漂白剤の使い方を種類ごとに徹底解説!お掃除・お洗濯の最強アイテム

■漂白剤は、酸素系・塩素系・還元系の3種類がある
■酸素系漂白剤は塩素系 / 還元系漂白剤より漂白力が緩やかで扱いやすい
■漂白剤の使い方は洗剤と併用、またはつけおき。キッチンやお風呂でも

雪の宿

更新日:2018年10月12日

長く使うと、どうしても洗濯だけじゃ落ちない汚れがつくもの。
しっかり落とさないとお気に入りの服でも気分がノって来ないでしょう。

そこで、です。
漂白剤について知識を持ちましょう。
ヘタにつかうと服の色まで落ちてしまう……なんて尻込みすることもあることでしょう。

かくいう僕も怖くて使えませんでした。

けど、巧く使ってやれば便利なものです。
さあ、漂白剤をマスターしてやりましょう!

 

あ、化学の授業がニガテだった人は知恵熱の準備してください。

漂白剤の種類は3つ

漂白剤には、酸素系漂白剤と塩素系漂白剤、そして還元系漂白剤があります。
そしてさらに粉末タイプ、液体タイプと分かれています。

さらっとここで説明します。
詳しい話はもっと下で書きますね。

 

酸素系

過酸化水素を使って汚れを取るのがこれ。
あれです、オキシドールみたいな。
酸素を使うって聞くとしょぼく聞こえるでしょうが、汚れを燃やすと言えば凄そうに聞こえませんか?

ほら、オキシドールが服のシミ抜きに使える、なんて話を聞いたことありません?
そうです、オキシドールも漂白剤の一種なのですよ。

酸素と汚れを反応させる――酸化させることで白くするわけです。そこまで強力じゃないので、色のある服にも使えますよ。

おすすめの商品

塩素系ほど刺激が強いわけではないので、色や柄のある服についてとれない汚れ、消毒や殺菌などに使うことができます。
また、台所の油汚れや泥で汚れた靴などをつけおきしてキレイにする際に使うのにもおすすめです♪

 

あ、あとどうでもいいですけど、このタイプは放置してても気体を発生させます。買った時の容器にはこまかーい穴が空いてるはずなので、移し替えたりしないようにしてくださいね。密封なんてしたらBombですよBomb.

 

塩素系

塩素系はとても強い漂白効果を持っています。化学の教科書なんかで白くなった薔薇とかを見たことがあるかもしれませんね、あれと似たようなことをしてます。

成分は文字通り塩素……ではなく、次亜塩素酸ナトリウムって成分です。カルキって言えば分かりやすいでしょうかね。
(実はカルキはもう使われてなくて、いま消毒代わりに使われてるのが次亜塩素酸ナトリウムとかいう細かい話はまたどこかでするとしましょ)

衣料用の塩素系漂白剤。こちらは、除菌もできるすぐれもの。
そのため、お掃除にも使うことができます。シーツやシャツだけでなく、お風呂や洗濯槽などカビの発生しやすい部分のお掃除にも便利です♪

 

還元系

こっちも酸素を使って落とすモノ。ただし起きる反応が違います。

文字通り還元することで色を落とすのですが……まあ、塩素系と正反対のことをすると思ってもらえれば正解です。

塩素系や酸素系で落ちなかった汚れも、こっちを使えば消せるかも?

おすすめの漂白剤がこちら。

おすすめの商品

衣類用の還元系の漂白剤です。
塩素系漂白剤を使用したことで、変色してしまったり、黄ばんでしまった白い衣類に使うのには最適です。また、お風呂場でサビがついてしまった部分などを白くするのにも適しています。

 

酸素系漂白剤のいろは

酸素系漂白剤は、水に溶けると活性酸素が出て、汚れを分解し汚れを落としてくれます。
塩素系に比べると漂白力が緩やかで色物にも使えるため、扱いやすい漂白剤です。
他にも白色、色柄の繊維製品(木綿、麻、化学繊維、絹)などなど……。
漂白剤が使えることを示す△マークの洗濯表示があれば使えますよ。

