敷布団の洗濯はお風呂で踏み洗い!コインランドリーでの洗い方も解説

■自宅で洗濯できる敷布団は水洗い可・キルティング加工されているもの
■敷布団の洗濯方法は手洗い・コインランドリー・クリーニングの3択
■敷布団を自宅で洗濯する時は浴槽にぬるま湯を張って踏み洗いする

らこ

2017年12月16日

敷布団なんて洗濯できるはずがない。

そう思いながら生きてきた方も、多いのではないでしょうか。

洗剤液に突っ込むことはできたとしても、そこで洗って、さらに干すなんて…確実に生乾きで臭くなる!!と考えるほうが普通ですよね。

しかし、そんな敷布団。実は家の浴槽で、さらにはコインランドリーでも洗えてしまうのです。もちろん、クリーニングに出すという簡単な方法もありますが、できるだけ安く済ませたいというのが本音ですよね?

今回は洗濯できる敷布団の見分け方から、その詳しい洗濯方法までお伝えしていきます。

敷布団は洗濯するべきなのか

布団屋さんによっては、「敷布団は洗濯しなくても良い」という店舗さんがいるのも事実です。

しかし、いくら定期的に干したりと敷布団のケアをきちんと行っていても、何年も使っていれば、汚れが蓄積して汚くなってしまいます。

人は寝ている間にコップ1杯分の汗をかくと言われていますし、毎日その汗が蓄積されていくと思うと、恐ろしいですよね。

まさに恐怖!

また、子供がおねしょしたり、何かこぼしたり、と洗わなければならない状況に陥ることもあるはずです。

そこでオススメしたいのは、少なくとも年に1度は敷布団を自宅で洗うなり、クリーニングに出すなりすることです。

特にオススメしたいのが、コインランドリー。

コインランドリーであれば、ホコリやダニをとることができるため、肌が弱かったり、ハウスダストアレルギーなどをお持ちの方は症状が和らぐかもしれません。また、カビを防ぐこともできるため、洗濯に失敗しない限り、洗って損することはないはずです!

洗える敷布団とは

洗濯できる敷布団とそうでないものの見分け方は、まず洗濯表示を見ることから始まります。

ということで、まずは敷布団をくるんでいるそのシーツをザーーーッ!とはがしましょう。

はがしたシーツもしっかり洗うようにしてくださいね。せっかく敷布団を洗濯しても、シーツが汚れていては全く意味がありません。「シーツを洗濯しない6割の人はダニまみれ!乾燥機でしっかりダニ退治」の記事を読んでシーツの洗濯頻度なども覚えておくようにしましょう。

洗濯表示の見分け方

さて、敷布団の洗濯表示、出てきましたか?

自宅で手洗い、またはコインランドリーで洗える洗濯表示は、

・手洗い可
・洗濯機可

の2つです。手洗いのみ可となっている場合は、自宅の浴槽で手洗いし、洗濯機も可と書いてある場合はコインランドリーで洗濯できます。

一方、

・水洗い不可
・ドライマークあり

の場合はクリーニングに出すほかありません。

そもそもどの表示が何を表しているのかわからない!という方は「新しい洗濯表示を覚えられないあなたのためにイラスト付きで徹底解説」を見ながら表示をチェックしてくださいね♪

 

敷布団の素材

羽毛、綿、ウール、ウレタンなど、敷布団には色々な素材があります。洗濯表示を見れば洗濯できるかできないかはわかりますが、それぞれの素材を知っておくとさらに安心かもしれません。

手洗い コインランドリー クリーニング
ポリエステル
羽毛
羊毛(ウール) ×
綿 ×
ウレタン × × ×
キャメル × ×

素材によって洗濯の可否をまとめるとこのような表になります。

基本的にポリエステルと羽毛洗濯可能と思っておいてよいでしょう。
羊毛や綿に関しては洗濯すると縮んでしまう可能性があるため、どうしても自分で洗いたい場合は手洗いにしましょう。
ウレタンなどの低反発素材や、キャメルなどの獣毛は基本的には洗濯不可となっています。

ここで紹介したものはあくまでも素材自体が洗濯できるかどうかという問題です。
外側の生地がシルクなどの洗えない素材の場合は、中の素材が洗えるものでも洗濯はできないので注意しましょう。
必ず洗濯表示を確認すること、わからない場合は布団を購入した店舗さんに問い合わせるのもいいでしょう。

