革ソファーのお手入れの正しい方法を解説!本革と合成皮革の違いとは

RELIVERS編集部

更新日:2019年02月21日

 

「革ソファーを購入してから一度も掃除していない…」なんてことはありますか?

実は革ソファー は、こまめなお手入れが必要なんです。

本革ソファーはお手入れをしていけば時間経過による風合いの変化を楽しめますが、お手入れを怠っているとどんどん悪くなってしてしまうもの。

黒ずみと色ハゲ、おまけに革が剥がれたズタズタな状態になってしまったら、すごく悲しいですよね…。

そんなことにならないよう、革ソファーの正しいお手入れの方法をしっかりお伝えしていきます!

本革と合成皮革の違い

ソファーのお手入れの話の前に、革の種類についてお話しますね。

なぜかというと、革の種類によってソファーのお手入れの手順が変わるからです。

「とりあえず手入れをしたいけど、革の種類とかよく分からない…」という方も、必ずお持ちのソファーがどの種類のものなのか確認してくださいね!
間違ったお手入れをすると、むしろ劣化を早めてしまうこともあります。

革の種類は大きく分けて本革合成皮革に分かれます。

本革

本革は、本物の動物の革を加工したものです。

合成皮革に比べ、高級感がありますが、価格が高くお手入れの手間もかかります。
湿気に弱く、汚れやすいのも特徴です。

ですが、使用していくうちに美しい色合いに変化し、触感が馴染んでいく時間による風合いの変化「経年変化」が魅力の1つです。

耐久力も高く、一般に寿命は10年程度と言われますが、キチンとお手入れすれば20年以上使用することも可能です。

寿命が長いため長期的に使用するなら合成皮革よりコスパが良かったりしますよ!

合成皮革

合成皮革は、布地に合成樹脂や塩化ビニルで加工したものです。

本革に比べ、リーズナブルでお手入れも簡単です。
その上湿気に強く、汚れにくいんです。
しかし、本革特有の匂い、肌触り、馴染み感はなく、本物志向の方は物足りないかもしれません。
耐久力も低いので、劣化しやすく、寿命は3年程度と言われます。

本革に比べ、お手入れの優先度が低いため、お手軽さを求めるなら本革よりオススメです!

ソファーが汚れる主な原因

さて、どんな原因で汚れるのか…気になりますよね。
原因がわかっていれば、汚れないように対策も立てられるかも!

ということで、どんな種類の汚れがあるかお伝えしますね。

ほこり

ソファーに限らず、どんなものにも汚しにかかってきますよね。
人がいるところにほこりあり、といわれるくらい身近なものです。

皮膚や汗、抜け毛

剥がれた皮膚、皮脂や汗も汚れの原因になります。
実は人が座るだけでも、ソファーを汚してしまってるんですね。

抜け毛も多いです。ペットを飼ってると、人より抜け毛が多いので、もう大変です。

食べ物・飲み物の汚れ

こぼした食べ物・飲み物も汚れの原因になります。

普通はソファーに座って食事することはないと思いますが、ポップコーンとジュースを持ってソファーで映画鑑賞…なんてこともありますよね。

特にジュースやワイン、油分を含んだもの(ラーメンの汁、ポテトチップなど)をこぼした時のダメージは大きく、シミになりやすいです。

汚れにはなるべく早めの対処を心がけてください。

出来るだけ、最初からソファーの汚れの原因になるものの持ち込みは避けた方がいいですね。

汚れ以外の革ソファーへの悪影響の原因

汚れ以外でも革のソファーの劣化は起きるんです。
以下の条件に当てはまらないよう、注意してください。

・高温多湿
・極度の乾燥
・クーラーの風の直撃
・直射日光・熱
・間違ったやり方の手入れ
・強い衝撃

主な劣化の種類

劣化により、具体的にどんなことが起きるのか気になりますよね。

どのような理由で劣化し、どういった形で症状が出てくるのかお話しします。

黒ずみ

皮脂や汗、食べ物の油やジュースやワインが染み込むことにより黒ずみになってしまいます。
濃いめの色のソファーならともかく、明るめのソファーだと特に目立ってしまいます。
汚れによる劣化の代表的なものが黒ずみです。

