も形を崩さず洗浄します。

手順
1
洗濯機のドラムサイズを選ぶ

敷布団の大きさによって、使用するドラムのサイズを選びましょう。
シングルサイズの敷布団の場合は、15kg前後のドラムが目安です。

2
敷布団をコインランドリーに入れる

敷布団を縦長のロール状にします。くるくると丸め、数カ所を紐でしっかり結べばOKです。
ただし、乾燥機にかける前に紐を解かなければ上手く乾かすことができないので注意しましょう。

3
おしゃれ着用の中性洗剤で使う

敷布団を含め、布団を洗濯する時の基本はおしゃれ着用の中性洗剤です。中が羊毛や羽毛でなければ、通常の洗濯用の弱アルカリ性洗剤が使用できますが、布団を傷めないよう、おしゃれ着用の中性洗剤を使うことをおすすめします。

コインランドリーを回したら、終わるまで待ちます。

POINT
コインランドリーには、実際に洗濯物を入れて回す前に、ドラム自体を洗浄する機能があります。
この時に重曹を入れておくと、臭いを消す働きをしてくれますよ♪

 

4
洗濯した敷布団を乾燥機に入れる

洗濯し終えた敷布団を、乾燥機に入れます。乾燥機のサイズは、できる限り大きめのサイズを選びましょう。
小さい乾燥機を使用すると、時間がかかったり、乾ききらない部分ができてしまいます。
また、洗濯時に結んだ紐は必ず解いておいてくださいね。

5
最低でも1時間は乾燥機にかける

敷布団は厚いので、最低でも1時間は乾燥してください。
乾燥後の布団は熱くて、多少濡れていても「乾いた!」と勘違いしがちです。
少し時間を置くなりして入念にチェックしましょう。

POINT
また、乾燥機は運転中も一時停止して開閉することができるタイプが多いです。
その場合は、30分したら裏返しして乾燥を続けるときれいに乾きますよ♪

 

6
洗濯した敷布団を乾燥機に入れる

敷布団のコインランドリーを使った洗い方がわかってくると、掛け布団の洗い方も気になってくる方もいるかもしれませんね。

そんな方は、こちらの記事をチェックしてみてください。
掛け布団の家やコインランドリー、宅配クリーニングで洗う場合の手順を紹介していますよ♪

まとめ

敷布団を自分で洗濯する時に一番重要なことは素材の確認です。
洗えるのか洗えないのか、どの方法でなら洗っていいのかという点をしっかりと確認してから洗濯していきましょう。

自宅で手洗いする方法は時間も手間もかかりますし、洗濯に失敗しないという保証があるわけではありません。
正直、どうしても安く済ませたいという場合以外はあまりオススメできません。

コインランドリーは使い方に慣れていないと難しいかもしれませんが、大型の乾燥機でダニまで退治できるのであれば挑戦してみる価値はありますよね。

ただ、洗えない素材が多いというのも事実ですし、年に1回の出費、と考えればクリーニングに出すという選択もいいと思います!
敷布団のサイズ、素材や店舗さんによって料金はまちまちですが、1枚7,000円以内には収まるはずです。

宅配サービスなど、布団を宅配で送るだけでいいという楽なサービスを行っている店舗さんもあるので、自分で洗うのはちょっと…という方はクリーニング屋さんを探してみてもいいかもしれませんね。

関連記事

NEW羽毛布団を乾燥機にかけるには?自宅でふわふわに仕上げるコツを紹介

  冬になると持ち前の保温力で私たちを包んでくれる羽毛布団。ふわふわで気持ちいいですよね。 寒い時期にお世話になった羽毛布団を、洗濯してキレイにしてあげようと思っている方も多いのではないでしょうか? しかし、羽 […]