 

洗える布団の形

いくら洗える素材でも、キルティング加工されていない物は洗濯できないと思っておきましょう。

キルティング加工とは、敷布団の表と裏の生地が縫い合わされている形のことを言います。中の素材が動かないので、洗濯しても布団が型崩れしにくいという利点があります。

キルティング加工されていなくても、洗う時に布団をしばるなどして中の素材が動かないように固定することはできますが、型崩れしないという保証はありません。特にコインランドリーなどを使う場合は、中の素材が大きく偏ってしまう可能性があるので、自分で洗濯するのは控えるようにしましょう。

 

自宅で敷布団を洗う方法

自宅で洗濯する場合は、浴槽で洗っていきます。もちろん3つ折りなどにして洗いますが、あまりにも浴槽が小さい場合は他の洗濯方法を試してみましょう。

洗濯前に確認すること

さあ洗濯するぞ!とその前に確認してもらいたいことは

・天気予報
・目立つ汚れ

の2点です。

天気予報

自宅で手洗いする場合、脱水がきちんとできないため、敷布団を完璧に乾かすには2、3日はかかります。生乾きの状態のままだとカビが発生する原因となってしまいます。布団を洗濯する日から少なくとも3日間は晴れの日が続くように、事前に天気予報を確認してから洗濯する日を決めるようにしてください。

洗濯する時期としては、夏が一番オススメ。気温が高く、日差しも十分にあるため、冬などに干すよりよっぽど乾きやすいのです!

目立つ汚れ

洗濯する前に目立つような汚れがある場合は前処理しておきましょう。
布巾などに中性洗剤をしみ込ませ、汚れた部分を軽く叩くようにして拭き取ります。

カビが生えている場合は、「布団のカビでガビーンな時の「必殺技」と効果バツグーンな干し方講座」の記事を読んでカビを撃退してから洗濯しましょう。

浴槽で洗う手順

敷布団を自宅で洗うには一日中かかることを覚悟しておいた方がいいです。そのため、洗濯する日は朝から取り掛かるようにしましょう。

また、せっかく洗濯するのに湯垢などがついてしまっては元も子もないですよね。そのため、事前に軽くお風呂場を洗っておくといいかもしれません。

用意するもの

・液体のおしゃれ着用中性洗剤

  手順  

1. ホコリを落とす
まずは敷布団の表面をシャワーで流してホコリを取ります。

 

2. 洗剤液を作る
ぬるま湯を浴槽に半分くらい貯めましょう。目安としては折りたたんだ布団がスッポリお湯に浸かるくらいです。
そこに液体の中性洗剤をキャップ1杯分程度加えます。布団の大きさなどによって使う洗剤の量は変わってきます。洗剤の容器にある説明書をきちんと確認してから入れるようにしてくださいね。

 

3. 布団を浸け置き
洗剤液の中に折りたたんだ布団を浸けましょう。浴槽のサイズに合わせて折りたたみますが、基本的には3つ折りくらいにすれば収まりきるはずです。
布団全体に洗剤液を行き渡らせるために、30分~1時間程浸け置きしておきましょう。

 

4. 踏み洗い
浸け置きした後は、足で踏み洗いしていきます。
頑丈なように思える敷布団ですが、乱暴に扱ってしまうと外側の布が破けてしまう可能性があるため、優しく踏むように心がけましょう。

 

5. ひっくり返して踏み洗い
最初に折りたたんだ面だけを踏んでいると一部分しか綺麗にならないため、全ての面をまんべんなく踏み洗いしていく必要があります。

普段干すときですら持ち運ぶのも一苦労、という敷布団、水を吸い込むとさらに重たくなってしまいます。踏ん張りすぎてひっくり返って頭を打つ…なんてことにならないように気を付けながら動かしてくださいね。

手伝ってくれる人がいる場合は布団を動かす時だけはなるべく協力してもらうことをオススメします。

 

6. 水を捨てる
全ての面を踏んだら、洗剤液が布団に溜まっていた汚れで黒っぽくにごっているはずです。すすぎに移る前に汚れた水を全て捨てましょう。
この時も栓を防いでいる布団を持ち上げるのに力がいるので、助っ人を呼ぶようにしましょうね!