ひび割れ

極度の乾燥や強い衝撃により、割れが発生してしまいます。
クーラーが直撃しないところに配置し、ソファーに勢いよく座らないようにしてください。
割れを治すにはプロに修理を依頼しなければならない上、完全に元どおりにはなりません。

色あせ・色ハゲ

直射日光や熱により、色あせ・色ハゲ(脱色、変色)が起きます。
直射日光が当たる窓際やストーブの近くに配置するのは避けてください。

毎日のお手入れ

簡単なお手入れは短時間で終わるので、出来るだけ毎日するといいですね。

本革・合成皮革共通のお手入れです。

用意するもの

・布2枚(捨てるTシャツでも可)

  手 順  

1. 湿った柔らかいタオルで水拭き

皮の表面を傷つけないよう、強くこすり過ぎないでください。

2. 乾いた柔らかいタオルで乾拭き

同じように、皮の表面を傷つけないよう、強くこすり過ぎないでください。

はい。これだけです。
5分もあればできちゃいますね!

もっと簡単にお手入れしたければ、乾拭きだけでも大丈夫ですよ。
湿った柔らかいタオルで拭いても、水気を残さないようにすればOKです。

毎月のお手入れ

毎日のお手入れと同じく、本革と合成皮革が共通の方法です。
お手入れの手間はかかりますが、毎日する必要はありません。

作業は月に1回、夏場なら2回すると良いですね!

用意するもの

・布2枚 (捨てるTシャツでも可)
・掃除機(ほうき、コロコロでも代用可能)

  手 順  

1. 掃除機でカスを取り除く

掃除機、ちりとり、コロコロなどで大きなゴミや汚れを取ります。
ソファの隙間に溜まってるものなども隅々までしっかり掃除しましょう。

この時、革の表面を傷つけないように注意してください。
掃除機にブラシをつけると、皮の表面を傷つけにくくできます。

2. 湿った柔らかいタオルで水拭き

革の表面を傷つけないよう、強くこすり過ぎないように注意してください。

3. 乾いた柔らかいタオルで乾拭き

同じように革の表面を傷つけないよう、強くこすり過ぎないように注意してください。

シーズン毎のお手入れ

本格的なお手入れの方法です。
2〜3ヶ月に一度はお手入れしてください。
季節の変わり目毎に行うといいですね。

本革と合成皮革の途中までの大まかな作業は同じですが、本革の方が必要な手入れの道具・手順が増えます。

また、本革の場合でもスエードやヌバック、起毛系の革素材の場合、通常の革用お手入れグッズ(革用レザークリーナーでや革用保護クリーム)を使うと逆に劣化してしまう場合があるので注意して下さい。

それ以外の種類の革でも念のため、目立たないところで変色・色落ちがないかチェックするのも良いかもしれませんね。

用意するもの

・布3枚 (捨てるTシャツでも可)
・掃除機(ほうき、コロコロでも代用可能)
・革専用クリーナー (合成皮革なら食器用洗剤を3〜5%に薄めたものでも可)
・革用保護クリーム

世界中で愛用される、イタリア生まれの革製品メンテナンスグッズのセットです。
高い洗浄力を誇るクリーナーと、汚れの浸透を抑える革用保護クリーム、スポンジやクロス、説明書が入っています。
このキットを使えば、ソファーのケアに必要な道具が全て揃います。

洗浄力が良く、大容量のお得用革クリーナーです。
大きなくソファーでも、繰り返しクリーニングすることができます。

汚れ落とし、革の保護、ツヤだし、撥水効果、防カビ効果が得られる、ドイツ生まれの保護クリームです。
革を保護するだけではなく、栄養を与え、活力をもたらします。

  手順   

1. 掃除機でカスを取り除く

隙間の中まで、しっかりカスなどを取り除きます。
革の表面は傷つけないように注意しましょう。
ブラシをつけると、表面を傷つけづらく出来ますよ!

