ニット・セーターの洗濯方法を解説!縮むのを防ぐ洗い方のコツも伝授

つっきー

更新日:2021年01月19日

ニットやセーターってふわふわしていて、あったかくて、寒い冬には手放せませんよね。
でも、着終わった後は?

なんとなく、自分で洗濯すると縮んだり型崩れしたりしてしまうイメージ…。
でも、毎回クリーニングに出すなんて、面倒だしお金もかかりますよね。

そこで、ニットやセーターの正しい洗い方、そして干し方やお手入れ方法も徹底解説します!
ご家庭での洗濯で、冬のおしゃれを楽しみましょう♪

今回は、自分でニットを洗う方法を紹介します♪
着た後のお手入れもついでにちょっと紹介するので、ぜひ最後までみてくださいね。

お洗濯の前に2つのチェック

お洗濯を始める前に、まずはお洗濯できるのか?
ということを確認しなくてはなりません。

そもそもニットやセーターってなんのこと?

ニット?セーター?カーディガン?マフラー?
ニットってそもそもなんのことなんだろう…、なんて悩んでしまうこと、ありませんか?

私自身ちょっと分からなくなってしまったので、調べてみました。
どうやらニットというのは、編み物の総称のことらしいのです。

ニットの特徴は、1本の糸でループを作りながら編んでいくこと。
ニットがいい感じに伸びたり、暖かかったりするのはそのループのおかげなのですね。

洗濯表示チェック

お持ちのニットやセーターが洗えるものであるかどうかは、洗濯表示をチェックしたら分かります。

たらいの中に数字が書いてあったり、手の絵が書いてあったりしたらお洗濯できます。
次のステップに進みましょう♪

水が入ったたらいのマークにバツ印が付いていたら、お洗濯はできません。

ただし、たらいにバツがついている、つまり「水洗い不可」の場合でも、自分でお洗濯できることがあります。

次のチェックポイントをみてください。

チェックポイント
□ドライクリーニングマークにバツ印がある
□アセテート、シルク、キュプラ、レーヨンが含まれている
□繊細な装飾が付いている

以上の3つの項目のうち、1つでもチェックがついたらお洗濯はできません。
自分でお洗濯は諦めて、クリーニング店に持っていきましょう。

全部「いいえ」でなんとか自分でお洗濯できそうなあなたは、次のステップへ。

でも、水洗い不可なのにお洗濯するわけですから、もしかしたら失敗してしまうかも知れません。
本当に申し訳ないのですが、自己責任でお願いします!
お気に入りのニットはクリーニング屋さんにお任せするのが安心です。

洗濯表示などで弾かれるとは思うのですが、大まかにいうとスパンコール付きや革(いかにも水に弱そうですね)、動物の毛を使ったニットはプロに任せた方がよいです。

なお、洗濯表示マークが分からない・合っているか不安だという方は、こちらの記事で確認してみてください。
洗濯表示のマークが変わったのはご存知ですか?知らない方は要チェックですよ。

色落ちチェック

お洗濯できそうなニットやセーターは、色落ちチェックをします。
洗剤を使っても色が落ちないかを確認しましょう。

用意するもの
・おしゃれ着用中性洗剤
・白いタオル
手順
1
洗剤を薄め、目立たないところにつける

洗剤は規定量使った時より少し濃くなるぐらいの濃度に薄めます。
ニット・セーターの目立たないところに少しつけてみます。万が一色落ちしてもここなら大丈夫!ってところに洗剤をつけてください。

2
白い布で洗剤をつけた部分を叩く

洗剤をつけた状態で5分ほど待ちます。
時間が経ったら、白い布で叩きます。布に色が移ってしまったら、そのニットやセーターは色落ちする可能性大!自宅でのお洗濯は諦めましょう。

ニット・セーターの洗い方は2通り

ニットやセーターを洗う時は、2通りのやり方があります。
それぞれ解説します。

その1. 手洗い

その名のとおり、洗濯機を使わずに手で洗う方法です。
優しく洗うことができるので、大切なニット・セーターほど手洗いがおすすめ
水洗い不可だけど自分で洗っちゃえってときは、手洗いの方が安心ですね。