NEW羽毛布団の洗濯はコインランドリーがおすすめ!乾燥時の注意点も解説

  軽くて、柔らかくて、暖かい。 と、良いこと尽くしの羽毛布団は、寒い季節には手放せない寝具の1つ。 でも、なんだか最近、ふんわり感がなくなったような…。 それに、前よりも暖かくないかもしれない…。 なんて感じ […]

NEW毛布は洗濯機で洗う!手洗い・コインランドリーの手順も合わせて紹介

  冬場は気温が低く、洗濯物が乾きにくいこともあり、なかなか大きな洗濯物はしたくないですよね…。 しかし、毛布に限った話ではありませんが、冬場の寝具もきちんと洗わないと、カビや臭いの原因になってしまいます。 そ […]

NEW敷布団の洗濯をコインランドリーに行かなくても自宅でできる方法とは

敷布団の汚れが気になるから洗いたいけど、クリーニングは高そうだしなぁ… そうなんです、敷布団をクリーニングに出すと結構かかりますね。 自分も洗うのもなんか大変そう…そう思っている方も多いのではないでしょうか。 実は敷布団 […]

ランキング

エアコンの臭いはホコリ・カビ・雑菌!全てを除去するお掃除方法とは

久しぶりにエアコンをつけてみたら、もわっとした臭い風が部屋いっぱいに広がった。 という経験はありますか? 本当に気分が悪いですよね。そのニオイ、今すぐ取り除きましょう! 実はエアコンのニオイの原因とニオイを取り除くたった […]

エアコンの水漏れの原因は7つ!ドレンホースのお掃除で8割は解決!

エアコンをつけてみたら、え?エアコンが泣いている? いや、違う!ポタポタと水漏れが!そんな経験はありますか? 編集部では、20~50代の女性100人に「エアコンの水漏れを経験したことがありますか?」と聞いてみました。 4 […]

リーガル靴修理|ソール・かかと・つま先ビフォーアフターが完全集結

  日本を代表する靴ブランドであるリーガル。 100年以上にも渡りグッドイヤー・ウェルト製法を貫き、日本人の足にフィットするものをと、木型からこだわっています。 ビジネスシーンの足元の定番ではないかと思うくらい […]

ルイヴィトンバッグ・財布修理|レザー、内袋、取手リペア事例が集結

  ショルダーベルトが切れてしまった。 ファスナーが壊れた。 シミがついてしまった。 そんなブランド品はありませんか? 切れた部分やシミは、修理の職人さんの技術で、元の姿に戻すことができます。 その仕上がりは、 […]

布団は部屋干しでもふかふかに!週に1回干すだけで快眠が手に入る!

  干したばかりの布団って気持ちいいですよね。 じめっと重かった布団も、日光に当てて干すとカラッと軽くなります。 毎日あんな布団で寝られたらいいのにと思いますが、実際は天気に左右されたり、花粉が気になったりして […]

革靴のオールソール交換!靴底の張り替えの匠の技で厚み・美しさ倍増

  靴の、底。 履いているうちに、必ず削れてきてしまう部分ですね。 擦り切れて穴が開いてしまった…… 削れ過ぎて、見た目が悪くなってしまった…… など、靴底の状態が悪くなってしまった靴は、ありませんか? そんな […]

洗濯機はお掃除クリーナーでカビ取り!月イチ槽洗浄でキレイを保とう

洗濯機から出した洗濯物に、なんだか黒いぴろぴろしたものがついている……! なんてことありませんか? それ、ワカメではありません。洗濯機の洗濯槽についてしまった、カビです。 カビがついた洗濯槽でお洗濯をしていると思うと、ぞ […]

グッチのバッグ・財布・靴修理|レザー、内袋、取手リペア事例が集結

  とっても大切な、グッチのバッグや財布、靴。 どれだけ丁寧に扱っていても、壊れてしまうことってありますよね。 長く使っていると素材が変質したり、穴があいてしまったり…。 自分で修理しようとすると、せっかくのデ […]

風呂釜掃除はつけおきで簡単!プロの洗浄は専用機械で汚れがゴッソリ

湯船に浸かって、1日の疲れを癒す。 お風呂の時間は、最高のリラックスタイムですよね。 そんな、つかの間の休息を演出してくれるのがそう、風呂釜。 意外と知られていないですが、お掃除していない風呂釜には汚れがたまっています。 […]

エアコン掃除を自分で行う方法を解説!内部のカビはプロが徹底除去!