2. 湿った柔らかいタオルで水拭き

革の表面を傷つけないよう、強くこすり過ぎないように注意してください。

3. 乾いた柔らかいタオルで乾拭き

同じように、革の表面を傷つけないよう、強くこすり過ぎないように注意してください。

4. クリーナーで汚れを拭き取る

クリーナーまたは洗剤を、布に染み込ませ、円を描くようにこすり、汚れを拭き取ります。
その後クリーナーが乾くまで待ちます。

POINT
合成皮革の手順はここまでです!ここからは本革のみの手順です。

5. 本革用保護クリームをソファに塗る

本革の表面を保護するためのクリームを布につけます。
ソファーの表面を塗り残しがないよう、まんべんなく刷り込んでください。
その後クリームが乾くまで待ちます。

POINT
ちなみに、本革ソファー購入直後の新品な状態でも、革用保護クリームを塗ることで、汚れや劣化を防ぐことが出来ますよ。

6. 仕上げにソファーを乾拭きする。

最後に乾いた布で全体を乾拭きします。保護クリームが乾ききった後でも、ほこりがついていたり、余計な油分などを拭き取る必要があるからです。

食べ物や飲み物をこぼしてしまった時のお手入れ

食べ物や飲み物をこぼしてしまった!
そんな時、すぐに対処せず放置してしまうと、黒ずみやシミの原因になってしまうかもしれません。
でも安心して下さい。
そんなことにはならないよう、お手入れ方法をお伝えしますね!

用意するもの

・布2枚 (捨てるTシャツでも可)
・革専用クリーナー (合成皮革なら食器用洗剤を3〜5%に薄めたものでも可)
・掃除機

  手順   

1. 食べ物のカスを潰さないように取り除く

掃除機や、布を使って食べ物のカスを取り除きましょう。
潰してしまうと汚れが増えてしまうので注意してください。
強くこすると中に水分が浸透することがあるので、優しく水分を拭き取りましょう。

2. 水やお茶は乾いた布で拭く

3. ジュースやワイン、汁物の場合はクリーナーを布に染み込ませて拭く

中に液体が染み込まないよう、優しく拭き取りましょう。

番外編

手入れをしても落ちない汚れがある時の小技です。通常のお手入れでも落とせない頑固な汚れへの対処に、ぜひお試しあれ!

第三の選択、バナナクリーナー

革用クリーナー、薄めた洗剤に並ぶ第三のクリーナー…バナナの皮です。
中身は使わないので、食べちゃっていいですよ。

用意するもの

・バナナの皮

  手 順  

1. バナナの皮の裏面でソファーを拭く

だけです!
簡単ですね。
バナナの皮は汚れを吸着し、本革のツヤの元になるタンニンが含まれます!
匂いもつかず、皮ソファーにツヤが出てきれいになります。
バナナの皮、すごいですね。しかもとっても経済的!

小技として紹介していますが、さっきお伝えしたお手入れにも、ぜひ取り入れてみてください!

ボールペン、クレヨンなどの汚れには!食パン消しゴム

子供がソファーにクレヨンやボールペンで落書きしてしまった…。
そんな時は食パンを丸めて消しゴムのように擦ってみてください。
消しゴムのように汚れが落ちていきます。

食パンを消しゴム代わりに…?と不思議に思われるかもしれませんが、木炭のデッサンでは食パンが消しゴムとして使われているんですよ。
実際の消しゴムでも汚れを落とせそうですが、表面を傷つけてしまうかもしれませんからね。

用意するもの

・食パン
・掃除機

  手順   

1. 食パンの白い部分をちぎって丸め、汚れた箇所をこする

食パンをちぎって、粘土のようにこねて丸めます。
汚れに対し、練り消しを使うようにこすります。
2. 出たパンのカスを取り除く

出たパンかすを掃除してください。掃除機があると楽です。

部分汚れには、キッチンペーパーでパック&歯ブラシ

どうしても落ちないガンコな汚れがある!
そんな時に集中して汚れを落とす方法をお伝えします!

用意するもの

・布
・革専用クリーナー (合成皮革なら食器用洗剤を3〜5%に薄めたものでも可)
・キッチンペーパー
・歯ブラシ

  手 順  

1. 汚れた部分にパックする

化粧パックのような感じでキッチンペーパーにクリーナーを染み込ませ、汚れている部分にパックしてください。
液体が中に染み込んだり、歯ブラシで革の表面を傷つけてしまうかもしれないので、最終手段にして下さい!