粉末タイプと液体タイプがあり、液体は「酸性」粉末タイプは「アルカリ性」です。

 

液体タイプ/弱酸性

シミや汚れに直接付けて使うことができます
それはつまり、つけおきせずにそのまま洗濯機で洗うこともできるということ。
洗濯用洗剤だけで洗うよりも汚れが落ちるとされています。

つけおきする場合は、洗剤と一緒に使うのがポイントです。
柔軟剤とは違って、まぜちゃって大丈夫ですよ。

え?柔軟剤の使い方をもっと知りたいですって?
ふふふ。もちろんございます。
柔軟剤の使い方ひとつで香る香りも香らない!?入れるタイミングが命
洗剤、漂白剤、柔軟剤。
剤という剤を制する者は、向かうところ敵なしなのです。

 

粉末タイプ/弱アルカリ性

水洗いできる白、色柄物の衣類に使えます
粉末タイプも洗剤と一緒に使ってください。

つけおきする場合は、お湯か水に溶かして30分~2時間くらいつけておくと効果が高いです。
2時間以上つけおきすると衣類が傷んじゃうことがあるので、2時間くらいまででつけおき完了してくださいね。

こいつは衣類の漂白だけでなく、洗濯槽のカビ掃除にも活躍する洗剤です。過炭酸ナトリウムをストックしておくと、衣類を漂白することや洗濯槽の掃除まで幅広く使うことができとても重宝しますよ。

 

使えないもの

酸素系漂白剤が使えないものもまとめてみます。

水洗いできない衣類
・毛(ウール)、絹(シルク)など動物性の繊維のもの
・ファスナーやボタン、ホックなどの金属製の金具が付いている洋服
・生地自体に金属染料が使われている衣類

これに当てはまるものには使えません。気を付けてくださいね。

 

塩素系漂白剤/還元系漂白剤のいろは

塩素系と還元系の漂白剤の特徴は、白い衣類にしか使えないほど強力な効果にあります。

綿、麻、ポリエステル、アクリルなどの水洗いができるものに限ることに注意して下さい。
触るとヌルヌルすると思います。指が融けてるので洗って下さい。

ちなみに、還元系の粉タイプは業務用として使われることが多く、鉄の黄ばみを漂白するのに使用されます。白物、色物の衣類に使用できます。まあたぶん使うことはないでしょうけど。

 

使えないもの

塩素系と還元系の漂白剤が使えないものをまとめてみます。

色柄物
・毛(ウール)、絹(シルク)、ポリウレタン、アセテート、ナイロン
・ファスナーやボタン、ホックなどの金属製の金具が付いている洋服

これに当てはまるものには使えません。気を付けてくださいね。

 

本題:漂白剤の使い方

種類と特徴を説明してきましたが、頑固な汚れをどうしたら落とせるの?って疑問です。
そこでメーカーに問い合わせてみたら次の様に使用すると落ちやすいとのこと。
1. 汚れの軽いものは、洗濯用洗剤と液体漂白剤を併用して洗濯する
洗剤の分量はそれぞれ記載通りに入れること、少なくしたり自分で調整は必要がないとか

 

2. それでも落ちない頑固な汚れは、 粉末漂白剤でつけおき洗いする
実際に洗濯機で洗うときに使う洗剤でつけおき洗いしましょう。濃度は高めだと◯

 

つけおき洗いにはぬるま湯を使ってください、40℃くらいがいいですね。その後、その水を洗濯機に入れて回しましょう。こうすると濃度の高い洗濯液のおかげで洗浄力がアップします。

それでも落ちない場合は、濃縮酵素タイプ洗剤を直接汚れた部分に塗りこみ洗濯します。まあ要するに力技。
あ、手袋を忘れないでくださいね。

 