 

7. すすぎ
シャワーで表面を流しながら、再び浴槽に水を貯めていきます。
敷布団が浸かるくらい水がたまったら、洗った時と同じように足で踏んですすいでいきましょう。洗剤の泡が目立たなくなるまですすがないとカビの原因となってしまうためすすぎは少なくとも2回程繰り返すようにしましょう。

 

8. 脱水
すすぎが終わったら水を捨て、敷布団を浴槽のフチにかけて脱水します。
無理に押したり踏んだりすると布団が傷ついてしまうので、できるだけ自然に水を切るのがオススメです。

脱水を速めるために、浴室の乾燥モードがあれば設定してください。ない場合は、しっかりと換気をしておきましょう。
1時間程そのまま放置してから外に干します。

 

9. 干す
お風呂場からベランダなどに持っていく途中、どうしても布団から水が垂れてしまいます。そのため、廊下などにバスタオルを敷いて、運ぶ前に道を作っておくと楽かもしれません。

物干し竿が2本ある場合は、敷布団を両方にかけ、M字干しにしましょう。

 

1本しかない場合は竿に何本か丈夫なハンガーをかけ、その上に布団をかぶせるようにしてかけるA字干しで対応できます。

風の通りを良くし、数時間ごとに裏表を返したり向きを変えたりして早く乾くように工夫しましょう。

日が暮れる前には取り込んで、椅子などにかけて室内で干しておきましょう。翌朝、また同じように外で天日干ししてしっかりと乾かします。

そしてそして!布団がより干しやすくなる、魔法の物干し竿があります。

それが、こちら。

アイリスオーヤマ ふとん干し」です。

組み立て式ですが、ネジや釘を使わずに簡単に組み立てることができます。

こちらは、20kgまでの重さのものを干すことができます。つまり、布団が4枚分干せちゃうんです!

また、布団を干す枚数によって伸縮できるので幅を取りません。

こちら布団だけでなく、毎日の洗濯干しとしても使うことができます!ちなみに大きいバスタオルが4枚・シャツが30枚干せます。大家族のご家庭でも安心して洗濯物を干すことができます♪

コインランドリーで敷布団を洗う方法

車などをお持ちの場合、敷布団はコインランドリーで洗濯する方が圧倒的に楽です。

コインランドリーに行く前にしておきたいこと

敷布団の素材を確認することも大事ですが、そもそもコインランドリーに敷布団を洗える機械が置いてあるのかという点を確かめておきましょう。事前に確認しておくと、二度手間にならずに済みますよ。

店舗さんによっては洗濯のサポートをしてくれる係の人がいるところもあるので、どのコインランドリーに行くかを調べておくと良いかもしれません。

敷布団の洗濯の仕方は機種によって変わってきます。
洗濯~乾燥までが一台でできる一体型のものがあれば、布団専用の機械など様々です。
ここでは、洗濯と乾燥を別の機械で行う一般的な方法をお伝えします。

なお、お値段は布団のサイズや店舗によって異なりますが、洗濯~乾燥までやって2000円前後には収まるはずですよ!

コインランドリーでの敷布団の洗い方

コインランドリーで洗う場合、コインランドリーに着いてから忘れ物に気づくと相当な痛手です。
忘れ物には十分注意しましょう。

用意するもの

・紐
・おしゃれ着用中性洗剤

  手順  

1. 洗濯機のドラムサイズを選ぶ

敷布団の大きさによって、使用するドラムのサイズを選びましょう。
シングルサイズの敷布団の場合は、15kg前後のドラムが目安です。

 

2. 敷布団をコインランドリーに入れる

敷布団を縦長のロール状にします。くるくると丸め、数カ所を紐でしっかり結べばOKです。
ただし、乾燥機にかける前に紐を解かなければ上手く乾かすことができないので注意しましょう。

 

3. 中性のおしゃれ着用洗剤で使う

敷布団を含め、布団を洗濯する時の基本はおしゃれ着用の中性洗剤です。洗剤を自分で用意する必要があるタイプの場合は、洗剤選びにも気を付けてくださいね♪

コインランドリーを回したら、終わるまで待ちます。

POINT
コインランドリーには、実際に洗濯物を入れて回す前に、ドラム自体を洗浄する機能があります。
この時に重曹を入れておくと、臭いを消す働きをしてくれますよ♪

 

4. 洗濯した敷布団を乾燥機に入れる

洗濯し終えた敷布団を、乾燥機に入れます。乾燥機のサイズは、できる限り大きめのサイズを選びましょう。
小さい乾燥機を使用すると、時間がかかったり、乾ききらない部分ができてしまいます。
また、洗濯時に結んだ紐は必ず解いておいてくださいね。