2. キッチンペーパーをめくり、歯ブラシで優しく擦る

ここで汚れが落ちていれば歯ブラシの作業はカットして下さい。
何度パックしても汚れが落ちなければ、歯ブラシでこすります。
革を痛めないよう、優しくこすってください。

3. 汚れが落ちたら柔らかい布で乾拭き

汚れと水気をしっかりと拭き取ってください。水気がこれ以上中に染み込まないよう、ポンポンと優しく叩きながら拭いてください。

それでも汚れが落ちない、劣化してしまった時の最終手段

さて、ここまで革ソファーの手入れについて詳しく書いてきましたが、番外編の方法を試しても問題が解決出来ない…。
もはや自力では打つ手なし…。

そんな時はプロに修理・クリーニングを頼むのをおすすめします。
特に本革だと寿命が長く、修理すればまた長い期間使えるかもしれません!

最後に

いかがでしたか?
まず革ソファーの手入れの前は、必ず種類を確認し、使ってる道具で問題がないかチェックすることが大切です。

革ソファーはお手入れをするかしないかで、大幅に寿命が変わります。
長い年月をかけ、風合いの変化を楽しめるようにするも、劣化させてズタズタ状態にするも持ち主次第。

キチンと継続的にお手入れし、幸せな革ソファーライフをエンジョイしてください!

関連記事

レザーソファーのクリーニングならお任せ!革のプロによる修理を特集

  リビングにある家具といえば、テレビやテーブル…そして、ソファー。 ソファーは、家族がくつろぐ大事なスペースです。 一度買えば、何年も使い続ける、大切な家具ですよね。 でも、最初はキレイなソファーでも、何年も […]

革ソファーのお手入れの正しい方法を解説!本革と合成皮革の違いとは

  「革ソファーを購入してから一度も掃除していない…」なんてことはありますか? 実は革ソファー は、こまめなお手入れが必要なんです。 本革ソファーはお手入れをしていけば時間経過による風合いの変化を楽しめますが、 […]

布製ソファーの染み抜きは重曹と中性洗剤!油汚れはベンジンが効果的

  突然ですが、自分で洗えるものってなんでしょうね。 服! まぁ、王道ですよね。 靴! 最近の洗濯機はものによっては靴も洗えるみたいで…優秀ですよね。 では、逆に自分で洗えないものは? 布団? サイズは大きいで […]

ソファーの掃除方法を布・合皮・本革それぞれ紹介!染み抜きは重曹で

多くのご家庭のリビングにあるソファー。 座り心地がよくて、ついつい座ってのんびりしてしまいますよね。 わたしもソファーに座るとそのまま寝てしまって、気づいたら朝になっている、という経験があります。 そんな家族みんなが大好 […]

ランキング

エアコンの臭いはホコリ・カビ・雑菌!全てを除去するお掃除方法とは

久しぶりにエアコンをつけてみたら、もわっとした臭い風が部屋いっぱいに広がった。 という経験はありますか? 本当に気分が悪いですよね。そのニオイ、今すぐ取り除きましょう! 実はエアコンのニオイの原因とニオイを取り除くたった […]

エアコンの水漏れの原因は7つ!ドレンホースのお掃除で8割は解決!

エアコンをつけてみたら、え?エアコンが泣いている? いや、違う!ポタポタと水漏れが!そんな経験はありますか? 編集部では、20~50代の女性100人に「エアコンの水漏れを経験したことがありますか?」と聞いてみました。 4 […]

リーガル靴修理|ソール・かかと・つま先ビフォーアフターが完全集結

  日本を代表する靴ブランドであるリーガル。 100年以上にも渡りグッドイヤー・ウェルト製法を貫き、日本人の足にフィットするものをと、木型からこだわっています。 ビジネスシーンの足元の定番ではないかと思うくらい […]

ルイヴィトンバッグ・財布修理|レザー、内袋、取手リペア事例が集結

  ショルダーベルトが切れてしまった。 ファスナーが壊れた。 シミがついてしまった。 そんなブランド品はありませんか? 切れた部分やシミは、修理の職人さんの技術で、元の姿に戻すことができます。 その仕上がりは、 […]

布団は部屋干しでもふかふかに!週に1回干すだけで快眠が手に入る!