漂白剤 in 台所

そう、使えるんですよ。というか、『◯◯ハイター』って漂白剤のブランドですからねー。
で、キッチンハイター(商品名ですが)とかは漂白剤プラス洗剤で作られているもの。

油汚れとか、食品系の汚れってだいたい酸性です。ということは使う漂白剤はアルカリ性じゃないといけなくて、洗剤とまぜるために液体――塩素系の漂白剤が使われているのです。

つまりです、洗濯用の漂白剤もキッチンで使えるわけなのですよ。
台所漂白剤が塩素系なのはそういう理由なので、別に酸素系でもアルカリ性――粉タイプでも問題ないですよー。

あ、だからってまぜて使っちゃだめですからね。

 

食器に使ってみる

スポンジの届かない場所とか、こびり付いた汚れとかを洗うのです。
マグカップの茶色いシミとか取りにくいですからねー。

用意するもの

・水を溜めるもの(バケツとか、シンクに水を溜めるのもいいかも)
・漂白剤

   手 順  

1. 水を溜める
お湯でもいいかも。
あ、ステンレスのシンクだと漂白剤は相性悪いかもしれません。

2. 漂白剤を入れる
2Lにつき液体ならキャップ一つ(20ml)、粉なら大さじ 1ってところです。容器に特別に目安が書いてあったりしたらそっちに従って下さいね。

3. 食器を浸ける
普通に取れる汚れは先に落としておきましょう。浸ける時間は30分〜2時間ぐらいにします。

4. Fin
後は取り出して水に流しゃあ終わりです。殺菌してあるので洗剤で洗う必要はありませんが、漂白剤が残ってたらモンダイなのでしっかりすすぎましょうね。

 

完全に落ちきる……とは断言しませんが、殺菌効果はバッチリのはずです。

 

蛇足

食器の洗浄として紹介しましたが、べつに他のものでも問題なく殺菌できます。

例えば鍋に水を溜めれば、内側の汚れを落とせます。三角コーナーとか、排水口のゴミ受けなんかもこれで殺菌できます。

漂白剤に付けて問題ない素材なら何にでも使えるわけです。すごいね。

 

注意
金属系のものに使うとサビます。塩素も酸素も関係なくサビます。
銅や鉄はもちろんのこと、ホーローとかステンレスも危ないのです。

 

お風呂につっこむ

風呂に入るときは、毎回浴槽を洗うことでしょう。日頃の掃除であれば、確かにそれで問題ないかもしれません。

けどですよ?自動お湯張りタイプの場合、循環させるパイプの中身は……。

 用意するもの 

・酸素系漂白剤
・網

   手 順  

1. お湯を溜める
お湯張り機の吸水口がしっかり浸かるくらいまでお湯を溜めましょう。

2. 酸素系漂白剤を入れる
粉末タイプを用意しましょう。大さじ 6~7杯くらいですかね。

3. 循環させる
追い炊きとかって呼ばれてますね。しばらく待機です。

4. ゴミを取る
1~2時間放っておくと、ゴミが浮いてくると思います。網とかで取るといいです。

あとは流しておしまい。

注意
木とか大理石とか、そういうのには使わないで下さいね。
もちろん金属製の風呂にもです。

 

あ、あと上に書いた方法(食器に使ってみる方法)で風呂用品も殺菌できるので試してみるといいですよ。ほら、ちょうどお湯を溜められるものがありますし。
風呂の椅子とか、なかなか洗いませんからねー。

 

まとめ

いやぁ、漢字だらけでしたね……。

洗濯しても落ちないと、せっかく洗ったのにー……とテンションが下がりるものです。
汚れに応じて正しく対処をしてしっかり落としてやりましょう。

汚れがなくなれば、その達成感で気持ちのよい1日を過ごすことができるでしょう!たぶん!

関連記事

NEWジーンズは洗濯すべし!色落ちを防ぐ秘訣や裏技も包み隠さず大公開!