夏が始まり、エアコンをつけると…カビ臭い。 臭いだけでなく、カビを含んだ空気を吸って健康に悪影響が出てしまうのは嫌ですよね。 そこで必要なのは、エアコンのお掃除! エアコンを分解し、カビやホコリを取り除くことで、空気を綺 […]

エアコンの臭いはホコリ・カビ・雑菌!全てを除去するお掃除方法とは

久しぶりにエアコンをつけてみたら、もわっとした臭い風が部屋いっぱいに広がった。 という経験はありますか? 本当に気分が悪いですよね。そのニオイ、今すぐ取り除きましょう! 実はエアコンのニオイの原因とニオイを取り除くたった […]

エアコンの水漏れの原因は7つ!ドレンホースのお掃除で8割は解決!

エアコンをつけてみたら、え?エアコンが泣いている? いや、違う!ポタポタと水漏れが!そんな経験はありますか? 編集部では、20~50代の女性100人に「エアコンの水漏れを経験したことがありますか?」と聞いてみました。 4 […]

洗濯機はお掃除クリーナーでカビ取り!月イチ槽洗浄でキレイを保とう

洗濯機から出した洗濯物に、なんだか黒いぴろぴろしたものがついている……! なんてことありませんか? それ、ワカメではありません。洗濯機の洗濯槽についてしまった、カビです。 カビがついた洗濯槽でお洗濯をしていると思うと、ぞ […]

風呂釜掃除はつけおきで簡単!プロの洗浄は専用機械で汚れがゴッソリ

湯船に浸かって、1日の疲れを癒す。 お風呂の時間は、最高のリラックスタイムですよね。 そんな、つかの間の休息を演出してくれるのがそう、風呂釜。 意外と知られていないですが、お掃除していない風呂釜には汚れがたまっています。 […]

エアコン掃除を自分で行う方法を解説!内部のカビはプロが徹底除去!

夏が始まり、エアコンをつけると…カビ臭い。 臭いだけでなく、カビを含んだ空気を吸って健康に悪影響が出てしまうのは嫌ですよね。 そこで必要なのは、エアコンのお掃除! エアコンを分解し、カビやホコリを取り除くことで、空気を綺 […]

お風呂の鏡のお掃除はどうしよう?なにしよう?「新聞使用」が正解!

毎日使うお風呂。 毎日見るお風呂の鏡。 あなたのお家のお風呂の鏡、自分の姿がはっきり写りますか? 湯気で覆われているように白くくもっていませんか? ここで編集部が20代〜60代の女性100人に行なったアンケートを見てみま […]

洗濯機の排水口掃除はパイプユニッシュor重曹!臭いや詰まりも改善

洗濯機の排水口から何か嫌な臭いが漂ってくる…。 洗濯機が脱水中に止まってしまったり、エラー表示が出たりする…。 あなたのお家の洗濯機のそんなトラブル、もしかしたら洗濯機の排水口のせいかもしれません。 長期間、洗濯機を使い […]

お風呂の排水口・排水パイプの掃除方法!臭いと詰まりをどちらも解消

  お風呂ので一番汚れが気になるところといっても過言ではない、排水口。 お風呂中のお湯が流れ着く場所です。お湯に流されて、汚れもたっぷりたまります。 排水口の汚れが原因で、お風呂中に嫌な臭いが漂ったり、排水パイ […]

キッチンの排水口のお掃除には重曹とお酢でつまりはもう詰まらない!