  干したばかりの布団って気持ちいいですよね。 じめっと重かった布団も、日光に当てて干すとカラッと軽くなります。 毎日あんな布団で寝られたらいいのにと思いますが、実際は天気に左右されたり、花粉が気になったりして […]

革靴のオールソール交換!靴底の張り替えの匠の技で厚み・美しさ倍増

  靴の、底。 履いているうちに、必ず削れてきてしまう部分ですね。 擦り切れて穴が開いてしまった…… 削れ過ぎて、見た目が悪くなってしまった…… など、靴底の状態が悪くなってしまった靴は、ありませんか? そんな […]

洗濯機はお掃除クリーナーでカビ取り!月イチ槽洗浄でキレイを保とう

洗濯機から出した洗濯物に、なんだか黒いぴろぴろしたものがついている……! なんてことありませんか? それ、ワカメではありません。洗濯機の洗濯槽についてしまった、カビです。 カビがついた洗濯槽でお洗濯をしていると思うと、ぞ […]

グッチのバッグ・財布・靴修理|レザー、内袋、取手リペア事例が集結

  とっても大切な、グッチのバッグや財布、靴。 どれだけ丁寧に扱っていても、壊れてしまうことってありますよね。 長く使っていると素材が変質したり、穴があいてしまったり…。 自分で修理しようとすると、せっかくのデ […]

風呂釜掃除はつけおきで簡単!プロの洗浄は専用機械で汚れがゴッソリ

湯船に浸かって、1日の疲れを癒す。 お風呂の時間は、最高のリラックスタイムですよね。 そんな、つかの間の休息を演出してくれるのがそう、風呂釜。 意外と知られていないですが、お掃除していない風呂釜には汚れがたまっています。 […]

エアコン掃除を自分で行う方法を解説!内部のカビはプロが徹底除去!

夏が始まり、エアコンをつけると…カビ臭い。 臭いだけでなく、カビを含んだ空気を吸って健康に悪影響が出てしまうのは嫌ですよね。 そこで必要なのは、エアコンのお掃除! エアコンを分解し、カビやホコリを取り除くことで、空気を綺 […]

エアコンの臭いはホコリ・カビ・雑菌!全てを除去するお掃除方法とは

久しぶりにエアコンをつけてみたら、もわっとした臭い風が部屋いっぱいに広がった。 という経験はありますか? 本当に気分が悪いですよね。そのニオイ、今すぐ取り除きましょう! 実はエアコンのニオイの原因とニオイを取り除くたった […]

エアコンの水漏れの原因は7つ!ドレンホースのお掃除で8割は解決!

エアコンをつけてみたら、え?エアコンが泣いている? いや、違う!ポタポタと水漏れが!そんな経験はありますか? 編集部では、20~50代の女性100人に「エアコンの水漏れを経験したことがありますか?」と聞いてみました。 4 […]

洗濯機はお掃除クリーナーでカビ取り!月イチ槽洗浄でキレイを保とう

洗濯機から出した洗濯物に、なんだか黒いぴろぴろしたものがついている……! なんてことありませんか? それ、ワカメではありません。洗濯機の洗濯槽についてしまった、カビです。 カビがついた洗濯槽でお洗濯をしていると思うと、ぞ […]

風呂釜掃除はつけおきで簡単!プロの洗浄は専用機械で汚れがゴッソリ

湯船に浸かって、1日の疲れを癒す。 お風呂の時間は、最高のリラックスタイムですよね。 そんな、つかの間の休息を演出してくれるのがそう、風呂釜。 意外と知られていないですが、お掃除していない風呂釜には汚れがたまっています。 […]

エアコン掃除を自分で行う方法を解説!内部のカビはプロが徹底除去!

夏が始まり、エアコンをつけると…カビ臭い。 臭いだけでなく、カビを含んだ空気を吸って健康に悪影響が出てしまうのは嫌ですよね。 そこで必要なのは、エアコンのお掃除! エアコンを分解し、カビやホコリを取り除くことで、空気を綺 […]

お風呂の鏡のお掃除はどうしよう?なにしよう?「新聞使用」が正解!