 

5. 最低でも1時間は乾燥機にかける

敷布団は厚いので、最低でも1時間は乾燥してください。
乾燥後の布団は熱くて、多少濡れていても「乾いた!」と勘違いしがちです。
少し時間を置くなりして入念にチェックしましょう。

また、乾燥機は運転中も一時停止して開閉することができるタイプが多いです。
その場合は、30分したら裏返しして乾燥を続けるときれいに乾きますよ♪

 

敷布団のお風呂での踏み洗いやコインランドリーを使った洗い方がわかってくると、掛け布団の洗い方も気になってくる方もいるかもしれませんね。

そんな方は、こちらの記事をチェックしてみてください。
掛け布団の家やコインランドリー、宅配クリーニングで洗う場合の手順を紹介していますよ♪

 

まとめ

敷布団を自分で洗濯する時に一番重要なことは素材の確認です。洗えるのか洗えないのか、どの方法でなら洗っていいのかという点をしっかりと確認してから洗濯していきましょう。

自宅で手洗いする方法は時間も手間もかかりますし、洗濯に失敗しないという保証があるわけではありません。そのため、どうしても安く済ませたいという場合以外はあまりオススメできません。
コインランドリーは使い方に慣れていないと難しいかもしれませんが、大型の乾燥機でダニまで退治できるのであれば挑戦してみる価値はありますよね。

ただ、洗えない素材が多いというのも事実ですし、年に1回の出費、と考えればクリーニングに出すという選択が一番賢いかもしれません。敷布団のサイズ、素材や店舗さんによって料金はまちまちですが、一枚7000円以内には収まるはずです。
宅配サービスなど、布団を宅配で送るだけでいいという楽なサービスを行っている店舗さんもあるので、自分で洗うのはちょっと…という方はクリーニング屋さんを探してみてもいいかもしれませんね。

 

関連記事

布団叩きは撫でるもの?カバーはつけたまま?天日干しの真実を紹介!

  最近布団がジメジメしてきて寝つきが悪いなあ、起きたら体が痒い! といったことはありませんか? 部屋に溜まって落ちてきたホコリ。 汗によって生まれた湿気。 その湿気が元で発生したカビ。 こうやって布団につきや […]

布団のカビは「エタノール」で殺菌!カバーや床のカビも徹底的に除去

敷布団やマットレス、久しぶりに干してみようかな~と、ふと裏を見てみると……。 ん?なんか黒いポツポツがある。 ナニコレ。 ってなっている方。 劣化かな、仕方ない。 とか言って、放置しないでくださいね? その黒いポツポツ、 […]

ランキング

鍋の焦げ付きを落とすのは、重曹だけじゃない!5通りの方法を発表!

ちょっと目を離した隙に、鍋の底を焦がしてしまった…なんてこと、ありませんか? 焦げって結構すぐについてしまうので、料理をする人にとっては逃れられない問題ですよね。 そんな焦げの落とし方、実は鍋の種類によって大きく変わって […]

お風呂掃除大特集!洗剤選びで効率的に水垢とカビを完全除去する方法

お風呂はいろいろな汚れが溜まりやすい場所。お風呂が汚れていたら、せっかく癒しのバスタイムも台無しですよね。しっかりお掃除をして、綺麗に保ちたいところです。 お掃除というと、どうしても大変なイメージがありますが、汚れに合わ […]

スエードの靴の汚れの正しい洗い方とは?普段のお手入れ方法も解説

スエードの靴、あの独特の質感が素敵ですよね。なんだか温かみを感じる、良い生地だと思います。 でも一つ問題が…… 汚れが付きやすいんですよね。水に濡れればシミになり、使っているとテカテカしてきます。 しかも、スエードってお […]

カーペット・絨毯の自宅でできる洗濯方法とは?染み抜きの方法も解説

みなさん、お家の絨毯・カーペットのお洗濯、していますか? たまにしかしない…掃除機をかけて終わり、という方も多いかもしれません。 でも、それは要注意。掃除機では吸い取れない皮脂汚れや細かいゴミが潜んでいる可能性も。 今回 […]

シールをスルッと剥がしたい時の方法7選!ベタベタ跡にもう悩まない

シールが綺麗に剥がれないことって、ありますよね。 特によくあるのが、紙は取れても、ベタベタが残ってしまった……っていう悲しい事態。 やっぱり、シールなんて貼っていなかったかのような、綺麗な状態にしたいですよね。 そこで今 […]

トイレのお掃除は「クエン酸」で!誰にでもわかる手順写真付き解説!