排水口のぬめり…… 排水口からの臭い…… 排水口の詰まり…… 毎日キッチンを使っていると、こんな問題が生じることがよくあります。 キッチンは朝昼晩と使うものなので、排水口の掃除までなかなか手が回らないですよね。 では、い […]

お風呂の頑固なカビには片栗粉×漂白剤!プロおすすめ予防法もご紹介

スポンジでゴシゴシしても落ちない…。 落としたつもりでも何日かたつと復活している…。 このように、お風呂のカビで悩んだことはありますか? ここで編集部が20代〜60代の女性100人に行なったアンケートを見てみましょう。 […]

布団は部屋干しでもふかふかに!週に1回干すだけで快眠が手に入る!

  干したばかりの布団って気持ちいいですよね。 じめっと重かった布団も、日光に当てて干すとカラッと軽くなります。 毎日あんな布団で寝られたらいいのにと思いますが、実際は天気に左右されたり、花粉が気になったりして […]

ワイシャツの黄ばみを落とす最強の漂白剤の使い方!予防すれば完璧◎

いつの間にかワイシャツが黄ばんでいた経験、ありませんか?特に、襟や脇、袖は黄ばみやすい部分です。 実は、毎日ちゃんとお洗濯しているだけでは、黄ばみを予防することはできないのです。 黄ばんだワイシャツでは、第一印象も悪くな […]

油汚れの染み抜きには「クレンジングオイル」が一番効果的なんです!

「揚げ物を作っていたら、油が服に飛んでしまった…。」 「子供がオムライスを食べていて、服にケチャップをつけてしまった…。」 など、日常的に服に油のシミがついてしまうシーンってありますよね。 でも、みなさんは知っていますか […]

白いスニーカーの汚れを7つのアイテムで真っ白に!お酢が決め手です

白は汚れる! まあ常識ですよね。 ちょっと擦っただけでも灰色が付きますもん。 僕も一時期まっ白なスニーカーで生活してたんですがね、まあすぐ汚して怒られましたとも。   ということで今回は白スニーカー。 汚れが目 […]

【8割の人が知らない!】靴を自宅の洗濯機で洗う正しい方法を解説

会社が学校から帰る途中に、突然のゲリラ豪雨。 息を切らしながら走って帰ったけど、泥が跳ねて靴が汚れちゃった…。そんなこともありますよね。 そんなとき汚れてしまった靴をどうしていますか? え?そのまま? そんな […]

油性ペンの汚れに4通りの落とし方。油には油を!不安ならみかん!

新学期。新しい教科書に名前を書く時に、大活躍の油性ペン。 にじまず、書く材質を選ばないのが特徴。そのため、水で濡れやすいキッチン周りにも使えますし、学生から主婦の方にも愛用されているはず。 そんな油性ペンの1番の特徴は「 […]

羽毛布団を洗濯機で洗う方法|コインランドリーやクリーニングと比較

  寒くなってくると毎年押し入れから引っ張り出してくる羽毛布団。ふかふかのお布団にはついつい顔をうずめたくなりますよね…って、あれ。 なんか、臭い。前よりボリューム感がないかも。 なんてショックを受けてる方に質 […]

色移りの落とし方は50℃のお湯で洗剤2倍!本当に正しい情報大公開

あああ!しまった。 洗濯機の蓋を開けてみたら、中が大惨事になっていた。 こんな経験はありませんか? そう、色移り。 お気に入りの服に色が移っていた時なんか、とてもショックですよね。 普段は気をつけていても、ちょっと気を抜 […]

帽子・キャップの型崩れしない洗い方!他とはかぶらない方法で伝授!