その2. 洗濯機

洗濯機で洗うときのメリットは、なにより、楽なことと時間がかからないこと。
しかし、洗濯機は洗濯槽を回転させて汚れを落とそうとするので、繊細なニットには刺激が強いです。
手洗いよりも縮みやすいので、注意が必要。
失敗しても諦めがつくようなものなら、洗濯機にお任せしてもよいかもしれません。

シミがあるときは

ニットやセーターのシミは、酸素系漂白剤で落としましょう。
塩素系漂白剤と違って、酸素系なら色柄物にも使えますし、ニットのシミ落としにも使えるんです。
規定量の酸素系漂白剤を溶かしたら、ニットを入れて2時間ほどつけ置きをします。

そのあとは、お洗濯をしてもいいですし、そのまま水ですすいで乾かしてもよし。

ニット・セーターを洗濯するときの注意点

ニットやセーターを洗濯する前に、お洗濯するときの注意点を知っておく必要があります。
自分でお洗濯した時に起こりがちなハプニングは2つ。

縮み

ニット・セーターを洗濯する時、一番気をつけなければならないのが縮み。

原因

なぜニットやセーターは洗濯すると縮んでしまうのか…?気になる…。
実は、原因は繊維の性質にあったんです。

◎ウールやカシミアの場合
ニットによく使われる、ウールやカシミヤの繊維には、うろこがあります。人の髪のキューティクルと同じイメージです。
水で濡れると、その”うろこ”は開いてしまいます。
”うろこ”が開いた状態で激しく動かすと、繊維同士が絡まってしまい、服が縮んでしまうのです。

◎レーヨンやキュプラの場合
レーヨンの繊維は、水を吸って膨張する「膨潤収縮」という性質のため、水を含んだだけで縮んでしまうんです。
それによって、洋服全体が縮んでしまいます。乾かすと繊維の太さは元に戻りますが、歪んだ形は元には戻りません。そのため、レーヨンの水洗いは厳禁です。

また、レーヨンに似た素材としてキュプラがあります。
キュプラはレーヨンよりは強い繊維ですが、小じわがつきやすかったり、毛羽立ちやすかったりといった欠点があります。
レーヨンと同様、キュプラの水洗いもおすすめできません。

そのほかの繊維でも、水・温度・摩擦にはあまり強くないので注意しましょう。

ちぢみを防ぐために

ちぢみを防ぐためには、やさしく洗うことがポイント。
自宅で洗濯するなら水に濡れてしまうのは仕方がないことです。できるだけ摩擦をおこさないように、やさしく洗うようにしましょう。

毛玉

ニット・セーターを洗濯するときに注意すること2つめは毛玉です。

原因

ニットやセーターって着ていたらわかりますが、毛玉ができやすいですよね。
洗うときは、衣類同士が擦れ合うので、さらに毛玉ができやすくなります。

毛玉を防ぐために

毛玉を防ぐためにも、ニット・セーターは優しく洗うようにしましょう。
洗濯機を使う時は、サイズのあった洗濯ネットを使うのもポイントですよ!

洗濯機でニット・セーターを洗おう

洗濯機でニットやセーターを洗う方法を紹介します。
洗濯機に入れるだけでお洗濯が完了するので手間がかからずとっても楽チンです。

用意するもの
・おしゃれ着用中性洗剤
・洗濯ネット
手順
1
ニット・セーターをたたむ

ニット・セーターにボタンなどがある場合には留めます。ニットの袖や裾など、汚れが目立つところが表側になるようにたたむのがポイントです。

2
洗濯ネットに入れる

畳んだニットがぴったり入るサイズの洗濯ネットを使いましょう。

洗濯機を回す

洗剤はおしゃれ着用の中性洗剤を使います。
洗濯機は、「ドライコース」「手洗いコース」など、優しく洗えるコースを選んでください。
脱水の時間はなるべく短く設定します。

柔軟剤も使うと、ふわふわの仕上がりになりますよ♪

お洗濯はこれで完了です。

ニット・セーターを手洗いしよう

洗濯機で洗うのが心配なら手洗いがおすすめです。より丁寧に洗うことができます。

用意するもの
・おけ(たらい)
・おしゃれ着用中性洗剤
・ゴム手袋
・タオル
手順
1
ニット・セーターを畳む

洗濯機を使う場合と同じ方法でたたみましょう。

2
おけに洗浄液を作る

洗剤を水に溶かして洗浄液にします。洗剤の量は、メーカーさんが規定する量に従ってください。

ニット・セーターを押し洗いする

畳んだ状態のままニット・セーターをやさしく洗っていきます。
基本は押し洗いですが、もっと丁寧に洗いたい時には、ニット・セーターの下に手を入れて水を動かして洗いましょう。