一人一本は持っているといっても過言ではないほど多くの人に愛されるジーンズ。 ファッションに欠かせないという方も多いのではないでしょうか? そんなジーンズに関して気になることは、洗濯するべきなのか否かということですよね。 […]

バスタオルを洗っても臭い原因とは?においを落とす方法と3つの対策

お風呂を出た時に使うバスタオル。 サイズが大きいし、乾くのに時間がかかるし、洗濯するのが面倒くさくなってしまいますよね。 でも、お風呂上がりの体を拭くだけだから、あまり汚れていないだろうし…、なんて思って放っておくと、い […]

洗濯物の花粉対策には柔軟剤選びと早朝干し!払って取り込めば完璧!

  春になると日本人の4割をも悩ませる症状。それが花粉症です。 鼻はムズムズするし、目は痒くなり真っ赤に充血。 花粉症の方達にとっては、試練ともいえる季節がやってきました。 そこで1番頭を悩ませるのが、洗濯の問 […]

ワイシャツの干し方完全マニュアル!誰でも出来るシワを抑える技とは

  会社、学校などでいつも着ているワイシャツ。日常生活でもファッションアイテムとして使ってる方も多いのではないのでしょうか? そんなワイシャツですが、干し方などに気を配れば、自宅で洗濯した後の仕上がりにもずいぶ […]

ランキング

エアコンの臭いはホコリ・カビ・雑菌!全てを除去するお掃除方法とは

久しぶりにエアコンをつけてみたら、もわっとした臭い風が部屋いっぱいに広がった。 という経験はありますか? 本当に気分が悪いですよね。そのニオイ、今すぐ取り除きましょう! 実はエアコンのニオイの原因とニオイを取り除くたった […]

エアコンの水漏れの原因は7つ!ドレンホースのお掃除で8割は解決!

エアコンをつけてみたら、え?エアコンが泣いている? いや、違う!ポタポタと水漏れが!そんな経験はありますか? 編集部では、20~50代の女性100人に「エアコンの水漏れを経験したことがありますか?」と聞いてみました。 4 […]

リーガル靴修理|ソール・かかと・つま先ビフォーアフターが完全集結

  日本を代表する靴ブランドであるリーガル。 100年以上にも渡りグッドイヤー・ウェルト製法を貫き、日本人の足にフィットするものをと、木型からこだわっています。 ビジネスシーンの足元の定番ではないかと思うくらい […]

ルイヴィトンバッグ・財布修理|レザー、内袋、取手リペア事例が集結

  ショルダーベルトが切れてしまった。 ファスナーが壊れた。 シミがついてしまった。 そんなブランド品はありませんか? 切れた部分やシミは、修理の職人さんの技術で、元の姿に戻すことができます。 その仕上がりは、 […]

布団は部屋干しでもふかふかに!週に1回干すだけで快眠が手に入る!

  干したばかりの布団って気持ちいいですよね。 じめっと重かった布団も、日光に当てて干すとカラッと軽くなります。 毎日あんな布団で寝られたらいいのにと思いますが、実際は天気に左右されたり、花粉が気になったりして […]

革靴のオールソール交換!靴底の張り替えの匠の技で厚み・美しさ倍増

  靴の、底。 履いているうちに、必ず削れてきてしまう部分ですね。 擦り切れて穴が開いてしまった…… 削れ過ぎて、見た目が悪くなってしまった…… など、靴底の状態が悪くなってしまった靴は、ありませんか? そんな […]

洗濯機はお掃除クリーナーでカビ取り!月イチ槽洗浄でキレイを保とう

洗濯機から出した洗濯物に、なんだか黒いぴろぴろしたものがついている……! なんてことありませんか? それ、ワカメではありません。洗濯機の洗濯槽についてしまった、カビです。 カビがついた洗濯槽でお洗濯をしていると思うと、ぞ […]

グッチのバッグ・財布・靴修理|レザー、内袋、取手リペア事例が集結

  とっても大切な、グッチのバッグや財布、靴。 どれだけ丁寧に扱っていても、壊れてしまうことってありますよね。 長く使っていると素材が変質したり、穴があいてしまったり…。 自分で修理しようとすると、せっかくのデ […]

風呂釜掃除はつけおきで簡単!プロの洗浄は専用機械で汚れがゴッソリ

湯船に浸かって、1日の疲れを癒す。 お風呂の時間は、最高のリラックスタイムですよね。 そんな、つかの間の休息を演出してくれるのがそう、風呂釜。 意外と知られていないですが、お掃除していない風呂釜には汚れがたまっています。 […]

エアコン掃除を自分で行う方法を解説!内部のカビはプロが徹底除去!