いつの間にか嫌な臭いを放つようになっていることも多いトイレ。 実はその臭いの原因も、トイレのいたるところに潜んだ「汚れ」なのです。 心地よくトイレを使うために、お掃除は必須ということですね。 今回は、トイレ掃除の方法をた […]

ワイシャツの黄ばみを落とす最強の漂白剤の使い方!予防すれば完璧◎

いつの間にかワイシャツが黄ばんでいた経験、ありませんか?特に、襟や脇、袖は黄ばみやすい部分です。 実は、毎日ちゃんとお洗濯しているだけでは、黄ばみを予防することはできないのです。 黄ばんだワイシャツでは、第一印象も悪くな […]

羽毛布団の洗濯はコインランドリーがおすすめ!乾燥時の注意点も解説

  軽くて、柔らかくて、暖かい。 と、良いこと尽くしの羽毛布団は、寒い季節には手放せない寝具の1つ。 でも、なんだか最近、ふんわり感がなくなったような…。 それに、前よりも暖かくないかもしれない…。 なんて感じ […]

敷布団の洗濯はお風呂で踏み洗い!コインランドリーでの洗い方も解説

敷布団なんて洗濯できるはずがない。 そう思いながら生きてきた方も、多いのではないでしょうか。 洗剤液に突っ込むことはできたとしても、そこで洗って、さらに干すなんて…確実に生乾きで臭くなる!!と考えるほうが普通ですよね。 […]

白いスニーカーの汚れを7つのアイテムで真っ白に!お酢が決め手です

白は汚れる! まあ常識ですよね。 ちょっと擦っただけでも灰色が付きますもん。 僕も一時期まっ白なスニーカーで生活してたんですがね、まあすぐ汚して怒られましたとも。   ということで今回は白スニーカー。 汚れが目 […]

鍋の焦げ付きを落とすのは、重曹だけじゃない!5通りの方法を発表!

ちょっと目を離した隙に、鍋の底を焦がしてしまった…なんてこと、ありませんか? 焦げって結構すぐについてしまうので、料理をする人にとっては逃れられない問題ですよね。 そんな焦げの落とし方、実は鍋の種類によって大きく変わって […]

お風呂掃除大特集!洗剤選びで効率的に水垢とカビを完全除去する方法

お風呂はいろいろな汚れが溜まりやすい場所。お風呂が汚れていたら、せっかく癒しのバスタイムも台無しですよね。しっかりお掃除をして、綺麗に保ちたいところです。 お掃除というと、どうしても大変なイメージがありますが、汚れに合わ […]

シールをスルッと剥がしたい時の方法7選!ベタベタ跡にもう悩まない

シールが綺麗に剥がれないことって、ありますよね。 特によくあるのが、紙は取れても、ベタベタが残ってしまった……っていう悲しい事態。 やっぱり、シールなんて貼っていなかったかのような、綺麗な状態にしたいですよね。 そこで今 […]

トイレのお掃除は「クエン酸」で!誰にでもわかる手順写真付き解説!

いつの間にか嫌な臭いを放つようになっていることも多いトイレ。 実はその臭いの原因も、トイレのいたるところに潜んだ「汚れ」なのです。 心地よくトイレを使うために、お掃除は必須ということですね。 今回は、トイレ掃除の方法をた […]

エアコン自分でお掃除vsプロのクリーニング!その違いを実際に検証

  夏と冬に大活躍するエアコン。 使い始め、使い終わりにはきちんと掃除しないと、カビや臭いが発生してしまいます。 最近では、自分でエアコンを掃除するためのグッズなんかも売られているので、手軽に掃除できるのは、嬉 […]

換気扇の掃除用洗剤5選!油汚れに効く家庭用と業務用をそれぞれ紹介

換気扇の掃除を始める時、最初にぶち当たる壁は何でしょうか。 一番多いのは、「どの洗剤を使えば良いのかわからない」ということだと思います。 だってドラッグストアに行けば、洗剤の種類は無限大……。 ましてや、洗剤には家庭用の […]