毎日使うお風呂。 毎日見るお風呂の鏡。 あなたのお家のお風呂の鏡、自分の姿がはっきり写りますか? 湯気で覆われているように白くくもっていませんか? ここで編集部が20代〜60代の女性100人に行なったアンケートを見てみま […]

洗濯機の排水口掃除はパイプユニッシュor重曹!臭いや詰まりも改善

洗濯機の排水口から何か嫌な臭いが漂ってくる…。 洗濯機が脱水中に止まってしまったり、エラー表示が出たりする…。 あなたのお家の洗濯機のそんなトラブル、もしかしたら洗濯機の排水口のせいかもしれません。 長期間、洗濯機を使い […]

お風呂の排水口・排水パイプの掃除方法!臭いと詰まりをどちらも解消

  お風呂ので一番汚れが気になるところといっても過言ではない、排水口。 お風呂中のお湯が流れ着く場所です。お湯に流されて、汚れもたっぷりたまります。 排水口の汚れが原因で、お風呂中に嫌な臭いが漂ったり、排水パイ […]

キッチンの排水口のお掃除には重曹とお酢でつまりはもう詰まらない!

排水口のぬめり…… 排水口からの臭い…… 排水口の詰まり…… 毎日キッチンを使っていると、こんな問題が生じることがよくあります。 キッチンは朝昼晩と使うものなので、排水口の掃除までなかなか手が回らないですよね。 では、い […]

お風呂の頑固なカビには片栗粉×漂白剤!プロおすすめ予防法もご紹介

スポンジでゴシゴシしても落ちない…。 落としたつもりでも何日かたつと復活している…。 このように、お風呂のカビで悩んだことはありますか? ここで編集部が20代〜60代の女性100人に行なったアンケートを見てみましょう。 […]

布団は部屋干しでもふかふかに!週に1回干すだけで快眠が手に入る!

  干したばかりの布団って気持ちいいですよね。 じめっと重かった布団も、日光に当てて干すとカラッと軽くなります。 毎日あんな布団で寝られたらいいのにと思いますが、実際は天気に左右されたり、花粉が気になったりして […]

ワイシャツの黄ばみを落とす最強の漂白剤の使い方!予防すれば完璧◎

いつの間にかワイシャツが黄ばんでいた経験、ありませんか?特に、襟や脇、袖は黄ばみやすい部分です。 実は、毎日ちゃんとお洗濯しているだけでは、黄ばみを予防することはできないのです。 黄ばんだワイシャツでは、第一印象も悪くな […]

油汚れの染み抜きには「クレンジングオイル」が一番効果的なんです!

「揚げ物を作っていたら、油が服に飛んでしまった…。」 「子供がオムライスを食べていて、服にケチャップをつけてしまった…。」 など、日常的に服に油のシミがついてしまうシーンってありますよね。 でも、みなさんは知っていますか […]

白いスニーカーの汚れを7つのアイテムで真っ白に!お酢が決め手です

白は汚れる! まあ常識ですよね。 ちょっと擦っただけでも灰色が付きますもん。 僕も一時期まっ白なスニーカーで生活してたんですがね、まあすぐ汚して怒られましたとも。   ということで今回は白スニーカー。 汚れが目 […]

【8割の人が知らない!】靴を自宅の洗濯機で洗う正しい方法を解説

会社が学校から帰る途中に、突然のゲリラ豪雨。 息を切らしながら走って帰ったけど、泥が跳ねて靴が汚れちゃった…。そんなこともありますよね。 そんなとき汚れてしまった靴をどうしていますか? え?そのまま? そんな […]

油性ペンの汚れに4通りの落とし方。油には油を!不安ならみかん!

新学期。新しい教科書に名前を書く時に、大活躍の油性ペン。 にじまず、書く材質を選ばないのが特徴。そのため、水で濡れやすいキッチン周りにも使えますし、学生から主婦の方にも愛用されているはず。 そんな油性ペンの1番の特徴は「 […]

羽毛布団を洗濯機で洗う方法|コインランドリーやクリーニングと比較

  寒くなってくると毎年押し入れから引っ張り出してくる羽毛布団。ふかふかのお布団にはついつい顔をうずめたくなりますよね…って、あれ。 なんか、臭い。前よりボリューム感がないかも。 なんてショックを受けてる方に質 […]

色移りの落とし方は50℃のお湯で洗剤2倍!本当に正しい情報大公開

あああ!しまった。 洗濯機の蓋を開けてみたら、中が大惨事になっていた。 こんな経験はありませんか? そう、色移り。 お気に入りの服に色が移っていた時なんか、とてもショックですよね。 普段は気をつけていても、ちょっと気を抜 […]

帽子・キャップの型崩れしない洗い方!他とはかぶらない方法で伝授!