POINT
やさしく洗う
ニット・セーターをすすぐ

洗いが終わったら泳がせるようにすすいでいきます。
何度も水を替えながら、しっかりすすいでください。

POINT
ニット・セーターは泳がせるように

すすぐ時は、押し洗いというよりは泳がせるようにニットをすすいでいきます。

柔軟剤を入れる

すすぎの最後に少量の柔軟剤を入れます。
これでふわふわの仕上がりになります。

タオルで脱水する

タオルで濡れたニット・セーターをはさみ、水気を取ります。

これで手洗いは完了です。

ニット・セーターを正しく干そう

ニットやセーターを洗ったら、次は干す作業に入ります。
干すときのポイントは3つ。

チェックポイント
□平干しする
□日陰に干す
□形は整える

ニットやセーターは形が崩れやすいので、形を整えて平干しするようにしましょう。
平干しができない場合には、ハンガーを2本使って、裾や袖を持ち上げて干しましょう。
接地しないように平べったく浮かせられるのが一番よいのですが、窓を開けるなど部屋を風通しよくしてビーズクッションやソファに置く形でも大丈夫です。備えがない場合仕方なく、ですが!

直射日光にあてて洗濯物を干すと、ニットやセーターが変色する可能性があります。
風通しがよい日陰にニット・セーターを干すようにしましょう。

ニット・セーターのシワを伸ばそう

ニットやセーターはシワになりやすいという欠点があります。
シワが気になるときはやはりアイロンをかけたくなりますよね。

アイロンをしっかり押し付けてしまうと、ニットやセーター独特のふわふわ感が台無しです。

アイロンをかけるときには、スチームをたっぷり出しながら、すこし浮かせてかけるようにしましょう。
縮んでしまった場合にも、アイロンを使って繊維をのばすことができます!しかし、ニットやセーターはもともと熱に弱いことが多いです。
アイロンを使う際には十分注意しましょう。

着たあとのお手入れ

ニット・セーターを大切に長く着続けるためには、普段のお手入れが必要です。

着たら1日休ませる

着続けると、ニット・セーターも疲れてしまいます。連続して着るのは避けましょう。

ブラッシングをする

着たあとのニットやセーターは、繊維が少し絡まっている状態。そのまま放っておくと、さらに絡まって毛玉になってしまいます。
毛玉は、見た目も悪いですし、ニット・セーターの劣化の証です。
着たあとのブラッシングで、ニットやセーターを長く大切に使ってあげましょう。

縮んだセーターを元に戻すには?

縮んでしまったセーターは、アイロンを使って元に戻すことができます。

セーターが縮むのは、繊維同士の絡まりあいが原因。

なので、その絡まりあった繊維を解くことにより、セーターの縮みは元に戻せるんです!

そんな縮んだセーターに、アイロンのスチームを当てれば、簡単に直すことができるはずですよ♪

用意するもの
・スチームアイロン
・アイロン台
手順
1
アイロン台に縮んだセーターをのせる

セーターの縮んだ部分をアイロン台に広げて下さい。

2
スチームをセーターあてる

アイロンをセーターにはくっつけずに、浮かしたままの状態でセーターにスチームを当ててください。

3
手で伸ばす

ゆっくりやさしく手でセーターを伸ばしてください。このとき、スチームでセーターが熱くなっていますのでやけどに気をつけて下さい

この後、2と3のステップをセーターが元に戻るまで繰り返していきます!

スチームアイロンではなく、スチームの出ないアイロンしかない場合は、霧吹きでセーターを湿らせてから、あて布をしてアイロンを当てる方法でも大丈夫ですよ!

頑固な汚れはクリーニングへ

ここまで自分でできるお洗濯方法をご紹介してきましたが、ニットの汚れ具合によっては洗濯したけど汚れが落ちない!なんてことも。

そんなときはクリーニングに出すのが一般的ですが、

「すぐ洋服を返却してほしいけど、取りに行く時間がない…」
「そもそもお店に行くのが面倒…」

このような悩みをお持ちの方も多いのではないしょうか。

そんな皆さんに朗報!
実は、お店に足を運ぶことなく洋服をクリーニングできる方法があるんです。

その方法とは、最近メジャーになりつつある宅配クリーニング

箱に詰めて自宅orコンビニから送るだけで、最短5営業日後にはクリーニングされた衣類が戻ってきます!