「エアコンがくさい!?」と感じたら今すぐやるべきたった1つのこと

久しぶりにエアコンをつけてみたら、もわっとした臭い風が部屋いっぱいに広がった。 という経験はありますか? そのエアコンのニオイの原因、何だか知っていますか? たまりにたまったホコリ。 至るところにはびこったカビ。 目に見 […]

電子レンジの掃除は重曹をチン!拭くだけでカビ・油汚れが楽に落ちた

家の電子レンジ、こまめにお掃除していますか? 私は、かれこれ4・5年お掃除していません。 おかげで、電子レンジがちょっと臭いです。 よく使うから、いちいち掃除するのは面倒だ。 そう思ってお掃除をサボり続けた結果、焦げはこ […]

お風呂の鏡のお掃除はどうしよう?なにしよう?「新聞使用」が正解!

毎日使うお風呂。 毎日見るお風呂の鏡。 あなたのお家のお風呂の鏡、自分の姿がはっきり写りますか? 湯気で覆われているように白くくもっていませんか? ここで編集部が20代〜60代の女性100人に行なったアンケートを見てみま […]

お風呂の天井・壁・床のお掃除に、毎日たった3分のカビ予防が効く!

お風呂の天井・壁・床を見渡してみてください。 天井の四隅、壁の下の方、床のパッキンなどに、「カビ」生えていませんか?   今回、編集部では、20代~60代の女性100人に「お風呂の天井、壁、床を見たとき、もっと […]

スエードの靴の汚れの正しい洗い方とは?普段のお手入れ方法も解説

スエードの靴、あの独特の質感が素敵ですよね。なんだか温かみを感じる、良い生地だと思います。 でも一つ問題が…… 汚れが付きやすいんですよね。水に濡れればシミになり、使っているとテカテカしてきます。 しかも、スエードってお […]

カーペット・絨毯の自宅でできる洗濯方法とは?染み抜きの方法も解説

みなさん、お家の絨毯・カーペットのお洗濯、していますか? たまにしかしない…掃除機をかけて終わり、という方も多いかもしれません。 でも、それは要注意。掃除機では吸い取れない皮脂汚れや細かいゴミが潜んでいる可能性も。 今回 […]

ワイシャツの黄ばみを落とす最強の漂白剤の使い方!予防すれば完璧◎

いつの間にかワイシャツが黄ばんでいた経験、ありませんか?特に、襟や脇、袖は黄ばみやすい部分です。 実は、毎日ちゃんとお洗濯しているだけでは、黄ばみを予防することはできないのです。 黄ばんだワイシャツでは、第一印象も悪くな […]

羽毛布団の洗濯はコインランドリーがおすすめ!乾燥時の注意点も解説

  軽くて、柔らかくて、暖かい。 と、良いこと尽くしの羽毛布団は、寒い季節には手放せない寝具の1つ。 でも、なんだか最近、ふんわり感がなくなったような…。 それに、前よりも暖かくないかもしれない…。 なんて感じ […]

敷布団の洗濯はお風呂で踏み洗い!コインランドリーでの洗い方も解説

敷布団なんて洗濯できるはずがない。 そう思いながら生きてきた方も、多いのではないでしょうか。 洗剤液に突っ込むことはできたとしても、そこで洗って、さらに干すなんて…確実に生乾きで臭くなる!!と考えるほうが普通ですよね。 […]

白いスニーカーの汚れを7つのアイテムで真っ白に!お酢が決め手です

白は汚れる! まあ常識ですよね。 ちょっと擦っただけでも灰色が付きますもん。 僕も一時期まっ白なスニーカーで生活してたんですがね、まあすぐ汚して怒られましたとも。   ということで今回は白スニーカー。 汚れが目 […]

帽子・キャップの型崩れしない洗い方!他とはかぶらない方法で伝授!

帽子って、知らず知らずのうちに汚れや臭いがひどくなってしまいますよね。 特に夏の汗をかく時期。 でも、帽子を自宅で洗うって、あんまりピンとこないかもしれません。 しかし、ここでは帽子・キャップを自宅で型崩れの心配なく洗う […]

毛布は洗濯機で丸ごと洗い!素材にあった4つの洗い方と洗剤も紹介!