夏が始まり、エアコンをつけると…カビ臭い。 臭いだけでなく、カビを含んだ空気を吸って健康に悪影響が出てしまうのは嫌ですよね。 そこで必要なのは、エアコンのお掃除! エアコンを分解し、カビやホコリを取り除くことで、空気を綺 […]

エアコンの臭いはホコリ・カビ・雑菌!全てを除去するお掃除方法とは

久しぶりにエアコンをつけてみたら、もわっとした臭い風が部屋いっぱいに広がった。 という経験はありますか? 本当に気分が悪いですよね。そのニオイ、今すぐ取り除きましょう! 実はエアコンのニオイの原因とニオイを取り除くたった […]

エアコンの水漏れの原因は7つ!ドレンホースのお掃除で8割は解決!

エアコンをつけてみたら、え?エアコンが泣いている? いや、違う!ポタポタと水漏れが!そんな経験はありますか? 編集部では、20~50代の女性100人に「エアコンの水漏れを経験したことがありますか?」と聞いてみました。 4 […]

洗濯機はお掃除クリーナーでカビ取り!月イチ槽洗浄でキレイを保とう

洗濯機から出した洗濯物に、なんだか黒いぴろぴろしたものがついている……! なんてことありませんか? それ、ワカメではありません。洗濯機の洗濯槽についてしまった、カビです。 カビがついた洗濯槽でお洗濯をしていると思うと、ぞ […]

風呂釜掃除はつけおきで簡単!プロの洗浄は専用機械で汚れがゴッソリ

湯船に浸かって、1日の疲れを癒す。 お風呂の時間は、最高のリラックスタイムですよね。 そんな、つかの間の休息を演出してくれるのがそう、風呂釜。 意外と知られていないですが、お掃除していない風呂釜には汚れがたまっています。 […]

エアコン掃除を自分で行う方法を解説!内部のカビはプロが徹底除去!

夏が始まり、エアコンをつけると…カビ臭い。 臭いだけでなく、カビを含んだ空気を吸って健康に悪影響が出てしまうのは嫌ですよね。 そこで必要なのは、エアコンのお掃除! エアコンを分解し、カビやホコリを取り除くことで、空気を綺 […]

お風呂の鏡のお掃除はどうしよう?なにしよう?「新聞使用」が正解!

毎日使うお風呂。 毎日見るお風呂の鏡。 あなたのお家のお風呂の鏡、自分の姿がはっきり写りますか? 湯気で覆われているように白くくもっていませんか? ここで編集部が20代〜60代の女性100人に行なったアンケートを見てみま […]

洗濯機の排水口掃除はパイプユニッシュor重曹!臭いや詰まりも改善

洗濯機の排水口から何か嫌な臭いが漂ってくる…。 洗濯機が脱水中に止まってしまったり、エラー表示が出たりする…。 あなたのお家の洗濯機のそんなトラブル、もしかしたら洗濯機の排水口のせいかもしれません。 長期間、洗濯機を使い […]

お風呂の排水口・排水パイプの掃除方法!臭いと詰まりをどちらも解消

  お風呂ので一番汚れが気になるところといっても過言ではない、排水口。 お風呂中のお湯が流れ着く場所です。お湯に流されて、汚れもたっぷりたまります。 排水口の汚れが原因で、お風呂中に嫌な臭いが漂ったり、排水パイ […]

キッチンの排水口のお掃除には重曹とお酢でつまりはもう詰まらない!