帽子って、知らず知らずのうちに汚れや臭いがひどくなってしまいますよね。 特に夏の汗をかく時期。 でも、帽子を自宅で洗うって、あんまりピンとこないかもしれません。 しかし、ここでは帽子・キャップを自宅で型崩れの心配なく洗う […]

羽毛布団の洗濯はコインランドリーがおすすめ!乾燥時の注意点も解説

  軽くて、柔らかくて、暖かい。 と、良いこと尽くしの羽毛布団は、寒い季節には手放せない寝具の1つ。 でも、なんだか最近、ふんわり感がなくなったような…。 それに、前よりも暖かくないかもしれない…。 なんて感じ […]

リーガル靴修理|ソール・かかと・つま先ビフォーアフターが完全集結

  日本を代表する靴ブランドであるリーガル。 100年以上にも渡りグッドイヤー・ウェルト製法を貫き、日本人の足にフィットするものをと、木型からこだわっています。 ビジネスシーンの足元の定番ではないかと思うくらい […]

ルイヴィトンバッグ・財布修理|レザー、内袋、取手リペア事例が集結

  ショルダーベルトが切れてしまった。 ファスナーが壊れた。 シミがついてしまった。 そんなブランド品はありませんか? 切れた部分やシミは、修理の職人さんの技術で、元の姿に戻すことができます。 その仕上がりは、 […]

革靴のオールソール交換!靴底の張り替えの匠の技で厚み・美しさ倍増

  靴の、底。 履いているうちに、必ず削れてきてしまう部分ですね。 擦り切れて穴が開いてしまった…… 削れ過ぎて、見た目が悪くなってしまった…… など、靴底の状態が悪くなってしまった靴は、ありませんか? そんな […]

グッチのバッグ・財布・靴修理|レザー、内袋、取手リペア事例が集結

  とっても大切な、グッチのバッグや財布、靴。 どれだけ丁寧に扱っていても、壊れてしまうことってありますよね。 長く使っていると素材が変質したり、穴があいてしまったり…。 自分で修理しようとすると、せっかくのデ […]

ファスナー・チャックの直し方を解説!5つの不具合もこれで全て解決

急いでファスナーを閉めたら動かなくなった……なんて経験、あるんじゃないですか? 『ガチっ』なんて音を出した後、うんともすんとも言わなくなることが結構あるんですよねぇ。 さて、こういうファスナーの故障ですが、大抵は曲がって […]

裾上げのやり方をズボンの種類別に解説!丈を決めるポイントも伝授!

もうちょっと裾が短かったら、このズボンは完璧なのになあ。 そんなお悩みはありませんか? そんなときに便利なのが「裾上げ」。 でも洋服屋さんで頼むと時間がかかってしまいます。取りに行くのも面倒臭いですよね。 だから、自分で […]

靴の臭いがたったの100円で消せるのならば試さずにはいられない話

どうも、隙あらば靴を脱ぐのであんまり足の臭いに困らない僕です。 たまに遠出すると脱げなくて大変なことになるんですけどねー。 さて、足の臭いってかなり気になりますよね。 しかも、どれだけ足を洗ったところで臭いが出るのは止め […]

スエードの靴の汚れの正しい洗い方とは?普段のお手入れ方法も解説

スエードの靴、あの独特の質感が素敵ですよね。なんだか温かみを感じる、良い生地だと思います。 でも一つ問題が…… 汚れが付きやすいんですよね。水に濡れればシミになり、使っているとテカテカしてきます。 しかも、スエードってお […]

靴磨きのコツを大公開!職人だけが知る革靴のお手入れ方法を徹底取材

お洒落は足元から、なんてよく言いますよね。 一生、大切にしたいと思っている革靴を、お持ちの方も多いはず。 ですが、せっかくの素敵な革靴も、お手入れができていなかったら台無しです。 よい革靴は、きちんと靴磨きをして、いつで […]

サビ落としはブラシ&サビ取り剤が最強!こすらず磨いて楽々完全除去

身の周りを見渡してみたら、色んなところでサビを発見してしまった…なんて経験、ありませんか? 例えば家の中に置いてあるスタンドラックにも発生するし、外に置いておいた自転車にもサビはつきやすいもの。 見た目はあまりきれいとは […]

おすすめ特集