14時までのご連絡で即日集荷も可能です。
プロの技なら、しつこい汚れもこの通りピカピカに!

縮みや毛玉まで一気に解消できちゃいます。
みなさんも、宅配クリーニングでニットをクリーニングしてみてください!

詳細はこちらから見に行けますよ♪

おわりに

ここまで、ニット・セーターの洗濯、お手入れ方法をご紹介しました!
干すときは必ず平干しすること、ブラッシングが必要なことなど、意外と知られていないことも多かったのではないでしょうか?

でも、一番だいじなことは「やさしく」。
大事なニット・セーターは手洗い、洗濯機で洗うときはやさしいモードで。
ふわふわでデリケートなニット。傷つけないようにやさしく洗いましょう。

また、大切なもの、絶対に型崩れさせたくないものは、クリーニング屋さんにお願いしてもいいかもしれませんね!

関連記事

ワイシャツの黄ばみを落とす最強の漂白剤の使い方!予防すれば完璧◎

いつの間にかワイシャツが黄ばんでいた経験、ありませんか?特に、襟や脇、袖は黄ばみやすい部分です。 実は、毎日ちゃんとお洗濯しているだけでは、黄ばみを予防することはできないのです。 黄ばんだワイシャツでは、第一印象も悪くな […]

ジェルボールって?使い方は?ポンと入れるだけで洗濯できる最強洗剤

最近よく耳にする「ジェルボール」。 お使いになったこと、実物を見たことはありますか? これですこれです! 3色の液体が入っていて、なんだかおしゃれですね。 実はこのジェルボール、可愛らしい見た目とは違ってとんでもない洗浄 […]

洗濯マグちゃんを使ってみた!洗剤なしでシミ落ち・部屋干し臭もゼロ

洗濯マグちゃん。 なんだかかわいらしいこの名前、みなさん知ってますか? 洗濯マグちゃん、洗濯マグちゃん…。 思わず口に出したくなってしまう語感の良さですが。 どこかの町のゆるキャラ?企業のPRマスコット? いえいえ、違い […]

【簡単シワなし】スーツの畳み方を写真で解説!2分でコンパクトの術

出張するときや、冠婚葬祭のとき。スーツを持ち運ぶ機会って結構ありますよね。そんな時に知らないと困るのが、スーツのたたみ方です。 だって、ちょっとでも適当に畳んだら、スーツがシワだらけになっちゃいます。いざ着ようとしたとき […]

ランキング

自分でお掃除vsプロの換気扇クリーニング!その差を検証してみた

換気扇クリーニングって知っていますか? プロがお家に来て、換気扇のお掃除をしてくれるサービスのことです。   とはいえ、換気扇の掃除って一応、自分でもできるのです。 じゃあ、自分で掃除して、それで済むならその方 […]

エアコン掃除をプロに頼んだら、それはラーメン屋と一緒だった話

  目次1 エアコンは本当に汚いのか?2 プロが来た!3 エアコンをプロに掃除してもらって感じたこと エアコンは本当に汚いのか? お家の中で毎日掃除する場所といえば、お風呂・トイレ・キッチン… 大掃除の時期なの […]

お風呂の頑固なカビには片栗粉×漂白剤!プロおすすめ予防法もご紹介

スポンジでゴシゴシしても落ちない…。 落としたつもりでも何日かたつと復活している…。 このように、お風呂のカビで悩んだことはありますか? ここで編集部が20代〜60代の女性100人に行なったアンケートを見てみましょう。 […]

ドラム式洗濯機のお掃除は月1回!塩素系クリーナーでカビを溶かそう

みんな大好き、ドラム式洗濯機。 普通の洗濯機よりも憧れますよね? きちんとした乾燥機能に加え、あの可愛らしいフォルム……。 少しお値段は高いですが、それでも欲しくなってしまう程の魅力が詰まっています。 そんなドラム式洗濯 […]