帽子って、知らず知らずのうちに汚れや臭いがひどくなってしまいますよね。 特に夏の汗をかく時期。 でも、帽子を自宅で洗うって、あんまりピンとこないかもしれません。 しかし、ここでは帽子・キャップを自宅で型崩れの心配なく洗う […]

羽毛布団の洗濯はコインランドリーがおすすめ!乾燥時の注意点も解説

  軽くて、柔らかくて、暖かい。 と、良いこと尽くしの羽毛布団は、寒い季節には手放せない寝具の1つ。 でも、なんだか最近、ふんわり感がなくなったような…。 それに、前よりも暖かくないかもしれない…。 なんて感じ […]

リーガル靴修理|ソール・かかと・つま先ビフォーアフターが完全集結

  日本を代表する靴ブランドであるリーガル。 100年以上にも渡りグッドイヤー・ウェルト製法を貫き、日本人の足にフィットするものをと、木型からこだわっています。 ビジネスシーンの足元の定番ではないかと思うくらい […]

ルイヴィトンバッグ・財布修理|レザー、内袋、取手リペア事例が集結

  ショルダーベルトが切れてしまった。 ファスナーが壊れた。 シミがついてしまった。 そんなブランド品はありませんか? 切れた部分やシミは、修理の職人さんの技術で、元の姿に戻すことができます。 その仕上がりは、 […]

革靴のオールソール交換!靴底の張り替えの匠の技で厚み・美しさ倍増

  靴の、底。 履いているうちに、必ず削れてきてしまう部分ですね。 擦り切れて穴が開いてしまった…… 削れ過ぎて、見た目が悪くなってしまった…… など、靴底の状態が悪くなってしまった靴は、ありませんか? そんな […]

グッチのバッグ・財布・靴修理|レザー、内袋、取手リペア事例が集結

  とっても大切な、グッチのバッグや財布、靴。 どれだけ丁寧に扱っていても、壊れてしまうことってありますよね。 長く使っていると素材が変質したり、穴があいてしまったり…。 自分で修理しようとすると、せっかくのデ […]

ファスナー・チャックの直し方を解説!5つの不具合もこれで全て解決

急いでファスナーを閉めたら動かなくなった……なんて経験、あるんじゃないですか? 『ガチっ』なんて音を出した後、うんともすんとも言わなくなることが結構あるんですよねぇ。 さて、こういうファスナーの故障ですが、大抵は曲がって […]

裾上げのやり方をズボンの種類別に解説!丈を決めるポイントも伝授!

もうちょっと裾が短かったら、このズボンは完璧なのになあ。 そんなお悩みはありませんか? そんなときに便利なのが「裾上げ」。 でも洋服屋さんで頼むと時間がかかってしまいます。取りに行くのも面倒臭いですよね。 だから、自分で […]

靴の臭いがたったの100円で消せるのならば試さずにはいられない話

どうも、隙あらば靴を脱ぐのであんまり足の臭いに困らない僕です。 たまに遠出すると脱げなくて大変なことになるんですけどねー。 さて、足の臭いってかなり気になりますよね。 しかも、どれだけ足を洗ったところで臭いが出るのは止め […]

スエードの靴の汚れの正しい洗い方とは?普段のお手入れ方法も解説

スエードの靴、あの独特の質感が素敵ですよね。なんだか温かみを感じる、良い生地だと思います。 でも一つ問題が…… 汚れが付きやすいんですよね。水に濡れればシミになり、使っているとテカテカしてきます。 しかも、スエードってお […]

靴磨きのコツを大公開!職人だけが知る革靴のお手入れ方法を徹底取材

お洒落は足元から、なんてよく言いますよね。 一生、大切にしたいと思っている革靴を、お持ちの方も多いはず。 ですが、せっかくの素敵な革靴も、お手入れができていなかったら台無しです。 よい革靴は、きちんと靴磨きをして、いつで […]

サビ落としはブラシ&サビ取り剤が最強!こすらず磨いて楽々完全除去

身の周りを見渡してみたら、色んなところでサビを発見してしまった…なんて経験、ありませんか? 例えば家の中に置いてあるスタンドラックにも発生するし、外に置いておいた自転車にもサビはつきやすいもの。 見た目はあまりきれいとは […]

おすすめ特集