排水口のぬめり…… 排水口からの臭い…… 排水口の詰まり…… 毎日キッチンを使っていると、こんな問題が生じることがよくあります。 キッチンは朝昼晩と使うものなので、排水口の掃除までなかなか手が回らないですよね。 では、い […]

お風呂の頑固なカビには片栗粉×漂白剤!プロおすすめ予防法もご紹介

スポンジでゴシゴシしても落ちない…。 落としたつもりでも何日かたつと復活している…。 このように、お風呂のカビで悩んだことはありますか? ここで編集部が20代〜60代の女性100人に行なったアンケートを見てみましょう。 […]

布団は部屋干しでもふかふかに!週に1回干すだけで快眠が手に入る!

  干したばかりの布団って気持ちいいですよね。 じめっと重かった布団も、日光に当てて干すとカラッと軽くなります。 毎日あんな布団で寝られたらいいのにと思いますが、実際は天気に左右されたり、花粉が気になったりして […]

ワイシャツの黄ばみを落とす最強の漂白剤の使い方!予防すれば完璧◎

いつの間にかワイシャツが黄ばんでいた経験、ありませんか?特に、襟や脇、袖は黄ばみやすい部分です。 実は、毎日ちゃんとお洗濯しているだけでは、黄ばみを予防することはできないのです。 黄ばんだワイシャツでは、第一印象も悪くな […]

油汚れの染み抜きには「クレンジングオイル」が一番効果的なんです!

「揚げ物を作っていたら、油が服に飛んでしまった…。」 「子供がオムライスを食べていて、服にケチャップをつけてしまった…。」 など、日常的に服に油のシミがついてしまうシーンってありますよね。 でも、みなさんは知っていますか […]

白いスニーカーの汚れを7つのアイテムで真っ白に!お酢が決め手です

白は汚れる! まあ常識ですよね。 ちょっと擦っただけでも灰色が付きますもん。 僕も一時期まっ白なスニーカーで生活してたんですがね、まあすぐ汚して怒られましたとも。   ということで今回は白スニーカー。 汚れが目 […]

【8割の人が知らない!】靴を自宅の洗濯機で洗う正しい方法を解説

会社が学校から帰る途中に、突然のゲリラ豪雨。 息を切らしながら走って帰ったけど、泥が跳ねて靴が汚れちゃった…。そんなこともありますよね。 そんなとき汚れてしまった靴をどうしていますか? え?そのまま? そんな […]

油性ペンの汚れに4通りの落とし方。油には油を!不安ならみかん!

新学期。新しい教科書に名前を書く時に、大活躍の油性ペン。 にじまず、書く材質を選ばないのが特徴。そのため、水で濡れやすいキッチン周りにも使えますし、学生から主婦の方にも愛用されているはず。 そんな油性ペンの1番の特徴は「 […]

羽毛布団を洗濯機で洗う方法|コインランドリーやクリーニングと比較

  寒くなってくると毎年押し入れから引っ張り出してくる羽毛布団。ふかふかのお布団にはついつい顔をうずめたくなりますよね…って、あれ。 なんか、臭い。前よりボリューム感がないかも。 なんてショックを受けてる方に質 […]

色移りの落とし方は50℃のお湯で洗剤2倍!本当に正しい情報大公開

あああ!しまった。 洗濯機の蓋を開けてみたら、中が大惨事になっていた。 こんな経験はありませんか? そう、色移り。 お気に入りの服に色が移っていた時なんか、とてもショックですよね。 普段は気をつけていても、ちょっと気を抜 […]

帽子・キャップの型崩れしない洗い方!他とはかぶらない方法で伝授!