ベッドの黒カビを取り除こう!マットレスを掃除して、ぐっすり快眠♪

  皆さんは、ベッドのお掃除ってこまめにやっていますか? 床や水回りはよく掃除するけど、ベッド掃除はおろそかにしてるって方、意外と多いのではないでしょうか? ベッドを掃除せずに放っておいたら、ベッドにカビが大量 […]

鞄クリーニングの職人の世界を追う!カビ・シミ・色落ちの実例を発見

みなさん、クローゼットの中に少し汚れていたり、色がはげていたりする鞄はありませんか? そういう鞄って、使う気にもならないし、でも捨てる勇気もなく、ずっと置いたままにしていることが多いと思います。 そのままクローゼットの肥 […]

トイレが臭い…においの原因と消臭に効果的なお掃除方法を徹底解説!

  皆さんは、トイレという空間は好きですか? 新聞や本を読んだり、ケータイをいじったり…。 と、思い思いのことをして過ごす人も多いですよね。 家の中で、トイレが1番落ち着く! なんて人もいるのではないでしょうか […]

換気扇のフィルター掃除!一番楽なやり方を数パターン用意しました!

みなさん、家の換気扇を見てみてください。 特にフィルター部分。 油でギトギト、ゴミやホコリで真っ黒……なんてことになっていませんか? びっしりついた汚れを見ると、お掃除するのもためらっちゃいますよね。 ですが、そのまま使 […]

レザーソファーのクリーニングならお任せ!革のプロによる修理を特集

  リビングにある家具といえば、テレビやテーブル…そして、ソファー。 ソファーは、家族がくつろぐ大事なスペースです。 一度買えば、何年も使い続ける、大切な家具ですよね。 でも、最初はキレイなソファーでも、何年も […]

エアコン掃除を自分で行う方法を解説!内部のカビはプロが徹底除去!

夏が始まり、エアコンをつけると…カビ臭い。 臭いだけでなく、カビを含んだ空気を吸って健康に悪影響が出てしまうのは嫌ですよね。 そこで必要なのは、エアコンのお掃除! エアコンを分解し、カビやホコリを取り除くことで、空気を綺 […]

換気扇を年末に大掃除!重曹であっという間にピカピカに

料理をするたびに汚れがたまる、換気扇。 普段は意識しませんが、いざ開けてみると、油やホコリにギョッとしてしまうことも…。 換気扇は、目に見えない内部に汚れが溜まっているので、分解してお掃除しなければなりません。 面倒だか […]

エアコンクリーニングは自分で行う?プロに頼む?実際に対決してみた

夏と冬に大活躍するエアコン。 使い始め、使い終わりにはきちんと掃除しないと、カビや臭いが発生してしまいます。 最近では、自分でエアコンを掃除するためのグッズなんかも売られているので、手軽に掃除できるのは、嬉しいですよね。 […]

ベッドクリーニングを頼んだらマットレスから10年の汚れが流れ出た

念願であったマットレスのクリーニングを頼んでみました! 今回、マットレスクリーニングをお願いしたのは、「あらうや」の平(ひら)さん。 上の写真の、セミダブルのマットレスをクリーニングしてもらいました。 毎日、家族で寝てい […]

【お風呂掃除総まとめ】浴槽・鏡など、6箇所の水垢とカビを完全除去

  お風呂掃除で気になる汚れといえば、「カビ」と「水垢」ではないでしょうか? ユアマイスタイル編集部では、全国の主婦のみなさん100人にアンケートを取り、お風呂掃除の悩みについて聞いてみました! なんと87%の […]

トイレのタンクを掃除して黒カビを退治!臭いの元からシャットダウン

お家のトイレのタンク、開けたことありますか? 冷蔵庫のように、頻繁に開ける場所ではありませんよね。1年開けてない、なんて方もいるのではないでしょうか。 ですが、トイレのタンクは非常に汚れが溜まりやすい場所です。もし何ヶ月 […]

洗濯機はお掃除クリーナーでカビ取り!月イチ槽洗浄でキレイを保とう

洗濯機から出した洗濯物に、なんだか黒いぴろぴろしたものがついている……! なんてことありませんか? それ、ワカメではありません。洗濯機の洗濯槽についてしまった、カビです。 カビがついた洗濯槽でお洗濯をしていると思うと、ぞ […]

エアコンの臭いはホコリ・カビ・雑菌!全てを除去するお掃除方法とは

久しぶりにエアコンをつけてみたら、もわっとした臭い風が部屋いっぱいに広がった。 という経験はありますか? 本当に気分が悪いですよね。そのニオイ、今すぐ取り除きましょう! 実はエアコンのニオイの原因とニオイを取り除くたった […]

車内清掃は家にある道具でかんたんキレイ!頑固な汚れはプロに依頼!