冬場は気温が低く、洗濯物も乾きにくいこともあり、なかなか大きな洗濯物はしたくないですよね…。 しかし、毛布に限った話ではありませんが、冬場の寝具もきちんと洗わないと、カビや臭いの原因になってしまいます。 特に寝るときに毛 […]

ニット・セーターの洗濯方法を解説!縮むのを防ぐ洗い方のコツも伝授

ニットやセーターってふわふわしていて、あったかくて、寒い冬には手放せませんよね。 でも、着終わった後は? なんとなく、自分で洗濯すると縮んだり型崩れしたりしてしまうイメージ…。 でも、だからといって毎回着終わった後にクリ […]

ダウンジャケットは洗濯機で手洗い!ふんわり感を決める干し方も紹介

寒いときには手放せませんよね。ダウンジャケット。 でも、走ったり、満員電車に乗ったりと、冬って意外と汗ばむことも多いと思います。 ダウンジャケットって、かさばるし、乾くのにも時間がかかって、あまり洗濯しない。そもそもどう […]

サビ落としはブラシ&サビ取り剤が最強!こすらず磨いて楽々完全除去

身の周りを見渡してみたら、色んなところでサビを発見してしまった…なんて経験、ありませんか? 例えば家の中に置いてあるスタンドラックにも発生するし、外に置いておいた自転車にもサビはつきやすいもの。 見た目はあまりきれいとは […]

【鏡面磨き】あなたの手で革靴が蘇る!職人のみ知るコツでピカピカに

上品に光る、革靴。 思わず目を奪われるくらい、魅力的ですよね。 革靴をまるで鏡のように光らせる鏡面磨きに、憧れのある方も多いはず。 今回は、革靴のお手入れの道なんと20年以上のプロに、鏡面磨きの方法を取材してきました! […]

ファスナー・チャックの不具合は修理できる!リップクリームが使えます!

急いでファスナーを閉めたら動かなくなった……なんて経験、あるんじゃないですか? 『ガチっ』なんて音を出した後、うんともすんとも言わなくなることが結構あるんですよねぇ。   さて、こういうファスナーの故障ですが、 […]

腕時計のお手入れは、ベルトの汚れをほっとけいないから浸けとけい!

学校、仕事、プライベートな時間でもかかせない腕時計。 時間を確認するためのものだけでなく、最近ではファッションアイテムとしても注目を集めていますよね。 しかし、そんなおしゃれアイテムである腕時計、よく見てみると汚れていた […]

鞄クリーニングの職人の世界を追う!カビ・シミ・色落ちの実例を発見

みなさん、クローゼットの中に少し汚れていたり、色がはげていたりする鞄はありませんか? そういう鞄って、使う気にもならないし、でも捨てる勇気もなく、ずっと置いたままにしていることが多いと思います。 そのままクローゼットの肥 […]

包丁の研ぎ方は刃の角度がポイント!正しいお手入れで切れ味が復活!

  毎日の料理に欠かせない包丁。 頻繁に使っているのにも関わらず、自分でメンテナンスしている方、どれくらいいるのでしょう。 包丁のメンテナンスとは、「研ぐ」こと。 毎日使っているとわかりにくいかもしれませんが、 […]

ネックレスの修理はチェーン切れがネックです?部品の種類ごとに解説

ネックレスって、ささいなことで簡単に切れてしまうもの。 洋服を脱ぐときにうっかり引っ掛けてしまったり、ネックレスをつけたまま寝て、起きたら切れていた、なんてことも。 特に小さなお子さんがいると、お子さんがネックレスを引っ […]

スニーカーの手入れには中性洗剤!レザー製はブラシとクリームでケア

動きやすさを追求した靴、スニーカー。 それだけでカジュアルな雰囲気に寄せられますし、愛用する方も多いんじゃないですかね?   白なんかは人気の筆頭ですが……そりゃまあ汚れます。 色鮮やかであるほど汚れます。 な […]

革靴のかかとゴム修理を取材!どんな靴も自然に直す匠の神ワザを発見

気づいたら靴底のかかと部分がすり減っていた……。 ヒールから金属が見えて、歩くとカツカツ音が鳴るようになってしまった……。 そんな経験は、ありませんか? 大切な靴は、かかとが削れてしまっても修理して履き続けたいもの。 で […]

スパイクのお手入れ【野球・サッカー/人工・天然皮革】を完全網羅!

「スパイク」は、スポーツをやられている方なら誰しもが知っているでしょう! ですが、正しいお手入れ方法まで知っている方はどれくらいいますか? スポーツで役立つあの特徴的な靴底に戸惑っている方もいるようです…が、心配はいりま […]

おすすめ特集