帽子って、知らず知らずのうちに汚れや臭いがひどくなってしまいますよね。 特に夏の汗をかく時期。 でも、帽子を自宅で洗うって、あんまりピンとこないかもしれません。 しかし、ここでは帽子・キャップを自宅で型崩れの心配なく洗う […]

羽毛布団の洗濯はコインランドリーがおすすめ!乾燥時の注意点も解説

  軽くて、柔らかくて、暖かい。 と、良いこと尽くしの羽毛布団は、寒い季節には手放せない寝具の1つ。 でも、なんだか最近、ふんわり感がなくなったような…。 それに、前よりも暖かくないかもしれない…。 なんて感じ […]

リーガル靴修理|ソール・かかと・つま先ビフォーアフターが完全集結

  日本を代表する靴ブランドであるリーガル。 100年以上にも渡りグッドイヤー・ウェルト製法を貫き、日本人の足にフィットするものをと、木型からこだわっています。 ビジネスシーンの足元の定番ではないかと思うくらい […]

ルイヴィトンバッグ・財布修理|レザー、内袋、取手リペア事例が集結

  ショルダーベルトが切れてしまった。 ファスナーが壊れた。 シミがついてしまった。 そんなブランド品はありませんか? 切れた部分やシミは、修理の職人さんの技術で、元の姿に戻すことができます。 その仕上がりは、 […]

革靴のオールソール交換!靴底の張り替えの匠の技で厚み・美しさ倍増

  靴の、底。 履いているうちに、必ず削れてきてしまう部分ですね。 擦り切れて穴が開いてしまった…… 削れ過ぎて、見た目が悪くなってしまった…… など、靴底の状態が悪くなってしまった靴は、ありませんか? そんな […]

グッチのバッグ・財布・靴修理|レザー、内袋、取手リペア事例が集結

  とっても大切な、グッチのバッグや財布、靴。 どれだけ丁寧に扱っていても、壊れてしまうことってありますよね。 長く使っていると素材が変質したり、穴があいてしまったり…。 自分で修理しようとすると、せっかくのデ […]

ファスナー・チャックの直し方を解説!5つの不具合もこれで全て解決

急いでファスナーを閉めたら動かなくなった……なんて経験、あるんじゃないですか? 『ガチっ』なんて音を出した後、うんともすんとも言わなくなることが結構あるんですよねぇ。 さて、こういうファスナーの故障ですが、大抵は曲がって […]

裾上げのやり方をズボンの種類別に解説!丈を決めるポイントも伝授!

もうちょっと裾が短かったら、このズボンは完璧なのになあ。 そんなお悩みはありませんか? そんなときに便利なのが「裾上げ」。 でも洋服屋さんで頼むと時間がかかってしまいます。取りに行くのも面倒臭いですよね。 だから、自分で […]

靴の臭いがたったの100円で消せるのならば試さずにはいられない話

どうも、隙あらば靴を脱ぐのであんまり足の臭いに困らない僕です。 たまに遠出すると脱げなくて大変なことになるんですけどねー。 さて、足の臭いってかなり気になりますよね。 しかも、どれだけ足を洗ったところで臭いが出るのは止め […]

スエードの靴の汚れの正しい洗い方とは?普段のお手入れ方法も解説

スエードの靴、あの独特の質感が素敵ですよね。なんだか温かみを感じる、良い生地だと思います。 でも一つ問題が…… 汚れが付きやすいんですよね。水に濡れればシミになり、使っているとテカテカしてきます。 しかも、スエードってお […]

靴磨きのコツを大公開!職人だけが知る革靴のお手入れ方法を徹底取材

お洒落は足元から、なんてよく言いますよね。 一生、大切にしたいと思っている革靴を、お持ちの方も多いはず。 ですが、せっかくの素敵な革靴も、お手入れができていなかったら台無しです。 よい革靴は、きちんと靴磨きをして、いつで […]

サビ落としはブラシ&サビ取り剤が最強!こすらず磨いて楽々完全除去

身の周りを見渡してみたら、色んなところでサビを発見してしまった…なんて経験、ありませんか? 例えば家の中に置いてあるスタンドラックにも発生するし、外に置いておいた自転車にもサビはつきやすいもの。 見た目はあまりきれいとは […]

おすすめ特集