  車ってすごい発明品です。 ドライブしたり、音楽を聴いたり、コーヒーを飲んだり、ホットドッグを食べたり。まるで動くリビングのようです。 とっても居心地のいい車ですが、ちゃんと車内の清掃をしている人ってなかなか […]

風呂釜掃除はつけおきで簡単!プロの洗浄は専用機械で汚れがゴッソリ

湯船に浸かって、1日の疲れを癒す。 お風呂の時間は、最高のリラックスタイムですよね。 そんな、つかの間の休息を演出してくれるのがそう、風呂釜。 意外と知られていないですが、お掃除していない風呂釜には汚れがたまっています。 […]

布製ソファーの染み抜きは重曹と中性洗剤!油汚れはベンジンが効果的

突然ですが、自分で洗えるものってなんでしょうね。 服! まぁ、王道ですよね。 靴! 最近の洗濯機はものによっては靴も洗えるみたいで…優秀ですよね。 では、逆に自分で洗えないものは? 布団? サイズは大きいですが、実は自分 […]

ジャケットの洗濯方法を解説!素材別の洗い方でシワや型くずれを防ぐ

  ご家庭に1着はあるであろうジャケット。 最近では、フォーマルなものからカジュアルなものまで様々なタイプが出ており、オシャレには欠かせなアイテムになっています。 でも、どうやってメンテナンスしていいのか、どう […]

コインランドリーで布団を洗濯する前に見ないと損するコツと注意点!

毎晩、コップ1杯分の汗をかいている私たちを包み込んでくれる布団。 きちんとお手入れしないと菌の温床になりかねません。 でも布団のお手入れ方法って? 干すだけしかないよね…なんて言っている皆さんは要注意。 実は、布団は洗濯 […]

服の虫食いは100均グッズで補修できる!素材別のやり方で楽ちんに

  季節の変わり目、衣替えで久しぶりにお気に入りの服を出すと。 あれ、虫に食われてる! …なんてこと、経験したことはありませんか? せっかく着ようと思ったのに…、と泣く泣く手放す前に、ちょっと待って! 捨ててし […]

コートのクリーニングの相場は?ラクにお得に頼むなら宅配がおすすめ

  焼肉にいったらコートに臭いがついてしまった…。 もう暖かくなってきたから、気なくなったコートをクリーニングに出したい。 でも、コートのクリーニング代って高そう。ちゃんと汚れが落ちるの?家で洗った […]

ダウンジャケットは家で洗濯してクリーニングに出すコストもダウン!

寒いときには手放せませんよね。ダウンジャケット。 でも、走ったり、満員電車に乗ったりと、冬って意外と汗ばむことも多いと思います。 ダウンジャケットって、かさばるし、乾くのにも時間がかかって、あまり洗濯しない。そもそもどう […]

ぬいぐるみの洗い方完全版!初心者でも絶対ふんわり仕上げる方法とは

ぬいぐるみを集めるの大好きなひとー!はーい! わたしは大好きです。にこにこしていて、ふわふわのぬいぐるみ。お部屋にあるだけで、なごみますよね。 では、1つ質問です。 そんな、かわいいぬいぐるみたち、お洗濯していますか?し […]

長襦袢と帯の洗濯は縮みに注意。ちなみに言うと桐箱GOODで霧NG

長襦袢(ながじゅばん)は、素肌に直接着るものですから、汗汚れやニオイが気になりますよね。 頻繁に着物を着るようなら、長襦袢まで毎回クリーニングに出していたら出費がかさんで大変です。自分で洗えたらいのにな、なんて思いません […]

毛布は洗濯機で洗う!手洗い・コインランドリーの手順も合わせて紹介

冬場は気温が低く、洗濯物が乾きにくいこともあり、なかなか大きな洗濯物はしたくないですよね…。 しかし、毛布に限った話ではありませんが、冬場の寝具もきちんと洗わないと、カビや臭いの原因になってしまいます。 それに加え、人は […]

スーツのカビを自宅でキレイに!クリーニングに出す前にすべきこと!

「スーツにカビが生えている」 「スーツがカビ臭い」 そんな時、皆さんはどのように処置していますか? 慌ててクリーニングに出す前に、自分でできることもあるんです。 今回は、スーツのカビ取り方法とその防止策も合わせて紹介して […]

コートを洗濯する方法を全種類ごとに解説!自宅の洗濯機でも洗える?

冬の時期に手放せないもの第1位ではないでしょうか?コート。 頻繁に洗濯するものではないものの、やはり毎日着ていると汚れや匂いも気になってきますよね。 また、忘年会、新年会シーズンでお酒やタバコの匂いがついてしまうことも多 […]

カバン修理|革・グッチ|バッグの内袋も直す職人の神ワザを徹底取材

みなさんの家にも、1つくらいありませんか? 傷が入ったり、糸がほつれたりして傷んだカバン。 久しぶりに使おうと思って取り出してみたら、劣化してしまっていたカバン。 このまま使うのもみっともないし、捨てちゃおうかな……。 […]

ヒール巻き交換でめくれも剥がれも修理!職人技で後ろ姿に圧倒的自信

普段から履いているパンプス。勝負服用の高めのヒール靴。 足を綺麗に見せてくれたり、ちょっと自信を持たせてくれたりする、女性のファッションには欠かせないヒールですが…ふと見たら、ヒール部分の革がめくれていたり、剥がれていた […]

ネックレスの修理はチェーン切れがネックです?部品の種類ごとに解説

ネックレスって、ささいなことで簡単に切れてしまうもの。 洋服を脱ぐときにうっかり引っ掛けてしまったり、ネックレスをつけたまま寝て、起きたら切れていた、なんてことも。 特に小さなお子さんがいると、お子さんがネックレスを引っ […]

革の鞄のお手入れは簡単3ステップ!油分の補給!水拭き、消しゴム!

さて、今回は革製品の中でも鞄についてのお話。 鞄って、体の一番外側にあることが多いせいか、傷が付きやすいものです。 気付かないうちに擦ってたりしますよね。 革は丈夫ですが、表面の傷に対しては案外弱いのですよ。 そこで、な […]

シャネルのバッグ・財布修理|レザー、内袋、取手リペア事例が大集合

  女性の永遠の憧れ、シャネル。 「古い価値観にとらわれない女性像」をブランドのポリシーに、バッグや靴、化粧品、香水などを、幅広く展開しています。 個性的でおしゃれなデザインで、女性から愛され続けてきたシャネル […]

グッチのバッグ・財布・靴修理|レザー、内袋、取手リペア事例が集結

  とっても大切な、グッチのバッグや財布、靴。 どれだけ丁寧に扱っていても、壊れてしまうことってありますよね。 長く使っていると素材が変質したり、穴があいてしまったり…。 自分で修理しようとすると、せっかくのデ […]

リーガル靴修理|ソール・かかと・つま先ビフォーアフターが完全集結

  日本を代表する靴ブランドであるリーガル。 100年以上にも渡りグッドイヤー・ウェルト製法を貫き、日本人の足にフィットするものをと、木型からこだわっています。 ビジネスシーンの足元の定番ではないかと思うくらい […]

革靴のオールソール交換!靴底の張り替えの匠の技で厚み・美しさ倍増

  靴の、底。 履いているうちに、必ず削れてきてしまう部分ですね。 擦り切れて穴が開いてしまった…… 削れ過ぎて、見た目が悪くなってしまった…… など、靴底の状態が悪くなってしまった靴は、ありませんか? そんな […]

ルイヴィトンバッグ・財布修理|レザー、内袋、取手リペア事例が集結

  ショルダーベルトが切れてしまった。 ファスナーが壊れた。 シミがついてしまった。 そんなブランド品はありませんか? 切れた部分やシミは、修理の職人さんの技術で、元の姿に戻すことができます。 その仕上がりは、 […]

鞄クリーニングの職人の世界を追う!カビ・シミ・色落ちの実例を発見

みなさん、クローゼットの中に少し汚れていたり、色がはげていたりする鞄はありませんか? そういう鞄って、使う気にもならないし、でも捨てる勇気もなく、ずっと置いたままにしていることが多いと思います。 そのままクローゼットの肥 […]

おすすめ特集

プロを探す